介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年08月10日()
しかし、不労所得で私腹を肥やすわけにはいかない」と、西日本高速道路はSA・PAを管理・運営するグループ会社の西日本高速道路サービス・ホールディングス(SHD)とともに不足がちな女性トイレの拡充やシャワーステーションの展開、バリアフリー化に2年間で10億 ...
実務経験のある介護職員のキャリアアップで介護現場の環境向上を図ろうと、群馬県は10日、「ぐんま認定介護福祉士」の認定制度を創設、対象者を募集すると発表した。県介護高齢課は「介護職員は人材不足が懸念されており、優れた技能を奨励することで、働き続ける意欲を ...
坂井は前回、郵政選挙の追い風で初当選した。街頭演説を中心に福祉問題などでの実績を訴えるが、自民への逆風に危機感を募らせている。 共産の岩崎広(62)は後期高齢者医療廃止などを訴え、票の掘り起こしをねらう。幸福からは門守隆(40)が立つ。 ...
このうち心理的虐待は07年度(132件、27・1%)に比べ急増した。 虐待者は息子44・2%、夫13・3%、娘12・8%の順。例年同様、男性による虐待が多数を占めた。 県高齢福祉保健課は「原因を把握し、男性が1人で介護しているケースなどでサポートの方法を考えたい」 ...
同施設は同市内でデイサービスやグループホームなどに取り組む「幸久の家」(福田一司代表)が運営。現在、市内の70歳以上の17人が入居している。 今年は地元の老人クラブ「久利町寿会」(山口俊行会長)が協力して、初のそうめん流し交流イベントを開催。 ...
改正高齢者居住安定確保法が施行へ 〜老後の安心は「確保」されるのか? (媒体での記事掲載終了)

2009年5月、衆参両本会議において高齢者居住安定確保法が可決、成立した。今回の法改正が、老後の生活不安を解消する切り札となるのかどうか。改正法の中身を精査してみたい。

千葉厚生年金休暇センターを売却へ、RFO (媒体での記事掲載終了)

年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)はこのたび、千葉厚生年金休暇センター(ウェルサンピア千葉)を一般競争入札で売却すると発表した。9月25日まで入札参加の申し込みを受け付け、10月9日に入札を実施する。最低売却価格は19億1300万円…

