介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年06月10日()
長妻昭厚生労働相は10日、認知症の高齢者が入るグループホームのスプリンクラー設置への国庫補助対象を全施設に拡大すると発表した。新たに火災報知設備も補助をつける。今夏の開始を目指す。 札幌市のグループホーム火災を受けて設置された厚労、国土交通両省と消防庁 ...
滞在希望者に対し、グループホーム形式の一戸建てのほかホテルやアパートの情報提供、手続きの支援などを行う予定という。 現地の生活を知ってもらう目的で8月に体験ツアーを実施して、居住地見学や移住した日本人との交流などを行う。費用は6日間で17万9千円から。 ...
今年3月に札幌市の高齢者グループホームで起きた火災を受け、厚労省などが調査した結果、スプリンクラーの設置義務がない床面積275平方メートル未満のグループホームの9割以上でスプリンクラーが設置されていないことがわかった。 このため厚労省は、設置義務がない ...
約1時間15分の間に、それぞれの仕事で感じたことを話した。3年生のクラスでは老人ホーム職員が、高齢者の介護や福祉とともに難病の女子中学生を主人公にした映画の一部を紹介しながら、家族や友人、自立・自律の必要性などについて語りかけた。 ...
厚生労働省は、2010年3月に起きた北海道・札幌市のグループホーム火災を受けて実施した全国の認知症高齢者グループホームの防災体制調査の結果をふまえ、スプリンクラー設置が義務付けられていない小規模施設にも補助を拡大すると発表した。 厚労省などが全国およそ1万の ...
防火設備設置に補助拡大の方針 グループホーム火災で - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、今年3月の札幌市のグループホーム火災を受けた再発防止策として、認知症高齢者グループホームが防火設備を設置する費用への補助を拡大する方針を決めた。 スプリンクラーの設置では、現在は対象外となっ… [記事全文]
厚生労働省は10日、今年3月の札幌市のグループホーム火災を受けた再発防止策として、認知症高齢者グループホームが防火設備を設置する費用への補助を拡大する方針を決めた。 スプリンクラーの設置では、現在は対象外となっている延べ床面積275平方メートル未満の ...
刑務所を出た後の自立が難しい高齢者や障害者を支援する「県地域生活定着支援センター」が10日、福井県福井市月見3丁目の県社会福祉士会事務局にオープンした。保護観察所などと連携し、出所した人の生活保護や年金の受給申請の手助けをするほか、受け入れ先の福祉施設 ...
生活保護世帯 過去最多の127万世帯に (媒体での記事掲載終了)

   厚生労働省は2010年6月9日、09年度に全国で生活保護を受けた世帯は月平均で約127万世帯にのぼる見通しだと発表した。前年比で12万世帯増加しており、過去最多を更新する見込み。厚労省が同日発表した「福祉行政報告例」によると、09年3月時点での受給世帯数は前月比約1万5000世帯増の134万世帯。


内閣府の分科会が最終的な対処方針を発表、医療・介護分野で17項目の規制改革を要望 (媒体での記事掲載終了)

内閣府の規制・制度改革に関する分科会(会長:内閣府副大臣の大塚耕平氏)は6月7日、各省庁が取り組む規制改革事項について最終的な対処方針をとりまとめた。

川崎市内の高齢者福祉施設の入居者らが一堂に会した「囲碁・将棋・連珠・オセロ大会」が10日、川崎市高津区の川崎市民プラザで開催され、約140人が参加した。市内の21法人、44施設でつくる川崎市老人福祉施設事業協会の主催。 入居者同士の交流を深める目的で今年で28 ...
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた (媒体での記事掲載終了)

   2010年6月8日発足した菅直人内閣の経済政策の方向が見えてきた。一言で言えば、財政再建と経済成長の両立を狙うというもので、そのために社会保障の強化を大きな柱と位置づけている。

続きは「J-CASTニュース」へ


そして、その中でも特に介護制度に関して怒っています。まずはヘルパーさん達の制度について。何よりも給与が低く保障がなさすぎです。 せっかく資格を得てついた職業なのに病院では人員が足りないために夜勤は多く、しかも動けない方を車いすにのせたりと重労働ばかり。 ...
苫小牧市樽前の道央佐藤病院(佐藤裕理事長)が、厚生労働省の認知症疾患医療センターのモデル病院に指定された。各都道府県が連携し、全国150カ所の設置を目指す専門的な支援機関。専門医や精神保健福祉士などの配置を強化し、地域から認知症にかかわる相談を受けて ...
スポーツ選手の早期治療や、骨折が原因の高齢者の寝たきり予防など実用化が期待される。 このたんぱく質は、骨を作る細胞が増えるのを手助けする「FGF―2」。骨が折れたところに注射して治りを早めるという。科研製薬(東京都)と共同で、遺伝子を組み換えた大腸菌をも ...
新内閣発足に合わせた新聞各紙の社説も、「財政再建が歴史的使命」(朝日)、「財政再建で信頼回復を」(毎日)、「景気と財政再建の両立を図れ」(読売)など、いっせいに財政再建の必要を打ち上げたが、菅首相の姿勢を「(財政再建という)使命を理解しているように思わ ...
孫(そん)尚孝・薬局企画課長によると、訪問先は主に、寝たきりの患者や認知症のお年寄りなど、自分できちんと薬を飲むのが難しい人たちだ。 地域に出る薬剤師はまだ少ないため、普通は訪問ヘルパーや訪問看護師が、カレンダーに1日ずつ薬を小分けに整理するなど工夫し ...
同市実行委員会事務局長の沢田博福祉健康局長が「市内では8種目が実施される。子どもから高齢者まで元気であり続けるため、大会の参加をお願いしたい」とあいさつ。大会マスコット「ゆーりん」の着ぐるみや、近隣の聖ヨゼフ幼稚園の年長児約35人らが見守る中、2台の ...
単身か高齢者世帯の待機者も1485人に上り、在宅の介護サービスや親族に頼っているのが実情だ。 一方、県内の特養ホームの定員は117施設、6754人。県は10年度、定員を450人増やす計画を立てたが、増員は360人にとどまる見通しだ。 ...
ここに一番の問題がある。 かつては家族のないお年寄りが一番不幸だった。「おひとりさま」の老後は悲惨だった。措置時代の高齢者福祉は、家族からはみ出したり、不幸にして家族を失った高齢者が対象だった。家族がいれば行政は何の手も打たなかった。
... 警察本部などの仕事について審査する防災警察常任委員会(常任委員)。 敷田博昭議員(自民党)は、子ども・高齢者・障害児者などの福祉、保健・医療対策、健康づくり、食の安全そのほか、保健福祉局の仕事について審査する厚生常任委員会(委員長・常任委員)となった。
2010年06月09日()
限度額以上に使っている人への保険給付は増えるが、それは審査経費など認定の廃止で浮くお金を回せばいい」 しかし、現実には、無駄なサービスを押しつけるケアマネジャーもいる。この手の無駄遣いには、認定に代わる新たな仕組みの工夫で、対応できると同会は主張する。 ...
「デンマークの認知症ケア 医療・ケアサポート最前線」が29日午後1時半から、東京都港区虎ノ門のニッショーホール(日本消防会館)で開かれる。 基調講演はバンク・ミケルセン記念財団理事長の千葉忠夫氏による「社会福祉国家デンマーク」など。 ...
昨年の総選挙で民主党が政権の座に就いて以来、医師不足が続く地域医療や、制度開始から10年がすぎた介護保険の在り方の見直しなど諸問題の解決を迫られている。 こうした差し迫った問題と、どう整合性を取りながら新たな政策を展開するのか。新政権は早急に全体像を ...
「低くなっている」という評価でも、認知症と判定されたわけではなく、免許更新はできる。 ただ一時不停止など特定の交通違反が更新の前後にあった場合、医師の診断を受けなければならない。認知症と判断されれば、免許は取り消される。 同課によると、昨年末現在で運転 ...
小規模多機能型居宅介護施設 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
2006年の介護保険法改正に伴い制度化された。1980年代から全国に普及した「宅老所」がモデルになっている。施設への「通い」を中心に、職員による自宅への「訪問」や、施設への「泊まり」といったサービスを柔軟に組み合わせて対応する。(1)サービスを受ける ...
首都圏の資本による老人福祉施設の建設が進んでいることや、温暖な気候を求めて定年後に移住したり別荘に移り住んだりする高齢者の多いことが背景にあるようだ。 逆に、高齢化率が低いのは、裾野市や袋井市、長泉町、御殿場市。外国人労働者が多い地域で、県長寿政策局 ...
交通/教育/福祉/新聞/雑誌/観光など用途は多彩、「V-Low帯と地域メディア」で総務省が意見募集 (媒体での記事掲載終了)

