介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年03月20日()
◎『介護保険は老いを守るか』沖藤典子著(岩波新書・840円) 平成12年にスタートした介護保険は「介護の社会化」「高齢者の自立支援」を標榜してきたが、複雑な仕組みや現場の人材不足などで、いつまでたっても「適正化」の嵐にさらされている。 ...
パネリストを務めたケアマネジャーは、父親の介護疲れで自殺した男性の事例を報告し、介護に悩む家族にどこまで介入すべきかなど、対応の難しさを打ち明けた。 神戸市と同市医師会が主催し、約100人が参加した。同市ケアマネジャー連絡会代表理事で、地域包括支援 ...
札幌市北区の認知症グループホーム「みらい とんでん」で高齢の入居者7人が死亡した火災で、施設管理者の女性(58)=同市西区在住=が20日、北海道新聞の取材に初めて答え、「謝っても謝りきれない。一生背負っていかなければならないと思っている」と、入居者や ...
ソファで本など眺めて過ごし、介護士さんと一緒に夕食を準備し、それに疲れたら、庭で草むしりでもする。 「私も、いざとなったら、ここに入りたい」と思うのは、家での暮らしに近い医療や介護。なぜ、それが当たり前にならないかを問うと、たいてい同じ答えが返ってくる ...
砺波広域圏砺波消防署は「春の火災予防運動」が始まった20日、砺波市山王町の高齢 者福祉施設「ちゅーりっぷの郷」で消防訓練を行い、施設を管理するとなみ野農協職員約 20人が万一に備えた。 7階の居室から出火したという想定で行われた。職員が手分けし、消火器で ...
鳩山由紀夫首相は20日、都内の老人介護施設を視察した。リハビリに励む入居者に「どうですか」と声をかけた際には、逆に「あなたも頑張って」と励ましを受ける場面も。一般の住宅を改装し、グループホームとして活用している施設も見学。視察後、首相は記者団に「中に入っ ...
日本認知症グループホーム協会・神奈川県支部の設立総会が20日、横浜市開港記念会館(中区本町)で行われた。 同協会は1998年に「全国痴呆性高齢者グループホーム連絡協議会」として発足し、NPO法人化を経て昨年社団法人となった。現在は公益法人化の申請中で、 ...
医療・介護、教育、環境などの分野でITを活用しデータべ-スを一元化し社会保障と税の共通番号制度導入に向けたシステム整備を図る。ただプライバシー保護が導入における最大の課題となっているが、情報漏れ防止などのシステム整備を検討している。
鳩山由紀夫首相は20日、東京都内2カ所の高齢者介護施設を視察した。写真はグループホームの利用者らと懇談し、イチゴをプレゼントされる鳩山首相(左)(品川区の「小山倶楽部、グループホーム小山」、代表撮影) 【時事通信社】
花巻市は4月1日から、新たな高齢者福祉サービス事業「湯のまちホット交流サービス事業」を開始する。65歳以上で構成する市民のグループを対象に原則として平日の昼間、市内の温泉の入浴料などを無料にする。利用予約が始まっており、同市は活用を呼び掛けている。 ...
... と、改めてそう感じました」 「それからきょうは2カ所、すばらしい施設を拝見しました。1つは老健(老人保健)施設でありましたけれども、この老健施設、いわゆる2つとも(品川)区のほうで、公設で民営というスタイルでですね、一生懸命みなさんやっておられる。 ...
鳩山由紀夫首相は20日午前、社会保障政策づくりに生かすため、東京都品川区内にある高齢者の介護施設やグループホームを視察した。リハビリに取り組む入所者を励ました際には、逆に政権運営を心配されてか「頑張ってください」と声を掛けられる場面もあった。 ...
昨年春、横浜市に認知症予防スタジオを開き、施設や地域で、認知症予防の体操や音楽療法を展開している。 もともとは葬送アドバイザー。自分らしい葬儀をしたい人のために葬儀の演出や費用の相談に応じている。たくさんの人の最期に立ち会い、葬儀の相談に応じているなか ...
今月13日に札幌市北区で発生した高齢者グループホーム火災を受け、習志野市消防本部は25日まで、市内18カ所の高齢者グループホーム、有料老人ホームなどの緊急立ち入り検査を実施している。 検査では、各施設での夜間勤務者の管理体制、火気使用状況、消防用設備の ...
東京大法学部卒業後、1971年に旧厚生省(現・厚生労働省)入省。老人福祉課長、官房長などを経て厚生労働事務次官を務めた。2009年から東京大高齢社会総合研究機構教授。滋賀には1980年から3年間、県社会福祉課長として出向。62歳。
室蘭市主催の認知症サポーター養成講座が19日、室蘭市港北中学校(斉藤淳一校長)で開かれ、同校1年生100人が認知症について学んだ。 講座では認知症に対する認識高め、接し方を学んでもらうのが目的。最初に市介護福祉課の職員らが「高齢化率は29・3%、認知症 ...
サルの被害は高齢者の生きがいや楽しみを奪っている」と論文で訴えている。 愛育班は、天皇陛下のご誕生(1933年)を機に、社会福祉法人「恩賜財団母子愛育会」が設立され、母子の健康と福祉向上などを目的に全国的に組織された。 小代区愛育班では高齢者への声掛け ...
高齢者の健康増進や介護予防のための富山市複合福祉施設の起工式が十九日、同市星井町の建設予定地(星井町五番町小学校跡地)であった。二〇一一年度内に開館予定。 施設は、敷地が約七千五百平方メートル、建物は二階建て約五千平方メートル。介護予防施設と中央保健 ...
同署は、札幌市内のグループホームで十三日に認知症の高齢者七人が死亡した火災が発生したのを受けて、市内のグループホームへ特別査察に入っている。粟村弘署長は「春は空気が乾燥して火災が起きやすい。火の扱いには十分注意してほしい」と話した。 (山本真士)
独自で追悼式を開いていない神戸市は継続を求めたが、同市からの参加も少ないことなどから、中止が決まった。 篠山市は毎年10月、市主催の戦没者追悼式を開いており、「一本化によりさらに充実した内容にしたい」とする。神戸市高齢福祉課は「2010年度は県による ...
2010年03月19日()
昨年六月以降、有志六人と月一回、特別養護老人ホームなどで高齢者の話し相手になり、直接触れ合う活動を続けている。 今月十三日には札幌市の認知症グループホームで七人が死亡する火災があった。繰り返される悲劇に、矢野さんは「一年たっても何も変わっていない」と ...
国民目線を前提に、電子政府や医療・介護、教育、環境などの分野でICTの利活用を推進することを柱に、日本の経済成長戦略の一環とする。5月をめどに同戦略を実施するための工程表(スケジュール)を策定する方針だ。 骨子案では、重点テーマの3本柱として(1)国民 ...
東北は高齢化が急速に進んでおり、高齢者が暮らしやすいように家をバリアフリー改装したり、庭づくりを楽しんだりする需要を取り込む。 青森県八戸市、弘前市と青森市の主力店にリフォーム担当者を配置した。まず八戸長苗代店を改装し、リフォームやエクステリア、庭園 ...
もし、たまゆらがなかったら、おそらく路上で凍死していたかもしれないし、行くところがないわけですよね」(法政大学現代福祉学部・山岡義典 教授) 数多くの人が亡くなった悲劇の一方で「たまゆら」を燃やした火は、介護が必要になった低所得の高齢者の現実を照らし出 ...
札幌市内の認知症高齢者グループホームで入居者7人が死亡した火災の発生を受け、小田原市消防本部は19日までに、市内の同型グループホームなど13施設を立ち入り検査した。 立ち入り検査は15日から17日まで行われた。消防署員が各施設を訪れ、消火器の配置や誘導灯の作動 ...
障害者や高齢者を雇用するなど、地域や社会への貢献を視野に入れた「福祉型農業事業」を展開するため、今年4月に同施設を設立し、産学官の協力による植物工場で野菜などの生産・販売をスタートさせる。 同施設は廃校となった小学校を利用し、ネギやキノコ類の栽培や菊 ...
今月13日には札幌市のグループホームで7人が死亡する火災が発生するなど、高齢者福祉施設の実態改善が進まない状況に胸が痛む。「30代で脳卒中を患い、以来ずっと福祉行政の世話になってきた。ぜいたくをいうつもりはないが、当直職員の数を増やすなど、防災態勢の ...
札幌市北区の認知症グループホームで、7人が死亡した火災を受け、札幌市は消防局、都市局、保健福祉局の合同プロジェクト会議を立ち上げました。 この会合は、今月13日に起きた認知症グループホームの火災で、札幌市の縦割り行政の弊害が浮き彫りになったことから、情報を ...
介護疲れから叔父の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた大阪府枚方市の無職女性(47)の控訴審判決公判が19日、大阪高裁で開かれた。湯川哲嗣裁判長は「ベルトで首を絞めたとするには合理的な疑いが残る」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑 ...
低所得で介護が必要な高齢者が暮らせる受け皿の整備について考える集会が19日、東京都内で開かれ「地域でお年寄りを支える仕組みが必要」との声が上がった。 東京都墨田区から移り住んだ生活保護受給者6人を含む10人が犠牲となった老人施設「たまゆら」(群馬県渋川 ...
グループホーム火災で7人の犠牲者—空疎に響く首相の「命を守りたい」 (媒体での記事掲載終了)

3月13日未明、札幌市の認知症グループホームで火災が発生し、7人の入所者が死亡しました。

札幌市の認知症高齢者グループホームから発生した火災で入居者など男女7人が死亡したのを受け、 和歌山市消防局は18日までに認知症高齢者グループホームや特別養護老人ホームなど市内約70カ所の小規模福祉施設を特別査察し、 自動火災報知設備など消防設備の早期設置を ...
建物全体を切妻屋根だけで構成 (媒体での記事掲載終了)

自然体験活動の指導者を育成するための施設。約100mの長さを持つ切妻型の屋根だけで建物全体を構成する。すべての部屋をスロープでつなぎ、ユニバーサルデザインとする。建物の内外には木材をふんだんに使用する。