市の介護予防教室の受講生が、活動を続ける受け皿にと設立。「自立」を合言葉に楽しみながら体力維持を図っている。 サークル活動は毎月2回、広市民センター(広古新開)でする。1日は24人が参加。理学療法士の指導でボールなどを使って90分、柔軟運動などをした。 ...
65歳未満で認知症を発症した人を介護する家族が経験や悩みを話し合う「若年性認知症の人と家族交流会」が9日、釧路市弥生1のわたぼうしの家で開かれた。 北海道若年認知症の人と家族の会(札幌)と釧路地区障害老人を支える会が企画し、釧路市や札幌市などから、介護 ...
認知症高齢者のためのグループホームなど地域密着型介護サービス費は、伸び率では14・3%と高かったが金額は5737億円だった。 介護サービス費は、介護給付費に利用者負担(サービス費の1割)などを加えた総額。
県は、犯罪を犯した高齢者や知的障害者が矯正施設を出た後すぐに福祉サービスを受ける仕組みをつくることで再犯を防ごうと、出所者と福祉のコーディネート役を務める「地域生活定着支援事業」を沼津市の社会福祉法人「あしたか太陽の丘」に委託した。 ...
“一皮剥けた”人には共通点がある:日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
このパラダイムシフトを楽しむ現在、世界は大きな時代の転換期を迎えています。1年前、あんなに自信にあふれ輝いていたトヨタ自動車が、大きな構造変化の中で3度の業績下方修正を重ね、苦しみもがいている姿はまさに象徴的です。資源、エネルギー、BRICS、イスラム教、オバマ大統領、高齢化、温暖化、金融危機、世界不況、あらゆる事が物凄いスピードで動いています。例えば、5年後の自動車産業は、かつてレコード産業や写...
「町から村からの連帯でひとりぼっちの高齢者をなくそう」をテーマに毎年、全国各地で開いている。 14日は午後1時から講座や分科会。福祉制度や平和に関する問題について意見を交わす学習講座や文化交流のほか、まちづくり、健康体操などをテーマにした八つの分科会が ...
ひとり暮らしで心配なのが認知症。すぐに頼れる家族がそばにいないだけに、備えが気になります。 関東に住む50代の男性は約10年前のことをそう振り返る。要点をうまくまとめられなくなったという。 コンピューター関連会社のシステムエンジニアだった。 ...
次期介護保険制度改正に向けた提言。現場の声を広く求め、都内事業所へ一斉アンケート実施 東京都社会福祉協議会では、都内の介護保険居宅事業者連合会会員事業所(361事業所)、東社協センター部会会員の通所介護事業所(395事業所)、 東社協センター部会会員の地域包括 ...
高齢者居住安定確保法は、高齢者が入居しやすい借家の供給や既存の持ち家のバリアフリー化を進めることなどを目的として、平成13年に制定された法律である。直前にスタートした介護保険制度とのセットで注目された法律だが、それ以前も高齢者に対する住宅施策は断続的に ...
NHKでは、戦争体験者の証言を中心に後世に戦争の実相を伝えていくために「戦争証言アーカイブス」トライアルサイトを開設します。NHK戦争証言Archives太平洋戦争が終結して64年。戦争を体験した人々の高齢化が進み、直接戦争を体験した人々の証言がますます貴重なものになろうとしています。NHKでは、戦争体験者の証言を中心に後世に戦争の実相を伝えていくために「戦争証言アーカイブス」トライアルサイトを開...
介護事業も堅調に推移したという。 明和証券の矢野正義シニア・マーケットアナリストは「外食にとって厳しい環境下でも増益を確保したことは市場の注目を集めやすい。農業や介護など多角化した分野が収益を下支えする効果が確認されれば、株価はさらに戻りを試す可能性が ...
社団法人「認知症の人と家族の会」(高見国生代表理事)の本県支部結成記念講演会が9日、青森市内で開かれ、参加者が認知症と介護について理解を深めた。 県支部は全国44番目の支部として4月に結成、6月の全国総会で正式に承認された。代表は石戸育子さんで会員は ...
グループホームの待機者が増加する中、需要を見込む事業者の経営意欲が表れている。地域密着型サービス事業は、09年度からスタートする第4期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画に基づき、一層の介護サービス基盤の整備を促進するのが目的。
2009年08月09日()
医療、年金、介護などの保険料は国民年金など一部を除き、加入者の賃金水準に沿って増減する。例えば会社員の健康保険や厚生年金、雇用保険は加入者の賃金に保険料率を掛けて、払い込む保険料の額が決まる。(09日 10:24)
群馬県は、老人ホームの入所者ら多数が死亡した山口県の土石流災害を受け、県内の高齢者福祉施設の緊急点検を実施。その結果、76施設で、土砂災害の対策工事が必要なことが分かった。県砂防課は「危険度の高い施設から順に、砂防工事を進めていきたい」としている。 ...
地域ぐるみによる介護予防に取り組む日田市老人クラブ連合会(高瀬八郎会長)が8日午後、同市老人福祉センターで「戸別訪問による介護予防普及啓発事業」の説明会を開いた。 説明会には、市内133老人クラブ代表者と地区の民生委員ら200人が出席。 ...
「福祉をずたずたにしたのは誰の責任か。共産党の議席を伸ばして、自公政権に退場してもらう」と切り捨てた。さらに、自公政権後は「民主党中心の政権ができる」とした上で、「国民の利益を守り抜く建設的野党の立場を取る」と説明。後期高齢者医療制度の廃止や、労働者 ...
認知症への理解を深める講座を開いている「庄原市認知症キャラバン・メイト連絡会」(事務局・市高齢者福祉課)が、絵本仕立ての冊子「おばあちゃんはおばあちゃん」を作成した。小学生を対象にした講座のテキストとして活用する。 冊子はA4判、カラー13ページ。 ...
同島と市内の端島、黒島の住民たち約60人が参加し、高齢化が進む島への支援策などを求めた。 二井知事のほか、福田良彦市長や地元選出の県議と市議も出席。3島の自治会長や婦人会長からは「柱島の急傾斜地の安全対策を」「端島、黒島のフェリー桟橋をバリアフリー化して ...
「地域医療を守ることは、少子・高齢化社会などの対策にもつながると思うが、これまではおろそかになっていた。地域医療を確保する手だてを各党が具体的にどう訴えるか、注目している」という。 会社員笹原司之さん(36)=長浜市=は「子どもを持つ身となり、出産時の ...
長野市の特定非営利活動法人(NPO法人)「県宅老所・グループホーム連絡会」が委託事業者として相談に乗る。 認知症介護の専門家や経験者ら2人が待機する。「認知症はどんな症状か」「親が認知症かもしれない」などの疑問から、「医療機関や支援制度を紹介して ...
厚生労働省は4月に改定したばかりの要介護認定の新基準を大幅に見直すことを決めた。実施前から出ていた懸念通り、要介護度が実際より、軽く判定されていると批判が相次いだためだ。 高齢者の心身状態や生活能力を判断するための74の調査項目のうち43項目を旧基準に ...
2009年08月08日()
ADI加盟の日本の組織「認知症の人と家族の会」(会員約1万人)が「本人と家族の視点で診療にあたる医師」として評価し、日本代表として推薦した。 ADI(本部ロンドン)は71カ国・地域の団体が加盟する組織。国際会議は25回目で、「Making a ...
ADI加盟の日本の組織「認知症の人と家族の会」(会員約1万人)が「本人と家族の視点で診療にあたる医師」として評価し、日本代表として推薦した。 ADI(本部ロンドン)は71カ国・地域の団体が加盟する組織。国際会議は25回目で、「Making a ...
・ホームページの記事・写真の著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。すべてのデータの無断複製・転載を禁じます。 ・ネットワーク上の著作権について日本新聞協会の見解をご覧下さい。 ・リンクする際は、トップページ(http://www.sanyo.oni.co.jp/)にし ...
2009年08月07日()
こうした特性をいかし、2010年4月より、他の医療系学部・学科と連携したメディカル教育の推進を目指し、保健福祉学部に理学療法学科を新設する(届出中)。 近年、福祉分野と連携したリハビリテーション治療の充実が社会的な課題となっている。また、高齢社会が進む ...
大阪市の高齢者向け食事サービスをめぐって補助金の不正受給が相次いだ問題で、市は7日、新たに4区の地域社会福祉協議会9団体で水増し請求などが発覚し、計約165万円を返還させたと発表した。私的流用や別事業への流用はなかったという。 市によると平成15~19 ...
アドバンスト・メディアが持つ音声認識技術を活用して新しい教育講座や、医療・介護事業の効率化につながる新サービスを展開する。 株式の取得日は未定。取得後はニチイ学館はアドバンスト・メディアの第3位株主になる。今後は両社の従業員で構成する専門委員会を立ち ...
富士市は7日、今年度の介護保険料について少なく誤った納付額を通知したと発表した。対象者に差額を納付してもらうことになる。介護保険料の納付通知に誤りがあったのは、ことし1月以降に会社を退職した人とその家族63世帯70人。富士市によると、今年度の介護保険料 ...
知症治療剤アリセプトのゼリー剤が年内にも登場 (媒体での記事掲載終了)