総務省は2010年6月9日、「ラジオと地域情報メディアの今後に関する研究会」の報告書素案を公表するとともに、同日から6月22日までの間、意見募集を行うと発表した。

サロンは毎月1回、開かれ、目尾中央自治会(黒河幸彦会長)の高齢者たちが工作や体操などを楽しみ、交流の場となっている。今回は、環境に対する意識を高めようと、60-80代の18人が参加した。 一人暮らしのお年寄り宅への訪問ボランティアを行う福祉委員の宮原 ...
高齢者や子どもなど、いわゆる「交通弱者」の移動の手段確保が目的。7日に開会した定例町議会に地域交通対策費430万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を提案した。本会議で可決されれば、陸運局への認可申請を進める。 循環バスは同町森地区からJR豊後森駅、 ...
厚生労働省がインターネットで実施した調査によると、国民から集まった回答(4465人)のうち約5割が現在の介護サービスを維持・充実するためには介護保険料の引き上げを「やむを得ない」との見方を示した。調… "プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくには、 ...
高齢者グループホーム、基準法適合点検で11.2%に違反 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は、全国の認知症高齢者グループホームが建築基準法に適合しているかの点検を行ったところ、全体の11.2%で違反があることがわかった。 今年3月に北海道で起きた高齢者グループホームの火災を受け、全国の特定行政庁に依頼して緊急点検を行っているもの。 ...
高齢者専用賃貸住宅「ユーミーリビング辻堂」では、毎月第三木曜日に地域の方や他の高齢者ホームにお住まいの方を招いた交流イベントを実施しています。今月は17日にウクレレコンサートとミニ講座を開催します。日本の懐メロやスタンダードのソロ演奏をゆっくりと楽しんで ...
適度に肉類を摂取している高齢者は、あまり摂取していない高齢者と比べて骨折のリスクが低いことが、東北大大学院医学系研究科の岩崎鋼・准教授(漢方内科)の研究グループの調査で分かった。高齢者の骨折は寝たきりにつながるケースも少なくないため、岩崎准教授 ...
認知症を患い、政治活動はやめている同氏だが、古巣を前に手を振るなど元気な姿を見せた。 水色のコート姿で登場したサッチャー氏は、キャメロン首相に腕を借りてゆっくりと車から降り、ドアの前で報道陣に笑顔を見せた。 娘が2008年に出版した回顧録によると、 ...
平成18年度に始まった介護サービス情報の公表制度の調査・公表事業をめぐり、大阪府の指定機関となった3法人が、税務署のミスが原因で18~20年度の所得の修正申告を余儀なくされたことが9日、分かった。税務署側は当初、事業について独自の判断で「非課税」と伝え ...
「ゴジカラ村」創設者、吉田さん西宮で講演 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
サービスを受けられない時間帯は、ヘルパー以外の人間が世話をしてもいい。それが本来の人間の生活ってものだよ」として、画一化された現在の介護に疑問を投げ掛けた。 昼間の村は、高齢者だけでなく、幼稚園児や保護者ら約700人の暮らしの場になっている。 ...
県内福祉施設の消防法違反は67棟/県調査 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
県内の認知症高齢者グループホームなど小規模社会福祉施設294棟のうち消防法違反は67棟(22・8%)で確認された。 県が8日、緊急調査結果を公表した。 3月に札幌市で発生した認知症高齢者グループホーム火災を受け、県内の小規模社会福祉施設における消防法と ...
【那珂川】南町行政区は8日、地元の高齢者を対象とした山野草ミニ盆栽作りを馬頭の南町自治会館で開き、1人暮らしのお年寄りや地元住民ら約15人が、ツクシカラマツの寄せ植えを楽しんだ。 町社会福祉協議会では、ボランティアや民生委員、行政区などが連携し地域のお ...
このため大統領は8日、メリーランド州の老高齢者センターを訪れ、高齢者との対話を行った。大統領は「あなた方のメディケア給付には変更がありません」と繰り返し強調した。 メディケアには、処方せん薬代が100%自己負担になる階層が存在する制度欠陥の ...
管理者の渡部秀美さん(56)に介護の理念を聞いて製作にあたったという。 いづみは昭和初期の木造家屋を改装して開所する。天井画の部屋では、折り紙を折るなどしてゆっくり過ごしてもらう。安田さんは「1日を過ごす部屋なので、少しでも明るく、楽しいものにと思って ...
配布対象者は、災害時要支援者登録者や重度障害者をはじめ、65歳以上の在宅の1人暮らし、寝たきり、認知症高齢者、高齢者のみの世帯など。本年度は1人暮らしや寝たきりの高齢者2千人に優先的に配布し、来年度以降、配布対象者を拡大していく。 ...
公共交通を利用する場面などでお年寄りや障害がある人に出会ったとき、相手の立場に立って手を差し伸べられるようにと、8日、掛川市西山口小学校で5年生57人を対象にしたバリアフリー教室が開かれた。子どもたちはお年寄りの疑似体験などをしてサポートの仕方を学んだ ...
大阪府摂津市鳥飼八防の介護老人福祉施設「摂津特養ひかり」で8日、幼稚園児と高齢者による田植え体験会が開かれた=写真。秋には収穫されたモチ米で正月用のモチをつく予定にしている。 同施設では、隣接する「摂津ひかり幼稚園」の園児と交流しながら、敷地内にある ...
... を対象としたバリアフリー教室を開いた。5年生57人が参加し、車いす体験などを通してバリアフリーの基礎知識を学んだ。 子どもたちは3班に分かれて車いす体験のほか、アイマスクをしたバスの乗り降りと、重りやゴーグルを装着した高齢者の疑似体験に挑戦した。 ...
2010年06月08日()
適度に肉類を摂取している高齢者は、あまり摂取していない高齢者と比べて骨折のリスクが低いことが、東北大大学院医学系研究科の岩崎鋼・准教授(漢方内科)の研究グループの調査で分かった。高齢者の骨折は寝たきりにつながるケースも少なくないため、岩崎准教授 ...
松野町社会福祉協議会(会長・阪本寿明松野町長)が、訪問入浴介護事業で介護保険法の人員配置基準を満たさず、自主返還を決めていた介護給付費のうち利用者負担39人分計約226万円を4年余り放置していたことが8日、愛媛新聞の取材で分かった。 ...
ケア付き高専賃は、デイサービスセンターや訪問介護事業所、小規模多機能型介護施設を併設した賃貸住宅で、グループホームや有料老人ホームなどのように、地方自治体により地域内の総施設数が制限されることなく、登録により開設することができる。 ...
名古屋市の小規模多機能型居宅介護施設「ひらばり」。施設内の喫茶室ののれんをくぐると、山田勝成(かつしげ)さん=愛知県小牧市=の元気な声が返ってきた。 施設の運営会社「ほほえみ」の社員で、喫茶室のマスター。地域の人や利用者の家族が集う喫茶室を得意の話術で ...
県立鉾田第二高などの教諭を経て、高齢福祉課長や知事公室長などを歴任し、二〇〇八年四月から現職。 橋本知事は当初、川俣氏の後任人事案を二月定例会で提出する意向だったが、自民党の一部から「副知事は二人もいらない」などと反対論が浮上し、提出を見送っていた。 ...
高齢者のグループホームなど五事業を展開するNPO法人「暮らしネット・えん」(新座市)の小島美里代表理事(58)は、介護保険制度の抜本的な見直しが必要と感じる。現在の介護報酬では十分な人件費が出せず、定着率が低いなど、人材確保が業界の課題だ。 ...
認知症患者と家族を支援するNPO法人代表として川崎市高津区で活動する吉田歌子さん(63)は「これから認知症患者は増えるといわれている。長期的な視野を持って福祉政策に取り組んでほしい」と注文を付けた。 平塚市のタクシー運転手芹沢昇さん(67)は「年金制度 ...
オリーブ農園を営む平泉成(66)といしだあゆみ(62)演じる夫婦と交流する中、妻(いしだ)が若年性アルツハイマー型認知症となる。泉は「あす、私たちが(若年性アルツハイマー型認知症に)なってもおかしくないお話。台本を読むたび身につまされる問題です。 ...
小規模福祉施設の約3割が消防法令違反 (媒体での記事掲載終了)

