介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年09月10日()
高齢者がお茶飲み交流 サロン「あがらいん」開所 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
運営に当たる増田地区福祉委員会の荘司千鶴子会長が「お茶飲み話に花を咲かせ、来て良かったと思える場にしていきたい」とあいさつした。 増田地区の運営は14日に開始。その後は、おおむね毎週金曜、午前10時~午後4時に開かれる。 対象は地区に住む75歳以上の ...
認知症にビタミンBが効く?英・研究チーム発表 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
イギリスの研究チームは、軽い認知症の高齢者にニンニクやトウガラシに多く含まれるビタミンB6、それにB12などを多く与えました。その結果、ほかの人に比べて最大で53%も脳の萎縮ペースが遅くなったということです。ただ、副作用の危険があるため、多量摂取をしないよう ...
「ニッポンの嵐」4万校に寄贈 地域の魅力伝える旅の記録 - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
図書は、相葉雅紀さんが福祉や介護、桜井翔さんが農業など、5人それぞれの興味をもとに各地を訪ねた旅の記録をメンバーの企画に沿ってまとめた内容。メンバーは「環境問題など地球が抱える問題はどこから手を付けたらいいか分からないほど。自分が暮らすこの国や街のこと ...
所在不明の高齢者、23万人超 (媒体での記事掲載終了)
三重県鳥羽市の海で障がい者と学生の交流会 - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
三重県鳥羽市の市営安楽島海水浴場にて、障がい者との海のバリアフリー体験が開催される。 主催は、鳥羽市社会福祉協議会のほか、磯遊びなどのエコツアーを企画している海島遊民くらぶと、高齢者、障がい者向けの観光情報などを提供しているNPO法人・伊勢志摩バリア ...
女川町立病院公設民営へ - 三陸河北新報 (媒体での記事掲載終了)
1997年の開設以来、前年度までに31億円を超す累積赤字を抱える女川町立病院の経営抜本改革について、安住宣孝町長は(1)公設民営への移行(2)一般病床と療養病床割合の大幅見直し-を柱として取り組んでいくことを表明した。 10日、女川町議会9月定例会に ...
幼稚園、認可外保育所を多世代交流拠点に - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
国の安心こども基金を活用し、高齢者や障害者、育児中の母親の触れ合いの場の設置やバリアフリー化などのハード事業、絵本や遊具などを購入するソフト事業を支援する。 さらなる拠点整備に向け、国に来年度以降も事業を継続するよう要望する一方、県独自の支援の在り方も ...
福知山市社会福祉協議会の市ボランティアセンターは、自宅や施設で暮らす高齢者の話をじっくり聴く「傾聴ボランティア」の登録を始める。11日午後1時30分から内記二丁目の市総合福祉会館で講座を開き、傾聴ボランティアに興味のある人に登録を勧める。 ...
地域福祉ネット構築へ 足利市議会一般質問 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の所在安否確認を効率的に行うことが課題となる中、市は愛のひと声事業を実施している。市社会福祉協議会では一人暮らしの高齢者宅を訪問して飲み物を届け「熱中症に気をつけてください」と声を掛け、市内4カ所にある地域包括支援センターは高齢者からの相談を随時 ...
名入り特製凧を贈呈 春日部市長が長寿者訪問 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
ほぼ寝たきりでしたが、自宅に戻ったら食欲も回復し歩けるようになりました」と、たくましさに驚いていた。 同市では100歳以上の高齢者1人の所在不明が明らかになり、65歳以上の全高齢者の実態を把握することを決めた。8月中旬に10部署の課長らで組織した「安心 ...
認知症、地域で見守ろう/県老人ク連・高松 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の知識を身に付けた認知症キャラバン・メイトで、家族の介護経験者でつくる夕映えの会(高松市)の藤田浩子代表が「地域が見守ってくれれば、認知症患者や家族は本当に安心できる」と語り、支え合う地域社会の大切さを訴えた。 集いは、高齢者が高齢者を支える地域 ...
情報BOX:経済対策に盛り込まれた規制改革(骨子) - ロイター (媒体での記事掲載終了)
既定改革の実施時期を前倒しするほか、都市再生・住宅、環境・エネルギー、医療・介護、観光振興など需要・雇用創出効果の高い規制・制度改革を推進する。 老朽建築物の建て替えを促進する観点から、容積率の緩和・マンション建て替え円滑化法の要件緩和 ...
新着の医師求人【千葉県いすみ市】医師のための転職応援サイト『医師求人-医療人材ネット』 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
【千葉県いすみ市・常勤の求人】老健施設の管理医師の募集です。その他に千葉市、流山市の医師の求人も掲載中です。 に千葉県いすみ市などの医師の求人情報が掲載中です。 (注)求人情報は随時、更新されておりますので掲載中止、掲載情報の変更などもございますのでご ...
県内の100歳以上914人 10年で3倍に、県が「茶寿祝い」廃止 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉課によると、本年度末までに満100歳以上になる高齢者は914人(9月1日現在)おり、前年より100人増えた。10年前の約3・3倍で長寿化が進む一方、県は昨年まで「老人の日」の15日に、107歳のお年寄りに記念品を贈っていた「茶寿祝い」を財政難 ...
地方点描:個室か相部屋か[鷹巣支局] - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
県内の特養100施設のうち個室型18、多床型76、併設型6。待機者は2952人(4月1日現在)。高齢者の増加や施設の老朽化に伴う整備などを考えれば、同村だけの問題ではない。グループホームや高齢者用住宅など多様な選択肢も含め、実情にあった検討が必要だ。
認知症を安心サポート 京都生協が養成講座 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を深めようと京都生協(京都市南区)は9日、南区の京都テルサで職員向けの認知症サポーター養成講座を開き、約150人が認知症の組合員と接する際の対応を学んだ。店舗や宅配先で高齢者とじかに接する機会が多いためで、今後は各事業所ごとに研修を行い、 ...
心のバリアフリー学ぶ 富士宮駅周辺で大宮小 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
施設や交通手段の在り方(ハード)を考え、障害者や高齢者を自然に支援できる「心のバリアフリー」(ソフト)を理解してもらうのが目的。学校での開校式で市社会福祉協議会の職員から車いすの動かし方と視覚障害者の介助方法を学び、富士宮駅周辺に移動して車いすとアイ ...
県内の100歳以上914人 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉課によると、本年度末までに満100歳以上になる高齢者は914人(9月1日現在)おり、前年より100人増えた。10年前の約3・3倍で長寿化が進む一方、県は昨年まで「老人の日」の15日に、107歳のお年寄りに記念品を贈っていた「茶寿祝い」を財政難 ...
2010年09月09日()
再犯防止へ、受刑者「出所後」支える 社会福祉士の女性 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉士の玉木由紀さん(33)=鳥取市=は、罪を犯した高齢者や障害者が刑期を終えた後、福祉の支援を受けられる環境作りに取り組む。順調な社会復帰を促して再犯を防ぐためだ。今夏、障害者の男性2人が出所後に福祉施設で新たな生活を始めた。 ...
【ゆうゆうLife】読者から 集いで癒やされた介護苦 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
そして今、2年半にわたる義母の認知症の介護に当たっています。介護で別の世界にいるような気もしますし、介護の度合いはまだほんの入り口付近なのかもしれません。まだまだ、これから奮闘の日々です。 区役所で認知症介護をされている人たちの集いがあり、初めて参加 ...
【スウェーデンの福祉用具】(2)歩くときは歩行車を - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本で普及していないもう一つの福祉用具が「四輪歩行車」です。日本では「四輪歩行車」よりも「シルバーカー」を使う高齢者が圧倒的に多い。 四輪歩行車はハンドルが体の両脇に来る。ハンドルの中に入る形で歩くから、高齢者は上半身が起き、腰が曲がりません。 ...
職場でうつ病発見、治療(米) - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
604人の半数にはケアマネージャーの電話サポートを定期的にうける方法、自分から電話して心理療法をうける方法2つの方法がランダムに適用された。残りの半数には、インターネットで診断結果およびケアアドバイスを送信した。 その結果、12ヵ月後、40%以上のうつ病従業員 ...
神戸で国際産業メッセ開幕 環境、健康分野が活気 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
縦5センチ、横3~4センチ、厚さ1センチ、重さ20グラムで、人体に装着して動作を遠隔監視でき、マラソン選手の脚の回転数(ピッチ)把握や徘徊高齢者の見守りなどスポーツ・福祉市場に投入する。 神戸に建設中の次世代スーパーコンピューターは、先端医療への応用も ...
お年寄りへ紙おむつ宅配 富山市内の会社、生活様式や体調に合わせ - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
富山市内の会社が、高齢者の生活スタイルや体調に応じて紙おむつを選び、宅配するサ ービスに乗り出した。尿漏れや床ずれなど個人によって異なる症状に合わせて最適な紙お むつを選び、寝たきりの独り暮らし宅などに届ける仕組みで、高齢者の生活向上に向けて 新たな需要 ...
大阪の介護サービス会社、無資格でヘルパーがインスリン投与 医師法違反か - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
... 介護サービス会社「ハッピーライフ」が経営する介護事業所が、高齢者向け賃貸マンションに生活保護受給者を住まわせ、介護扶助費などを不正請求していた疑いが持たれている問題で、事業所のヘルパーが無資格で血糖値を下げる「インスリン」を認知症や寝たきりの受給者 ...
「認知症高齢者の徘徊をどう守るか?」 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
この徘徊者の早期発見に地域をネットワーク化して対応しようとする自治体がある。富山県富山市だ。同市を参考にこの問題を考える。 富山市には、「富山市認知症高齢者徘徊SOS緊急ダイヤル」がある。徘徊者が発生したのち、協力団体への伝達方法に、メールが活用されている ...
巡回診療の見返りに謝礼/介護扶助不正疑惑の事業所 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の介護事業所が、市内の高齢者向けマンションに生活保護受給者を住まわせて介護扶助費を過剰に受け取っていたとされる問題で、巡回診療の見返りに医療機関から謝礼を受け取っていたことが9日、事業所関係者や医療機関への取材で分かった。 ...
巡回診療の見返りに謝礼 介護扶助不正疑惑の事業所 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の介護事業所が、市内の高齢者向けマンションに生活保護受給者を住まわせて介護扶助費を過剰に受け取っていたとされる問題で、巡回診療の見返りに医療機関から謝礼を受け取っていたことが9日、事業所関係者や医療機関への取材で分かった。 ...
巡回診療の見返りに謝礼 介護扶助不正疑惑の事業所 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の介護事業所が、市内の高齢者向けマンションに生活保護受給者を住まわせて介護扶助費を過剰に受け取っていたとされる問題で、巡回診療の見返りに医療機関から謝礼を受け取っていたことが9日、事業所関係者や医療機関への取材で分かった。 ...
認知症家族の介護体験を語る集いを開催 / ぼだい樹の会 - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
驚きや認知症介護の実体験例を語って頂き、介護する側の思いを話して頂きました。 介護の体験談を話して頂き、認知症介護への思いを深くしました。 リコーダーサークル イコロの皆さんに演奏して頂きました。 子供達の応援付きの演奏、楽しく癒されました。 以外に認知症 ...
