介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年03月31日()
稼働病床は療養病床60床だけとなり、職員は91人(医師4人含む)となる予定。来年3月末で北秋田市上小阿仁村病院組合は解散し、病院を市立の無床診療所に改組する意向。津谷管理者は、病院組合の解散に合わせて残る全職員を整理解雇する方針を示しており、労使間の ...
生活保護を受けながら介護サービスを必要としている高齢者が、介護保険制度が始まった二〇〇〇年から〇八年までの九年間で二・七倍に増え、約十七万人に達していることが分かった。入所者十人が犠牲になった群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」の火災から一年。 ...
介護保険の在宅サービスの利用に必要なケアプラン(居宅サービス計画)を、自分で立てる試みが広がりつつある。「不要なサービスを減らすことができた」「精神的に元気になれた」「人生の最後まで自分の予定は自分で立てたい」-。高い専門性が求められるケアマネジャーと ...
介護福祉士国家試験の合格者が31日発表され、南砺総合高井波高福祉科介護福祉コー スの3期生25人が全員合格を果たした。2年前に同コース1期生19人が全員合格して おり、「先輩に続け」と勉強してきた生徒は同日、すでに卒業した母校に集まって全員合 格を知り、 ...
介護福祉士の資格として平成21年度に創設された群馬県独自の認定制度「ぐんま認定介護福祉士」の第1期生が3月、誕生した。勤務条件が厳しく離職率が高いとされる介護の現場に、新たな資格を設けることでキャリアアップを支援し、職場環境の改善をねらう。 ...
「認知症の人と家族の会」県支部は14日午後1-同4時、福岡市中央区荒戸3丁目の同市市民福祉プラザ602号で、認知症介護者を対象とした交流会を開く。 身近な人の認知症に悩む家族などが集まり、介護の体験などを話し合いながら交流。介護経験がある同支部会員が ...
さいたま市は、高齢者の生活や介護の相談に応じる「地域包括支援センター」を年末年始を除いて無休とする。土日休日を休むセンターが多かった。平日に働いているため、週末に相談したい家族らの要望に応じる。 山梨県では県立中央病院(甲府市)が独立行政法人化するのに ...
構造改革本部・部会「特定看護師の法制化を」 (媒体での記事掲載終了)

構造改革特区推進本部評価・調査委員会 医療・福祉・労働部会は3月26日に、ナースプラクティショナー(NP)の必要性に関する調査意見の取りまとめを行った。意見書は、月内に同推進本部の委員会に提出する。

栃木県は31日、平成20年10月に行われた同年度の介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験で、資格を偽って受験したとして、県内の介護事業所で働く40代女性の合格を取り消し、登録を削除したと発表した。 県高齢対策課によると、女性は一定の介護実務 ...
認知症・うつ病・脳腫瘍などの可能性も考えられますが、異常のない人もいます。 認知症だけでもアルツハイマー型や脳血管性など多くの種類があります。 もの忘れ外来では、神経心理学検査だけでなくCT・脳血流検査などでタイプの特定を目指します。 ...
あいおい損保は、4月1日から「リブリード・ウィン」(医療補償特約付健康総合保険)と「リブリード・ケアベスト」(介護補償特約付健康総合保険)を発売する。医療、介護の2大ニーズを1契約でカバーできる従来の総合型商品「リブリード」をシンプルで分かりやすい商品 ...
認知症の患者や家族を支える地域の在り方を考える「認知症になっても安心な町づくりフォーラムin善通寺」がこのほど、香川県善通寺市文京町の市民会館であった。患者と家族が当事者の立場から思いを語り、地域のつながりの大切さや早期診断の必要性などを訴えた。 ...
エーザイは31日、開発中の乳がん治療薬「エリブリン」を日本、米国、欧州で同時に承認申請したと発表した。同社は主力のアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」が10月に米国で特許切れを迎えるため、エリブリンを次期主力製品の一つと位置付ける。 ...
中津市社会福祉協議会は30日、介護保険の経理担当をしていた女性職員(47)が介護保険の利用者負担金などから総額約840万円を着服していたと発表した。消費者金融への返済に充てていたという。同市社協は26日付で職員を懲戒解雇処分にした。 ...
一人っ子として、16年にわたり両親の介護を続けてきた著者は、介護の手も、時間も、相談相手もいないシングル介護こそ、介護の知識や情報が最も必要と訴える。本書は、介護保険の使い方や、介護者自身の人生設計について、50の質問にアドバイスする形式で書かれて ...
長年、介護現場を取材し、社会保障審議会委員も務めた著者が、この春で満10歳を迎える介護保険制度を利用者の立場から検証した一冊。 介護保険が本来の理念に立ち返り、老いを支える制度として機能していくためにも、在宅サービスの拡充や、高齢者に分かりやすい制度に ...
7人が焼死した札幌市北区の高齢者グループホームの火災を受け、北海道認知症高齢者グループホーム協議会が会員施設に対して行ったアンケートで、財政難からスプリンクラーを設置できず、過半数の施設が防災態勢に不安を抱えている実態が明らかになった。 ...
笠岡市は、既存の福祉制度では対応しきれない高齢者や障害者らを支援する2010年度から5年間の「地域福祉計画」を策定した。地域で困っている人を早期に発見するため住民や各種団体によるネットワークを構築。支援団体や行政との連絡、調整を行う「地域福祉 ...
前年度から今年度にかけての伸び幅では、中泊町が最も大きく1・48ポイント(高齢化率は32・17%)。今別町が1・37ポイント、外ケ浜町が1・02ポイントで続いた。津軽地方で高齢化率の高い市町村が目立っており、県高齢福祉保険課は「大規模な工場など、若い人 ...
2010年03月30日()
「失語症者のつどい」を企画したのは、西伊豆町の古民家を活用した宅老所で高齢者へのデイサービスなどを展開しているNPO法人「みんなの家」(奥田俊夫代表)。宅老所を利用するようになった女性患者(83)への接し方に戸惑っていた一昨年秋、独自に調査すると西豆 ...
体に加わる力の大きさに応じて、モニターに大小の赤い点が表示される。 研究チームの原田達也・准教授(知能機械情報学)は「収集したデータを使えば、介護のプロの動作をロボットに再現させ、介護現場の重労働を減らすといったことも可能になるだろう」と話している。 ...
要介護状態になることを遅らせたり、状態を悪化させないようにしたりする「介護予防」の推進に貢献した県内のボランティア4団体に30日、県庁で表彰状が贈られた。県保健福祉部の担当者は「介護予防の必要性や認知度はまだ低い。各自治体でこのような取り組みが広がって ...
満点券は同クラブを利用できる福祉クーポン(六枚つづり、一枚百円)と交換できる。 こうした取り組みで、〇五年度にボランティアの利用は二百五十九件、計二百九十九時間だったのが、〇八年度は六百三十五件、約千百時間と急増。クーポンの利用も年々増え、現在登録会員 ...
障害者や高齢者の地元福祉施設約五十カ所を仲間とともに回るなどして要望を聞き取り、身近な材料とアイデアで形にしてきた。 自助具の力を目の当たりにしたのは〇五年、ガイドヘルパーの講座を受けるため、会場となった名古屋市内の施設を訪れたとき。 ...
