介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年02月10日()
住民から徘徊(はいかい)の苦情がくれば粗末な柵を作って入所者を閉じ込めた。 火災後も理事長にとどまり、近くの施設を有料老人ホームにして高齢者を受け入れた。土地の賃借をめぐり高桑容疑者と裁判で争った男性は「普通あれだけの火災を起こしたら身を引く。 ...
乗降に広さを必要としない妊婦や高齢者向けに一般スペースを増やし、対応することを考えた。 県では県内5保健福祉事務所に2人ずつ推進員を配置。身体障害者用駐車スペースがある協力施設に対して、出入り口近くにある一般駐車スペースの確保を呼びかける。 ...
企業誘致を軸とした富県戦略に加え、介護や子育て支援への手厚い投下で独自色をにじませた。 歳入は、企業収益の悪化などで法人2税(事業税、県民税)が170億円(29.9%)の減収。個人県民税なども軒並み落ち込み、県税総額は304億円(12.6%)減 ...
ただ、老健施設や医療機関で待機する要介護3以上の高齢者は3800人を超える。大幅に増床してもニーズには追い付かない状況は続く。 認可保育所の待機児童数は09年4月現在、仙台市を除く34市町村で511人。待機解消を図るため保育所整備に18億4000万円を ...
クルマは「所有」から「利用」に、EVで販売チャネルも多様化 (媒体での記事掲載終了)

少子高齢化や価値観の多様化に加えて、長引く不況、将来の生活不安や経済格差などを背景にした「クルマ離れ」が露呈して久しい。自動車メーカー各社は、縮小する国内市場のテコ入れを模索する一方、中国やインドなど新興国市場での事業拡大に本腰を入れ始め…

自宅で妻=当時(61)=をけって死なせたとして、傷害致死の罪に問われた無職西村一義被告(63)の裁判員裁判で、広島地裁は10日、事件の背景に長年の介護疲れがあったことを認定し、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。 ...
無断改築などが原因で避難できなかったとみられ、県警によると、壁に耐火材を使用していなかった。入所者の徘徊(はいかい)を防止するため、建物内の引き戸につっかえ棒をすることもあり、火災当日は3カ所の出口を外から施錠していたという。(2010/02/10-21:30)
タカキベーカリーは、高齢などが原因でパンが食べにくくなった人でも、らくらく噛めて食べられるパン「らくらく食パン」を2月8日から、医療機関、介護施設向けに発売した。 食生活の洋風化に伴い、介護施設などの食事でパン食を要望する人が増えている一方で、一般的に ...
... た広島市安佐南区上安、無職西村一義被告(63)の判決公判が10日、広島地裁であり、伊名波宏仁裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。 伊名波裁判長は「暴行の動機は短絡的だが、病気の妻を長年愛情を持って介護してきた疲れもあった」と指摘。 ...
病室は4、5階に36部屋。99床あり、60床を療養病床、39床を一般病床とする。昨年3月に着工した。 完成は今年8月を予定しているが、基礎工事の障害となる地中の石の撤去作業などでスケジュールに約1カ月の遅れが出ている。建設費は石の撤去や電気設備工事の ...
地区社協とは、「福祉問題の解決に向け地域ごとに協議・活動していく、地域で組織された任意の団体」を指す。人口減少、高齢社会、家族機能の低下、人と人のつながりの希薄化など福祉を取り巻く状況が変化している昨今、地域の自立、住民の自立がますます問われてくる。 ...
国の「緊急雇用創出事業」の一環で横浜市が行う「働きながら資格をとる」介護雇用プログラム推進事業が来月から始まり、市内では現在「介護福祉士コース」10施設、「ホームヘルパー2級コース」71施設が求人を行っている。同事業は不況が続く雇用情勢と介護施設の人材確保 ...
言葉の壁などから就労難が際立っていた中国残留邦人2世の医療・介護現場への就職が、兵庫県内で広がり始めた。在日中国人の増加に伴う医療通訳のニーズと、就職を強く希望する2世の意向が一致。医療用語の習得や、職員、中国人以外の患者とのコミュニケーションなど課題 ...
国定勇人三条市長は9日、自身のブログ「三条市長日記」で高額介護サービス費のデータ取込み処理にミスがあったことをわびた。 この日行った定例記者会見で明らかにしたもので、高額介護サービス費のデータ取込み処理にミスにより、結果的に介護保険利用者約80名に、追加 ...
なぜか「勝ち組」若者が移住してくる離島 5年半で230人の新規定住者獲得~島根県・海士町 JBpress(日本ビジネスプレス) (媒体での記事掲載終了)
松江から日本海を北へ約60キロ沖にある隠岐諸島の中ノ島、面積約33平方キロメートルの全土が海士という町だ。東京から飛行機、バス、フェリーを乗り継いで約6時間半。松江からのフェリーは1日2便(冬期間は1便!)しかない。人口約2400人、高齢化率39%の典型的な過疎の島だ。そんな海士町(あまちょう)が、都会から数多くのIターン者を集めている。しかも、いわゆる大企業で仕事をしていたり、難関大学を卒業した...
緊急雇用対策を兼ね、失業者を雇い働きながら福祉の資格を取ってもらう事業所に、賃金などを補助する介護人材育成雇用促進事業費として10億円を充てた。約400人の雇用を目指す。 ハード面整備の一環として、消防法施行令の改正で、高齢者や障害者の入所施設に義務づけ ...
岩国市は、警察や医師会、社会福祉団体などと連携した市高齢者虐待防止ネットワーク会議を設置した。行政と関係機関が情報を共有し、家庭内でのお年寄りへの虐待の早期発見や対応策を協議していく。 2006年に施行された高齢者虐待防止法に基づく取り組み。 ...
タカキベーカリーは、高齢などが原因でパンが食べにくくなった人でも楽にかんで食べられる「らくらく食パン」を2010年2月8日から医療機関、介護施設向けに発売した。 一般のパンはご飯と違って口の中の水分が奪われやすく、口やのどの機能が弱まってきた人にとって窒息や ...
この中で、県内五つの二次保健医療圏の新たな基準病床数(療養病床数と一般病床)は奈良3608床、東和2484床、西和3275床、中和3495床、南和885床となることが示された。西和の病床数には、生駒市が開設を目指す生駒市立病院210床と、阪奈病院の増床56床が含まれる。 ...
第一三共は8日、子会社のアスビオファーマ(東京・港、横山誠一社長)がアルツハイマー型認知症治療薬「SUN Y7017」の国内での製造販売承認を申請したと発表した。独製薬会社のメルツから国内での製造販売権を取得していた。 アルツハイマー型認知症の標準薬の一つに ...
冷食を除く市販食品は缶詰のテコ入れやハム・ソーの拡充などで31品、市販冷食は弁当向け主体の10品、業務用冷食は骨なし魚の全面見直しなど39品、介護食(冷食)は在宅介護市場に参入する新シリーズを含めて29品をラインアップする(表参照)。
女性は認知症という。 警察の話では、6日午前8時ごろ、パトロール中の警察官が女性を見つけ、困っていると思い声を掛けると、手押し車から札束がむき出し状態で見え、保護した。 所持品を頼りに親族と連絡を取ると、現金は女性の持ち物だと分かった。 ...
ほかに昨年10月~今年1月、市営住宅など集合住宅の一室から出火した火災で5人、一戸建てが燃えた火災で2人が亡くなった。 死亡者のうち半数が65歳以上の高齢者。一人暮らしは3人で、いずれも足が不自由や寝たきりだった。判明している出火原因は、たばこや電気 ...
2010年02月09日()
神崎准教授は「糖尿病の予防・治療法の研究をはじめ、寝たきりの高齢者の筋力を保つ薬の開発や筋ジストロフィーなど筋肉の病気の原因究明に役立つ」と期待する。 グループはシートを商品化し、細胞の扱いに慣れていない工学研究者らにも供給する計画だ。 ...
「つぶやきは秘書のやったことです」 81歳「ハマコー」ツイッター大人気 (媒体での記事掲載終了)