無資格で医療行為も 介護扶助費不正疑惑 生活保護受給者に - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
... 法違反にあたるとして口頭で改善指導をした。少なくとも今年5月以前から繰り返されていたという。 市によると、会社は「ハッピーライフ」。経営する高齢者向けマンションに住まわせていた生活保護受給者は、要介護度が3~5と重く、認知症や寝たきりの人も多いという。
村によると、開設を予定する「グループホームつくえ」(仮称)は、秋田県横手市の高齢者介護福祉事業所・中城興産(中山城明社長)が運営。同社が10月から施設を改修し、主に旧校舎1階を使用する。 認知症の高齢者を受け入れ、全室個室で定員は16人。 ...
診療所に生活保護受給者紹介 介護会社、コンサル料取る - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市と大阪府の特別監査を受け、介護報酬と介護扶助を不正請求していた疑いが持たれている同市浪速区の介護サービス会社「ハッピーライフ」が、自社経営のアパートに入居する生活保護受給者を同市西成区にあった診療所に紹介しコンサルタント料を得ていたことが、診療所 ...
生活者の演技「老い」表現 高齢者演劇集団ゴールドシアター - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
あるグループホームでかつてのアイドル歌手の死が報じられた後、5人の元ファンクラブの老人たちがホームに乗り込む。「私たちは占拠します。ここを〝老人の聖地〟にします」。この言葉をきっかけに、全国から行き場をなくした老人たちが「聖地」に集まってくる―。 ...
大平さんを中心に月に1度、「お茶のみサロン」を開催して高齢者らと情報交換し、取り組みを充実させている。 県地域福祉課によると、盛岡市は定数500人中33人、そのほかの33市町村も定数2849人中88人がまだ空席の状態(8日現在)で、人選に苦労している ...
訪問介護などで規制改革=100項目、年内始動-追加経済対策 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
政府が10日に閣議決定する追加経済対策で、規制・制度改革の具体策として訪問介護ステーションの開設に必要な看護師の定数削減などを盛り込むことが9日、分かった。また、老朽マンションを建て替える際の容積率緩和や外国人の短期滞在ビザに「医療目的」を明示し、同行 ...
多剤耐性菌アシネトバクターで4人が死亡 院内感染疑われる - テレネック (媒体での記事掲載終了)
東京都の話では、59~100歳の男女8人が感染し、5~8月に慢性疾患で寝たきりだった59~97歳の男女4人が死亡したとのこと。病院側から報告があったのは、帝京大病院が院内感染を明らかにした3日後の9月6日である。 これに対し病院側は「院内感染ではない」との見方を示した ...
(9/9)「頭の体操」はアルツハイマー病の徴候を隠す - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回の研究では、このような頭の体操を好んで行う人は加齢による思考力や記憶力の低下が緩やかであった一方、いったん認知症の徴候が現れると、急速な知能の低下がみられたという。この知見は、医学誌「Neurology(神経学)」オンライン版に9月1日掲載された。 ...
認知症グループホーム、11年度に開設目指す 西方 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【西方】町が事業者を公募していた認知症高齢者グループホームが、金崎に建設されることが決まった。事業者は小山市羽川の株式会社「フレンド」で、2011年度中の開設を目指している。 古沢悦夫町長が、8日の町議会一般質問答弁で明らかにした。 ...
介護保険料誤って少なく請求 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
上越市は8日、事務処理上のミスで、昨年から今年にかけて計136人分の介護保険料を本来より少なく算定したと、市議会厚生常任委員会で報告した。 市によると、昨年度は29人分の所得の変更漏れがあり、今年度は市民税額が確定する前に税情報を更新したため107人分 ...
牛久市 来年4月 成年後見支援窓口設置 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
牛久市社会福祉協議会は、「市成年後見サポートセンター」を設立する。8日発足した検討委員会で業務の内容を協議し、来年4月からスタートさせる予定だ。 成年後見人制度は、判断能力が低下した認知症高齢者や障害者らに代わり、家庭裁判所が選任した後見人が財産管理や ...
(9/6)ウチヤマHD、北海道で介護事業を展開 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
不動産管理と介護施設運営のウチヤマホールディングス(ウチヤマHD、北九州市、内山文治社長)は北海道で介護事業を展開する。旭川空港近くに老人ホームを開設したのを皮切りに、今後3年間で道内の介護施設を8カ所に増やす。北海道は全国と比べ高齢化率が高い ...
みんなでつくるユニバーサルデザイントイレマップ「Check A Toilet」、「第5回 アフター5チェック:iPhoneを使った社会貢献活動」開催決定 - ValuePress! (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
みんなでつくるユニバーサルデザイントイレマップ「Check A Toilet」を運営する特定非営利活動法人Checkは、「第5回 アフター5チェック:仕事が終わった後に、iPhoneを使って街の多機能トイレをチェックする社会貢献活動」を株式会社日比谷アメニスの社内ボランティアの ...
【貧困ビジネス】介護事業所も扶助費不正請求 高齢者マンション入居させ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の会社が経営する介護事業所が、高齢者向け賃貸マンションに生活保護受給者を住まわせ、介護扶助費などを不正請求していた疑いがあるとして、大阪府と大阪市が先月、この事業所に対し立ち入り監査をしていたことが8日分かった。大阪市は、貧困ビジネスの可能 ...
介護していた夫の死亡後、認知症の妻が熱中症死 神戸 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
妻(72)は死後約2日で死因は熱中症、夫(78)は死後約1~2週間で死因は分からなかったという。 県警によると、夫は心臓などに持病があり、認知症の妻の介護をしていたという。県警は、夫が死亡した後、妻が熱中症で死亡したとみている。発見時、玄関や窓には鍵が ...
介護現場 日常を活写 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松山市にある認知症高齢者のグループホーム「ともの家」で働く介護職員や入所しているお年寄りの日常をとらえた写真集「だいじょうぶ ありがとう」 (創風社出版)が出版された。 まとめたのは入所者の家族たち。 「スタッフがどんな思いで、どんな介護をしているのかを、 ...
台風9号、記録的大雨 県内、通行止め12ヵ所 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
台風9号の通過に伴い県内は8日、所により大雨に見舞われ、山県市で高齢者グループホームの入所者ら13人が一時自主避難した。台風が通過した午後には天気が回復、9日は美濃、飛騨地方とも最高気温が30度を超す真夏日になる見通し。岐阜地方気象台は河川の増水や土砂 ...
2010年09月08日()
高齢者同士の介護に換金ポイント 富士吉田市が新事業 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が介護支援活動をすることで、自身の健康増進と介護予防、ひいては生きがい作りになる。一方、支援を受ける施設入所者らは、同世代の温かいサービスを受けることによって、毎日の生活に張り合いが生まれる。事業にはそんな狙いがある。 市が市社会福祉協議会に業務 ...
【ゆうゆうLife】読者から 介護と認めてもらうには - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護認定は要介護1。時間をかければ食事も入浴も何とかできたので、ヘルパーは頼みませんでした。父は頑固で、紙おむつはもちろん、防水パンツも嫌がり、家中を何度も汚しました。風呂場の浴槽まであちこちに汚物が落ちていたことも。 そんな生活が4年。 ...
ウッドフレンズがゴルフアカデミー開校 人口減…非住宅事業を強化 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
PMについては高齢化社会の本格的な到来を踏まえ、グループホームや特別養護老人ホームを建設し、管理を行った上で収益を生むといったビジネスモデルを目指す。 一方、飲食サービス事業にも試験的に着手。顧客の反応を見ながら、新しい形態の店舗の開設を検討する。
スルッとKANSAIまつりで高齢者向けバス - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
日本自動車研究所と近畿運輸局は、12日に神戸市で開かれる「スルッとKANSAIバスまつり」で、高齢者や障害者などにやさしいタクシー、バスの体験乗車会を実施する。展示されるのは乗り合いタクシーやユニバーサルデザイン(UD)タクシーなど。UDタクシーは広め ...
介護扶助費不正請求の疑い 大阪府と市、事業所立ち入り監査 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の会社が経営する介護事業所が、高齢者向け賃貸マンションに生活保護受給者を住まわせ、介護扶助費などを不正請求していた疑いがあるとして、大阪府と大阪市が先月、この事業所に対し立ち入り監査をしていたことが8日分かった。大阪市は、貧困ビジネスの可能 ...
「要介護」にならないために 健康長寿のコツ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
できれば死ぬまで寝たきりなどにならず生活したいというのは誰もが願う。「健康長寿」実現に要介護にならないための生活のコツをまとめた。 愛知県在住の山本明さん(88、仮名)は、郊外のマンションで1歳年上の妻と2人暮らし。多少の物忘れや、脳梗塞(こうそく)の ...
介護療養病床 廃止延期を検討 - NHK (媒体での記事掲載終了)
法律で再来年には廃止するとされている、「介護型」の病床を持つ医療機関の6割が、国が目指す介護老人保健施設などに転換せずに運営を続けていることがわかり、厚生労働省は、廃止の期限を延長するなどの対応策の検討を始めました。
「東京ルール」、当初より低めの実績、その理由は? - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
「高齢者」で、特に独居、あるいは寝たきりに近い状態の場合、あるいは「住所不定」であるなどの場合、受け入れた後の転院先等の確保に苦慮するケースは少なくない。救急医療の「入口」ではなく、「出口」の問題から、「受け入れたくない患者」が生じるのだ。 ...
「しんどいときはまず笑顔」 島田洋七さんが講演 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
和歌山市高齢者保健福祉振興大会(市、市老人クラブ連合会主催)が、市民会館(同市伝法橋南ノ丁)で開かれ、小説「佐賀のがばいばあちゃん」で人気のタレント、島田洋七さん(60)が「楽しい老後の過ごし方」をテーマに記念講演を行った。 ...
100歳以上の高齢者 全員の所在を確認 福井 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
所在不明の高齢者が各地で見つかっている問題で、県と市町は8日、県庁で市町高齢者福祉担当課長会議を開き、住民登録のある100歳以上の高齢者全員の所在が確認できたとする調査結果を明らかにした。 今年9月1日現在の高齢者を調べた。対象は平成22年度に100歳 ...
介護役の夫死亡後、認知症の妻が熱中症死 神戸 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
妻(72)は死後約2日で死因は熱中症、夫(78)は死後約1~2週間で死因は分からなかったという。 県警によると、夫は心臓などに持病があり、認知症の妻の介護をしていたという。県警は、夫が死亡した後、妻が熱中症で死亡したとみている。発見時、玄関や窓には鍵が ...
高齢者虐待270件 鹿児島県内、09年度 3年連続の増加 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島県内の市町村が2009年度に認定した65歳以上の高齢者に対する家庭内虐待件数は270件で、前年度比50件増加したことが、県のまとめで分かった。統計を取り始めた06年度以降、3年連続で増加した。 県介護福祉課は、06年4月施行の高齢者虐待防止法が ...
柔道で高齢者を元気に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
瀬谷区瀬谷の道場・善道館(伊藤吉治館長)の門下生が8月21日、介護福祉施設「さくら苑」(旭区下川井町)へ慰問に訪れた。 この慰問会は、スポーツ選手の福祉活動などを企画するさわやか福祉財団主催で毎年行われており、今年で3回目。今回は小学生の門下生約20人が訪問 ...
ホームヘルパー2級研修受講対象者は半額助成されます! - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
就業率の高さで人気のホームヘルパー2級資格。平塚市民の方で、以下の条件に合う対象者なら、平塚市から研修費用の半額(上限3万円)の助成が受けられるのをご存知ですか? 対象は、(1)平塚市内在住(2)ホームヘルパー研修を終了後30日以内の方(3)研修受講時に高齢者 ...