今月13日に北海道で起きたグループホーム火災を受けて奈良市消防局は3月15日から、市内のグループホームの立ち入り検査を開始した。18日は、「なら清寿苑」(奈良市田中町)を訪れ立ち入り検査を実施、防火意識の向上を訴えた。 検査は、防火管理面や防火設備の設置状況を ...
道認知症高齢者グループホーム協議会(札幌)によると、地域住民と連携した同様の取り組みは、法的規定がないものの、全道で広がり始めているという。 なごみ浜中は入居者の各居室にもスプリンクラーを設けているが、藤山敏子施設長は「職員の力だけでは、お年寄り全員を ...
みんなでつくるユニバーサルデザイントイレマップ「Check A Toilet」を運営する特定非営利活動法人Checkは、トータルナビゲーションサービス「NAVITIME」を提供する株式会社ナビタイムジャパンへ、車いすの方・高齢者、または小さな子どもを連れた家族が主に利用する「多 ...
... 五郎被告(85)と、理事久保トミ子被告(73)を起訴した。死者10人のうち6人は、東京都墨田区が送り出した生活保護受給者だった。 13日には札幌市のグループホームで起きた火災で7人が死亡しており、お年寄りが暮らす施設での安全確保が急務になっている。
生活保護受給者ら10人が犠牲となった高齢者施設「静養ホームたまゆら」の火災から今日19日で1年。家族の支援が受けられず、生活に余裕のない高齢者の受け皿が見つかりにくい現状は変わらない。渡辺洋介、遠藤隆史、新宅あゆみが現場を歩いた。
長妻昭厚生労働相は19日午前の閣議後会見で、経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア、フィリピン両国からの看護師・介護福祉士研修生受け入れに関連し「難解な日本語については言い換えができないか(有識者による)試験委員会で検討いただく」と述べ、研修生が ...
まず2班に分かれ、1班は独り暮らしと高齢者がいる家の避難指導を優先した。もう1班は小学校にストーブやテレビを運搬し避難者の受け入れ態勢をとった。 独居世帯や高齢者の状況を把握している民生委員を中心に3人1組で高齢者宅を回ったが、「2人で寝たきりのお ...
介護の知識や技術を学ぶ「くらしに活(い)かす介護教室」が18日、京都府向日市寺戸町の市福祉会館で開かれ、在宅介護やボランティアなどに取り組む市民約20人が参加した。 市社会福祉協議会が地域での高齢者支援に役立つ知識を学んでもらおうと企画した。 ...
... 五郎被告(85)と、理事久保トミ子被告(73)を起訴した。死者10人のうち6人は、東京都墨田区が送り出した生活保護受給者だった。 13日には札幌市のグループホームで起きた火災で7人が死亡しており、お年寄りが暮らす施設での安全確保が急務になっている。
7人が焼死した札幌市北区の高齢者グループホーム「みらい とんでん」の火災を受け、北海道認知症高齢者グループホーム協議会は18日、札幌市内で緊急の理事会を開き、施設の防火対策について話し合った。会員施設にアンケートを実施し、スプリンクラーの設置状況など ...
東三河と遠州(静岡県)、南信州(長野県)の県境をまたぐ三遠南信地域で、中山間地振興、介護といった生活関連分野の担い手を育てる連携事業が始まる。関係市町村や経済団体などでつくる三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)が17日、内閣府公募の地域社会雇用 ...
臼杵市保険健康課は、認知症に関する知識をウェブ上で学べる「認知症学(まな)ブック」を作成した。 同市では2006年から市職員や市内の事業所、団体の職員、中高生を対象に認知症サポーター養成講座を開いている。これまでに延べ約1800人が受講したが、仕事など ...
2010年03月18日()
高齢者介護の現場に携わる人材を再評価する目的で、県が独自に新設した認定制度「ぐんま認定介護福祉士」の二〇〇九年度の認定試験に、県内の高齢者施設に勤務する六十一人が合格した。十八日に前橋市の県昭和庁舎で認定証が授与された。県によると、都道府県単位で介護 ...
陸前高田市社会福祉協議会(佐々木廣道会長)は、県立大学(中村慶久学長)や県社協(菅三郎会長)などが構築した高齢者の安否確認システム「いわて〝おげんき〟みまもりシステム」の実施を今月中に開始する。市内の1人暮らし高齢者の参加を募っている。 ...
予算案の修正をめぐっては、市と各会派との調整も進められている。十九日の本会議で、当初予算案の採決の行方は流動的な情勢だ。 当初予算案は、昨年六月に初当選した熊谷俊人市長が初めて編成。高齢者らの福祉施策を含め、事業を大幅に見直している。 ...
札幌で起きたグループホームの火災を受けて、国土交通省は都道府県に対し、認知症の高齢者を対象としたグループホームに立ち入り検査を行うよう指示しました。 今月13日、札幌市のグループホームで7人が死亡した火災では、建物の用途を住宅からグループホームに変更 ...
事件や判決を通して認知症を学ぶ港北中の1年生。認知症の脳の写真などを見て病気への理解を深めた 【室蘭】認知症の母親をなぜ殺害したのか-。室蘭市立港北中で17日、介護疲れと生活苦から息子(54)が認知症の母親(86)を殺害した京都の事件を通し、認知症を ...
道内のグループホーム事業者らが急遽、札幌に集まり、今後の防火対策などについて話し合いました。 札幌市北区の高齢者向けグループホームで7人が死亡した火災ー。行政の対応について、新たな事実が明らかになりました。 (札幌市消防局)「(施設側から)消防計画が届け出され ...
134人が避難です。18日午前、金沢市内の介護老人保健施設で天井裏から煙が上がり、入所者ら134人が避難する騒ぎがありました。けが人はいませんでした。午前8時40分ごろ金沢市田中町の田中町温泉ケアセンターで、職員が施設に設置された火災受信機の「漏電」の ...
次回以降の議題として病院からはケアマネジャーに対し、介護保険利用状況やケアプランなどについて情報を提供してほしいとの要望があった。ケアマネジャーは、独自に取り入れている主治医との連絡票を紹介。メリットや問題点を説明した。 初山代表は「本音で意見をぶつけ ...
もともと「食」に関心が高く、親類が宅老所を始めたことから、「お年寄りにとって食事は一番の楽しみ。食の知識を基礎から学びたい」と栄養士の資格取得を目指した。定年退職した2008年4月、佐賀短大(現・西九州大短大部)に入学。同大の歴史で”最年長”の新入生だっ ...
高齢者や障害者が円滑に移動するためのバリアフリー化計画について、2009年3月時点で約74%の市区町村が作成する予定がないと回答したことが、18日までの国土交通省の調査で分かった。07年9月時点から約3ポイント悪化し、整備が進まない実態が明らかになった。 ...
広島県は、認知症の診療・相談ができる専門医やかかりつけ医を「オレンジドクター」と名付け、所属する医療機関に認定プレートを掲げてもらう取り組みを始めた。患者や家族が気軽に相談できるようにするのが狙い。 オレンジドクターの認定は、認知症の初期症状の発見に ...
江津市の済生会江津総合病院は、看護師7人が退職するため4月から一般病床220床のうち48床を休止する。昨春の看護師減員と療養病床休止に続く2年連続の態勢縮小だが、病院は入院制限はせず救急態勢も維持するとしている。 同病院には現在、常勤看護師134人、 ...
同校には福祉学科と歯科衛生学科の2学科があるが、歯科衛生学科の3年制移行により、今回は福祉学科のみの卒業式となった。 石川学院長は卒業生全員に卒業証書を手渡した後、「高齢社会の担い手として果たす役割は大きい。困難から逃げず、正面から向き合ってほしい」と ...
NPO法人県認知症グループホーム協議会(森重勝会長)は県内の同ホーム157施設を対象にスプリンクラーの設置調査を進め、17日現在で設置しているのは22施設で2割程度にとどまっていることが分かった。 設置義務猶予期限の平成23年度末までには7割超となる ...
札幌市の高齢者向けグループホームの火災で、7人が死亡した。全員が入居のお年寄りとみられる。痛ましい限りだ。やはり高齢者7人が犠牲となった2006年1月の長崎県大村市のグループホーム火災を思い出さずにはいられない。 大村の火災を機に消防法が改正され、防火 ...
札幌市の認知症高齢者向けグループホームで7人が死亡した火災を受け、県内でも消防署が福祉施設への立ち入り検査をしている。秋田市消防本部は17日に開始。消防設備を確認し、深夜の火災を想定した避難訓練や防火対策の徹底を指示した。 秋田市河辺三内の「グループ ...
職員も入居者の部屋を調べたり、うちの職員が食事を用意する様子を見たりしていた」 ――難病を抱えていたり、自立歩行が困難だったりと要介護認定を受けている高齢者を何人も受け入れていた。「福祉は金になる」と考えていたのではないですか。 「違う。 ...
遠州(静岡県)東三河(愛知県)南信州(長野県)の県境をまたぐ三遠南信地域で、中山間地振興、介護といった生活関連分野の担い手を育てる連携事業が始まる。関係市町村や経済団体などでつくる三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)が17日、内閣府公募の地域 ...
福井市や永平寺町の60~70代男女のグループ「つぼみ会」が、同じお年寄りたちを元気づけるため、介護福祉施設などで歌や踊りを披露するボランティア活動を展開中だ。楽しいひとときを演出しようと、メンバーは熱心に芸を磨いている。 つぼみ会は、会長を務める渡辺 ...
福祉分野の求職者を対象にした「介護のしごと就職フェア」が16日、香川県高松市花ノ宮町3丁目のハローワーク高松であり、参加者はセミナーや面接会を通じて、介護職の仕事内容や求人などの情報を収集した。 フェアは、人材が不足する介護現場に関心を深めてもらお ...
同時に高齢者が宿泊可能な259施設にも、火災時の避難などの体制確保を依頼する文書を出し、注意を促した。 東部消防局は、認知症高齢者グループホーム16施設を再点検し、暖房や喫煙所の管理の確認を済ませた。中部消防局は管内四つの消防署と分担して、福祉施設58カ所 ...
高松市消防局管内(高松市、三木町、綾川町)の認知症高齢者グループホームなど小規模社会福祉施設のうち、防火設備基準の強化でスプリンクラー設置が義務づけられた施設の6割がまだスプリンクラーを設置していないことが、同局のまとめで分かった。 ...
東京都三鷹市に念願の介護施設「だんらんの家 三鷹」を開所した女優の三原じゅん子(45)が、13日未明に札幌市の認知症グループホームが全焼した事件についての見解を綴っている。 実父を介護する母親の姿を見てきた三原は、2008年7月に子宮頸がんの手術を受け、自らが ...
瑞子さんは認知症で徘徊(はい・かい)などの症状があった。 弁護側は、何らかの方法で首が絞まってしまった「介護中の事故」と主張したが、伊東裁判長は「誤って首に手がかかっても殺意がなければすぐに手を離すのが普通」とし、被告が妻の首を強く圧迫し続けたと推認 ...
7人が焼死した札幌市北区の高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」の火災。防火設備や夜勤態勢が「とんでん」と同じような施設も多く、道内の福祉関係者の多くは「ひとごとではない」と口々に話す。惨事を繰り返さないためには何をすべきなのか。 ...
札幌市の認知症高齢者向けグループホームで7人が死亡した火災を受け、倉敷市消防局などは17日から、市内の小規模(延べ床面積1000平方メートル未満)の社会福祉施設などを対象とした特別査察を始めた。4月9日までに計68施設の立ち入り検査を実施し、防火管理 ...
2010年03月17日()
認知症の原因となる疾患別に、運転で生じる問題点なども解説。患者と家族の側に立って、運転中止に向けたアドバイスをしている。インターネットで無料ダウンロードできる。(佐藤好美) 「のんびりいこうよ」を連載中の漫画家、赤羽みちえさんは父親の生前、運転をやめ ...
神戸製鋼所(神戸市中央区)は春闘の労使交渉で17日、育児・介護休業法改正で6月から日数が拡充される小学校就学前の子どもの看護休暇と、介護休業とは別に新設される介護短期休暇を有給にすると回答した。いずれも給与に関する法規定はないが、労働組合側の要求に応え ...
介護保険制度が二〇〇〇年に始まって、四月で丸十年。介護の風景を一変させた制度の足取りを振り返りつつ、制度の今を四週に分けて伝える。初回は制度の入り口「要介護認定」について。 (佐橋大) 「必要なときに、必要な介護サービスを受けられると思っていたのに」。 ...
男女7人が火災で死亡した札幌市北区の認知症グループホーム「みらい とんでん」が、未提出との指摘を受けていた消防計画を、実際には作成し、札幌市保健福祉局に提出していたことが17日、明らかになった。 市消防局は火災発生後の会見などで、ホームを運営 ...
2008年に第33回創作テレビドラマ大賞(日本放送作家協会主催)の最優秀作品に選ばれた脚本「まいど238号」をドラマ化した。 津川雅彦演じる東大阪の町工場経営者は、発明家でもある。彼の妻の認知症や孫の引きこもりなどを折り込みつつ、介護の厳しい実態や家族愛を描く。 ...
認知症の妻を殺したとして殺人罪に問われた山形県鶴岡市松根、旧櫛引町議の無職佐藤敏雄被告(78)に、山形地裁は17日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。無罪を主張した弁護側は「控訴は被告と相談して検討する」と述べた。 ...
社会福祉法人芳寿会の老人福祉施設「ふれあいセンター菰田」(飯塚市菰田)で17日、化粧品メーカーの営業部員らによるメークアップ講習会が開かれた。参加した高齢者は、次第に華やかさを増す自分の顔に喜びを隠せない様子で「これからデートに行こうかな」とちゃめっ気 ...
若年性認知症になった夫との日々を記した「あなたが認知症になったから。あなたが認知症にならなかったら。」の著者、越智須美子さん(福岡市)による講演会が22日(月)午後2時から、小郡市大板井の文化会館で開かれる。無料。 演題は「穏やかに笑っていたい。 ...
パナソニックは17日、2010年春の労使交渉で、退職者の復帰制度の創設や介護休暇制度の拡充で合意したと発表した。出産などでやむを得ず退職した社員に復帰の道を開いて優秀な人材の確保につなげるほか、仕事と介護の両立がしやすい環境を整える。 出産や育児を理由に退職 ...
かつて老人介護施設を視察した岡部は、介助があればまだ立てる人までが、寝かせきりにされてオムツを交換をされる現状に衝撃を受け、「寝たきり高齢者ゼロ」を目指してこの新商品の発売を提案したのだった。ところが、白井が介護施設でサンプルを配ったところ介護士からは ...
札幌市で7人が死亡した認知症グループホーム火災など、高齢者施設の被災が後を絶たないことについては「責任者の資質が問われている。わたしには資質がなかったし、それがなければ手を出すべきではないと今は思う」とも。 19日で火災から1年。 ...
横浜市は13、14日、市内の認知症高齢者グループホーム265施設と小規模多機能型施設40施設の計305カ所を個別に訪問し、注意喚起した。 札幌市の認知症高齢者グループホームで7人が死亡し2人が重軽傷を負った火災が起きたことを受けての対応。 ...
特養ホームを運営する社会福祉法人惠伸会(竹内惠司理事長)からは、クラス全員に感謝状が渡された。 同組の児童は5年生だった一昨年夏、同ホームを訪れ、車いす利用者の気持ちを学ぶ「総合的学習の時間」に取り組んだ。 この車いす体験をきっかけに、児童の間 ...
札幌市の認知症高齢者グループホームの火災を受け、茅ケ崎市は17日までに、市内の認知症高齢者グループホームに対して立ち入り検査を実施した。改正消防法で2012年3月までにスプリンクラーの設置を義務付けられている施設のうち、設置済みだったのは1施設のみだった ...
同病院ではこのほか、療養病床(40床)が看護師不足により昨年4月から休止状態だが、再開のめどは立っていない。また、今年4月から外科、小児科、放射線科の医師計3人の減員に伴い、外科の外来診療が週5日から週4日となるなどの影響が出るという。 ...
「危険学」が変える医療安全対策 (媒体での記事掲載終了)