エーザイはこのほど、アルツハイマー型認知症治療剤のアリセプト(一般名:ドネペジル塩酸塩)について、内服ゼリー剤の製造販売承認を取得した。今後、薬価収載を経て年内にも販売を開始する見込みだ。現在アリセプトには錠剤、細粒剤、口腔崩壊錠があるが…

一方、介護業界においても、多様化する顧客ニーズに対応するため、質の高いヘルパーの育成、介護現場における事務作業の軽減、効率化などが求められております。 このような状況下、両社は、アドバンスト・メディアの持つ技術力と当社の「人間力」を共有・活用し、医療・ ...
四国大学(徳島市応神町古川)の短期大学部生活科学科で介護福祉を学ぶ学生が、老人福祉施設のお年寄りらに楽しんでもらうことを目的に、「介護カルタ」作りに励んでいる。お年寄りと介護職員らのふれあいをテーマに詠んだ川柳に絵を添え、一枚ずつ心を込めて製作。 ...
「空巣老人」世帯は都市では高齢者世帯の49.7%、農村では高齢者世帯の48.9%に達したという。一部の旧市街地ではその割合はすでに70%を超えており、2010年には80%以上に達する見通しだ。 このような社会と家庭の激変に加えて、地域医療や地域福祉には様々な不備が ...
高齢化社会の進行に伴い、高齢者の身体機能の悪化を防ぐ介護予防事業の重要性が高まっている。富士電機情報サービス(東京都日野市)と日本事務器(東京都渋谷区)が「介護予防事業の評価システム」を開発した。改善度を、科学的根拠に基づいて正確に計測し、評価や分析が ...
英国のストロー司法相は6日、1963年に起きた「大列車強盗」の犯人の1人で、現在寝たきり状態にあるロナルド・ビッグズ受刑者(79)の釈放を認めた。肺炎などを患っており、話すこともできない状態だという。司法相は、医学的な見地に基づいた温情措置と説明した。 ...
募金は県共同募金会に寄付され、高齢者福祉や教育支援などに生かされる。 ハートフルベンダーを管理する特定非営利活動法人(NPO法人)ハートフル福祉募金の戸屋隆章事務局長は「より多くの募金を集められたら」と話していた。
【国頭】村辺土名の島曙美さん(74)が、右半身の不自由な夫の稔さん(77)を在宅介護する中で培ってきた料理をまとめた料理レシピ本「これでいいんだよね『なんくるないさ』」を5月に発刊した。曙美さんは「何か夢中になれるものがあれば介護も楽しい」と話し、同じく ...
「児童や高齢者などの安全確保」では29カ所の整備を計画。自転車道・歩行者道の設置や再整備(バリアフリー化)を行うほか、路肩空間を活用した歩行空間を整備する。 「地域の孤立防止・冠水対策」では14カ所を整備個所に選定。落石防止や法面崩壊防止対策を行うほか、 ...
2009年08月06日()
介護保険法では、特養に要介護度1から申し込めることになっています。かつては申し込み順で入れましたが、今は厚生労働省の入所指針に基づき、要介護度が重い順に入ります。 そこで質問です。要介護度が悪化した場合、入所を申し込んだ施設や自治体に、そのことを ...
セブン&アイ、自社開発のドラッグストア1号店を船橋にオープン (媒体での記事掲載終了)