介護でも貧困ビジネスか 高齢者向けマンションで - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の介護事業所が、実質経営する市内の高齢者向け賃貸マンション3棟に生活保護受給者を住まわせ、生活保護費のうち介護扶助費を過剰に受け取っていた疑いがあることが8日、市関係者や複数の元従業員への取材で分かった。 大阪市は、マンションに出入りし過剰 ...
介護病床、24年度以降も暫定存続 へ、長妻厚労相が方針 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、平成23年度末での廃止が決まっている長期入院患者のための介護型療養病床について、「廃止は困難だ。猶予期間をおいて廃止するか、存続するかを検討したい」と述べ、廃止を凍結する方針を示した。来年の通常国会に関連法案を ...
京都府、独居高齢者向け「あんしんハウス」整備へ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設面では、自立生活が不安な高齢者向けに医療と介護を提供する「高齢者あんしんサポートハウス」を整備。グループホームの増設や緊急ショートステイの拡充を掲げた。 生活支援では、市民やNPOとの協力を進める。「あんしんサポーター」の養成や、有償ボランティアが ...
介護療養病床廃止を猶予へ-長妻厚労相 (9/8 22:10更新) - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
介護療養病床廃止を猶予へ - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
介護療養病床廃止を猶予へ 長妻厚労相 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
介護療養病床廃止を猶予へ - 中日スポーツ (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
介護療養病床廃止を猶予へ 長妻厚労相 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
介護療養病床廃止を猶予へ - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
介護療養病床廃止を猶予へ 長妻厚労相 - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚労委員会で、慢性疾患の高齢者が長期入院する介護型療養病床を2011年度末までに廃止するとの自公政権時の決定について「廃止は困難だと判断し、今後法改正が必要になると思っている。猶予を含めて方針を決定したい」と述べ、期限を延長 ...
「介護型」転換、6割未定=厚労相「11年度廃止困難」―療養病床調査 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は8日、医療制度改革関連法で2011年度末の廃止が決まっている介護型療養病床について、ほかの施設への転換状況や今後の予定を調査した結果を公表した。 当初、医療の必要性の低い「社会的入院」の解消に向け、リハビリなどが中心の老人保健施設などへの ...
「介護型」転換、6割未定=厚労相「11年度廃止困難」-療養病床調査 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は8日、医療制度改革関連法で2011年度末の廃止が決まっている介護型療養病床について、ほかの施設への転換状況や今後の予定を調査した結果を公表した。 当初、医療の必要性の低い「社会的入院」の解消に向け、リハビリなどが中心の老人保健施設などへの ...
介護型病床見直し、厚労相「猶予期間設ける」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
長妻昭厚生労働相は8日の衆院厚生労働委員会で、2011年度末の廃止が決まっている介護型療養病床について「11年度末までの廃止は困難」と述べ、12年度以降も猶予期間を設けて存続させる方針を示した。厚労省が同日発表した調査では介護型を抱える施設のうち6割が、廃止 ...
県内100歳超487人全員確認 県、所在不明問題調査で - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
所在不明の高齢者が全国各地で発覚した問題で福井県は8日、県内の100歳以上の高齢者487人全員の所在・存命を市町を通じて確認したことを明らかにした。市町の高齢福祉担当者を集め、同日県庁で開いた会議で明らかにした。 県長寿福祉課のまとめによると9月1日 ...
死亡の老夫婦は心中 「妻の介護に疲れた」と遺書 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
7日夜、玉名市岩崎の高齢者専門マンション前の駐車場と8階の部屋で、住人の老夫婦がそれぞれ死亡していた事件で、8日朝、夫婦の部屋から「妻の介護に疲れた」との内容の遺書が見つかった。夫が書いたとみられ、玉名署は「老老介護」を苦に夫が無理心中を図ったとみて ...
「介護に疲れた」…死亡の老夫婦は心中 玉名署 - 熊本日日新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
夫婦が住んでいたのは、介護専門スタッフが24時間体制で常駐する11階建ての高齢者専門マンション。2人は定年後、約20年前から住んでいたという。 マンション住人らによると、重子さんは寝たきりで、水野さんが身の回りの世話をしており、最近、悩んでいるようだっ ...
認知症支援 新聞店も協力 佐野、サポーター講座に35人 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【佐野】浅沼町の朝日新聞佐野南部専売所で6日、認知症サポーター養成講座が開かれ、同専売所と佐野西部専売所の配達員ら35人が受講証でもあるオレンジリングを受け取った。 南部専売所の顧客で「認知症の人と家族の会県支部」の会員が、高齢者や子どもの見守り活動を同 ...
2施設で高齢者女性に性的虐待 管理職らが胸触る - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
京都市内の高齢者福祉施設2施設で昨年、男性職員による女性利用者への性的虐待があったことが7日、京都府などへの取材で分かった。府は高齢者虐待防止法に基づき再発防止を指導した。 虐待があったのは、介護療養型医療施設・京都東山老年サナトリウム(山科区)と平野 ...
多剤耐性菌、都内2カ所でも感染 計3人死亡か - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在は高齢者医療中心で、特別養護老人ホームを併設している。 一方、都健康長寿医療センターからは7日、2~8月に患者3人が同菌に感染していたとの報告が都にあった。うち2人は同じ病室に8日間、入院していたことから、都は院内感染の可能性が高いとみている。 ...
回想法センター 2カ所目が開設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市南区白雲町の市笠寺福祉会館内に、南部回想法センターが開設され、7日完成式があった。 回想法は、高齢者が、昔の生活道具や写真を使い、記憶を引き出して脳の活性化を図る介護予防の手法。名古屋市では5月に千種区に設置されたのに続いて2カ所となる。 ...
子供も理解を ゲーム、劇で「認知症」学ぶ 上三川 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【上三川】子どものうちから認知症の理解を深め患者や家族が安心して暮らせる地域をつくろうと、町地域包括支援センターは7日、本郷小で初の「認知症キッズサポーター養成講座」を開いた。「認知症とは」を知るゲームや患者の「心の声」を表現する寸劇を取り入れた手作り ...
介護の求職者、一転急増 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内で介護の仕事に就きたい求職者が増え、昨年度は求人数を上回った。山形労働局によると、有効求人倍率は0・73倍で介護保険制度が始まった2000年以降では初めて1倍を割り、求職者の方が多かった。介護の職場は慢性的な人手不足とされるが、景気の悪化などで他 ...
サン・バイオケミカル、ヤマブシタケ投与によるアルツハイマー型認知症への効果を確認 - データ・マックス (媒体での記事掲載終了)
サン・バイオケミカル(株)(東京都中央区、清水 通隆代表)はこのほど、認知症研究の第一人者で知られる、社会福祉法人 浴風会病院名誉院長の大友英一氏と共同で、アルツハイマー認知症患者に対するヤマブシタケ投与試験を行った。 ヤマブシタケ(学名:Hericium ...
2010年09月07日()
虐待防止へ「おせっかい隊」 向こう三軒両隣巻き込む - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、09年度の高齢者虐待は、統計を取り始めた06年度の62件より23件増の85件。うち60件の被害者は女性で、加害者は夫と息子がともに24件で最も多かった。05年からの5年間で高齢化率も18.4%から21.2%に上昇している。 沢田博・市福祉健康局長 ...
地域の介護「お互い様」で 天童のNPO、活動17年 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
NPO法人「ふれあい天童」で、理事長の加藤由紀子さん(63)が自らの介護体験を基に「安心して暮らせる地域づくり」を目指して立ちあげた。その後、介護保険制度ができたが、加藤さんは「保険ではまかなえないニーズを支える意味がある」と地域根ざしたNPO活動に ...
京都市内の2施設職員、高齢者に性的虐待 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市内の高齢者福祉施設2施設で昨年、男性職員による女性利用者への性的虐待があったことが7日、京都府などへの取材で分かった。府は高齢者虐待防止法に基づき再発防止を指導した。 虐待があったのは、介護療養型医療施設・京都東山老年サナトリウム(山科区)と平野 ...
特養ホーム『ユニット型』 厚労省が相部屋併設“容認” 県、歓迎『当然の措置』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホーム(特養)の「ユニット型個室」の介護報酬の算定方法で、県が厚生労働省の見解に反して相部屋併設の施設にもユニット型の高い報酬を認めていた問題で、厚労省は「“過払い”報酬の返還を求めない」方針を示した。この方針に対し、県は七日、「当然の措置」 ...
歌って広がる地域の輪 独居や認知症のお年寄り集い - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
葛飾区金町3丁目に、一人暮らしや認知症のお年寄りに参加を呼びかけ、地域の輪を取り戻そうと活動する合唱サークルがある。昨年11月に約20人で始まった会は、口コミで倍近くまで参加者が増えた。代表者の佐藤百合子さん(75)は「楽しく歌うことが一番。 ...
高齢者見守り より効果的に 世田谷区 今月中に8カ所 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二つの機関を同じ建物に集めることで区民の利便性を高め、両機関が情報交換をして福祉支援をしやすくする。全国で相次ぐ高齢者所在不明問題の防止にもつなげる。 (松村裕子) 出張所・まちづくりセンター(小規模出張所)と、あんしんすこやかセンターは、区内二十七地区 ...
高齢者支援ボランティアで知事表彰 大田原の「ぶらんこの会」 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
紙芝居を担当している女性は「高齢者から鋭い指摘を受ける場合もあり、勉強になります」と苦笑い。 96年からスタートした特別養護老人ホーム「晴風園」での「ふれあい喫茶」は好評だ。月3回、会員が来訪して入所、通所者をお茶とお菓子でもてなすとともに、格好の ...
東急不 高齢者賃貸に照準 広がる介護付き住宅 サービス競う - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
大手不動産や鉄道会社が介護サービス付きの高齢者向け賃貸住宅を相次いで開発している。東急不動産は7日、東京都世田谷区に新型マンションを17日に開業すると発表。東京建物は同台東区に同社初の高齢者向け賃貸住宅の募集を2月から始めたほか、東京急行電鉄も渋谷区 ...
介護ロボット普及向け検討会 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護を受けるお年寄りや介護をする人をサポートするために開発が進むロボットの普及に向けた課題を話し合う国の検討会が、7日、初めて開かれ、介護事業者から「技術的な開発だけでなく、現場の声を取り入れたロボットを作ってほしい」といった意見が出ました。
認知症への理解求め、消防局で寸劇 群馬 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を深め、地域ぐるみで患者や家族を支えていこうと、高崎市などは7日、同市八千代町の同市等広域消防局屋内訓練場で、「認知症という病気について」と題した講演会を開催。上大類病院(同市)の矢島祥吉院長の講演のほか、患者への対処法を紹介する寸劇が行 ...
それは、認知症の人を支える音楽療法士の女性がつくった歌だった - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
それは、認知症の人を支える音楽療法士の女性がつくった歌だった。福岡市・天神にある認知症の人のデイサービス施設「天神オアシスクラブ」の演奏会で「あなたを忘れない」という曲を聞いた。 若年性認知症になった妻と介護する夫。病状の進行で妻は、夫が分から ...