総務省消防庁は6月7日、全国の小規模な認知症高齢者グループホームの約3割が消防法令に違反していたとの調査結果を発表した。この調査は、木造2階建て、延べ面積約248m2の認知症高齢者グループホーム「みらいとんでん」(札幌市)で3月13日に発…

平成5年に県教委から知事部局に出向した後、高齢福祉課介護保険室長、同課長、秘書課長、知事公室長などを歴任した。20年4月から現職。 県人事課によると、副知事職に女性が就任するのは県では初。副知事は現在、上月良祐氏1人となっている。 ...
伊佐市は、地域に暮らす認知症のお年寄りやその家族を見守る「認知症サポーター」の数を増やしていこうと、出前養成講座を開いている。 市長寿支援課によると3月末現在、同市の人口に占める65歳以上の割合は34.6%と県内19市の中で最も高いが、講師役の ...
介護サービス大手のツクイ(横浜市港南区)は主力のデイサービス事業で、通所型の施設開設を加速させる。県内9カ所をはじめ関東圏都市部を中心に、年度内に新たに52カ所を開設。施設の広さを従来の1・5倍に、受け入れ定員数を30人から60人に増やし、在宅介護利用者の ...
職員が刃物を取り上げ高松北署に通報、駆け付けた署員が銃刀法違反の疑いで男を現行犯逮捕した。けが人はなかった。 同署によると、男は高松市中間町の無職、柏原常夫容疑者(65)。暴れる様子はなかった。 高松市によると、柏原容疑者は、5月末から介護保険料について ...
今回、特別養護老人ホーム(仮称)なごみを創設する社会福祉法人植木会自体も新設となるが、もともと(有)なごみとして、ショートスティやヘルパーステーションなどを経営しており、近隣の同市本関町1216-1へ(仮称)なごみを建設する。現在は畑地で、敷地面積 ...
【神奈川】清伸会の老健施設承認 相模原市建築審査会(6/8) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
相模原市は6月1日に開いた建築審査会で、医療法人社団清伸会(相模原市緑区牧野8147ノ2)が同所のふじの温泉病院敷地内で計画する老人保健施設「新なごみの里新築計画」を審議し、事業者の申請通り承認した。同法人は今後施工者を正式に決め、着工する。
東北大学、適度な肉類摂取が高齢者の骨折リスクを減らすことを解明 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢者は転ぶと骨折しやすく、それはしばしば寝たきりへと繋がります。これまでの欧米の研究では、果物や野菜が高齢者の骨密度を維持するという報告が多くされてきました。しかし、東北大学病院卒後研修センター門馬靖武助教、東北大学大学院医学系研究科運動学分野牛凱軍 ...
西九州大学(神埼市)の学生でつくるトーンチャイムサークル「凜音(りおん)」が6日、佐賀市のグループホーム「祐紀苑佐賀」を訪れ、澄んだ音色をプレゼントした。利用者たちは音に合わせ手話を披露し、歌を口ずさんだ。 サークルはリハビリテーション学科の学生を中心 ...
心理検査でも、認知症の始まりなのか正常範囲の加齢現象なのかの判断が難しい場合や、珍しい認知症の鑑別診断を行う時などは、更に詳しい検査が必要になります。こういう場合、私の病院では別に半日、時間をとって心理検査をしています。画像検査でも心理検査でも、症状が ...
市執行部は(1)メンタルヘルス対策の一環として来年度、職員の定期健康診断の項目に精神疾患を加える(2)10月予定の事業仕分けは、2日間で40事業程度を対象に行う(3)本年度、認知症高齢者グループホームなど5カ所にスプリンクラーを設置する-などと答弁した。 ...
上松町の県上松技術専門校で7日、本年度新たに設置した「介護福祉科」の開講式があった。入校生17人は、9月までの3カ月間、座学や福祉施設での研修に励み、ホームヘルパー2級の資格を取得して介護施設への就職を目指す。 同科は、上松町や木曽町で今年秋から来年 ...
救急隊員の適切な判断に役立ててもらうことに加え、記入内容の定期更新などを通し、高齢者と地域との接点をつくることが狙いだ。(河井健) 3月から町内会を通じ、75歳以上の独居高齢者に配り始めたのは、秋田市の明徳地区社会福祉協議会(社協)だ。 ...
海津市石津小学校区の高齢者を対象とした脳の健康教室「忘れん脳教室」が7日、同市南濃町の松山グリーンハイツ自治会コミュニティセンターで始まった。11月まで毎週、読み書きや計算などを通じて「脳トレ」に励む。 市高齢福祉課の事業で、脳の働きを促し、認知症の ...
高山市長が引退表明 多選、高齢を理由に - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
合併後の肥大化した組織の行財政改革を強力に進め、全国に先駆けてバリアフリーのまちづくりや子育て支援などに取り組んできた。 市長選では、前副市長の国島芳明氏(60)が出馬表明しており、ほかにも出馬の動きがある。
2010年06月07日()
保育園や高齢者施設などへの転用もされているが、全体の約5%にすぎない。なぜ貴重な公共空間が、地域に開放されないのか。空き教室の現状を探った。 (井上圭子) 光がふんだんに入る保育室。園児たちは歌を楽しみ、広々した校庭を駆け回る。学校の放課後には小学生も ...
身体障害者の介護用の駐車禁止除外指定車標章を悪用し、違法駐車を繰り返したとして、大阪府警駐車対策課と南署は7日、車庫法違反の疑いで、大阪市中央区高津の無職、岡坂一夫容疑者(55)を逮捕した。 逮捕容疑は、4月20日から5月14日にかけ、自宅近くの府道 ...
4つの医療改革、“職人”として実現目指す - 安藤高朗・民主党比例代表候補に聞く - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
秋田県では、療養病床や特別養護老人ホームなども少なく、一般急性期からリハビリ、在宅につなげる体制を構築するのは容易ではありません。その一方で、西日本では「右を向いても、左を向いても療養病床」といった過剰気味の県もあります。 看護師の需給も地域差が ...
家族を介護している人を支援する全国的な組織が設立され、支援を充実させるため新たな法律の制定を求めていくことになりました。英語で「介護する人」を意味する「ケアラー」連盟と名付けられたこの組織は、自宅で家族を介護している人や専門家らが設立したもので、7 ...
エリートになったのに。 (媒体での記事掲載終了)
生活保護世帯18歳が頑張って東大に行ってみました。流石に資金集めから始めて二浪したけど、ふつうに東大出ました。いわゆる「ちょうえりぃと」と言われる職場に就きました。二年目です、年収500弱です、しょっぱいです。奨学金の借金が500万あります。それから、両親からプレゼントされた借金が500強あります。そういう生ゴミのような両親とは縁を切ったので、介護とかそういう心配はないです。一杯一杯です。で、わた...
グループホーム、住宅を無断転用391カ所 国交省調査 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年3月、7人が死亡する火災があった札幌市の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」は、介護施設として市に届け出ていたが、同市の建築担当部局は建物の用途が住宅から福祉施設へ変わったことを把握していなかった。住宅からグループホームへ変更した場合、 ...
深刻な看護師不足に陥っている社会医療法人せせらぎ会・東栄病院(東栄町三輪)について、病床の一部を「介護療養型老人保健施設」に転換する方向で調整に入り、町側もこれを受け入れる方針であることが7日、分かった。実現すれば、病院の規模縮小は避けられない情勢だ。 ...
農協への金融庁検査の導入や介護施設の整備目標の撤廃など、農業・介護分野の改革が目立った。一方、保険外の治療と保険診療を併用する「混合診療」などは成果に乏しかった。 分科会は民主党政権で規制改革を立案し、推進するための組織。自民党政権では、こうした役割を ...
認知症高齢者グループホーム、1割に建築基準法違反 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者を対象にした全国約1万施設のグループホームの約1割が、着工前後の法定検査を受けなかったり、用途変更の届け出をしなかったりと、建築基準法に違反していることが7日、国土交通省の調査でわかった。火災や地震の際に被害が大きくなる恐れがあり、同省は ...
農協への金融庁検査の導入や介護施設の整備目標の撤廃など、農業・介護分野の改革が目立った。一方、保険外の治療と保険診療を併用する「混合診療」などは成果に乏しかった。報告書がどれだけ実現するか不透明さも残る。 自民党政権では経営者が率いた規制改革会議が主導 ...
映画監督の関口祐加さん(53)=横浜市中区=が、認知症を発症した実母を追ったドキュメンタリー映画「此岸(しがん)、彼岸」を制作中だ。作品の一部をインターネットで随時公開しながら、2011年中の完成を目指している。 関口さんは大学卒業後、オーストラリアに ...
大沢 淳二氏(おおさわ・じゅんじ=元安田火災海上保険〈現損害保険ジャパン〉専務)6日午後3時45分、多臓器不全のため東京都小金井市の介護施設で死去、84歳。東京都出身。葬儀は14日午前10時から府中市浅間町1の3の府中の森市民聖苑で。 ...
調査は、3月に7人が死亡した札幌市の高齢者向けグループホーム火災などを受け、グループホームや障害者支援施設、乳児・障害児施設などを対象に4月20日時点で実施。 防火管理面で違反が多かったのは、消防法で義務付けられた年2回の消防訓練の未実施(2187 ...
高齢者や障害者らの介護にあたる人を支援するための全国ネットワーク「ケアラー(家族など無償の介護者)連盟」が7日、東京で発足した。ケアラーとは、高齢者らを無償で世話している家族や親族、友人たちのことで、報酬を得て介護するケアワーカーは含まない。 ...
7人が死亡した札幌市のグループホーム火災を受け、国土交通省が全国の施設を調査した結果、およそ1割の施設が建築基準法違反と分かりました。 さらに、非常口を示すランプや排煙設備を備えていない違反も、およそ1割の施設で見つかっていて、国土交通省は都道府県 ...
延べ床面積1000平方メートル以上を含むグループホーム1万451棟の違反率は28.9%だった。 また、国土交通省は同日、全国の認知症高齢者グループホーム9952施設を対象とした建築基準法の適合状況に関する調査結果を発表した。4月20日までに調査を終え ...
三越本店レトロフィットや長周期対策など、免震協会賞 (媒体での記事掲載終了)

日本免震構造協会は6月3日、2010年の日本免震構造協会賞を決定した。「三越本店本館バリアフリー工事」、「既存超高層建築の長周期・長時間地震動対策の技術開発とその実施」など4件の技術賞と、2件の作品賞を選んだ。