セブン&アイ・ホールディングスは8月6日、自社開発のドラッグストア「セブン 美のガーデン」の1号店をイトーヨーカドー船橋店(千葉県船橋市)にオープンした。医薬品、化粧品、美容および雑貨商品、ヘルスケア、介護用品など、約1万5000品目を揃…

自民党も「療養病床再編計画見直し」盛り込む (媒体での記事掲載終了)

民主党マニフェストの発表から遅れること4日後の7月31日、自民党のマニフェストがようやく公表された。キャッチフレーズは「日本を守る、責任力」。政権与党として、景気回復後に消費税率の引き上げを含む抜本的な税制改革を「遅滞なく実施する」ことを…

安芸高田市は4日、認知症の人や家族を見守り支える市民サポーターを育成する「キャラバン・メイト」の養成講座を開いた。 キャラバン・メイトは、認知症の特徴や接し方などを市民に広めるサポーター育成講座の講師役。地域に認知症サポート体制を築くため、国の主導 ...
後期高齢者の増加に伴い、排泄ケア商品を使うお客様のADL(Activities of Daily Living・日常生活動作)の重度化が進み、寝たきりですごす高齢者が増加することが予想されます。このような中、『ライフリー 横モレあんしんテープ止め』 ...
グループホームは5人から9人という少人数の認知症高齢者が暮らす、こぢんまりとした家庭的な施設。 食事を作ったり、洗濯物をたたんだり、認知症の方にもできることは一緒にやってもらいながら、できない部分を昼夜交替で勤務する職員が手助けします。 ...
介護職員の待遇を良くするため、県は介護事業者に、職員の賃金を上げてもらうための交付金を支給する。10月のサービス提供分からの賃金が対象で、9月1~15日に受給の申請を受け付ける。 国の経済対策による資金配分を受け、県が基金を設けて実施する。 ...
全員研修会は「認知症の理解と対応」をテーマに、亀岡市地域包括支援センターの松本善則センター長が認知症の高齢者へのかかわり方や見守り活動の実例を紹介。この後、参加した民生児童委員約200人が五つのグループに分かれて意見を交わした。
平成20年5月審査分における受給者のうち、平成20年4月から平成21年3月の各サービス提供月について1年間継続して介護予防サービスまたは介護サービスを受給した者(以下「年間継続受給者」という。)は、2745.5千人となっている。 年間継続受給者の要介護(要支援)状態区分 ...
9月中間期純利益が前年同期比4.2倍の7億円(従来予想は4億円)になりそうだと発表した、在宅介護用ベッドが快調に売り上げを伸ばしている。 民主党、自民党のマニフェストでも介護分野強化が取り上げられていることも材料視。 パラマウントベッドの株価は9時51分 ...
売り上げは、人材開発事業の人材派遣売り上げが、期初予想を約6億円下回り下ぶれするが、利益は、1Qに在宅介護事業所を25カ所、老人ホームを1カ所(前年同期は人材開発事業所9カ所)を新規開設した設備投資費用や人件費増を新規デイサービスセンターの売り上げ増や ...
2009年08月05日()
坂戸市の六十代女性は、徘徊(はいかい)がひどく、七カ所のグループホームから利用を断られていた。「元気な亀さん」の通所介護で、女性をウオーキングに誘って一カ月間にわたり一日二回、約二時間ずつ歩いたら、徘徊は収まったという。「徹底的に高齢者の立場に寄り添う ...
【室蘭】室蘭署は5日、自動車運転過失致傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、室蘭市母恋北町2、介護士大柳勇太容疑者(24)を緊急逮捕した。 逮捕容疑は、同日午後7時20分ごろ、室蘭市母恋北町1の信号機のない市道交差点で、横断歩道を歩いていた同市母恋 ...
安全性と価格面の両立など課題はあるが、同試作事業審査委員長の米田郁夫・東洋大教授(福祉工学)は「健康維持にもなり、気軽に外出できることで精神的にも元気が出る。それに高齢者が乗りやすければ誰もが乗りやすい。その人にとって使い勝手のいいものが選べるように ...
介護保険サービスを受けるのに必要な要介護認定について、厚生労働省は七月末、四月に導入した一次判定の新基準を幅広く修正することを決めた。その根拠と変更点を紹介する。 (佐橋大) 新基準をめぐっては導入直前、介護関連団体が「認定が軽度化し、サービスが受けられ ...
一方、同紙の8月1日(土)の朝刊に「介護職員離職率2.9ポイント改善」という見出しで、介護労働者の2008年の離職率が18.7%で、前年に比べて2.9ポイント改善したとの記事が載っていた。(調査対象期日:原則として平成20年10月1日現在) 介護の仕事はきつい割には収入が低いと ...
5日午後3時半ごろ、茨城県日立市大みか町の久慈浜海水浴場で、泳いでいた宇都宮市戸祭の介護福祉士、村田宏明さん(24)が波にさらわれ、友人がライフセーバーに救助を求めた。 約2時間半後、近くの海岸に打ち上げられていた村田さんが監視員に発見され、病院に運 ...
養介護施設の職員などによる虐待は前年度と同数の6件。県の担当者は、「前年度から件数は減ったものの、依然として多い」と危機感を募らせている。 県によると、家族などによる虐待では、殴るけるなどの身体的虐待が413件(前年度360件)で、次いで暴言を吐いたり ...
県は5日、2008年度の県内の高齢者虐待状況を発表した。有料老人ホーム職員など要介護施設の従事者らによる虐待の報告件数は6件で前年度と同数だった一方、家族などによる在宅高齢者への虐待は583件で、前年度より45件減少した。 県高齢福祉課によると、施設従事 ...
要介護認定をめぐる ドタバタと「新介護難民」 (媒体での記事掲載終了)

