介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年06月10日()
【ゆうゆうLife】読者から 認知症介護は抱え込まずに - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
ケアマネジャーさん以外に、頼れる方はいらっしゃらないのでしょうか。もしかしたら、八方、手を尽くしたのかもしれませんが。 私も母の介護を始めて、5~6年がたちます。母と死ぬことばかり考えたこともありました。先の見えない介護。認知症の介護はほかの老人介護と ...
介護サービス より主体的に ケアプランを作る - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険で在宅介護サービスを受けるのに必要なケアプランは、ケアマネジャーに作ってもらうだけでなく、利用者本人や家族が作ることもできる。この「自己作成」は、まだ一般的ではないが、「介護予防に前向きに取り組むきっかけに」と、要支援1、2の人に自己作成を ...
申請書を改竄 介護サービス事業所の業務一部停止 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
都は10日、指定申請書を改竄(かいざん)して提出するなどしたとして、デイサービス業者「やまねメディカル」(中央区)が経営する22事業所に対して6~9カ月間、新規利用者の受け入れ停止処分とした。 都によると、同社は22事業所の通所介護事業所などの指定を ...
介護職に一部医療行為も 厚労省が指針策定へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、特別養護老人ホームの介護職員に、一定の条件の下でたんの吸引など一部の医療行為を認めるための指針作りに着手した。年内に各地の特養でモデル事業を行って安全性を検証し、来年度の実施を目指す。 たん… [記事全文]
介護職の「たん吸引」でモデル事業=来年度の本格導入目指す-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、特別養護老人ホーム(特養)での看護職員と介護職員の連携に関する検討会を開き、医師法などにより介護職員に認められていない「たんの吸引」について、試験的に認めるモデル事業の導入を提案、了承された。モデル事業は今夏にも100施設程度で実施 ...
「訪問介護 特定事業所加算の実情セミナー」仙台・東京・大阪で開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
株式会社さくらケアは、「訪問介護事業所 特定事業所加算の実情」セミナーを仙台・東京・大阪で開催する。 各都市のセミナーは2部制で、第1部「訪問介護事業所 特定事業所加算の実情」では特定事業所加算加算Ⅰ(20%加算)取得3か月の実情について報告、第2部は「訪問 ...
認知症の人と家族の会、「適正な要介護認定」を求め提言 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族の会は6月6日、京都社会福祉会館で行った09年度総会の際、「適正な要介護認定を求めるアピール」として提言を発表した。 発表によると、09年4月からの要介護認定について「非常識」とした上で、意味不明な箇所を指摘している。 一例をあげると、「座位 ...
新コンテンツでは、入浴や食事、トイレなどに配慮した設備やサービスのある施設を簡単に検索・予約できる機能を装備し、またオープニング企画として「還暦を祝うプラン」や「バリアフリーのプラン」、「乳幼児がいても安心して宿泊できるプラン」などの宿泊プランを多数ご ...
【移動編集局 JAさが】直売所とコンビニ「合体」 土の香きんりゅう 売り上げ年々増加 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
両店舗間はバリアフリー方式で、高齢者ら誰でも気軽に行き来できるのが大きな特徴だ。現在同直売所の出荷会員数は292人。1日の来客数平均590人、売上高60万円と「地域の顔」と言える存在に成長した。 08年度の販売高は2億1000万円を超え前年対比110% ...
<誤嚥性肺炎に有効> - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりとなる原因の一つに転倒があります。歩行障害は、その大きな要因の一つです。 足三里と太谿に加え、同じ細い針で腰の腎兪(じんゆ)というツボを15分間刺激すると、歩行障害が改善することが分かってきました。 鍼刺激の後では、歩行に障害のある高齢者が同じ ...
海外申請82件、45人に手帳 改正被爆者援護法施行から約半年 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
韓国原爆被害者協会の許萬貞(ホ・マンジョン)釜山支部長(76)は「鄭さんらの裁判があったから法改正が実現し、手帳をあきらめていた在外被爆者にも援護の手が差し伸べられるようになった。功績は大きい」と評価する一方、「原爆症認定申請には本人の来日が必要で高齢 ...
