介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年03月10日()
黒地から白い字が浮き出て、高齢者や視覚障害の人にも見やすい。本の街、神保町からバリアフリーへの一つの方法を提案する。 白地に黒字の一般の本は反射しやすいが、反転すると、コントラストがはっきりし、弱視や色覚障害の人でも見やすくなることが多い。 ...
黒地から白い字が浮き出て、高齢者や視覚障害の人にも見やすい。本の街、神保町からバリアフリーへの一つの方法を提案する。 白地に黒字の一般の本は反射しやすいが、反転すると、コントラストがはっきりし、弱視や色覚障害の人でも見やすくなることが多い。 ...
現職の坂下一朗町長は今季限りの退任を表明しており、同町長選で立候補の意思を示したのは塩田氏が初。 塩田氏は昭和50年、旧厚生省に入省。福祉、医療、年金などの分野を歴任。「少子高齢化や人口減少問題を抱えているが、高齢者の知恵や経験を現役世代に活用する ...
笠江さんは、延岡市高齢者福祉協会「笑む笑む会」の調理師。1994年10月から同会が始めた高齢者向けの配食サービスに担当者として当初から携わり、献立作りや食材の確保、味付けや盛り付けなどを一手に引き受けている。
従業員6人に対し3ヵ月分の賃金を支払わなかったとして、東京の介護事業会社と社長が最低賃金法違反の疑いで書類送検されました。金沢地方検察庁に書類送検されたのは、東京都中央区の介護事業会社、キャリアパワーとその社長(42)です。金沢労働基準監督署によると、 ...
認知症の母と旅をしたいという女性(左)の注文を受けて企画した=2009年12月29日、京都市伏見区、宮崎園子撮影 お年寄りの介助付き旅行を企画する神戸市須磨区のNPO法人「しゃらく」が、2年間の活動例をまとめた。息子の結婚式、半年ぶりの外出、人生最後の ...
具体的には、 特別養護老人ホームなど介護3施設の倍増やグループホームなどの3倍増を提案。 在宅介護の支援については、 24時間365日訪問介護サービスの大幅な拡充、 さらに、 介護分野で働く人たちの処遇改善交付金の継続・対象拡大と介護報酬引き上げなどを ...
特別養護老人ホームや介護施設で働きながら、ケアマネージャーや介護福祉士など資格も取得。介護の世界で充実した生活を送りながらも、「もっとケアをしてあげたい」との思いを強くしていったという。転機は50歳。子どもが社会人となり、改めて自分自身を見つめ直す時間が ...
市に登録する要約筆記奉仕員45人を派遣しているが、公的機関主催の講演や講座、福祉関係団体の会議などが対象で、個人派遣は認めていなかった。 高齢の難聴者や中途失聴者は手話が理解しにくいため、市難聴者協会は昨年3月に市議会に請願を提出し、個人派遣を求めた。 ...
昨年、覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、執行猶予中の元女優酒井法子さん(39)は現在、群馬県高崎市の創造学園大ソーシャルワーク学部で介護や音楽療法について学んでいる。インターネットなどを使うシステムでの単位取得を目指す。同じく執行猶予中の夫高相 ...
昨年、覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、執行猶予中の元女優酒井法子さん(39)は現在、群馬県高崎市の創造学園大ソーシャルワーク学部で介護や音楽療法について学んでいる。インターネットなどを使うシステムでの単位取得を目指す。同じく執行猶予中の夫高相 ...
一方、道内の病床数は全国でも有数の多さだ。国は比較的高度で専門性の高い医療を提供できる「2次医療圏」ごとに、適正とされる「基準病床数」を示している。09年10月1日現在、道内の基準値は一般病床と療養病床を合わせて6万4403床だが、実際には7万8671 ...
... 寝たきりだが、健康状態に大きな問題はなく、普段は息子や孫らとナルディと呼ばれるチェスに似たゲームを楽しんでいるという。テレビカメラの前では、赤ワインを飲み干すなど元気な様子をアピールしていた。 アメリカの「老人学研究会」によると、現在の世界最高齢は ...
認知症のお年寄りの尊厳を回復し、不安を軽減するためのコミュニケーション法(バリデーション)を身に付け、全盲で認知症の母、西元(もと)さん(86)の在宅介護に役立てている。問題行動ばかりに目を向けるのではなく、共感して受け入れることで「わたし自身も気が ...
2010年03月09日()
認知症高齢者もいたが、特別養護老人ホームに空きがなく、生活保護費では費用が高い有料老人ホームに入居できず、たまゆらにいた。 こうした実態を受け、国は老人福祉施設のひとつ「軽費老人ホーム」の設置が都市部でも進むよう、設置基準などを緩和した「都市型」を創設 ...
その一画、面積約4000平方メートルのホウレンソウ畑に介護老人保健施設(老健)を建設する計画が2009年10月、明らかになった。 事業主は東京都昭島市の医療法人社団。鉄筋コンクリート造り3階建て100床の施設を建設する計画で、市によると2月16日付で開発許可申請があり ...
自宅で妻を殺害したとして、殺人罪に問われたさいたま市浦和区領家四、無職出川隆一被告(78)の裁判員裁判が九日、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長)であり、検察側は懲役五年を求刑。弁護側は同意殺人が成立するとした上で、執行猶予付き判決を求めて結審した。 ...
第2部では、東京都社会福祉協議会高齢者施設福祉部会常任委員で、特別養護老人ホーム江戸川光照苑苑長である水野敬生氏による福祉現場からのメッセージ、特別養護老人ホーム伊興園による福祉現場からの実践報告「音楽を活用し、高齢者の活動範囲を拡大する取り組み~沖縄 ...
しかし不振が続くGMS改革に着手するなか、ドラッグストア事業の見直しの一環として、手薄な化粧品分野のてこ入れや、今後の高齢化社会をにらみ介護事業の強化などを迫られていた。このためCFSを子会社化することで「交流をさらに深めてノウハウを取り込むことで、 ...
ヨドバシカメラ 「東京厚生年金会館」120億で落札 (媒体での記事掲載終了)

   家電量販店大手のヨドバシカメラは2010年3月末に閉館する「東京厚生年金会館」(東京・新宿)の土地と建物を、所有者の年金・健康保険福祉施設整理機構から120億円で2月12日に落札した。カメラ博物館・ギャラリーにする計画だ。


転倒をきっかけに入院や寝たきりになり、要介護認定などを受けてしまう高齢者も見受けられます。 そこでこの度、大人用紙おむつメーカーの当社と、スポーツ用品メーカーヨネックス(株)と共同で、まさかの転倒時に大腿骨の付け根を衝撃から守る『転ばぬ先のあんしん ...
検察側は論告で、「被害者は当時、認知症や睡眠薬などの影響で判断能力が低下し、同意できる状態ではなかった」とした。一方、弁護側は最終弁論で、「被害者は認知症ではなく、首を絞められる間に抵抗できたのに、抵抗しなかったことから死を受け入れる意思があった」と ...
また社会福祉法人などの支援団体が入居前の契約立ち会い、通訳派遣、生活ルールや市場慣行の説明などを手助けするほか、入居後も電話相談やトラブル・緊急時の対応にあたる。 説明会当日は、国土交通省住宅局住宅総合整備課長担当官による事業説明と、「外国人はこうすれ ...
苫小牧市介護福祉課によると、市内23カ所の認知症対応グループホームは7月末時点で、待機者は105人を数える。施設の増設を計画しているものの、待機者全員の希望に応えるのは難しい、という。 力を入れるのが認知症への理解啓発。正しい知識を持ち、日常生活の中で ...
介護事業最大手のニチイ学館 <9792>は3日ぶりに反落。一時8円安の818円と下げるなど800円台でもみ合う動きから抜け出せない。9日付けの日本経済新聞朝刊は、「旧コムスンから介護事業を承継した同社、セントケア・ホールディングス <2374>、ジャパンケアサービスグループ ...