現在の日本は、急速な少子高齢化と生活環境の多様化により疫病構造が変貌しています。一方、医療技術はますます高度専門化・複雑化し、医師・薬剤師・看護師・コメディカル・事務職員など医療に従事する幅広い関係者を巻き込む失敗や危険の要素が増大してい…

県が、介護保険制度の「要支援」「要介護」認定を受けている人について推計した結果では、65歳以上の認知症高齢者は05年は2万6千人だったのが、15年には3万9千人まで増加するとされている。独り暮らしや夫婦だけで暮らす高齢者の世帯数も9万3千世帯(05年) ...
住宅エコポイント制度の期限延長など提言、経団連 (媒体での記事掲載終了)

2010年末までの時限措置となっている住宅エコポイント制度について、期限延長を求める提言を、日本経団連が3月16日に発表した。ポイント制度の対象を、住宅の耐震化やバリアフリー化に資する新築、改築などに拡大することも求めている。

国土交通省は17日、高齢者や障害者が利用する施設が多い地区の整備方針を地方自治体が定める「バリアフリー基本構想」について、作成済み、または作成予定としている市区町村が、昨年3月末現在で全国の26%にとどまっているとの調査結果を発表した。 ...
国土交通省は17日、高齢者や障害者が利用する施設が多い地区の整備方針を地方自治体が定める「バリアフリー基本構想」について、作成済み、または作成予定としている市区町村が、昨年3月末現在で全国の26%にとどまっているとの調査結果を発表した。 ...
同署によると牧野容疑者は妻と2人暮らし。牧野容疑者はロープで妻の首を絞め意識がなくなったようにみえたため119番に通報。その後、自らも首をつって死のうとしたが失敗、駆け付けた同署員が逮捕した。牧野容疑者は動機について「認知症を患う妻の介護に疲れた」と話し ...
高齢化が進み、介護食への関心が高まる中、佐賀市の佐賀女子短大で17日、介護食事体験が開かれた。第一線で活躍する調理師の指導を受け、高校生ら14人が手早くできておいしい介護食作りを体験した。 講師は、デイサービス吹上荘(鹿島市)の調理師松本喜美子さん。 ...
札幌市の認知症高齢者グループホームが13日未明に全焼し7人が焼死した火災を受けて、福知山市消防本部は16日、惨事を繰り返さないようにと、市内の老人福祉施設を訪れ、防火対策の徹底を呼びかけた。 最初に訪れた大門の特別養護老人ホーム豊の郷では、福知山消防署予防課 ...
鳩山由紀夫首相は17日午前、都内で開かれた日本国際問題研究所主催のシンポジウムであいさつし、東南アジアからの介護福祉士・看護師の受け入れ拡充に意欲を示した。 首相は、難解な漢字が多用される国家試験が外国人の合格を阻む壁となっていることについて「日本語の ...
札幌市で死者7人を出した認知症高齢者の小規模グループホームの火災。徳島県内の小規模高齢者施設も、スプリンクラーがなかったり、夜間の当直職員が1人だったりと共通点が目立つ。こうした小規模施設は、財源が豊かとは言えず、職員数も少ないため、「防火体制を整え ...
松阪地区広域消防組合は16日、管内(松阪市、多気町、明和町)で認知症高齢者らが入居する施設を緊急に立ち入り検査した。13日に札幌市北区屯田の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」で7人が死亡した火災発生を受けて実施した。 ...
【大田原】市は、地域全体で高齢者らを支援する見守りネットワークとして「黒羽見守り助け合い隊」を16日、発足させた。住民や社会福祉協議会、学生、協賛企業などが連携し、声掛けや安否確認から買い物代行、ごみ出し代行など必要とする生活をサポートする。 ...
整備の概要は、最上階にある6戸の住宅の間仕切りを変更し、4戸の3DKに改修する。1階から4階は階段室を居室に改良し、一部を新たに2DKに改修するほか、高齢者向けとして1DKに変更する。また、エレベーターの設置やバリアフリー対応の改修も実施する。 ...
町健康福祉事業推進委員会が「現役で、いつまでも元気で長生きを」をモットーに開いた。 町内の高齢者ら約250人が参加。町健康づくり推進協議会の梅木金治会長、朝倉浩平町長が主催者あいさつ。藤本勝美町議会議長が祝辞を述べた。 町内で高齢者らの生きがい・健康 ...
2010年03月16日()
特養ホームや老健施設は、社会福祉法人、医療法人でないと開設できないが、グループホームはNPO法人や民間会社でも参入でき、高齢社会のニーズにうまく適合している。 一方で、ホームの規模や経営内容に格差が出ているのも事実だ。厚生労働省の調査では、家賃は月平均 ...
札幌市の認知症高齢者向けグループホームでお年寄り7人が死亡する火災が13日未明に発生したのを受け、気仙沼消防署は15日、市内の福祉施設の特別査察を始めた。 認知症高齢者ら9人が入所する同市東八幡前のグループホーム「こころ」には署員2人が訪問。 ...
【大田原】市は、地域全体で高齢者らを支援する見守りネットワークとして「黒羽見守り助け合い隊」を16日、発足させた。住民や社会福祉協議会、学生、協賛企業などが連携し、声掛けや安否確認から買い物代行、ごみ出し代行など必要とする生活をサポートする。 ...
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」 (媒体での記事掲載終了)

   『嫌韓流』の著書で知られる漫画家・山野車輪さんが、マンガ『「若者奴隷」時代』を晋遊舎から出した。マンガでは余り扱われることのなかった「若者の貧困」をテーマに、増え続ける年金負担額などを例に、高齢者が若者を搾取していると指摘している。

