介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年02月20日()
石田容疑者は「介護に疲れた」と供述し、容疑を認めているという。石田容疑者はセツ子さんと二人暮らしだったが、セツ子さんが昨年九月から脳出血のリハビリで埼玉県内の病院に入院。石田容疑者は週一回、面会に行っていた。同日はセツ子さんが外出許可をもらい帰宅してい ...
医療や介護、環境、観光。個人的には医療・介護分野が重要とみる」 「今でも医療だけで40兆円を使っている。高齢化が進むとさらに医療・介護に対するニーズは膨くれあがる。これに応えるのが重要だ。お役所丸抱えの社会主義的な医療・介護を、国の関与は重要だが、産業 ...
森本茂人高齢医学科教授は「転倒し、大(だい)腿(たい)骨頸部(こつけいぶ)を骨 折すると、高い確率で寝たきりになる」と注意を呼び掛けた。骨粗鬆症の有効な治療薬と してビスホスホネートを挙げ、乳製品などでカルシウムを十分に摂取することを勧めた。 ...
ほかにも参加者は、高齢者や障害者など、城北地区の100戸を訪ね、防災意識や日ごろの困りごとを聞き取るなど、人間関係に重点を置いた訓練を行った。 県社福協の南出考(こう)さん(44)は「隣近所とのつきあいが災害時に生かされる。訓練をきっかけに、お互いに気 ...
大川市で20日、高齢者や障害者の自立を助ける福祉家具の可能性などについて話し合うシンポジウムが開かれた。高齢化社会の進行が予想される中、低迷する家具業界の新たな市場として注目されており、県内外から約250人が訪れた。 行政や業者、大学などで構成する大川 ...
このため市では、地域住民で高齢者を支える「市在宅高齢者支援体制構築モデル事業」を同地区で展開。憩いの園は事業を取り組む上での中核施設となり、市地域包括支援センター運営協議会(会長塩見芳朗、11人)が中心となって運営していく。 憩いの園は、市総合福祉会館前 ...
同署は、現場にいた同居する長男の都立病院事務職員、善仁容疑者(48)を殺人未遂容疑で逮捕。容疑を殺人に切り替え、調べを進める。 同署によると、「介護に疲れ、母の首を絞めた」と述べ、容疑を認めているという。(2010/02/20-19:01)
介護に疲れた」と110番通報があった。警視庁小岩署員が駆けつけたところ、居間に敷かれた布団の中でこの家に住む無職、石田セツ子さん(72)が意識不明となっているのを発見。近くにいた長男が「私が首を絞めた」と話したため、殺人未遂の疑いで逮捕した。 ...
長妻昭厚生労働相は19日、2011年度末の廃止が法律で決まっている介護療養病床について「いま実態調査を詳細にしている。夏ごろまでに結果が出るので、結果を踏まえて今後の方針を決める」と述べ、計画の見直し案を夏以降に出す考えを示した。 ...
主な新規事業は大久保地区への認知症高齢者グループホーム整備に2600万円、船生地区小学校統合準備事業に1300万円。 継続事業では中小企業融資振興資金保証料補助金を倍額の500万円、町奨学資金貸付事業は37%増の918万円。
新規事業は61件の計約36億円で、12年度の供用開始を目指す市立図書館・市美術館の増改築の基本設計など2128万円▽子どもや高齢者福祉の複合施設「ふれあい共生ホーム」への助成1117万円▽市外から中心市街地に移住する人の固定資産税相当額を助成する「まちなか ...
【ワシントン共同】ロイター通信によると、米食品医薬品局(FDA)は19日までに、日本の製薬大手エーザイと米ファイザーが販売する認知症治療薬「アリセプト」のテレビコマーシャルについて、症状の改善効果が誇張されていると警告する文書を出した。 ...
いまも施設内に窯を置き、認知症のある入居者のアートセラピー(芸術療法)に陶芸を活用している。評判を聞きつけた地域住民からの依頼で19日、陶芸室を住民に開放。陶芸教室を開いた。片村さんは「陶芸をきっかけに、地域の人に施設について知ってもらい、入居者には ...
高齢化社会の進行から、地方自治体の負担は膨らむばかり。浜松市の2010年度予算案でも、老人福祉費は3年連続で増えた。平均寿命の延びに対応した財源をどうひねり出すか。市は約40年間続いた喜寿(77歳)の敬老祝い金を打ち切り、代わりに高齢者の命を守る ...
「寝たきりの女性に『女らしく切って』と言われることもあります」と話す。 これからは高齢化で介護を受けているお客が増えると考え、車いすの扱い方や医療関係の法規、コミュニケーションの心構えを学ぶ講座や実地研修を受け、74歳の時に「ケア理容師」に認定された。 ...
思えば生徒の指導も、そうだった。「目が行き届かん」と少人数にこだわり、全員を志望校に入れるという完ぺきな答えを求め続けた。そして母親にも、そう。体調の回復という結果を求め、認知症にも気付かず、ただ懸命に答えを探した。 「介護に百点はいらん。 ...
健康福祉部関連では、地域全体で取り組む健康づくりに向けた調査などに2100万円を計上。高齢者や障害者が働きやすい企業を3年間で6社立ち上げることを目指し、検討費や運営費の一部として900万円を充てる。 県は、当初予算案とともに、約211億5300万円 ...
施行数年前から全市町村の実態把握に取り組み、離島県ゆえの難題の打開に一丸となり心を砕いた ▼人口の集中する市部を中心に介護施設や人材、サービスは過剰気味だが、山間や離島の町村はどうサービスを確保するかが課題だった。特に竹富町は西表を除く島々で社会福祉 ...
高齢者福祉施設などで無料の出前公演を続けている埼玉県越谷市のボランティア劇団「尾上劇団」が22日、栃木市内の老人ホームで、歌や踊りを披露する。劇団を率いる丸山幸男さん(65)は足利市の出身。10年前の劇団旗揚げ以来、出前公演は400回を超えるが、栃木 ...
2010年02月19日()
【ワシントン時事】米食品医薬品局(FDA)は19日、エーザイの米子会社に対し、主力製品の認知症治療薬「アリセプト」のテレビCMが、効果を過大に宣伝しているとして、即時放映中止を求める警告書を送付した。 アリセプトは、アルツハイマー病の症状の進行を抑制 ...
東京都江東区の自宅で、認知症の妻(当時82)を殺害したとして、殺人罪に問われた夫の無職、斉藤一巳被告(81)の裁判員裁判で、東京地裁(後藤真理子裁判長)は19日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)の有罪判決を言い渡した。 ...
マイクロソフトが自治体を対象に、無償でIT利活用支援を続々展開するのはなぜか (媒体での記事掲載終了)

マイクロソフトが自治体との連携を加速させている。マイクロソフトは、2009年度から「地域活性化協働プログラム」をスタート。この制度では、「高齢者向けICT活用促進プログラム」「障碍者向け支援プログラム」「NPO活動基盤強化プログラム」「教…

島根県内で認知症と診断された患者の平均発症年齢は76・7歳であることが、県が病院を対象に初めて行った調査で分かり、19日に発表した。患者の支援団体などからは、地域を挙げて支援する体制を整えるよう、求める声が上がった。 同日、松江市殿町のサンラポーむら ...