定例岡山市議会で8日、繁定昭男総務局長は、避難所生活に特別な配慮が必要な高齢者や障害者らのため、「福祉避難所」として特別養護老人ホーム、老人保健施設、ふれあいセンターなどの指定を検討する方針を示した。鬼木のぞみ氏(市民ネット)の個人質問に答えた。
トマト銀行(岡山市北区番町2丁目、中川隆進社長)は、認知症を正しく理解し支援する「認知症サポーター」の養成を岡山市と連携して始めた。今後、各支店に2人のサポーターを配置し、認知症の顧客と家族が利用しやすい環境づくりを目指す。
学校がある同町紀伊長島区の独り暮らしの高齢者約800人全員に、毎年年賀状を書いてきた。同校では6日に閉校式があり、62年の歴史に幕を下ろしたが、年賀状の思い出は、それぞれの心にしっかり刻まれた。 同校には福祉コースがあり、年賀状は、高齢者や障害者と交流 ...
高齢者を対象に、買った日用品を家まで運ぶサービスが、都市再生機構(UR)などの団地が集まる千葉市の海浜ニュータウンで広がっている。バリアフリーが整っていない中層団地の高齢者には不可欠なサービスだ。だが、小さな商店街で運営を維持するのは厳しく、関係者から ...
見守りネットワークは、孤立しがちな地域の高齢者らの状況を把握し、自治会などの単位で民生委員やボランティアが組織的に声掛けをする活動。これまで全国の社会福祉協議会が旗振り役として、取り組みを呼びかけてきた。 活動が地震など大規模災害で生じる要援護者の避難 ...
市障害福祉課は「六人から十人ぐらいは雇用したい」という。歌劇座の喫茶店は、十二月一日から再開を予定しており、精神障害者の雇用数は、これまでより増える見込み。 百万石まつりのメーン行事「百万石行列」がある六月五日には、喫茶店前に高齢者優先席を二百五十人分 ...
「20年後の日本の高齢化率とほぼ同じ。建て替えに合わせてまちづくりをするのにぴったりだった」と秋山さん。 東大と柏市、都市再生機構の共同構想はこうだ。古い5階建て住宅を壊し、エレベーターを備えバリアフリー対応の10~14階建てマンションを建築。 ...
アンドレ・ピールさん(ナチス・ドイツに対する抵抗運動の女性活動家)AP通信によると、8日、英南部ブリストルの介護施設で死去、105歳。死因は不明。 第2次大戦中、ナチス・ドイツ占領下のフランスで英米の空軍兵士ら100人以上を救出。 ...
1990年から認知症の高齢者や家族を支援してきた神戸市東灘区のボランティア「ろう梅会」が2月で活動に終止符を打った。介護や昼食、遊びなど家庭的なサービスを提供してきたが、会員が高齢化し、20周年を区切りにした。活動を締めくくる会が開かれた8日、会員ら ...
2010年03月08日()
施設と取引のある市内の介護ショップしずき(井高隆代表)の相談員落合征奈さんが、化粧品会社の元美容部員の経験を生かして開催を提案。活気づくりを期待して施設が初開催した。 参加者は約20人。入所者やデイサービス利用者に交じって、女性職員も身を乗り出して見学 ...
システム開発・製造受託のカウベルエンジニアリング(佐久市、坂川和志社長)は、高齢者の徘徊(はいかい)や無断外出を検知するシステムを開発し、近く販売を始める。発信器を持たない人が出入り口を通過すると「徘徊」と判断し、通報する仕組み。徘徊者に発信器を携帯 ...
横浜市緑区は8日までに、区福祉計画策定のために行った区民アンケートの結果をまとめた。地域福祉のために必要なのは「住民が顔見知りとなり支え合うこと」と回答した人が多く、地域ボランティアへの関心が高かった。地域とのつながりを重視している区民が多いことを ...
自転車タクシーをお年寄りや体の不自由な人の足にしてもらおうと、滋賀県彦根市で自転車タクシーを運行するNPO法人「五環生活」が、16日から市内の高齢者らが通常より割安で利用できる「福祉輪タク」サービスを滋賀県内で初めて実施する。試験運行を同市の城西学区 ...
女優の雪村いづみ(72)が7日、05年に公開された主演映画「そうかもしれない」(保坂延彦監督)がDVD化を記念して東京・渋谷アップリンクで再上映され、舞台あいさつ。認知症の妻という難役だったが、原作を読んで感動し、「マネジャーにも相談せず、勝手 ...
小規模老人保健施設は、診療所の西側に平屋約990平方メートルを建設、2012年4月に開設する予定。 同センターは貴生川町立国保直営診療所が前身。現本館が築45年、新館(介護病棟)が築30年を経たうえ、介護療養病床(19床)が11年度末で閉鎖されるのに ...
話題となった動画はトイレで用を足す老人女性(94)の鼻を指でつまみあげるなど虐待とも取れるシーンを携帯電話で撮影したもので、カトレアで働いている女性介護士(19)が撮影したことも分かっています。 この女性介護士は「軽い気持ちでやった。 ...
分散していた窓口業務が一つのフロアに集約されたほか、高齢者や障害者も利用しやすいバリアフリーを採用するなど、旧庁舎になかった機能があり、「使いやすそうだ」などの感想が聞かれた。 今回移転したのは1?3階に入居する市民課、保健年金課、健康推進課、市民税課、 ...
医療無料化を実現し、村民の命を守った男の物語 (媒体での記事掲載終了)

どのようにして医療崩壊を阻止しよう、ずっとそればかりを考えて活動してきました。そして現在の私の結論は、今の日本では、医療のみを再生することは不可能であり、医療、福祉、介護、教育のすべてを見直さなければ、というものです。

町社会福祉協議会の「命見守り ほっと安心」事業の推進にも尽力する湊会長は「見守る目がさらに増えることで活動が深まり、民生委員としてもありがたい。二つの活動を連携させ、力を入れて取り組みたい」と話した。 高齢者見守り隊は事前登録制。新聞配達スタッフらが▽ ...
母の介護などで疲れ、殺害を懇願した妹を絞殺したとして、嘱託殺人罪に問われた住所不定、無職大塚敏弘被告(71)に、千葉地裁(矢野直邦裁判官)は8日、「尊い生命が奪われる重大な結果が生じている」として、懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。 ...
三重・松阪市の介護施設で、入所者の動画がインターネットで公開された問題で、松阪市は8日も施設に監査に入った。 この問題は、松阪市の「グループホームカトレア」で、19歳の女性介護士が、トイレの便座に座った90歳代の認知症の女性に対し、鼻をつまむなどした ...
県議会2月定例会は8日、一般質問を行い、石川俊一厚生部長は認知症対策を推進するため、新年度から「認知症コールセンター」を新設するとともに、専門医療機関に対して「認知症疾患医療センター」の指定を行っていく方針を示した。阿部時久氏(公明党、浜松市中区)への ...
高齢化社会の進展でバリアフリーリフォームなど福祉分野の需要も増えると言われ後押しする要因となっている。楽観視はできないが低迷する住宅市場のカンフル剤として、大手だけでなく関連するねじ企業にまで効き目が浸透して欲しい。
住宅及び高齢者等の居住の安定の確保に資する施設の整備(新築、取得又は改修) 2.高齢者等の居住の安定確保に関する技術の検証 3.高齢者等の居住の安定確保に関する情報提供及び普及 1.生活支援サービス付高齢者専用賃貸住宅部門 2.ケア連携型バリアフリー改修体制 ...
男性による介護の現状と課題を考えるシンポジウム「男たちの介護体験」が7日、京都市北区の立命館大であった。俳優の長門裕之さん(76)が昨年10月に亡くなった妻の南田洋子さんの介護について講演し、介護をしようと思った動機や公的支援の必要性について話した。 ...