山崎氏は昭和53年に東大法学部を卒業後、旧厚生省に入省。厚生労働省の老人保健局総務課課長などを経て、平成20年から内閣府の経済財政運営担当の政策統括官を務めている。 菅氏の厚相時代に介護保険の制度設計に深くかかわり、昨年9月に菅氏が経済財政担当相に就任 ...
介護をめぐる問題には、人と人とのきずなが薄れた日本社会のありようが、根底にある。今、過去から何を学び、新たなきずなをどこに求めればよいのか。「介護社会」を築くための道筋を哲学者の内山節さんに尋ねた。(聞き手・秦融、後藤厚三) 発言は▽印が内山さん、▼印 ...
... あり検討したが、多選、高齢の批判があると思う。次の市長選には立候補せず、任期満了までしっかりやらせていただく」と話した。 土野市長は自治省を退職後、市土地開発公社理事長などを経て、1994(平成6)年に初当選し、現在4期目。バリアフリーのまちづくり ...
収納口を斜め向きにして端末の重みを分散させるつくりにしたほか、端末落下防止用にストラップ留めも付けた。 PHSは携帯電話に比べて電磁波が弱く機器や人体への影響が少ないのが特徴。ウィルコムによれば、同社のPHSは全国4000以上の医療・介護機関で連絡手段 ...
高齢化社会、少子化問題、就業難と社会情勢はますます厳しくなっていくだろう。そこで、サラリーマンでも十分可能な200万円前後からの少額投資私的年金として漠然とした不安が若干でも解消できればと、今回のセミナーが企画された。 生活保護や住宅費支援制度、社会福祉 ...
しかし、踏切は朝夕のラッシュ時は1時間で最大約50分間遮断機が降りっぱなしとなる“開かずの踏切”で地下通路もバリアフリー化されておらず、高齢者や障害者は不便を強いられている。 対象は駅周辺の西大寺北、伏見地区に住み、老春手帳または身体障害者手帳を持っている人 ...
2010年06月06日()
大学病院で診てもらったところ、認知症と診断されました。現在、認知症の進行をおさえる治療薬「アリセプト」を服用しています。認知症患者の感情を穏やかにしてくれる漢方薬はありますか。 A アルツハイマー病などの、いわゆる認知症は、物忘れだけでなく、「急に大声で ...
出所者の再犯防止のため司法と福祉の連携を訴える「就労・地域生活とちぎサポーター・フォーラム」(同実行委主催)が5日、宇都宮市内で開かれた。 県内では今年、刑務所などの矯正施設から出所した高齢者や障害者の社会復帰を支援する「とちぎ地域生活定着支援 ...
看護、介護職への就職希望者を対象にした合同説明会が5日、神戸市内で開かれた。同市内外から、学生のほかにも出産などで退職した再就職希望者ら200人が参加。病院や介護施設ごとに設けられたブースで、熱心に説明を聞いていた。 昨年に続き2回目で、神戸新聞社が ...
東海署によると、逮捕されたのは書道教室経営の茂子容疑者(63)で、「夫が認知症で将来を悲観した。私が110番した」と供述している。 逮捕容疑は6日未明、自宅居間で北村さんの首をひもで絞めた後、包丁で胸を刺し殺害した疑い。北村さん方は夫婦2人で暮らしてい ...
【真岡】在日外国人が介護の基礎と日本語を学ぶ「にほん語でかいご」の真岡教室の説明会が5日、市青年女性会館で開かれ、市内外から9人が参加した。主催は宇都宮市のNPO法人「地球人ネット」。12日から本格的にスタートし、8月28日まで全25回開く。 ...
三上代表世話人は「ケアだけが福祉ではない。中心市街地の問題は若年層の人口流出や高齢化、少子化など、子育てや介護にも影響を与える問題。まちなかにかかわることで、広い視点でやるべきことが見えてくるのでは」と学生の意欲的な活動を評価。 ...
市が制度見直しを急ぐ背景には、高齢者人口の急増と連動する事業費の膨張がある。 10年度の敬老乗車証の事業費は20億8600万円。現行制度を続ければ、10年後、市の負担は約1.4倍になると予想される。市健康福祉局は「他の高齢者施策を圧迫しかねない」と懸念 ...
広島市安佐北区落合南、高陽東高の3年生24人が4日、市高陽・亀崎・落合地域包括支援センターの認知症サポーター養成講座を受講、認知症の人と家族の応援者であるサポーターになった。 24人は、職員から認知症の人との接し方や症状を学び、「優しく声を掛けることが ...
2010年06月05日()
グループホームのスプリンクラー設置 県内、半数届かぬ123施設 県調査、促進指導へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内にある認知症高齢者のグループホームで、スプリンクラー設置義務のある二百七十施設のうち、実際に設置されているのは百二十三施設で半数に満たない実態が、県の調査で分かった。義務化の猶予期間は来年度末までで、県は設置促進を求める指導を行う方針を固めた。 ...
【真岡】在日外国人が介護の基礎と日本語を学ぶ「にほん語でかいご」の真岡教室の説明会が5日、市青年女性会館で開かれ、市内外から9人が参加した。主催は宇都宮市のNPO法人「地球人ネット」。12日から本格的にスタートし、8月28日まで全25回開く。 ...
介護が必要な度合いを判定する介護保険制度の要介護認定について、認知症の患者や家族でつくる団体は、正しく判定されないケースがあるとして、要介護認定に代わる新たな仕組みの導入を求める提言をまとめました。 この提言は、公益法人の「認知症の人と家族の会」が、5 ...
これまで市税である固定資産税や市民税、国保税では、給与や預金などの差し押さえを行ってきたが、初めて保育料や介護保険料などにも適用を拡大していく。各部局がばらばらに実施している債権の徴収を、滞納回収に詳しい専門職員と共同で行うことで、確実に回収するのが ...
介護者の権利擁護と支援のための法整備を目指す「ケアラー(家族など無償の介護者)連盟」が七日に発足する。「介護する人」を主人公にした全国的なネットワークの誕生は初。増加する介護殺人、心中事件の背景には家族の孤立や貧困があり、支援策の必要性が指摘されていた ...
磐田市見付の元日本画講師佐藤菊子さん(71)が、デイケアのために通っている浜松市東区の介護老人保健施設「長鶴の郷」に自身の作品を寄贈した。 社会保険センター浜松の日本画講師や磐田市内の絵手紙教室で指導をしていた佐藤さんは2年前にくも膜下出血で倒れ、本格 ...
尾道市原田町の原田小で4日、認知症の人や家族を支える「認知症サポーター」の養成講座があった。3、4年生13人が寸劇や紙芝居で認知症のお年寄りとの接し方を学び、同市の小学生初のサポーターになった。 民生委員や看護師たちによる講師「キャラバン・メイト」が認知 ...
御嵩町の東濃実業高校生活文化科食文化類型の3年生24人は4日、同校で五目ご飯とシュークリームを作り、町内の一人暮らしの高齢者らに配った。 ゴボウ、ニンジン、シイタケ、鶏肉などが入った五目ご飯を113食分炊き、町社会福祉協議会を通して配布。 ...
2010年06月04日()
認知症の高齢者を抱える家族の支援に取り組む市民グループ「目黒認知症家族会 たけのこ」は、啓発と交流の集い「たけのこ広場」を6日、目黒区総合庁舎で開く。「介護をしている者同士、悩みを話し合いましょう」と呼び掛けている。当日は認知症の人を預かるミニデイ ...
介護現場の人手不足が指摘される中、県内の施設で働く介護職員の離職率は20・9%で、全国平均を上回ることが、県が実施した初の介護職員実態調査で分かった。離職者の8割近くが3年未満で辞めており、長続きしない現状が明らかになった。県は調査結果を踏まえ、人材確保 ...
厚生労働省は4日、特別養護老人ホームなど介護施設の総利用者数を一定の範囲に抑える規制を撤廃する方針を固めた。介護サービスが施設の利用に偏ることを防ぐための規制だが、入居希望者が多い地域でも新たな介護… "プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくに ...
今回の例だと「高齢者の親を持つ子供世代」向けのサイトを作るが、サイトの利用者が増え、そういう人たちが何万人も集まるようになったとする。 そうすれば介護用品を販売している会社や、高齢者向けにバリアフリーの住宅提供している会社は、そのサイトに広告を出したい ...
対象になるのが介護や医療など福祉分野で、政府支出が雇用や消費の増加につながるという。財源として消費税増税を排除しない姿勢とみられる。ただ、実際に持続的な成長をもたらすかどうかには懐疑的な声も残る。 菅氏は4日の記者会見で「経済成長、財政再建、社会保障を ...
洪水や土砂災害の被害情報の伝達を確認したり、災害時に配慮が必要な人への支援を目的に介護施設での避難訓練を視察するなどし、出水期に備えた。 高齢者や障害者など災害時要配慮者のスムーズな避難を図るため、市は今回初めて、南区の特別養護老人ホーム「吉祥ホーム」 ...
広島市安佐北区落合南、高陽東高の3年生24人が4日、市高陽・亀崎・落合地域包括支援センターの認知症サポーター養成講座を受講、認知症の人と家族の応援者であるサポーターになった。 24人は、職員から認知症の人との接し方や症状を学び、「優しく声を掛けることが認知 ...
医師にはシェークスピアを読んでほしい、舛添 要一(参議院議員) (媒体での記事掲載終了)