介護職に贈るトークライブ「婆さんとともに…」和田行男氏講演――7月4日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
かながわ福祉サービス振興会は、7月4日、認知症ケアの先駆者とも言える和田行男氏によるトークライブ「婆さんとともに…」を開催する。“認知症の人とともにできること”をテーマに、認知症症状への戸惑いや対応の迷いに応える。 婆さんという字は「波の女」と書き、とても ...
2009年06月09日()
草なぎ剛、主演ドラマで極道介護士役 フジ系で7月スタート、木10枠 - 中日スポーツ (媒体での記事掲載終了)
冷酷非道な極道として恐れられる存在ながら、本家大幹部からの命令で老人介護施設「タイヨウ」のヘルパーになることに。 「研修」名目で同じくヘルパーになったのは、若き女組長(黒木)をはじめ、各支部の組長や構成員たち。それぞれ「幹部昇格をかけた試練」と ...
要介護認定者10万人超える - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
高齢化の進展で認定者は毎年、増加している。県は「介護保険制度が定着するとともに、事業者側のサービス態勢が整ってきたことが要因」としている。 県高齢福祉保健課によると、00年4月の認定者数は5万805人で、08年10月末までの伸び率は105・0%。 ...
理解進まぬ若年性認知症 支援強化へ患者動く - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
働き盛りの四十、五十代が認知症を患う若年性認知症(六十五歳未満)。なかなか進まない理解と支援体制に対し、当事者たちが自ら声を上げ始めた。その活動を支えるネットワークづくりもスタートした。 今年三月に国が公表した若年性認知症の推計患者数は、全国で約三万七 ...
1 業界ニュース : ケアマネの平均給与は23万2678円!――4月の関東エリア給与実態調査 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
データによると、介護職の平均月給は、介護職・ヘルパーが188576円、ケアマネジャーが232678円。他に介護福祉士191037円、サービス提供責任者230952円。医療職系では保健師320500円、看護師265023円、准看護師260874円などとなっている。 平均時給については、介護職・ ...
幼稚園児と高齢者 田植え交流 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
幼稚園児と高齢者の交流を深めようと大阪府摂津市鳥飼八防の介護老人福祉施設「摂津特養ひかり」で9日、田植え体験会が開かれた。 同施設では昨年から、敷地内に小さな水田を作り、隣接する「摂津ひかり幼稚園」の園児とともに、稲作に取り組んでいる。 ...
管理責任者に注意 柏市 高齢者住宅の死亡事故で - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
同社は、柏市内で別の高齢者向けグループホームの開設を準備している。市は「グループホームで同様のことがあれば、行政指導の対象になる」と指摘。事故のあった駐車場は歩道と車道を分ける柵や門がなく、市は「もっと利用者に配慮が必要」と求めている。 (平松功嗣)
空き家再生、市民が知恵 介護施設に改装/跡地を公園に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
小規模な介護施設などとして再生する取り組みが各地でスタート。撤去費用を自治体が肩代わりし、跡地を公園に生まれ変わらせる事例もある。人口減少などを背景に空き家は全国的に増えており、国土交通省も近く検討会を設置し、本格的な対策に乗り出す予定だ。 ...
極道に身を置く草なぎ演じる主人公が、大幹部(松平健)から命令され、研修で老人介護施設のヘルパーとして働くことになり、悪戦苦闘するヒューマンコメディー。冷酷非道な極道として恐れられていたが、おとこ気を生かしつつ、ヘルパーの仕事に本腰を入れていく。
介護奉仕にポイント制 65歳以上対象、現金などと交換 天草市がボランティア支援 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
天草市は6月から、元気な高齢者が特別養護老人ホームなどの介護施設でボランティア活動をした場合、ポイント制で現金や特産品と交換できる「介護支援ボランティア事業」を始めた。同市によると、同様の取り組みは佐賀県唐津市などが導入しているが、県内では初めてという ...
asahi.com(朝日新聞社):色のバリアフリーへ20色 色見本、デザインに活用 - 社会 (媒体での記事掲載終了)
よく使われる色づかい(上)と、誰でも見分けやすいように考えられた色(下)。厳密な色再現ではない=伊藤准教授提供  誰でも見分けやすいように工夫した色見本を、東京大や日本塗料工業会などが作った。色覚障害や白内障の人のほか、一般の人にも色を実際に見てもらい、2千色以上から20色に絞り込んだ。塗料用に続き、印刷インキ用の色見本も近く完成、デザイン業界などで使ってもらう予定だ。  東大の伊藤啓・准教授(分...