資格を持ちながら介護の仕事に就いていない「潜在的介護福祉士」の60%近くは、職場への復帰を希望していることが19日、東京都介護福祉士会の調査で分かった。 調査は08年10~12月、東京、神奈川、新潟、山梨の4都県の介護士の有資格者5千人を対象に実施。 ...
これからもそれぞれの地域を大事にしながら地域福祉を担う中核として福祉のまちづくりの実現に努めたい」、また植木町社協の菊川会長は「高齢者や認知症などの問題がひっきりなしにある。その中で社協がどのようにかかわってくるかが大事になっている。 ...
在宅医療に取り組む医師は、「療養病床の不足から、認知症高齢者の入院ベッドの確保は極めて困難だ」と指摘する。 黒田氏は、「大田区のような都市部では、入院ベッドの稼働率が90%を切ると経営が成り立たない。当院もほぼ満床だが、私財を投じて経営を維持している」 ...
草津市追分町の高齢者福祉施設「長寿の郷ロクハ荘」が18日、来館者100万人を達成し、記念式典があった。 100万人目となったのは同市木川町、無職村上政雄さん(78)。午後零時半ごろ、妻の安子さん(68)と訪れ、橋川渉市長から花束などの記念品が贈られた。 ...
2月17日(水曜日)に県総合福祉会館で、「高齢者はつらつ百人委員会 平成21年度懇談会」を開催しました。 第1部の研修会では、江戸楽校主催の辻川牧子さんによる「暮らしに活かす『江戸しぐさ』」の講演があり、江戸の町人が作り上げた「江戸しぐさ」に含まれるさまざまな ...
2010年02月18日()
市によると、介護保険利用状況や在宅福祉サービスの利用情報などを民生委員や、市の高齢者相談窓口「地域包括支援センター」と共有。利用度の濃淡などから孤立高齢者候補を選び出し、民生委員らが重点的な戸別訪問をして、孤立者か否かを判定する。 孤立と判定された高齢 ...
... 術」と題し、高齢者の筋肉トレーニング法について講演した。 年をとると体力や筋力が衰えるが、「老化だ」とあきらめて運動をしなくなると、さらに筋肉がやせ細る。すると歩行時のバランスも崩れて転倒や骨折の可能性が高まり、ひどいと寝たきりや要介護状態を招く。 ...
区内の福祉施設四カ所を手始めに、現在は高齢者や障害者施設八カ所にメンバーが出向いて作業している。七、八十代の十八人で月に四回、毎回十人ほどが参加する。 ステンレスのフレームには食べ物のかすがこびり付いているためスチームを使ってふやかし、ぞうきんで磨く。 ...
認知症に対する理解を深めてもらおうと、上野原市の住民有志が中心になり、NPO法人「もっと・らくっと」(山本一雄理事長)を設立した。広報紙の発行や勉強会の開催に加え、オリジナルの寸劇で認知症患者との接し方を紹介。幅広い取り組みを通じて患者の人格を尊重し、 ...
山水会は97年に設立され、98年から蔵王町遠刈田温泉で老人保健施設を運営している。法人設立者の元理事長(52)らがずさんな会計処理を繰り返したとして08年7月、県から医療法に基づく業務改善命令を受けた。 老健施設内で開院していた心療内科では、向精神 ...
となみ野農協が砺波市山王町の同農協倉庫跡地で建設を進めていた高齢者福祉施設「ち ゅーりっぷの郷」が完成した。現地で18日、竣(しゅん)工式が行われ、関係者約10 0人がJR砺波駅近くという利便性とともに福祉、医療機関と併設し、高齢化社会に適合 する施設の ...
18日午前10時25分ごろ、倉敷市のアパート2階の一室で、無職男性(77)と妻(84)が死亡しているのを、妻の介護に訪れた同市、ホームヘルパー女性(50)が発見、派遣元の介護事業所を通じて110番した。 児島署によると、夫は台所のドアにかけられた電気 ...
こちらの物件は、バリアフリーを完備しておりますので高齢者・車椅子の方にも快適に過ごしていただける物件となっております。また、オートロック・TVドアホンもついていて防犯面も安心です。 ただいま、礼金0円仲介手数料無し・フリーレント2か月分となっております ...
豊田通商は18日、IT(情報技術)関連企業のエムアップ(東京)に出資し、電子商取引(Eコマース)事業に進出すると発表した。同日、エムアップの発行済み株式の約18%を既存株主から取得した。取得額は非公表。(2010/02/18-15:36)
社会福祉士としてケアマネージャーを務める一方で、「家族の前に本人の声を大切にしたい」との思いから障がい者の成年後見の相談を引き受ける専門事務所を桜森で開く。休日がない仕事での癒しは洋楽鑑賞。「最近はこれで聞いてます」と取り出したのは流行のスマートフォン ...
政策の柱として掲げた環境では、廃食用油・剪定枝の分別収集・再資源化の着手、高齢者世帯ごみ戸別収集モデル事業の実施ほかを掲げている。観光では、大磯港周遊クルーズの試験的運航の実施、旧吉田茂邸再建事業。教育では、小学校35人学級編成を2年生まで拡大ほかを挙げ ...
この高齢者福祉施設「チューリップの郷」は、JAとなみ野が建設しました。 賃貸マンションは、60歳以上が対象で、あわせて60戸あります。 全館バリアフリーで、家賃は、2LDKが月8万円、1DKは6万円ですが、砺波市の地域優良賃貸住宅の指定を受けているため、 ...
「高齢者医療助成費」は3月末、「高齢者入浴助成事業費」は9月末までに廃止され、他の高齢者福祉施策と併せて(1)老人福祉センターなどを循環する「福祉バス運行」の事業費(2)70歳以上に対して市内施設などの利用に助成する「高齢者いきいき交流事業費」(3)高齢者 ...
マイクロソフトと千葉県が地域活性化で協力 (媒体での記事掲載終了)

マイクロソフトと千葉県は、ITを活用して千葉県の地域活性化を図る「地域活性化協働プログラム」を実施すると発表した。(1)IT人材の育成支援、(2)NPOにおけるITリーダーの養成、(3)高齢者のIT利用促進、(4)セキュリティの啓発、の4…

北海道が建設会社の育児・介護支援策を格付けに反映 (媒体での記事掲載終了)

北海道は2009・10年度の道建設工事等競争入札参加資格審査で新設した審査項目の「仕事と家庭の両立支援」に、次回審査から道独自の登録制度の活用を検討する。従来の子育て支援策だけでなく、介護休業制度なども加味し、より手厚い支援策に取り組む企…

18日午前10時15分ごろ、岡山県倉敷市児島上の町にあるアパート2階の無職、稲田六一さん(77)方で、稲田さんと妻、冨子さん(84)が死亡しているのを、冨子さんの介護に訪れたホームヘルパーの女性が発見。派遣元の事業所を通じて110番した。 ...
松澤会長が座長を務める地元劇団「いきいき座」が認知症をテーマにした寸劇を披露、観賞した地元のお年寄りたちは楽しみながら認知症について理解を深めた。 北平田社協は、学区在住のお年寄りから元気に過ごしてもらおうと、年6―8回、いきいき教室と銘打ち健康や福祉 ...