3人の首相の下で厚生労働大臣を務めました。政権交代で職を辞しましたが、私の大臣時代、様々な出来事が立て続けに起こりました。消えた年金問題、後期高齢者医療制度、産科たらい回し、薬害肝炎訴訟、そして新型インフルエンザ…。実際に何が起こり、大臣…

厚生労働省は4日、育児・介護休業法に関する相談状況をまとめた。都道府県労働局長による紛争解決を求めた件数は、昨年10月~今年3月の6カ月間で107件となった。女性は99件、男性は8件。内容別では「育休取得を理由にした不利益取り扱い」が75件と最も多かった。
高齢者にいつまでも元気でいてもらおうと、東京23区で多様な介護予防体操が行われている。カルチャーセンター並みのユニークな体操講座もあり、中には抽選が出るほどのにぎわいをみせる講座も。楽しい体操は心も体もリフレッシュさせることが人気の秘密のうようだ。 ...
歯の大切さ、歌で伝える 歯科衛生士の恵中さんCD制作 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
約10年前、高齢化が進む中でお年寄りの口腔(こうくう)ケアを向上させたいと、ホームヘルパー2級の資格を取得した。現在は特別養護老人ホーム「真寿苑」(同市神島台)でヘルパーとして働く傍ら、県内外の介護予防教室や歯科衛生士向けの講習会などで歯の衛生指導をして ...
全長2mのハンドルで子供も開けやすい玄関ドア (媒体での記事掲載終了)

三協立山アルミは、どの位置を持っても開閉操作ができる全長2mのロングバーハンドルを採用した玄関ドア「フレディアV」と「モダーニV」を発売した。ユニバーサルデザインの視点から「みんなに優しい玄関ドア」をコンセプトに、使いやすさと意匠性の融合…

ただ、手術は成功しても、高齢のために家に戻れる状態まで回復できず、長い間入院したり、感染症を起こしたり、退院後も寝たきりになったり、という例が増えた。 このため、必要な栄養をしっかりとって回復を早める方法が見直され、結果的に入院期間の短縮にもつながった ...
伝統文化の継承、一人暮らしの高齢者宅への友愛訪問、子どもの見守りなど、地域福祉の担い手として期待される「新たな老人クラブ像」を提案している。 県内の老人クラブの会員数は2009年度、9万8838人と初めて10万人を下回った。ピーク時の1998年度に ...
山下さんはスタッフ2人とともに毎月、小樽市内の個人宅や病院など約400件を訪問し、寝たきりのお年寄りなどの散髪や洗髪、髪染めを続けている。 高齢化で介護の必要な人も増え、訪問理美容師を育てる講習会を行ってきたが、より専門的な実習を施して人材育成したい ...
中京区で和柄アロハシャツの製造、販売を手がける「玉葱(たまねぎ)工房」の川添貴之さん(47)が、老いて脚が衰え「寝たきり」になった愛犬「ぱる」のために、歩行をサポートする器具を開発した。医療の進歩などにより飼い犬の高齢化が進む中、老犬介護に悩む飼い主の ...
若年性認知症の父と暮らす岡崎杏里さんの介護生活や、認知症とかかわる人たちの日々をつづった。漫画家の松本ぷりっつさんが漫画とイラストを担当。 岡崎家の介護や暮らしぶりのほか、ホームヘルパーの資格を取得するための介護施設実習での利用者とのふれあい、家族会や ...
理想に向かう若者描く - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
幼児から高齢者まで障害の有無を問わず、同じ屋根の下で時を過ごす。 79歳の男性は元小学校の校長先生。ちょっと怒りやすく、若いスタッフが手を焼くこともあるが、施設内を走り回る子どもの姿に穏やかな表情を浮かべる。 知的障害があり、徘徊(はい・かい)が激しい ...
地元住民が新しく社会福祉法人を立ち上げ、空きスペースに特養を開設する内容だ。 センターをめぐっては昨年末、市が町内の各種団体代表者らでつくる懇談会に、空きスペースの老人保健施設としての活用を提案。老健は常勤医師による医療サービスがあり、住民の再開要望が ...
2010年06月03日()
これは、介護保険法(2000年施行)、障害者自立支援法(06年施行)と続く社会福祉改革の同一線上にある。保育も、利用者がサービスを選択し事業所と直接契約する方向へ-。社会福祉の3本柱である「高齢者」「障害者」「子ども」を取り巻く環境が、大きく変わりつつ ...
独り暮らしをしている高齢者のうち、男性は4人に1人・女性は3人に1人が80歳以上と表現を変えてみると、一人暮らしのお年寄りのリスクの高さが改めて認識できる。【バリアフリー、普及率は約半分。アパート・マンション少々低めか】でも示したようなバリアフリー化を含め、 ...
介護未経験者はもちろん、有資格者や経験豊富な人であっても、介護に係る労働者の身体的な負担は大変なものだと思います。働き続けたい気持ちはあってもそのような理由で離職していく人も少なくないでしょう。教育訓練の充実や労働条件、雇用管理の改善などが大事なことは ...
年金、医療、介護など社会保障関係費に全額をつぎ込むことを前提に消費税率を「当面10%とする」と明記する方針だ。 また、今回の参院選では「マニフェスト」の呼び名を封印する方針を確認。「民主党政権によって詐欺の代名詞と化した」ため、参院選公約と呼ぶことに ...
中小企業向けの融資枠は当初予算に比べて100億円拡大するほか、介護や環境関連などなど6分野で雇用を増やす。10日に始まる県議会に提案する。 売り上げや利益が減少した中小企業向けの融資制度である「セーフティネット資金」の融資枠は、年度当初の720億円から780億円に ...