高齢社会の到来に伴い、認知症の人が増え続ける中、多くの家庭に寄り添ってきた。「手応え」を感じる一方、相談を担う世話人の高齢化などの課題も出て来ているという。 3月1日、さいたま市北区にある「家族の会」事務局で、世話人の一人、坂口公子さん(62)が、 ...
高齢者雇用促進法では50歳以上~55歳未満を準高齢者、55歳以上を高齢者と定めている。老人福祉法は65歳以上を老人と見ている。老人施設を利用できる年齢も統一されていない。老人福祉館と老人教室は60歳以上から利用することができる。一方、敬老堂を含めて老人 ...
三島署などで詳しい状況を調べている。 同ホームのホームページなどによると、建物は延べ床面積約1万3000平方メートル、一般居室は122室で定員155人のほか、定員17人の介護居室8室があり、温泉を引いた入浴施設を備えている。1993年にオープンした。
2010年03月07日()
友美さんは堺市内の福祉施設で音楽療法士を目指して頑張っていたが、平成20年9月16日に虚血性心疾患のため志半ばで他界。友美さんが福祉施設で得た収入を楽器購入費に充て「少しでも高齢者の方のお役に立てれば」と願っている。 友美さんは幼いころから音楽が大好き ...
さらに、公約にしている少子高齢化対策に触れ「次の時代を担う子どもを守り、育て、高齢者が安心して楽しく過ごせる大田原をつくり出していきたい」と主張。 最後は「二十年間続いた市政の変換をしていきたい。皆さんと一緒に歩んでいきたい」と訴えかけて、出陣式を ...
女優の雪村いづみ(72)が7日、05年に公開された主演映画「そうかもしれない」(保坂延彦監督)がDVD化を記念して東京・渋谷アップリンクで再上映され、舞台あいさつ。認知症の妻という難役だったが、原作を読んで感動し、「マネジャーにも相談せず、勝手 ...
7日午後11時25分ごろ、静岡県三島市川原ケ谷の介護付き有料老人ホーム「サンリッチ三島」から出火、鉄筋コンクリート10階建ての1階の一部を焼いたが、まもなく鎮火した。 三島市消防本部によると、この火災で数人が負傷し、病院で治療を受けているという。 ...
宇都宮市雀の宮の新川で7日、遺体で発見された女性は、近くに住む無職女性(70)と確認したと栃木県警宇都宮南署が発表した。 同署によると、同日午後1時ごろ、「昨夜から家に戻っていない」との家族からの届け出があり、身元が判明した。女性は認知症の傾向があった ...
二本松市の福島介護福祉専門学校の卒業式は6日、同市の県男女共生センターで行われ、66人が巣立った。 氏家直子さん(桑折町出身)が、あだち福祉会理事長賞と「斎藤浩哉賞」をそれぞれ受賞した。 斎藤浩哉賞は県内初の介護福祉士養成機関である同校の開校に尽力し、 ...
唐津市相知町の田頭小(中村義彦校長)で5日、認知症について理解を深める授業があった。同小の4年生8人が認知症になったお年寄りをテーマにした紙芝居を鑑賞。その感想や身近な人が認知症になった場合、自分たちにできることを考えた。 地元で絵本の読み聞かせをして ...
岡山県和気町の「認知症シンポジウム」が6日、同町尺所、町総合福祉センターで約300人が参加し開かれた。認知症の人やその家族を地域でどう支えるべきか意見を出し合った。 「住み慣れた地域で安心して暮らすために」のテーマでパネルディスカッションがあり、同町日 ...
昨年3月から断続的に同会と県高齢者福祉介護課で調整。今年1月、会側の「今後、調理施設を分ける」との提案に、同課は「調理室の分離は非効率的。補助金の効率的執行の視点から理解を得られない」と難色を示し、調整も頓挫した。 緑樹会は、今年2月7日に利用者と家族 ...
廃止について市は(1)高齢者の増加で福祉サービスの取捨選択が必要(2)利用者が320人に固定化している(3)ろ過装置の老朽化-などを理由に上げている。3~4キロ離れた巨勢老人福祉センターや開成老人福祉センターなどの利用を呼び掛ける。 市健康づくり課は「ほかの必要 ...
2010年03月06日()
公開型学習会や研修会を開催しているほか「長寿者の生きがい意識とその実態」「高齢者と福祉情報」などをテーマにした大規模な県民意識調査を実施した。機関誌「Our Life」の発行にも力を入れている。 平田代表は「設立当初に比べて会員数は減ったが、活動の火を ...
政府が外国人看護師・介護士候補者の受け入れ制度の改善に乗り出す。経済連携協定(EPA)に基づくもので、日本語研修を充実させるなど、日本で働き続けられるように支援を強化する。外務省や厚生労働省などが、6月にまとめる政府の新成長戦略に盛り込む方向で調整して ...
「虐待動画」撮影は介護士だった 施設側が会見し謝罪 (媒体での記事掲載終了)

   トイレ内の高齢女性の鼻をつまむ様子などを映した動画がインターネット上に公開された問題で、撮影者が特定された。三重県松阪市のグループホーム「カトレア」を運営する医療法人「松徳会」が2010年3月5日、記者会見を開き謝罪した。動画を撮影したのは同ホームに勤務する女性介護士(19)だったと発表し、介護士を厳重に処分する考えを示した。この介護士は、撮影については認めているが、ネットサイトへの投稿は否定しているという。


公立米内沢総合病院を運営する北秋田市上小阿仁村病院組合の定例議会が開かれ、一般病床を廃止する条例案と規模縮小を前提とした新年度予算案を可決しました。赤字経営が続く米内沢総合病院の管理者側は6日、4月以降一般病床を廃止して療養病床60床のみとする条例案と ...
その一画、面積約4000平方メートルのホウレンソウ畑に介護老人保健施設(老健)を建設する計画が昨年10月、明らかになった。 事業主は東京都昭島市の医療法人社団。鉄筋コンクリート造り3階建て100床の施設を建設する計画で、市によると2月16日付で開発許可 ...
沼津市で介護する母親に暴行を加えて死亡させたとして48歳の男が傷害致死の疑いで5日、逮捕された。逮捕されたのは沼津市南本郷町の無職 室伏 浩幸 容疑者(48)。警察によると室伏容疑者は4日午後9時ごろ、自宅で同居していた母親のきよゑさん75歳を突き倒し頭 ...
特に、高齢者の通院や買い物に役立っているよう。 利用調査は昨年8月。元気号車内や町立病院、町内のイベント会場などで実施した。回答は220人。 元気号の利用を「月4回以上」と答えた人は65人、月2~3回31人、月1回20人と続き、「利用なし」も104人。 ...
市内の日高病院はこのほど、県から事業委託を受けて精神科病棟内に県内で初めてとなる「認知症疾患医療センター」を開設した。介護問題の大きなウエートを占める認知症の対策へ、専門的な医療相談をメーンに診断や治療方針の選定を行うほか、医療・福祉関係者ら官民の ...
三重県松阪市のグループホーム「カトレア」を運営する医療法人「松徳会」が2010年3月5日、記者会見を開き謝罪した。動画を撮影したのは同ホームに勤務する女性介護士(19)だったと発表し、介護士を厳重に処分する考えを示した。この介護士は、撮影については認めている ...
東広島市で、高齢者の地域サロンが234団体(5日現在)となり、この4年間で倍増したことが市社会福祉協議会のまとめで分かった。特に、最近は市中心部での増加が目立つ。市社協は「高齢化が進む団地などで、希薄化したきずなを取り戻す動きが強まっている」とみている ...