   元衆院議員の「ハマコー」こと浜田幸一氏のツイッターが人気だ。テレビそのままの自由奔放なつぶやきが受けているようで、フォロワー数は始めて約2週間で4万を突破。また、浜田氏はiPhoneを購入するとも宣言しており、高齢にも関わらず新しいテクノロジーに興味津々のようだ。

続きは「J-CASTニュース」へ


各床ごとに設ける人工呼吸装置の酸素供給口や非常用コンセントの位置、窓の手すりの高さなど、現場の意見や要望を集めた。 新大島病院は鉄筋5階建てで延べ約1万平方メートル。病室は4、5階に36部屋。99床あり、60床を療養病床、39床を一般病床とする。
滋賀県内で、手押し車に数千万円の大金を入れて徘徊していた高齢の女性が警察に保護されていたことがわかりました。 滋賀県警によりますと今月6日、東近江警察署管内で、高齢の女性が徘徊しているのを巡回中の警察官が見つけて保護しました。 女性は滋賀県内在住で、 ...
篠沢教授、区に夜間介護を断られる (媒体での記事掲載終了)

地方紙の社会面を眺めていると、見覚えのある方の写真が目に入ってきました。ずいぶん前ですが、テレビの人気番組「クイズダービー」において、ユーモアたっぷりの回答で人気を博した学習院大学名誉教授の篠沢秀夫氏の闘病記事です。

アサヒが大山崎山荘に多目的ホール、設計は安藤忠雄氏 (媒体での記事掲載終了)

アサヒビールは2月2日、アサヒビール大山崎山荘美術館(所在地:京都府乙訓郡)に多目的ホールの新設と、全館をバリアフリー化するなどの改修を実施すると発表した。設計は安藤忠雄氏が担当。全館バリアフリー工事は、2010年6月着工、7月末完成予定…

危ないバイトというのは、訪問先のおじいさんを通常のケアよりもう少しプラスして丁寧に、特に下半身を介護していたからだ。 さんざん気持ち良いコトしてもらっておいて、金を払うのが惜しくなった顧客の中のあるジジイがケアマネージャーにチクりやがったらしい。 ...
前年同期と比べ、施設数は27.3%、入所者数は22.9%それぞれ増加しており、施設数は初めて3000カ所を突破した。 同省によると、施設増加の背景には、高齢化の進展に伴う需要増のほか、06年の老人福祉法改正で定員に関係なく都道府県への届け出義務が生じた ...
平野さんが寄付金の目録を手渡したのに対し、田頭町長は病床の幸子さんへと職員手作りの卵をあしらった置物を贈った。 平野さんは昨年暮れ、趣味の卓球を楽しんだという大野城市に1億円を寄付。市は「平野基金」としてホームヘルパーの育成などに活用する計画だ。
先月25日にはサポーターの初会合が同町老人福祉センターで開かれ、サポーター証と目印の帽子が配布された。小澤会長は「塩谷町の高齢化率は27%。高齢者が地域の中で支え合っていかないと、とてもやっていけないのでよろしくお願いしたい」と呼び掛けた。 ...
これにより、新たに介護事業者、一般病院、歯科診療所、調剤薬局、クリーニング取次業等325業種が追加となり、対象業種は全部で1118となる。ただし、中小企業信用保険法で保証対象外となっている農業、林業、金融・保険、風俗営業関係等については対象外である。 ...
【足利】認知症の人を温かい目で見守る「認知症サポーター」の養成に取り組んでいる市は、小学生を対象にした養成講座を10日、毛野南小で開く。県高齢対策課によると、県補助金を受けて小学生まで対象を広げるのは足利市が初めて。担当者は「市民全員がサポーターになる ...
【沖縄】沖縄市家族介護教室事業「認知症講演会」が2日午後、同市民小劇場あしびなーで開かれた。訪れた多くの市民らは、講演や寸劇を通して、認知症は誰でもかかる病気であり、むやみに恐れず、治せるケースや早期発見によって進行を防止することができるなど、正しい ...
北海道釧路保健所は9日、管内の介護保険施設の入所者17人と職員16人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、うち4人からノロウイルスを検出したと発表した。いずれも症状は軽く、回復、もしくは快方に向かっている。 同保健所によると、33人は10~90代 ...
高等技術専門校でホームヘルパーの資格を取り、特別養護老人ホームで寮母として働いた後、出版社に転職。カルチャー雑誌の副編集長などを務め、旅やアート、ファッションなどさまざまな企画を手掛けたが、妊娠が分かると、当時勤めていた会社では産休を取ることが難しく ...
高等技術専門校でホームヘルパーの資格を取り、特別養護老人ホームで寮母として働いた後、出版社に転職。カルチャー雑誌の副編集長などを務め、旅やアート、ファッションなどさまざまな企画を手掛けたが、妊娠が分かると、当時勤めていた会社では産休を取ることが難しく ...
高等技術専門校でホームヘルパーの資格を取り、特別養護老人ホームで寮母として働いた後、出版社に転職。カルチャー雑誌の副編集長などを務め、旅やアート、ファッションなどさまざまな企画を手掛けたが、妊娠が分かると、当時勤めていた会社では産休を取ることが難しく ...
認知症の人と家族が安心して暮らせる地域づくりを考えるセミナー(県など主催)が8日、松山市持田町3丁目の県総合社会福祉会館であり、2009年度から地域支援体制構築モデル事業をしている宇和島市、四国中央市などが取り組みを報告、意見交換した。 ...
24日「あなたの大切な人はほほ笑んでいますか」、26日「忘れても、しあわせ―認知症とともに生きる」のテーマで、県立保健福祉大教授の澤田信子さん(24日)・瀬川文徳さん(26日)が語る。 ※電話、ファクス、メール、はがきで郵便番号、住所、名前、電話番号と ...
「ベロタクシー」と呼ばれる三輪タイプの自転車タクシーを地域の高齢者らの交通手段として活用する試みが、彦根市の旧市街地の城西学区で始まった。彦根城周辺でベロタクシーを運行しているNPO法人「五環生活」(代表・近藤隆二郎県立大准教授)が、国土交通省のモデル ...
第一三共の子会社アスビオファーマは8日、アルツハイマー型認知症治療剤として開発した「SUN Y7017」(一般名・メマンチン塩酸塩)の製造販売承認を厚生労働省に申請したと発表した。独メルツ ファーマシューティカルズにより創製されたNMDA(N- ...
高砂部屋の力士2人が8日、横浜市旭区の福祉施設「南希望が丘地域ケアプラザ」を訪問し、高齢者約60人と交流した。相撲の技を披露したり、一緒にちゃんこ鍋を食べたりした。 朝日新聞厚生文化事業団が福祉施設にいる高齢者を元気づけようと企画した。 ...
住宅団地はいずれも開発開始が10年以上前で、高齢化が徐々に進んでいる。今のところ、町の高齢化率は高くないが、将来的には高齢者福祉対策の拡充が求められる。 鈴木氏は4期目を「町発展の基礎づくりの総仕上げ」と位置付ける。町民は町長が行財政改革を進めながら、 ...
2010年02月08日()
金融二社の新規業務は、ゆうちょ銀が民間と提携した介護ローンや中小企業向けローン、かんぽ生命は介護・医療保険などの商品販売を検討する。郵便局では年金記録提供やパスポート関連の事務が行えるようにする。 一方、現在金融庁が民間銀行と同レベルで実施している郵便 ...
認知症の妻、女優の南田洋子さん=当時(76)=を介護し、みとった俳優長門裕之さん(76)の講演会=かんな福祉専門学校(神川町)主催=が七日、本庄市の市民文化会館で開かれた。長門さんは、介護の四年間を振り返り「愛を再認識する時間だった」と語った。 ...
健康、子育て、介護、障害福祉の四分野について、複数の専門家が常駐する。産後うつを抱える母親の育児相談や、高齢者の薬物依存など総合的に対応が必要なケースに対しても、窓口でたらい回しになることがないよう、体系的にサービスが受けられるようにする。 ...
第一三共は8日、子会社のアスビオファーマ(東京・港、横山誠一社長)がアルツハイマー型認知症治療薬「SUN Y7017」の国内での製造販売承認を申請したと発表した。独製薬会社のメルツから国内での製造販売権を取得していた。 アルツハイマー型認知症の標準薬の一つに ...
一方で、長期的には少子高齢化社会を支える制度基盤を作る取り組みも欠かせません。 高齢化は日本だけの問題でなく、先進諸国、さらにいずれは新興国でも同じような状況を迎えます。世界に先んじて高齢化が進んだ日本が経済成長と社会保障を両立する仕組みができれば、 ...
この数字は自然増加率の0.66%を大きく上回り、中国の高齢化が進行していることがわかる。80歳以上の高齢者人口は1806万人に達し、毎年5%の速度で増加しているという。 袁副主任は「高齢者福祉については需要と供給のバランスがとれず、すべての高齢者が介護サービスと ...
現行の793業種から新たに医療・介護分野にも対象を広げ、農林漁業や金融・証券などをのぞく、ほぼすべての1118業種に拡大した。資金繰り安定資金(借り換え資金)も償還の据え置きを2年まで可能とした。県商工振興課は「拡充したことで、要望の高かった調剤薬局や ...
人生相談にものります! 「僧侶ネット」がスタート (媒体での記事掲載終了)