冨子さんの首にはマフラーが巻かれており、同署が経緯を捜査している。 同署によると、玄関のドアは発見時、無施錠だったが、稲田さん宅は普段から施錠されていないといい、室内が荒らされた跡はなかった。夫婦は2人暮らし。冨子さんは認知症でほとんど寝たきりで、稲田 ...
18日午前10時15分ごろ、岡山県倉敷市児島上の町のアパートに住む無職、稲田六一さん(77)と、妻の冨子さん(84)が自室で死んでいるのを、訪れたホームヘルパーの女性(50)が発見、110番通報した。 県警捜査一課と児島署の調べによると、冨子さんは ...
介護していた母を殺害したとして殺人罪に問われ、岐阜地裁の裁判員裁判で懲役4年の判決を言い渡された岐阜県関市の野沢伸一被告(61)が18日までに、量刑を不服として、名古屋高裁に控訴した。 5日の地裁判決では、野沢被告は昨年7月、寝たきりの母= ...
若年性認知症の電話無料相談が認知症介護研究・研修大府センター(愛知県)に昨年10月1日に開設されて以来、今年1月30日までの4ヶ月間に電話件数が2701件と2700件を超えて寄せられていることが分かった。このうち、686件で実際に相談が実施された。 この相談は厚生労働省の ...
しかし、それは仕事を創出するために個々のサービスプロバイダ次第であると、パトリック・マーハ、国立障害者サービスのNSWマネージャーが言った。 ポピー・マローンは、コミュニティの教育者として、いったん介護者としてセント・アイヴスでセンターで働く。 ...
介護療養病棟で、エステバン・ハニーさん(23)がコップのお茶をスプーンですくって一口ずつ、ベッドのお年寄りの口に運んでいた。 昨年5月、EPAに基づきフィリピンから来た。広島県内の研修施設で半年ほど、日本語や生活習慣などを学んだ後、この病院で、一緒に来 ...
これに対し、健康福祉費が同18・5%増、産業労働費が同12・6%増と、福祉や医療、雇用にかかわる分野は増額された。 高齢化が進んだことによる医療費増加など、義務的な経費が増えていることが主な要因だが、総合周産期母子医療センターの整備などを含む地域医療 ...
介護先の男性の銀行口座から現金を引き出したとして、南国署は17日、高知市高須新町1丁目の介護士田中ミツル容疑者(69)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「本人に頼まれて引き出した」と容疑を否認しているという。 発表によると、田中容疑者は昨年10月5~6日、 ...
介護福祉士の資格を持ちながら現在就労していない人を掘り起こそうと、鹿児島県が助成する「潜在的有資格者再就業支援研修」の参加者が伸び悩んでいる。 研修は、県介護福祉士会、鹿児島医療福祉専門学校、鹿児島女子短期大学が実施。開催費を県が助成し、いずれも参加費 ...
元同僚などの供述調書から、殺害された和夫さんに初老期認知症の発症が推測されると発言。検察側は、被害者の病状を放置した上に殺害した身勝手な犯行と主張した。これに対し弁護側は、初老期認知症であるかどうかは検討の余地があるとした上で、本橋被告は病状を把握でき ...
18日、福岡県は「福岡県高齢者福祉施設等緊急整備計画」を策定したことを発表した。2011年度までの今後2年間で「第5次福岡県高齢者保健福祉計画」に追加して、施設の整備を進めることとしている。経済対策として雇用の創出と今後増加する高齢者の受け入れ先確保の必要が ...
加工作業所やグループホームとして、現在は使われていない同市桜区の同社の寮を改装する案もある。職場と住居を確保し、障害者の自立を側面支援できるというわけだ。将来は作業所の近くにも畑を確保し、大豆や小麦などを作りたいという。 ブドウを収穫できるのは2、3年 ...
介護や医療、農林水産などの分野に配置する。 県職員の事務補助が中心だが、将来的な正規雇用化につなげるため、県の施設やプログラムを活用し、社会人としてのマナー研修を受けさせる。 茨城労働局によると、県内の高校生の就職内定率は75・3%(昨年十二月末現在) ...
羽生市の障害者向け福祉施設「空と雲の家福祉作業所」を利用する障害者らの合唱団が十七日、市内の高齢者介護施設「あずみ苑羽生」を訪れて、音楽を通じて交流した。 合唱団は、高齢者に楽しんでもらおうと、三年前から、市内の高齢者向け施設を訪問。 ...
これに対し、健康福祉費が同18・5%増、産業労働費が同12・6%増と、福祉や医療、雇用にかかわる分野は増額された。 高齢化が進んだことによる医療費増加など、義務的な経費が増えていることが主な要因だが、総合周産期母子医療センターの整備などを含む地域医療 ...
(栗田有宏) 高齢者見守り対策チームを結成する相馬町町会(448世帯、1120人)は青森湾に面した同市港町2、3丁目が主な範囲。高齢化が進み、地域は75歳以上の人口が全体の3割近くを占めるという。 チーム「ささえ」が見守るのは、地域に住むひとり暮らしをし ...
「私の74作目の映画は認知症という大役。徘徊、失禁、せん妄、そして次第に私でなくなっていく私。ただ必死に、体当たりで演りました」。 穏やかな晩年を共に仲良くゆっくりと過ごしていくはずだった夫婦。ある日突然、妻に認知症の兆候が。少しずつだが確実に壊れていく ...
高齢化が進むにつれ、寝たきりや認知症の高齢者を介護する家族らの負担が社会問題化する中、目黒区は新年度、介護者同士が交流できる「介護者の会(仮称)」の発足や運営の支援を始める。 (増田恵美子) 目黒区内の在宅の要介護者は約五千六百人で、今後も増加が見込まれ ...
2010年02月17日()
認知症への理解を深めてもらおうと、横浜市都筑区が「認知症サポーター」の育成に力を入れている。既に約3600人が養成講座を受講済み。市内で初めて中学生向けの講座も開くなど、「認知症に優しいまちづくり」を目指して取り組んでいる。 同区によると、認知症 ...
「介護」や「観光」など雇用拡大が見込める分野で、業界ごとに実務経験などを加味した能力水準を定め、再就職や転職に生かせる仕組みをつくる。労働市場の柔軟度が高い英国など欧州の制度にならって求職者が身につける技能の目安を示すほか、企業が労働者を雇う際の判断 ...
さらに現在の高齢者福祉予算のうち、この事業費が政策的予算のほぼ半分を占めていることを説明した。 この後、委員たちが意見を交わした。老人クラブ連合会の代表は「通院での利用が一番多い。(負担増で)家に閉じこもって逆に医療費がかかることもある。70歳を楽しみ ...
愛媛県バス協会は17日、バス乗務員に交通弱者である高齢者へのサービスや安全への配慮を高めてもらう研修会を愛媛県宇和島市で実施した。 交通バリアフリー対策事業と乗り合いバスの輸送対策事業の一環で、宇和島自動車や伊予鉄南予バスの乗務員30人が、NPO ...