一般質問には7議員が登壇、福祉・環境・健康などの問題を取り上げる。質問の概要は次のとおり。 小清水招男議員/高齢化社会への対応について・町民活動災害補償制度(仮称)について。原憲三議員/中井町の人口増加等に関する施策について。森丈嘉議員/汚水処理計画の ...
横浜市は7月から市内の介護従事者を確保するための支援制度を拡大する。ホームヘルパーの資格取得を目指す人を雇っている企業に対し、賃金の一部などの助成を始める。資格取得を目指す人にも費用を補助する。市内… "プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくに ...
仕事も終わり、帰ろうとジュンを呼ぶが、姿が見えない。家に帰った様子もなく、青ざめる荻さん。警察に尋ねたり、集落で放送を依頼したりと必死に捜した。 ○…5日ほどして警察から「見つかった」と連絡が。場所はなんと、老犬ならぬ老健(老人保健施設)。 ...
消費税の問題につきましては、私は財政の不足を、足らずを消費税で補うという発想ではなくて、必要、これからの時代において必要な年金、医療、介護。年金、医療、介護で20兆円以上の一般会計からの税金投入が行われているわけであります」 「まさにここの分野を ...
公約では年金、医療、介護、少子化などの社会保障費に全額を充てることを前提に、消費税率を「当面10%とする」と明記。ただ、引き上げ時期には触れなかった。 一方、自民党は「マニフェストは民主党政権によって詐欺の代名詞と化した」として、原則 ...
建物1階には小規模多機能施設とグループホームを計画(多摩市と協議中)、多目的室やコミュニティキッチンもつくり、住民と地域の人たちが交流できる場とする。今秋着工し、来年春の竣工を予定している。 同協会では定期的に高齢者住宅に関するセミナーや見学会などを ...
【北広島】北広島市は、認知症の高齢者が行方不明になった時に早期発見に結びつける「認知症高齢者SOSネットワーク事業」を1日から始めた。本人の特徴を家族に事前登録してもらい、捜索が必要な際に関係機関に情報提供する。(上田貴子) 市によると、市内では認知症 ...
ケアマネジャーを務める同市の坂本七百重さん(60)は「首相と(小沢)幹事長の辞任は遅すぎた。政権交代による政策転換には期待を持っている。介護や医師不足、過疎の問題に取り組んでほしい」と話した。 鳩山首相の辞任後について富士吉田市の関根勝子さん(72) ...
ただ、手術は成功しても、高齢のために家に戻れる状態まで回復できず、長い間入院したり、感染症を起こしたり、退院後も寝たきりになったり、という例が増えた。 このため、必要な栄養をしっかりとって回復を早める方法が見直され、結果的に入院期間の短縮にもつながった ...
県が1日発表した「高齢者福祉行政の基礎調査結果」で、今年4月1日現在、県内の65歳以上の一人暮らし世帯数は13万5871世帯と、10年間で2・2倍(男性2・7倍、女性2・1倍)に増加していたことが分かった。中でも80代以上の一人暮らし世帯が、35・0% ...
6月定例県議会は一般質問2日目の2日、山形修治(自民)、菅谷文利(無所属県民)、増渕賢一(自民)の3氏が永住外国人の参政権や、高齢者虐待防止などについて福田富一知事や県執行部の考えをただした。県執行部は福祉施設などでの高齢者虐待防止を図るため、外部 ...
健康管理用品、福祉介護用品等の企画製造を行っている日本情報電子株式会社(本社:東京都町田市つくし野1-28-10 代表:青木健)は、寝たきりの方への入浴介護を対象にした簡易浴槽「ベッドバスら~くらく」の販売開始を関係各位に発表致します。 昨今、介護現場における ...
要介護の人ががんを患ったり、透析が必要な人が認知症になったりして、病気の治療も身の回りのケアも必要なのが高齢者。しかし、治療が必要だと施設入所を断られたり、認知症だと入院を断られたりすることも。病院も施設も徘徊(はいかい)や通院に「スタッフを1人付ける ...
2010年06月02日()
要介護の人ががんを患ったり、透析が必要な人が認知症になったりして、病気の治療も身の回りのケアも必要なのが高齢者。しかし、治療が必要だと施設入所を断られたり、認知症だと入院を断られたりすることも。病院も施設も徘徊(はいかい)や通院に「スタッフを1人付ける ...
介護する側もされる側も大変だとは思います。でも、子供として、親の世話をし最期を看取(みと)ることができるのは、それはそれで幸せなことだと思います。 私の母は7年前、脳幹出血で倒れました。救急搬送と処置が早かったためか、脳死状態にはなりましたが、ひと月 ...
3年前に新庁舎へ移転した後、空きビルになっている千代田区役所の旧庁舎(九段南1)の跡地利用について石川雅己区長は2日、同日開会の区議会6月定例会で「介護と医療が連携する『高齢者総合サポートセンター』が最もふさわしい」と述べた。利用の方向性が具体的に示 ...
6月定例県議会は一般質問2日目の2日、山形修治(自民)、菅谷文利(無所属県民)、増渕賢一(自民)の3氏が永住外国人の参政権や、高齢者虐待防止などについて福田富一知事や県執行部の考えをただした。県執行部は福祉施設などでの高齢者虐待防止を図るため、外部 ...
日本経済立て直し 戦略5分野で149兆円市場 (媒体での記事掲載終了)