   石川県の僧侶が開設したサイト「僧侶ネット」がユニークだ。僧侶が仏事にかかわる相談を受け付けたり、人生相談にものったりする。離れて暮らす高齢者の安否を確認する有料サービスも行うという。開設者は「僧侶がもっと近い存在になれば」と話している。

続きは「J-CASTニュース」へ


障害のある男性を虐待し、重傷を負わせたとして逮捕・起訴された介護士の男が、被害者の男性からさらに金を脅し取っていたとして再逮捕されました。 恐喝の疑いで再逮捕されたのは、埼玉県川口市に住む介護士の山村克嘉容疑者(40)です。 警視庁の調べによりますと、 ...
8年前に日本一の福祉都市の実現を掲げて市長に初当選した中屋候補は、市民交流プラザを平成19年に完成させました。 この施設は、市の福祉課や高齢介護課、社会福祉協議会などを集約し、軽運動室や入浴施設なども備えた福祉の拠点施設です。 今回の選挙ではこの市民交流 ...
サークルKサンクスは2月9日、「長野県とサークルKサンクスとの連携と協力に関する包括協定」締結に基づき長野運営部の社員28名が「認知症サポーター養成講座」を受講する。 同社は2009年3月から「認知症サポーター養成講座」受講を進めている。 厚生労働省の「認知症 ...
縮小する国内市場、現地に溶け込む海外進出がカギに (媒体での記事掲載終了)

通信の国内市場は、もはや成長の余地に乏しい。日本の人口は減少に転じ、2060年にはおよそ9000万人にまで落ち込むと言われている。高齢化も加速し、2055年には65歳以上が総人口に占める割合は40%に達する見込みだ。こうした市場で通信事業…