足の不自由な高齢者1人を車で高台に送った。 釜石市の大渡町自主防災会も、寝たきりの高齢者1人を担架で避難所に運び込んだ。荻野哲郎会長は「若い人たちが頑張ってくれて、スムーズに対応できた」と振り返る。 大船渡市の山口地区はトランシーバーを使い、逃げ遅れが ...
2010年03月05日()
... 福祉村構想」に取り組む考え。 施設は宿泊機能のある本館、チャペル、ホールを備え、テニスコートも整備されている。同社は施設をリニューアルし、多目的ホールや宴会場を開放して地域コミュニケーションの場とするほか、高齢者や障害者の支援施設として活用する。 ...
財産管理を任される成年後見人の立場を利用し、認知症の母親(93)の現金を着服したとして、前橋地検は5日、業務上横領の疑いで、群馬県高崎市居住、無職、桜井哲男容疑者(59)を逮捕した。前橋地検によると、桜井容疑者は容疑を認めているが、使途などについては ...
三重・松阪市のグループホーム内で撮影されたお年寄りへの虐待が疑われる映像が、動画投稿サイトに公開された問題で、5日午後、ホーム側が会見を開き、撮影したのは19歳の女性職員であることを認め、謝罪した。 何者かに鼻をいじられ、手で払いのける高齢の女性。 ...
松阪市によると、問題の動画に映っているのは認知症の高齢者が生活する松阪市山室町の「グループホームカトレア」に入所している90歳代の女性。トイレの中でズボンを下ろしている女性に対し、何者かが女性の鼻をいじったりするなどからかうような様子が撮影されていた。 ...
秦野市社会福祉協議会は5日、訪問介護予定8人分の個人情報が記入された書類が入った職員の手提げ袋を、駐車中の乗用車から盗まれたと発表した。同日、秦野署に盗難届けを提出した。 同社協によると、4日午後9時すぎ、訪問介護員の女性(52)が事務所で業務の準備を ...
三重県松阪市の認知症者の「グループホームカトレア」で、入所している女性(94)がトイレに入っている姿や、鼻をつままれ、侮辱するような言葉を投げかけられている動画がインターネットの投稿サイトに掲載されていたことが5日、分かった。 ...
松阪市に3日夜、通報があり、市は虐待の疑いもあるとみて介護保険法に基づき監査、松阪署に通報した。市によると、3日午後に動画2本が会員制サイトに投稿された。トイレでズボンを下ろして便座に座った女性に、職員が鼻をひねったり「はげてますよ」と話していた。 ...
福島県いわき市の老人介護施設で5人が死傷した火災で、県警いわき東署は5日、施設を経営する男(38)を業務上過失致死傷容疑で福島地検いわき支部に書類送検した。同署によると、男は施設全体を管理する立場でありながら通路に物が置かれたままにするなど避難経路を ...
体験から、介護の心や喜びを温かな語りで話されました。 (いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。 ...
介護給付費の不正受給などで介護保険法に基づき指定を取り消された介護サービス事業所が、2008年度は116カ所に上り、介護保険制度が発足した00年度以降で過去最悪だったことが、厚生労働省の調査で5日、分かった。 … [記事全文]
三重県松阪市の介護施設で、入居しているお年寄りの女性がトイレに入っている姿などを職員が撮影し、この映像がインターネットの動画投稿サイトに掲載されたことがわかり、松阪市は施設の職員による虐待の疑いもあるとみて調べています。
国土交通省は、高齢者等居住安定化推進事業など6事業について、3月5日から提案募集を始めた。 対象となる事業の主な内容は、高齢者等居住安定化推進事業(施設の整備/技術の検証/情報提供・普及、生活支援サービス付高齢者専用賃貸住宅/ケア連携型バリアフリー改修 ...
福祉や介護分野への就職を希望する人を対象にした福祉・介護の仕事に関する相談会やフェアが、あさって(7日)と今月12日に開かれます。 あさって(7日)は、「福祉のしごと相談」と題して、午前10時から午後3時まで、和歌山市中之島の和歌山県立体育館で、 ...
【函館】高齢者介護施設を運営する北海道福祉環境センター(七飯町藤城)は12日、MEGAドン・キホーテ函館店(函館市美原)に通所介護施設「デイサービスな菜(な)」を開設する。商業施設内の通所介護施設は道南では初めてで、道内でも北見に続き2例目。 ...
幼児用おやつや介護食など品ぞろえを充実した。 8日に発売するのは幼児用おやつ「たまごぱん風クッキー」(105円)や乳幼児ペットボトル飲料「ベビーのじかん フルーツミックスウオーター」(189円)、介護食「ふっくら雑炊 ふぐ雑炊」(210円)など。 ...
高齢者宅を訪問し、会話を楽しむ学生。新年度は授業に取り入れる=山形市 山形市の山形短期大(4月から東北文教大短期大学部)人間福祉学科は、2010年度から2年生80人全員が山形、上山両市内4地区で在宅高齢者を訪問する。同学科の学生は全員が介護福祉士を目指しており、 ...
三重県松阪市のグループホームに入所する女性が鼻をつねられたりしている映像が、インターネットの会員制動画投稿サイトに流されていたことが5日、分かった。市介護高齢課が確認したところ、女性が嫌がる姿も映っていたといい、同課は県警松阪署に「虐待と疑われる動画が ...
市によると、映像には認知症の高齢者が生活する松阪市山室町の「グループホームカトレア」に入所している90歳代の女性がトイレの中でズボンを下ろしている際、何者かが女性の鼻をいじるなど、からかうような様子が撮影されていた。 この映像がインターネット上で公開 ...
三重県松阪市の認知症者の「グループホームカトレア」で、入所している90代女性がトイレに入っている姿や、何者かが鼻をつまみ、侮辱するような言葉を投げかけている動画がインターネットの投稿サイトに掲載されていたことが5日、分かった。松阪市は虐待の疑いもあると ...
三重県松阪市の認知症者の「グループホームカトレア」で、入所している90代女性がトイレに入っている姿や、何者かが鼻をつまみ、侮辱するような言葉を投げかけている動画がインターネットの投稿サイトに掲載されていたことが5日、分かった。 松阪市は虐待の疑いもある ...
三重県松阪市の認知症者の「グループホームカトレア」で、入所している90代女性がトイレに入っている姿や、何者かが鼻をつまみ、侮辱するような言葉を投げかけている動画がインターネットの投稿サイトに掲載されていたことが5日、分かった。 … [記事全文]
介護や農林漁業分野への就職を支援する「未来の成長分野チャレンジ就職相談会」は4日、盛岡市内のホテルで開かれた。岩手労働局と盛岡公共職業安定所が初めて企画。厳しい就職環境の中で、予想の200人を超す292人が参加した。 介護関連の事業所32社と農林業関連 ...
国が各都道府県に策定を求めている「高齢者居住安定確保計画」を、県が今月中旬、全国で初めて策定する見通しになった。2011年度末までに、介護つきの民間施設や公的賃貸住宅を3160戸に増やすことを目標に掲げる。10人が犠牲となった「静養ホームたまゆら」の ...
認知症の高齢者が介護を受けながら共同生活する三重県松阪市の「グループホーム カトレア」の女性入所者がトイレで用を足す姿を撮った動画が何者かによってインターネットに投稿され、公開されていたことが分かった。 虐待を疑わせる場面もあり、松阪市は4日、同施設の ...
高齢者や入院患者、障害者など、外出することが困難な人たちに向けた美容師の出張サービスの利用が広がりつつある。美容師はホームヘルパーの資格も持っているとあって、利用者の反応は上々だ。(長谷部崇) 赤穂市塩屋の出張美容ホームサービス「ルイ」を経営する堂本真 ...
認知症の高齢者が介護を受けながら共同生活する三重県松阪市の「グループホーム カトレア」の女性入所者がトイレで用を足す姿を撮った動画が何者かによってインターネットに投稿され、公開されていたことが分かった。 虐待を疑わせる場面もあり、松阪市は4日、同施設の ...