パート労働者「不足」超に、医療/福祉分野など、5月の労働経済動向調査 (媒体での記事掲載終了)

厚生労働省がまとめた5月の労働経済動向調査によると、パートタイム労働者が「不足している」と回答した事業所の割合から「過剰だ」と答えた事業所の割合を差し引いた「過不足判断DI」は1ポイントの不足超過に転じた。2月の前回調査では1ポイントの過…

介護職員の医療行為、一部解禁へ=特養でのたん吸引など-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は9日、特別養護老人ホーム(特養)入所高齢者への「たんの吸引」など、現行では「医療行為」とされ、介護職員には認められていない処置の一部について、今年度中にモデル事業を実施する方針を固めた。安全が確認されれば、来年度から本格導入する見通しで、 ...
【6月10日放送】NHK、「増える 働き盛りの男性介護者」を放送 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NHKは6月10日の「クローズアップ現代」で、介護に悩む40、50代の働き盛りの男性のすがたを伝える「増える 働き盛りの男性介護者」を放送する。 現在、介護か仕事かの二者択一を迫られ、働く人々には利用しにくい介護保険制度や融通のきかない会社の介護休暇制度のため ...
正しい姿勢で介護を予防 ノルディックウオーキング教室 函館 (06/09 15:09) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
函館の総合型地域スポーツクラブ「ベイ・ウオーク・コミュニティーはこだて」(小沢貢一代表)が8日、「少しでも介護を遅らせるノルディックウオーキング教室」を函館港緑の島などで開いた。 同クラブが初開催し、市民ら15人が参加。日体協公認1級スポーツトレーナー ...
東京都介護支援専門員協議会、ケアマネ支援セミナー開催――7月4日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都介護支援専門員協議会は7月4日、ケアマネジャー向けセミナー「多様な暮らしの場を選択するために」を開催する。 同セミナーは東京都の「介護支援専門員活動支援事業」としての研修会で、住宅施策を正確に知る機会として企画したという。 講師には、国立保健医療 ...
【高齢社会白書】総人口の22.1%が高齢者‐後期高齢者も10%超える - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
前回調査(02年)との比較では、男女とも「ホームヘルパー」の割合が倍増している。 高齢者の就業状況は、男性の場合55~59歳で90・5%、60~64歳で73・1%、65~69歳で50・1%と、60歳を過ぎても多くの高齢者が就業している。女性は55~59歳で61・6%、60~64歳 ...
<ヘラクレス>ケア21が一時ストップ高 介護事業の先行きを期待 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
決算短信の中で同社は、施設介護事業について「有料老人ホーム、グループホーム全施設で満床の状態が続き、新規施設の開設に向けて調査・検討中」と開示しており、中長期的な業績拡大期待も意識されやすい。 政府の経済財政運営の基本方針となる「骨太方針2009」では、 ...
「歩いても歩いても」公開控えて来韓した是枝裕和監督 - 中央日報 (媒体での記事掲載終了)
数年前、闘病の末、認知症の症状を見せた母が亡くなった。母が死ぬ前のある日、病院に立ち寄った息子は外出準備をする母を目撃する。何をしているのかと問う息子に母は「息子が自動車を持って来て待っている」と言った。一人息子だった彼は運転免許を持っていなかった。 ...
ニッソーネット、介護・看護専門求人サイト「おしごと畑」を開設 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
おしごと畑は、職種別に「かいご畑」「かんご畑」「ほいく畑」とページを区分し、介護職ではケアマネジャー、介護福祉士、サービス提供責任者、訪問介護員などの求人が検索できる。訪問系や施設系など各サービス種別ごとに分類もされている。 同社では無資格・未経験の人 ...
介護予防、参加進まず 特定高齢者4072人 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内市町が実施する介護予防事業で2008年度、要介護になる恐れがある「特定高齢者」とされた人は4072人で、このうち運動機能向上などの予防事業参加率は07年度より11・7ポイント増えたものの18・1%の738人にとどまることが8日、県のまとめで分かった ...