「香り」「匂い」をカタチにすると、どうなる? - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
そんな心境に至った理由の一つには、僕が1990年代初頭からもっぱらユニバーサルデザインの考え方を研究して来たことが影響しているのかもしれない。 この20年来、先進する高齢社会の中で、いかにして多様化する使い手の要求を可能な限り正確に捉え、モノづくりができるか ...
【甦れ!!ニッポン】第5部(5)完 筋肉トレで医療費削減 地域クラブと連携に期待も (1/2ページ) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
長年、筋力を専門に研究していた筑波大の久野譜也准教授に依頼が舞い込んだのは1996年春、「老人の寝たきり状態を予防したい」という茨城県大洋村(現鉾田市)村長からのSOSだった。早速、高齢者を集めて筋力トレーニングを実施、6年間に渡って続けたところ、転倒 ...
情報通信技術使い高齢者の健康増進を、聖隷福祉事業団と慶大がセ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
... サービスセンターなどの福祉施設をオープンさせる社会福祉法人・聖隷福祉事業団(本部・浜松市、山本敏博理事長)と慶応大学SFC研究所(藤沢市遠藤、金子郁容所長)が共催するセミナーが7日、藤沢駅南口近くの藤沢リラホールで開かれた。 両者は、高齢者が健康に ...
府内の家庭内高齢者虐待、09年度2年ぶり増加 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
虐待の通報者はケアマネジャー(介護支援専門員)や介護事業者職員が47・0%を占め、高齢者の本人申告は9・8%だった。府は「虐待の通報窓口である地域包括支援センターの職員に研修を受けてもらうなど、虐待の早期発見や防止に力を入れたい」(高齢者支援課)として ...
介護疲れで母親殺害 66歳息子に実刑判決 未婚化で目立つ同種事件 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症で介護が必要だった母親=当時(93)=を殺害したとして、殺人の罪に問われた長男(66)の裁判員裁判の判決公判が7日、東京地裁で開かれ、懲役4年6月(求刑懲役7年)の判決が言い渡された。被告は独身で親元で生活しており、母親に介護が必要になったことで ...
介護・福祉ロボ、安全基準策定へ 厚生・経産省検討会が初会合 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省と経済産業省は7日、介護や福祉の現場で使われる生活支援ロボットの普及を目指す「介護・福祉ロボット開発・普及支援プロジェクト検討会」の初会合を開いた。官民が連携して介護現場のニーズに即したロボット開発を進めることで一致。 ...
情報通信技術使い高齢者の健康増進を、聖隷福祉事業団と慶大がセミナー/藤沢 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
藤沢市大庭の湘南ライフタウンに来春、特養ホームやデイサービスセンターなどの福祉施設をオープンさせる社会福祉法人・聖隷福祉事業団(本部・浜松市、山本敏博理事長)と慶応大学SFC研究所(藤沢市遠藤、金子郁容所長)が共催するセミナーが7日、藤沢駅南口近くの ...
介護ロボット実用化を議論 厚労省などが検討会 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
人材不足に悩む介護や医療の現場での介護・福祉ロボットの普及を目指し、厚生労働省などが安全性の確保や実用化に向けた課題について研究者らと意見交換する検討会を設け、7日に初会合を開いた。 長妻昭厚労相は「介護ロボットは大きな成長の可能性があるが、安全基準が ...
杉並区の老人ホームで統一協会(統一教会)信者が慰問活動!? - やや日刊カルト新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
社会的弱者である高齢者を預かる社会福祉法人という立場からも、適切な判断を下されたと云える。 また施設のスタッフからは、“Smile Heart/スマイルハート”について、真面目すぎて逆に何か違和感を持ったことがあるとの話も聞けた。 また、YFWPの“Smile Heart/スマイル ...
介護難民 - 防府日報 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省が進める医療費見直し計画で、医療療養病床を25万床から15万床。介護療養病床13万床を全廃するという大幅な療養病床削減計画で、行き場の無くなった患者があふれ始めており、ピークの数年後には100万人を越えるといわれている。削減された患者は、老人保健 ...
旭川荘で高齢者介護の教員養成 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人・旭川荘(岡山市北区祇園)は7日、中国の高齢者介護教員の養成へ、看護師19人を研修生として受け入れ、介護の知識や技術を指導する講座の開講式を同荘で開いた。2005年から取り組む事業の一環。 開講式では、江草安彦名誉理事長が「限りある時間で知識 ...
相部屋と個室、別々に指定/特養ホーム報酬請求問題 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームの介護報酬で一部自治体と国の解釈が異なっていた問題で、厚生労働省の介護給付費分科会の大森弥会長(東京大名誉教授)は6日、個室と定員4人以下の「相部屋」を併設した施設について、今後は部屋を種類別に指定し、報酬請求を明確にする対応案を示し ...
介護疲れ背景? 妻が夫絞殺容疑 福岡 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
河村容疑者は「一緒に死のうと思った」などと供述しているといい、介護疲れが背景にあったとみて同署が詳しく調べている。 逮捕容疑は6日午後1時ごろ、自宅で夫の敬次郎さんの首を絞めるなどして殺害した疑い。河村容疑者は敬次郎さんと2人暮らしだったという。
「医療情報カプセル」人気 高齢者の安心に一役 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
【足利】独り暮らしのお年寄りなどの救急医療に役立ててほしいと、市社会福祉協議会(山岡美和子会長)が7月から救急時に必要な情報を入れたカプセル「安心キット」の配布を始めて2カ月。予想を上回る希望があり、これまでに約9500セットを配布。 ...
南区・吉祥院、高齢者見守りに町内会も協力を - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市南区吉祥院地区の社会福祉協議会と民生児童委員会が、相次ぐ独居高齢者の孤独死を受け、地元に33ある町内会へ高齢者の見守りの輪に加わるように呼びかけを始めた。高齢住民の世帯構成を把握するよう促し、独居や高齢者夫婦の世帯を記入する地図を配布した。 ...
(9/3)エーザイ、米で認知症向け抗体医薬の臨床試験 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイは抗体を使った次世代のアルツハイマー型認知症治療薬「BAN2401(開発番号)」の臨床試験(治験)を米国で始めた。順調に進めば2015~16年ごろの承認申請を目指す。認知症薬では「アリセプト」を自社開発し、トップシェアを誇るが、主要市場の米国で11月に特許 ...
地域で考える、介護のこれから 姫路でフォーラム - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
老いても住み慣れた地域で暮らすため、認知症への介護体制と共に近隣社会の支えも不可欠だ。姫路市でこのほど、デイサービス提供者の視点から課題と展望を探るフォーラムが開かれた。富山県のNPO法人理事長惣万(そうまん)佳代子さん、姫路市のNPO法人理事長の内海 ...
「医療情報カプセル」人気 高齢者の安心に一役 足利市社協が配布 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【足利】独り暮らしのお年寄りなどの救急医療に役立ててほしいと、市社会福祉協議会(山岡美和子会長)が7月から救急時に必要な情報を入れたカプセル「安心キット」の配布を始めて2カ月。予想を上回る希望があり、これまでに約9500セットを配布。 ...
高齢者らに配慮、住宅改修を開始 まつもとUDリフォームセンター - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松本市の建築、医療関係者らでつくる「まつもとユニバーサルデザイン(UD)住宅リフォームセンター」は6日、高齢者や身体障害者の相談に応じ、暮らしやすい住宅に改修する事業を始めた。国土交通省の補助が支給され、利用者の負担が少ないのが特徴。 ...
全市町村の体制調査 高齢者の所在不明問題 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉課によると、県内に住民登録をしており、本年度に100歳以上になる人は、白川村を除く41市町村に約900人おり、3日までに全員の生存が確認されている。 一方、戸籍はあるものの、住民登録がなく、所在不明の100歳以上が8月26日現在で、少なくとも ...
静かなブーム 日田市「ふれあい宅配講座」 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
人気があるのは生活習慣病予防や高齢者在宅サービスなどの健康・福祉をテーマにした講座。担当の市教委生涯学習課によると「老人介護などを身近な問題と考える各地区の婦人会や老人会からの申し込みが多い」という。 市内の伏木町婦人学級(長尾フミ子会長)は初めて認知 ...
2010年09月06日()
お年寄りの生きがい野菜、高知で販売 仁淀川の会社 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
井上さんは以前、地元のJAや社会福祉協議会などに勤め、町の委託で高齢者への仕事の提供に携わっていた。05年に制度変更で民間事業になった際、「長くかかわり、放っておけない」と同社の経営に参加した。 昨年度は約1200万円の赤字だった。 ...
職場で街でハイタッチ 欧米流“あいさつ”広がる - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の介護やリハビリをする同施設がハイタッチを取り入れたのは、4月のことだ。「朝は心も体もエンジンがかかっていない。野球選手がホームランを打った時のように、ハイタッチをすれば瞬時に気分が盛り上がるんじゃないかと考えた」(鯨岡さん) きつい仕事といわれ ...
ウチヤマHD、北海道で介護事業を展開 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
不動産管理と介護施設運営のウチヤマホールディングス(ウチヤマHD、北九州市、内山文治社長)は北海道で介護事業を展開する。旭川空港近くに老人ホームを開設したのを皮切りに、今後3年間で道内の介護施設を8カ所に増やす。北海道は全国と比べ高齢化率が高い ...
介け合い戦記・介護社会の現実 中日新聞取材班編著 7日発売 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護される高齢者とその家族の孤独・困窮、行政の無策など、介護保険制度の問題点を緻密(ちみつ)な取材で浮き彫りにしています。一方で妻の介護のため辞職した市長や寝たきりの夫のために施設を造った妻ら、助け合う人々も紹介。これからの「介護」を考える必読書といえ ...
介護給付費、8.7兆円に - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は6日、介護サービスの利用者負担を除く給付費が、2014年に8兆7000億円になる見込みであるとの試算を、社会保障審議会の介護保険部会で示した。 介護職員の月給引き上げを図る「介護職員処遇改善交付金」を13年度以降も続けた場合、14年の給付費 ...
「安心キット」予想超える人気 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【足利】独り暮らしのお年寄りなどの救急医療に役立ててほしいと、市社会福祉協議会(山岡美和子会長)が7月から救急時に必要な情報を入れたカプセル「安心キット」の配布を始めて2カ月。予想を上回る希望があり、これまでに約9500セットを配布。 ...
100歳超高齢者 今年度2692人に 兵庫 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県は6日、今年度に100歳以上となる高齢者が前年度から245人増の2692人に達すると発表した。県内でも所在確認ができない高齢者が多数存在することが発覚したが、データをまとめている社会福祉担当部局では所在確認ができない高齢者はこれまでも計上しておらず、 ...
厚労省が特養の相部屋容認 都内自治体に安堵の声 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで同省は併設型については個室部分の介護報酬は低い報酬しか認められないと主張し、埼玉県、群馬県などの併設施設に介護報酬の過払いの可能性を示していた。今回の案では個室並みのケアがされていれば報酬の返還を求めないとの判断も可能だとした。 ...
介護保険料平均5千円も 給付費ふくらみ負担増 厚労省見通し - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は6日、社会保障審議会介護保険部会で、65歳以上の保険料の全国平均額(現行月4160円)について、平成24年度の次回改定では5千円を上回るとの見通しを示した。介護職員の処遇改善を図るための交付金などの特例措置が積み重なったことから、24年度 ...