   山野さんは1971年生まれの団塊ジュニア世代。代表作に韓国との歴史問題や在日特権などを扱った『嫌韓流』などがある。

続きは「J-CASTニュース」へ


介護ベッドを製造・販売する「パラマウントベッド」の介護ベッド用手すりに、80代の女性が頭を挟み意識不明の重体となる事故があり、消費者庁が注意を呼びかけています。 消費者庁によりますと、事故が起きたのはパラマウントベッドが製造・販売した介護ベッド用の ...
消費者庁は16日、医療用ベッド大手「パラマウントベッド」が製造した介護ベッド用の手すりのすき間に頭が入り込んで抜けなくなる恐れがあると発表した。この手すりは、これまでに11万5000台が製造され、頭が入り込んで4人が死亡しているという。 ...
札幌市北区の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」で入居する高齢者7人が死亡した火災を受け、長妻昭厚生労働相は16日、スプリンクラーの設置補助対象について、現行の「275平方メートル以上の施設」より狭い施設についても検討していく方針を明らかにした ...
川西署員が駆け付け、室内で倒れている無職、牧野宜子さん(75)を発見、近くにいた夫が「ロープで首を絞めた」と認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。宜子さんは意識不明。 夫は無職、昭作容疑者(78)で、川西署によると「介護に疲れた」と供述している。 ...
札幌市の認知症の高齢者が入居するグループホームで7人が死亡した火事を受けて、厚生労働省と総務省消防庁、それに国土交通省が合同で会議を開き、それぞれの省庁が全国1万か所のグループホームなどを対象に防火設備の設置状況を調査していくことを確認しました。
介護ベッドを製造・販売する「パラマウントベッド」の介護ベッド用手すりに、80代の女性が頭を挟み意識不明の重体となる事故があり、消費者庁が注意を呼びかけています。 消費者庁によりますと、事故が起きたのはパラマウントベッドが製造・販売した介護ベッド用の ...
長妻厚労相は「日本全国のグループホームで実態はどうなっているのかと、これを早急に把握しなければならないと。消防、あるいは国土交通省とも協力をしてですね、まず実態把握に努める」と述べた。 全焼したグループホーム「みらいとんでん」は、2005年に住宅を改築して ...
高齢化が進む中で大きな課題となっている「認知症」の患者や家族を地域で支えていこうと、県立高浜高校(平塚市高浜台)は16日、「サポーター養成講座」を開いた。市の専門職員が派遣講師を務め、参加した生徒や保護者ら約40人に認知症患者との接し方など「日常の声掛け」 ...
寝たきりになりながらも呼びかけに反応し、流動食を必死に飲み込むモモの姿に、大木さんは、その小さな体の中の「生きたい」という思いの強さを感じている。 モモは一般公開されていないが、大木さんが餌をやる様子や、リハビリで体の位置を変えるところなどを見ることが ...
総隊長の中沢正信さんが「隣近所とのつき合いなどが薄れつつあるが、この事業を通して将来の福祉活動の基盤づくりを進めたい」とあいさつし、隊員に委嘱状を交付した。 同市が、国の「安心生活創造事業」の指定を受けて発足させた。黒羽地区(高齢化率26・4%)を ...
7人が死亡した札幌市北区の高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」を運営する会社が、一般住宅をグループホームとして使用する際、建築基準法で定められた用途変更の確認申請手続きをしていなかったことが分かった。 グループホームとして使う場合は ...
平成23年度中の公益社団法人移行を目指す同協会の方針に従い、傘下の東京宅建レディス会では今年度「社会福祉事業委員会」を加えて、テーマに掲げた2つの事業研修に取り組んできた。高齢者福祉や事故・災害防止などの社会貢献に対する宅地建物取引業界のあり方を探る内容 ...
7人が死亡した札幌市のグループホーム火災を受けて八戸消防本部は管内高齢者施設の立ち入り検査を行っている。担当者が訪れ消火器や火災報知器などが取り付けられているか、避難誘導の仕方や夜間の当直体制も確認。22日まで。 *ニュースをご覧になるときはをクリックして ...
7人が焼死した札幌市北区の高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」の火災で、火元とされる石油ストーブがあった1階ホールの火災後のくわしい状況がわかった。ストーブ近くには金属パイプが散乱し、床には黒い灰とともに焼けた布があった。 ...
札幌市の認知症高齢者グループホームの男女7人が焼死した火災を受け、いわき市消防本部は15、16の両日、市内の認知症高齢者グループホームで立ち入り検査を開始した。 このうち、内郷消防署は5施設で立ち入り検査を行った。 市内小島町の「ニチイのほほえみたいら」 ...
榊原教授は、高福祉・高負担の欧州型の福祉国家を目指すべきだと強調。日本の福祉が介護や医療など高齢者に偏っている点に触れ、「育児や教育に広げていくのが大切。若い人向けの福祉の拡充が必要だ」と主張した。その上で、子ども手当や高校無償化を盛り込んだ10年度 ...
7人が死亡した認知症グループホーム「みらいとんでん」の火災で、施設の運営会社が建築基準法で定められた確認申請をしていなかったことがわかりました。 札幌市によりますと、「みらいとんでん」は2005年に民家を改装してグループホームとしてオープンする際、建築基準法で ...
高齢者7人が亡くなった、北海道札幌市のグループホームでの火災を踏まえ、盛岡で社会福祉施設を対象とした、緊急点検が行われています。 けさは消防署の職員が、高齢者専用の賃貸住宅を訪れ、避難経路や防火設備について確認しました。こうした社会福祉施設は、熱や煙に ...
札幌市の高齢者グループホームでの火災を受け、県は15日、同様の施設を運営する社会福祉法人や市町村、関係機関に対し、防火安全対策の徹底を求める緊急の通知を出した。 暖房機器など火気を使う設備を適切に管理することや、避難経路となる階段や通路の再点検を求めた ...
札幌市北区の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」で入居の高齢者とみられる7人が死亡した火災で、県高齢福祉保険課は15日、県内全市町村に対し、各市町村内の認知症高齢者グループホームの防火安全体制を点検し、今月中に報告するよう求めた。
◆札幌の火災受けグループホーム調査 札幌市の高齢者向け介護施設(グループホーム)で7人が死亡した火災を受け、金沢市消防局が15日、市内の高齢者グループホームで緊急立ち入り調査を実施した。同消防局は今月中に市内の33カ所で同様の特別査察を実施するという。 ...
逮捕当時の県警の調べに森川被告は「夫の介護に疲れた」と供述していたという。検察側は冒頭陳述で、夫は介護が必要な状態でなかったと説明。被告が日頃から料理の味付けなどで夫に怒鳴られていたと述べたが「殺されるほどの落ち度はなく、被告人にも問題があった」とした ...
(吉田晋) 高齢者グループホームは、認知症の人が介護スタッフの世話を受けながら少人数で暮らす施設。建物も小規模なため、従来の消防法ではスプリンクラーを義務づけられる例は少なかったが、昨年4月施行の改正消防法施行令で、設置基準が延べ床面積275 ...
札幌市の認知症高齢者向けグループホームで7人が焼死した火災を受け、県内の各消防局・本部は15日、同種または類似の施設に立ち入る特別査察を実施した。県は消防用設備が未整備の施設について、早期に付けるよう促す方針だ。 福井市消防局は市内14施設のうち、13 ...
県高齢福祉課によると、県が把握している県内83のグループホームのうち、275平方メートル以上の施設は73カ所。その中で、今年度末までにスプリンクラーが設置されるのは19カ所にとどまっている。以前から設置義務のあった大規模な特養の59カ所(全70カ所 ...
13日未明、札幌市北区の高齢者グループホームで起きた火災は7人が焼死する惨事になった。県内にも約150のグループホームがある。スプリンクラーの設置や夜間避難訓練などの防火対策を進める施設もあるが、多くは経営にゆとりがなく、認知症などの入居者を素早く避難 ...
札幌市の認知症高齢者のグループホームで7人が死亡した火災を受け、名古屋市消防局は15日、市内の同様の施設140カ所を対象とした立ち入り検査を始めた。国の通知を受けた消防法に基づく検査で、各消防署が約1カ月をかけて各施設を巡回する。 ...
2010年03月15日()
札幌市北区の認知症グループホーム「みらい とんでん」で高齢者7人が死亡した火災で、札幌北署の調べで15日、死亡した7人のうち2人の身元が新たに分かった。これで計4人の身元が確認され、残る不明者は3人となった。 同署によると、身元が確認されたのは、いずれも ...
札幌市北区の認知症高齢者グループホームで七人が死亡した火災を受け、県は十五日、市町村や各消防本部を通じ、グループホームなどの社会福祉施設で防火安全体制の点検を徹底するよう指導した。県内では三つの消防本部が同日から施設の立ち入り検査を開始、ほかの消防も十 ...
現在、40代から70代までの18人が在宅高齢者を対象に訪問実習を行っている。訪問は2人1組で、1回30分から1時間程度。実習の結果を踏まえて事業内容を検討し、本格的に実施する計画だ。 市健康福祉課は「福祉サービスを提供しても、高齢者が寂しさを感じている ...
13日、札幌市北区で、認知症の高齢者が入居するグループホームが焼け、7人が死亡した火事で、施設の経営者は、住宅を買い取ってグループホームに改築する際、札幌市に届け出なければならない申請を行わず、改築に伴う防火対策のチェックも受けていなかったことがわかり ...
また、高崎など3広域消防本部が管内のグループホームなどの立ち入り調査を実施し、消防用設備の点検などを行った。 県介護高齢課によると、県内にグループホームは2月1日現在、216施設あるという。各市町村長あての文書では、(1)防火管理者の選任など届け出状況 ...
札幌市のグループホームで入居者7人が死亡した火災が起きたのを受けて、茨城県取手市消防本部は15日、市内の認知症対応型グループホーム7カ所を対象に緊急査察を実施した。 消防署員と市高齢福祉課の職員が各施設を訪れ、火災通報設備や防火管理者の選任状況などを ...
敦賀原発1号機 運転開始から40年 (媒体での記事掲載終了)

   日本原子力発電の敦賀原子力発電所1号機(福井県敦賀市)は2010年3月14日、国内の原発としては初めて運転開始から40年を超えた。関西電力の美浜原発1号機(福井県美浜町)も、10年11月に40年を超える。原発は当初30~40年寿命を想定していたが、新規に設置したり立て替えたりすることが難しいため、「高齢化」が進んでいる。