   経済産業省は、低迷が続く日本経済の立て直しのための成長戦略として、原子力発電などのインフラの海外輸出や環境・エネルギー関連、医療や介護・子育てサービス、アニメなどの文化産業、ロボットやバイオなどの先端技術の5分野の競争力を高めていく「産業構造ビジョン」を、2010年6月1日に発表した。

続きは「J-CASTニュース」へ


GBKは、「子どもの笑顔は世界共通の癒し」をテーマに、主に高齢者施設の利用者などに演芸を楽しんでもらおうと、区内で福祉演芸などを企画している梶ことぶきさんが設立。小中高生ら4人が在籍している。 当日は、漫談や漫才、コントなどを披露。メンバーは初ステージに ...
政令指定都市のしくみなどから話が始まり、権限委譲された福祉や教育などにも言及。政令市移行を振り返り、少子高齢化などで社会保障の問題が急務になることに触れ、「今後は社会保障を確立できる戦略を立てるかが大事」とその重要性を説いていた。 ...
少子高齢化に伴い人材不足が叫ばれている介護現場に対し人材確保の門戸を広げようと、市内特別養護老人ホーム110施設と84法人の経営者や理事長らで結成された「社団法人横浜市福祉事業経営者会」は今月、これまで国籍を限定し行ってきた「ホームヘルパー2級養成講座」の ...
豊橋市と同市老人クラブ連合会主催の「第78回高齢者囲碁・将棋大会」が2日、同市高師老人福祉センターで開かれた。 老人福祉センターや地域福祉センター、市民館で囲碁、将棋を楽しむ高齢者たちが日ごろの成果を発揮する場にと、毎年開催している。 ...
改正育児・介護休業法が、6月に施行される。低迷する男性の育児休業取得率の底上げが、柱の一つだ。父親の育休は、子育てに熱心な「イクメン」への第一歩。力強く踏み出すためには、企業や自治体の後押しが欠かせない。(編集委員・木ノ元陽子) アヲハタ(竹原市)の ...
経済産業省は、低迷が続く日本経済の立て直しのための成長戦略として、原子力発電などのインフラの海外輸出や環境・エネルギー関連、医療や介護・子育てサービス、アニメなどの文化産業、ロボットやバイオなどの先端技術の5分野の競争力を高めていく「産業構造ビジョン」 ...
香川県三木町の山間部に住むお年寄りに、郵便配達員が定期的に健康状態などを聞き取る「高齢者への生活状況確認業務」が1日、始まった。同町池戸の郵便事業会社高松南支店三木集配センターで出発式があり、関係者が新たな福祉サービスのスタートを祝った。 ...
JA共済は「ひと・いえ・くるま」の万が一の保障をするだけではなく、交通事故対策活動、健康管理・増進活動、高齢者・身障者福祉活動、災害救援活動、文化支援活動、環境保全活動など、さまざまな地域貢献活動を実施してきている。それは全国レベルで実施されるもの ...
介護にいらだち、母親の顔を殴ったとして、流山署は1日、傷害の疑いで同市松ケ丘のアルバイト店員の男(48)を逮捕した。男は母親の二男で、「うまくコミュニケーションができず、いらいらして殴った」と容疑を認めているという。 調べによると、男は5月30日午前2 ...
医療・介護・医薬に特化した求人情報サイト「グッピー求人」の運営など、医療系人材サービス会社のグッピーズ(東京新宿区)は、創業10周年を迎えた今春、新たに医療・介護系の24職種に対応した新卒募集サイト「グッピー医療介護就職(http://job.guppy.jp/)」を開始 ...
会議では、中山間地に地域密着型の介護施設を増やそうと、来年度に誘致助成制度を設ける方針を決めた。 (後藤隆行) スプリングレビューは5月中に開催。市長や副市長ら上層部が部局ごとの政策案件を検討し、今後の方向性を確認した。協議結果の公表は初めてで、約45 ...
別府市の国立別府重度障害者センター(中村欣三所長)で、インドネシア人女性2人が、日本での介護福祉士資格の取得を目指し、奮闘している。「利用者さんは障害があっても頑張ってる。わたしたちはもっと頑張らなきゃ」。言葉の壁に悩みながらも笑顔で一生懸命な姿を、 ...
バリアフリー住宅のアドバイザー資格も目指す。 しかし、全く性質の違う分野への転身は、必ずしも簡単にはいかない。 「建設現場と同じような大声で話して、お年寄りがびっくりしてなじめないケースもある」と県労働者福祉協議会の東条恭子・事務局次長。 ...
2010年06月01日()
同病院は、内科や歯科などの診療科とベッド数三十九の療養型病床がある。先月末に経営難などから「医療スタッフの確保が困難で六月中旬に入院機能を休止する」として、県鎌倉保健福祉事務所と市医師会に入院患者の転院について、協力を要請した。 これを受け、市内の十一 ...
ファイザー日本法人の原田明久・医薬開発部門長は同日の会見で、「統合によって特に注目してもらいたいのは、アルツハイマー型認知症の開発品」と語った。フェーズ2/3に4つの開発品(旧ファイザー1つ、旧ワイス3つ)が、フェーズ1に1つの開発品(旧ファイザー)が ...
同町などによると、嘱託職員は平成20年7月に採用され、町が同社協に委託している高齢者らに昼食やレクリエーションなどを提供する事業を担当。利用料の着服を繰り返していた。同社協は徴収した利用料を町に入金しているが、町職員が入金額が少ないことに気づき発覚した ...