当社は本日、アルツハイマー型認知症(以下「AD」)に関連する、「アミロイドβ オリゴマー(以下「Aβオリゴマー」)測定 ELISAキット」試薬の販売を開始いたしますので、お知らせいたします。 全世界でADに苦しむ人は約1800万人とされ、その数は高齢化が ...
ブースを出した高齢者福祉施設の担当者は「気持ちがあれば実力は後からついてくるので、やる気のある人を探している。若い人は積極的な印象がある」と言い、別の高齢者福祉施設の担当者も「全体的に人材が不足しているので、経験よりもやる気のある人を重視したい」と話し ...
介護の知識や実技を学ぶ「さわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団、南日本新聞社主催、住友生命保険相互会社鹿児島支社協賛)が7日、鹿児島市の南日本新聞会館であった。 約170人が参加。講演で鹿児島女子短期大学の久永繁夫教授は、介護保険制度10年を ...
また、ユニバーサルデザインを採用し、通話ボタンのLEDが点滅し次の操作をガイダンスする機能や、大型ボタンと機能を区別しやすい形状で、特に高齢者に使いやすいデザインとしました。 既設インターホンからの取替えを考慮し、本体を大きな形状にすることで、壁面の日焼け ...
東京都武蔵野市で1月、重度の障害で寝たきりの男性が介護士から暴行された事件で、男性から現金を脅し取ったとして、警視庁武蔵野署は8日、恐喝の疑いで埼玉県川口市安行領根岸、介護士、山村克嘉被告(40)=傷害罪で起訴=を再逮捕した。 同署によると、山村容疑者 ...
広島県安芸太田町は、2009~11年度の介護保険料(65歳以上)を、4月から引き下げる方針を固めた。3年ごとに改定する保険料を途中で見直すのは異例。施設整備の遅れなどで、介護給付費が計画を下回ると判断。基準月額5400円を数百円程度引き下げる見通しだ。 ...
重度の障害がある男性が担当の介護士から暴行を受けた事件で、警視庁武蔵野署は8日、男性から金を脅し取ったとして、恐喝容疑で、埼玉県川口市安行領根岸、介護士山村克嘉容疑者(40)=傷害罪で起訴=を再逮捕した。 同署によると、「生活費に充てたかった」と容疑を ...
介護士の男が、介護を担当していた障害のある男性に虐待し重傷を負わせたとして逮捕・起訴された事件で、警視庁は、この介護士が男性から金も脅し取っていたとして再逮捕しました。 恐喝の疑いで再逮捕されたのは、埼玉県・川口市に住む介護士の山村克嘉容疑者(40) ...
8日午前9時40分ごろ、山形県川西町時田の町道交差点で、介護老人保健施設「かがやきの丘」の利用者が乗ったワゴン車が街路灯に衝突、運転手とお年寄り計7人が負傷し、近くの病院に運ばれた。全員意識はあるという。 米沢署の調べによると、事故現場は片側一車線の町 ...
もっと問題なのは、そのような民間企業の傾向に、福祉事務所の一部の職員が「手助け」としかとれない説明をおこなっている点です。 このような施設の存在は、実は派遣切りが騒がれる昨年以前から、指摘されていました。 その当時は、高齢の単身者や、ホームレス、日雇い ...
自宅で介護していた寝たきりの母親(当時83)を殺害したとして、殺人罪に問われた関市仲町、自転車販売業野沢伸一被告(61)の裁判員裁判で、岐阜地裁は5日、懲役4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。田辺三保子裁判長は「介護疲れも背景だが、あまりに早まった ...
公明県本部は5日、2009年11~12月に介護施設や要介護認定者などに対して実施した聞き取り調査の結果を発表した。県本部は、介護施設職員が心身の負担が大きい労働に従事しながら、それに見合う賃金を得られない状況に置かれていると分析し、県や市町村に処遇改善 ...
地域ぐるみで介護家族を支える大切さについて語り合う集いが六日、金沢市駅西本町の金沢西病院研修ホールであった。介護現場の女性スタッフが、認知症のお年寄りとの日々で感じたやりがいや思いやりの心をテーマに意見発表した。 認知症対応型の共同生活介護施設・ ...
2010年02月07日()
●凋落した福祉国家スウェーデンの惨状|☆☆元銀行員の株日記☆☆BLOG(ブログ) (媒体での記事掲載終了)
☆☆元銀行員の株日記☆☆BLOG(ブログ)株で儲けた金を握り締め銀行を退職し資格取得を目指しているプー太郎。そんなプー太郎の株日記●凋落した福祉国家スウェーデンの惨状ブログ●凋落した福祉国家スウェーデンの惨状スウェーデンの賃金レベルの5分の1から10分の1という低い賃金を設定したラバル社に対してスウェーデンの労働組合が反対活動を行ったが、欧州司法裁判所は、サービス供給の自由を阻害するという理由で、...
同署によると、水野容疑者は容疑を認め「(一子さんに)認知症の症状が少し出てきて、今後負担が出てくると思い、困って刺した」と供述している。 水野容疑者は自分で腹を刺し、重傷を負い入院していたため、同署は退院を待って逮捕した。
介護・医療分野の保険を「公的な社会保障の補完になる」として優遇し、普及を後押しする。 生保料控除は、加入者が支払った保険料の一定額を課税所得から差し引ける仕組み。現行は遺族・介護・医療保障の保険を対象にした「一般生命保険料控除」(控除額の上限は所得税5 ...
2010年02月06日()
高齢者や障害のある人たちの機能回復の手助けなど、草花を楽しむことで癒やしを得るフラワーセラピーの担い手たちの活動が、県内でも少しずつ広がっている。静岡市葵区駿府町の県社会福祉会館で7日まで開かれているフラワーセラピーの作品展には、自立や機能回復の訓練に ...
福岡県後期高齢者医療広域連合の設立に絡み、同県の前副知事の中島孝之容疑者(67)と県町村会長で添田町長の山本文男容疑者(84)が贈収賄容疑で逮捕された汚職事件で、広域連合の設立準備委員会には当初、別の副知事が参加予定だったが、町村会側の強い要請で中島前 ...
老朽化した両郷出張所の建て替えに合わせ、地区公民館と高齢者介護予防のほほえみセンター、さらに地区社会福祉協議会が入居した複合施設。各施設が一つに集まることで市民の利便性の向上を図った。行政の出先機関だけでなく社会教育、福祉と地域住民の活動拠点となる。 ...
基調講演した伊藤周平・鹿児島大法科大学院教授は、介護保険法をモデルにした自立支援法で福祉サービスが商品化されたと指摘し、「介護保険法と自立支援法は廃止し、高齢者・障害者の福祉サービスは公費で負担を」などと述べた。 続いて、赤松英知・きょうされん(旧称・ ...
日本とフィリピンの経済連携協定(EPA)に基づくフィリピン人看護師・介護福祉士候補者の日本派遣で、2年目となる2010年度の候補者357人に対する面接が6日までマニラで行われた。日本側の求人数は、82施設で178人にとどまり、今回の最大派遣枠640人を ...
緊急雇用対策事業の一環として島根県が取り組んだ、介護資格取得と就職を支援する事業で、本年度42人が就業した。20代から60代まで幅広く、前職も建設、小売業などさまざま。県など関係機関は引き続き失職者の福祉分野への就業を支援する。 事業は、ホームヘルパー2級の ...
小野田在宅介護者の会「とらいぽっど」は、在宅介護の現場で現実に起こっていることを短いフレーズで表現した「介護かるた」を制作した。 かるたの読み札の文章には「ありがとう その一言で すくわれる」「今欲しい 公的支援が みつからない」など、同会会員が経験した ...
市病院局が示した再編方針は、両病院合わせた430の一般病床数は地域内で過剰として、「一定の一般病床を療養病床へ転換させることが必要」と指摘。他医療機関と連携できる市街地の光総合病院で、地域の核となる急性期医療をするとした。療養病床の運営実績がある大和 ...
高齢者の医療と福祉のこれからを考えるフォーラムが6日、富山市で開かれました。 この催しは県生活協同組合が創立50周年を記念して開いたもので、会場にはおよそ200人が集まりました。 記念講演として家庭のような医療・介護空間、ナラティブホームの提唱者で砺波 ...
障害者自立支援法の施行を受けて、近年は同園でも利用者が各地のグループホームなどに移る地域移行が進んでいる。 保護者会の安元昭夫会長は県に対し、利用者の高齢化に伴う身体介護や医療ケアの増大にきめ細かく対応できる施設の重要性を訴え、「社会法人を立ち上げて ...