札幌市の認知症高齢者向けグループホームで7人が死亡した火災を受け、岡山県内の消防機関は15日、管内の施設に対する緊急査察や査察準備に追われた。 県によると、高齢者向けグループホームは県内約280施設。103施設を抱える岡山市消防局は、消防用設備の点検 ...
7人が焼死した高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」=札幌市北区=の火災で、札幌北署は15日、亡くなった7人のうち、新たに同ホーム居住者の村上吉宏さん(65)と家山信子さん(81)の身元が判明したと発表した。これで、身元がわかってい ...
HCAPは、「発症前90日以内に2日以上の入院歴がある」「ナーシングホーム、老健施設などの居住者」「透析・外傷治療中」「在宅で輸液療法を行っている」「家族内に多剤耐性菌保有者がいる」などの背景を持つ患者に発症した肺炎と定義されている。
カラオケシステムは、中津川市内にある通所介護事業所(デイサービスセンター)に設置する予定。 寄贈品は、音楽を通して社会に貢献したいという同社の願望を踏まえて、社会福祉協議会の希望に基づいて選定している。 基金は、富士通テンの本社所在地である兵庫県神戸市、 ...
札幌市内の認知症高齢者グループホームで7人が焼死した火災を教訓に、横須賀市消防局は15日から、市内の同グループホームの特別査察を始めた。火気器具の使用状況や避難誘導、夜間の当直体制などを細かくチェックし、防火安全対策の徹底を指導していた。 ...
自動車販売会社「マーベリック」(横浜市都筑区)が福祉車両を通常仕様に戻す際に取り外したもの。外見は車椅子より車のシートに近い。同社が「車椅子として使えるので、捨てるのはもったいない」と寄贈を申し出た。県によると、県高齢者福祉施設協議会を通じて希望施設を ...
すでに、新潟市消防局は県内で最も多い市内33カ所の認知症高齢者グループホームに対して、14日に緊急防火指導を実施している。県防災局によると、昨年5月の実態調査では県内の社会福祉施設などで消防法違反などの事例はなかったとしており、今月中にも緊急査察の結果 ...
7人が死亡した札幌市の高齢者向けグループホーム火災を受け、千葉県船橋市消防局は15日から、市内の社会福祉施設など同様施設の緊急検査を始めた。1週間で38施設を回る予定。 この日は、同市薬円台の高齢者短期入所・デイサービスなど複合施設「きらめいと薬園台」 ...
ちょうど1年前には群馬県の老人施設で10人が死亡し、今回と同様の認知症高齢者のグループホームでは4年前に長崎県で同じく7人が亡くなっている。 ▼いずれも防火機器や避難対策の不備が指摘されている。「とんでん」にスプリンクラーはなかった。 ...
札幌市北区の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」で7人が死亡した火災を受け、札幌市は15日、安全確認のため市内にある認知症高齢者向け施設231カ所の緊急立ち入り検査を始めた。29日までの予定で、問題点が見つかれば改善指導する。 ...
当面入所介護は受け付けず、訪問介護や在宅のみとりサービスをする。訪問先や協力員を募集している。 新事務所は松川町市村の空き家の約60平方メートルを借りて設置。介護保険を使った訪問介護に加え、有償ボランティアの協力員が高齢者に寄り添う新しい ...
札幌市内のグループホームで起きた火災で7人が死亡したことを受け、金沢市消防局は15日、市内の認知症高齢者が入所する施設を緊急点検しました。13日、札幌市で認知症高齢者が入所するグループホームから出火し、入居者7人が死亡しました。この施設では避難訓練も ...
札幌市北区の高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」で7人が焼死した火災で、身元が判明していない犠牲者5人の確認作業が難航しそうだ。北海道警によると、子どもがいないなど、高齢者向け介護施設特有の事情もあるという。 火災は13日未明に発生。 ...
15日午前4時55分ごろ、東京都渋谷区の路上で、男性介護士(31)が口論となった男にはさみで首の左側を刺され、病院に搬送された。男性は重傷だが、命に別条はないという。警視庁渋谷署は殺人未遂容疑で逃げた男の行方を追っている。 同署によると、男は25歳前後で身長 ...
札幌市北区の認知症グループホーム「みらい とんでん」で高齢者7人が死亡した火災で、夜勤の女性職員(24)が出火当時の状況について「消火器で消そうと思ったが、手に負えなかった」などと説明していたことが15日、札幌市消防局への取材で分かった。 ...
またマイクロソフト認定資格については「PCは一通りできるが、それを証明するものがないため」(35歳・青森)、「事務関係の仕事に優遇されそうだから」(27歳・埼玉)、ホームヘルパーについては「重労働ではあるが、これからの職種だと思うから」(35歳・広島)、「高齢 ...
札幌市北区の認知症グループホームの火災を受け、札幌市消防局と保健福祉局は15日から、市内231すべての認知症グループホームを対象とした合同の緊急立ち入り検査を始めた。 検査では、職員が防火設備や避難通路の状況などを重点的に調べ、不備があれば指導する。 ...
当面入所介護は受け付けず、訪問介護や在宅のみとりサービスをする。訪問先や協力員を募集している。 新事務所は松川町市村の空き家の約60平方メートルを借りて設置。介護保険を使った訪問介護に加え、有償ボランティアの協力員が高齢者に寄り添う新しいサービス「看 ...
高齢者のグループホームに住民の交流スペースや乳幼児の遊び場を備えたユニークな施設が4月1日、広島市西区古江新町にオープンする。運営するNPO法人「もちもちの木」(中区)の竹中庸子理事長(50)は「多世代交流を楽しめるような場所にしたい」と意気込んでいる。 ...
... 見本などの素材を使いながら、パッケージやPOPなどのデザインの検討する。 また、特殊なゴーグルを装着することで高齢者や色弱者の視覚を疑似体験し、高齢者や色弱者の立場に立った色やデザインの検証をするUD(ユニバーサルデザイン)シミュレーションも可能。
警視庁渋谷署によると、男性介護士(31)が男にはさみで首の左側1カ所を刺され、重傷を負った。男は逃走した。 現場付近には血の付いたはさみが落ちており、同署は殺人未遂事件として、男の行方を追っている。 男は25歳ぐらいで身長約180センチ。 ...
... 見本などの素材を使いながら、パッケージや POPなどのデザインの検討する。 また、特殊なゴーグルを装着することで高齢者や色弱者の視覚を疑似体験し、高齢者や色弱者の立場に立った色やデザインの検証をするUD(ユニバーサルデザイン)シミュレーションも可能。
北海道・札幌市の認知症グループホームで7人が死亡した火災で、当直の女性職員は消防に対し、「入居者のおむつを交換していた」などと説明していて、出火当時、ストーブから離れていたことがわかった。 この火災は13日未明、札幌市北区の認知症グループホーム「みらい ...
<テレビウォッチ>寝たきりの高齢者6人の胸を次々と圧迫し肋骨を折っていた看護師が傷害容疑で逮捕された。 番組が、「これひどいですね~」(小倉キャスター)と犯行の手口、動機をトップニュースで扱った。 逮捕されたのは兵庫県佐用町の佐用共立病院の女性看護師(26)。 ...
同市介護保険課によると、このグループホームは同市中央区に住む男性が経営する有限会社が運営。介護保険法が定める「地域密着型サービス」の中の認知症対応型共同生活介護を行う施設で、認知症状態の高齢者が共同生活を送りながら、日常生活の支援を受けているという。3 ...
札幌市北区の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」で7人が死亡した火災で、夜勤の女性職員(24)が火災を通報した後、病院に搬送される際「1階入居者のおむつを交換していた時に、ストーブからの火災を発見した。すぐに消せないぐらいの炎が上がっていた」と ...
札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で、入居する高齢者とみられる男女7人が焼死した火災で、当直の女性職員(24)が「出火当時は入居者のおむつを交換していた」などと話していることが15日、北海道警への取材で分かった。道警は、火元とみられるストーブ ...
札幌市の認知症グループホーム「みらい とんでん」で7人のお年寄りが亡くなった。 夜勤の当直が1人しかいなかったこと、スプリンクラーが設置されていなかったことなどが、死者を増やしたといわれる。2006年には長崎県の「やすらぎの里」で7人が、1年前には群馬県 ...
施設関係者によると、同ホームでは、入居者の夕食が終わってから翌朝7時ごろまで、夜間のヘルパーの職員は1人態勢だった。ホールのストーブは寒さが厳しい冬の間は24時間つけており、不測の事態に対応できるよう、夜勤の職員は眠らずにこのホールで待機することになっ ...
従業員や有償ボランティアらの介護スタッフが24時間体制で在宅や入所のお年寄りに寄り添ってきた。 新たな活動拠点を探していた柴田さんは、パネリストとして参加したシンポジウムで島根大の作野広和准教授と同席。その縁で、作野准教授が過疎研究の拠点を置く松平地区 ...
道高齢者保健福祉課によると、今年1月末現在で道内で開設しているグループホームは808施設。このうち4分の1超は札幌市に集中する。同市介護保険課によると、3月現在で同市が指定する認知症対応型共同生活介護事業所は232カ所あるという。 ...
過疎・高齢化に加え、不況で主産業の観光や漆器業の低迷が続く状況の中で、まちづくりのあり方や地域経済の活性化、高齢者福祉の施策などが争点になった。 梶氏は旧門前町との合併前の旧輪島市長から通算3期12年を務めた。今回の選挙では「多選が市民の ...
ただ遺体と会えてないので、まだ実感はありません」と語った。 同市手稲区の40歳代の介護福祉士の女性は、自身も認知症の人の世話をすることがあり、ひとごととは思えず手を合わせに来たという。「現場を見て、大変な火事だったんだと思いました」と話した。
2010年03月14日()
札幌市の認知症の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」の火災は、60~90歳代の男女入居者とみられる7人が死亡する惨事となった。犠牲者や家族の無念は、計り知れないものがあろう。 1年前には、群馬県渋川市の老人施設「たまゆら」の火災で10人が犠牲と ...
10人が死亡した群馬県の無届け老人施設「静養ホームたまゆら」の火災から19日で1年。東京都内から移り住んだお年寄りを多数巻き込んだ惨事は、低所得の高齢者の受け入れ施設が大都市圏で不足している実態を浮き彫りにした。13日には札幌市の認知症グループホームで7人が ...
道警は、女性職員が入居者の介護中に1階居間のストーブから出火し、発見時にはすでに燃え広がっていた可能性もあるとみて、入院中の女性職員の容体の回復を待って当時の状況を聞く方針。 札幌北署は同日、業務上過失致死容疑で、ホームを運営する同市中央区の福祉施設 ...
社会保障には医療、介護もあることを忘れてはならない。前政権の試算では医療・介護の一体的改革に要する費用は消費税換算で4%に達する。こうした費用を無視して増税分を最低保障年金だけに投入してもいいのか。どの分野にどれだけ投入するのか、野党とも十分に協議し ...
札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で7人が焼死した火災。ホームは認知症の高齢者を対象とした施設で、60~90代の男性3人、女性6人の計9人が入居していた。死亡した7人も入居の高齢者とみられる。足の不自由な人が多く、互いに助け合い、静かに日々を ...
13日、札幌市北区で、認知症の高齢者が入居するグループホームが焼け、7人が死亡した火事で、警察は、14日夜、札幌市内の経営者の事務所などを捜索し、防火態勢に問題がなかったかさらに調べることにしています。
高齢者の食事のケアや認知症について学ぶシンポジウム「食べることは『生きる喜び』です」が14日、奈良市上三条町の市中部公民館で開かれ、参加者らが熱心に聞き入った。 健康長寿社会を目指し、高齢者や要介護者のための研究調査や支援を行う「NPOシルバー総合研究 ...
7人が焼死した高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」=札幌市北区=に以前勤務していた女性(40)が当時、運営会社の代表に対し「避難経路を増やした方がいい」と、火災発生時の避難態勢などについて改善を求めていたことがわかった。 ...
札幌市の認知症高齢者向けグループホームで7人が死亡した火災を受け、大阪府の豊中市消防本部は14日、市内のグループホーム24施設に特別査察を実施した。総務省消防庁は13日、社会福祉施設の防火対策を徹底するよう都道府県などに文書で通知しており、全国の消防 ...
厚生労働省のまとめによると、介護給付費の不正受給などで2008年度に都道府県などから指定を取り消された介護サービス事業所は全国で116カ所に上り、介護保険制度が発足した00年度以降で最も多かった。これらの事業所には市町村が給付費を返還するよう求めているが、返還 ...
市内に住む認知症の高齢者が行方不明となり、3日後に埼玉県内で、衰弱した状態で保護された事例などが紹介され、「周囲の人に関心が持てないというのは都会の特徴。地域に住む一人一人が認知症のことを知って、お互い顔見知りになることが大切」といった意見が出されてい ...
現職に新人3人が挑む激しい戦い。投票は21日に行われ、即日開票される。13日現在の有権者数は9万3897人。 神保氏は市職員削減や、市の財政健全度全国6位など12年間の実績を強調。大塚氏は国民健康保険税と介護保険料の1万円引き下げなどを訴える。 ...
... 干されていたことがわかっていて、警察は、ストーブの火が洗濯物に燃え移った可能性があるとみて調べている。 厚生労働省は、今回の火災を受け、13日付で、あらためて各都道府県に対し、認知症高齢者グループホームの防火安全体策を徹底するよう求める通知を出した。
東広島市社会福祉協議会の高齢者向け生涯学習講座「東広島熟年大学」の卒業式が13日、市総合福祉センターであった。1~3年のコースを終えた213人のうち、約100人が出席した。 池田克文学長は「学んだ知識と豊かな人生経験を合わせ、地域の活動に生かして ...
「LRTは環境にやさしく、低床でバリアフリー。車に乗らない高齢者のためにも公共交通を確保するべきだ」と強調した。 講演後、谷口教授が進行役となり、森市長、松浦正敬松江市長たち4人がパネル討論。松浦市長は「車社会が原因で、市の中心部に人が住まず駐車場など ...
入居者とみられる7人が死亡した、札幌市北区の高齢者向け介護施設(グループホーム)「みらい とんでん」は民家を改修して使っており、近所でもグループホームであることを知らない人がいた。入居者のお年寄りたちは、ロッジ風の建物の高い三角屋根のもと、犬とともに ...
一方、高齢者虐待防止法は2006年4月に施行された。国民に、家庭や福祉施設での虐待を市町村に通報するよう義務付け、市町村職員の立ち入り検査や高齢者の一時保護が可能となった。しかし医療機関の適用対象は介護療養型医療施設などに限られ、一般の病院は対象外だ。 ...
Ustreamの衝撃、ふたたび... | Ustream | nobi.com (JP) (媒体での記事掲載終了)
最近、つくづく思うのが、この1、2年で、一気に未来がやってきた、ということ。 流線型の宙に浮く車も、ホームヘルパーのロボットも現実にはなっていないけれど、 iPhoneやTwitter、Ustreamが、人々の日常を大きく変え始めている。 社会のこれまでの常識や、人々の暮らしぶりが、大きく変わり始めているのだ。 今日、私はたまたま2つの日本Ustream史に残る事件を目の当たりにした。 私と一緒に...
煮沸・薬液消毒できるなど手入れが簡単なうえ、子供から高齢者まで抵抗感のない形や色も追求。細部にわたるデザインのこだわりが認められ、21(2009)年度「グッドデザイン賞」を受賞した。 昨年12月には、寝たきりの高齢者でも首を曲げず寝たまま飲める「K2 ...
介護現場や車中、パソコンの多い職場などで便利と評判は上々だ。 製品デザインを手がけるアイ・シー・アイデザイン研究所(大阪府守口市)は平成21年1月にペットボトル用「KissII」、同4月にコップ用「Kiss」を相次ぎ発売した。販売網は京阪百貨店守口 ...
札幌市北区のグループホーム「みらい とんでん」で入居の高齢者とみられる7人が死亡した火災で、北海道警は14日、同日中に業務上過失致死の疑いで関係先を家宅捜索する方針を固めた。 道警は施設の安全管理が不十分だった疑いもあるとみて捜査するとともに、7人の身元 ...
認知症グループホーム「みらい とんでん」(木造2階建て)=札幌市北区屯田4の2=で13日未明、高齢入居者7人が死亡した火災で、火元とみられる1階居間にあった灯油ストーブ付近に日常的に洗濯物が干されていたことが、道警などへの取材で分かった。 ...