日銀、新たな貸出制度開始 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
具体的には3兆円の貸出枠を用意し、環境やエネルギーのほか、医療・介護などの成長分野に融資する金融機関を対象に、政策金利と同じ年0.1%の低金利で融資を行います。 日銀によりますと制度初日の6日、47の金融機関に対し総額4600億円余りを融資したという ...
北海道白老町と富士通、独居老人を携帯電話で“見守る”サービス開始 (媒体での記事掲載終了)

北海道白老町は、富士通と共同で地域のコンタクトセンターシステムを構築し、携帯電話「らくらくホン」を活用した高齢者向けの生活支援サービスの運用を8月23日から開始した。

併設施設の整備容認、個室部分に高い報酬認める 厚労省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は6日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護給付費分科会で、特別養護老人ホームの施設整備の考え方を示した。地方自治体の事情に応じて、個室と相部屋を併設した施設の整備を容認し、個室部分に高い報酬を払うことも認める。あいまいだった施設整備の ...
診療科充実し病床171に - 三陸河北新報 (媒体での記事掲載終了)
石巻には療養病床が少ないので、介護老健施設の計画を変更して造ることにした。深谷病院で認可された病床数にすることが使命と感じていた」と説明。 その上で「これからも内容を充実させ、多くの患者さんに利用していただける病院にしていきたい」と抱負を語った。
茨城県立図書館で「認知症講座」を開催 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
茨城県立図書館で9月24日(金曜日)、三の丸アカデミーIN図書館「認知症講座inいばらき-認知症地域支援体制構築事例等報告会-」を茨城県保健福祉部長寿福祉課との共催により開催します。この事業では、事例発表や劇団公演等をとおして,認知症の人やその家族を温かく ...
「ひざのハンドブック」のご紹介 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
まずはひざ年齢をチェック おもに加齢によって、骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、移動能力が低下するなど暮らしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。運動器の障害のために、要介護になったり、要介護になる ...
職場改善好事例、最優秀賞 - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
誰もが無理なく快適に働けることを志したバリアフリーの職場と、スポーツや余暇の充実に心配りのなされた環境は、まさに創業の理念に基づいたものと言えるだろう。 上肢に障害のある方たちの職場環境がテーマとなった今回の募集において、同社は「作業マニュアルの電子 ...
第24回 日本高齢者大会in水戸 - 産業技術総合研究所 (媒体での記事掲載終了)
「高齢期」を安心して豊かに暮らせる平和で輝くものにしようとする目的で開催されるこの催しが、今年は水戸で行われます。 産総研は13日に、「ロボット工学」の学習講座を担当し、ロボット技術全般と、福祉・介護分野で進められるロボット開発の現状を、わかりやすく解説 ...
さいたまゴールド・シアター、新作「聖地」 14日から26日まで - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで劇作家の岩松了、ケラリーノ・サンドロヴィッチに新作を委嘱してきたが、今回はさらに若い世代の作家と出会おうという狙いで、劇団サンプルを主宰する松井に依頼した。 「聖地」は、老人が排除される社会で、死を待つ人々が暮らすグループホームを、高齢者の一団 ...
小・中・高校生と高齢者が交流 棚倉 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
東白川郡の小・中・高校生と高齢者が交流を深め郷土文化を伝承する「いのちの学校」体験事業は5日、棚倉町保健福祉センターで行われた。 県県南保健福祉事務所の主催、棚倉町教委と鮫川村教委の共催。 「ひがししらかわ元気づくり支援事業」の一環。 高齢者から次世代に ...
認知症高齢者グループホーム体験記出版 松山 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
松山市で認知症高齢者グループホームを運営する社会福祉法人「ともの家」のスタッフと家族会がこのほど、体験記と写真集を出版した。「介護する側」の視点から、福祉現場の日常や職員の思い、入居者とのふれあいを生き生きと切り取っており、さわやかな感動を呼んでいる。 ...
青森シニアフェスにぎわう - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が文化活動、スポーツを通じ交流を深める「あおもりシニアフェスティバル」(県、県すこやか福祉事業団主催)の総合開会式と文化イベントが5日、青森市の県民福祉プラザで開かれた。県内各地から大勢の高齢者が訪れ、舞踊発表や作品展示を心ゆくまで楽しんだ。 ...
65歳以上はワッハ上方無料 高齢者保健福祉月間 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市中央区の府立上方演芸資料館(ワッハ上方)は、府の高齢者保健福祉月間である9月中、65歳以上の来館者の展示室入場料を無料にしている。免許証や保険証など年齢の確認ができるものの提示が必要。 期間中は、桂米朝さんの「第14回上方演芸の殿堂入り」を記念した ...
高齢者情報、支援センターなどと共有を 自治体に通知 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
支援を必要とする高齢者世帯を地域で活動する機関に把握してもらうことで、見守りサービスなどを強化したい考え。 同センターは自治体から委託された社会福祉法人などが運営している。支援が必要な高齢者世帯の情報については個人情報保護を理由に自治体側が提供に慎重 ...
全国の福祉活動、報告に耳傾ける - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県民会館は「地域福祉活動の楽しさを分かち合う実践講座」や「自治会区における小地域福祉活動」などのテーマ別に6分科会があった。 「高齢化・過疎化する小地域や集合住宅での実践」の分科会では、高齢化が進んだ高島平団地(東京都板橋区)での大東文化大学生の ...
青森シニアフェスにぎわう - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が文化活動、スポーツを通じ交流を深める「あおもりシニアフェスティバル」(県、県すこやか福祉事業団主催)の総合開会式と文化イベントが5日、青森市の県民福祉プラザで開かれた。県内各地から大勢の高齢者が訪れ、舞踊発表や作品展示を心ゆくまで楽しんだ。
2010年09月05日()
優秀勤労障害者 厚労大臣表彰 青森の浅田さん受賞 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
現在は市内のグループホームで障害者5人と暮らす。 浅田さんは「入社したころは作業を覚えられず大変だったが、乗り越えてやることが仕事だと思って続けた」と振り返り、「作業にかかわった車の修理が完成した瞬間が一番うれしい」と語る。 優秀勤労障害者の表彰は障害者 ...
長寿モデル国への試練 週のはじめに考える - 中日スポーツ (媒体での記事掲載終了)
そんな期待を打ち砕いたのが全国で続々出てくる高齢者の所在不明問題です。 「人間は百二十五歳まで生きられる」とは明治、大正期に宰相を務め、東京専門学校(早稲田大学の前身)をつくった大隈重信の持論でした。早大は建学の父に敬意を表し三年前に創立百二十五周年を ...
西川ヘレンさんが介護体験を披露 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
県民公開講座「安心介護で生き生きと」(県医師会主催)が5日、岡山市内で開かれ、タレントの西川ヘレンさんが、ユーモアを交えて介護経験について話した。 「大家族 支え愛、見守り愛、励まし愛」をテーマに、自身の母と夫の両親計3人の世話をした経験を披露。 ...
第2894号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
(4)高額療養費制度について,外来医療にも現物給付を拡大するとともに,特定疾病の対象を拡大。(5)医療保険の自己負担割合の引き下げ。 その後の総合討論では,労働環境の改善へ向けて聴講者も参加して議論が行われ,岸氏が改善への強い意志を示し,閉会した。
高齢者の健康促進へ「すこやかフェア」 京都、9千人参加 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
イベントの後半では、市内の老人福祉センターの文化サークルに所属する高齢者が舞台上で、太極拳や詩吟、民舞踊などを発表。見守っていた高齢者からは「動きが若々しい。私もやってみたい」などと声があがった。 京都市左京区、主婦、富岡敏子さん(75)は「同じ年代の ...
「当事者参加」ができる仕組みを作ろう - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
ビジネス現場の最前線では、大企業から中小・ベンチャー企業、社会福祉法人まで、業種業態も、規模も、地域も異なる様々な事業主体がそれぞれ独自の手法・スキームによって、障害者パワーの活用に挑んでいる。 本連載で紹介してきた先進的な事例は、障害者雇用は必ずしも ...
介護食品特集:日本介護食品協議会・島家時会長に聞く UDF72億円規模 - 食の情報源 (登録) (媒体での記事掲載終了)
在宅介護の増加に伴い、家庭内で利用できる介護食品の必要性が生じている。食品メーカーはかねて個々に独自の商品を展開し始め、一般家庭向けとして徐々に商品数を増やしながら販売を行っていたが、食品メーカーによって規格がまちまちであったり、表示内容も統一されてい ...
“介護用紙おむつ”覆面強盗 55歳男を逮捕 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
男は自分の顔を隠すために介護用の紙おむつをかぶり、犯行に及んでいました。 金炳一(キム・ピョンイル)容疑者は先月25日、練馬区東大泉のコンビニ店に包丁を持って押し入り、現金約14万円を奪った疑いが持たれています。金容疑者は4日、押し入ったコンビニ店に現れて ...
限界集落と移動販売 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「買い物が楽になる」と口々に話す住人らの笑顔が印象的だった。上市町社会福祉協議会が八月、同町白萩南部地区で、鮮魚店とスーパーの移動販売事業を始めた。 同地区は、住人の八割以上が高齢者の限界集落。車の運転免許を持っている人も少ない。町に出るバスも少なく、 ...
ドラッグストア、地域医療を攻める(日経MJ9月6日付から) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
薬剤師が積極的に患者の元を訪れたり、店に介護施設を併設したりして専門性を磨き、単なる「小売店」からの脱皮を図る。高齢化の進展で地域医療の重要性は増すばかり。病院や医師だけでは埋められない需要を満たす、地元密着型「健康サービス拠点」への変身に、生き残りへ ...
ふれあいランド祭 - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
このイベントは、障害者や高齢者などハンディキャップを持つ人と交流を深めてもらおうと、県社会福祉協議会などが毎年この時期に行っているもので今年で16回目です。天気に恵まれたきょうは午前10時の会場と同時に大勢の家族連れなどが訪れました。会場には福祉体験 ...
認知症理解し、手助け 大田原信金の全職員がサポーターに - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大田原】認知症の人が安心して暮らせる地域づくりに貢献しようと、大田原信用金庫(村田稔理事長)の全職員約150人が6日までに「認知症サポーター」の養成講座を受講する。社会の高齢化が進み、同信金利用者にも高齢者が増加。認知症の利用者も訪れる中、病気を ...
高齢者の送迎で注意呼び掛け 介護現場も細心注意 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根県松江市内で8月、通所介護施設の利用者を送迎する軽乗用車が道路脇のコンクリート壁の階段に衝突し、同乗していた94歳の女性が亡くなる事故があった。デイサービスなど介護施設利用者の送迎に2種免許は必要ないが、どこでも起きかねない事故とあって警察は安全 ...
初の高齢者入所施設 新見・神郷 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人・生き活き館(岡山市)が運営し、10月1日に開所する。 式典には石垣正夫市長や地元住民、工事関係者ら72人が出席。法人の柏本行則理事長が「住み慣れた文化・風土の中で、高齢者が生きる幸せを実感してもらえるよう支援をしていきたい」とあいさつした。
山城地域限定、城陽で福祉分野の就職フェア - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉分野への就職希望者でにぎわう会場。長い順番待ちのできたブースも(城陽市・文化パルク城陽) 山城地域で高齢介護や障害者支援の仕事に就きたい人を対象にした就職フェアが4日、京都府城陽市寺田の文化パルク城陽であった。大学生ら約200人が参加して、やりがい ...