徳島県在住の外国人8人がホームヘルパーなどを目指し、徳島市内で開く「介護の日本語講座」で猛勉強を続けている。講座は、就職に向けて高いレベルの日本語を外国人に習得してもらおうと、県労働者福祉協議会が本年度始めた。これまで同レベルの日本語講座がなかっただけ ...
田辺三保子裁判長は判決で野沢被告について、脳出血による左半身のしびれという障害を抱えながら「献身的な介護を長年続けてきた」と評価し、「自覚しないまでも介護疲れがたまっていたことが犯行の背景になった」と指摘。「自分が介護の負担から解放されたいという気持ち ...
介護疲れから母親を殺害したとして、殺人罪に問われた関市仲町、自転車修理販売業野澤伸一被告(61)の裁判員裁判の判決公判が5日、岐阜地裁であり、田邊三保子裁判長は「あまりにも早まった行為であったと言わざるを得ない」と懲役4年(求刑懲役6年)の実刑判決を ...
2010年02月05日()
一人暮らしの高齢者ができる限り地域で暮らし続けられるよう、品川区は二〇一〇年度、ホームヘルパーや看護師が常駐する高齢者向け優良賃貸住宅の建設に乗り出す。民間事業者の建設も支援することとし、予算案には工事費など計約六億円を盛り込んだ。 ...
また、「たらい回しをしない」を基本方針に、すべての手続きや相談が一つの窓口でできる「総合窓口」は、来年一月から福祉部門で先行的に運用開始する。全国的にもまだ数少ないサービスで、高齢者支援、障害者福祉、介護保険分野のサービスが、「福祉総合窓口」の一カ所で ...
鉄道や航空運輸、医療・介護、放送など主に大企業が担う業種はこれまで緊急保証制度の対象外だった。地方のローカル線を運行する会社や開業医なども保証を受けられるようにする。農林水産業や金融・保険業などは引き続き対象外だ。
さらに町内には、豊後森駅などJRの3駅から500メートル以上、路線バスの停留所から300メートル以上離れた「交通空白地域」が12カ所もあり、こうした空白地域を解消していく計画もある。 計画について、同町地域力創造課は「安全安心の町づくりに向け、高齢者の ...
村井嘉浩知事が昨年秋の知事選で掲げた「高齢者介護、子育て支援施策の充実化」「1万人超の雇用創出」に重点配分し、前年度を約30億円上回る規模となる。 歳入面では、法人関係2税(事業税、県民税)の落ち込みが響き、県税収入が前年度を300億円(13%) ...
英国内の認知症患者の数が82万人を超え、心臓病やガン以上の脅威になる可能性があると慈善団体が警告している。 慈善団体「Alzheimer's Research Trust」の委託によりオックスフォード大学が発表した報告書『Dementia 2010』によると、認知症は英経済に年間230億ポンドの ...
また、市の花「ヒガンバナ」を描いた市の特産品の「追い出し猫」を提案すると、市長は「製作している宮若追い出し猫振興会にぜひ報告しておきます」と感心していた。 高齢者が住みやすいまちづくりについて質問した中島いつきちゃん(10)=4年=は「市長さんに言われ ...
門司区出身の僧侶の兄妹が、仏教の教えを基に分かりやすく、時にはユーモラスに介護の心構えを説いた本「心コロコロ介護の心」を出版した。兄妹は、一人芝居の公演で全国行脚する川村寿法(じゅほう)さん(47)=門司区東門司=と、アナウンサーも務める川村 ...
新宿区は法律で認められている障害者への介護サービスについて、「65歳以上の新たな申請は一切認めない」と独自に決め、篠沢さんの申請を断っていました。 それが、今月2日にJNNの指摘を受け、新宿区はこうした対応が誤りだったことを認め、内部ルールを改めまし ...
教室は、お年寄りの男性にも栄養バランスが整った料理を作れるようになってもらい、生活習慣病の予防につなげようと、市社会福祉協議会が毎年1回主催している。 参加者は、塩分やカロリーを控えめに設定した、豚肉のワカメ巻きやサツマイモとパイナップルを使っ ...
介護疲れで母親を殺害したとして、殺人罪に問われた野沢伸一被告(61)の裁判員裁判の判決で、岐阜地裁(田辺三保子裁判長)は5日、懲役4年(求刑懲役6年)を言い渡した。 判決は「痛みに苦しむ母親を楽にしてあげたいとの気持ちからでもあり、身勝手と一面的に評価 ...
また、雪下ろし作業に伴う高齢者の事故を防ぐため、各区社会福祉協議会を通じて除雪ボランティアを募集している。 昨年12月から数えて3度目となった大雪で、同市は除雪費(当初予算約12億円)が不足する事態に陥っており、2月議会に補正予算案を提出して3 ...
まだ政策の全体像は必ずしもはっきりしないが、ヨーロッパ型福祉社会の指向が垣間見える。日本の福祉政策は年金と医療が中心で、主として高齢者を対象としている。ヨーロッパはこれに加え、育児や雇用をカバーしており、そのセーフティーネットは若年層にも及んでいる。 ...
万が一の場合でも表示と音声で緊急事態を通知することができる。 また、ユニバーサルデザインを採用。通話ボタンのLEDが点滅し次の操作をガイダンスする機能や、大型ボタンと機能を区別しやすい形状で、使いやすいデザインとなっている。 このほか、共同住宅用の自火報 ...
市民グループ「ユニバーサルファッション工房 繕(ぜん)」(佐藤万里子代表)は、体の症状に合わせた服のリフォームを請け負う傍ら、5年前から裁縫教室「バリアフリーつくろい塾」を月6、7回(年会費2000円、受講料1回2時間1000円)開いている。 ...
全国に先駆けて銭湯の脱衣場でデイサービスを始めた東京都品川区旗の台の銭湯が今度は、隣接地にホームヘルパーや看護師が常駐する高齢者向け優良賃貸住宅を建設する。入居者が必要に応じて医療や介護サービスを利用するタイプで、区は新年度予算案に補助金約二千万円を ...
市がまとめた再編方針によると、光総合病院は210床ある一般病床をほぼ維持する。大和総合病院の療養病床は60床から3倍強へと増やし、一般病床220床は1割程度に削減する。両病院とも外来で総合的な初期診療には応じる方針。光総合病院の人工透析は続ける見通しだ。 ...
静岡県浜松市北区細江町の古橋義徳さん(58)が開く、ふれあいレストラン「食楽工房」は、健常者だけでなく、障害者や高齢者がともに食事を楽しみ、くつろげる場となっている。開店して1年、心のバリアフリーを目指し、地場の食材にこだわり、四季の香りと素材の味を ...
修論のタイトルは『「同性愛者」の「高齢者福祉複合施設空間」』である。 この論文の中で曽さんは、まず、高齢化社会の中で実際に歳を重ねている日本人同性愛者自身の問題意識について触れる。新宿二丁目のゲイ酒場では、同性愛者の老人ホームや高齢者ゲイが身を寄せ合う ...
石油販売会社のりゅうせき(浦添市、金城克也社長)は子会社を通して4月から介護事業を始める。独自の施設を全国展開するポシブル(大阪市)のフランチャイズ(FC)店として、浦添市にリハビリ専門のデイサービス施設を開設する。脳梗塞(こうそく)などでリハビリが ...
現在ある療養病床60床も廃止。その後は北秋田市立の無床診療所としたい考えだ。そもそも市は、北秋田市民病院の開業以降も、慢性期医療を中心として米内沢総合病院を存続させる構想だった。しかし、財政上の問題を避けて通れなくなった。 管理者側はこれまで、一般 ...
千奉会の所在地になっている同所には、同会が運営する介護老人保健施設「蛍」と、田中理事長経営のイヤスコ(鈴鹿市)が運営する住宅型有料老人ホーム、田中理事長の長男経営のソレイル(同)が運営する訪問介護事業所が同じ敷地内にある。 「蛍」ではこの日も職員が通常 ...
介護中の母親(当時83)を殺害したとして殺人の罪に問われた、関市仲町、自転車販売業野沢伸一被告(61)の裁判員裁判が4日、岐阜地裁であった。検察側は「母親の苦痛を和らげる選択肢があったのに、殺害を選んだのは身勝手で短絡的」などとして懲役6年を求刑し、 ...
パン製造販売のタカキベーカリー(広島市安芸区)は8日、スプーンで食べられる柔らかい介護食用のパンを発売する。病院や施設向けに販売拡大を目指す。同社によると、介護食用のパンは大手メーカーでは珍しいという。 開発したのは、シロップに漬けて柔らかく ...
県障害福祉課は4日、水戸市見川町のNPO法人「創」(高柳ゆき子理事長)が運営する児童デイサービス「創」と短期入所サービス「絵(かい)」の2事業所が、利用時間を水増しするなどして介護給付費を不正に受け取っていたと発表した。同課は4月30日付で、同法人の ...