やはり朝令暮改の感は否めない。7月28日の厚労省の発表によれば、4月から実施されてきた「新基準」による要介護認定を再び見直し、10月から「改定新基準」を適用するという。つまり、要介護認定の「新基準」は、半年で「改定新基準」に変わるわけであ…

浦和署によると、トキコさんは3年前から認知症になっており、4日も午後8時35分ごろに市内を歩いているところを保護され、自宅に送り届けられていた。皆川容疑者は「出歩いて言うことを聞かなかったので殴った。殺すつもりはなかった」と供述しているという。
医療費と介護費の自己負担額の合計が一定以上超えれば超過分が還付される「高額医療・高額介護合算制度」の支給申請が8月から始まった。本人だけでなく、世帯内の合算も可能だが、同一世帯でも加入する医療保険が違えば制度上は「別世帯」扱いで合算対象外。 ...
不況不況とメディアは騒ぐが、そこで話題となるのは、誰もが知っている有名企業の動向ばかり。でも世の中、大会社だけで回っているワケじゃない(怒)! 目立たなくても生活に欠かせない業界に日々接する、専門誌編集長に聞いてみた。おたくの業界、最近どうですか? ...
(CNN) 壮年期の血中総コレステロールが高い人ほど、血管性認知症やアルツハイマー型認知症の発症率が高くなるとの研究結果を、米カリフォルニア州オークランドのカイザー・パーマネンテ医療研究所が4日、明らかにした。 これまで、血中コレステロール量と、心疾患や ...
【大田原】紫塚社会福祉協議会給食部(藤沼久子部長)の独り暮らしのお年寄りへのふれあい弁当事業が30日、市文化会館の調理室で行われた。夏休みのボランティア体験としてガールスカウト第23団の小学6年生2人も参加、37人分の弁当を作り宅配した。 ...
佐賀県内のケアマネジャーの女性(46)は、制度が地域社会に定着したことを実感する。ただ「見直しのたびに悪くなっていくのはなぜ」という思いも募る。 開始当初に比べ、介護サービスを受ける高齢者も、国が介護事業所などに支払う給付額も倍増している。 ...
高齢化する原告のためにも大胆な政治決着を」と期待する。 集団訴訟は全国で3原告・弁護団があり、3日の熊本地裁判決を含め国が19連敗。兵庫の原告11人は近畿訴訟(31人)に参加している。 広島の爆心地から1・7キロで被爆し、変形性膝(しつ)関節症などで寝たきり生活 ...
4日、落石町3のグループホーム「だんらん紋別」には、紋別高校3年生の坂川好さんと三浦幸恵さんの2人が訪問。建物の1階と2階にそれぞれ利用者が9人ずつ居住する2ユニット型の施設で、坂川さんは1階、三浦さんは2階に配属された。 ともに看護師を目指しているという2人。 ...
やはり朝令暮改の感は否めない。7月28日の厚労省の発表によれば、4月から実施されてきた「新基準」による要介護認定を再び見直し、10月から「改定新基準」を適用するという。つまり、要介護認定の「新基準」は、半年で「改定新基準」に変わるわけである。 ...
2009年08月04日()
同病院には高齢者向け療養病床が約三百五十床ある。「音楽療法や園芸療法を取り入れていたけれど、十年前に新しい病棟を建設した際、何かできないかと考えたのがきっかけ。展示品は友人たちが協力して探してくれた」 レトロな街角には駄菓子屋、貸本屋、写真館。 ...
現在、生徒は約三十人。これまで約百人が修了、各地で教えている。帯の結び方も四十~五十とバリエーションが増えた。 「着物は日本が誇れる文化」。「そのために初心者から高齢者、体の不自由な人など誰もが気軽に着られるユニバーサルデザイン化にさらに取り組みたい。 ...
近くに飲食店が少なく競合しないことや、「買い物中に休める場所が欲しい」との高齢者の要望がきっかけという。 12席のこぢんまりした店で、作業所に通う20人の内の1人が交代でフロア係として働く。シェフの角田さんは2年前に病気で倒れる前は、料理人として ...
ソフマップ、初の高齢者向けデジタルライフ支援サービス (媒体での記事掲載終了)