今回発売する8品は、日本介護食品協議会が食品を「かたさ」や「粘度」に応じたユニバーサルデザインフード4区分のうち、“かまなくてよい(区分4)”に分類されるとのこと。キユーピー「やさしい献立」シリーズは、いつまでも楽しく食事がとれるように「おいし ...
町は6月にも、町社会福祉協議会や町内の老人クラブ、民生委員などと、キットの配布に向けて協議を始める方針。費用負担やキットの用紙に記入する医療情報の更新、個人情報の管理方法について検討し、2011年度の導入を目指している。 町消防本部によると、昨年の救急 ...
若年性認知症の電話無料相談が認知症介護研究・研修大府センター(愛知県)に昨年10月1日に開設されて以来、今年1月30日までの4ヶ月間に電話件数が2701件と2700件を超えて寄せられていることが分かった。このうち、686件で実際に相談が実施された。 ...
ショップを運営するのは同商店街で高齢者支援サービスに取り組んでいるNPOバリアフリー協会「街のコンシェルジェ」。沢田藤司之理事長(66)が竹田市で講演した際、住民の温かい人情と食の豊かさにほれ込んだのがきっかけ。 「首都圏の消費者は安全安心の食品を求め ...
街の景色が変わったように、少子高齢化など社会情勢も日に日に変わっていく。「地域で支え合いながら課題に応じ、誰もが安心して充実した生活が送れるような地域福祉を推進していきたい」。その目は“30”の先を見据えている。
うつ病や認知症について、その悩みやサポートする立場での困りごとを話し合う催しが、2月20日(土)に市民活動センター「アワーズ」(保土ケ谷公会堂そば)で行われる。 区内のボランティアなどで構成された「認知症の人と家族を支える会」が主催するこの『みんなの茶話 ...
インドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護福祉士候補者の国内受け入れ人数が、2010年度は最大で141人と、09年度実績の362人から6割減少することが17日、仲介窓口の「国際厚生事業団」の調査で分かった。 同事業団は「不況の影響で、 ...
高齢の親側からの回答もほぼ上記と近いパーセントとなっている。二世帯住宅や増改築のニーズ掘り起こしが期待される。要介護認定を受けている世帯は10%に満たないが、今後増加することが予想され、バリアフリーなど介護仕様のリフォーム市場が活発化されるであろう。 ...
JA鶴岡助けあいの会「けさらん愛愛サービス」(三浦美津子会長、会員60人)は17日、地元産の野菜を中心とした手作りの地産地消弁当を鶴岡市内の高齢者宅に届ける配食サービスを行った。 同会は、ホームヘルパーの資格を持つ同農協女性部のメンバーで組織。 ...
ショップを運営するのは同商店街で高齢者支援サービスに取り組んでいるNPOバリアフリー協会「街のコンシェルジェ」。沢田藤司之理事長(66)が竹田市で講演した際、住民の温かい人情と食の豊かさにほれ込んだのがきっかけ。 「首都圏の消費者は安全安心の食品を求め ...
地域情報紙を発行する仙台市の市民グループ「おかきプラス」など3団体が共同で、介護の体験談をまとめた小冊子「ケアするあなたのためのハンドブック」を作った。認知症の親をみとった人や重度の障害のある子どもを世話し続ける人ら、宮城県内の6人を紹介。 ...
... よ」─私はホームの現状を率直に彼女へ伝えた。彼女と姪は揃ってうなずきながら、「今より思う通りになればいいの」とつぶやいた。 彼女は、私のホームにも見学に来て、すぐ入居を決めた。しかし、彼女の気持ちを満たす術が介護スタッフに見つかるのかは、不安だった。
親の介護に悩んだり、介護されることに負い目やいらだちを感じたり。そんな気持ちを軽くする「心コロコロ介護のこころ」を北九州市門司区の僧侶、川村寿法(じゅ・ほう)さん(47)が出版した。寿法さんは「介護の技術論ではなく、無理なく介護をするための『心』に着目 ...
生徒たちは7グループに分かれ、老人福祉センターや一人暮らし高齢者宅の7カ所で除排雪作業に汗を流した。このうち、有屋地区の無職永山イシエさん(84)方には生徒8人を含む計10人が訪れ、持参したスコップやスノーダンプを使って軒下に高さ2~3メートルも積もった雪を ...
2010年02月16日()
一方で、事業を始めて間もない法人など「介護職に向いた人材」の確保に苦心している施設もあるのが実情だ。 石川会長は「失業者や退職者を、いかにスムーズに介護分野に吸収するかが課題」と指摘する。県は並行して、働きながら介護福祉士やホームヘルパーの資格が取れる ...
基調講演した元ANAセールスの室井孝王さんは、障害のある人や高齢者の海外旅行の手配を担当した専門ツアーデスクでの経験を紹介。パネルトークは「観光ユニバーサルデザインの魅力」をテーマに、それぞれの立場から意見を交わした。 「旅のお手伝い楽楽」(京都市)の ...
状況把握能力が低下する高齢者ドライバーが、安全に変化を楽しめる技術開発の必要性を訴えた。 また、日産自動車、慶大電気自動車研究室、スズキがそれぞれユニバーサルデザインの観点などを取り入れた最新技術を紹介した。会場には、慶大が開発した自動運転、遠隔操縦が ...
夏の参院選宮城選挙区(改選数2)で、民主党の2人目の公認候補に内定した介護ジャーナリストで会社社長の伊藤弘美氏(35)が16日、仙台市内で記者会見し、「介護制度の見直しなどに取り組みたい」と抱負を述べた。 伊藤氏は太白区在住。家族の介護のため武蔵野音大 ...
目黒区では初の試みとあって、十五日の開所式で青木英二区長が「高齢者の方には生きがいの拠点、商店街にとっては活性化のきっかけになってほしい。ニコニコできる街になることを期待しています」と話した。区高齢福祉課では「西小山での様子をみながら、他所でも検討 ...
免疫生物研究所は、アルツハイマー型認知症に関連する試薬「アミロイドβオリゴマー測定ELISAキット」を新発売した。 これまで、不溶性蛋白質「アミロイドβ」の凝集が、アルツハイマー型認知症の成因に深く関わると考えられていた。しかし近年、アミロイド凝集体の ...
今も意識不明で体は動かず、重度の要介護状態にある。倒れる2-6カ月前の時間外労働は月平均200時間30分で、203日間の連続勤務だった。 同社は「時間外労働は月平均82時間45分」と主張していたが、地裁は店の警備記録などから事実認定した。 ...
高齢者や身体障害者の自力での生活促進など川崎市独自の基準を満たす福祉製品を認定する「平成21年度かわさき基準認証福祉製品発表式」が16日、川崎市産業振興会館(幸区)で開催された。市の進める福祉産業振興策の一環で、認定は昨年に続き2回目。高齢化社会が進行 ...
4月19日から、全国一斉で高齢運転者等専用駐車区間制度が導入され、県警本部交通規制課によると、市内3カ所に区間が設置される予定だという。 年々高齢者が増加していることから、官公庁や福祉施設などで、車を止めやすいようにと開始される制度で、専用の標章の交付を ...
