介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年12月10日()
県は十日、介護保険法の償還払いを受けるために虚偽申請したとして、同法違反で福祉用具販売の「日本ドライ介護用品のスマイル」土浦営業所(土浦市神立中央五)を、来年一月から三カ月間の営業停止処分とした。 県によると、同営業所の男性社員(40)は昨年十二月、 ...
こうした実態を踏まえ、国は介護福祉士を目指す学生に2年間で120万円貸与する奨学金制度の利用枠を拡充。県内の利用者は昨年度まで20人前後だったが、本年度は約120人と大幅に増加したという。県高齢者支援課は「高齢化は今後さらに進む。 ...
神奈川県警鶴見署によると、男性は認知症で通院していたといい、誤って踏切内に入った可能性があるとみている。 JR東日本によると、貨物線と並行する東海道線と京浜東北線の上下50本が運休したほか、30本に最大1時間半の遅れが生じ、乗客約9万5千人に影響が出た。 ...
三浦市の釣り愛好家を中心にしたグループ「マリン名人戦」の事務局メンバーが9日、同市初声町下宮田の特別養護老人ホーム「美山ホーム」(入所者110人)を訪れ、前日の大会で釣ったカワハギ約200匹をプレゼントした。 大会は毎年この時期に開かれており、ことし ...
長野県は10日、同県内の社会福祉施設の高齢者や障害者らに、1990年から20年連続で手編みの毛糸の帽子をプレゼントしている甲府市の病院事務員野中のり子さん(50)に感謝状を贈った。 19歳で膠原(こうげん)病と診断された野中さんは、現在も闘病中。 ...
千葉県南房総市谷向の介護施設「光栄館」で10日、長野県出身の主婦、白鳥睦子さん(57)がドングリや木の実をちりばめた作品を贈った。 この作品はコルクボードに枝をはり付け、さまざまな表情やしぐさのドングリ約100 個を並べたもの。入所者がふるさとや幼いころ ...
熊本県が2009年12月から実施する「認知症予防モデル事業」の補助金対象に、バンダイナムコゲームスが開発・販売するゲーム機が認定された。 認定を受けたのは、リハビリテインメントマシン「ワニワニパニックRT」と「ドキドキへび退治RT」の2製品。ともに高齢者や障害者を ...
お年寄りの半数以上が認知症で、その他の人もケアなしでは生活できない。 ところが、ひとつ屋根の下で一緒に過ごし始めると意外な反応が出てきた。84歳の認知症の男性と母親の病気で預けられている3歳の男児との交流だ。 独りでいるときの男性は、他の人と話すこともなく ...
すずみが丘介護センターはケアマネージャーがサービス利用希望者に対しケアプランを作る事業者です。県によるとすずみが丘介護センターの1人のケアマネージャーがケアプランを作成していないにもかかわらず、2006年4月から3年間にわたり580万円多く介護報酬を ...
【旭川】旭川中央ハイヤー(旭川)が来春から、夜間訪問介護事業をスタートさせる。同社のホームヘルパーが契約した利用者を定期巡回するほか、緊急の呼び出しにも対応する。夜間の訪問介護は道北では初めてで、在宅介護をする家族らを支えるサービスの一つとして期待され ...
住友林業の高齢者介護事業への取組みは、従来より土地資産活用の提案を通して、高齢者介護を目的とするデイケア施設及びグループホームの立案・施工など、その実績を積み重ねて参りました。 そして平成18年11月に、高齢者介護施設、及び高齢者向け集合住宅に関する ...
運動と認知機能との関連についてはこれまでにも研究されているが、高齢者(認知症関連)や小児を対象としたものが中心であり、今回のように若年成人に焦点を当てた研究は少なかった。若年成人期には重要な行動習慣および認知機能が形成され、学業成績が後の人生に最も ...
介護の仕事の魅力を知ってほしいと、芝居を通して紹介する会が8日、高崎市城山町の集会所で開かれた。介護事業に取り組む地元のnpo法人「ハートフル」と東京の演劇集団「お芝居デリバリー・まりまり」が共演、お年寄りやスタッフから笑いや拍手が起きた=写真。 ...
城西学区は65歳以上の人の割合を示す高齢化率が27・3%と市内でも高く、一人暮らしや夫婦のみの世帯も多いという。 城西友愛会とともに7年前からこの活動に取り組む城西学区社会福祉協議会の田中慶哉(けいさい)会長(79)は「厳しい世の中だから、地域の温かさ ...
介護施設の職員や家族による虐待が年々増加しているという。 道高齢者保健福祉課が、2006年度から毎年5~6月に全市町村(札幌市を含む)を対象に調査、集計した。介護施設職員による虐待の相談・通報件数は06年度は10件だったが、07年度は19件、08年度 ...
2009年12月09日()
それまでの老健制度は、会社員や公務員などの健康保険や国保など「現役世代」の負担が重すぎるとの批判が強かった。 そこで75歳以上を切り離すことで、現役の負担が財源全体の4割程度にとどまるようにし、高齢者自身にも1割程度を保険料の形で負担してもらうことに ...
高齢期の住まいを考えるフォーラム「住処(すみか)なくして福祉(しあわせ)なし」が13日、横浜・桜木町の横浜市社会福祉センターで開かれる。どんな住まいが地域の幸せにつながるのかを、住民、識者、行政などさまざまな立場から意見交換する。 ...
強さと優しさがキーワードになる」と答え、道路のバリアフリー化や自転車を有効に活用できるような道路整備、介護施設と保育所を兼備した公営住宅の建て替え、ダムに頼らない河川改修などを例示した上で、「こうした観点から、グランドデザインを考えていくべきだ」と述べ ...
今年4月に自殺した元タレントの清水由貴子さん=享年49=が母、咲子さん(78)の介護に奔走した日々をつづった「介護うつ お姉ちゃん、なんで死んじゃったの」(ブックマン社)が話題を集めている。著者は妹の良子さん(42)。周囲に弱音を吐くことなく母の介護に ...
刑務所を出所した知的障害者や高齢者の社会復帰を支援する「地域生活定着支援センター」の活動が始まった。必要な福祉が受けられるように手続きを助け、生活苦から再び罪を犯すのを防ぐ役割を果たす。国は各県への設置を目指すが、現在活動しているのは静岡など一部に ...
認知症の母親を殺害したとして、承諾殺人の罪に問われた無職阿久津貴子被告(57)の初公判が九日、宇都宮地裁で開かれ、阿久津被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は「短絡的な犯行で殺害方法も残酷」として懲役四年を求刑した。 ...
高齢人口の増加で、事業費が増大するのを抑制するのが狙いで、二〇一一年十月から実施したい考えだ。 (荒井六貴) 市高齢健康福祉課によると、敬老パスの制度は一九七四年に一律、無料でスタート。二〇〇三年から有料化され、現在は所得などに応じ、無料から年間一万九千 ...
仕事柄、遺言、相続業務に当たる中、認知症や精神障害の人が知らないうちに財産を失うトラブルに巻き込まれた事例に遭遇。成年後見制度は自分で財産管理ができない人の権利を守るのに有効だが、知らない人が多い。後見人を引き受けても報酬は高くないことから「いっそ社会 ...
岩手県遠野市は9日、高額介護サービス費の支給事務を怠った健康長寿課社会福祉主事(当時)の男性職員(32)を停職3カ月にするなど関係職員を懲戒処分にした。 管理監督が不十分だったとして上司1人を減給10分の1(1カ月)、上司2人を戒告とした。 ...
慢性的な人手不足が問題となっている介護・福祉の現場の人材確保を目的にした合同説明会が、高知市本町の高知会館で開かれた。 ハローワーク高知によると、今年0月の高知県内の有効求人倍率は0・33倍と低水準だが、福祉関連の有効求人倍率は1・38倍と4倍以上に上る。 ...
リフォーム達人の提案術(2) 改修効果を画像で示す (媒体での記事掲載終了)