認知症の冊子発行 基礎知識から解説 三木 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県の三木市社会福祉協議会が運営する在宅介護支援センターの職員らが、認知症の基礎知識などを紹介する冊子を初めて作った。患者や家族、近所の住民など幅広い人たちが分かりやすいように、イラストをふんだんに盛り込み、漫画による説明も取り入れた1冊。 ...
東京都、生活保護受給者の有料老人ホーム等利用実態調査結果を公表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
法外施設を利用する・しないおもな理由としては、利用の多い自治体では介護保険施設が不足し、法内の有老ホームは高額だったり、生活保護所管課と高齢福祉所管課の連携の薄さなどが特徴的だという。また、利用の少ない自治体では、未届け施設は原則利用しないことを徹底し ...
3年で2万3千人必要 県内、深刻な福祉人材不足 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
人材不足が深刻化する福祉や介護サービスを担う職員について、県内では2011年度までの3年間で新たに約2万3千人、このうち高齢者分野では約1万6千人が必要なことが、県の推計で分かった。県は、未経験者の就業を促す取り組みなどを盛り込んだ対策推進プログラムを ...
宇治田原の福祉バス、子育て応援 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
宇治田原町は5月から、高齢者や障害者のために町内を無料運行している福祉バスを、妊婦や未就学児の子どもを連れた親子も乗車できるよう、利用対象を拡大した。町は積極的な利用を呼びかけている。 福祉バスは、町が京阪宇治バスに業務委託し、2002年度からバス1 ...
壱岐市民病院の指定管理者に大学病院 「公設民営」の改革構想は県内初 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、48の療養病床がある市立かたばる病院は廃止。代わりに市が福祉施設を設置し、民間を指定管理者とし、運営を任せる方向という。 長氏は病院改革に取り組んでいる大学の学長ら7人でつくる病院改革委員会で8月までに答申をまとめる方針。9月には、指定管理者制度 ...
飛騨地方初の事務所開業 社会福祉士の早矢仕さん - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
下呂市萩原町の社会福祉士早矢仕(はやし)哲也さん(50)が、飛騨地方で初の社会福祉士事務所を開業した。高齢化が進む地域にあって「権利擁護や生活支援などについて気軽に相談できる場をつくりたい」と意気込んでいる。 早矢仕さんは高校時代、人の役に立つ仕事を ...
全国の「物忘れ外来」2009年度版発表――認知症なんでもサイト - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本で最初の認知症家族会「認知症の人と家族の会」発足メンバーであり、長く理事を務めた京都・盛林診療所所長の三宅貴夫医師(老年科医)が運営するサイト「認知症なんでもサイト」上で閲覧できる、「全国のもの忘れ外来一覧」の最新版が更新された。 ...
2009年06月08日()
大分県監査指導室、押収した訪問介護利用者の情報を紛失 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
大分県は6月3日、監査先の訪問介護事業所から押収した資料を紛失したと発表した。県監査指導室によると、大分市にある訪問介護事業所に監査を行った際、押収した介護記録のうち、8か月間・利用者15人分の資料を紛失したという。 監査は5月15日に実施し、07年5月~09年4月 ...
『要介護者に紙おむつ』事業 業者、70万円不正請求 51人に配送装う - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅の要介護者に紙おむつを支給する横浜市の事業で、おむつを調達して利用者に配る民間事業者「サイゾー」(同市中区、斎藤裕明社長)が、配っていないのに、おむつ代約七十万円を市に不正請求していたことが八日、分かった。市は同社を詐欺容疑での刑事告訴を検討する。 ...
認知症がうつる?-スイスのバーゼル大学などが報告 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病が病変組織を介して別の個体に伝達されると、スイスのバーゼル大学、独チュービンゲン大学、ノバルティスバイオメディカル研究所などの研究グループが報告した。実験では遺伝子操作を施してヒトの変異型タウたんぱく質を強制発現させ、アルツハイマー病に ...