... に対し、心斎橋・難波地区では10%減る見通し。「通過駅にとどまる心斎橋の利便性が劣る」(石原教授)ことも理由だ。 このほか買い物客に占める65歳以上の割合が20年には1.7倍の29%に増加、バリアフリー化などで買い物しやすい環境を整えることが不可欠と指摘している。
JR御茶ノ水駅をバリアフリー化、10年度末着工へ (媒体での記事掲載終了)

“病院の街”の長年の懸案だった駅のバリアフリー化が動き出す。構造、立地上の問題から困難とされた計画を、どのように進めるのか——。東日本旅客鉄道(JR東日本)は3月26日、中央線・御茶ノ水駅のバリアフリー整備計画の概要を発表した。千代田区な…

周辺には病院が多く、高齢者や患者の乗降に不便で、各病院からJRや区に要望が出されていた。 駅の北側は神田川に面したがけでホームの幅は約四メートルと狭い。エレベーターやエスカレーターの設置が難しいため、バリアフリー化が遅れていた。 患者の署名を集めた順天堂 ...
3月末で閉校する日本福祉大高浜専門学校(高浜市春日町5丁目)が、学生が実習で使っていた介護機器やリハビリテーション機器などを、地域で役立ててほしいと同市など衣浦東部地域5市の病院や社会福祉施設、学校などに贈っている。24日には、小林記念病院(碧南市)に ...
周辺には病院が多く、高齢者や患者の乗降に不便で、各病院からJRや区に要望が出されていた。 駅の北側は神田川に面したがけでホームの幅は約四メートルと狭い。エレベーターやエスカレーターの設置が難しいため、バリアフリー化が遅れていた。 患者の署名を集めた順天堂 ...
周辺には病院が多く、高齢者や患者の乗降に不便で、各病院からJRや区に要望が出されていた。 駅の北側は神田川に面したがけでホームの幅は約四メートルと狭い。エレベーターやエスカレーターの設置が難しいため、バリアフリー化が遅れていた。 患者の署名を集めた順天堂 ...
同署によると、初喜さんは自宅に隣接する小屋で首をつり、初二さんは自宅の布団の中で死亡していた。 初二さんは半身不自由で寝たきりだったという。 初喜さんは妻と長男の3人暮らし。 妻は病気で入院中で、初喜さんは一人で初二さんの介護をしていた。 ...
松本市は新年度、認知症を予防する取り組みを市民に促すポイント制度を始める。啓発イベントや健康診断などでポイントシールを配り、一定数を集めた市民に景品が当たるユニークな仕掛け。健康づくりを目的にしたポイント制度は、県内では初めてという。 認知症予防には、 ...
飯田市は29日、市内のデイサービスセンター6施設を管理する5社会福祉法人との間で「災害時における福祉避難所の運営に関する協定」を結んだ。災害発生時に一般避難所での生活が困難な障害者、高齢者ら要援護者を受け入れる。 市と協定を締結したのは、市社会福祉協議 ...
介護保険事業所のサービス内容を、調査したように装い虚偽の調査結果を報告したとして、静岡県厚生部は29日、県指定の調査機関「アイアールネットワーク」(浜松市中区)に対し、介護保険法に基づき改善命令を出した、と発表した。処分は26日付。 ...
介護分野での外国人受け入れ条件を緩和するため、在留資格創設の検討を打ち出した。また、外国人の歯科医師と看護師に関し、就労年数制限の撤廃を明記した。 わが国は現在、介護福祉士を目指す外国人研修生について、経済連携協定(EPA)を結んでいるインドネシアと ...
2010年03月29日()
中心市街地にお年寄りが安心して暮らせる介護福祉施設を配置する「高齢者まちなか居住」のフォーラムが29日、東京都の住宅金融支援機構で開かれ、釧路市の蝦名大也市長が「釧路市ライフケアビレッジ構想」について説明した。同構想は、中心市街地の空き家や空き店舗を ...
就職してから、24時間対応型の訪問介護ステーションで働くホームヘルパーの清美さん(仮名、29歳)との交際が始まった。結婚が視野に入った時に、圭一さんと清美さんは、「このまま結婚して、やっていけるか」という強い不安にかられた。 圭一さんの月給は手取り20万円。 ...
市高齢福祉課によると、保険料の算定に誤りがあったのは、ほとんどが外国人。過大に算定されたのは4人(計10万2700円)で、過少は13人(計42万6900円)。うち1人は過少と過大の両方があった。 65歳以上の被保険者が支払う保険料は、住民税の課税状況 ...
宮城県仙台市の認知症高齢者グループホームのうち15施設で、消防法で義務付けられている防煙製品を設置していないなどの不備のあることが市消防局の査察で分かった。消防局は文書や口頭で改善を指導した。 査察は、札幌市の認知症高齢者グループホームで7人が死亡した ...
米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が、新規アルツハイマー型認知症治療薬の臨床試験で、発症リスクは高いもののまだ同疾患を発症していない患者を登録し、フェーズ2試験を実施していることが話題になっている。米BMSが試験を実施している薬剤は、γセクレターゼ ...
子育てや介護をしながら働き続けられる社会づくりを目指す改正育児・介護休業法の6月施行を前に、静清信用金庫(静岡市葵区)が、県中部(静岡、焼津、藤枝3市)の中小企業を対象に行ったアンケートで、改正内容を把握していない企業が7割以上に上った。 ...
実際に調査しないまま調査したように装い虚偽報告をしたとして、静岡県長寿政策局は29日、介護保険サービス情報公表制度の指定調査機関「アイアールネットワーク」(浜松市中区)に改善命令を出したと発表した。命令は26日付。同局によると、同制度の指定調査機関を ...
47.6%が「景気悪い方向に」 内閣府世論調査 (媒体での記事掲載終了)

   内閣府は2010年3月27日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在の日本で、悪い方向に向かっている分野を複数回答で尋ねたところ、最も多かった回答が「景気」(63.1%)で、3年連続のトップとなった。一方、良い方向に向かっている分野については、「科学技術」(20.7%)、「医療・福祉」(18.7%)などを挙げる声が多かった。


7人が死亡した札幌市の認知症高齢者グループホームの火災を受け、川崎市消防局は29日までに、市内51施設に特別立ち入り検査を実施した。同消防局によると、14施設で計25件の違反があった。 検査は、16日から市内8消防署を通じて行われた。その結果、最も違反が多かった ...
さらにオプションの介助操作部も見直し、速度設定をダイヤル式に変更し、一目でバッテリー残量が分かる表示機能を搭載する。 新製品は4月15 - 17日にインテックス大阪で開催される高齢者・障害者向け機器・用具の展示会「バリアフリー2010」に出展する。
講師は、東北工業大学・石井敏准教授が務め、認知症を患う高齢者のグループホームを通して、これからの暮らしのあり方とその居住環境のあり方について講演する。 参加費は無料。会場は、東京港区の建築会館で実施する。定員は50名。 問い合わせは、住宅総合研究財団世界 ...
札幌市北区の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」で7人が死亡した火災を受け、認知症高齢者向け施設231カ所を緊急立ち入り検査した札幌市は29日、69施設に消防法違反があったと発表した。 市消防局によると、最も多かった違反は、施設で使用するカーテン ...
赤平総合病院は一般病床120床、療養病床60床あり、市内で唯一の救急機能を備えた中核病院だが、医師不足は深刻。一番困っているのは、足腰が悪くなる高齢者を診察する整形外科医が1人もいないことだ。 北海道中央部にある赤平市は、かつては炭坑で栄えたが、閉山の ...