認知症の高齢者が介護を受けながら共同生活する三重県松阪市の「グループホーム カトレア」の女性入所者がトイレで用を足す姿を撮った動画が何者かによってインターネットに投稿され、公開されていたことが分かった。 虐待を疑わせる場面もあり、松阪市は4日、同施設の ...
2010年03月04日()
エーザイで日本事業を担当する本多英司常務執行役員は3月4日、同社が開いた記者懇談会で、主力品の認知症用薬アリセプトについて、他社から承認申請された3つ認知症薬が発売されても、トップシェアは死守する姿勢を示した。 新たなアルツハイマー型認知症用薬が、2月 ...
併せて住戸内部のバリアフリー化や外壁の改修も進め、外断熱も導入する。減築で撤去した資材の再活用などを進め、「菜園付き住宅」に改修する。 一方、4階建ての26号棟では、最上階の横に並んだ3戸の真ん中の住戸だけを撤去し、凹字型に減築。新たに現れた3階天井部分 ...
鳩山由紀夫首相は4日の参院予算委員会で、学校の耐震化や介護報酬の引き上げ、介護施設不足に早期に対応するため、2010年度予算案に計上されている予備費の活用に言及した。「学校の耐震化、介護施設の充実は急務だ。いかに実現するかの一つの手段として予備費の使用は ...
鳩山由紀夫首相は4日の参院予算委員会で、新年度予算案に計上されている1兆円の予備費について「学校の耐震化、介護施設の充実は急務だ。一つの手段として予備費の使用は十分にあり得る」と述べ、予備費を充てる考えを明らかにした。 また、北海道教職員組合側から陣営 ...
お婆さんはトレイ中のようで、女性が「お婆さんの介護」をしているように見える事から、この女性は介護士ではないかと言われている。 問題となっている動画の内容は、「自分が何をされているのか認知していない状態」と思われるお婆さんに対し、女性がちょっかいを出す ...
エーザイは5日、都内で記者団との懇談会の席上、2010年度から12年度までの事業戦略見通しを発表した。今年、米国で特許切れを迎える主力のアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」の売上高の目減り分を開発中の新薬計16製品の承認申請でカバーし、連結売上 ...
高齢者を取り巻く社会情勢が変化してきたことから、高齢者福祉施策の再構築を図る必要があるとして検討されてきた今回の条例廃止。藤沢市議会では、経過措置もありとの姿勢をとっている。 助成制度対象者には、藤沢市保健医療福祉課より、67歳から69歳の誕生月の前月中 ...
健康福祉部の高齢福祉課を「長寿福祉課」に改称し、高齢者支援係と介護予防係を統合して「長寿福祉係」にする。 また、健康福祉部男女共同こども課に「発達支援室」を新設。 企業誘致担当課長は「企業支援担当課長」に改称する。 審議会には行政区や商工業、市民活動など ...
市健康福祉部によると、2008年度に利用した332人のうち高齢者は41人(12・3%)だけで「交付要件に合わない高齢者が多くいる」と判断した。対象拡大により10年度の利用は650人、事業費は780万円と、ともに08年度の約2倍になると見込む。 ...
仏料理で味も見た目もおいしい介護食を―。沖縄調理師専門学校(安次富順子校長)は2月27日、介護食士2級講座の一環として「フレンチでケア・メール(介護食)」を開催した。食物加工研究室Ayano室長で国内外のホテルで腕を振るってきた早野視津留さんが軟らかく ...
認知症の高齢者やその家族を支えるため県は4月にも、電話相談を受ける「認知症コールセンター」を初めて開設する。 専門スタッフが介護などの相談に応じる。 配置するスタッフは認知症に詳しく介護経験がある人を中心に人選している。 相談は月曜〜金曜日の日中に限り、 ...
核になるのが「ケア会議」だ。 退院や入院、病状変化などの節目に関係者が15分程度の会議を開き、診療や介護方針を話し合う。集まるのは、当事者と家族、入院先の病院の医師や看護師、退院後の生活を支える地域の診療所の医師や看護師、ケアマネジャー、介護事業所の ...
県は2009年4月、建築住宅課、消防保安課、介護高齢課が連携して無届け施設などの情報共有を図る「県建築物等事故防止連絡協議会」を設置。同5月には建築住宅課に福祉施設などの防災設備の点検を専門で行う「建築防災査察班」を新設し、県内の67施設の防災状況を ...
身寄りのない高齢者や要介護者ら10人が犠牲になった背景は――。渋川市北橘町の「静養ホームたまゆら」の昨年3月の火災で、施設を運営するNPO法人「彩経会」理事長の高桑五郎容疑者(85)らが3日、業務上過失致死罪で起訴された。県警の調べや施設関係者の話から ...
大分市のケアマネジャー和田亮二さん(48)に聞いた。 子が県外に出て親と同居することが減り、高齢の夫婦のみで暮らすうちに弱っていく。こうして「老老介護」が増えている。以前よりも地域のつながりが薄れており、介護世帯は孤立しがちだ。在宅で介護している人は、 ...
県内2例目の裁判員裁判で、介護疲れの妻による犯行をどう裁くのか注目されていたが、検察、弁護側双方とも「判決内容は妥当」との考えを示した。 判決によると、宮森被告は認知症の夫の介護をしていたが、友人とのささいなトラブルから思いつめて無理心中しよう ...
3日午後4時20分ごろ、長崎市田上2丁目の県道で、同市の介護施設「ヒューマン・コミュニティ中島川」の送迎用ワゴン車が対向車線を横切り、街路樹を倒して歩道脇の金網フェンスを突き破り、約1・5メートル下の駐車場に転落。さらに駐車していた乗用車にぶつかった ...
要支援の人と要介護の人に提供されるサービスの違いは分かりにくい(本文とは関係ありません)【拡大】 介護サービスを受ける高齢者や家族にとって、気心の知れたケアマネジャー(ケアマネ)の交代はストレスだ。しかし、介護度が要支援から要介護に悪化すると、ケアマネ ...
2010年03月03日()
利用者が増えている介護保険のサービス利用料の中にも、条件を満たせば、例外的に医療費控除の対象になるものがあります。 例えば、訪問看護や訪問リハビリ、通所リハビリにかかる一割の自己負担金は医療費控除の対象になります。訪問介護や訪問入浴介護、通所介護など ...
運転する高齢者が認知症になったとき、こんな悩みを抱く家族の参考にと、厚生労働省の研究班がマニュアルを作った。研究班の代表で国立長寿医療センター(愛知県大府市)長寿政策・在宅医療研究部の荒井由美子部長に、高齢者にとっての運転の意味と、家族のかかわり方 ...
県内の介護施設で働く職員や、利用している高齢者を撮影した写真などを集めたDVDを県老人福祉施設協議会(老施協)が制作した。各地で上映したところ、施設職員らから「私たちの気持ちがよく表れている」「施設の様子がよく分かる」と評判を呼んでいる。 ...
県警は、入居者の大半が高齢者で食事や介助などのサービスが行われていたことから、たまゆらが実質的に有料老人ホームと断定。地検は、建築法上の寄宿舎とした上で、歩行困難な高齢者らが入居する施設として防火対策など安全面での不備や建物のずさんな構造を指摘した。 ...
要支援の人と要介護の人に提供されるサービスの違いは分かりにくい(本文とは関係ありません) 介護サービスを受ける高齢者や家族にとって、気心の知れたケアマネジャー(ケアマネ)の交代はストレスだ。しかし、介護度が要支援から要介護に悪化すると、ケアマネは原則、 ...
go.jpまで。郵送は封筒に「介護保険制度への意見募集」と朱書きし、〒100ー8916 千代田区霞が関1の2の2 厚生労働省老健局総務課、FAXは03・3503・2740まで。住所、職業、氏名を明記し、必ず規定の書式で応募を。
当時、被告は東京都大田区でカラオケ店を経営し、節子さんに介護サービスを受けさせながら生活。〇七年十一月、自宅を売却して浦和区の次女宅の近所に転居したが、年金などの収入もなく、手元に残った約千三百万円を使い切ったら「妻を殺して自分も死ぬ」と考えた。 ...