パラグアイで今冬、指導へ 介護予防策 羽咋方式「地域サロン」 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
羽咋市で介護予防策として取り組まれている「地域サロン」の、南米・パラグアイの日 系人社会での普及を後押しするため、羽咋市社会福祉協議会の担当者らが年内にも現地を 訪れる。同国の日系人が高齢者福祉を学ぶために同市などを訪れて今年で3年目。 ...
三菱東京UFJ 社会福祉法人に無担保融資 (媒体での記事掲載終了)

   三菱東京UFJ銀行は、大手税理士・公認会計士団体のTKC全国会と提携して、特別養護老人ホームなどを経営する社会福祉法人向けの無担保融資の取り扱いを、2009年6月から開始した。大手銀行が独自に、こうした無担保融資に取り組むのは初めて。

続きは「J-CASTニュース」へ


介護施設整備、計画の半分 補助減響く 06~08年度 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人向けグループホームは約2万9千人に対して95%の整備率だった。 施設整備が進まない背景には、建設時の補助金削減や運営費に充てる介護報酬の引き下げが響いている。特養の全国協議会事務局長を務める福間勉さんは「建設費などコストが高いうえに、以前ほど ...
介護保険料引き下げへ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市は8日、国の交付金を活用して、40~64歳の国民健康保険の被保険者が本年度に支払う保険料(介護保険料分)を引き下げる方針を決めた。年間保険料は1人あたり811円引き下げられ、19810円となる。 40~64歳の国保加入者は介護保険の被保険者でもあるため、 ...
原来,2003年黄女士的祖母去世后,留下一间祖屋,如今她的四个儿子只有在广州生活多年的小儿子黄老健在。几年前,拥有继承权的亲人们决定将祖屋的继承权交给黄老,但由于涉及的继承人有祖孙三代二十人,而且大家分散在广佛两地,很难一并召集起来到公证处办公证 ...
在韓被爆者の手帳訴訟控訴審が結審 9月28日判決言い渡し - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
国の言いなりになって訴訟を引き伸ばし、高齢の被爆者に負担を強いる県の姿勢は許されない」などと語った。 一審判決は「来日要件」について、「来日が著しく困難な場合、代替する方法は十分にありうる」と指摘。来日しないことのみを理由とした却下処分は違法と結論付け ...
高齢シングルの賃貸住まい。どのような種類があり、どんな自治体サービスがあるのか調べました。 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
でも向こうには親せきや友人が多く、帰れる家があることが心の支えになっている」 高専賃は施設の基準がないため、バリアフリーでなくヘルパーがいないものもある。緊急時の対応など一定の基準があり、入居者の所得に応じて公的な家賃補助があるのが、高優賃だ。 ...
関西地盤の介護事業を営むケア21年初来高値更新及び2Q決算発 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
下期も施設介護事業において、有料老人ホーム、グループホーム全施設において満床の状態が続いていることから、新規施設(有料老人ホーム、グループホーム)の開設に向けた調査を進めていく方針。通期連結売上高は前期比11%増、営業利益は同67.6%増を見込む。 ...
介護者向け紙おむつ配らず 70万円不正請求 横浜市の業者 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
横浜市は8日、在宅の要介護者に紙おむつを支給する事業で、市内の配送業者が51人分を届けずに市に約70万円を不正請求していたと発表した。市は既に約65万円を業者に支払っており、要介護者への配送と利用者への謝罪を指示した。市は神奈川県警に詐欺容疑で告訴する ...
三菱東京UFJは、「パッケージ商品とはいかないが、社会福祉法人向け融資としては借りやすくなっていると思う」と話している。 少子高齢化で資金ニーズが見込める福祉施設への融資に積極的に対応する。 社会福祉法人への融資はこれまで、独立行政法人の福祉医療機構が中心 ...
09年度東京都介護支援専門員実務研修受講試験、申込は7月15日まで - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健財団は、10月25日に実施される2009年度の東京都介護支援専門員実務研修受講試験の受験申し込みを、7月15日まで受け付ける。 受験要項と受験申込書の配布は6月3日(水)~7月15日(水)のうち、土・日・祝祭日をのぞく月~金曜日。頒布場所は各区市町村介護 ...