事業所の形態は、高齢者や障害者のためのデイサービス施設やグループホーム、訪問介護事業者などさまざま。県内ではほかに、和歌山市や御坊日高地方、新宮東牟婁地方など7カ所で同様のネットワークがつくられている。 田辺西牟婁地方の16事業所は28日、田辺市新庄町の ...
(c)AFP/Getty Images/Joe Raedle 【3月29日 AFP】高齢者や寝たきりの人向けの「電子パンツ」を、オーストラリアの企業Simavitaが26日発表した。尿を感知するとテキストメッセージで知らせてくれる機能があり、同社は「世界初」だとしている。 同社が開発した「SIMsystem」 ...
地方は雇用などの面で建設業への依存度が高く、支援策で地域経済を下支えする狙いだ。ただ参入は容易ではなく、支援策が効果を発揮するか不透明な部分も残っている。 参入を資金面から支援する自治体が多い。山梨県は農業や介護への進出を目指す建設業者に初期投資や必要 ...
今後さらなる高齢化の波が押し寄せる日本にとって、重要な問題のひとつとなってくるのが介護。しかし現在、待遇面の悪さや仕事内容の大変さから、介護職の離職率は高い状況が続いている。深刻な人手不足が叫ばれ、ギリギリの人数でやり繰りしている施設も少なくないが、 ...
2012年3月末までにスプリンクラーの設置が義務づけられている県内の認知症グループホームのうち、すでに設置したのは25%にとどまることが、県認知症グループホーム協議会のアンケートで分かった。設置時期が決まっていない施設や予定がない施設は合わせて11% ...
市は65歳以上の一人暮らし高齢者(2122人=2月15日現在、市社会福祉協議会調べ)のほか、身体障害者だけの世帯の希望者らに貸し出し、2009年度(12月現在)は250人が利用。利用者は06年度に比べて72人減っている。 市は利用減の要因を▽携帯電話で ...
大手百貨店「そごう・西武」のそごう呉店(広島県呉市)で、外商を担当していた50代の男性社員が、認知症の疑いがある同県在住の女性(87)に、約7000万円分の貴金属などを売っていたことが29日までに、関係者への取材で分かった。女性側は、成年後見人を通じて ...
認知症の疑いがある広島県内の女性(87)に対し、大手百貨店そごう呉店(同県呉市)で外商を担当する50代の男性社員が、2008年からの約2年間に貴金属や絵画など計約7千万円分の高額商品を販売していたことが29日、同店などへの取材で分かった。 ...
なお当社は、4月15日~17日にインテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)で開催される高齢者・障害者向け機器・用具の展示会「バリアフリー2010」(主催:社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・テレビ大阪)に「タウニィジョイX」を出展する。 ...
約百人が福祉の拠点の新たな門出を祝した。 久世地域の2園を統合し、平川地域に新しい保育園を建設した。鉄筋2階建て、床面積は約1500平方メートル。国の規制緩和を受け、運営は府内で初めて学校法人に委託する。 統合前の保育園の一部を使ってきた陽和苑は、高齢者 ...
病院で診療や介護を受けているのと同じような状態の在宅医療を目指し、昨年十二月に射水市医師会が発足させた「在宅医療いみずネットワーク」。利用者からは「家族に寂しい思いをさせずに済む」と好評だ。県内では同様の取り組みが広がりを見せているものの、在宅医療を ...
2010年03月28日()
ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の例会、落語を楽しみました。 落語は、鶴亀山金坊師匠に「看板のピン」を演じて頂きました。 落語の後は、茶話会で日頃の様子を語りあいました。 師匠は、町内の高校の先生、プロ並みの落語でした。 ヒントは、お名前に有るそうです。
エレベーターがなく、高齢者らが暮らしにくくなっていた。 計画によると、新たな七棟は十四階と十一階建てで約千二百戸。床面積は九十五~四十平方メートルの十数種にし、床は段差のないバリアフリー対応とする。増戸分の売却益を建設費に充て、住民負担を軽減。 ...
大きな争点となった小中一貫校(総工費約36億円)の建設については「少子高齢化が進む中、高齢者を支える子どもの教育環境を整備することは先行投資。地域福祉の充実につながる」と推進の立場を訴え、支持を集めた。新校舎は合併特例債が活用できる2016年3月までの ...
大日本印刷は社員の育児や介護を支援する新制度を4月に導入する。在宅勤務制度や介護休暇を新設するほか、育児休業の回数制限をなくす。育児や介護のために取得できる休暇や休業を増やし、仕事と家庭生活の両立を… "プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくに ...
認知症が疑われる広島県内の女性(87)に対し、同県内の大手百貨店そごうで外商を担当していた50代の男性社員が、2008、09年に貴金属や絵画など約680点、約7千万円の商品を売っていたことがわかった。女性は今年1月、認知症と診断され入院した。 ...
高齢の聴覚障害者には、ろう学校に通わなかったため手話どころか筆談も伝わらず、身ぶりでしか意思を伝えられない人も少なくなかったのだ。 当時、輪島市で聴覚障害者手帳を持っていたのは169人。だが市福祉課によると、聴覚障害者団体にも参加せず、市側も直接会った ...
来日した翌日に都内で開かれた記者会見に臨むインドネシアからやってきた介護福祉士候補者の女性(左)と看護師候補者の男性(右、2008年8月8日撮影、資料写真)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO 【3月28日 AFP】厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)のもとでインドネシアと ...
小豆島町はこのほど、4月から導入する「介護予防支援ボランティア制度」の発会式を香川県小豆島町西村のオリーブ記念館で行った。同制度は65歳以上の高齢者が一人暮らしのお年寄りの見守りなど介護支援のボランティア活動をすると10時間で千円(年間最大5千円まで) ...
2010年03月27日()
公演後に会見した綾戸は、今回の緊急入院の原因が、一部で母親の介護疲れによるノイローゼと報じられたことに、「自分の健康管理のミスです」と否定したが「介護疲れは絶対ありますね…。今まで人に頼るべきと言ってきたけど、私自身が頼れていなかった。 ...
当直スタッフが駆け上がると、70代の認知症の男性が階段を降りようとしていた。「トイレはあっちですよ」。スタッフが声をかけ、3階のトイレに連れて行き、済ませた後は床に漏れ散った尿をふいた。スタッフは明け方までに7回、この男性の世話をし、ほかの入居者の介助 ...
6年前に脳梗塞(こうそく)で倒れ、2年前には足を骨折した同居中の母親(84)を1人で介護。その様子を公表してきたが、ライブ活動などとの両立で「介護疲れは確かにあった」と認めた。そして、目を真っ赤にしながら「1時間ごとに起きる生活が6年続いた。 ...
民生委員は右の黄色の用紙を配布して調査にあたる 高齢者や障害者が暮らす世帯の実情をつかみ、見回りや定期訪問などに役立てようと、飯塚市社会福祉協議会と二瀬地区民生委員児童委員協議会が今年に入り、同市二瀬地区の約3100世帯を対象にアンケートを実施している ...
高齢社会が進む中で、介護の理解を深めることなどを目指した「スミセイさわやか介護セミナー」のパネルディスカッションと講演会が27日、横須賀市平成町の県立保健福祉大学で開かれ、約300人が参加した。住友生命社会福祉事業団と神奈川新聞社の主催。 ...