認知症への理解を深める授業が4日、丹波市市島町酒梨の三輪小学校で開かれた。同市市島町上竹田のグループホーム「村いちばんの元気者」の職員2人が講師として訪れ、3、4年生約30人が、ロールプレイ(役割演技)などを通じて認知症の人の気持ちや接し方を学んだ。 ...
2010年02月04日()
介護疲れから母親を殺害したとして、殺人罪に問われている関市仲町、自転車修理販売業野澤伸一被告(61)の裁判員裁判の論告求刑公判が4日、岐阜地裁(田邊三保子裁判長)であり、検察側は懲役6年、弁護側は執行猶予付き判決を求め、結審した。 ...
県は四日、水戸市見川町で児童デイサービス「創(そう)」、短期入所サービス「絵(かい)」の両事業所を運営するNPO法人「創」が、昨年七~九月に介護報酬約百二十万円を水増し請求したとして、障害者自立支援法に基づき、両サービス事業所の指定を取り消すと発表した ...
この言葉で在宅介護ができました。義父を1年間、義母を13年間介護したとき、主人がよく言ってくれた言葉です。 義母が脳梗塞(こうそく)で右半身不随になったとき、私は38歳。介護保険制度はなく大変でした。寝たきりではなかったので助かりましたが、だんだん意欲 ...
さらに「少子高齢化が進み、人口の減少は避けられない」とも語り、重点施策として福祉と教育の充実を掲げた。2010年度の予算編成方針や事業の方向性などの説明については、3月定例議会に持ち越した。 また、臨時議会本会議は町長選挙費用941万円の追加を盛り込ん ...
提言内容は(1)一人暮らし高齢者の現況を把握し、登録制の「見守り協力者」による戸別訪問や声掛けなどの実施(2)介護・支援が難しいケースで、ケアマネージャーらが気軽に相談し合えるように、支援者の会議の場を新設する―など。地域全体で高齢者支援を推進しようと、高齢 ...
港区はきょう身近な場所で手軽に介護予防ができるように考えたというオリジナルの介護予防体操を発表しました。 港区オリジナルの介護予防体操は東京都健康長寿医療センターが考えた「体操の原案」を基に区の委員会が検討を重ねて出来上がったもので、きょう開かれた区の ...
首相 天下りあっせんは全面的に禁止した。センターによるあっせんは、組織改廃により辞職せざるを得ないとき以外は行わない。 仁比聡平氏(共産) 介護の現状の基本認識は。 首相 団塊の世代で介護が必要な方も増えてくる。介護に力を入れていかないといけない。
首相 天下りあっせんは全面的に禁止した。センターによるあっせんは、組織改廃により辞職せざる得ないとき以外は行わない。 仁比聡平氏(共産) 介護の現状の基本認識は。 首相 団塊の世代で介護が必要な方も増えてくる。介護に力を入れていかないといけない。
広島県安芸太田町は2009―11年度の介護保険料(65歳以上)を、4月から引き下げる方針を固めた。3年ごとに改定する保険料を途中で見直すのは異例。施設整備の遅れなどで、介護給付費が計画を下回ると判断。基準月額5400円を数百円程度引き下げる見通しだ。 ...
「ユニバーサルデザイン」という表現が流通して久しい昨今。その表現が生まれた当初は、それまでの福祉的な事象に捕われずに一般の社会に対して広く開かれたイメージを持っていました。しかしながら、それらの言葉も現在では従来型の福祉的領域の表現としてしか残像を残せ ...
藤沢駅と湘南台駅周辺の整備終了後は、地元要望の多かった六会日大前駅周辺に重点整備地区を移し、駅前広場などの整備を計画。05年には、道路だけでなく、建物も含んだバリアフリー新法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)が施行、市ではこれを受け、 ...
3月15日に閉院が予定されている東京都世田谷区松原の都立梅ケ丘病院の跡地(約2万4000平方メートル)について、同区は4日、都から約145~175億円で取得し、高齢者や障害者の在宅復帰を支援する施設など保健・医療・福祉サービスの拠点として整備していく ...
核家族化が進んだ結果、老後は金銭面や生活面で子供の世話にならず、自分自身で対応していく必要が出てきた。同時に、長生きで「老後資金が足りなくなる」恐れも。 寝たきりになったら、誰が看てくれるのか。介護が受けられる高齢者施設に入るには、いくら必要か。 ...
介護予防運動プログラムの普及や認知症の予防などをテーマにしたシンポジウムが、あす岩出市で開かれます。これは和歌山県などが主催する「みんなで広げる介護予防」シンポジウムで、あす午後1時から岩出市荊本の岩出市民総合体育館で開かれます。 ...
パン製造・販売で知られるアンデルセングループ(広島市)のタカキベーカリーは4日、介護食用のパンである「らくらく食パン」を開発したと発表した。同社によると、パンの介護食は業界初。8日から医療機関や介護施設向けに販売を開始する。 口腔(こうこう)内のだ液が ...
富山県氷見市で2004年8月に起きた親子間の傷害致死事件では、息子(57)が母親=死亡時(80)=の介護に没頭するあまり、認知症に気付けなかった。一方で、知人や医師、ケアマネジャーは深刻な事態を察しながら、連絡を取り合うことはなかった。 ...
全国平均より10年早く高齢化が進んでいるといわれる大牟田市で3日、「大牟田福祉ものづくり研究会」が開かれ、これまでの2年間の福祉用具の研究開発成果が報告された。筋ジストロフィー患者が触れるだけで使うことのできるナースコールや障害児が車いすのまま乗り込め ...
福岡県町村会を舞台にした裏金詐欺事件と接待疑惑は、ついに福祉行政に絡む汚職事件に発展した。後期高齢者医療制度の運用をめぐり、中島孝之・前副知事が収賄容疑で、県町村会長の山本文男・添田町長が贈賄容疑で、それぞれ福岡県警に逮捕される事態になったのだ。 ...
一方、外部での一括調理では幼児の発育や体調に合わせたきめ細かい対応ができないとして、一部の保育関係者から反対意見が出ていた。 全国展開を認めるかどうか判断する2009年度の対象事業は計11件。保育所給食の外部調理のほか、障害者向け介護施設の利用拡大や、 ...
警察庁は4日、75歳以上のドライバーの運転免許更新要件を厳しくした昨年6月施行の改正道交法に基づき、昨年末までに認知症と診断された2人の免許取り消しが決まったと発表した。 改正法では、更新時に義務付けられた講習予備検査(認知機能検査)で「記憶力・判断力 ...
認知症が疑われる高齢ドライバーを抽出するため昨年6月に始まった認知機能検査(講習予備検査)をきっかけとして、取り消しや返納、失効で運転免許を手放すことになった人は11月までの半年間に計27人に上ったことが4日、警察庁のまとめで分かった。 ...
臼杵市は70歳以上の独り暮らし世帯や高齢者だけの世帯などを対象に、持病やかかりつけ医、緊急連絡先、寝室の位置といった記録を専用容器に入れて冷蔵庫に保管する「安心生活お守りキット」を配布する。記録内容は台帳にまとめ、市と消防、社会福祉協議会、自治区長や ...
2010年02月03日()
引きこもりがちだったり、軽度認知症などの高齢者らが楽しんで参加できるサービスは何か-。東京都日野市の「グループホームきずな」は昨年まで、東京都の補助金を得て、こうした人に「就労デイサービス」を行った。現役時代と同じ仕事、洗車や公園清掃などに携わった高齢 ...
県警組織犯罪対策課によると、平成21年末の暴力団構成員は1241人で、長年ほぼ同数で推移。しかし、摘発や高齢化で組員が減少するため、暴力団は若手組員の獲得に力を入れているという。 暴力団に関する相談は同センター(電)028・627・2600。
委員長を務める武田病院(西区拾六町)の武田正勝院長は「命を大切にする政治や医療、福祉の大切さを強く感じる作品。1人でも多くの人に見てほしい」と話す。 前売り大人1200円(当日券1500円)、中高生は当日券のみで800円。ローソンチケットなどで販売中。 ...
偶然触わって誤操作する可能性も指摘されたが、病院関係者は注目している。 自走車は、障害児が、自分の意思で自由に動ける喜びを体験できることを目的にしており、車いすのまま乗車でき、ボタンを押すだけで進んだり回転したりする。 高齢者が軽く握るだけで計測できる ...
福岡県前副知事、収賄容疑で逮捕 (媒体での記事掲載終了)