ファンコム社長 松尾 光晴さん(43)(1)父親の介護 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
起業のきっかけはいくつかありますが、最大の理由は父親の介護に携わったことです。父親は3年に筋力が衰えて手足の動きや自発呼吸が次第に難しくなる難病の筋委縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)を発症。そのとき「福祉分野でパナソニックにもできることがあるの ...
第5部 通じ合う力 (10) 地域とつなぐ - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
海沿いの道を歩き、認知症の女性宅を訪ねるたびに、久本澄子さん(49)はこの言葉を思い返す。 小規模多機能ホーム・かおり(瀬戸内市邑久町虫明)の代表。近くに住む利用者の斉藤孝子さん(88)=仮名=と昨年春からかかわっている。 斉藤さんは夫に先立たれ、 ...
[改正道交法] - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
信号無視などの交通違反をし、専門医に認知症と診断されれば免許取り消しとなる。 年齢が同じでも個人差があるのは当然だ。だが、高齢化に伴い運動機能や判断力が徐々に低下していくのは避けられない。運転は、周囲の交通環境を瞬時に判断して行動することが求められる。 ...
雇用危機対策 第二の安全網生かさねば - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
あと半分は、医療や介護などで必要な技術を習得してもらう1年と6カ月の訓練を用意する。基礎的な知識を身に付け、さらに成長分野と期待される職種にも挑戦できるようにする狙いがある。 ただ、いくら訓練を積んでも再就職できなければ意味は半減する。介護など人手不足 ...
老健施設向け人材対策事業補助制度の説明会を開催――6月18日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
老健施設向け人材対策事業補助制度の説明会を開催――6月18日ケアマネジメント オンライン東京都は、6月18日、介護老人保健施設を運営する事業者向けに、介護人材対策関連事業と施設整備費補助制度の説明会を開催する。 積極的にボランティアを受け入れる場合、その活動を支えるために必要な環境整備に係る費用について補助を行う。 職員の負担軽減や処遇改善の ...高齢者福祉施設:新設数、県の目標下回る 背景に介護人材の不足 /三重毎日新聞3年で2万3千人必要 県内、深刻な福祉人材不足神戸新聞
大分のニュース 高齢運転者の認知機能検査 失効に不安も - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし、認知症と判断されて免許を失効すればショックも大きい。中には“生活の足”を失う高齢者も。関係者は何らかの配慮を求めている。 検査は免許証の更新時、既に義務付けられている高齢者講習とともに県内17カ所の自動車学校で実施される。主な内容は(1)今の年月日、 ...
2009年06月07日()
大阪府、居宅サービス計画費不正請求の事業者を指定取り消し - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
同社は2007年4月、実際には勤務させる予定がないケアマネジャーを管理者として届出し、その者が居宅介護支援を提供したとして2007年4月~2009年2月分の居宅サービス計画費を不正に請求していた。また、監査時にはその実在しないケアマネジャーの雇用契約書やタイム ...
岡谷で全国統一防災訓練 災害対応を確認 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
災害時要救護者関連施設の宅老所や幼稚園の避難誘導訓練もあった。 今井区長(61)は「緊急時には日ごろのつながりが生きてくる。近所付き合いを大切にしてほしい」とし、「区としても早期の情報発信や長期間にわたる受け入れ態勢の整備に心掛けていきたい」と話してい ...
アタマじゃなくて心で感じる 地域医療のエッセンス - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
中村氏が着任する以前の名田庄地区では,診療所,行政,社会福祉協議会それぞれが個別に活動していたが,自宅で生活する高齢者や体の不自由な人たちに安定したケアを効率よく提供するために,地域の医療・保健・介護のスタッフの情報交換・連携のための会議「ケア ...
湿気こもらず水洗いできる介護用マットレス - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
フランスベッドは、湿気がこもらず水洗いできる介護用マットレス「マットレス AW-90」を、2009年6月初旬に発売する。 糸状のポリエチレン樹脂を3次元に組み合わせたような新素材「エアウィーヴ(R)」を採用し、高い通気性と優れた体圧分散性を兼ね備えた。 ...