市の認知症を考える集いは26日に市民文化会館大ホールで開かれ、日高地方の行政、民間福祉関係者ら100人が来場。講師に認知症の人と家族の会(本部・京都)の高見国生代表理事を迎えて、「認知症の方と家族を支える地域づくり」をテーマに講演を聴いた。 ...
綾部市から不具合の連絡を受けた府広域連合が17日に各市町村に調査依頼し、福知山市は18日に賦課誤りを確認した。 市高齢者福祉課は「ご迷惑をおかけしてもうしわけない」と謝罪し、対象者に差額分の納付を依頼した。市はシステム作成会社の原因調査を待って、今後の対応 ...
家庭内暴力や虐待に遭った高齢者を一時的に保護するためのショートステイも備えた。 落成式で関捨男理事長は「地域が必要とする福祉ニーズに対応できるよう、多機能な老人福祉の拠点として運営していきたい」とあいさつした。
今後は福祉施設にちゃんこを届ける「巡業サービス」も展開。中央ブロック高齢者福祉協議会の高橋勝彦会長は「食事を楽しみながら相撲話なども聞けて、高齢者にとっては社会とのつながりになる」と心待ちにする。 盛岡春ちゃんこは一鍋(2人前)1600円、同店で販売し ...
むしろ、特養やグループホームも住まいとしての基本を整えるべきだ。 デンマークが参考になる。高齢者住宅は、35~45平方メートルの個室が基本。廊下は市道扱いで、郵便も部屋まで届く。各部屋にナースコールがあり、ヘルパー、看護師、ソーシャルワーカーが24時間 ...
同施設は地震の発生を受け、全国で初めての「福祉避難所」に指定されていた。 福祉避難所は、生活に介助が必要で、通常の避難所で過ごすのが難しいお年寄りらを受け入れる。災害救助法にもとづいて市町があらかじめ施設を指定することになっていたが、当時、全国に設置の ...
「日本社会福祉士会・権利擁護センターぱあとなあ」がまとめた、成年後見の受任などの状況によると、成年後見制度がスタートしてからの累計件数は6765件。高齢化社会の進展に伴い、今後はますます増える見通しだ。一方では、社会福祉士が被後見人の財産を横領するなど ...
前年度に比べ最も伸び率が高かったのは中泊町で1・48ポイント、高齢者のうち独り暮らしの割合が最も高かったのは深浦町で18・54%だった。 調査は県高齢福祉保険課が独自に実施。毎年2月1日現在で市町村からの報告を取りまとめ、公表している。 ...
札幌市の高齢者向け介護施設(認知症グループホーム)で7人が死亡した火災を受け、厚生労働省は26日、グループホームのスプリンクラー設置状況のサンプル調査結果を公表した。それによると、7県7市の2078施設のうち設置済みは48.7%で、半分に満たなかった。 ...
札幌市北区の認知症グループホーム「みらい とんでん」の火災で、死亡した高齢者7人のうち新たに1人の身元が26日、入居者の安彦清さん(88)と札幌北署の調べで確認された。 同署によると、安彦さんには親族がおらず、通常は親や子供の協力を得て行うDNA鑑定が ...
広島県西部の大型小売店で外商を担当する50歳代の男性社員が中心となり、認知症と診断された県内の1人暮らしの女性(87)に1月までの約2年間で計約7千万円の宝石などを販売していたことが26日、分かった。 2008年初めごろから女性が買った商品は、ダイヤや貴金属 ...
認知症の診断や家族へのアドバイスなどに精力的に取り組む滝宮総合病院(綾川町滝宮)心療内科部長で「もの忘れ外来」担当の中村光夫医師(49)に、認知症に対応する時の大切な点などを聞いた。周囲が励まし、助け合って「介護する『力』をつけよう」と中村医師は ...
2010年03月26日()
社会福祉法人「慈悲庵」の養護老人ホーム「九重荘」(原田春彦施設長、浜松市北区都田町)が取り組む一人暮らしのお年寄り宅に食事を届けるサービスがことし、35周年を迎えた。訪問を待ちわびている利用者にさらに喜んでもらおうと、同施設は25日から、子どもたちの ...
さいたま市岩槻区の民家で寝たきりの夫が絞殺された事件で、殺人容疑で逮捕された妻の溝根久美子容疑者(69)が、別居する娘二人に対し、介護の悩みについて相談していなかったことが二十六日、岩槻署幹部への取材で分かった。久美子容疑者は「面倒を掛けたくなかった」 ...
また、蓮田市西新宿四の訪問介護事業所「蓮田ステーション」は、不正請求を行ったとして、訪問介護指定を六カ月間停止される。〇七年六月から二年間にわたり、事実と異なるサービスを提供したように装い、介護報酬約五十四万円を不正請求したという。 (水越直哉)
2009年中に新規に開始した高齢者施設、知的障害者更生施設等の社会福祉施設における人権侵犯事件数は153件で、前年に比べ19.5%増加となっている。その内訳は、障害者福祉施設職員によるものが61件(39.9%)、高齢者福祉施設職員によるものが40件(26.1%)、児童福祉施設 ...
広島県西部の大型小売店で外商を担当する50代の男性社員が中心となり、認知症と診断された県内の1人暮らしの女性(87)に1月までの約2年間で計約7千万円の宝石などを販売していたことが26日、分かった。 2008年初めごろから女性が買った商品は、ダイヤや ...
グループ会社が保有する土地を活用して、賃貸住宅や高齢者福祉施設を建設。レジャー・サービス部門では飲食業での新規出店などを検討する。 12年度の営業収益(売上高)は10年3月期より6.9%多い2590億円を目標に掲げた。営業利益は最低でも10.6%増の230億円を目指す。 ...
自宅で昨年7月、介護中の母親(当時86)を殴って死なせたとして傷害致死罪に問われた、流山市南流山の酒類販売業堀越宣孝被告(56)の裁判員裁判で、千葉地裁(栃木力裁判長)は26日、懲役3年執行猶予4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。 ...
長妻昭厚生労働相は26日、所管する社団法人と財団法人に通知を出し、70歳以上で厚労省で課長級以上の経験があり、現在も給与など報酬を得ている法人職員については次期改選時に再任しないよう求めた。該当する職員は95人。最高齢は社団法人中高年齢者雇用福祉協会長で89歳 ...
溝根さんの姿を見た人は皆無で、久美子容疑者と多少つきあいがあったという女性(83)も道ばたで会ってあいさつする程度だった。 立ち話をしない理由について、久美子容疑者は女性に「介護をしないといけないので家を留守にできない」と話していたという。
日本語研修を経て各地の病院に勤務し、研修を受けながら補助的な業務に就く。入国から3年以内に看護師国家試験に合格しなければ強制帰国となり、合格すれば国内で働くことができる。同協定では介護福祉士候補も受け入れており、12年に国家試験を初めて受けることになる ...
「クレールとば」は、礼金0・敷金1・家賃1ヶ月無料の新築マンション!1階はオールバリアフリーのため、車椅子の方や高齢者まで安心設計となっており、夏は西武園の花火が一望できます。いまならモデルルーム内見可能です。 「クレールとば」に興味のある方は、『賃貸の ...
具体的には国の補助要件(経常収支率55%以上等)に満たないバス路線に対し、条件を満たすよう収支の差額を県が補填する(県では該当する11路線〔15系統〕のうち、7路線〔9系統〕について補填する)ほか、バリアフリー構想を策定している県内の橿原市と葛城市を走るバス路線の ...