バリアフリー改修、省エネ改修、耐震改修の達人が、リフォーム検討者を相手に要望の聞き取りと提案の説明を行っている様子を、同業のプロと見学した。今回登場する省エネ改修の達人、カザマ技研開発の風間勝廣さんは、模型や温度の測定結果などを使って改修…

当社は、本日、アルツハイマー型認知症(以下「ad」)に関連するアミロイドβ(1-38)(以下「aβ(1-38)」)測定elisaキット試薬の販売を開始いたしますので、お知らせいたします。 adは、認知機能の障害を主症状とする脳の神経疾患です。全世界でadに苦しむ人は約1800 ...
人材が不足している介護・看護職の就職面接会が大分市で開かれました。この面接会は大分労働局などが毎年開いています。今回は県内75の病院や福祉施設が参加し来年春、卒業予定の高校生らが各事業所の採用担当者から仕事の内容などについて説明を受けていました。 ...
郵便局を拠点とした介護サービスの提供や、ゆうちょ銀行などの資金を地域貢献に活用することなどが柱。年明けの次期通常国会に提出予定の郵政改革法案に反映させるよう政府に要望する。 介護事業では、自治体との連携を図りつつ、郵便局員らに対する介護資格認定の特例 ...
【富良野】市社会福祉協議会(小玉将臣会長・市社協)は8日、市内の高齢者を対象に、携帯電話のメール機能を使って体調を調べたり、支援を必要としているかを確認するサービスを開始した。 市社協はL年から、インターネット対応の「lモード」電話機で同様のサービスを ...
中高年夫婦も携帯メール会話 (媒体での記事掲載終了)

高齢化がますます進み、単身世帯も増えていく社会では、携帯電話のコミュニケーション機能を活用したサポートビジネスを整えることが重要ではないだろうか。

鳩山由紀夫首相は9日、障害者、高齢者らが快適に暮らせる社会環境づくりに貢献した「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者」の企業・団体関係者を首相官邸に招き、表彰した。あいさつする鳩山首相(左端) 【時事通信社】
認知症などで判断能力が不十分になり、財産管理や契約が困難になった高齢者らを支える制度に成年後見制度がある。しかし、経済的理由などで制度を利用できない人もいることから、県内の有志がボランティアで後見活動に取り組む“市民後見人”の育成と、制度の普及を目指し ...
嫌だというわけじゃないんだけど》 連載の最中、こんな反応が返ってきたことがあった。3回目で「老老介護は見えにくい」というテーマを取り上げたが、やはり家族内のことについて語るということは心理的な負担があるのだろう。 介護事件に詳しい日本福祉大の湯原悦子准 ...
「聴は耳偏に十四の心と書くように、まず心ありきだ」と結んだほか、香川がん患者おしゃべり会副代表の二島多恵さん、認知症の人と家族の会県支部代表の松木香代子さんも活動報告した。 小笠原さんは「一人一人だと大変だが、人と人がかかわることで共感したり、 ...
... 体、筆書体」の3つを、見出しや本文といった役割や、高齢者や子どもといった対象に合わせて組み替えればいいという。 本セッションの最後に小木氏は、今のデザイン界における大きなトピックスの1つとして「ユニバーサルデザイン(UD)」の流れを紹介してくれた。 ...
2009年12月08日()
高齢者住宅の供給は、投資リスクの軽減や安定的なサービス供給の確保などが課題となっているほか、公的住宅団地での医療・福祉施設の参入促進やバリアフリー化の促進も不可欠となる。 エコ住宅や木造住宅の普及には、供給促進策のほか、省エネ化を推進する規制の強化 ...
同市五井のホテルで行われた寄贈式では、大倉会長から同協議会関係者に、車のカギが手渡された。 同協議会によると、車両はロータリークラブのメンバーらの寄付などで購入。市地域福祉計画に基づいて、1人暮らしの高齢者や障害者のための買い物支援をはじめ、見守り、災害 ...
シルバー交番には事務職員と社会福祉士が2人1組で配置される。高齢者情報を一元管理し、電球交換やゴミ出しなど単純な生活支援のためのボランティアメンバーを仲介する業務も行うことになる。 希望する高齢者の家には、緊急通報装置や水道メーターなどを利用した生活 ...
身体障害者やお年寄りが生活しやすい交通社会を目指す「バリアフリーリーダー連絡会議」(東北運輸局主催)が8日、仙台市内で開かれ、東北で「ノンステップバス」の導入率が極めて低いことが報告された。 ノンステップバスは身障者や高齢者らが利用しやすいように、低床 ...
郵便局の介護事業への参入や、計300兆円の郵貯・簡保の資産を地域経済に積極活用する案が盛り込まれており、政府・与党は、この案を軸に来年の通常国会に提出予定の郵政改革法案の作成作業を本格化させる。 介護事業は民間と競合しない過疎地を想定し、郵便局員に介護 ...
政府は8日の閣議で、改正育児・介護休業法の一部の施行日を2010年6月30日とする政令を決めた。現在は「1歳まで」の子どもを持つ父母がともに育休をとれるが、施行後は「1歳2カ月まで」に広げる。従業員が働きやすい環境を整え、仕事と家庭の両立を促す。 ...
高齢者実態調査に合わせて民生委員が説明し、障害者には必要書類を送付。校区ごとの説明会も開いて周知に努めたが、9月末時点の登録者数は1835人で、想定した3600人の半分にとどまる。 市福祉総務課によると、「近くに家族がいる」「他人の世話になりたくない」 ...
島根、鳥取両県とNPO法人の連携による観光バリアフリー推進事業で、障害者や高齢者に旅情報を提供する総合案内所「山陰バリアフリーツアーセンター」が9日、松江市と鳥取県南部町の2カ所に開設される。県内外から電話やメールで相談を受け付け、安全・安心な旅を ...
送検容疑は8月28日午後、水巻町吉田南2丁目の「福祉松快園」で、敷地内にあるグループホーム入所者の高齢女性3人を乗せて車を運転した際、注意を怠り壁に衝突させ、後部座席の2人を死亡させ、助手席の1人の足を打撲させた疑い。女性職員も重傷を負い、2日後に死亡 ...
RFOが東京厚生年金会館を売却へ、最低売却価格95億円 (媒体での記事掲載終了)

独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)は2009年12月、新宿区新宿5丁目にある東京厚生年金会館を一般競争入札で売却すると発表した。最低売却価格は95億円だ。

福祉施設の施工単価が坪64万2000円に下落、2009年9月期 (媒体での記事掲載終了)

福祉施設の平均施工単価は、この1年間で坪当たり4万7000円下落して、2008年10月〜09年9月(09年9月期)は坪64万2000円となった。2008年9月期から4期連続で下がった格好だ。日経アーキテクチュアが09年9月上旬に実施した「…