介護保険制度のすき間埋め 小野市が支援センター - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
小野市は10月から、地域での高齢者支援の仕組みとして、「おの介護ファミリーサポートセンター」を開設。9月から外出時の付き添いや食事の準備、掃除、話し相手などの有償ボランティアを受ける利用者「依頼会員」の募集を始めた。介護保険制度のすき間を埋める事業を ...
2010年09月04日()
国語、算数、理科、社会-と月曜日から金曜日まで、認知症などを抱える高齢者らが、まるで小学校のような時間割で学ぶ。介護施設「おとなの学校」に“入学”して過ごすうちに、認知症の症状が改善した例が報告されている。行動障害が減ったり、クラブ活動で仲間をつくり ...
健康麻雀教室 人気“役満” - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
頭と手の体操ができるだけでなく、外出や友達づくりのきっかけにもなり、認知症予防にも役立つと期待される。佐賀大が効果の検証に乗り出し、自治体も会場提供やPRに協力している。(谷川季実子) 毎週水曜日の午前。佐賀市の鍋島公民館で開かれる教室には、60~80 ...
加古川刑務所に女性収容施設 来秋に運用開始へ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
受刑者の高齢化を踏まえてバリアフリーに配慮し、運動場や体育館も設ける。加古川市の条例に基づいて開発計画を市に提出し、9月下旬に住民説明会を開催、11月上旬に入札を実施する。 法務省によると、女子刑務所は北海道や福島、和歌山などの県に計8施設ある。 ...
大田原信金全職員が「認知症サポーター」に - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大田原】認知症の人が安心して暮らせる地域づくりに貢献しようと、大田原信用金庫(村田稔理事長)の全職員約150人が6日までに「認知症サポーター」の養成講座を受講する。社会の高齢化が進み、同信金利用者にも高齢者が増加。認知症の利用者も訪れる中、病気を ...
三男「年金引き出し、パチンコに」 岸和田83歳遺体 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の行方不明問題が話題になり、「大家に『(清井さんは)元気か』と聞かれ、まずいと思った」と話したという。 署によると、三男はかつて土木作業員をしていたが、14~15年前から無職。清井さんは2005年ごろから寝たきりとなったが、病院に連れて行くことも ...
JIS法の認証対象 医療・介護サービスにも拡大へ 経産省検討 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
カロリーを取りすぎない食事制限指導による疾病予防、リハビリ補助といった医療・介護周辺サービスに求められる「基準」を策定するため、経済産業省が平成23年度中に工業標準化法(通称JIS法)の改正を検討する方針を固めたことが4日、分かった。 ...
【岸和田高齢者変死】「母親4年前に死んだ」三男、年金不正受給認める - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同署は今後、清井さんの年金を不正に受け取った詐欺容疑で調べを進める。 同署によると、三男は「母親は約4年前の春先に急にいびきをかき、気付いたら動かなくなった」と話した。清井さんは平成16年ごろから目が不自由となり17年ごろからは足腰も悪く寝たきり状態 ...
和歌山市の高齢者大会で島田洋七さん講演/和歌山 - わかやま新報オンラインニュース (媒体での記事掲載終了)
平成22年度和歌山市高齢者保健福祉振興大会が3日、 同市の市民会館大ホールで開かれ、 お笑い芸人の島田洋七さんが 「楽しい老後の過ごし方」 をテーマに記念講演。 祖母や母親の爆笑エピソードを交えながら、 「肩を張らずに、 明るい気持ちで暮らすのが長生きする秘訣 ...
平成22年度和歌山市高齢者保健福祉振興大会が3日、 同市の市民会館大ホールで開かれ、 お笑い芸人の島田洋七さんが 「楽しい老後の過ごし方」 をテーマに記念講演。 祖母や母親の爆笑エピソードを交えながら、 「肩を張らずに、 明るい気持ちで暮らすのが長生きする秘訣 ...
高齢者や障害者の世帯ではなおさら困難な作業だが、藤山校区では地域の有志が一定の利用料を受け取る形で作業を代行している。校区コミュニティー運営協議会の福祉部(橘高クニヱ部長)が中心になっている「藤山ふれあいサポート」。6月の開始以降、徐々に口コミで利用者 ...
介護福祉士の養成は、1997年度に旧京都短大生活福祉専攻で始めた。2000年度には現在の介護福祉専攻に改称した。府北部で唯一、卒業と同時に介護福祉士の国家資格を取得でき、今春までに433人を送り出した。 高齢化が進む中で、当初は福祉分野の仕事をめざす学生が多く、05 ...
笠岡市社協が90歳代調査へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
笠岡市社会福祉協議会は3日、19支部の実務者会議を市老人福祉センターで開き、市内に住民登録している90歳代の高齢者1211人の安否確認を要請した。市からの委託を受けた調査で月内を目標にまとめて、市に報告する。 100歳以上の高齢者の所在不明が社会問題になっ ...
保育所を介護施設に 三良坂 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
三次市三良坂町田利の旧市田利保育所が、9月から通所介護施設として生まれ変わった。高齢化が進む地区で、地元が動き、お年寄り対象の施設として再出発させることにこぎ着けた。地域密着型デイサービス施設を目指し、にぎわいを生む場所の期待も狙う。 ...
ここに生きる 第1部・幸せですか - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
県長寿社会課によると2010年4月1日現在、主な介護施設である特養と介護老人保健施設(老健)は県内に153施設あり、定員は計1万999人。入居を希望しながら入ることができない待機者は、3441人に上る。施設不足は、高齢化率31.5%(10年7月1日 ...
認知症支えるまちづくり 新居浜でフォーラム - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症になっても一人で出歩けるまちづくりを―。誰もがなり得る認知症への理解を深め、市民主導のネットワークづくりを目指す「認知症を知るためのフォーラム」が4日から、新居浜市の大生院公民館を皮切りに市内5公民館で開かれる。 新居浜医療生活協同組合が、新居浜市 ...
認知症患者の言動理解を 大山崎で自営業者に講座 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
商店主や企業の経営者に認知症への理解を深めてもらおうと、京都府大山崎町地域包括支援センターと町内の特別養護老人ホームが7日に「認知症サポーター講座」を開く。自営業者向けの講座は初めてで「まず、苦労した経験などを語り合うことから始めたい」と準備を進めて ...
脳卒中など7症状 救急搬送実施基準・医療機関リスト作成 県検討会 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
整形外科の分野と消化管出血、急性腹症は、リストを策定するかどうかを含めて検討する。 受け入れ先の医療機関が決まりづらい、急性アルコール中毒患者、要介護者、認知症患者など11事案については「受け入れ困難事案」に設定した。 これらの患者を受け入れた医療機関に ...
高齢者見守りネット始動 小山市で孤独死対策 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
桑地区で8月下旬、地域に住む高齢者の見守りや声掛けをする「あんしんサポーター」の研修会が開かれた。市や同地区社会福祉協議会などの担当者の説明に、真剣な表情でメモを取るサポーターたち。参加した60代男性は「いつか自分も見守られる側になる。 ...
「介護予防」普及へ指導者養成 道が講習会 保健師公募も - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
道は、介護保険サービスのひとつで、高齢者が筋力トレーニングなどで機能回復を図る「介護予防」を普及させるため、地域で指導的な役割を担う「介護予防リーダー」の育成事業をスタートさせる。札幌医大に委託し、日ごろから介護予防に取り組む保健師ら10人を対象 ...
2010年09月03日()
戸籍上「生存」の3080人所在不明 県内市町村 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
他県で問題が発覚したことを受けて、県内の各市町村は高齢者の戸籍を調べ、住民基本台帳などで所在を確認している。 甲府地方法務局によると、2010年3月末現在、県内に本籍がある人は95万7757人。ただし、年金の受給や福祉制度などの行政サービスは、住所を ...
「達成感と満足感」真鍋知事退任式 行政改革の効果強調 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
68、69歳の医療費助成など県独自の福祉政策をやめたことについて、真鍋知事は「『私のはいいから、子どもに回して』と高齢者から言われたことが記憶に残っている」と述べた。やり残した仕事として、「交通事故の死者数がワースト上位から脱却できなかった」と ...
県住宅供給公社を民営化 『福祉事業も』意気込む県側 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
その上で新たな福祉サービスなどを行うという。 構想では、モデル地区として、公社が横浜市旭区に開発した若葉台団地を選定。高齢者向けの生活支援策として、団地内に在宅療養支援診療所や居宅介護サービスの事業所を設けたり、買い物代行などのサービスを提供したりする ...
長蛇の列!一般傍聴席61席に1554人 - サンケイスポーツ (媒体での記事掲載終了)
押尾被告の初公判の傍聴希望者は一般傍聴席61席に対し25・5倍の1554人が集まった。1番乗りは東京・新宿の介護施設で働く男性職員(31)。3日午前5時ごろから並び「人が急病になったらすぐ119番するのが常識。なぜこんなことになったのか本当のことを知り ...
成美大 介護福祉専攻募集停止 短期大学部 来年度入試から 京都 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
学校法人・成美学園は3日、成美大学(福知山市)の短期大学部生活福祉科介護福祉専攻の学生募集を、平成23年度の入試から停止することに決めたと発表した。府北部で唯一、卒業と同時に介護福祉士の国家資格が取得できる専攻だが、今後の入学者数の確保が厳しいと判断 ...
九産大サッカー部が慰問 妙技に高齢者笑顔 粕屋町の福祉施設 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡市東区の九産大サッカー部の選手たちが3日、粕屋町の福祉施設「福岡青洲会病院デイサービスセンター」を訪れ、約30人の高齢者たちと交流した。同大の開学50周年を記念したボランティア活動としてOB会などが企画。「九産」の語呂に合わせて9月3日に行った。 ...
成美学園が介護福祉の募集停止を正式発表 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
学校法人・成美学園(西垣寛人理事長)は3日、京都府福知山市で運営する成美大短期大学部(旧京都短期大)介護福祉専攻の学生募集を来年度から停止すると正式に発表した。 府北部では唯一、介護福祉士の国家資格を取得できる専攻で1997年度の開始後は好調だった ...
県住宅供給公社民営化 「契約そのまま」に安堵 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
売られた先と契約を結びなおすと、介護の条件が悪くなるのではと不安でした。契約がそのままと聞いて安心しました」 公社が管理するケア付き高齢者住宅「ヴィンテージ・ヴィラ横浜」に住む女性(83)は、新会社による事業存続に安(あん)堵(ど)した。 ...
民家に性別不明の遺体=高齢者所在確認中-大阪府警 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
同署が身元の確認などを急いでいる。 市によると、住民票では、清井さんは息子と思われる52歳の男性と同居。先月24日、清井さん宅の家主から「母親の姿を2~3年見ていない」と通報があり、市が所在などを調査。介護保険などの利用実績は一切ないことが分かった。 ...
2日には現役の介護福祉士を講師に招き、 「利用者の方に気持ちよく利用してもらうためには」 などをテーマに話し合った。 受講生たちは 「信用されるように努力する」 「了解を得てから作業する」 「話を十分に聞いて意思疎通を図る」 など活発に意見を出し合い、 専門 ...
玉名郡南関町で介護保険料の徴収ミス - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
玉名郡南関町で介護保険料の徴収ミスです。南関町によりますと、年金から介護保険料を天引きする特別徴収者約3100人の8月分のデータが日本年金機構に転送する際に電算システムの異常により誤った状態で送られました。そのため2348人から337万7400円を多く ...