特に医療との連携が重要で中でも「D・C」ドクターとケアマネジャーの連携が日本の介護が上手くいくキーワードになる」と話しました。また、20年後は介護が必要な10人に1人が認知症となり、特に若年層の認知症が増えるというデータにも触れ認知症に対する知識を ...
前日に続き、13日付け日本経済新聞朝刊が、「介護最大手の同社をはじめ、民間の介護大手が3年ぶりに有料老人ホームなど介護施設の新設に乗り出す」と報じたことが手掛かり材料視され、買い優勢の展開が続いた。 同社株の場合、昨年11月に677円の上場来安値を付けた後、52 ...
認知症による徘徊(はいかい)で行方不明になった高齢者を地域ぐるみで保護する廿日市市の「はいかいSOSネットワーク」の取り組みが、地域に浸透してきた。市社会福祉協議会が運営委託を受けた2006年12月以降で、約50人を無事保護。協力団体のスムーズな連携で ...
開所を祝う会には、近隣住民や宅老所えんどりの利用者、上平沢小の児童ら50人余が参加。民謡歌手漆原栄美子さん(矢巾町)らが歌や踊りを披露し、児童も参加して「チャグチャグ馬コ」を歌い、会場は笑顔に包まれた。 「ぬくもり」は上平沢小と紫波三中に近い住宅地に ...
また、同シリーズには、新たなユニバーサルデザイン「ヒネルキャップ」をドレッシングで初めて採用。「ヒネルキャップ」は、開栓前にキャップをひねりこむだけで中栓をあけることができるという。弱い力であけられる、プルリングをひっぱる作業がない、あける際に液が ...
防災面では、土砂災害危険箇所に立地している老健施設などに防災無線を設置したり26年度末までの完成を目指し県有施設の耐震に取り組むことにしています。今回は仁坂知事の1期4年目の総決算となる予算で、限られた予算の中で元気な和歌山の創造に向け、県民の生活に ...
シームレス位置情報サービスは、観光案内などの歩行者ナビゲーション、子どもや高齢者の見守り、モバイル広告、バリアフリー案内、施設点検、従業員の安全監視、災害時の安否確認・避難誘導など多くの公共分野に適用することができます。日立産機システムは、設置場所に ...
ひょうご仕事と生活センター(神戸市中央区)は、2010年度から中小企業での育児・介護休業取得を促すため、代替要員の賃金の一部を助成する制度を創設する。休業者が復帰しやすい環境を整えるだけでなく、代替勤務をきっかけにした雇用拡大にも期待する。 ...
下関市の全職員が認知症の人たちのサポーター役になる。中尾友昭市長が15日、認知症の正しい知識を身につけてもらう「認知症サポーター養成講座」をすべての職員に受講させると発表した。今月22日に1回目の講座があり、2013年3月までに医療に従事している職員を ...
5施設は、地震や集中豪雨などの大規模災害時に、寝たきりや認知症など避難所での生活が困難な要介護認定者を受け入れる。市高齢福祉介護課によると、要介護認定者は市内に約6千人おり、うち在宅で介護を受けている市民は約3500人いるという。 ...
7万人の内訳は介護職員の処遇改善などでの福祉・介護人材の育成・確保で3・7万人▽「ふるさと雇用再生基金」などを活用した新規雇用創出で1・2万人――など。さらに10年間で20万~30万人の雇用創出を図るとする。 ただ、国の交付金を活用した基金事業では、失業 ...
東近江市能登川町、天台宗安楽寺の普照房慈弘住職(72)が15日、市社会福祉協議会能登川支所を訪れ、寒行托鉢(たくはつ)で集めた浄財(現金46万3502円と米145キロ)をすべて寄付した。14年続く恒例の活動だったが、一緒に回った信者の家庭の事情や高齢化 ...
国民健康保険や介護保険の事業に充てる特別会計は前年度比3・5%減の約385億円。一般会計と合わせた総額では同4・2%減の1005億円となった。15日、記者会見した長岡秀人市長は「市の財政状況を考え、大胆に事業を見直した。一方で、経済対策は盛り込んだ予算 ...
中学校教諭による小学校での出前授業のほか、教諭が互いに授業参観することや、児童会・生徒会の交流などが計画されている。 ●膳所駅周辺地区整備調査事業(2402万円) JR琵琶湖線膳所駅の駅舎を橋上化してバリアフリー化するとともに、駅前広場を整備する。 ...
UR団地では65歳以上の世帯主の割合が全体の33%と高齢化が深刻となり、バリアフリー対応が不可欠なためだ。だが、予定されている設置方法には課題も多い。現状と解決策を探った。 工事が予定されているのは旧日本住宅公団が建設し、1966~77年に入居が始まっ ...
同じ誕生日で二人いる県内最高齢者のうち、豊田ミツエさんが15日、108歳の誕生日を迎え、入所している杵築市山香町野原の老人福祉施設「山香苑」で誕生会があった。入所者や親族らに囲まれ、笑顔を見せた。 豊田さんは現在も自分で歩けるほど元気。 ...
自殺者が12年連続で3万人を超える中、県は3月1日、「とくしま自殺予防センター」を県精神保健福祉センター(徳島市新蔵町3丁目)内に開く。悩みの相談を受け付け、内容に応じて適切な機関につなぐほか、自殺を考えている人に気づいて対応できる人材を育てる。 ...
花巻市が市内で在宅介護している人を対象に初めて実施した実態調査の結果、介護が原因でうつ症状となっている人が4分の1近くに上ることが分かった。介護者が心身に多大な負担を抱えている実態があらためて浮き彫りとなった。市は2010年度から相談員を増員し、在宅 ...
2010年02月15日()
国際医療福祉大(栃木県大田原市)が、熱海市内に整備予定だった介護老人保健施設について文部科学省の認可が困難になったとして、施設の開設を断念したことが15日、分かった。市が同日の記者会見で明らかにした。 市によると、同大学は2004年度に市が介護老人保健 ...
環境・エネルギーの成長分野や、介護などの人手不足分野に特化した取り組みが特徴だ。 重点分野雇用創造事業は国の緊急雇用対策として創設され、1月下旬に成立した本年度第2次補正予算に関連予算が盛り込まれた。 道内分の内訳は、介護や医療、農林水産など国が定める ...
改正育児・介護休業法が、常時100以下の労働者を雇用する中小企業を除いて、いよいよ今年6月30日に施行される。 これにあわせて、労働局や経営者団体等が行うセミナーも各地で開催されているが、社内での制度の見直しをそろそろ済ませておきたいところである。 ...
県の新年度の組織改正では、高齢者福祉課と介護保険課、福祉施設監査課を廃止し、「高齢介護課」と「福祉監査課」を新設する。高齢者福祉・介護保険の事務を高齢介護課に、障害者関係も含めた福祉施設、法人への監査事務を福祉監査課にそれぞれ集約する。 ...
派遣切りなど深刻化する雇用情勢の回復に向け、上田清司知事は十五日、介護や福祉分野を中心に三年間で七万人の雇用創出を目指す「県雇用ニューディール」を始める、と明らかにした。新年度予算に多様な関連事業を盛り込んだ。同日発表した予算案の一般会計は一兆六千七百 ...