ソフマップは2009年8月3日、高齢者向けデジタルライフ支援サービス「シニア限定 らくらくあんしんパック」を、ソフマップとビックカメラの首都圏店舗で開始した。業界初の高齢者向けサービスという。

[ニューヨーク 3日 ロイター] クロスワードや読書、カードゲームなどの習慣があると、認知症に伴う急速な記憶力低下を遅らせることが、米国の研究で明らかになった。 この研究は、ニューヨークのアルバート・アインシュタイン医科大学の研究者らが、当初は認知症に ...
地域共生型が少子高齢化の秘策、サービス連携で社会インフラ改善 (媒体での記事掲載終了)

少子高齢化の流れがますます加速している。2025年に65歳以上の高齢者は人口の約30%を占め、逆に生産年齢人口は6ポイント程度の減少が見込まれる。ところが、高齢化社会への対応は年金や医療などの社会保障制度の混乱や、2005年度には88兆円…

同法の施行を8月19日、準備期間の必要な高齢者円滑入居賃貸住宅の登録基準関係は10年5月19日(申請関係は09年11月19日)とした。 このほか都道府県が定める高齢者居住安定確保計画の日常生活を営むために必要な保健医療サービス、福祉サービスの範囲を定めた。
【宇都宮】就労を目指す精神障害者がスタッフとともに働くさくら市のハートピアきつれ川福祉部授産施設の通所利用者とスタッフがこのほど、平出町の東病院敷地内にある介護老人保健施設で、利用者らが育てた花を販売した。また玄関先にマリーゴールドなどを植栽した。 ...
香川県観音寺市内の中学生が夏休みを利用して、高齢者福祉施設で体験学習するワークキャンプが3日、市内の2施設で行われた。参加した生徒たちは、お年寄りの話し相手になるなど福祉の現場を体感した。 体験学習は、高齢者との交流を通じて、社会福祉への理解や思いやり ...
... 経済同友会の「社会保障委員会」で伊藤達也議員(社会保障国民会議)と意見交換したが、社会保障制度を構成する年金と医療、介護、福祉の縦割り行政の打破や、2500万人に達する高齢者の80%を占める健常者の就業や社会活動の拡大は、具体的な検討課題に上っていない。 ...
豊浜町では、各地区ごとに自治会や民生・児童・福祉などの各委員らがボランティアで協力。1日約10世帯のペースで、各所で作業を進めている。 同町関谷地区の合田アヤノさん(100)宅では、関係者6人が寝室に置かれた和ダンスの底部前面に3人がかりで樹脂製の ...
大分県は、土石流や地滑りなどの「土砂災害危険個所」が1万9640カ所と全国で5番目に多い。山あいに立地している社会福祉施設が多く、関係者は危機感を募らせている。 臼杵市内にある高齢者施設は7月下旬、土砂災害を想定した避難訓練を独自に実施した。 ...
学習会は社会福祉事業研究開発基金の特別助成金事業として、民生委員や福祉・医療関係者、地域住民らを対象に本年度は4回開く。 第1回は7月中旬に日出町であり、約30人が参加。黎明荘ソーシャルワーカーの小林祐一さんが「ストレスや寂しさなどをお酒で埋めるうち ...
不況下で企業の採用意欲が冷え込む中、福祉施設の求人が高水準で推移している。京都、滋賀の福祉関連の求人数は景気後退前を上回り、求職者数も増えつつある。慢性的と言われてきた人手不足の解消に加え、高齢者サービスの需要増に対応した事業拡大の動きもあり、人材確保 ...
主に大腰筋などの体幹深部を鍛えることができ、寝たきりや介護予防に効果的という。 山田社長は「高齢者でも無理なくできるメニューを個別に考案できるので、気軽に来てほしい」と話している。ジム使用料は、初回無料(要予約)。通常は90分で1000円。 ...
2009年08月03日()
先進的事業支援特例交付金17件はほとんどがスプリンクラーの設置。08年度下期に厚労省が新たに設けた制度で申請市町管内の既設特にグループホーム(定員29人以下の小規模特養、小規模老健施設も対象)への設置を推進する。また、市町村提案事業として地域拠点施設を整備し ...
クリエイトSDホールディングスは、調剤事業と並行して介護施設向け訪問服薬指導を強化する。2010年5月期は東京や神奈川などで新たに7施設を開拓し、訪問先を17施設に拡大する。調剤事業は既存ドラッグストアへの併設を中心に10店舗を出店する計画で、10年5 ...
これは、高齢者や介護が必要な人を対象としたツアーを造成する部署。人員は全部で7名で、名鉄観光社員1名が室長に着任し、このほか6名は新たに採用する。旅サポーターと名付けて養成し新たな市場を開拓するねらいだ。
宝くじの販売額、3年連続の減少 (媒体での記事掲載終了)