このほか、療養病床・院外処方型・外科標榜がない施設で、病院薬剤師の参加が多かった。 一方、薬剤管理サマリー・お薬手帳の活用に関する調査では、薬剤管理サマリーを「知っていた」が37・8%、「知らなかった」が62・3%と、認知が進んでいない結果となった。 ...
北九州市小倉北区の岡崎久枝さん(81)は77歳のときに健康体から一変、背骨を折って寝たきりとなり、肺炎を患った経験を「弱音を吐かずプラス思考で前進」の題でつづっている。「毎日が地獄」の状態から要介護3まで徐々に持ち直し、ようやく退院。 ...
世界でも高齢化のスピードが速く、高齢者数も多い中国では、高齢者介護の問題が中国の若者が直面する難題の一つになっている。また中国の高齢化社会は、経済がまだ発達していない段階での突入であり、こうした「未富先老」は、社会が提供できる資源は非常に限られ、各方面 ...
「市長の代わりはいても、夫の代わりはおりまへん」と言い残して平成11年、認知症の妻の介護のために大阪府高槻市長を辞めた江村利雄さん(85)は、こう振り返る。 妻の登美子さん(18年、82歳で死去)は10年春に骨折して入院して以降、認知症の症状が現れ始め ...
12月8日(ブルームバーグ):介護事業を手掛けるロングライフホールディング株がストップ高(制限値幅いっぱいの上げ)買い気配。介護付有料老人ホーム事業が引き続き好調、元介護大手のコムスンから引き受けた在宅介護事業も採算性が上向き、前期(2009年10月期)決算は ...
“ピン・ピン・コロリ” 高齢になってもピンピンして元気で、寝たきりになることもなくコロリと亡くなってしまうことをいう。 “ピン・ピン・コロリ”という言葉は、ご存じだろう。高齢になってもピンピンして元気で、寝たきりになることもなくコロリと亡くなってしまうことを ...
福祉施設の活動を紹介する展示や、身体障害者のスポーツ体験、ステージ発表などを行い、交流を深めた。 身体、知的、精神の各障害者福祉と高齢者福祉の関係14団体・施設でつくる実行委員会が開いた。美山育成苑(同町小渕)、美山やすらぎホーム(同町島)、美山こぶし ...
認知症や介護の予防に役立てようと、湖西市長寿介護課主催の介護予防教室「水昇岩(すいしょうせき)教室」が7日、市健康福祉センターで開かれ、お年寄りらが正月用の水昇岩作りを楽しんだ。 (堀内孝義) 市ではこれまで運動や栄養面での介護予防教室を開いてきたが、 ...
日弁連が進める高齢者の権利擁護活動の一環。全国に先駆け、モデル事業として期間限定で開く。来年2月25日まで。 相談は電話、面談、出張の3方法で行い、電話、面談での相談は無料。常駐の社会福祉士が相談を受け、県内の協力弁護士に面談などを取り次ぐほか、金曜日は ...
S救セットの活用は、一人暮らしの高齢者が病気で倒れて救急隊員に自身のことを伝えられない場合や、寝たきりの人がいる高齢者世帯で介護者が倒れた場合の緊急連絡に使用する場合などを想定。冷蔵庫で保管する仕組みは、ほぼどこの家庭にもあって室内で目立つうえ、場所を ...
戸谷久子県健康福祉部長が、阿部紘一議員(自民)の一般質問に答えた。 このうち十二施設は老人福祉法に基づく登録について県と協議中だが、二十一施設は「高齢者以外も入所している」などと登録に難色を示しているという。 無届けの有料老人ホームをめぐっては、三月に ...
高齢者福祉や障害者福祉の充実など「福祉」が17・8%、家計改善や雇用対策など「産業・労働」が13・9%と多かった。 現状の生活に関する満足度では、「家庭の収入状況」で「不満」「やや不満」と答えたのが50・7%、「雇用対策」でも43・6%に上るなど経済 ...
2009年12月07日()
これはアメリカ最高裁が一昨年「温室効果ガスが環境保護局の規制対象に含まれる」と判断したことを受けた措置で、ジャクソン長官は科学的な検証に基づく認定だと強調するとともに、健康に害を及ぼす具体例として頻発する熱波によって病弱な人や高齢者の健康が脅かされて ...
日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)、中国などアジア地域の経済統合推進、環境関連産業の強化など五つの重点分野を掲げ、医療・介護分野だけでも2030年には07年に比べ約170万人の雇用創出の効果があると試算した。近く発表する。 今後政府が取りまとめる ...
高齢者のニーズや効果を検証し、全国規模での相談体制の充実につなげていく。 同センターは65歳以上の高齢者をはじめ、家族や福祉関係者などからも法律問題全般を受け付け、解決を図る。日弁連は遺言や相続などの財産管理のほか、介護トラブル、成年後見などの相談は ...
さらに高齢者の視覚特性に対応した間接照明で目にやさしい環境を設定するなど、ユニバーサルデザインも考慮した“あかり”環境を実現している。 このようなLEDによる住空間演出は、同社と照明メーカーとのコラボレーションにより実現した。照明メーカーが販売する器具を ...
独立行政法人の福祉医療機構は7日、年金の受給権を担保にした融資の利用条件を変更すると発表した。年金支給額の全額を返済に充てるタイプの貸し出しを取りやめる。景気後退で年金以外に予定していた収入が見込めず、困窮する高齢者が相次いだことに配慮する。 ...
呉市中通のマッターホルンリハビリテーション病院は、筋力が低下した高齢者や障害者の動作を支援するロボットスーツ「hal福祉用」を取り入れ、公開した。広島県内では初導入で、入院患者の歩行練習に使う。 ロボットスーツは下半身に装着する。体を動かそうとする際に ...
日弁連の宮崎誠会長は7日、鳥取市内で記者会見し「高齢者の人権を守るために法律家としてサポート態勢を築かなければならない」と語った。 相談を受け付ける対象は、県内在住の高齢者や家族、福祉関係者などを想定している。
診療報酬改定:後期高齢者診療料、終末期相談支援料は廃止へ (媒体での記事掲載終了)

12月4日、中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会が開催され、後期高齢者向けの診療報酬、医療保険と介護保険との連携、アルコール依存症などに対する専門的入院治療について議論が行われた。また、同日開かれた総会では、2010…

リフォーム達人の提案術(1) 老後の不安を解消する (媒体での記事掲載終了)

バリアフリー改修、省エネ改修、耐震改修は、需要が見込まれる分野だ。「性能リフォーム」と呼ばれるこれらを数多く手掛ける3人の達人に、リフォーム検討者へのヒアリングと、200万円以内で収まる改修案の作成を日経ホームビルダーが依頼。その様子を同…