介護労働安定センターや児童育成協会などの公益法人のほか、社会保険診療報酬支払基金、中央職業能力開発協会といった特別民間法人が対象。同省OBを5代以上受け入れていても、2010年度予算案で補助金を全廃した法人は公募対象から外した。各法人を所管する部局長 ...
長妻厚労大臣、「医療費はコストではなく未来への投資」 (媒体での記事掲載終了)

2月11日、厚生労働大臣の長妻昭氏が、民間シンクタンクである日本医療政策機構主催の「医療政策サミット2010」で講演した。少子高齢化が急速に進む中、新しい社会保障モデルを打ち立てることに強い意欲を示したほか、いずれ国民に医療費確保のための…

また、さまざまな介護サービスが受けられる高齢者向け賃貸住宅の運営に参入したほか、医療機関と組んで歯科以外の診療も拡大させてきた。健康管理や日常生活を完全サポートするビジネスモデルは医療・介護分野の成長株としても注目されている。
住友生命保険は15日、主力商品「ライブワン」に、一生涯の介護と死亡・高度障害を保障する「介護保障終身保険特約(10)」を新たに加えた、『ライブワン フルケア』を23日から発売すると発表した。 「ライブワン フルケア」は、「介護保障」と「医療保障」からなる。 ...
大阪府東大阪市は15日、40~64歳の住民から2008年度の介護保険料を計約10億円多く徴収していたと発表した。過徴収は02年度からで、総額はさらに膨らむ見通し。市は08年4月にミスに気付いたが、正確な金額が不明として公表していなかった。 ...
独り暮らしの高齢者に、要介護度が重くなっても現在の住まいで暮らしたいか尋ねたところ、7割が「住み続けたい」と答えていることが「特養ホームを良くする市民の会」(東京)の実態調査で分かった。 「要介護度が進んでも自… [記事全文]
加えて、13日付けの日本経済新聞朝刊が、「民間の介護大手が3年ぶりに有料老人ホームなど介護施設の新設に乗り出す。収益改善にメドがついたうえ、介護報酬の引き上げにより人材確保が容易になり、介護需要の増加に対応する」と報じたことが見直し買いを誘い、上昇ピッチ ...
米子市弥生町のJR米子駅の構内にエレベーターとエスカレーターの付いた陸橋を新設するバリアフリー化工事の本体工事が13日、始まった。2011年3月末の供用開始予定。障害者や高齢者、荷物の多い観光客などの利便性が改善される。工事主体はJR西日本。 ...
職種別でみると、大別した6職種のうち「IT・技術系」職種(1619円、前年1587円 前年比2%増)、「クリエイエティブ系」職種(1328円、前年1315円 前年比1%増)、「医療・福祉・介護系」職種(1337円、前年1311円 前年比2%増)の3職種は前年同月を上回る結果となった。 ...
インキュベクス株式会社(以下、インキュベクス)は、2月18日及び2月24日に「介護職員基礎研修」による「基金訓練」の認定取得について「介護職員基礎研修説明会」を開催する。 約331万人の完全失業者(2009年11月現在総務省発表)をはじめ、求職者が重視しているの ...
... 専門家のNPOである「松本ユニバーサルデザインコミュニティ研究会」のアドバイスを頂きながら、模型を4種類製作した。 子どもと大人が一緒に座れる高さの異なるベンチをはじめ、リクライニングシートになっているベンチ、吊革や取手が付いていて高齢者が立ちあがる ...
市立図書館で毎月開く読み聞かせの会や、高齢者福祉施設などで上演している。奥友さんは「みんなが楽しく、明るく製作しているのがわらべさんのいいところ。誰かに楽しさを伝えるには自分も楽しんだ方が良い。今後も和気あいあいと活動してほしい」とエールを送る。 ...
また、ホームヘルパーなどに対しても、医療用グローブの自己負担を求める計画で、介護の側にもしわ寄せが来ることは間違いありません。 オバマ政府が早急に保険改革を実行に移さない限り、ネバダ州のメディケイド加入者は辛い思いをしそうです。
今年は、環境▽学校支援▽子育て支援▽国際交流▽高齢者福祉―の五つのテーマ別会場で、橿原市や吉野町、神戸市などの8団体が実践事例を報告。参加者と意見を交わし、活動を円滑にする方法などを探った。 高齢者福祉を考える会場では、さわやか福祉財団の中村順子理事が ...
きついと思われがちな介護の仕事にもっと目を向けてもらおうと、「介護のお仕事紹介お芝居会」が20日に前橋、21日に桐生で開かれる。出演する東京の芝居集団「お芝居デリバリーまりまり」と高崎市のNPO法人「ハートフル」の職員たちが、本番に向けて合同練習に励ん ...
応募のあった3事業者の中から、十和田市介護保険運営協議会での書類審査(第一次審査)及びプレゼンテーション(事業計画説明会(第二次審査))を行い選定しました。 審査にあたっては、応募し提出した事業計画の内容について、項目ごとに評点化し、その合計点数が最も ...
今後は特別養護老人ホームや児童福祉施設、特別支援学校などが近くにある365カ所の調査は最優先で実施し、13年度までにすべて終える予定。また、15年度までに調査する約5千カ所も、人口密集地域のほか施設がある地域全体を面的に調べることにしている。 ...
袋井市保健福祉介護検討懇話会がこのほど発足し、市役所で第1回会合が開かれた。市内の保健・医療・介護の各種団体の代表者委員12人が出席した。 同市は掛川市との共同で新病院を建設するのに伴い、現在の袋井市民病院の跡地活用法を検討中で、併せて、今年9月をめど ...
2010年02月14日()
(松村裕子) ワークライフバランスは仕事と子育て、介護の両立を図ろうという考え方。国や自治体は生活スタイルに合わせたフレックス勤務制の導入や男性の育児休業取得、有給休暇の消化を促している。 二十三区では半数以上が入札時に総合評価を導入しているが、評価の ...
外来化学療法加算1又は2の届出を行っている医療機関において、老健施設入所者に対して外来化学療法が行われた場合の抗悪性腫瘍剤と注射(手技料)の算定を可能とする。 2.放射線治療病室管理加算の引き上げ 放射線治療病室を用いた治療に対する評価を拡充する。 ...
武蔵野音大音楽学部を中退した後、写真の現像会社などを経て、2002年に介護用の靴の販売会社を設立。今は、ギフト商品の販売などをする会社の社長を務めている。 11日の選考会では、親族の介護体験をもとに開発したという歩行が不自由な人のための介護靴を持参。 ...
録画してあったガイアの夜明け(2月9日分)を見た。おもしろかった。テレビ東京、グッドジョブ。ちきりんは「世界の高齢化の最先端を走る日本の未来」に興味津々だ。世界のどこにもないユニークな社会になると確信しているし、今は想像もできないことが起りそうでとても楽しみ。過去いろんなエントリで、ちょっとずつ未来社会の側面を描こうとしてきたけれど、“総合的にどんな感じになるの?”ってのは、ちきりんもなかなか表現...