埼玉県は25日、訪問介護サービスの実施記録を改ざんしたとして、東京都練馬区の訪問介護業「PIC」が運営する蓮田市西新宿の「東京介護センター蓮田ステーション」の事業者指定の効力を5月1日から6カ月停止する処分にした。 県によると、同ステーションは平成19 ...
カジノ客に高齢者が多いこともあり、バリアフリーが進んでいる。街もカジノも車いすに対応した造りで、ホテルの部屋番号には点字表示がある。エコは昨今のMICEのキーワードになっているほか、ユニバーサルデザインに配慮した旅行の需要は高まるばかり。 ...
パン製造・販売のアンデルセングループ(広島市)のタカキベーカリーは26日、ヘルスケア食品の専門会社を設立すると発表した。2月に販売開始された介護食用パン「らくらく食パン」の商品改良や営業を担う。既に販売している食物アレルギーの子供向けのケーキやパンも ...
市町村の事務に新制中学校の設置・管理、市町村消防および自治体警察、社会福祉などの仕事が新たに加わったことで、行政事務の効率化を上げるために実施された。 そして今回の「平成の大合併」の目的は冒頭でも紹介したとおり、人口減少、少子高齢化社会にも柔軟に対応 ...
厚労省老健局によると、調査は福島、山梨、兵庫など7都県と、札幌、さいたま、北九州など7市にデータの提供を求めて実施。消防法施行令で設置を義務付けていない、延べ床面積275平方メートル未満の施設も含めて調べたところ、スプリンクラーを設置していたのは全体 ...
厚労省老健局によると、調査は福島、山梨、兵庫など7都県と、札幌、さいたま、北九州など7市にデータの提供を求めて実施。消防法施行令で設置を義務付けていない、延べ床面積275平方メートル未満の施設も含めて調べたところ、スプリンクラーを設置していたのは全体 ...
厚労省老健局によると、調査は福島、山梨、兵庫など7都県と、札幌、さいたま、北九州など7市にデータの提供を求めて実施。消防法施行令で設置を義務付けていない、延べ床面積275平方メートル未満の施設も含めて調べたところ、スプリンクラーを設置していたのは全体 ...
福祉国家とされるスウェーデンから認知症高齢者の介護方法を学ぶセミナーが25日、京都府向日市鶏冠井町の土井医院であった。患者や家族を支えている「認知症連盟」理事のインゲ・ダーレンボルグさん(61)が講演した。 ダーレンボルグさんはジグソーパズルを例に症状 ...
日本語の専門用語に苦労しながら介護現場で働いている外国人を支援しようと、県は英語の介護記録管理ソフトや資格取得のための教材を開発し25日、県庁で披露した。施設向けにも外国人職員受け入れマニュアルを作成。いずれも今月末までに県内のすべての特別養護老人 ...
有料老人ホーム、老人憩の家 、老人短期入所施設、養護老人ホーム、老人日帰り介護施設、老人福祉センター、老人介護支援センター、老人保健施設、軽費老人ホーム、特別養護老人ホーム、高齢者病院、グループホームの12種類分の施設種類に従って絞り込むことが出来る。 ...
経済連携協定(EPA)などで来日し、介護施設で働きながら介護福祉士の資格取得を目指すインドネシア人とフィリピン人の支援に県が乗り出した。課題となっていた言葉や習慣の違いを解決するため、介護記録を英語入力できるシステムと施設側の受け入れマニュアル、資格 ...
大分市社会福祉協議会が設置を進めている高齢者の交流の場「大分市地域ふれあいサロン」が市内で200カ所を超えた。市社協はサロン開催や会場を知らせるための「のぼり旗」を新たに作り、利用促進を図っている。 市内にはサロンが220カ所(3月25日現在)あり、1 ...
昨年11月、認知症の人やその介護者らと旅行に行った。「認知症の人と家族の会」県支部の「リフレッシュ旅行」で、富江さんは1人で参加した。夕飯後のカラオケで、認知症の妻に寄り添って歌う男性の姿を見て涙がこぼれた。「なんであんなに愛情を注げるんやろう。私は… ...
2010年03月25日()
厚労省は25日、高齢者ののどに詰まった痰(たん)を取り除くなど医師と看護師にしか認められていなかった医療行為の一部を、特別養護老人ホームに限って介護士にも認めることを決めた。 早ければ今月中にも各都道府県に通知され、実施が可能になる。 ...
ただ、比較的危険性が低く、1日に何度も実施する必要があることなどから、自宅で家族が行う場合は違法とされない。2005年には、研修を受けたヘルパーが在宅でたん吸引することが解禁されている。 特養など施設の入居者の高齢化が進み、たん吸引などを必要とする人が ...
人手不足が顕著な介護現場への外国人介護福祉士候補者の受け入れが始まったものの、言葉や習慣の違いなどから円滑なコミュニケーションがとれないケースも少なくない。こうした現状を打開しようと、静岡県が全国初となる介護現場向けの外国人受け入れマニュアル(便覧)を ...
支援計画では、65歳以上のひとり暮らしの高齢者や、一部の要介護認定者など、市福祉部の保有する約3万5千人の要援護者情報を共有し、災害時における安否確認や避難支援に役立てていくとしている。 同市では学校施設を中心に、333カ所が避難所に指定されているが、 ...
また、環境問題、少子・高齢化、安全・安心の確保といった課題に対して、住宅の省エネ化、バリアフリー化、耐震化の推進を通じて貢献できる面は大変大きい。 足元の厳しい住宅市場を早期に回復させるためには、予算、税制、規制緩和といった方策を総動員する必要がある。 ...
具体的には国の補助要件(経常収支率55%以上等)に満たないバス路線に対し、条件を満たすよう収支の差額を県が補填する(県では該当する11路線〔15系統〕のうち、7路線〔9系統〕について補填する)ほか、バリアフリー構想を策定している県内の橿原市と葛城市を走るバス ...
厚生労働省は25日、「たんの吸引」など医師や看護師にしか認められていない医療行為の一部について、特別養護老人ホーム(特養)の介護職員に一定の条件下で認めることを決めた。容認する医療行為のガイドラインや研修の内容などを詰めた上で、特例的に認める通知を ...
また、園内はトイレをはじめ各所にバリアフリー設計が施されている。周囲には既存の桜の木も残されており、見頃には華やかな彩りを与えてくれる。別事業として進行中の「健康交流のみち」も公園沿いは整備が完了。散歩のコースとしても利用価値を高めそうだ。 ...
老人福祉施設の慰問をきっかけに、地域ボランティアを始めて数十年。昨年末には長年の活動に対し、社会福祉協議会から表彰を受けた。「健康に過ごせることに感謝する毎日。少しでも地域の役に立てるよう今後も続けていきたい」。高齢化社会の進行とともに福祉施設やそこで ...
4月で介護保険制度がスタートして10年を迎えるのを機に、47都道府県庁所在の市区長を対象にした共同通信アンケートで、札幌、山形、長野、奈良、鹿児島など4割に当たる18市長が、国が力を入れる在宅介護よりも特別養護老人ホームなど施設介護を当面重視するべきだ ...
「みらい とんでん」の火災を受け、総務省消防庁などは、全国の小規模福祉施設の防火体制の調査を始めた。スプリンクラーの完全義務化も視野に対策を検討する考えだ。 調査対象は、グループホームのほか1千平方メートル未満の有料老人ホーム、短期入所施設など。 ...