12月6日(日曜日)、つくば国際会議場で、社団法人認知症の人と家族の会茨城県支部との共催により「第8回認知症フォーラムinいばらき」を開催しました。 このフォーラムは、県民の皆さんが認知症を正しく理解し、認知症になっても尊厳を保ちながら穏やかで安心して暮らせる ...
日本とフィリピンとの経済連携協定(EPA)に基づき、5月に初来日したフィリピン人の介護福祉士候補生たちが、先月中旬から東京都内の高齢者施設で働き始めている。約3年後の国家試験合格をめざし、実務経験を積みながら日本語を勉強中だ。 世田谷区の介護老人保健 ...
芸術の力で認知症の予防や改善を手助けする「臨床美術士」が京都府内で増えている。3年前は資格者が10人に満たなかったが、養成講座の開講などで、現在は100人を超える。介護、医療現場などに活躍の場を広げてもらおうと、市民団体が登録制度を設けて人材把握に ...
6日夜、愛知・小牧市岩崎の住宅で、75歳の夫が認知症の妻の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂で現行犯逮捕された。妻は病院に運ばれたが、命に別条はないという。 警察によると、6日午後10時半ごろ、男から「妻を殺した」と通報があった。 ...
高齢者のうつ病とその対応方法をまなびませんか? ◇日時 2009年12月18日(金)14:00~16:00 ◇場所 多摩市役所西第2・3会議室 ◇対象 65歳以上の多摩市民とその家族、関心のある方 ◇定員 40人(申込先着順) ◇講師 向山晴子氏(都立多摩総合精神保健福祉センター医師) ...
市民が考えたオリジナル介護グッズの展示会が、佐賀市の県介護実習普及センター(竹下美子センター長)のバリアフリーモデル住宅で開かれている。身近な材料で作られたシンプルで実用的な作品が並んでいる。 高齢化が進み、介護に携わる市民が増える中、役立つアイデアを ...
高齢者の健康診断や寝たきり予防の講座などを実施している大井町。アンケートでは「予防事業が縮減されると要介護者が増加して介護給付費が膨らむ。財政安定化基金から借り入れなければ」と危機感を募らせている。 中井町の担当者は「必要な事業は再考してほしい」と政治 ...
同署によると、「夫の介護に疲れてやった。自分も死のうと思った」と容疑を認めているという。重蔵さんは約2年前に脳梗塞で倒れ、有田容疑者が1人で介護していた。 逮捕容疑はことし11月7日、自宅の介護用ベッドで寝ていた重蔵さんに殺虫剤を飲ませ中毒死させた疑い ...
老老介護にからむ事件をいくつか掲載してきたが、40代前半という女性からメールをいただいた。 この女性は、母親が数度の手術を経験した後に透析患者となり、ガーゼの交換や透析のため病院の送り迎えをしているほか、最近では、父親も自分でシャツの着替えができない ...
奈良市鹿野園町の奈良佐保短期大学で6日、介護と高齢者虐待についての講演会があり、介護福祉士を目指す学生や社会人ら35人が熱心に学んだ。 香芝市の老人保健施設「オークピア鹿芝」の副施設長、古川佳要子さんが講演。現場での実体験を交え、老人介護と高齢者への虐待 ...
「高額介護サービス費制度」で、自己負担限度額を超える分について払い戻されます。 月単位の療養費制度があるものの、高齢者など医療と介護の負担が長期間にわたり重複して生じると、月単位で見ているだけでは、世帯の負担が重いままのケースもありました。 ...
触れることによって安心感を持ってもらうコミュニケーションに重点を置いた、福祉先進国スウェーデンの認知症緩和ケア手法「タクティールケア」を実演した。 この後、参加者らは会場内に設けられた福祉用具コーナーや展示パネルなどを見学、高齢者介護サービスに関する ...
2009年12月06日()
介護最大手のニチイ学館は介護資格を持っているが実際に働いたことがない主婦や若年層などを対象に、介護現場の体験を組み込んだ採用活動を始めた。人手不足が続くなか、仕事がきついのではないかと介護職に不安を持つ有資格者の不安を解消し、採用増を狙う。 ...
長妻昭厚生労働相は6日のNHK番組で、全国のハローワークで来週、介護事業者と介護分野への就職希望者を集めた就職説明会を開くことを明らかにした。雇用対策の一環として、人手不足が続く介護分野への就職支援を狙う。厚労相は「介護分野では人手が不足している。 ...
認知症の人への理解や対応を地域に伝える講師の養成研修会が6日、松江市乃白町の同市保健福祉総合センターで開かれ、医療や介護の従事者など約120人が、日常生活の中で認知症の人たちを支援する方法などを学んだ。 研修会は、厚労省が進める「認知症を知り地域を ...
布団の横で、仰向けの状態で広田さんの遺体がみつかった。 西宮署によると広田さんは一人暮らしで、糖尿病を患い、足が不自由だったという。訪問した介護士の女性(51)が煙に気付き、119番通報した。同署は失火とみて調べている。
人手不足が続いている介護現場で働く人を増やそうと、長妻厚生労働大臣は今月19日に厚労省の講堂を開放して、介護事業者による就職説明会を行う考えを明らかにしました。 「介護就職デーというのを、いよいよ初の試みとしてやろうと考えてまして。介護の分野に何も経験 ...
大館市田代地域の高齢者グループ「寿会」(虻川重美会長)の会員が、同市早口の田代老人福祉センターで、正月用のしめ飾り作りに精を出している。30年ほど前から続く年末の恒例行事。 8月半ばに同市越山地区と外川原地区で刈り取ったスゲを材料に、会員15人が縄ない ...
厚労相はまた、2009年度第2次補正予算案に関し、就職難の新卒者への支援措置を盛り込む意向を表明。「スムーズに就職できるよう体験的に1カ月雇用する企業に助成する」と述べた。 さらに厚労相は、介護分野の人手不足解消のため、今月中旬に全国のハローワークで、 ...
厚生労働省は、介護分野の人手不足解消に向け14日から全国のハローワークで就職面接会を実施する。長妻昭厚労相が6日のNHK番組などで明らかにした。 ハローワークでは14日の週のうち、いずれか1日を介護事業者と就職… [記事全文]
改正案をめぐっては労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の労働力需給制度部会で検討が進んでいる。 同時に長妻氏は「景気を回復し、成長分野をさらに成長させることが重要だ」と指摘。介護や環境などの分野での正規雇用拡大に取り組む考えを示した。
11日は東京都地域密着型サービス事業者連絡協議会代表の和田行男さん(東洋大非常勤講師)が「認知症になる僕たちへ」の演題で講演。このあと、地元の企業や学生の認知症サポーターと、ボランティアグループ「認知症にあったかいまちづくりひこね」のメンバーがパネル ...
利便性の良い中心市街地に、高齢者を主対象とした街なか季節居住を実現する「ライフケアビレッジ展開方策調査」事業の一環。「地域の縁側」は、街なか暮らしの交流拠点となるコミュニティースペースという位置付けで、期間中は、高齢者が自主制作した映画の上映会や福祉 ...
認知症だった妻の介護を振り返って手づかみで魚を食べさせたり、トイレ介助をした経験を語り、「認知症の妻はいつも幼く、とてもかわいらしかった」と話した。 介護生活の末、10月下旬にくも膜下出血で妻を亡くしてからの日々について「踏み出す足をどこに置いていいか ...
だが、そうした状況で内定が無いに学生が多いにも関わらず、介護職の人気は低いようだ。 毎日新聞の社説によると、横浜文化体育館で開かれ、求人する103の福祉法人とハローワークなどが出展した「福祉のしごとフェア」の来場者は、例年を下回る249人。 ...
2009年12月05日()
寝たきりになっても音楽を楽しめないかと、世界の楽器を研究。中世ヨーロッパで生まれたとされる弦楽器「プサルテリー」などを参考に、小型の木製ハープを考案した。製作は篠山市の古楽器製作家、平山照秋さん(60)に依頼し、8月末に4台が仕上がった。 ...
その後、ボランティア団体や福祉施設の利用者が集まり、体操やゲームを楽しむ「地域ふれあい交流会」を開いた。 同会は2000年4月に発足。1995年ごろに旧真玉町で一人暮らし高齢者の孤独死が続き、町や民生委員が中心となって地域による声掛けを始めた。 ...
関係者によると、石川議員の公設第2秘書は私設秘書だった2008年ごろ、札幌市の介護サービス会社から約10カ月間で計約250万円の給与の支払いを受けたとされる。しかし、同議員の関連政治団体の収支報告書には該当する「寄付」などの記載はなく、寄付の不記載などを禁じた ...
移譲先は、同市内や久留米市で特別養護老人ホームなどを運営する同市大和町の社会福祉法人「やまと医正会」。土地は10年間有償で貸与し、建物は無償で譲渡する。 柳光園は、自宅での介護が困難な高齢者の入所施設として1956(昭和31)年に開設した「善吉園」が ...
日本とインドネシアの経済連携協定に基づきインドネシアから来日した看護、介護研修生の間で不満が募っている。将来も日本で看護や介護を行うためには国家試験をパスしなければならないが、このハードルは想像以上に高いことや、研修中の待遇に対する認識の違いが不満の ...
関係者によると、石川議員の公設第2秘書は私設秘書だった2008年ごろ、札幌市の介護サービス会社から約10カ月間で計約250万円の給与の支払いを受けたとされる。しかし、同議員の関連政治団体の収支報告書には該当する「寄付」などの記載はなく、寄付の不記載などを禁じた ...