管理栄養士の資格を取得するため大阪で福祉関係の大学に通う小浜市遠敷出身の芝田斉未(まさみ)さん(20)は、病院や老人ホームへの就職を希望。「栄養士の仕事は少なかったが、いい話が聞けました。ぜひ、高齢者福祉の現場で仕事がしたい」と目を輝かせていた。
2010年02月13日()
要是二老健在,我会在第一时间穿着崭新的将军服向 父母报告,给他们敬一个军礼。可以告慰父母的是,学习他们的榜样, 在我有能力的时候,为家乡拉上了电,修通了路 ...
历代评论家把范宽与董源、李成并列为北宋山水画三大家,范宽得山的骨法,“如面前真到峰峦浑厚,气壮雄逸,笔力老健”。董源得山的神气,“冈峦清润,林木秀密,渔翁游客 ...
武田薬品工業が抗うつ剤、アステラス製薬が認知症薬の発売を目指すほか、エーザイは肥満症薬に参入する。これまで各社は生活習慣病など強みを持つ特定分野に集中してきたが、2010年から特許切れが本格化し、収益が下がる可能性が出ている。製品分野を広げ、中長期的な成長 ...
渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」の入所者9人を火災で死亡させたとして、業務上過失致死容疑で施設を運営するNPO法人「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者(85)ら2人が逮捕された事件で、同施設では平成19年ごろから要介護度の高い高齢者の受け入れを本格化 ...
75歳以上の免許証を返納した人の数は平成17年が10人、 18年が9人、 19年が13人、 20年が21年で21年は40人だった (医師の診断により聴聞し、 認知症を理由に免許を取り消した数を含む)。 免許返納の理由として多いのは本人の 「運転に自信がない」 というものや、 家族から ...
一般病床と療養病床が計100床前後の病院を対象としており、180床ある六日市病院は2年かけて減らす計画。110床前後になれば約1億円が、町の補助金を補てんする形で交付される。 谷浦博之院長は「町も財政が厳しく3年間だけの補助金だったが、継続的に支援を ...
肺炎は高齢者がかかる率が高く、原因の3分の1は肺炎球菌とされるという。市は「高齢者にとって肺炎は命取りになりかねない。一人でも多く予防接種をしてもらいたい」(健康福祉部)と話している。 岡山県健康対策課によると現在、県内の9市町で65~75歳以上などを ...
国事業で1500億円を新たに活用し、介護や医療、環境分野を軸に短期雇用を増やす重点事業に取り組む。 府内の完全失業率(昨年7~9月期)は7・7%(全国平均5・7%)で失業者33万5千人。過去10年で最悪の03年(8・4%)に迫る水準で、特に15歳~24歳の失業率 ...
彩経会が、高齢者を対象に福祉サービスを提供するとの意向を示したため、ホームに該当するとみて届け出を求めた。 彩経会は昨年6、7月に両施設の設置届を県に提出。だが、その後花みずきの賃料不払いを巡って民事訴訟に発展するなど、トラブルが表面化。9月には「運営 ...
2010年02月12日()
同様の取り組みは県内では静岡市が清水区で昨年から行っていて、同市高齢者福祉課によると、対象世帯の約70%となる約9650世帯にキットを配布している。同町では申請者に了解を得た上で配布世帯を台帳化し、吉田榛原消防署も情報を共有することで消防、防災活動に ...
「道に迷うから」「事故が心配」と、認知症の人は外出の機会が制限されることが少なくない。そんな現状を打開しようと、認知症の人でも、迷わず安全に歩けるような街中のハード面の整備が必要と訴える声が高まっている。(佐橋大) 認知症の症状は「少し前のことを ...
認知症などで周囲と意思疎通が困難になったときに備えて、国分寺市のボランティア団体が自分の人生の思いを書き留めておけるエンディングノート「もしものとき 私のお願い」を作製した。何を好むか、普段大事にしている物など、自分の生活・老後観を世話になる人に伝える ...
保健・医療・介護を融合したトータルヘルスケア分野の事業拡大が狙い。当面、新介護システムを共同開発し、今秋をメドに販売を始める。NDソフトが開発を主眼とした業務提携に踏み切るのは2007年12月の住商情報システムに次いで2社目。 NDソフトと日本事務器は12日 ...
高齢者向け施設「グループホーム」などを全国で展開するセントケア・ホールディングは、10年度から3年間でグループホームなどを45カ所に新設する。08~09年度の新設は2カ所だった。現在は約60カ所を運営している。10年度の新規採用は、09年度に比べ2割増の3000人程度に ...
外出がままならない要介護者や高齢者を対象に、介護ヘルパー付きの個人旅行を請け負う旅行会社が仙台市内に設立され、営業を始めた。 この会社は青葉区本町の「旅日記」。利用者の要望に応じ、日帰りの外出から長期の宿泊旅行まで請け負い、ヘルパーが帯同する。 ...
福島県古殿町で昨年、全身の筋肉がまひしていく難病「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)」の男性=当時(68)=が殺害された事件で、福島地裁郡山支部は1月末、殺人罪で妻(65)に懲役2年6月の実刑判決を言い渡した。1人で介護を抱え込んだ妻は病気の進行 ...
日本とインドネシアのEPA=経済連携協定に基づいて来日した外国人の介護士が、国家試験を受ける際に、難しい漢字の読み書きが大きな壁となっていることから、厚生労働省は、日本語のふりがなを振った「模擬試験」を初めて実施して、支援策を検討することになりました。
深刻な景気低迷の影響を受け、県税収入の落ち込みが激しく人件費の圧縮などで支出を切りつめたが、高齢化などの進展により扶助費が増えるなど財政の硬直化が進む。一方、国が「コンクリートから人へ」の政策で公共事業費を大きく削る中、公共事業への依存度が高い県経済へ ...
流山署は殺人未遂の疑いで、流山市美原、介護士、新山直美容疑者(41)を逮捕し、12日、千葉地検に送致した。 同署の調べによると、新山容疑者は10日午後1時ごろ、禁煙をめぐって夫(44)と口論になり、殺意を持って夫の左胸や左太ももを包丁で切りつけた疑いが ...
就業不能状態の場合、家族が介護などで働くことができなくなることに加え、通常の生活費支出に医療費や介護費用も重なることを鑑みると、「就業不能リスクの重大性は、死亡リスクに匹敵すると言っても過言ではない」(同社)。 ライフネット生命では今回、こうした状況に ...
自治体病院の多くは経営難で、使用頻度が低い感染症病床は減少傾向にあるため、感染症の大流行に備え、病床の維持に必要な経費を補助することにした。 自治体ごとに交付税配分額を算定する基準として、これまで一般病床や療養病床などの数は含まれていたが、10年度から ...
自治体病院の多くは経営難で、使用頻度が低い感染症病床は減少傾向にあるため、感染症の大流行に備え、病床の維持に必要な経費を補助することにした。 自治体ごとに交付税配分額を算定する基準として、これまで一般病床や療養病床などの数は含まれていたが、10年度から ...