住友生命社会福祉事業団の「スミセイさわやか介護セミナーin金沢」(本社共催)は 3日、金沢市の県文教会館で開かれた。作家の落合恵子さんが「母に歌う子守唄~わたし の介護日誌~」と題して「家族の数だけ介護がある」と語った。 落合さんは在宅で7年間、母親の ...
介護疲れが背景にあるとされる事件としては九州初となる裁判員裁判で、認知症の夫(77)を殺そうとしたとして、殺人未遂罪に問われた大分県別府市亀川東町の宮森美智子被告(73)に対し、大分地裁(宮本孝文裁判長)は3日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の ...
さいたま市で昨年6月末、介護疲れから妻を絞殺したとして殺人の罪に問われた同市浦和区領家、無職、出川隆一被告(78)の裁判員裁判の初公判が3日、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長)で開かれた。出川被告は罪状認否で起訴事実を認めた。一方、弁護側は「妻は殺害に ...
介護・福祉事業者様の事業所の特色、熱意をもっとケアマネージャーや地域の皆さまにも知っていただきたいというご要望にお応えして、紙面でのポスティングサービスを開始致します。ネットユザーのみならず、ネットを使わない方へも幅広く介護・福祉情報をお届け致します。 ...
避難経路上の扉には、入居者の「徘徊(はいかい)防止」として外側から南京錠などで施錠し、緊急時も入居者が脱出できない状態だった。自動火災報知機など防災設備はなく、宿直の職員も1人しかおらず、安全軽視の施設運営を続けていた、とされる。
トマト銀行(岡山市北区)は今月、認知症の症状や対応の仕方を学んだ「認知症サポーター」を全店舗に配置する。高齢化が進む地域社会への対応を強化するためで、役職員155人をサポーターとして養成する。 各店舗の窓口責任者や担当者を対象にした講座を4日と6日に ...
また来年度は06年度から5カ年で取り組んでいる区地域福祉保健計画の最終年度にあたり、次期5年間の福祉保健計画の策定に取り組む。 3つ目の高齢者支援拠点モデル事業では、南台にある高齢者支援拠点施設「あって~南瀬谷」の運営費などに充てられる。同拠点は高齢者の孤独 ...
歩行者空間バリアフリー検討(100万円)…区内の主要な幹線道路に設置されている古い鋼製歩道橋の利用状況などを調査し、高齢社会における歩行者のバリアフリー化を検討する。 これらの案は現在、市会で審議されており、3月26日に成立する見込み。
ヤンセンファーマは、アルツハイマー型認知症治療薬「R113675」(一般名:臭化水素酸ガランタミン)の国内承認申請を行った。 ガランタミンは、英シャイアが創製し、ヤンセンファーマが国内で開発したアルツハイマー型認知症治療薬。 ...
孤独死を少しでも減らしたい」。2008年11月、高齢者宅の整理、片付けサービス「福祉整理」を始めた。 ごみの処分や家財道具の撤去、汚物処理や消臭、消毒、ネズミ駆除などを手がける。遺品整理のノウハウを生かし、貴重品の仕分け、処分品の再利用、人形など捨て ...
高齢者介護の仕事は不況のなかも求人はまだある方といわれているが、いわゆる「3K職」の1つで求職者側が敬遠し、ホームヘルパーや介護福祉士の資格取得を目指す人は減少傾向。施設等に就職しても離職する人が多く、県は失業者の雇用創出と介護資格取得者を増やすことを ...
広島県は2010年度、認知症の専門的な治療や相談を担う「認知症疾患医療センター」として、県西部と東部の二つの医療機関を指定する。専門的な診断や治療を希望しながら「どこに行けばいいのか分からない」と悩む家族たちの窓口に位置付ける。 認知症の専門外来を設け ...
国が建設費5千万円のうち、地域介護・福祉空間整備等交付金3千万円を補助する予定。建設地が市街化調整区域のため、25日に開かれる道の開発審査会で認可され次第、事業計画策定を始める。 同ネットワークは、障害者と雇用契約を結ぶ就労継続支援型の指定事業所で、 ...
2009年度の介護報酬改定で、介護従事者の処遇はどれくらいよくなったのか――。厚生労働省が3日に公表した調査結果の確定値では、全体の平均で給与が月額約8900円増加したことが明らかになった。ただ、報酬は事業者に支払われるため、引き上げにつながらなかった ...
政府は介護福祉士の試験問題に「褥瘡」(じょくそう)「清拭」(せいしき)等の用語が使用され、日本人でも難解なことから「外国人介護福祉士、看護師の国家試験に対し、読み仮名をつけるべきではないか」と馳浩衆議院議員が求めた質問に答え「介護福祉士候補者等の受入制度を ...
米ジョンソン・エンド・ジョンソングループの製薬会社ヤンセンファーマ(東京・千代田、トゥーン・オーヴェルステンズ社長)は、アルツハイマー型認知症治療薬について、このほど厚生労働省に製造販売承認を申請したと発表した。ヤンセンファーマは中枢神経系疾患を重点 ...
長浜市は2日、合併前の旧湖北町で「高額介護サービス費」と、介護保険加入者の死亡・転出などに伴う保険料還付金合わせて延べ337人分1283万円余りが、支給されていなかったと発表した。担当職員が事務処理を怠っていた。市は1月29日には未支給を把握していた ...
女優三原じゅん子(45)が東京・三鷹市に念願だった介護施設「だんらんの家 三鷹」をオープンしたことが2日、分かった。三原は「約1年半前から計画していました。まだ、スタートという感じ。まだ、何軒も作っていきます」と語った。 オープン日の1日付の公式ブログ ...
株式会社 全老健共済会(所在地:東京都港区 代表取締役社長:木川田 典彌)は、老健、介護施設ならではの注意点を含んだ労働基準法改正の実務上のポイントを解説する、『「平成22年4月 ここが変わる労働基準法~老健・介護施設における労務管理~」webセミナー』を平成22 ...
地域内のコミュニケーションで孤独死を防ぐ取り組みも進む。 京都市長寿福祉課は、昨年10月から「一人暮らしお年寄り見守りサポーター」を募集している。高齢者に目を配り、支援が必要だと感じた場合に地域包括支援センターに連絡するボランティアだ。 ...
刑務所を出所した高齢者や障害者で、帰る家がなく自立が困難な人たちを福祉サービスへつなぐ「地域生活定着支援センター」事業を、県社会福祉協議会(新垣雄久会長)が受託する方向で県と調整していることが2日、分かった。4月にスタートする予定。 ...
誰でもおいしく味わえる食事の調理法を学ぶ「食のユニバーサルデザイン講演会」(雫石商工会など主催)は2日、雫石町上町南の町まちおこしセンターで開かれた。参加した約60人は、高齢者や糖尿病患者向けのフランス料理を試食し、食を通した健康づくりを学んだ。 ...
2010年03月02日()
富士常葉大副学長の稲葉光彦教授(社会保障)はこのほど、50%に迫る高い高齢化環境の中、ビジネス手法で高齢者の生きがい創出や医療費削減を実現する徳島県・上勝町を調査した。高齢者を事業の担い手ととらえ、生きがいを生む「産業福祉」の手法は、「豊かな高齢化社会 ...
有料老人ホームと並ぶ高齢者の受け皿として適合高齢者専用賃貸住宅(適合高専賃)が県内で急増しており、県の下城茂雄健康福祉部長は二日の県議会一般質問で、「(不正な施設運営を防止するため)適正な審査を実施しながら設置を促進していく」と述べた。 ...