13日2:25ごろ、札幌市北区屯田4条2丁目の認知症高齢者グループホーム「みらいとんでん」で火災が発生。木造2階建約248平方メートルを全焼、入所者の男女7人が死亡、女性職員1人が重症等の惨事となった。グループホームでは平成18年1月8日、長崎県大村市での ...
交通量が多く、高齢者や障害者の危険度が高い東京都世田谷区の三軒茶屋交差点で、障害者らの意見を取り入れたバリアフリー工事が今月上旬に完成した。東急田園都市線の北口と南口を結ぶ二十八メートルの横断歩道を設置、横断歩道にも点字ブロックを敷いて目の不自由な人が ...
山田候補は経済界や連合京都などの「希望の京都をつくる府民の会」が選挙母体。2期8年の実績と、医療・福祉の抜本的な充実を図る「福祉安心型社会の再構築」などを訴えて3選を目指す。 選挙では、急激な少子高齢化への対応、京都経済の活性化、地域間格差の解消、行 ...
【高根沢】宝積寺の高齢者介護施設「宝夢」=社会福祉法人幸世会(斎藤幸成理事長)運営=は20日、同所で利用者を対象とするファッションショーを行った。日本エステティック協会の協力で、顔や手に施術した上、着飾った十数人のお年寄りが次々に登場。 ...
介護の必要な高齢者の保養施設が地域に増えることは、本人にとっても家族にとっても朗報だ。もちろん、安定した経営基盤による良質のサービスが提供されるという前提がある。 福祉の“さきがけ”の壺阪寺がある高取町で、町が県に老人保健施設の整備に向けて県の計画の中に ...
2010年03月24日()
A4判1枚に、妻やす子さん(67)が認知症に苦しんでいることや住民へのおわびの気持ち、どう接してほしいかを、一言一言正直につづった。 05年に千葉から引っ越してきた。アルツハイマー病と診断されたのは、その直後だった。買い物に出て自宅に戻れない、「とられ ...
今、約400万人が利用し、創設満10年を迎えた介護保険制度。「介護の社会化」「高齢者の自立支援」を進めてきたが、この間、「財源論を盾に改悪が続き、緊急の課題も山積み状態」だという。 の三つの問題ポイントがはっきりしたという。 社会保障審議会の委員として ...
認知症の母の成年後見人に選ばれた長男が立場を悪用して母の相続金を着服したとされる事件で、前橋地検は二十四日、業務上横領罪で高崎市の無職桜井哲男容疑者(59)を起訴した。 起訴状によると、桜井被告は二〇〇八年五月二十七日、同市内の銀行支店で、母(93)の ...
「月一日は安心して寝たい」と、一カ月以上前に利用を申し込む老人保健施設(老健)の一泊二日のショートステイも「満床」を理由にたびたび断られた。 マッチをひたすら擦るなど、理解に苦しむ行動を繰り返す夫。在宅介護に限界を感じ、複数のグループホームに入居を ...
県建築住宅課は「安定した住居を求める高齢者は年々増えている。不安の解消につなげたい」としている。 同課によると、同プランは、住宅環境に配慮した街作りを進める「県住生活基本計画」と、高齢者や障害者支援を拡充する「県高齢者保健福祉計画」を合わせたもの ...
川崎市は認知症に関する電話相談窓口「川崎市認知症コールセンター~サポートほっと~」(多摩区)を開設し、4月1日に運営を始める。 従来の市の電話相談窓口の機能を拡大し、対応する曜日や時間を増やした。窓口の機能を強化することで、高齢化に伴う認知症の人の増加 ...
厚生労働省は24日、2008年度から受け入れを始めたインドネシア人の介護福祉士候補者の実態調査結果を公表した。インドネシア人による介護サービスを受けた利用者の9割超が「評価できる」と肯定的に回答した。ただ介護施設などからは「候補者を受け入れる経済的な負担が ...
... 日、参院議員会館で開かれ、誰もが読書に親しめる「読書バリアフリー法」の制定のほか、点字や音声図書、大きな文字への変換が容易な電子書籍の普及を求めた。 主催は超党派の「活字文化議員連盟」など。会長の山岡賢次民主党国対委員長は「障害者や高齢者が生きがい ...
... 日、参院議員会館で開かれ、誰もが読書に親しめる「読書バリアフリー法」の制定のほか、点字や音声図書、大きな文字への変換が容易な電子書籍の普及を求めた。 主催は超党派の「活字文化議員連盟」など。会長の山岡賢次民主党国対委員長は「障害者や高齢者が生きがい ...
インドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づいて2008年度に来日した介護福祉士候補者の受け入れ施設のうち、厚生労働省の調査に応じた施設の5割弱が「人手不足の解消が目的」としていることが、24日公表の結果で分かった。 厚労省は「EPA受け入れは人手不足 ...
○…4人の子どもの育児と家事に加え、訪問介護ヘルパーの仕事も。4月からは念願のケアマネジャーに。外出することが多いが、子どもたちの家事手伝いが後押しとなっている。瀬谷には「子どもを裸足で育てられる場所が良いと思っていたのでピッタリ」と一目ぼれして引っ越し ...
自ら捜索は行えないが、連絡機関から徘徊者の情報をFAXで受け取る「発見協力機関」には、区内を通る鉄道やバス、タクシー会社など13社が加入。システム実施機関である旭警察署、区福祉保健センター(高齢・障害支援課)、旭区社会福祉協議会、区内9カ所の地域ケア ...
苫小牧市消防本部が小規模社会福祉施設やグループホームの立ち入り検査を始めた。7人の犠牲者が出た札幌市北区の高齢者グループホーム火災を受けた緊急検査。31日までに37施設を点検する。 検査は、カーペットやカーテンに燃えにくい防炎製品を使っているか、夜間の ...
札幌の認知症高齢者グループホームで7人が死亡した火災を受け、室蘭市消防本部は23日、市内の同ホーム8施設でつくる連絡会と室蘭市東町の中小企業センターで会合を開いた。同本部は防火安全対策の徹底とともに、平成23年度までに市内8施設でスプリンクラーが設置 ...
とおどけながらも、母親の介護疲れによるノイローゼなどとテレビで報じられていることについては「そこまで神経細くない!」と否定した。「永遠の健康があるほど、太い神経ではない! 自己健康管理ミスや」と説明している。 何週間も前から口内炎やヘルペスの症状が ...
美馬氏は「生活習慣病の予防が老化を防ぎ認知症の予防につながる」と述べた。講演要旨は次の通り。 髄液は1日に約500ミリリットル作られ、脳室や脊髄を循環して脳を守っている体液。これがたまったり、漏れたりすれば、認知症の原因となることがある。 ...
【沖縄】独り暮らし高齢者らの「地域の相談役」「見守り役」としての活動を目指す沖縄市生活・介護支援サポーター養成事業閉講式が19日、同市登川の特別養護老人ホームおきなわ長寿苑内(在宅介護支援センターのぼりかわ)で行われ、31歳から85歳までの32人に修了 ...
前年は1月に組織再編があり4月異動が少人数だったため、実質的には例年並みの規模という。 内訳は課長級7人、課長補佐級4人、専門員級12人、係長級29人など。新規採用は一般職1人、保育士1人、幼稚園教諭2人の計4人。 子育て支援に重点を置き、介護福祉課の ...
介護疲れによるノイローゼ説などを「そこまで神経細くない!」と一蹴している。 緊急入院が23日に明らかになった綾戸智恵だが、3月23日20時50分に日記を更新。「お騒がせしてすんません」と題した日記では、「まいど!綾戸です」とまずは彼女流の挨拶で始まり、「私は ...