地域の憩いや集いの場として利用するだけでなく、独居高齢者に向けた暮らし相談や、認知症の人の在宅での療養支援も行っていく。 施設は、同区医師会理事の中村正廣さん(62)が理事長を務める「介護、住まい、防災ネットワーク」が運営。だれもが住み慣れた町で住み ...
少子高齢化が進む中、高齢者世帯や高齢者の単身世帯が増え、介護の受け皿不足を映す「介護難民」や、孤独死の問題がクローズアップされるようになった。政府が見直す運びの後期高齢者医療制度はどうなるのか。今の公的年金制度は果たしていつまでもつのか… ...
筑紫医師会(原文彦会長)は5月31日夜、太宰府市国分の同医師会館で、認知症の早期発見・早期治療を目指す「ものわすれ相談事業」発会式を開いた=写真。同事業は地域のかかりつけ医が診療科を問わず、認知症の知識を深めて「ものわすれ相談医」として活動することで、 ...
住民ボランティアが地域のお年寄りや障害者の生活を手助けする「田名地区社会福祉協議会ボランティアセンター」(相模原市中央区田名)が1日、開所した。同地区の社会福祉協議会の支援を受けた住民有志が立ち上げ、集まった関係者ら約70人が船出を祝した。 ...
新規性が高く、既存薬に比べた有効性が評価された。同社は11月に主力の認知症薬「アリセプト」の米国特許が切れる。期限内にエリブリンが承認されれば、業績の大幅な落ち込みが回避できる可能性が高まる。エリブリンは3月末に日米欧で同時に承認申請していた。
新成長戦略、医療・介護分野の施策例が明らかに (媒体での記事掲載終了)

6月末にまとめる新成長戦略に向け、政府が検討中の施策例が明らかになった。5月31日に都内で行われた米GE社主催の講演会で、国家戦略室長室の近藤正晃ジェームス氏が明らかにしたもの。

戦略分野は環境関連産業のほか、(1)原子力発電所や鉄道などのインフラ輸出(2)医療・介護・健康・子育てサービス(3)ファッションやアニメなどの文化産業(4)ロボット、ナノテクなど10の先端産業-を挙げた。これら5分野に予算を重点配分した上、規制緩和、公的機関による ...
新たな“稼ぎ頭”として、原子力発電などインフラ輸出や、次世代送電網など環境・エネルギー産業に加え、医療・介護・健康・子育てサービス、アニメなど文化産業、先端技術を選び、集中支援する方針を示した。 政府の新成長戦略のマクロ目標で打ち出した名目3%の国内総 ...
三木町の山間部に住むお年寄りに、郵便配達員が定期的に健康状態などを聞き取る「高齢者への生活状況確認業務」が1日、始まった。同町池戸の郵便事業会社高松南支店三木集配センターで出発式があり、関係者が新たな福祉サービスのスタートを祝った。 ...
生後3カ月の男児を虐待し死亡させたとして、沖縄署は1日、沖縄市の介護職員の男性(22)を傷害致死の疑いで逮捕した。沖縄署によると、男性は「何回か頭突きなどをした。自分がやった」と容疑を認める供述をしているという。 … [記事全文]
そうした小さな変化は、朝から晩まで接していたからこそ気づくのだと思います」 3月末に区の男性職員の育休取得を後押しする要綱を制定。5月には男性の育休第1号が出た。6月議会には、区長ら特別職が育児や介護で休業した際の給与などについて定めた条例案を提出。 ...
北署によると、妻は介護ヘルパー相談員の百合子さん(41)。北署は司法解剖して死因を調べるとともに、高木容疑者の容疑を殺人に切り替えて動機を調べる。 逮捕容疑は5月31日午前0時すぎ、自宅で妻の首などを果物ナイフで数回刺し、殺害した疑い。(共同)
長妻昭厚生労働相は1日の記者会見で、たんの吸引などの医療行為を一部の介護職員に認めたことに関連して、訪問介護で利用者の自宅を訪れるホームヘルパーにも認めることを検討する考えを明らかにした。 厚労省は4月、口腔内からのたんの吸引と、腹部に開けた穴から管で ...
風水害などの災害時に高齢者や障害者らの避難を支援する計画を、国が求めていた3月末までに作成した県内の市町村は28で、全体の3分の1に当たる14市町村は期限に間に合わなかったことが31日、県の調査で分かった。 計画には、支援が必要な災害弱者の範囲や情報 ...
京都市右京区のタクシー会社、キャビックは1日、向日市在住の認知症高齢者を対象にしたグループホームを向日市物集女町で開所する。利用者が安心して自室に戻れるようドアの色を変えるなどの工夫を凝らした。 施設は「キャビックケアホーム すぃーとハンズ物集女」で、 ...
生後3カ月の男児に頭突きをするなどし、死亡させたとして、沖縄県警捜査1課と沖縄署は1日、傷害致死容疑で、男児の母親と同居している介護サービス会社勤務の我謝進一容疑者(22)=沖縄市室川=を逮捕した。同課などによると、「生活苦でいらいらしていた。 ...
リース費用は5年で月額15万7000円(両脚用)。担当者は「これまで動かせなかった部分が動くようになり、本人の自信につながって身体的機能が向上するのではないか」と分析する。 施設内の高齢者専用住宅に住む橋本勲さん(77)は、10年前の脳卒中で足が少し不 ...