学習集会「認知症の人の人権と介護の視点」(NPO法人地域人権みんなの会主催)が5日、岡山市北区春日町の市勤労者福祉センターであり、島根・出雲市民病院の鈴木正典医師が認知症ケアに効果があるとされる「回想法」を紹介した。 回想法は懐かしい写真や歌などに ...
クラブのメンバーたちは同地区の民生委員、福祉協力員の協力を得てマイクロバスで高齢者を迎えに行き、午前中は県庁舎や県議会議事堂、昭和館を案内。宇都宮グランドホテルで松花堂弁当の昼食後、ボランティアによるクラリネット演奏などを楽しんでもらった。 ...
12/4(金)、みのおライフプラザで、箕面市では初となる「みのお介護フェア」が開催されました。午後の講座は『食べて、飲んで、出しては介護の基本!』と題して紙おむつメーカーのかたが紙おむつの選び方や紙おむつ最新情報をレクチャー、夜の講座は看護・介護スタッフを ...
急性から慢性まで比較的高度で専門性の高い医療サービスが提供できるエリアを指す「2次医療圏」ごとに、5年おきに適正とされる「基準病床数」を示し、これを上回る病床の増設を認めないとした。 道内の基準病床数は今年10月1日現在、一般病床と療養病床を合わせて6 ...
福祉用品開発のNPO法人くれケアベックス(呉市)は、介護現場を支援するソフトウエアの開発を進めている。手書き資料をそのまま電子データにして保存し、担当者の申し送りなどで情報の共有化や負担軽減を図る。来春の発売を目指す。 介護情報総合管理ソフト「チーム ...
ホームページには県内の宿泊施設や観光施設のバリアフリー情報が掲載されている。 今後、紹介施設数をさらに増やしていく。 センターは7月24日、福島市のJR福島駅に設置された。 高齢者や障害者らが快適に旅行を楽しむために、宿泊施設、観光施設などのバリアフリー ...
鹿児島県が行った介護従事者(正規・パート職員)の勤務実態調査で、県内介護従事者の平均勤続年数は4.6年、年間離職率は18.6%に上ることが分かった。あらためて介護現場の厳しい雇用状況が浮き彫りになった形。4日あった県議会一般質問で、庭田清和保健福祉部長が持冨 ...
高齢者や障害者の立場に立って交通環境を考える「交通バリアフリー教室」(四国運輸局など主催)が4日、香川県坂出市川津町の川津小学校であった。4年生45人が参加し、アイマスクや車いすを使って体が不自由な人のバス利用を疑似体験。乗り降りの介助も行い、 ...
過疎地の高齢者対策の取り組みは、その重要性を高めている。 高根町は、高齢化率は市内で最も高い約50%にのぼる。冬は雪が深く、お年寄りが家の中にこもって孤立しやすいことから、国の地域の絆(きずな)再生事業として昨年12月、高山市社会福祉協議会が町中心部に ...
県内外のnpo法人や社会福祉協議会などの関係者80人程度が集まる予定だが、手川さんは「活動に携わっていない人も、少しでも興味があれば参加してほしい」と呼び掛けている。 セミナーは午後1時から同4時まで。参加無料。問い合わせは手川さん<電088(624)0786>。 ...
... からいじめられていたので、今度はいじめる役をやりたいわ」。10月に亡くなった南田洋子さんの形見分けで3日に長門裕之の自宅を訪れた。「洋服や着物をいただきました。(長門は)寂しそうだったけど、介護がなくなったので舞台を見に来てくれるかもしれません」。
遠野市は4日、2007年4月から09年10月までの2年半に、介護保険の「高額介護サービス費」を市民540人に計約6250万円支払っていなかったと発表した。30代の主事級男性職員が事務処理を怠ったもので、未払い額は支給対象額の約7割に及ぶ。 ...
ユニバーサルデザイン(UD)の啓発イベント「しずおかユニバーサルデザインの絆(きずな)in浜松」(同実行委員会、県、浜松市など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が4日、浜松市中区の静岡文化芸術大で始まり、県内外のUDに取り組む企業や市民らが、UDの活用 ...
マッサージや鍼治療には、各種健康保険(社会保険・共済保険・後期高齢者医療保険・国民健康保険・自賠責保険など)と生活保護法による施術が利用できる。また近隣に住む歩行困難や寝たきりの人には、スタッフが訪問して在宅治療を行っている。(文・東)
高齢化で増える認知症の人たちを地域全体で支える「認知症サポーター」の養成講座が4日、富士市立東小(小倉一光校長)で開かれた。県が開催地の市町などと開く講座で、市内での開催は初。小学生対象の講座も珍しく、県は「若いサポーターをどんどん増やしていきたい」と ...
2009年12月04日()
平成十八年には第三十三回東海社会文化賞を受賞している。 この日は同小の家庭教育学級の一環として「ごはん戦争」「うんち戦争」「徘徊騒動」の三つを上演。気仙語を交えて、認知症高齢者の症状と対応策をユーモラスに紹介した。 このうち「ごはん戦争」では、食事した ...
岩手県遠野市で今年10月まで2年半の間、上限額を超えるサービス利用料を支払った介護保険の被保険者に支給する「高額介護サービス費」を、申請した217人に支給せず、対象となる323人に連絡していなかったことが判明。市は4日、謝罪会見した。 ...
群馬県高崎市で、「認知症にやさしいまちづくり推進協議会」が発足した。今後、講演会開催やネットワーク作りなどの活動を本格化させる予定で、同市長寿社会課では「認知症という病気について正しく理解してもらうことが正しい対応につながる。 ...
エーザイは2日、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」の新しい剤形である「アリセプト内服ゼリー3mg」、「アリセプト内服ゼリー5mg」、「アリセプト内服ゼリー10mg」を新発売した。 同剤は、アルツハイマー型認知症治療剤では世界で初めての内服ゼリー剤 ...
福祉用品開発のnpo法人くれケアベックス(呉市)は、介護現場を支援するソフトウエアの開発を進めている。手書き資料をそのまま電子データにして保存し、担当者の申し送りなどで情報の共有化や負担軽減を図る。来春の発売を目指す。 介護情報総合管理ソフト「チームケア ...
遠野市で市民に支払われるはずの6000万円を超える高額介護サービス費が未払いであることがわかりました。 未払いがわかったのは介護サービスを受ける人が支払う費用のうちひと月あたり一定額を超えると返還してもらえる高額介護サービス費です。 ...
ユニバーサルデザイン(ud)のさらなる可能性を探り、県内外に発信する啓発イベント「しずおかユニバーサルデザインの絆(きずな)in浜松」(同実行委員会、県、浜松市など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が4日午前、浜松市中区の静岡文化芸術大で開幕した。 ...
宅老所・グループホーム県連絡会(平ケ倉文雄会長)は、由布市のはさま未来館で研修会を開き、今後の介護福祉はどうあるべきかを考えた。 介護や医療の現場で働く約70人が参加。熊本県の小規模多機能施設「きなっせ」の山下順子施設長が講演した。 ...
... 福祉の向上に取り組んでいる。福島会長(74)は「精神障害者と家族にとって、周囲の支援は欠かせない。今後も環境整備に専心していきたい」 1976年に発足。10人が同市の特別養護老人ホーム白水長久苑で、縫い物などの奉仕活動や高齢者との交流を続けている。 ...
同日は全校児童、保護者約100人を前に「ごはん戦争」「うんち戦争」「徘徊(はいかい)騒動」の3本の寸劇を熱演した。 「ごはん戦争」では、食べたことを忘れたり、食が細くなってすぐに空腹となる認知症高齢者と、家族の対応を紹介。家族が声を荒げたり、高齢者を ...
市執行部は(1)高齢者支援の拠点となる多機能型福祉施設は2011年度以降、可能なものから運用を始める(2)団体運営費補助金は本年度で廃止し、17日に提出される市補助金等検討員会報告書に基づき来年度予算に反映する-などと答えた。質問者は高田悦男、樋山隆四郎、渡辺 ...
大月市は、市内の高齢者や障害者が路線バスを格安で利用できる「お出かけパス」の料金を、来年度から2千〜千円引き上げる方針を固めた。厳しい財政状況を受け、市補助分を減額、市民負担は7割程度多くなる。石井由己雄市長は3日開会した12月定例市議会に関連する条例 ...
今回のまとめとして,(1)控除対象の消費税負担を,設備投資と年度費用から生ずる部分に分けると,変動要因の大部分は設備投資であり,年度費用から生ずる負担は安定的であった(2)精神科病床や療養病床が主な病院も,ほかの医療機関とほぼ同様に負担を強いられている─こと ...
「認知症対策」「入院料」「在宅医療」「訪問看護」について,議論が行われた. 「認知症対策」では,診療側委員から,日医を通して得た日精協の論点に対する意見((1)退院した後の患者の扱い(2)ADL区分等では評価しきれない,症状の変動の大きい認知症患者を見る精神療養 ...
福祉の店を応援する常連客、クリスマスリースや正月飾り、もちなど年末年始の季節商品の伸びに支えられ、夏よりはよい。それでも1日の売り上げ目標を4万円から下げ続けている。 店側では商品開発などを施設側にアドバイスしているが、施設側も高齢化や退所などで作り手 ...