県弁護士会と県社会福祉士会は23日、市町村の高齢者虐待防止策を支援するための「県高齢者虐待対応専門職チーム」を来月1日に発足させることで合意し、福島市の県弁護士会館で調印式を行った。全国では2008年8月末までに、23府県で同様のチームが設立されている ...
高取町土地開発公社(理事長・植村家忠町長)が保有する「福祉ゾーン」(同町兵庫)を、植村町長と密接な関係にある医療法人中川会(瀧村力理事長)が取得時の7分の1で落札し「出来レース」として大きな問題になっていたが、県が公募した「21年度特養・老健・特定施設の整備」 ...
母が白内障の手術を受けてからは、家にこもりがちな母親が寝たきりにならないようにと、トイレまで歩かせる歩行訓練を考えた。 事件があったのは、2008年10月。母親が、昼食前の歩行訓練を初めて嫌がって抵抗した。腹を立てた大石被告は、思わずほおや後頭部を計4 ...
檜山管内厚沢部町は新年度から、移住促進策の一環として、高齢者向けの介護付き住宅の建設に着手する。希望者の数にもよるが、町内に3棟で50~60戸分を建設予定。2011年12月の完成を見込む。 それによると、住宅の建設地は、町役場向かいの旧厚沢部高校跡地を ...
2010年03月23日()
同5時すぎ、綾戸が介護している老母が玄関外に出てきてマネジャーに「娘が起きない」と訴えたため、女性マネジャーが自宅に入りリビングでいびきをかき、爆睡している綾戸を発見したという。 自宅近くの病院に搬送後は胃を洗浄されるなどの処置を受け、意識も徐々に回復 ...
札幌市の認知症高齢者のグループホーム火災は、昨年の「静養ホームたまゆら」火災同様、消防設備や勤務体制の厳しい現実を浮かび上がらせた。迅速な改善は難しいが、防火点検や消防計画の充実など「今できる」取り組みはある。(飯田克志) 「スプリンクラーの設置、人の ...
札幌市の認知症高齢者のグループホーム火災は、昨年の「静養ホームたまゆら」火災同様、消防設備や勤務体制の厳しい現実を浮かび上がらせた。迅速な改善は難しいが、防火点検や消防計画の充実など「今できる」取り組みはある。(飯田克志) 「スプリンクラーの設置、人の ...
認知症を受け入れる社会づくりに取り組むミズの薬剤師・生嶋香里さん(33)は、認知症の原因や症状について解説し「まわりの人がやさしい言葉をかけてあげたり、助けてあげることが大切」とアドバイスした。 地球市民の会の大野博之事務局長(46)は、さまざまな境遇に ...
母親の介護をしながら歌手活動を続けているジャズシンガーの綾戸智恵(52)が精神安定剤を多量に服用したため入院していることが23日、明らかになった。 所属事務所によると、倒れたのは19日。熊本公演へ向かうためスタッフが都内の自宅へ迎えに行ったところ、眠っ ...
綾戸は脳梗塞の後遺症がある実母と2人暮らし。6年前から母を在宅介護をしており、介護疲れも一因のよう。早ければ24日にも退院し、27日の大阪・岸和田公演から復帰する。なお、19日の熊本公演は4月16日に振り替え、20日の福岡サンパレスの公演は中止になっ ...
月内に失効する負担軽減措置を継続するための介護保険法施行法改正案などの日切れ法案の早期処理も目指す。 自民党は23日、予算成立の条件として、外交・防衛に関する集中審議の実施に加え、首相と自民党の谷垣禎一総裁の党首討論を31日に開催するよう要求した。
介護が必要な人をうまく抱きかかえる動作やスポーツの訓練をはじめ、座り心地のよいイスの開発など様々な応用が可能とみており、企業と3年以内の実用化を目指す。 開発したのは「サイバーコピースーツ」。伸縮性や発汗性を持つスポーツ用のアンダーウエアの裏側に圧力を ...
認知症の妻の首を絞めて窒息死させたとして、殺人罪に問われた横浜市金沢区、無職小川鉄雄被告(78)の公判前整理手続きが23日、横浜地裁(久我泰博裁判長)で開かれ、公判期日を5月12日から同月17日までの計4日間に決定した。 地裁によると、起訴内容に争いはなく、 ...
成年後見制度の哀しい落とし穴—一番危ないのは身内!? (媒体での記事掲載終了)

今回も、前回に続いて高齢者に関する辛いお話です。

介護のプロが体の接触を利用していかに力を使わず人を抱き上げるかを解析して効率の良い介護方法を調べたり、ゲームやアニメーションの作成などに応用したりできそうだという。 開発したスーツは化繊と厚さ約5ミリのウレタン製。内部に圧力を感じる縦3ミリ、横4ミリの ...
[1]平成21年度介護保険制度改正、介護報酬改定に対応した改訂版です。 [2]第3版の発行に際しては、全体の構成を全面的に改め、解説編・実務編・資料編に分類して、薬局・薬剤師のための介護保険制度解説書として”「保険薬局業務指針」の姉妹本”ともいえる内容となって ...
要介護度別でみると、介護サービスを受けられない非該当や、要介護度が軽い要支援1、2の人でも、半数が転倒していた。 転倒を心配して「外出を控え」たり「家の中でしなくなった動作がある」人は、女性が43%と、男性の32%を上回った。
久宝留理子(40)といえば、「男」「早くしてよ」など1990年代にヒット曲を連発したロック歌手だが、夫ががんに襲われ、献身的な介護を続けている。夫は人気ロックバンド、SOPHIAのキーボード、都啓一(38)。血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」のため、4月 ...
そこでポイントとなったのは「高額療養費制度」です。高額療養費制度を利用すれば、たとえ医療費が高額になっても、限度額以上を自己負担する必要がありません。普通の市民であれば、1ヶ月の治療費がたとえ100万円かかったとしても、10万円未満の負担で事足ります。 ...
また、高齢者がこうしたトラブルに巻き込まれないよう、消費者庁は全国社会福祉協議会や全国地域包括・在宅介護支援センター協議会、全国ホームヘルパー協議会、社団法人認知症の人と家族の会、財団法人日本消費者協会、主婦連合会など主な関係団体に対して協力を要請 ...
らっくる号は2両連結型のバリアフリー車で、高齢者や体の不自由な人でも利用しやすいよう、乗降口が路面に近く、車内には段差がない。函館市電は2007年3月から1号車を運行しており、これが2台目となる。 イベントには21人が参加。今月1日に行われた車両搬入の ...
右京署によると、クニさんは認知症で、雅彦さんが書いたとみられる「介護で疲れた」との遺書が見つかった。 右京署によると、山本さん方は、クニさんと長男夫妻、雅彦さんの4人暮らし。近くの店員女性は「おばあさんと息子さんが時々散歩していたが、ここ2カ月ほど姿を ...
今回、会員数33万名の「ココミル」で、「介護に対する意識について」のアンケートを行った。その結果、介護されたい人は、男性が配偶者、女性が介護職員や子どもであることがわかった。また、介護サービスの認定基準を、「緩和して認定すべき」が60代では50代に比べ減少し ...