介護食の試食や試供品のプレゼントも。 転職を考えている受講者向けに、派遣会社「日総ブレイン」と「ニッソーネット」の合同登録会も実施。 氏名、当日登録希望の有無、電話番号と「介護食セミナー参加希望」を明記し、メールかフリーダイヤルで申し込む。
神崎准教授は「糖尿病の予防・治療法の研究をはじめ、寝たきりの高齢者の筋力を保つ薬の開発や筋ジストロフィーなど筋肉の病気の原因究明に役立つ」と期待する。 グループはシートを商品化し、細胞の扱いに慣れていない工学研究者らにも供給する計画だ。 ...
インキュベクスは、民家改修型のデイサービス(通所介護)施設の見学会を開催する。介護市場でのビジネスを検討している人を対象に、同社が展開する小規模デイサービス施設設立支援サービスの事例として紹介する。 今回の事例は、一般民家の必要な部分を改修することで、 ...
寝たきりや介護が必要なお年寄りのケアで、見過ごされがちなのが口の中。口腔(こうくう)を清潔に保つことは、疾病予防や生活の質の向上につながることが、調査や実践で分かっている。専門家は社会全体で意識を高める必要性を訴える。 物を飲み込んだり、せきをしたり ...
日本介護食品協会の規格である「ユニバーサルデザインフード」に準じ、舌でつぶせる「区分3」と、噛まなくてよい「区分4」において約40 品目をご用意しております。噛み切りやすく舌でつぶせる硬さで、口の中でまとまりやすいうえ喉越しがよいことが特徴です。 ...
たまゆらの火災は、高齢者福祉の課題を浮き彫りにした。介護が必要な低所得者の行き場が特に首都圏で足りていないことと、入居者が安全に暮らせているかを監視する法の網に漏れがあることだ。 県は火災以降、法の谷間を埋めようと調査に奔走。国の指示を受けて県内の無 ...
【医療と介護の機能分化、連携の推進】医療療養病棟の報酬を一部引き下げ。 【効率化余地がある領域の適正化】安価な後発医薬品の使用を促すよう、調剤の規制を緩和。 【後期高齢者医療の診療報酬】後期高齢者医療制度に関する項目を一部廃止。
市と同協議会の説明によると、萩原容疑者は同日午後6時半ごろから市内のホテルで新年会に参加。ビールを飲み、2次会にも出ていた。同11時ごろに解散する際は、市介護保険課長が飲酒運転をしないよう促したという。 萩原容疑者は2006年から市高齢福祉課の地域包括 ...
県内のハローワークか、県福祉人材センター(大分市明野東)で求職登録し、受け入れ先となる56事業所から希望の事業所に直接、面接を申し込む。介護福祉士養成校の入学試験に合格することなどが採用条件。 県高齢者福祉課は「有資格者の人材育成と介護福祉人材の定着、 ...
環境や高齢化を配慮する形での税制インフラも整いました。既存のマイホームに省エネ改修工事、バリアフリー改修工事を行い、2009年中に居住した場合は、リフォーム費用と標準的な工事費用の少ない金額(最大200万円ですが、太陽光発電工事を手がけた場合には300万円に ...
釧路市公認介護予防サポーターで組織するボランティアの「いきいきサポーターズあゆみ」の活動が地域に広がっている。現在、35人が参加している4期生の養成講座が3月10日で終了し、約30人が活動している1―3期生と合流。4月から地域の町内会、老人クラブなど ...
2010年02月11日()
5日付「介護者に感謝と思いやりを」を読んで、私も1年半、近所で暮らす義母を介護した日々を思いだしました。毎朝、義母の家へ着くと、まずおむつの交換です。ヘルパーさんが着くまで待っていてもよいのかもしれませんが、放っておけませんでした。 ...
昨年秋に焼け跡などが撤去され、更地になった火災現場の周辺には、多くの老人福祉施設が点在している。 近くで特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人関係者は、高桑理事長らの逮捕に「一つのけじめとして、仕方のないこと」と話した。逮捕容疑では、高桑容疑者らが、 ...
公開で参加したのは、県連に応募した元党衆院議員鎌田さゆり氏(45)と介護ジャーナリスト伊藤弘美氏(35)、党本部に応募した仙台市在住で元NHKディレクター早川敬之氏(38)の3人。 2000年と03年の衆院選宮城2区で当選した鎌田氏は「雇用や教育の現場 ...
県では、無届けであることを理由に、同施設の実態把握ができていなかったことを踏まえ、県内の高齢者施設について調査を進めてきた。県介護高齢課によると、昨年10月末現在で、「有料老人ホーム」に該当しながらも届け出がない県内の施設は17施設あったが、現在では ...
チェック:画一的な介護制度に疑問を抱く有志が、それぞれ理想の介護を実現させるための施設や事業所を立ち上げた姿を追うドキュメンタリー。設立23年の老舗の福祉施設や、2000年の介護保険制度施行以降に作られた新施設を訪ね、被介護者と家族のように接しようと奮闘する ...
笑顔で耳を傾ける姿に、入所者もつられて笑顔になる 宮若市上有木のグループホーム「笠松の郷(さと)」で昨年5月から、休日に介護ボランティアを続ける中国人研修生がいる。市内の自動車部品工場で働く周連生(しゅうれんせい)さん(26)。3年間の研修期間を終えて ...
住宅火災の予防を呼びかける「住宅防火対策推進シンポジウムin神奈川」が川崎市総合福祉センター(川崎市中原区)で12日に開かれる。 市消防局によると、昨年に市内で発生した火災372件のうち、住宅火災は半分近い172件を占めており、対策が急務となっている。 ...
知人の高齢女性から借金名目で繰り返し現金をだまし取ったとして、兵庫県警明石署は11日、詐欺容疑で、県健康福祉部のアルバイト職員、小倉裕子容疑者(47)=同県明石市大蔵天神町=を逮捕した。被害額は約8000万円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。 ...
この事件は去年3月、「たまゆら」から出火し、入所していた高齢者10人が死亡したもので、警察は10日、施設を運営するNPO法人の理事長、高桑五郎容疑者(85)ら2人を逮捕しました。 施設は違法に増改築が繰り返され、入所者の徘徊防止のために外から施錠され ...
これに対し、岩沙弘道副会長が「少子・高齢化や環境問題への関心の高まりから、バリアフリーやエコ住宅の建設促進策は重要。また、アジアへの展開という視点から、官民一体で取り組む必要がある」と発言した。西田厚聰副会長は資源、環境制約が産業のあり方に抜本的な変革 ...
情報技術や介護を重点分野に、09年度と比べ9コース、160人増の74コース、定員1267人とする。県が把握している09年度開講分の受講者の就職率は66%。3人に2人が就職しており、職業訓練の拡充で再就職を力強く支援する。 職業訓練は、雇用需要が見込ま ...
福祉部門は国の制度がかっちりしているので、自治体ができるのは「すき間」的な部分を埋めること。地域福祉を支える公的サービスだけでなく、民間のインフォーマルなサービスを今後、支援したい。高齢者宅への配食サービスや雪かきのボランティアなど、民間部門サービスに ...
相談会に参加した伊那市の自営業男性(53)は、宅老所や障害者作業所を兼ねた交流施設を運営するNPO法人を設立したいといい、「思い描いている事業をどう表現すれば良いかなどを教えてもらい、ありがたかった」と話す。 県内のNPO法人は現在776団体で、県 ...