植木町のアマチュア劇団「劇団U」が、認知症問題を身近に感じてもらおうと、認知症になったおばあちゃんをめぐる家族らのドタバタ劇を、熊本弁の即興劇「肥後にわか」でユーモアを交えて演じる。5日に植木町である「認知症町民フォーラムin植木町」で披露する。 ...
仲井真知事 誠に残念だと思っている。中部の重要な財産であり、あの空間は活用すべきだと思っている。 渡嘉敷氏 介護職員処遇改善交付金の申請状況と課題は。 奥村啓子福祉保健部長 対象事業者は10月30日現在、764事業者。そのうち484事業者が申請している。 ...
「カードが届くのを楽しみにしているお年寄りは多い」と市高齢福祉課。パスピーを導入する交通事業者と協議したが、現金などで入金するパスピーを毎年個人支給することは「技術的にも、事務的にも困難」との結論になった。健康づくり事業に高齢者が参加した場合に助成する ...
市福祉課によると、料金を引き上げるのは、65歳以上を対象にした「シルバーお出かけパス」と「障害者お出かけパス」。期間中、何度でもバスに乗車することができる。2007年度にスタートし、料金は年間パスが3千円、半年パスは1500円だった。 安価な料金設定と高い利便性が ...
2009年12月03日()
虐待の加害者は息子が四割で最多だったが、同じ高齢者の夫だったケースも二割に上っており、「老老介護」によるストレスが虐待の要因となっている現状も浮き彫りとなった。 (中根政人) 県介護高齢課によると、虐待被害を受けた高齢者は女性が74・8%と圧倒的に多かった ...
所沢市民有志の任意団体「所沢の保健・福祉・医療を考える会」(小西伸彦代表)は五日午後一時半から、特定非営利活動法人(NPO法人)などが障害者や介護が必要な高齢者などを有償で移送する「福祉移送サービス」について考えるフォーラムを、市立小手指公民館分館で ...
スウェーデンで行われる高齢者ケアは、フォーマルケア(公的機関のケア)が30%、インフォーマルケア(家族介護やボランティア)が70%という時間があります。「高福祉」は助け合い精神にも支えられているのです。 EUは今、50代からボランティア活動を開始して、 ...
一緒に徴収される介護保険料(40~64歳)と合わせると、上限額は年間で73万円となる。 国保の財政は、医療費の増大や、不況による保険料収入の落ち込みなどで悪化している。2007年度は約2556億円が一般会計から赤字の穴埋めに使われ、08年度もさらに29 ...
年代別でみると、65歳以上は93万1400人(前回93万7500人)で全体の約66%を占める一方、前回から6100人減少。65歳以上は、1993年の68万8400人から上昇が続いていたが、15年ぶりに減少に転じた。同省は療養病床の減少も背景の一つとみている。(01:03)
ダーツを使って、お年寄りの介護予防などを目指す取り組みを、小郡市の社会福祉協議会などが始めた。手で投げる小さな矢で的を狙うダーツは、適度な運動や集中力アップが期待できるという。高齢者同士のゲームを通じたコミュニケーションにもなり、心の健康にもつながって ...
年代別でみると、65歳以上は93万1400人(前回93万7500人)で全体の約66%を占める一方、前回から6100人減少。65歳以上は、1993年の68万8400人から上昇が続いていたが、15年ぶりに減少に転じた。同省は療養病床の減少も背景の一つとみている。(01:03)
国民新党は3日、日本郵政グループが全国に保有する宿泊施設「かんぽの宿」を介護事業に活用する方針を決めた。介護向けに施設を一部改修して、高齢者が通って介護を受けられる「通所介護」のサービスを提供する。今月中にまとめる同党の郵政新事業計画案に盛り込む。 ...
鹿児島県は3日、認知症対策の中心的役割を担う「認知症疾患医療センター」を県内の4医療機関に指定した、と発表した。医療と介護の連携を深め、認知症の早期発見や適切な治療につなげるのが狙い。今月中旬から運営を始める。 指定は1日付で、谷山病院(鹿児島市小 ...
ハートフル美容師は、外出が困難な寝たきりの人や車いす利用者の家庭や施設を訪問し、満足のいく美容サービスを提供する。安全にシャンプーやカットができるだけでなく、まゆを整えたり、つめの手入れをすることで、おしゃれの楽しみも提供する。高齢者が急増する社会変化 ...
市高齢福祉課によると、利用者率は約3%。「対象となる年齢の制限や、割引率を引き下げるなどして、対応を検討していく」とした。 一方で、市浴場組合の北橋節男組合長は「入浴助成券が廃止になると、収入は半減する。どこの銭湯も経営は厳しくなるのでは」と話す。 ...
介護していた義理の姉を陶器で殴って殺害した事件の裁判員裁判で、神戸地裁(佐野哲生裁判長)は3日、殺人罪に問われた無職浜田順子被告(68)に対し、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。判決は、被告が犯行時に心神耗弱状態だったと認めた。 ...
介護していた義理の姉を陶器で殴って殺害した事件の裁判員裁判で、神戸地裁(佐野哲生裁判長)は3日、殺人罪に問われた無職浜田順子被告(68)に対し、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。判決は、被告が犯行時に心神耗弱状態だったと認めた。 ...
自身も筋肉の力が徐々に失われる難病・筋ジストロフィーと闘いながら、介助する妻の雅世さん(42)と二人三脚で、来年12月に嬉野市であるUD(ユニバーサルデザイン)全国大会を盛り上げるため奔走している。 「自分の個性を生かしてみんなに優しいまちづくりを ...
大阪府箕面市がICT(情報通信技術)を利用して、地域に特化した健康や医療、介護に関する情報を提供するインターネットのポータル(玄関口)サイトを、来年3月から全国で初めて始めることになった。同じ病気の患者同士が治療や悩みを相談できる情報交換機能や、入院 ...
今回、「見え~る」シリーズとして発表したのは、設備業・工事業向けパック「現場見え~る」と、訪問介護業向けパック「訪問見え~る」。 中小企業向けクラウドサービスは、セキュアな仮想PC環境に業務で必要となるアプリケーションをバンドルして提供する月額料金制の ...
軽度の知的障害があり、生活保護を受けながら病気の両親を介護して暮らしているという被告に対し、裁判員らは「支払わなければならないガス代や水道代はいくらですか」などと次々に質問。男性裁判員の「両親の介護は具体的に何をしていますか」との問いに、被告は「着替え ...
国政に出て政治の流れを変えたい」と語り、後期高齢者医療制度や障害者自立支援法の廃止、介護保険の見直しなどを公約に掲げた。次期参院選では、民主党が現職の前川清成氏(46)の公認を党本部に申請中。自民党は県連が一般公募での人選を進めている。 ...
住友生命社会福祉事業団と奈良新聞社が主催する「スミセイ介護セミナー」が2日、奈良市登大路町の県文化会館で開かれ、映画や舞台で活躍するベテラン俳優の長門裕之さんが「認知症の妻を支えて~洋子への恩返し」をテーマに話した。 住友生命奈良支社の山田哲之支社長、 ...
日本経団連事業サービスは11月19日、都内で「改正育児・介護休業法・実務セミナー」を開催した。改正育児・介護休業法(改正育介法)は今年7月に公布され、来年6月末までの間に段階的に施行されることとなっている。今後各企業では、就業規則や労使協定の見直しなど ...
県健康福祉部は「できるだけ医療機関でワクチン接種を受けられるよう、難病患者や要介護高齢者を家族や周囲が支援してほしい」と呼び掛けている。 県の接種日程では、11月16日から基礎疾患(持病)のある成人を対象に接種が始まっていたが、女性は接種を受ける前に感染 ...
2009年12月02日()
漢方は軽い風邪だけでなく、インフルエンザや認知症、がんの術後管理などにも幅広く使われる。仕分けの結論では「範囲は十分議論する」とされたが、医師らは「最先端の薬として注目されているのに、あまりにも知られていない」と憤慨している。 仙台市のてらさわ小児科に ...
認知症予防の手段になる可能性があるという。米カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究チームが発表した。 チームは、インターネットを毎日使う人と、ほとんど使ったことがない人の計24人(55~78歳)を対象に、脳の活動を機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)で調べ ...
ミサワホームは新築住宅市場の縮小に対応し、高齢人口の増加で需要増が見込めるシルバー事業を収益の柱に育てる。15年までに4大都市に核となる介護付き有料老人ホームなどを開設し、補完的にグループホームや高齢者専用賃貸住宅なども建設する。 ...
ここ数年でずいぶんと浸透した「認知症」。アルツハイマー型認知症のほか、脳血管性認知症やパーキンソン病に似た症状が出ることもあるルビー小体病なども、認知症の一種です。患った本人だけでなく、世話をする家族にも負担が大きいという辛い病気です。 ...
【12月2日】猪瀬直樹:介護業界でも月額40万円の給料は払える (媒体での記事掲載終了)