   後期高齢者医療制度を運用するための福岡県の広域連合の設立に関連して、町村会に便宜を図った見返りに現金100万円を受け取ったとして、福岡県警は2010年2月2日夜、前福岡県副知事の中島孝之容疑者(67)を収賄容疑で逮捕した。全国町村会長と県町村会長を務める、添田町長の山本文男容疑者(84)も贈賄容疑で逮捕された。

続きは「J-CASTニュース」へ


今回は優秀な人材を求めようと、 障害者施設や高齢者施設など34事業所が参加。 275人の採用予定に対して来場者は、 学生17人を含む163人と大幅に 「売り手市場」 となり、 事業者側は仕事の内容をじっくりと説明。 現場の職員が仕事の魅力を紹介するガイダンスのコーナー ...
障害者や高齢者が快適に旅行を楽しめる観光バリアフリーを隠岐地区で進めるための第2回検討会が3日、島根県隠岐の島町内であった。観光業者など地元関係機関が連携し今後、地元の観光バリアフリー情報を旅行者に提供する総合案内窓口を設置することを決めた。 ...
警察によると、中島容疑者は県の後期高齢者医療広域連合の設立にあたり、県町村会に対して便宜を図った見返りに、山本容疑者から現金100万円のワイロを受け取った疑いが持たれている。 警察は、容疑の裏付けのため、3日朝から福岡県庁などの捜索を行っている。 ...
昨春に、介護制度導入以来初めて介護報酬が引き上げられたことからケアマネージャーの一人あたり介護者数を増やすことができるようになり、採算が改善したとも指摘している。 ただ、株価が、昨年11月に677円の株式分割落ち後の最安値を付けた後は、下値が切り上がる格好と ...
広島文教女子大(広島市安佐北区)は7日午後3時から、学生と地域住民が一緒に参加する認知症サポーター養成講座を同大で開く。人間科学部人間福祉学科の卒業論文発表会に合わせて初めて企画した。 認知症サポーターの養成は、厚生労働省が提唱し、自治体などの支援で ...
元妻は首に軽傷。 同署によると、元妻は平成16年ごろの交通事故で下半身不随になり、車いすで生活していた。東容疑者と元妻は21年9月ごろに離婚したが、その後も一緒に暮らしていた。東容疑者は「介護に疲れた」と供述しているという。
株式会社イトクロ(本社:東京都港区、代表取締役:黒岩 剛史、山木 学)は、2月3日、入居希望者と介護施設をつなぐ優良老人ホーム紹介センター『介護ホーム』(http://www.kaigohome.net/)の提供を開始しました。株式会社イトクロ(本社:東京都港区、代表取締役: ...
以前紹介した今年予定されている社会保険料引き上げに関連して、中小企業が多く加入する「協会けんぽ」から、1月27日に、平成22~24年度までの財政見通しが示された。 これによると、医療保険料に関して、まず平成22年度は4月以降、現行の平均8.2%から平均9.34%とし、 ...
弁護側が介護疲れによるやむにやまれぬ状況を訴えたのに対し、検察側は金銭的に困窮していた背景や介護サービスへの理解の乏しさが事件を招いたと指摘した。 介護殺人を扱った中部地方では初の裁判員裁判。野沢被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。 ...
掛川市は2日、同市立原田小で児童を対象にした認知症サポーター養成講座を開いた。市によると、小学生向けの同講座は県西部地区では初めて。3、5、6年生44人が紙芝居などで認知症について理解を深めた。 同講座は認知症を正しく理解し、認知症の患者と家族を支援 ...
「アホか」と言われたイベントに家族が涙する理由 一度訪れるとファンになってしまう洋菓子店 JBpress(日本ビジネスプレス) (媒体での記事掲載終了)
人口が減り続け、高齢化が進む典型的な地方都市。人が集まる施設も、商店街も近くにはなく、日が暮れれば辺りは真っ暗──。とても商売に向いているとは言えない環境にありながら、連日多くの客でにぎわい、売り上げを伸ばしている繁盛店がある。長野県伊那市にある「菓匠Shimizu」という洋菓子店がそれだ。ある本を読んで、菓匠Shimizuの存在を知った。経営者やスポーツ選手向けのメンタルトレーナーとして知られる...
2010年02月02日()
東京都新宿区が、新たに障害者手帳を取得した六十五歳以上の区民について、訪問ヘルパー派遣など介護保険と障害給付が同種サービスを定めている場合、介護保険を一律適用するとした独自のルールを作っていたことが分かった。介護保険より障害給付の方が手厚いサービスを ...
高齢者福祉施設の整備だけでなく、住宅のバリアフリー改造を促進し、家庭での介護が可能になるようにしていくことも必要です。誰もが望むことだと思いますし、介護費用も安くなります。ところが、介護保険のスタートの時に、補助金の対象となる住宅改造が20万円までに制限 ...
(飯田克志) <妻の挙動から認知症を心配し、病院に連れて行った夫。実は夫に認知症の疑い…>。 創作小説が披露されると、認知症が人ごとではない年代だけに、笑い声とともに感想や意見が盛んに飛び交う。 一月中旬、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合 ...
中国地方の地方銀行が病院などの医療機関や介護施設向け融資に力を入れている。専門チームを設置したり、専用の融資商品を売り出したりして顧客開拓を進める動きが目立つ。景気回復の遅れから一般企業の資金需要が低迷する中、景気の影響を比較的受けにくいとされる医療 ...
たつの市の特別養護老人ホーム「桑の実園」は昨年1月、1期生にあたる介護福祉士候補の男性3人を受け入れた。 高齢者の食事や排せつなどの世話をする3人は、ともに母国では看護大学を卒業し、看護資格がある。アハマド・リヤントさん(26)は「利用者の特徴が分かる ...
島根大学医学部の橋本道男准教授(脂質栄養学)らの研究グループが、青魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)に、もの忘れや認知症の予防効果があることを、DHA入りの魚肉ソーセージを使い、国内初の100人規模の臨床研究で実証した。2008年11月から1年間 ...
介護していた母親=当時(83)=を鈍器で殴り殺害したとして殺人罪に問われた岐阜県関市、自転車修理販売業野沢伸一被告(61)の裁判員裁判で、岐阜地裁で2日に開かれた初公判の前に、野沢被告の罪の軽減を求める嘆願書に署名した裁判員候補者1人が、選任手続きで ...
福祉行政サービスに関して町村会側に有利になるよう取りはからったとの情報もあるという。県警は1月以降、町村会会長で全国町村会会長の山本文男・同県添田町長からも事情を聴いている。 町村会参事の天野敏哉被告(49)=詐欺罪で起訴=らは「裏金で中島前副知事を ...
福祉や介護分野への就職を希望する学生などを対象にした「福祉の就職フェアわかやま」がきょう(2日)、和歌山市内で開かれました。「福祉の就職フェアわかやま」は、和歌山県社会福祉協議会が主催してきょう(2日)午後開かれ、福祉の分野に就職を希望する学生や一般の ...
今回発売する8品は、日本介護食品協議会が食品を「かたさ」や「粘度」に応じたユニバーサルデザインフード4区分のうち、” かまなくてよい(区分4)”に分類されます。キユーピー「やさしい献立」シリーズは、いつまでも楽しく食事がとれるように「おいし ...
... 事業においても応用可能であると確信し、経験豊富なサービス提供責任者、介護福祉士、ヘルパー、ケアマネージャー(提携)等の介護従事者が集まり、訪問介護と新しい介護サ-ビスを行うアットファミリー訪問介護ステーションを2010年2月1日にオープンいたしました。 ...
個室下限4畳半に、都型ケアハウスの補助制度新設 (媒体での記事掲載終了)