市にボランティア団体の登録をして、4月から小学校、宅老所、デーサービスのある高齢者福祉施設などに出向き、絵本、童話、エッセーなどの朗読会を始める。すでに15カ所から依頼を受けた。 同市大山田3丁目の主婦若山昌子さん(66)は、自分の孫が幼い頃、枕元で ...
県内のグループホーム職員らが集まる「ケア実践発表会」が22日、羽島市文化センターであり、400人が認知症の理解を深めるなどした。 横浜ほうゆう病院(横浜市)の小阪憲司院長が、三大認知症の一つ「レビー小体型認知症」について講演。幻想や攻撃的な言動、睡眠 ...
2010年03月22日()
【小山】市は新年度から、高齢者の社会参加と介護予防推進を目的に「介護ボランティア支援事業」を始める。市内27カ所の「いきいきふれあいセンター」でのボランティア活動にポイントを与え、年間のポイント数に応じて最大5千円相当の「おやまブランド品」などを贈る。 ...
白黒テレビや古い家具を置いて「昭和30年代の生活」を再現し、お年寄りの心や脳を刺激する老化予防法「回想法」に、鞍手町新延の介護施設「りんごデイサービス」(柴田康理事長)が取り組んでいる。8畳のレトロな空間では、お年寄りたちの会話が弾み、「若いころを ...
認知症の人などの財産管理を代行する「成年後見制度」で、一般市民の後見人への登用が伸び悩んでいる。養成や運営に手間がかかり、自治体が及び腰なためだ。介護保険とともに高齢化社会を支える車の両輪として制度… "プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくに ...
池田容疑者は「介護に疲れ、妻がかわいそうになってやった。自分は死にきれなかった」と容疑を認めているという。 同署によると、池田容疑者は21日午前0時から午後6時50分の間に、自宅1階の寝室で、妻の京子さん(69)の首を絞めて殺した疑いが持たれている。 ...
福島市の花見山を高齢者や障害者に楽しんでもらう、介助ボランティアサービスが4月3日から始まる。 ボランティアスタッフ希望者とサービス利用の事前予約を受け付けている。 NPO法人ふくしまバリアフリーツアーセンターの主催。 春の観光シーズンを多くの人に楽しん ...
その結果、寝たきりの妻や親を虐待する、さらに深刻になると心中事件を起こしてしまうといった例が、近年散見される。こうしたことを未然に防ぐためにも、介護をしている男性という当事者に働きかけるのである。 上記二つの事例は、いずれも社会福祉協議会が、地域 ...
三重県警伊勢署は22日、介護していた妻を殺害したとして、殺人の疑いで三重県玉城町矢野、無職池田雅純容疑者(72)を逮捕した。「半身不随の寝たきり状態だった妻の介護に疲れた。妻がかわいそうになった」と容疑を認めているという。 逮捕容疑は21日午前0時から ...
認知症や認知症が疑われる人の日常生活について、本人、家族、支援者の3者に答えてもらう「認知症・生活支援アンケート」が、認知症の程度や家族の介護負担を推定する新しい手段として注目されている。3者の回答を比較することで家族と支援者らの間で共通理解を図り、 ...
出来島が勤務する新発田市役所高齢福祉課の小池節子高齢福祉係長は「仕事が終わってからも走り込んだり、休みのたびに遠征に出掛けたりと、黙々と練習に励んでいました。帰ってきたら、おめでとう、よく頑張ったねと、褒めてあげたいです」と、今大会2度目の入賞をたたえ ...
2010年03月21日()
ヘルパー派遣やデイなどの在宅と、特別養護老人ホーム(特養)をはじめとする施設サービス。2006年から「地域密着型サービス」が加わった。認知症になっても、住み慣れた地域にある小規模な施設やグループホームを利用して暮らし続けられる。 ...
高齢化社会の進行に伴い、県内で「高齢者専用賃貸住宅」が急増している。21日現在で34物件、623戸が県に登録され、戸数は昨年3月末時点の1・6倍となった。有料老人ホームに比べ事業化のハードルが低く、多様な業種が新規参入。食事や介護のサービスを受けられる ...
また、高齢者がこうしたトラブルに巻き込まれないよう、消費者庁は全国社会福祉協議会や全国地域包括・在宅介護支援センター協議会、全国ホームヘルパー協議会、社団法人認知症の人と家族の会、財団法人日本消費者協会、主婦連合会など主な関係団体に対して協力を要請した ...
精神分裂病を統合失調症、痴呆(ちほう)症を認知症と表記を変えたのは言葉の正確さだけでなく、呼ばれる側の痛みの反映でもあった。 鳩山首相は一月の施政方針演説で、障害者を「努力を必要とする人」という意味の英語「チャレンジド」と呼んだ。首相なりの発議だったの ...
夫は「介護に疲れた。自分は死にきれなかった」と話しており、同署は無理心中の可能性もあるとみて夫から事情を聴いている。 同署によると、妻はあおむけの状態で布団をかぶっていて、首には絞められたような跡があったという。夫は意識がもうろうとした状態で ...
精神分裂病を統合失調症、痴呆(ちほう)症を認知症と表記を変えたのは言葉の正確さだけでなく、呼ばれる側の痛みの反映でもあった。 鳩山首相は一月の施政方針演説で、障害者を「努力を必要とする人」という意味の英語「チャレンジド」と呼んだ。首相なりの発議だったの ...
... 徘徊(はいかい)防止用の施錠や違法な増改築が発覚し、理事長らが先月、業務上過失致死容疑で逮捕された。焼死した10人中6人は東京都墨田区から生活保護を受けていたこともわかり、東京では貧しい高齢者の受け入れ施設が足りない深刻な実態が明らかになった。 ...
そのようななか,治療費の高額化や患者の失業率の増加などによる経済的な問題,高齢化などから生じる社会的な問題など,がん患者・家族を取り巻く厳しい現状が明らかになっている。 本紙では,がん患者が安心して必要な医療を受けることのできる社会を構築するために, ...
県ではこうした状況を受けて高齢福祉課と住宅課が連携し、10年度に県営団地2、3カ所をモデル地区として指定し、調査を開始する方針。プライバシーに配慮して家族などからの聞き取りは行わないが、団地の住民や、民生委員から孤独死に至った経緯などを調べるという。 ...
大阪府警寝屋川署は21日、無理心中を図るため自宅に放火しようとしたとして、現住建造物等放火未遂の疑いで、大阪府寝屋川市萱島東、介護士、野沢美智子容疑者(62)を送検した。 寝屋川署によると、野沢容疑者は、現場3階にいた長女で美容師、戸田小百合 ...
県内の個人・団体による優れたユニバーサルデザイン(UD)の取り組みを県が表彰する「第4回県UD大賞」の受賞者・団体が決まった。年配層向けにインターネット講習会などを開いているNPO法人「シニアネット佐賀」(佐賀市)が最優秀賞の知事賞を受賞した。 ...
群馬県は18日、前橋市の県昭和庁舎で今年度創設した「ぐんま認定介護福祉士制度」の、第1期となる認定証交付式を開催した。今年度の認定試験は、高齢者施設に勤務する61人が合格した。 同制度は、介護現場のリーダーとして必要な知識・技能を有する介護福祉士を養成する ...
琉球大学(西原町)医学部の学生が付属病院内での介護支援ボランティア活動に取り組んでいる。医師や看護師を目指す学生が現場で患者と触れ合い、職業意識を培う場として、大学関係者の期待を集めている。 ボランティアの主な業務は病院待合所での外来患者の案内や病棟で ...