11月7日夜の対談番組「東京からはじめよう」(MXテレビ)に、株式会社はっぴーライフ代表取締役社長の辻川泰史さんをゲストとして招いた。介護現場の給与水準は低いといわれるが、31歳の辻川さんは多い人には月40万円を払っている。介護業界の未来…

東京都内の特別養護老人ホームで、外国人の介護従事者のいる施設が3割に達していることが2日までの東京都社会福祉協議会の調査で明らかになった。多くの施設が外国人の受け入れにあたり、日本語によるコミュニケーション能力を課題として挙げていることも分かった。 ...
ポスト後期高齢者医療制度の議論がスタート (媒体での記事掲載終了)

高齢者医療制度をどう設計するか——。厚生労働省は11月30日、廃止が決まっている後期高齢者医療制度に代わり、新たな制度のあり方を検討する「高齢者医療制度改革会議」(座長・東京大学大学院法学政治学研究科教授の岩村正彦氏)の初会合を開催した。

廃校舎を施設不足の高齢者施設と保育園に (媒体での記事掲載終了)

統廃合によって使わなくなった学校の校舎を再利用し、高齢者施設や保育園といった数の不足が指摘されている施設に転用する─。東京都品川区では、こうした取り組みを進めている。2009年4月に開設した「ヘルスケアタウンにしおおい」はその一つ。07年…

グループホーム(認知症対応型生活介護事業)の認可にあたり、相模原市は事業者を公募し、選考の結果このほど設置を承認した。今年度から高齢者保健福祉計画(第4期)を3カ年で進めていく中で、地域でのニーズや介護サービスの充実を図る市が、グループホームなど介護 ...
日高地方で唯一、認知症対応型グループホームを行っている市内藤田町藤井、医療法人裕紫会の地域密着型複合施設「あがら花まる」は、グループホーム用の施設を増設する。現行の定員18人を36人に倍増。来年春に着工し秋の完成、オープンを目指す。市は認知症対策を介護問題 ...
介護現場の給与水準は低いといわれるが、31歳の辻川さんは多い人には月40万円を払っている。介護業界の未来を拓く希望の光である。 来年度予算案の基礎となる「予算の組み替え」が難航している。新しい政策を実現するためには膨大な財源を捻出しなければならないが、その ...
認知症予防シンポジウム「認知症にどう対応するか」(認知症予防財団・奈良新聞社など主催、アフラック協賛)が1日、奈良市西大寺東町2丁目の秋篠音楽堂で催され、約300人が参加した。 早稲田大学社会科学部の岡沢憲芙教授が「21世紀の福祉社会を考える―“安心”“ゆとり”の ...
民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=の公設第2秘書が、私設秘書だった平成20年1月~10月、札幌市の介護事業会社から給与の支払いを受けていたことが2日、関係者への取材で分かった。同社の社員だったが、実態は石川氏の事務所に常勤しており、給与の ...
乾いたタオルを置くドライスペースと、使ったコップや石鹸などを置くウェットスペースに分けて、乾いたものを安心して置けるようにした。 誰もが使いやすいユニバーサルデザインを進化させると同時に、デザインやインテリア性にもこだわった。カウンター間口を1ミリ単位で ...
介護している義姉を殴り殺したとして殺人罪に問われた無職浜田順子被告(68)の裁判員裁判が審理を終え、2日、神戸地裁で裁判官と裁判員が事実認定や刑罰などを話し合う評議に入った。評議は3日まで続き、同日午後、判決が言い渡される。 起訴状によると、被告は5 ...
福祉開発研究所は昭和48年9月の設立以来、主に高齢者や障害者の福祉・介護に関する調査・研究・計画・建築設計を行っている会社であり、保健・医療・福祉にかかわる総合的な研究開発を通じて福祉のまちづくり計画の研究・調査や特別養護老人ホーム・老人保健施設の基本 ...
介護老人保健施設「やすらぎ」(同)では、「ジングルベル」の曲とともにサンタクロースとトナカイが姿を見せると、入居者や職員が集まり、笑い声があふれた。 患者らに喜んでもらおうと、鳥取市立病院が現在の場所で開院した1995年から続ける。 ...
一人暮らしの高齢者が集い、食事やゲームを楽しむ「すこやか会」が1日、篠山市今田町今田新田の今田デイサービスセンターで開かれた。地元の約30人が歌に合わせて運動したり、季節の野菜が入ったお弁当を食べたりして親交を深めた。 市社会福祉協議会が市民ボランティアの ...
2009年12月01日()
近所付き合いが薄れる中、「高齢者が自分の身を守る『自助』と、地域で助け合う『共助』の意識を高める」(清水区役所清水福祉事務所)という狙いもある。 s救セットは市職員の業務改善提案制度を基に同事務所蒲原出張所の職員チームが、東京都港区の「救急情報の活用支援 ...
また、管理監督を怠ったとして、健康福祉部次長(58)を停職六カ月、同部参事(57)ら五人を減給や戒告処分にした。 市によると、福祉係長は市民福祉部(現健康福祉部)福祉事務所高齢者福祉係だった二〇〇六年三~四月と〇七年三~五月、日赤県支部からの交付金を ...
介護施設や公共施設に加え、家族などで介護をする一般の住宅での採用も見込む。 従来製品では洗面器の中心にあった排水口を奥に配置して配管をコンパクトにしたため、車いすで接近した時に足もとを広く使える。カウンターの下の掃除もしやすいという。 ...
息子家族と同居、共に年金暮らしなのに支払っている介護保険料は、自分は毎年5万円以上なのに、彼は2万3700円と半分にも満たなかったのだ。 同じ生活状況なのに、なぜ介護保険料の負担額は2倍も違うのか。社会保険労務士の井戸美枝氏は「社会保険の低所得者を決める基準 ...
4月に静岡県内の霊園で自殺したタレント清水由貴子さんの妹、清水良子さん(42)=都内在住=が、母親の介護に尽くした姉の人生をつづった本を出版した。日々の介護疲れから、うつ状態になった姉を支えきれなかった後悔の念から、「姉のように一人で背負い込む介護者を ...
鎌田氏は「教育や介護の問題でやりたいことがある。政治活動で汗を流した仲間からまた頑張らないかと言われた。機会を頂けてありがたい」と政界復帰に意欲を示した。 鎌田氏は2000年の衆院選宮城2区に民主党公認で立候補し、初当選した。03年に再選したが、党支持労組の ...
富山型共生グループホーム「双葉」の開所式は1日、入善町入膳の現地で行われ、社会 福祉法人にいかわ苑の若林清彦理事長ら関係者が新拠点のオープンを祝った。知的障害者 と認知症の高齢者が共同生活する同グループホームは県内で初めてとなる。 双葉は鉄骨造り2階建て ...
連合熊本と県労働者福祉協議会(県労福協)は1日、少子高齢化や雇用環境の悪化が進む中で、暮らしの全般的な相談を受け付ける常設の新たな拠点「ライフサポートセンターくまもと」を熊本市京町1丁目の京町会館内に開設した。 同日の設立総会には約40人が参加。 ...
房総半島南端に位置する白浜野島崎公園(千葉県南房総市)の散策道が、歩きやすいようにバリアフリー化された。 散策道は野島崎灯台近くに整備された外周590メートル、幅約3メートルの道で、御影石が飛び石状に配置されていた。 しかし、高齢者や車椅子(いす)を利用 ...
カニやリンゴ、ミカンなどを強引に売りつけられる被害がこの5年間で、東京都内で相次いで発生していることが1日、分かった。1人暮らしや認知症の高齢者が狙われるケースが多く、警戒が必要だ。 東京都消費生活総合センターによると、最近、特に目立っているのがカニの ...
猪瀬直樹:介護業界でも月額40万円の給料は払える (媒体での記事掲載終了)