今回、障害者や高齢者を雇用するなど、地域や社会への貢献を視野に入れた「福祉型農業事業」を展開するため、センコースクールファーム鳥取を湯梨浜町に設立し、産・学・官の協力による植物工場で野菜などの生産・販売をスタートする。 センコースクールファーム鳥取 ...
高齢者向けセーフティーネット(安全網)整備の一環で、大都市の生活保護受給者でも払える料金の施設を想定している。社会福祉法人や企業、非営利組織(NPO)などの参入を見込む。 老人ホームには入居条件などによって特別養護老人ホームなど4種類ある。 ...
米ジョンソン・エンド・ジョンソングループの製薬会社ヤンセンファーマ(東京・千代田、トゥーン・オーヴェルステンズ社長)は、アルツハイマー型認知症治療薬について、このほど厚生労働省に製造販売承認を申請したと発表した。ヤンセンファーマは中枢神経系疾患を重点 ...
女優三原じゅん子(45)が東京・三鷹市に念願だった介護施設「だんらんの家 三鷹」をオープンしたことが2日、分かった。三原は「約1年半前から計画していました。まだ、スタートという感じ。まだ、何軒も作っていきます」と語った。 オープン日の1日付の公式ブログ ...
第二東京弁護士会は2日までに、脳性まひなどで車いす生活をしている東京都大田区の鈴木敬治さん(58)への移動介護費を大幅に削減した区の処分について「裁量権を逸脱し、鈴木さんの生存権を侵害するもので違憲、違法」として、区に対し、外出実績などを適切に調査した ...
資金不足から施設整備に手が回らない状態で、入所者を受け入れ運営を続けていたとみられる。施設の壁には耐火材を使用していなかった。 また、施設出入口などが外から施錠されていたことについて、久保容疑者は「安全管理より入所者の徘徊(はいかい)防止に力を入れてい ...
滋賀県長浜市は2日、合併前の旧湖北町で約1年半にわたり、介護保険のサービス費や還付金を申請するための書類送付などを怠り、延べ274人の計約1282万円分を支給していなかったと発表した。 市は「当時の担当者が他の業務に忙しく、後回しにしていた」と説明。3 ...
茨城県東海村の介護予防推進キャラクターとして親しまれているJR東海駅前の石像「いもジィ」が壊された。昨年3月にできたばかりの石像が破壊され、その後、新しく作り直されていたが再び被害にあった。 いもジィを設置した同村介護福祉課によると、2月22日、駅周辺 ...
校舎は、障害者用のバリアフリー化を施したうえで、幻のキノコといわれる「黄金タモギダケ」2万株を育成し、産業廃棄物となる菌床を用土に花卉(かき)栽培を始める。 目標売上高は、10年度は3千万円だが、フル稼働する11年度以降は6千万円。10年度中に障害 ...
第二東京弁護士会は2日までに、脳性まひなどで車いす生活をしている東京都大田区の鈴木敬治さん(58)への移動介護費を大幅に削減した区の処分について「裁量権を逸脱し、鈴木さんの生存権を侵害するもので違憲、違法」として、区に対し、外出実績などを適切に調査した ...
福岡県は2日、同県築上町の介護サービス事業会社「グループケアサービス」の2事業所が介護報酬を不正に請求していたなどとして、介護保険法に基づき3月31日付で2事業所の事業者指定を取り消すと発表した。 県によると、2事業所は住宅型有料老人ホームで夜間の巡回 ...
島で死ぬことの難しさ (媒体での記事掲載終了)

昨年末に悪性リンパ腫の高齢女性を在宅で看取った。当初、主な介護者である長男のお嫁さんの負担を心配していたが、島外に住む孫娘が2人帰島し、1カ月半にわたる療養生活を支えた。大きな不安を抱えながらも患者さんのそばに寄り添い、明るく声を掛ける姿…

宮森被告は、起訴内容を認めていて、弁護側は犯行に至った背景に“介護疲れ”があったと主張しています。2日の審理では、6人の裁判員のうち4人が、被告に直接質問しました。裁判員は「犯行に至った大きな要因は」など、当時の状況を聞いたほか「今後の希望を聞かせて ...
交通量が多く、障害者や高齢者ら“交通弱者”を困らせていた東京都世田谷区の三軒茶屋駅前のバリアフリー化工事が間もなく完了する。車通りが激しい国道246号には、車いすでも渡れる横断歩道が新設され、3月5日から利用できるようになる予定だ。10年以上前から、 ...
語り部の一人としてDVDに登場する区老人クラブ連合会副会長の横田一夫さん(83)は「仲間も年を重ね、思うようにしゃべれなくなってきた。映像の記録は、だからこそ貴重」と話している。 DVDの問い合わせは、墨田区高齢者福祉課=電03(5608)6920= ...
また、公明党が24日に首相に手渡した介護制度改革案についても意見交換される見通し。 北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美議員側への違法献金事件や、首相と小沢氏の「政治とカネ」の問題への対応や、企業・団体献金の禁止問題も協議の対象になり ...
総務省消防庁が全国の市区町村に作成を求めていた災害時に援護が必要な高齢者や障害者らの避難支援計画について、県内の6市町が、2009年度末の策定目標期限に間に合わないことが、同庁のまとめで分かった。6市町は、福祉と防災の部局間調整や新型インフルエンザなど ...
夫がなかなか退院を了承せず、「1週間」の期限をつけて帰宅した。 「高齢の夫は頼れる人がいなかった。本当は病院で妻に寄り添うことしか考えていなかったんじゃないか」と続けた。 一方、ホームヘルパーからは、夫が介護に懸命に頑張っていた姿が報告された。 ...
県内2例目の裁判員裁判で、弁護側は被告が夫の介護疲れから心中をはかったと情状酌量を求めている。市民から選ばれた裁判員6人が選任され、午後から1日目の審理が始まった。 公判前整理手続きで、検察、弁護側とも起訴内容に争いがないことを確認している。 ...
被告は認知症の夫の面倒をほぼ1人でみていた。夫の症状は2009年夏ごろから悪化し、夫が同じことで何度も文句を言ったり、外出先まで被告を追いかけて来たりしたため、被告は精神的・肉体的に疲労がたまっていた。 事件直前、被告は知人男性に友人女性の人間関係 ...
特別養護老人ホーム「やすらぎの里」(浜松市西区)などを運営する社会福祉法人「井友(せいゆう)会」が介護報酬約4300万円を不正受給していた問題で、同法人が退職職員の後任を補充しないまま出勤簿を改ざんし、介護報酬を水増し請求していたことが1日、施設関係者 ...
2010年03月01日()
三原は自身のブログの2月28日付エントリーでも「明日からスタートする介護事業所のメンバーです」とスタッフ8名の写真を掲載し、「私にとって、これが夢でした」と介護事業の立ち上げを発表。所属事務所によると、三原がオーナーとして運営していくという。 ...
ヤンセンファーマは3月1日、アルツハイマー型認知症用薬として開発してきた「R113675」(一般名:臭化水素酸ガランタミン)を国内で承認申請したと発表した。普通錠と口腔内崩壊錠と内用液の3剤型を揃え、患者の状態に合わせて選べるようにする。 ...
ノバルティス ファーマと小野薬品は3月1日、両社で共同開発したアルツハイマー型認知症治療薬リバスチグミン(一般名)の貼付剤について、日本で2月26日に承認申請したと発表した。アルツハイマー型認知症治療薬では世界で唯一の経皮吸収型製剤となる。 ...
大阪府東大阪市が国民健康保険加入者から介護保険料を8年間にわたって過徴収していた問題で、市は1日、市民に返還するとしていた平成19~21年度の過徴収分の額が総額約4億6千万円に上る、と明らかにした。返還対象となるのは3年間で延べ約3万人。 ...