戸籍で生存117人、秦野市が100歳以上の高齢者を調査/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
また、90歳から104歳までの高齢者1225人(男293人、女932人)のうち介護保険、医療保険の利用実績ない高齢者について福祉部職員が訪問調査を実施した。その結果、91歳と104歳の男性が所在不明となっていた。2人とも家族から行方不明の届けが県警に提出 ...
神奈川県住宅供給公社を民営化 全国初、介護も提供 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
神奈川県住宅供給公社は3日、高齢化が進む団地での介護福祉サービス提供といった事業の多角化や、資金調達をしやすくするため、2015年4月を目標に株式会社に移行すると発表した。 公社によると、地方住宅供給公社の民営化は全国初。各地で住宅公社の経営悪化による ...
バリアフリー版「おくりびと」 4日から山形市で上映 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
バリアフリーの映画は数年前に登場。日本語字幕付きで、各場面の映像を説明する音声が加わる。障害者だけでなく高齢者にも好評だが、福祉団体などによる一回限りの上映が多く、今回のように一般映画館で連日上映されるのは珍しいという。 … [記事全文]
松山で県老人クラブ記念大会 功労者表彰も - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉への功労をたたえ、加戸守行知事が会員13人を、優良クラブや寝たきり老人優良介護、会員増強などで佐々木会長が111団体と108人を表彰した。 掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
バリアフリー版「おくりびと」 4日から山形市で上映 - 中日スポーツ (媒体での記事掲載終了)
バリアフリーの映画は数年前に登場。日本語字幕付きで、各場面の映像を説明する音声が加わる。障害者だけでなく高齢者にも好評だが、福祉団体などによる一回限りの上映が多く、今回のように一般映画館で連日上映されるのは珍しいという。 東北芸術工科大(山形市)の企画 ...
バリアフリー版「おくりびと」 4日から山形市で上映 - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
バリアフリーの映画は数年前に登場。日本語字幕付きで、各場面の映像を説明する音声が加わる。障害者だけでなく高齢者にも好評だが、福祉団体などによる一回限りの上映が多く、今回のように一般映画館で連日上映されるのは珍しいという。 東北芸術工科大(山形市)の企画 ...
野田聖子さん妊娠で、変わる?日本の家族 (媒体での記事掲載終了)

診察を訪れる女性が高齢化の一途をたどる不妊治療の世界。卵子提供は、そこで今かなり注目されるようになっており、気になっていました。そこに「野田聖子さんが卵子提供で妊娠」というニュースが飛び込んできました。

和歌山市で高齢者保健福祉振興大会開催 - WBS和歌山放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の生きがいと健康づくりを考える和歌山市高齢者保健福祉振興大会が、きょう(3日)、和歌山市で開かれ、高齢者の表彰やタレントの島田洋七さんの講演が行われました。 これは、長寿社会をめぐる問題を高齢者だけでなく全ての人が自分の問題としてとらえ、高齢者の ...
砂川市立、奈井江町立病院 認知症支援でも連携 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【砂川、奈井江】砂川市立病院(小熊豊院長)と奈井江町立国保病院(小西裕彦院長)は2日、認知症支援などを新たに盛り込んだ医療連携協定を結んだ。砂川市立病院の新本館が10月に開院するのに合わせ、2005年に結んだ協定の一部を見直し、強化した。 ...
松前社協、共生型地域福祉交流センターが12月開設 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【松前】松前町社会福祉協議会(塚田俊一会長)は、高齢者と障害者が集う共生型地域福祉交流センターを12月、町内福山の町有地に開設する。初めての共通活動拠点で、軽食も提供し、集まりやすくする。また子供も利用可能にして高齢者などとの交流も図る。 ...
【推奨銘柄】ニチイ学館、介護市場の成長をリード=光インベストメント - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
介護市場の成長をリードできるとの声があがっている。介護報酬が低い時期から、収益性を犠牲にしつつ地道な利用者獲得を進めてきた成果が現われ始め成長軌道に乗ってきたとの指摘がある。ケアプラン作成、訪問介護の伸び、有料老人ホーム等の施設が3本柱となって業容拡大 ...
社会保障審議会介護保険部会(7/26・30) 介護保険制度見直しに向けて,検討始まる - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
三上裕司常任理事は,今回のスケジュール案について,「非常に過密であり,検討を尽くせるか不安」としたうえで,介護療養病床の問題について,現在集計中の「医療施設・介護施設の利用者に関する横断調査」の調査結果について,部会でも説明して欲しいと要望した. ...
社会保障審議会介護給付費分科会(7/29) ユニット型施設の居室面積基準,非常災害対策基準の改正諮問に即日答申 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
当日は,(一)ユニット型施設の居室面積基準の引下げに係る諮問,(二)認知症高齢者グループホーム等における非常災害対策に係る基準の見直しに係る諮問―について審議が行われ,両諮問を,分科会として了承した. 分科会の冒頭,山井和則厚生労働大臣政務官のあいさつが ...
富士経済、住宅リフォームの国内市場調査結果を発表 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー及び健康配慮リフォームは、健康志向の高まりや高齢化によって今後も堅調な推移が予想される。なお、セキュリティリフォームは設置義務化の特需が一段落したため2009年度から住宅用火災警報器が減少しており、縮小推移が予想される。 ...
高齢者を虐待 氷川のホーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
入所している高齢者への虐待行為があったとして、県は2日、老人福祉法に基づき、住宅型有料老人ホーム「奏(かな)で」(氷川町)を運営する有限会社ひまわり(八代市出町、垣下由美子代表)に改善命令を出したと発表した。同社に対し、10月1日までに虐待の原因と防止 ...
【静岡】熱海市 介護老保施設事業者はちとせ会に決定(9/3) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
熱海市保険課は、介護老人保健施設の整備を希望する事業者について、応募5者の中から医療法人社団ちとせ会(熱海市泉17ノ1)に決めた。 ちとせ会は、熱海市内で定員100人以内の介護老人保健施設(従来型、ユニット型どちらも可)を整備する。開設期限は2012年3 ...
「見守り活動」に限界 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同市社会福祉協議会が月1回、一人暮らしの高齢者の安否確認や生きがいづくりのために無料で配る給食を渡すためだった。 女性は、千代さんが一人暮らしだと思い、08年1月から給食を届けてきたが、家族が同居していると知り、その翌月から配るのをやめた。 ...
認知症の母 通じる心 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の母(82)を10年以上にわたって介護し、その体験を詩につづってきた長崎市の詩人、藤川幸之助さん(48)が新刊「まなざしかいご」を出版した。2009年4月から1年間、ブログに書いた詩や文章を中心にまとめた。これまで詩集を10冊出したが、文章を加え ...
超高齢者の不明 役所業務の総点検が必要だ - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
戸籍は住民票とともに住民福祉に必要な公文書である。国民としての身分関係を示す基本データで、夫婦や親子単位で編成され、家ごとに戸主や家族の続柄、氏名、年齢、性別などが記録されている。 婚姻や相続など家族関係の重要な変更、財産に関する権利も戸籍上の届け出で ...
高齢者、90歳以上調査 鈴鹿市が方針、1700人対象 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国で100歳以上の高齢者の所在が不明になっている問題で、100歳未満の高齢者の所在を確認する方針を示していた鈴鹿市は2日、90歳以上を調査することを明らかにした。市議会の一般質問で、保健福祉部の松村亮部長が説明した。 対象者は約1700人で、年度内の ...
2010年09月02日()
なくそう孤独死 お年寄り自らプロジェクト 『おやすみ処』20日オープン 取手市戸頭地区 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
各地で相次ぐ孤独死や、介護疲れによって引き起こされる悲劇に危機感を持った戸頭町会(若松八郎会長)が中心となり、五月下旬、「日本一高齢者が住み良い町・取手戸頭を目指すプロジェクト」を発足させた。 同市高齢福祉課が戸頭団地五号棟の一階にある空き店舗 ...
エーザイ、米で認知症向け抗体医薬の臨床試験 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイは抗体を使った次世代のアルツハイマー型認知症治療薬「BAN2401(開発番号)」の臨床試験(治験)を米国で始めた。順調に進めば2015~16年ごろの承認申請を目指す。認知症薬では「アリセプト」を自社開発し、トップシェアを誇るが、主要市場の米国で11月に特許 ...
【スウェーデンの福祉用具】(1)リフトで楽になる介護 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
今は妻と2人の子供と日本で暮らし、介護付き有料老人ホームや認知症デイサービス、小規模多機能型施設などを運営しながら、ライフワークである高齢者福祉の向上に取り組んでいます。 日本には日本製の良い福祉用具があるのに、あまり普及していないものがあり、とても ...
長寿祝って お年寄り訪問 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市長寿福祉課によると、記念品を贈る対象となった今年100歳になる高齢者は83人。高齢者の所在不明が全国で相次いだため、市は7~8月、100歳以上について不明者がいないかどうかを調査。介護保険や医療施設の利用状況を確認したり、民生委員や市職員が自宅を訪問 ...
【はつらつ!元気へ一歩】日本柔道整復師会(23) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本柔道整復師会は、高齢者が介護状態にならない訓練の方法について研究を行いました。これによれば、個別に実施すると効果が高いという結果が出ています。 高齢者は若い人に比べ身体能力の個人差が大きいことが分かっています。同じ様な訓練メニューでは個人の能力差に ...
夏原武:猛威を振るう「進化した劇場型詐欺」で、高齢者が「入れ食い」 (媒体での記事掲載終了)

本連載がスタートしたときに取り上げたのは、「振り込め詐欺」だった。猛威と呼ぶにふさわしい勢いでここ数年、「詐欺といえば振り込め詐欺」と言われるほど被害額が増大していった。これに対しては、はっきり言って取り締まり側や金融機関の対応遅れが大き…

病気・認知症大丈夫? - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
宮前区まちづくり協議会は、病気や認知症など「高齢期のひとり暮らし」を考える2回の連続講座を区役所で開催する。 第1回「こんな時、あなたならどうしますか?」10月15日(金)13時〜15時30分。先着50人程度。 第2回「高齢期のひとり暮らし」の支援体制10月29日(金)13 ...
福祉・安全・教育に重点配分 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
主な歳出は、子宮頸がんワクチン接種の公費助成(4851万円※表面に関連記事)、不妊治療費助成(512万円※表面に関連記事)、平成23年6月に市内中央に新設される認知症高齢者グループホームの開設準備経費の補助(1380万円)、幼児・児童用の自転車ヘルメット購入助成(102 ...
(県土整備プランフォローアップ委) - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
1日あたりの乗降客数5000人以上の鉄道駅のバリアフリー化率は、22年度の目標10駅に対し、21年度は6駅止まり。 主要鉄道駅周辺歩道のバリアフリー化率は、29年度の目標14駅に対し、昨年度までの進捗は5駅となっている。 歩道のバリアフリー化率は、29 ...
八代郡氷川町の有料老人ホームで再び虐待、県が改善命令 - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
入居者への虐待防止の改善指導を受けていた八代郡氷川町の有料老人ホームで再び虐待が起きていたことが分かり、県はこの施設に老人福祉法に基づき改善命令を出しました。改善命令を受けたのは八代郡氷川町の有料老人ホーム「奏(かな)で」です。県高齢者支援課によります ...