   日本宝くじ協会によると、全国の地方自治体が発行する宝くじの2008年度(07年4月~08年3月)販売額は、07年度比0.2%減の1兆419億円になった。05年度の1兆1047億円をピークに3年連続で減少した。長引く不況と購買層の高齢化などが影響したようだ。


同社によると、少子高齢化や若者人口の県外流出の影響で、輸送収入が94年度の約19億円をピークに減少し、昨年度は約16億8000万円。一方、高齢化対策のバリアフリー車両の導入や軌道補修などの安全対策で支出も増加し、収支改善を図るため、運賃値上げに踏み切っ ...
堺市東区の社会福祉法人「啓真会」が介護報酬を不正受給していた問題で、市民団体「介護報酬の不正を許さない会」(日下部雅喜世話人)が3日、堺市に対し、同法人に約1億160万円を返還させるよう求める要請書を提出した。 同会が平成17年2月に大阪地裁に ...
嗅覚(きゅうかく)刺激を利用した認知症予防・治療法を開発する鳥取大学発のベンチャー企業ハイパーブレイン(米子市西町、加藤豊実社長)の研究成果を基に、東京都港区のハイパープランツ社が製造した高級アロマオイル(精油)が9月上旬に発売される。 ...
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3日、介護や警備、清掃など人の近くで働く生活支援ロボットの安全基準作りを始める、と発表した。茨城県つくば地区に試験設備を造り、民間企業が開発中のロボットを使って、5年間で基準作成や評価手法の確立を目指す。 ...
ICIデザイン研究所/中小企業、独自製品への挑戦〔最終回〕 (媒体での記事掲載終了)

高齢者でも十分な水分補給を実現できるようにと考案した飲料補助具(飲み口)─。飲もうとしたときには中の飲料が流れ出るが、それ以外の場合にはコップを逆さにしてもこぼれない。その中核技術となるスリット構造の特許も取得し、開発資金のメドも立った。…

椎体の骨折にセメント注入 (媒体での記事掲載終了)

高齢者の腰痛や寝たきりの原因となる椎体圧迫骨折に、骨セメントを注入する経皮的椎体形成術を行う施設が増えている。保存的治療に比べ除痛効果は高いが、隣接椎体の骨折などを懸念する声もある。