11月7日夜の対談番組「東京からはじめよう」(MXテレビ)に、株式会社はっぴーライフ代表取締役社長の辻川泰史さんをゲストとして招いた。介護現場の給与水準は低いといわれるが、31歳の辻川さんは多い人には月40万円を払っている。介護業界の未来…

千葉県富津市は1日、市で管理する日本赤十字社(日赤)の預金口座から約273万円を着服したとして、坂本三喜雄元市福祉事務所高齢者福祉係長(56)=君津郡市広域市町村圏事務組合に出向=を11月30日付で懲戒免職処分にしたと発表した。 市によると、坂本元係長 ...
会員さんと支援者の紹介、会の目的や活動状況を知って頂きました。 もらいながら、スキンシップで年代を超えた会話が弾みました。 おかげさまで、体も心も温かくなりました。 終了後、生徒さん全員が見送ってくれました。 「福祉のまちづくりコンクール」に入賞しました。
病気や介護に関しての情報を、みんなが共有する場の必要性を感じました。その想いのもと、同じ病気と闘う他の家族と連絡をとりたくて、「ロレンツォのオイルの連絡網」を元に、2000年1月に発足しました。 でも、どういう方法で立ち上げればいいのか全くわからず、何の ...
療養病床の閉鎖で空きスペースとなっていた2、3階部分(延べ1380平方メートル)に、小規模多機能居宅介護施設と、生活に不安のあるお年寄りを対象にした生活支援ハウスを開設する。 生活支援ハウスについては、積雪の多い地域性に配慮し、年明けの早い段階での ...
日本では、このWCAGの内容を含む「高齢者・障害者等配慮設計指針( JIS X 8341-3)」が制定され、総務省でも「情報バリアフリー」として、この規格に則ったWebサイト制作を奨励しています。 昨今では、アクセシビリティを確保したWebサイト制作は、 ...
対象分野は気候変動が有力で、太陽光発電や、石炭火力発電所から排出される二酸化炭素(CO2)を地下に貯留する技術の研究が候補にあがっている。日本とEUはともに急速な高齢化に見舞われるため、介護ロボットなどの共同研究も実施対象となる。(15:38)
また高齢者層に対してもは、最近はオムツ関連だけではなく、多種バリアフリー関連商品や一部、ファッション業界でもマーケティングに力を入れている。 パリコレクションにならって最近は「上海ファッション」が時代の火付け役になると見る専門家が増え、自動車業界 ...
本剤は、アルツハイマー型認知症治療剤では世界で初めての内服ゼリー剤として、2009年7月13日に日本で製造販売承認を取得し、2009年11月13日に薬価収載されました。 アルツハイマー型認知症の患者様の中には、嚥下機能の低下などにより錠剤や細粒剤を服用することが困難な ...
子どもからお年寄りまで幅広く受け入れ、一時的な預かりや介護のサービスを提供するほか、世代間・地域の交流拠点としても活用する。(相川康暁) 高齢者や障害者、乳幼児などさまざまな人を対象に「フレキシブル」(柔軟性のある)な支援を行い、介護福祉分野の求職者の ...
福島人材派遣センター(本社・福島市)は来年3月31日まで、福祉・介護施設の職員を募集している。 県から委託を受けた福祉・介護人材緊急雇用支援事業の一環。 県内約30の社会福祉法人、県・市の運営する施設が受け入れ対象で、雇用人数が50人になり次第終了する。 ...
高齢化が進んでいる日本では、今後、認知症などの患者数が増加していくことが予想され、それに対応する医療体制が求められています。 iNPH(特発性正常圧水頭症)は、認知症の中でも手術によって改善する病気のひとつとして知られており、認知症と診断された患者さん ...
環境に配慮した設計で、車いすの利用者やお年寄りにも優しいユニバーサルデザイン。大規模災害時に災害対策拠点として機能を果たせるよう免震構造を採用した。 式では、入谷誠県警本部長が式辞で新庁舎建設に対する地域の理解と協力に感謝し、野呂昭彦知事は「安心安全な ...
杵築市大内の介護老人保健施設「しおはま」(原田頼続施設長)のデイケア利用者とスタッフが、薬の錠剤が入っていたケースを使い、エコ風景画「夏」を作った。施設の入り口に飾っている。 「普通なら捨ててしまう廃材を作品に仕立てよう」と利用者から声が上がり、併設 ...
高齢者や障害者らがいる低所得世帯を対象に灯油代の一部を補助する「福祉灯油」について、県内で本年度実施する方針を固めたのは大船渡市と葛巻町の2市町にとどまっていることが、岩手日報社の調べで分かった。2007年度は全市町村、08年度は34市町村が実施した ...
インドネシアからの看護師・介護士第二期生が来日 (媒体での記事掲載終了)

昨年(2008年)8月、日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)の締結により、インドネシア人の看護師・介護福祉士の候補者受け入れがスタートした。以来1年余りが経過したが、彼らの前途は決して平坦ではない。