公共交通情報のユニバーサルデザインの役割を説く。 同NPOは2006年に「外出と交通の案内についてのアンケート」を実施。障害者、介助者からは「スロープやエレベーターでの移動」「トイレの場所、設備」「迷わないか」-などの不安点が指摘された。 ...
神戸市では消防局が保健福祉局とともに、高齢者が入居する市内約300カ所の施設にあて、注意喚起の文書を送った。 緊急査察は週明けの15日からスタートさせ、19日までに消防署員が各施設に出向き、防火対策を確認する。 姫路市では昨年3月、群馬県の老人福祉 ...
一方で、介護報酬は昨年初めて増額されるまで減額改定が続き、介護施設の経営は厳しい。激務を敬遠して介護職員を目指す人も増えない。 今回のような悲劇が他の施設でも起きないとは限らない。それを関係者は肝に銘じなければならない。 厚生労働省はまず、全国の施設を総 ...
(桑野博彰) 廃止を検討する福祉タクシー事業は、高齢者の外出機会を増やし、社会参加を促す目的で、同市が発足した2004年11月にスタートした。 09年度は、車の運転免許証を持っていない▽非課税世帯に属する‐などの条件を満たす70歳以上を対象に、年1万2千 ...
2010年03月13日()
13日、札幌市で高齢者が入居するグループホームが焼け、7人が死亡した火事で、燃え方の激しかった居間のストーブの周りに、夜、洗濯物を日常的に干していたことが、施設の関係者への取材でわかりました。警察は防火管理などに問題がなかったか、経営者に話を聞いて ...
兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者6人が相次いでろっ骨を折られた事件で、看護師の羽室沙百理容疑者(26)=傷害の疑いで逮捕=が、5番目と6番目に被害が発覚した2人を一晩のうちに続けて骨折させた疑いがあることが13日、県警と病院への取材で分かった。 ...
13日午前2時半ごろ、札幌市北区屯田4条2丁目の認知症の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」から出火、木造2階建て約250平方メートルをほぼ全焼し、入居者の60~90歳代とみられる男女7人が死亡した。このほか女性職員(24)がのどにやけどを負っ ...
施設関係者によると、同ホームでは、入居者の夕食が終わってから翌朝7時ごろまで、夜間のヘルパーの職員は1人態勢だった。ホールのストーブは寒さが厳しい冬の間は24時間つけており、不測の事態に対応できるよう、夜勤の職員は眠らずにこのホールで待機することになっ ...
札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で入居する高齢者とみられる男女7人が焼死した火災で、北海道警札幌北署は14日午前、前日に引き続き、現場を実況見分する。 市消防局や同署によると、1階の居間(ホール)にあった灯油ストーブ周辺の燃え方が激しく、 ...
認知症の独居老人と向き合う介護施設を描いた劇では、「家に帰りたい」と主張する高齢者に寄り添うケアのあり方について考えた。専門家からは「みんな自宅で最期を迎えたい。その思いをどう地域で支えるか。ちょっとしたおせっかいが大事」などの意見が出た。 ...
「教訓が生かされず、非常に残念です」‐。2006年1月、長崎県大村市の認知症高齢者グループホームが全焼し、7人が犠牲となった火災の遺族や福祉関係者は、札幌市で再び同様の悲劇が繰り返されたことに落胆を隠せなかった。 「母が亡くなった後もグループホームでの ...
「医療、福祉が一体となることが大切」と話し、医師や介護職が連携した在宅医療体制を各地域に整備する必要性を強調した。 また、脳卒中で倒れた男性を在宅復帰させるまでの事例を取り上げ、医師や退院調整看護師、介護支援専門員らが多職種の連携についてパネル討論 ...
公開討論や分科会に約千人が参加し、高齢者をめぐる医療・介護制度や最新のケア技術について議論した。 日本をはじめアジア各国で高齢者が急増するのに伴い、医療費膨張などの国家的課題への対応や、高齢者の人生を支える医療の質の向上に知恵を集めようと、日本慢性期 ...
西京銀行(周南市)が、認知症の人や家族を支える「認知症サポーター」の全62店への配置を計画している。3、4月の2カ月間で自主的に名乗り出た行員140人が講習を受ける予定。13日、最初の講習会が本店であり、70人が参加してサポーターの認定を受けた。 ...
西京銀行(周南市)が、認知症の人や家族を支える「認知症サポーター」の全62店への配置を計画している。3、4月の2カ月間で自主的に名乗り出た行員140人が講習を受ける予定。13日、最初の講習会が本店であり、70人が参加してサポーターの認定を受けた。 ...
上小阿仁村 - 新小児科医のつぶやき (媒体での記事掲載終了)
この村のHPによりますと人口世帯数は、平成22年2月末現在 人口 2,902人 男性 1,382人 女性 1,520人 世帯数 1,245世帯 ちなみにwikipediaのデータを合わせますと人口の推移は、1980年時点の人口が4352人ですから、30年で1450人、約3割の人口減少である事が確認できます。ここまで書けばお分かりのように高齢化率(65歳以上人口)も進んでおり、2009年時点で44....
札幌市消防局と北海道警は13日、札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で入居者とみられる男女7人が死亡した火災で1階の居間に灯油ストーブが24時間稼働していたことが調べで判明した。 札幌北署によると、出火当時は当直だった女性職員(24)から「1階ストーブ ...
13日未明、札幌市のグループホーム「みらいとんでん」で火事があり、入居していた高齢者7人が死亡した。警察は施設を運営する会社から事情を聴くとともに、業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査を始めている。職員は「1階のストーブから火が出た」と話している。 ...
札幌市北区のグループホーム「みらい とんでん」で入居の高齢者とみられる7人が死亡した火災で、火元の疑いが強い1階居間の灯油ストーブ近くでは洗濯物が日常的に干されていたことが13日午後、北海道警の調べで分かった。ストーブは夜もつけていたという。 ...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
嫌韓流に続く新作 『「若者奴隷」時代』発売 元凶は高齢者であるとの衝撃の事実が明かされる!│ニュース2ちゃんねる (媒体での記事掲載終了)
1 :すり鉢(アラバマ州) :2010/03/13(土) 00:15:04.47 ID:l7Ujsiv4 在日特権を暴いた山野車輪の新刊マンガ! 『「若者奴隷」時代』2010.3.15発売!! 【内容紹介】 ・マンガでは扱われなかった若者の貧困という「新書的テーマ」をマンガに落とし込むという大胆な試み ・アナタが「貧乏」なのも、『結婚ができない』のも、全ては高齢者のせい!? ・「高齢者は弱者である...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
捜査関係者によると、6人は当時75~99歳でいずれも肺炎の症状があり、寝たきり状態。生活には全面的な助けが必要だった。 肺炎と高齢の影響で脳の機能が低下しているため意味のある会話ができず、暴行を受けても「痛い」と声を発することができなかった。 ...
札幌市北区のグループホーム「みらい とんでん」で、認知症の高齢者7人が犠牲になった13日未明の火災。猛火は強風で瞬く間に施設を炎で包み込み、付近の住民は恐怖におののいた。内部が焼け落ちた建物からは、遺体が次々と搬出された。 グループホーム近くの ...
広島市安佐北区の可部南地区社会福祉協議会(中山忠幸会長)は5月、地域の高齢者世帯に「救急医療情報キット」を配る。健康状態などが分かる情報を入れた容器を保管しておき、救急隊員や医師が的確に対応ができるようにする。 持病や服用薬、かかりつけ医、緊急手術の際 ...
認知症研究をする福岡大学医学部の山田教授が、認知症予備軍に目される患者を対象に、農作業による認知症予防を試験的に始めたもので、患者に食農ティーチャーが指導に当り、いまジャガイモ栽培に取り組んでいるとのこと。
13日午前2時半ごろ、札幌市北区の認知症の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」から出火、木造2階建て約250平方メートルをほぼ全焼し、入居者の60~90歳代とみられる男女7人が死亡した。北海道警は実況見分し、安全管理が不十分だった可能性もあるとして、業務 ...
札幌市北区の認知症対応型グループホーム「みらい とんでん」の火災は、七人の入居者が犠牲となった。高齢者向け施設は、体が自由に動かない入居者も多く、素早く避難することが難しい実情もあり、過去にも多数の死者を出す火災が起きている。 ...
十三日午前二時半ごろ、札幌市北区屯田四条二の認知症の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」から出火、木造二階建て約二百五十平方メートルをほぼ全焼し、入居者の六十~九十歳代とみられる男女七人が死亡した。北海道警は実況見分し、安全管理が不十分だった ...
広島市安佐北区の可部南地区社会福祉協議会(中山忠幸会長)は5月、地域の高齢者世帯に「救急医療情報キット」を配る。健康状態などが分かる情報を入れた容器を保管しておき、救急隊員や医師が的確に対応ができるようにする。 持病や服用薬、かかりつけ医、緊急手術の際 ...
自力での生活が困難な認知症の高齢者らが共同生活を送りながら、専門スタッフの介護を受ける施設。介護保険法と老人福祉法で規定され、入居には要介護認定を受けていることなどが条件となる。独立行政法人福祉医療機構の集計によると、2000年末に全国で790施設あっ ...
13日未明、札幌のグループホームで火事があり、7人が死亡しました。このホームには認知症の高齢者が入居していました。 札幌・北区のグループホーム、「みらいとんでん」は、札幌の中心部から車で30分ほどの住宅街にあり、警察と消防による実況見分が行われています ...
函館市は12日、2009年度の介護保険制度に伴う交付金の申請手続きにミスがあり、見込んでいた介護給付費財政調整交付金が約1億3千万円不足する見込みであると発表した。救済措置を国と協議しているという。 介護給付費財政調整交付金は市町村ごとの介護保険財政を ...
【Fショット】選手写真を販売中です ファイターズ選手の写真販売サイト「Fショット」では、プロカメラマン撮影の貴重な写真を販売しています。 ホームページ内に掲載の記事、写真などの一切の無断転載を禁じます。 ニュースの一部は共同通信などの配信を受けています。 ...
地元産材の活用、エコ住宅、バリアフリー化など政策目的と合わせて、この時期にこそ緊急経済対策として実施すべきです。 さらに問題なのは、緊急経済対策として実施された府立高校に地デジ対応の大型液晶テレビ191台などを購入する「スクールニューディール事業」の ...
13日午前2時半ごろ、札幌市北区屯田4条の認知症の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」から出火、木造2階建て約250平方メートルをほぼ全焼し、入居者の60~90歳代とみられる男女7人が死亡した。北海道警は業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査を ...
札幌市郊外の認知症の高齢者を対象としたグループホームで13日未明、7人が犠牲になった火災。猛火が施設をのみ込み、内部が焼け落ちた建物からは遺体が次々と搬出された。 北海道警などによると、女性職員はホームから約250メートル離れた無人の交番まで走り、交番 ...
24日 近所を徘徊(はい・かい)した女性に、長男が立腹。押し倒したはずみで、女性はひじを骨折、病院へ運ばれた。市は県警からの連絡で知った。 5月8日 市がケアマネジャーに聞いた話では、女性はギプスがとれて退院したものの、認知症が悪化。 ...
全国展開する「ポシブル」(大阪市、永井正史社長)との提携で、フランチャイズ店として運営、同グループの介護事業に参入する。運動機能を維持・向上する専門的トレーニングを提供し、要支援者など介護市場の新たなニーズに対応する。 介護保険制度は重度の要介護者を ...
【函館】函館市は12日、国からの介護保険交付金を誤って過少請求し、本年度の交付額が見込みより1億3千万円不足する、と発表した。算定に使うコンピューターソフトの更新が不十分だった上、申請時のチェックが足りなかったため。道高齢者保健福祉課は「道内では聞いた ...
京都府大山崎町の大山崎中の3年生が12日、卒業式を前に町内の高齢者福祉施設2カ所を訪れ、職場体験学習でお世話になったお礼にと、千羽鶴を贈った。 大山崎中の3年生は毎年、卒業前に奉仕活動の日を設け、地元の小泉川の清掃や、観音寺(山崎聖天)境内にある竹製 ...
病院側から警察への相談が、4人目の被害者が出た後の昨年1月15日になったことに関し、穀内院長は「寝たきりの高齢者はせきや体位変換でも肋骨が折れることがある。警察への通報が遅れたのは事実だが、判断ミスではない」と述べた。 また、穀内院長は11日付で羽室 ...
札幌市北区のグループホーム「みらい とんでん」の火災は、入居者7人が亡くなる惨事となった。同ホームのような高齢者向け施設は緊急時の避難の難しさもあり、これまでも多数の犠牲者を出す火災が起きている。 市介護保険課に提出された資料によると「とんでん」は木造2 ...
... 月の住民アンケートの結果、多くの人が特別養護老人ホーム設置を求めた。介護が必要になっても島で生活を続けたい、という希望の表れだった。また、子や嫁に介護で迷惑を掛けたくないとの思いが強かった ▼月1回ワーキンググループを午後8時から約2時間開いた。 ...
市では3年に一度、高齢者福祉の計画策定のため、在宅介護の実態などをアンケート調査しているが、介護サービスを受けない個別の理由までは調べておらず、夫婦の実態は把握していなかった。 市高齢介護課は既に、要介護認定などを受けながらサービスを利用していない高齢 ...
2010年03月12日()
13日午前、札幌市のグループホームで火事があり、入居していた高齢者7人が死亡した。 火事があったのは、札幌市北区屯田のグループホーム「みらいとんでん」。13日午前2時半ごろ、1階部分から火が出て3時間半にわたって燃え続け、木造2階建ての建物約250 ...
判決によると、昨年六月三十日、自宅アパートで、うつ病や脳の病気で介護が必要だった節子さんをロープで絞殺した。出川被告の弁護人は取材に「控訴するかは本人と相談して決める」と話した。 判決後の記者会見で、補充裁判員を務めた三十代の男性は「介護の問題は対岸の ...
13日未明、北海道・札幌市の老人介護施設で火事があり、入居していた高齢者の男女7人が死亡し、職員ら2人がけがをした。 火災を目撃した人は「(火が)玄関の左側がガーッと上がって、オレンジ色の炎だからね。(女性職員は)『助けて、中にいる、中にいる』って。 ...
兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者6人が相次いで肋骨を骨折した事件で、うち女性患者=当時(85)=1人への傷害容疑で逮捕された看護師羽室沙百理容疑者(26)が「寝たきりで意思表示ができない高齢患者を狙った。ストレスのはけ口にした」と供述していること ...
13日午前2時半ごろ、札幌市北区屯田4条の認知症の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」から出火、木造2階建て約250平方メートルのうち約200平方メートルを焼き、入居者の60~90歳代とみられる男女7人が死亡した。北海道警は業務上過失致死の疑い ...
兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を骨折した事件で、うち女性患者=当時(85)=1人への傷害容疑で逮捕された看護師、羽室沙百理容疑者(26)が「寝たきりで意思表示ができない高齢患者を狙った。ストレスのはけ口にした」と供述 ...
13日午前2時25分ごろ、札幌市北区屯田の老人介護施設「グループホームみらいとんでん」から出火したと施設の女性職員が、近くの交番に駆け込んで通報した。札幌市消防局によると、2階建て施設のうち半分近い約150平方メートルが焼け、入居者とみられる男女7人が ...
13日午前2時25分ごろ、札幌市北区屯田四条の老人介護施設「みらいとんでん」から出火したと、施設の女性職員が交番に駆け込み、通報した。北海道警札幌北署によると、この職員と入居者の70代女性の計2人が救助されたが、ほかの入居者7人が死亡したとの情報が ...
佐々木次郎:安全パイにしてはいけない (媒体での記事掲載終了)