NEDOは、介護・福祉、家事、安全・安心等の生活分野で役立つロボットの実用化を推進 するため、2009年度より生活支援ロボット実用化プロジェクトを開始しました。少子高齢化 時代の中、人々への生活支援が期待されるサービスロボットの実用化において最大の課 題となる ...
JAに来店した認知症の人に適切に応対するため、全役職員を対象に養成研修会を開くJAもある。農村の高齢者を支えるJAの役割は大きい。 態勢は整いつつあるが、その理念は地域に十分浸透していない。ある社会福祉法人でこんな悩みを聞いた。せっかく認知症の通所介護 ...
八王子市大塚にある「カーロガーデン桜」、ここは介護付有料老人ホームカーロガーデン大塚やカーロガーデン八王子に併設された“小規模多機能型居宅介護”施設だ。 “小規模多機能型居宅介護”いわゆる小規模多機能ホームは介護が必要になっても、住み慣れた家や地域で安 ...
約100カ国・地域で使用されている。 骨粗しょう症は「骨強度の低下を特徴とし、骨折のリスクが増大しやすくなる骨格疾患」で、とくに女性の患者が多い。せきついや大腿骨頸部などでの骨折が生じやすく、場合によっては寝たきりの状態につながる。高齢化とともに患者数も ...
財団法人介護労働安定センター7月31日、全国の介護保険サービス事業者から抽出した1万7142事業所のうち、5929事業所より有効な回答を得た介護労働実態調査の結果を発表した。昨年10月1日に調査実施した。 同9月末までの1年間で介護労働者の離職率は18.7%と、対前年比 ...
大阪市は2日までに、市内の3病院を認知症疾患医療センターに指定した。指定された病院は、認知症疾患の専門相談窓口の開設などを行う。 国は、認知症の専門医療の提供体制を強化するため、認知症疾患医療センター運営事業を開始。全国に150カ所程度の指定医療機関の ...
越谷市は、健康づくりや福祉施策など県立大学が持っている知的ノウハウを市民生活に生かそうと、同大学と「連携協力包括協定」を締結した。同協定により来年度から新たに共同研究として「メタボリックシンドローム対策」に取り組む計画。 同市三野宮の同大学本部で板川 ...
2009年08月02日()
今年からは、燃料費や修理費の一部にと、年額100万円の助成も始めた。「高齢者見守り協定」を結んだからだ。 いつも買いに来る人の姿がなければ安否を確かめる。認知症患者のはいかいを見つけたら通報する…。予算は、福祉政策として位置付けた。 ...
高齢化社会を支える子どもたちの育成を真剣に考えなければならないと感じる。そのためには、大人である私たちが、子どもたちの教育に真剣に目を向け、できることは何かを考え取り組んでいく必要があると思う。その一つが、夜型社会を考えることだと思う。 ...
小さな試みだが、自治体の枠を超えたこんな取り組みが、「バリアフリー社会」を着実に前進させていくことになる。 4県は同様の制度がある周辺県にも参加を呼び掛けていくという。広域利用に踏み出す地域が今後増えるとみられている。基本的なマナー順守の問題が発端 ...
候補者は同封の質問票に回答し、重い病気や介護、重要な仕事などで辞退が認められない限り、地裁の選任手続きに出頭する。裁判長が辞退希望や不公平な裁判をする恐れがないかを質問し、最終的に裁判員6人(例外的に4人)がくじで決まる。(2009/08/03-05:40)
福祉分野では、障がい者自立支援法によるサービス利用者の1割負担について、少子高齢化の具体的な対策、介護関係者の待遇改善や地位向上への抜本的な改善策、「高負担・高保護型」と「低負担・低保護型」のどちらを選ぶかなどの質問が見られた。 全体的にやはり具体的な ...
同法人は特別養護老人ホーム「けやき荘」を運営しており、農園は利用者や家族、地域ボランティアをはじめ、周辺にある高齢者向け施設にも利用を促すという。有機農業と地産地消を推し進め、地域参加型の収穫祭も行うという。 梅沢理事長は「農園に多くの人たちが集い収穫 ...
経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は今月から、家事や介護など日常生活を支援するロボットの実用化に向けた事業に着手する。日常生活で使うロボットは産業用とは異なり、人と接触する機会が多いため、安全性確保が大きな課題となっている。 ...
... いく技と度胸のことだ」と人情味あふれた物語を締めた。 参加者の中には、当時の様子を覚えている人もおり、社福協関係者は「個人差はあるが、お年寄りの表情にも違いが見られた。いきいきとした表情も見られ、認知症予防のきっかけにもなるのではないか」と話した。 ...
2日午前6時10分ごろ、栃木県佐野市田沼町の介護老人施設「あそヘルホス」2階の調理場で、ガス台が爆発し、窓ガラス9枚が割れて飛散した。施設の入所者70人らにけがはなかった。 佐野署の調べによると、男性調理師(33)と調理補助の女性(51)の2人が朝食の ...
2009年08月01日()
支援診療所としての訪問診療を希望する患者は6月末現在、寝たきりの80、90代を中心に22人に上る。 市は昨年4月、市立病院再編計画に伴い、入院用の病床が98あった登米病院を、無床の登米診療所とした。入院や、休日・夜間の救急にも対応できなくなった。 ...
家庭に眠っている不用品を集めて販売 し、収益は介護保険が適用されないサービスをお年寄りに提供する活動費に充てる。多く のボランティア団体にとって、活動維持の財源確保は大きな課題であり、会では物品や賛 同者を広く募る。 結の会の登録者は約30人で、病院送迎や ...
大津市は31日、65歳以上の人の年金から天引きしている介護保険料の徴収にミスがあり、8月に計1102人に過徴収と徴収不足が発生する、と発表した。 過徴収は490人で計137万3600円、徴収不足は612人で計188万4800円。1人当たりだと、過徴収 ...
県は本年度から3年間、介護職員の処遇改善に取り組む事業所への資金助成に乗り出す。本年度補正予算で編成した「県介護職員処遇改善等臨時特例基金」(約71億7800万円)のうち、61億2700万円を充てる。 県長寿社会課によると、県内の訪問介護、デイ ...
厚生労働省は、介護保険制度でケアの必要度を判断する「要介護認定」の基準を見直すことを決めた。10月1日の申請分から実施する方針だ。4月に新基準が導入されてわずか半年での修正である。 要介護認定は、自治体が派遣した調査員が申請者の心身の状態や生活能力を ...