女優の三原じゅん子(45)が、3月1日にオープンさせた介護事業所のスタッフを自身のブログで紹介している。三原にとって介護事業所の運営は夢だったという。というのも、約15年前に倒れた実父を介護する母親の姿を見てきたこと、そして2008年7月は自分自身が子宮頸がんの ...
適合高齢者専用賃貸住宅は、介護保険を使って入居することができ、4階に19戸(定員20人)を整備した。夜間も介護福祉士を配置し、24時間態勢でサポート。グループホーム並みの介護機能を備える。 建物全体は地下1階、地上4階の鉄筋コンクリート造り。 ...
センターには、認知症の家族や介護施設の職員向けに専門医療の相談窓口を開設。「認知症の早期診断」をテーマにしたかかりつけ医の研修会も開く。 センター周辺の介護拠点施設「地域包括支援センター」には、国の認知症介護指導者研修を受けた介護福祉士たちを配置し、 ...
発表によると、石原容疑者は2月28日午後11時45分ごろ、自宅のベッドで、妻かずこさん(79)の首をタオルで絞めて殺そうとした疑いがある。同署の説明では、石原容疑者は寝たきりのかずこさんの介護をしており、長女らに「疲れた。死にたい」などと話していた ...
高齢者で脳内微小出血は「ごく普通に起こっている」——病理学的解析から (媒体での記事掲載終了)

高齢者では脳内微小出血が一般的に起こっていることが、病理学的な解析から明らかになった。成果は、米カリフォルニア大学アーバイン校のMark Fisher氏(写真)らが、2月24日から26日まで米サンアントニオで開催された国際脳卒中学会(IS…

米ヘルスケア大手、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医療用医薬品日本法人、ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トゥーン・オーヴェルステンズ)は、このたび、アルツハイマー型認知症治療剤として開発したR113675(一般名:臭化水素酸 ...
ノバルティスファーマ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三谷宏幸)と小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁)は、両社で共同開発を行ってきたアルツハイマー型認知症治療薬リバスチグミン(一般名)の貼付剤(開発 ...
質問は「介護保険制度の現状についての評価」や「介護保険ができた効果」「自分が受けたい介護」「家族に受けさせたい介護」「保険料などへの要望」など。 氏名や連絡先などの記入欄はあるが、匿名回答も受け付ける。郵送かファクス、電子メールで厚労省老健局総務課あて ...
春の全国火災予防運動が1日始まり、和歌山県田辺市消防本部は、同市たきない町の高齢者複合福祉施設「たきの里」(高橋進一施設長)で消防訓練をした。 午前9時に3階の一室から出火し、入居者と職員の2人が逃げ遅れたと想定。消防から約20人が、たきの里からは入居者 ...
質問は「介護保険制度の現状についての評価」や「介護保険ができた効果」「自分が受けたい介護」「家族に受けさせたい介護」「保険料などへの要望」など。 氏名や連絡先などの記入欄はあるが、匿名回答も受け付ける。郵送かファクス、電子メールで厚労省老健局総務課あて ...
青魚などに含まれる油脂のドコサヘキサエン酸(DHA)に物忘れや認知症の予防に効果がみられることを、島根大医学部の橋本道男准教授のグループが国内初の100人規模の臨床研究で実証した。 島根県川本町の認知症でない高齢者108人が協力。2班に分け、A班に ...
同法人は特養で看護職員と介護支援専門員(ケアマネジャー)の人員が基準を満たしていないにもかかわらず、満たしているように装って介護報酬を不正請求したり、県の監査に対し偽造書類を提出して報告、答弁したりしていた、という。 県は浜松市など保険者である県内5 ...
岩手労働局と盛岡公共職業安定所は4日、介護や農林漁業への就業を促すため、特別相談会を初めて開く。 「未来の成長分野チャレンジ就職相談会」と銘打ち、一般求職者や今春の新規学卒者を対象に事業所が個別面談などを行い、就業に結びつける企画。参加無料。 ...
介護福祉の職場で働きながら介護福祉士の資格がとれる雇用プログラムを、島根県が新年度にスタートさせる。資格取得のために養成校で学ぶ時間も勤務時間とみなして賃金が払われる仕組み。 希望者は、介護事業者と2年間の有期雇用契約を結んだ上で、養成校で2年間学ぶ。 ...
ふみよさんとふみよさんを介護するため実家に戻っていた長男で長野市の左官業、孝行さん(59)の行方が分からず、県警飯山署は遺体は2人とみて、身元の確認を急いでいる。 同署によると、ふみよさんは一人暮らし。近所の人の話では、ふみよさんは認知症が少し進んだ ...
市営住宅の建替えでは、舟見町団地4棟目の建設に着手し、道路整備では、引き続き知利別川沿線のバリアフリー化を進めるとともに、公園整備では、寿2丁目公園の全面改修を実施いたします。 一昨年から整備を進めておりますチマイベツ浄水場は、11月の供用開始を予定 ...
春の火災予防運動にあわせて1日老人介護施設などの職員が一日消防官に委嘱され、消火活動などを体験しました。 大分市消防局では、市民に火災予防の意識を高めてもらおうと、毎年この時期に啓発活動を行っています。 1日は、老人介護施設などの女性職員6人が一日消防官 ...
子どもも使うだけに、開発ではデザインや着脱の便利さにもこだわった。 「まなび体」は最近、家電や鉄道、自動車など予想もしない企業から注文が来るようになった。障害者や高齢者に使いやすいユニバーサルデザインの商品やサービスを研究する現場で、「障害者などの ...
夫は西尾署の調べに「(寝たきりの妻の)介護に疲れてやった」と話しており、同署は殺人未遂容疑で調べている。 同署によると、かずこさんは夫と2人で暮らしており、腰が悪く、約2年前から寝たきりの状態だった。 かずこさん宅に立ち寄った長女が見つけ119番、搬送先 ...
(老健施設事務長・鍵小野喬治さん) だしがおいしい。メーンの一品の鶏をポトフに結びつけた勇気に、「そういう発想をするんだ」と参考になりました。(弁当店勤務・谷口幸代さん) 美味でした。ソースに柚子胡椒。大分を表現して良かったです。(山荘無量塔・藤林晃司 ...
自分の母を献身的に介護してくれた。「不器用やけど、優しい人なんです」。介護ヘルパーの資格を取り、訪問介護の仕事を始めた。夫の介護との両立は9年になる。 トンネルに吸い込まれるような絶望感を、時間が慰めてくれた。夫はもう、自分の手料理を食べることも、言葉 ...
認知症の高齢者をケアするグループホーム「新荘の里」(同市下分甲)では、入所者17人全員が午後1時45分、同市山手町の市総合保健福祉センターに避難した。引率した介護員の谷脇小百合さん(45)は「ホームは土地が低いので津波につかる心配があった。 ...
生活福祉資金は、低所得、障害者、65歳以上の高齢者の各世帯を対象に、低金利で当面の生活資金を貸し付ける制度。生活保護に至る前の「第2のセーフティーネット」と呼ばれている。 事業主体の県社会福祉協議会によると、生活福祉資金の県内での利用は、2009 ...
与那原町社会福祉センターでは午後2時ごろ、老人福祉施設の高齢者約30人が職員と共に避難した。しかし、避難勧告が解除されていない午後6時ごろには全員が施設に戻ることに。施設職員は「戻るのは怖いが、夕飯も必要」と後にした。 「午後から土地の高い所へ移動 ...
15歳以上の超高齢猫用を新たにラインナップし、「健康缶シリーズ」がリニューアル発売! ~ライフステージ別キャットウェットフードの「健康缶」シリーズがますます充実~ アイシア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長谷川修)は、2010年3月1 ...