開発部長が、血相変えて飛び込んできました。「次郎さん、協力企業のあの会社が店じまいするっていうのさ、大変なことになっちまったァ」。店じまい、一体、何が起こったのでしょうか。部長、相当深刻ですヨ。「社長が高齢になって、しかも、息子さんも跡を…

【新ひだか】静内保健所は12日、同保健所管内(日高管内新ひだか、新冠、日高、平取の4町)の介護保険施設1カ所で、入所者と職員計20人が下痢や嘔吐(おうと)の症状を訴え、80歳代女性1人がうっ血性心不全で死亡したと発表した。2日から11日までに発症、5人 ...
外壁のしっくいを塗り替え、バリアフリーや耐震補強も施し、施設名に石原さんの名前を入れた。 「みんなの蔵いしはら」は、ボランティアのスタッフ数人が常駐し、年中無休で午前9時から午後6時まで開館。利用者は簡単な体操や草木の世話などをして過ごすほか、月に数 ...
「ほっともっと」パートに65歳定年制  全労連が反発 (媒体での記事掲載終了)

   持ち帰り弁当チェーン「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開するプレナス(福岡市)は2010年4月から直営店舗のパート従業員に65歳の定年制を導入する。65歳まで働けるという基準を設けることで将来設計に安心感を持たせるためと、高齢化にともない立ち仕事や重い荷物の運搬などが辛くなってくることへの配慮だと説明している。