地価の高い大都市でも低所得の高齢者が入居しやすい福祉施設を整備するため、東京都が新たな補助事業を始める。個室を狭くした新タイプの施設「都型ケアハウス」の設置者に対し、建設費などを補助する。2月26日に説明会を実施する。

... のは、クルマを運転しない高齢者にはきつい。 茨城キリスト教大学の岩間信之講師は、フードデザートのお年寄り200人に、豆類、緑黄野菜など10種類の生鮮品の摂取状況を調査、106人が栄養不足と出た。肺炎、脳卒中の危険が増し、寝たきりなど要介護のリスクが高まる。 ...
認知症の予防に加え、早期発見や見守りにもつなげるモデル事業で、高齢者の不安な気持ちを受け止める傾聴ボランティアもかかわりながら展開。教室終了後には、参加者による自主グループも立ち上がった。 教室は昨年10月から今月21日までの計12回、同市公民館で開かれた。 ...
... 意識の高まりから20代は「環境・ゴミ対策」の割合が高く、世代ごとの関心の違いが明らかになった。40代を除く全世代で「医療・福祉」がもっとも高く、幼い子どもを抱える若い世代と、健康への不安を持つ高齢者の両方から充実した医療・福祉政策が望まれている。 ...
介護福祉士やヘルパーが常駐し、要介護者の受け入れも可能だ。 林洋三社長は「不動産市場は縮小傾向。社会は高齢化が進み、高専賃は新たな収入源になる。10年後には全体の5割を占める収益の柱にしたい」と将来を見据える。 2006年の三位一体改革で、介護保険が適用 ...
認知症の高齢者に契約を結ばせたり、何度も契約を持ちかける迷惑勧誘をしたりしたとして、東北経済産業局はこのほど、布団リフォームの訪問販売会社「寝具のくどう」(本社・秋田市川尻若葉町)に対し、特定商取引法に基づいて1月30日から3カ月間の業務停止命令を出 ...
母親は足が不自由で要介護認定を受けており、長男が身の回りの世話をしていた。自宅からは「迷惑をかける」などと書かれた文書が見つかっており、同署は長男が親族に対して遺書を書き、無理心中を図ったとみている。 同署の調べでは、長男は昨年11月27日午前10時 ...
... 意識の高まりから20代は「環境・ゴミ対策」の割合が高く、世代ごとの関心の違いが明らかになった。40代を除く全世代で「医療・福祉」がもっとも高く、幼い子どもを抱える若い世代と、健康への不安を持つ高齢者の両方から充実した医療・福祉政策が望まれている。 ...
2010年02月01日()
養護者による虐待の背景として、高齢者の転倒や徘(はい)徊(かい)防止のため、虐待と意識せずに過度の身体拘束を行う、虐待の認識はあるが自制できない、などの事情が考えられます。多くの場合、当事者の自主的解決は難しく、放置すると深刻な事態を招きかねません。 ...
披露宴会場や客室113室がある大規模施設のため、新たな活用策は見つかっていなかった。 那須社長は「高齢者が増える中、安心して暮らせる老人アパートを造る構想から始まった。空きビルを福祉に再利用することで、市街地活性化にもつながれば」と話している。
建設地は仮設住宅が立つ同市花山地区の高齢者生活福祉センター「湖畔の里」隣の市有地。3LDK(床面積57.5平方メートル)で来週に入札で設計、積算業者を決め、3月中に着工する。工期は約4カ月の見通し。 入居者は避難指示を受けた同市花山金沢地区に自宅が ...
「3K職場」とも言われる介護現場へ卒業生を送り出している信州短期大学(佐久市)が、新年度から北欧式の「やさしい介護」を学ぶ講座を開く。福祉の先進国で、幸福度世界1位とも、年をとるほど幸福度が高くなるとも言われているデンマークに学ぶ内容となる。 ...
マシントレーニングを中心とした介護予防・自立支援型デイサービス施設「健康サポートセンターきらり」(井手実和センター長)が1日、茨城県牛久市ひたち野西のJRひたち野うしく駅前にオープンした。同センターには、県内では2カ所目という静脈認証でデータを管理する ...
福岡市で1日から、介護保険適用サービス「夜間対応型訪問介護」の提供がスタートした。2006年4月の改正介護保険法施行に伴って導入されたが、市内ではこれまでサービスを担う事業者がなく、実施されていなかった。今回、福岡市中央区の福祉サービス業「福岡安全 ...
利用者の多くは高齢者だ 八女市が黒木、立花両町、星野、矢部両村を編入合併して1日、新しい八女市が誕生した。人口は7万1127人(1月1日現在)で県内11番目、面積は約482平方キロメートルと北九州市に次ぐ県内2番目の広さになる。一方で、中山間部にある ...
「Care House Planner」は、超高齢社会を迎え今後ますます需要が増す事が予想 される「高齢者向けの住宅リフォーム」、「高齢者に配慮した新築住宅」のプレ ゼンテーションに最適な福祉住環境専用CADシステムです。 バリアフリーリフォームや介護保険を利用した住宅改修、 ...
浅草で高齢者専用賃貸住宅の第1弾が完成、東京建物 (媒体での記事掲載終了)

東京建物による高齢者向け賃貸住宅事業の第1弾「グレイプス浅草」が、2009年12月に完成した。2010年2月から入居を開始する。

コンピュータシステム研究所は、福祉住環境専用の住宅プレゼンシステム「ケアハウスプランナー」の最新版「バージョン7」を発売した。 同製品は、高齢者向けの住宅リフォーム、高齢者に配慮した新築住宅プレゼンに最適なCADシステム。最新版では、従来品と比較して、 ...
多くの高齢者を山の上などの施設に「収容」するのはおかしい。「土橋のおうち」のグループホームは、家族も時には泊まることができ、中には最期のみとりをして、家族葬をした人もいます。近くには2006年、いろんな世代の交流拠点として「ふらっとホーム 河原町の ...
福栄会は、高齢者施設、児童施設、母子支援施設など福祉全般の施設を運営。精神障害者の作業所「かもめ工房」は区内に3カ所あり、同施設には東中延の第二工房が移転した。 同作業所では、作業訓練を中心に就労支援や日常生活全般にわたり支援を行う。 ...
四万十町大正の県立四万十高校で28日、認知症の人たちを支援する「認知症サポーター」の養成講座があり、1年生29人が参加した。卒業まで毎年講座を受講し、認知症への理解を深めていく。 講座では愛媛県西条市高齢介護課の近藤誠さんが「認知症についての理解」と ...
高齢化社会を反映して認知症の高齢者を捜すケースは増える一方で、ヒトの3千~1万倍といわれる犬の嗅覚(きゅうかく)が早期救出に役立っているという。 「おじいちゃんが外出したまま戻りません」。昨年9月3日、ある男性(79)の家族が松田署に通報した。 ...
阿武町宇田にある宇田小学校跡は昨春の閉校後、町がグループホームやデイサービスセンターなどの高齢者福祉施設として改修中だ。同町によると、宇田小の校舎は1997年に改築され、建物はそれほど古くなっておらず、地元の要望で福祉施設への改造が決まったという。 ...