児童23人交通バリアフリー学ぶ - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者が公共交通機関を利用する際などの介助について、子どもたちに理解を深めてもらう「交通バリアフリー教室」が2日、福井市の文殊小で開かれた。 国交省福井運輸支局が、県内小中学校から希望を募り毎年開いている。この日は県社協や京福バスが協力、同校 ...
銘柄パトロール(2):メガネトップ、エン・ジャパン、小野薬、サンシティなど - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
訪問介護の収益性が向上し、有料老人ホームなど居宅系サービスの入居率が高まり、いよいよ介護のフルラインサービスを強みとした成長軌道に乗ってきたという。雇用の創出、高齢者の重病化防止による医療費抑制の観点から政策面でのフォローの風も期待できるそうだ。 ...
熱中症対策、高齢者に呼び掛けを=宅配業者らに要請-環境省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
環境省は2日、高齢者と接する機会の多い宅配業者や介護事業者などに、エアコンの利用や水分補給など熱中症対策を呼び掛けてもらうよう要請することを決めた。記録的な猛暑により熱中症で亡くなる高齢者が急増しているため。 訪問時に口頭で呼び掛けるほか、宅配伝票に ...
エーザイ、新規モノクローナル抗体BAN2401の臨床試験を開始 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫、以下 エーザイ)は、このたび、次世代のアルツハイマー型認知症治療薬として期待される新規モノクローナル抗体BAN2401について、米国で患者様を対象とした臨床試験を開始した、と発表しました。 ...
高校生が「認知症キャラバン・メイト」に - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
落合高校(真庭市落合垂水)普通科2年山本浩次君(17)が、岡山県内の高校生として初めて「認知症キャラバン・メイト」になった。同メイトは認知症の人や家族を応援する「認知症サポーター」養成講座の講師を務めることができる。山本君は「校内で養成講座を開き、同年代 ...
5年ぶり診療所復活へ 百島 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨年8月から5回にわたって島を訪れ、開業を決めた。妻子は相模原市に残し、島内に家を借りて単身赴任する。 百島地区社会福祉協議会の旗手譲会長(79)は「高齢者にとって島に病院があるのとないのでは負担の差が大きい。常駐医師を本当に待ち望んでいた」と喜んでいる。
ニチイ学館は急反発、野村証の新規投資判断「1」付与を材料視 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
同社は医療事務受託最大手で、コムスン譲受で介護事業が拡大、医療・介護教育事業なども展開する。 野村では、訪問介護の収益性が向上、有料老人ホームなどの入居率も高まり、介護のフルラインサービスを展開していることが強みだと指摘、成長軌道に乗ってきたとしている ...
茨城県地域生活定着支援事業の受託者を募集 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
高齢であり、又は障害を有するため、福祉的な支援を必要とする矯正施設退所予定者について、本人が矯正施設入所中から退所後直ちに福祉サービス等につなげるための準備を、保護観察所と協働して進める茨城県地域生活定着支援センターを設置するにあたり、以下のとおり受託 ...
札幌市、「福祉除雪サービス」の受け付けを開始 - BNN プラス北海道365 (媒体での記事掲載終了)
札幌市は1日から自力で除雪することが困難な世帯が利用できる「福祉除雪サービス」の受け付けを開始した。 対象は70歳以上の高齢者や重度(1、2級)の身体障害者だけで居住する世帯(詳細は下記URL参照)。 福祉除雪は2010年12月1日から11年3月25日 ...
防災―上― 松江・法吉地区 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
徘徊(はい・かい)して公民館に連れてこられたり、警察で保護されたりする人が相次いでいるからだ。渡部浪子館長は困難な課題にあえて挑む理由をこう語る。「認知症問題にどう対処するべきか今はまだ見えない。防災も最初はそうだった。地域課題を掘り起こして学習し、 ...
熊本の介護事業者 県が指定取り消し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護報酬を不正に請求したなどとして、県は1日、介護保険法に基づき、熊本市で訪問介護事業所と居宅介護支援事業所を営むクオリティ・ケア・ジャパン(後藤克哉代表)の事業者指定を取り消したと発表した。後藤代表は「意図的な不正ではなく、事務的なミス。 ...
介護事業者が報酬不正受給 道が指定取り消し - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【八雲】道は1日、雇用見込みのない訪問介護員を雇用すると虚偽申請し、介護事業者指定を受けたなどとして、渡島管内八雲町の訪問介護ステーション欅(けやき)(加藤雅子社長)に対し、事業者指定を取り消す行政処分を発表した。処分は9日付。 ...
2010年09月01日()
高額介護費を町が負担 久米南の2町議が賠償求め提訴 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
久米南町が、6年間にわたって高額介護サービス費の支給事務を怠り、本来なら国や県が負担する約1350万円を町費で負担したことが1日、わかった。同町議2人が同日、国家賠償法に基づき、「町は、河島建一町長ら町幹部と職員計6人に約1350万円の損害賠償を請求 ...
介護支援にポイント制度 倉敷市、65歳以上を対象 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
倉敷市は10月1日から、介護事業の手伝いをした高齢者に、換金可能なポイントを与える「介護支援いきいきポイント制度」を始める。1日、伊東香織市長が発表した。元気なお年寄りの社会参加を促し、介護予防につなげるのが狙いだ。 同様の制度は2007年度に東京都 ...
【注目株】積水ハ、ピジョン、大日本印、沢井薬、タイヤ、ニチイ - ブルームバーグ (媒体での記事掲載終了)
訪問介護の収益性が向上、有料老人ホームなど居宅系サービスの入居率が高まり、介護のフルラインサービスを強みとする成長軌道に乗ってきた、と評価している。 石油元売り:シティグループ証券では、再度の業績予想上方修正を見込むことや11年以降のソーラー事業の収益 ...
84、77歳姉妹 熱中症死か 巣鴨のマンション - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊島区によると二人は介護保険サービスや配食など区の独自の福祉事業の利用は一切なかった。 日本生気象学会は熱中症予防指針で、注意を要する事項の一つに「高齢」を挙げ、「特に七十五歳以上は発汗など体温調節機能が低下し、熱中症を発症しやすい」と指摘している。 ...
介護で孤立し虐待か サービス利用せず 大阪76歳死亡 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府大東市の自宅で先月30日、全身にあざのある松本国世さん(76)が死亡を確認され、長男の無職松本功伸容疑者(50)が傷害容疑で逮捕された事件で、認知症の診断を受けていた国世さんが介護サービスを受けず、要介護認定を受けるための申請もしていなかったこと ...
介護支援の高齢者募集 倉敷市がポイント制度導入 岡山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
市社会福祉協議会に申し出て登録を受け、市内にある介護保険施設でボランティア活動を行う。登録者には手帳が交付される。 施設は特別養護老人ホームやデイサービス施設などで市内に約300カ所ある。登録した人は市から配布される受け入れ施設一覧表を元に直接、交渉 ...
宮崎県最高齢の110歳 胡摩ケ野さんを県が祝福 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
20日の敬老の日を前にした1日、宮崎県内最高齢で110歳の胡摩ケ野(ごまがの)スミエさん=都城市山田町=を、高橋博県福祉保健部長が訪問し、長寿を祝福した。 胡摩ケ野さんは第4次伊藤博文内閣が発足した1900(明治33)年生まれ。かつては酒店を営み、子2 ...
高齢社会を見据えた可変プランで多世代に対応 (媒体での記事掲載終了)

群馬県が前橋市元総社町に建設する県営住宅のプロポーザル(設計者選定競技)で、最優秀にエムロード環境造形研究所+山本理顕設計工場が選ばれた。各住戸のエントランスは、土間をイメージし開放的なしつらえにし、土間を基点にプランの変更もしやすい計画…

家庭の中でメードや高齢者介護などの仕事をしている人たちに労働者としての権利を保障する法律が、8月31日にニューヨーク州で成立しました。アメリカの連邦レベルの労働法はこれまで、家庭内労働の分野は適用外でした。 ツイッターやブログなどでも「ベビーシッターに ...
柳田さんが入所する同市内の介護老人福祉施設に首藤市長が訪問。柳田さんを含む100歳以上の高齢者4人に祝い状を手渡した首藤市長は「長寿社会の中で、元気に楽しみながら長生きしていただきたい。家族と仲良く、これからの時間を過ごしてください」と祝いの言葉を述べ ...
介護リスクにも対応、東京海上日動あんしん生命が『長生き支援終身』発売へ - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
東京海上日動あんしん生命保険は1日、『長生き支援終身(正式名称 : 5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身介護保険)』を、2010年11月2日から発売すると発表した。また、新商品の発売を機に、新サービスを開始することも併せて発表した。 日本では2007年に、高齢者(65歳 ...
雇用促進狙い 介護に「段位」 (媒体での記事掲載終了)
介護制度利用せず 長男、孤立か 大阪76歳死亡 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府大東市の自宅で先月30日、全身にあざのある松本国世さん(76)が死亡を確認され、長男の無職松本功伸容疑者(50)が傷害容疑で逮捕された事件で、認知症の診断を受けていた国世さんが介護サービスを受けず、要介護認定を受けるための申請もしていなかったこと ...
育児や介護しながら正社員で働ける「短時間正社員制度」 - エキサイト: ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、社会の高齢化により、家庭内に介護を必要とする人がいるケースや、シニア世代が働く場合など、フルタイム勤務では対応できないケースが増えています。 今までのように働き手がたくさんいる時代は終わりました。これからは、少子高齢化によって20代から60代のフル ...
菅氏の政見要旨 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
医療、介護、環境分野などで新規雇用を創出する。雇用を起点にして経済成長、財政健全化、社会保障の三つの改革を一体的に実現する。 【社会保障、税制の改革】社会保障改革や消費税を含む税制改革にはさまざまな考えがある。多様な意見を抑えず、徹底した議論により国民 ...
大紀介護施設「蛍」、別法人に 職員は継続雇用 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大紀町大内山の社会福祉法人「千奉(せんぽう)会」の元理事長が介護報酬など計7200万円を関係会社に不正流用した問題で、同会の理事6人全員がすでに退任し、介護老人保健施設「蛍」などの運営を実質的に別の法人に引き継ぐことがわかった。同施設の職員107人は ...
3900人から介護保険料誤徴収 データ添付忘れ「異動ゼロ」 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
鳥栖地区広域市町村圏組合(鳥栖市、基山町、みやき町、上峰町)は31日、公的年金から介護保険料を天引きする特別徴収について、天引き額の変更を決めるデータの送信ミスで、全徴収対象者の約6分の1に当たる3947人から、計約2645万円を誤徴収したと発表した。 ...
相次いだ死亡事故教訓 高齢者が安全誓う - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
津幡町高齢者交通安全の集いが三十一日、同町福祉センターで開かれ、津幡、内灘両町で相次いだお年寄りの死亡事故を教訓に、老人会の会員ら約二百五十人が事故防止について考えた。 矢田富郎町長が「(横断歩道を渡るなど)交通ルールをしっかり守ってください」と協力を ...
7人に架空の家事援助…介護費不正受給で指定取り消し - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
福岡県と福岡市は31日、障害者自立支援法に基づく居宅介護や移動支援の給付費666万円を同市から不正受給したとして、居宅介護事業所「スイートホームヘルパーステーション」(福岡市早良区、吉村久美子代表)の障害福祉サービス事業者指定を県が取り消したと発表した ...