続きは「J-CASTニュース」へ


高齢者健全撤退条例 - 俺の邪悪なメモ (媒体での記事掲載終了)
政治, 表現の自由, 社会問題意外と知られていませんが、東京都は今回の青少年健全育成条例の改正とともに、新しく高齢者健全撤退条例(東京都高齢者に健全に社会から撤退していただく条例)の成立も目指しています。この高齢者健全撤退条例(案)から、前文と書籍や映画などの規制について書かれている第3章の一部を引用して紹介します。 ●前文よりわれら都民は前世紀をになってくれた高齢者が、社会の一員として尊敬され、...
兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を骨折した事件で、うち女性患者(当時85)1人への傷害容疑で逮捕された看護師羽室沙百理容疑者(26)が「寝たきりで意思表示ができない高齢患者を狙った。ストレスのはけ口にした」と供述して ...
さいたま市で昨年6月末、介護疲れから妻を絞殺したとして殺人の罪に問われた同市浦和区領家、無職、出川隆一被告(78)の裁判員裁判の判決公判が12日、さいたま地裁で開かれた。中谷雄二郎裁判長は「妻が被告に迷惑をかけていたとはいえ、殺害されなければならない ...
環境に配慮した素材や、各種実績サンプルもそろえ、特殊なゴーグルを装着することで、高齢者や色弱者の視覚を疑似体験し、高齢者や色弱者の立場に立った色やデザインの検証をするUD(ユニバーサルデザイン)シミュレーションも可能だ。 「ショップサイエンス・ラボ」に ...
遠隔地間の健康相談、介護相談を行う。健康相談は、北海道大学大学院保健科学研究院の保健師、助産師、看護師が担当する。 シスコとツルハドラッグは「今回の実証事業の結果を踏まえ、北海道大学の事業に継続的に参画し、サービスの設計を支援するとともに、このシステム ...
病院では、2008年12月8日から昨年1月19日の間に、75~99歳の寝たきり患者6人の肋骨骨折が判明。いずれも後に死亡した。しかし、4人目が発覚するまで外傷性を疑わず、体の向きを変えた際などに起きたと判断していた。 羽室容疑者は6人のうち、最初の患者 ...
ホームヘルパーや看護師など県内事業所で勤務する介護職員の平均従事年数は、6割が4年未満であることが、公明党県本部議員団の調査で分かった。離職率が高く、8割弱の事業所で介護職員が不足している。 調査は社会保障制度改革のため、介護の実態把握が目的。 ...
病院の調査などによると、初めに入院患者の骨折が見つかったのは2008年12月8日。09年1月19日までの間に骨折の被害が確認された6人は当時75~99歳と高齢で、入院患者の中でも症状が重く、寝たきりの状態だったという。 寝たきり患者ばかりを狙った疑いが ...
設置対象店舗にはツルハのケアマネージャーを派遣し、3月6日から3カ月の間、実際に相談を受け付ける。 北大は、同プロジェクトにおける基礎的な品質評価とビジネスモデル検証を担当。実際の利活用モデルについて北海道薬科大学、岩見沢市、ネットワンとも議論を深め ...
兵庫県佐用町の佐用共立病院(穀内隆院長)で寝たきりの入院患者が相次ぎ骨折した問題は、発覚から1年余りを経た11日、看護師が逮捕される事態になった。わずか約1カ月の間に6人が骨折。病院側は当初、部外者を疑ったといい、内部関係者の逮捕に戸惑いを隠しきれない ...
兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者6人が相次いで肋骨を骨折した事件で、うち女性患者=当時(85)=1人への傷害容疑で逮捕された看護師羽室沙百理容疑者(26)が「寝たきりで意思表示ができない高齢患者を狙った」と供述していることが12日、県警への取材で ...
看護師はほかの高齢患者を骨折させたことも認めており、「職場の人間関係に悩んでいた」と話している。 傷害の疑いで逮捕されたのは、佐用町の佐用共立病院の看護師・羽室沙百理容疑者(26)。警察の調べによると、羽室容疑者は去年1月、寝たきりで会話ができない状態 ...
また、高齢者福祉の充実としてグループホームなどの施設整備、文化芸術振興として「二宮尊徳記念資料館」の整備着手も盛り込んでいる。 斎藤氏は「市民と共に作ったまちづくり基本条例、市総合計画を前提にしたのが今回のマニフェスト」などと説明した。
... のデザインの検討が出来ます。 ・環境に配慮した素材や、各種実績サンプルも揃えています。また特殊なゴーグルを装着することで、高齢者や色弱者の視覚を疑似体験し、高齢者や色弱者の立場に立った色やデザインの検証をするUD(ユニバーサルデザイン)シミュレーシ.
また、設置対象店舗では高まる介護相談のニーズに対応するため、ツルハ本社からケアマネージャーを派遣し、相談受付を行うことも検討しています。 本実証事業ではHealthPresenceのデモ版としてセキュリティや低遅延などの必要要件を確保し、狭帯域でのHD ...
設置対象店舗では介護相談のニーズに対応するため、ツルハ本社からケアマネージャを派遣し、相談受付を行うことも検討中だ。 本実証事業ではHealthPresenceのデモ版としてセキュリティや低遅延などの必要要件を確保し、狭帯域でのHD画像伝送(エンコード/デコードの高速 ...
TOTOは12日、親などの介護を希望する社員に認めている短時間勤務制度の利用期間について、現在の上限3カ月を4月から無期限とする方針を明らかにした。 同社によると、希望者は午前中や午後だけなど計15種類の勤務パターンを選べ、通常8時間の勤務を最短3時間 ...
同市では甲東中学校(樋之口町)横のパース通り沿い35メートル区間、鹿児島障害者職業センター(鴨池2丁目)前20メートル区間、同センター近くの県老人福祉会館前(同)13メートル区間に設置する。 利用者は70歳以上の高齢者、聴覚と肢体不自由の障害者、妊婦と ...
徳島市のすぎの子共同保育所の年長園児11人が11日、同市八万町のグループホーム「そのせ」で入所のお年寄りと交流した。 園児は日ごろ練習している太鼓演奏や獅子舞、歌を披露したり、お年寄りの手を取って一緒にお手玉や手遊びを楽しんだり。 ...
■ 静岡市高齢者福祉課は、2011年度に特別養護老人ホームなどの施設整備説明会を3月17日に開く。対象は整備を希望する事業者など。施設整備の概要、設備基準、補助制度などを説明する。会場は静岡市葵区の静岡市役所静岡庁舎17階170会議室。 ...
2010年03月11日()
公共事業の削減に苦しむ建設業者と観光客数の低迷に悩む観光業者が連携し、伊豆地域の観光地のバリアフリー化を推進することになった。三島建設業協会や伊豆の国市観光協会などが核に、4月にも伊豆バリアフリー研究会を発足させる。高齢化社会を見据え、誰もが安心して ...
在宅看護研究センターは20日、東京都中野区の中野サンプラザ8F第6研修室で、開設25年を記念した「介護体験からナースに望むこと」を開く。看取(みと)りを経験した家族、日々、訪問看護に携わる看護師らが集い、これまでの体験を語り合うことで今後の在宅療養に ...
当該地は約0・76ヘクタールで、病院や高齢者福祉施設などの集積が計画されている区域の一部。都市綜研は、博多港開発から土地を購入して15階建ての高齢者向け分譲マンション(300戸)を建設するとしていたが、09年3月の支払期限を過ぎても、景気悪化など ...
認知症の人が自らの悩みや不安、生きる希望を語る取り組みが県内で初めて動き出した。11日、早島町で開かれた「介護教室」(同町主催)では、当事者2人が50人を前に対談。病気への理解と支援を訴えた。 登壇したのは、岡山市在住の戸田恵さん(78)と能勢功一郎 ...
同病院では2008年12月~昨年1月、逮捕容疑となった女性1人を含め寝たきりだった高齢の入院患者計6人が相次いで肋骨を骨折したことが同年3月に発覚。同課によると、羽室容疑者は「6人とも骨折させた。同僚との人間関係で悩み、イライラしていた」と供述している。 ...
兵庫県佐用町の佐用共立病院に入院中の高齢患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られていた事件で、県警捜査1課と佐用署は11日、女性患者=当時(85)=に対する傷害容疑で、同病院の看護師、羽室沙百理容疑者(26)=同町山脇=を逮捕した。県警によると「同僚との人間 ...
横浜市は11日、介護保険サービスで自己負担の上限額を超えた利用者約2万人への超過分計約2億2千万円の払い戻しが、担当職員のミスで本来の支給日より5日遅れると発表した。 同サービス費の支給方法は銀行口座への振り込み。通常は市担当職員が支給日の約2週間前に ...
自慢の七宝焼の作品を並べていた鈴木君枝さん(65)は「多くの人に見てもらい、感想を聞けることが、創作活動の励みにつながる」と笑顔で話していた。 12日までで入場無料。開場時間は午前10時~午後3時。問い合わせは、市高齢福祉課電話046(260)5611。
横浜市は11日、一定の限度額を超えた介護サービスの自己負担分を払い戻す高額介護サービス費について、対象者1万9948人分の振り込みが事務処理ミスで5日間遅延したと発表した。総額は2億1976万4808円で、1人当たりの平均は1万1017円。 ...
捜査1課によると、女性は肺炎治療のため入院し、寝たきり状態で、24本の肋骨のうち19本が折れていた。同23日に死亡した。 羽室容疑者は06年から同病院で勤務を始め、いったん別の病院に移った後、08年から再び同病院に勤め、現在は育児休業中。
こうした問題に対し、張副主任は「社会保障システム制度化の完成の加速」「高齢者福祉施設機構の確立や施設建設の推進」「高齢者向け産業の育成と高齢者の世話・介護のための訓練システムの確立」「行政管理機構改革の加速」の4つの意見を提案している。(翻訳・編集/HA)
患者は入院当時寝たきりで、意思表示ができない状態だったといい、同課などが捜査を進めている。 逮捕容疑は昨年1月13~19日、同病院に入院していた85歳の女性の胸を両手で圧迫し、肋骨12本を折った疑い。(2010/03/11-20:59)
どこに医学部を作るべきか?—戊辰戦争と医師偏在の関係を考える— (媒体での記事掲載終了)

2月21日、朝日新聞は「医学部新設、3私立大が準備」というスクープ記事を発表しました。設置を検討しているのは、国際医療福祉大(本校・栃木県大田原市)、北海道医療大(北海道当別町)、聖隷クリストファー大(浜松市)の3つの大学です。設置認可を…

発明した介護ロボットを使い、引きこもりの孫との心温まる触れ合いを描く。津川は「ロボットがうまくできていた。美術さんのおかげ、美術さんに拍手」と語った。 介護される認知症の祖母を岩本多代が演じたが、岩本には「立っているだけで認知症に見えた。 ...
広島弁護士会(山下哲夫会長)と県社会福祉士会(小山峰志会長)は10日、「広島高齢者虐待対応専門職チーム」を結成した。法と福祉の専門家が手を結び、高齢者虐待の防止施策を担う市町や地域包括支援センターを支援。介護疲れなどから年々増える虐待への対応を充実させ ...
クラブツーリズムは、視覚障害者や高齢者向けに通常の2倍から3倍の時間をかけてお参りするお遍路ツアーを11年間実施しており、2009年には「車椅子ご利用の方も参加できるバリアフリーお遍路」で「Tour of the Year 2009 審査員特別賞」を受賞している。 ...
区長は職員向けの文書で、特別職の妊娠出産休暇や育児休暇、介護休暇について規定した条例案を6月定例議会に提案する方針。 区長ら特別職には育児休暇に関する規定が適用されず、期間中の報酬を区に返還することは寄付行為に当たらないよう、条例化が必要で、今回は行わ ...
区長は「特別職に育休制度がない」として、特別職の妊娠出産休暇や育児休暇、介護休暇について規定した条例案を6月定例議会に提案する方針も示した。 休暇中、区長は区内の自宅で育児に専念するというが、4月8日に開かれる都議会特別委員会には出席する予定。
施設管理を監督し、国中のレンタルアパートで住宅福祉を支援するために、パートタイムのスタッフを入れていた。 従業員は、月につき500000ウォン(420米ドル)で、6ヵ月の間、1日につき4時間働く。 「我々は高齢者が経済困難で苦しむことを知っています、しかし、我々は ...
障害者施設で地域産品を開発するヒントを得ようと、市内五つの福祉事業所が主催し、施設職員など約120人が来場した。 上勝町の株式会社「いろどり」の社長を務める横石氏は、高齢者の活躍の場をつくって地域活性化にも結びつけた経験を基に「私は、あの人は障害がある ...
香川県は10日、ホームページ(HP)に、認知症を専門とする79医療機関の情報掲載を開始した。情報提供により、認知症の不安を抱える県民に受診を促し、早期発見・対応につなげるのが目的。HPでは、医療機関の連絡先や初診時の手続きなども紹介している。 ...
呼吸器や痰(たん)の吸い出しといった医療的ケアの必要な患者が、医療と介護のすき間に落ちている。国が入院日数の短縮をすすめる中、病院から出て家でケアを受ける患者が増える一方、従来の介護施設を使おうとしても、医療的ケアが必要なことを理由に、受け入れを断られ ...
「人口減少は止めようがないが、高齢者が活躍できる場や幸せを実感できる方策を示し、実践することが日本全体の将来を考えることにもなる」との見解を述べた。 政策では▽地域で支える福祉と医療の構築▽地域力の向上▽オリーブをシンボルとする小豆島らしいライフ ...
広島弁護士会(山下哲夫会長)と広島県社会福祉士会(小山峰志会長)は10日、高齢者虐待問題に対応するため専門チームを結成する協定を結んだ。法律と福祉の専門家が協力し、県内市町の要請に応じて高齢者の身体的、経済的な虐待問題に対応していく。 ...