認知症対策推進会議の都民委員を公募――東京都 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健局は、2007度に設置した東京都認知症対策推進会議の委員の任期満了にともなって、引き続き都民委員2名を公募する。 応募資格は、公務員を除いた都内在住の満20歳(平成21年6月1日現在)以上で、年3回程度の会議に出席できる人。就任期間は2年間。
2009年06月06日()
パナソニック電工子会社、シャワーチェアーなど入浴介護用品を追加 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
パナソニック電工の子会社、パナソニック電工ライフテックは、入浴介護用品「シャワーチェアーコンパクトサポートタイプ(おりたたみ)」、「移乗台」、「入浴グリップ/バスサポーター」の計7品番を6月15日に発売する。 今回発売の入浴介護用品では、より小柄な人向けに ...
人材手薄な福祉職場への就職を 10日、大津で説明会 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設や障害者施設での働き方を具体的に想像できるよう、事業所ごとの方針や特色の発表会などを新たに行う。また、ホームヘルパー2級の資格取得について、生計の厳しい失業者らを対象に支援の相談に乗る。 職場体験は、昨年度の4施設から県内全域約50施設へ大幅 ...
アメリカ福祉国家の幻影 週のはじめに考える - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
米国の社会保障制度は大恐慌下、ルーズベルト政権のニューディール政策でスタートし、一九六〇年代のジョンソン政権時代にメディケア(高齢者対象)とメディケイド(低所得者対象)の公的医療制度に結実しました。この間、何人もの大統領が皆保険導入を試みましたが頓挫 ...
働く女性の「受け皿」としての介護施設 - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
彼女は、介護現場の中でも特に過酷な労働条件で、これまで5年間も耐えてきたのだった。 2月のある日、Aさんは急に勤務中激しい吐き気を催し、明け方になるとすぐに病院に行き、救急で診察を受けた。診断結果はストレスからくる不整脈。 長年のストレスを自覚している ...
品川で「みんなが得する」エコ生活、中延商店街でエコ・モニターを募集中 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
NPO法人「バリアフリー協会」は家庭で電力を節約した分、商店街で使えるポイントがたまる「エコ・モニター」を募集している。チラシを手にする同協会の沢田藤司之理事長 地球と地域経済に優しいプロジェクト-。東京都品川区の中延商店街で、家庭で電力を節約した分、 ...
要介護認定 利用者や家族で検討を 京で「認知症と家族の会」が総会 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
社団法人「認知症と家族の会」が6日、京都市中京区で総会を開き、介護保険制度の要介護度認定調査の改善や、若年性認知症問題などに取り組む本年度活動方針を決めた。 総会には全国の支部から約250人が参加。「認知症があっても一人暮らしでも、希望する自宅で、また ...
物事を習慣化するための泥臭いステップ - Casual Thoughts (媒体での記事掲載終了)
Column本を読んだり、ウェブを徘徊していると、目から鱗が落ちるようなアイデアやLife Hacks術に出会うことは非常に多い。一方で、出会いの機会は多い反面、そういったものが自分の中で習慣化し、血となり肉となるケースというのは我ながら驚くほどに少ない。「あれこれと色々な本を読むのではなく、1つの本でえたものをきちんと習慣化できてから、次に手を出しなさい」なんてアイデアに目から鱗が落ちても、また...
認知症テーマに高齢者フォーラム 500人が参加 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者フォーラム「認知症になっても自分らしく生きたい」(朝日新聞社、朝日新聞厚生文化事業団主催)が6日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで開かれた。老いや病と素直に向き合う生き方として注目され始めた「ウイズ・エイジング」を主題とする催しは初めて。 ...
傾聴ボランティア、仙台で奮闘 お年寄りの心ほぐす - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
母がいたグループホームで傾聴の力を知った。「職員がじっくり聴いてくれた後、母は決まって、穏やかな表情になった」と振り返る。 一方で、介護職員の忙しさも知った。「ボランティアとして役に立ちたい」との思いで民間の傾聴ボランティア養成講座(計25時間)を ...
老後の財産管理任せて 北広島市内の小川さん、独学で社会福祉士事務所開設 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
専業主婦だった小川さんは福祉に興味を持ち、00年から2年間、札幌の専門学校で学んだ。卒業後、北広島市内の病院や介護支援センターに勤務しながら、社会福祉士の資格を取得した。 働く中で、高齢者の増加を目の当たりにし「高齢化に伴い認知症患者も増える。 ...
介護・福祉に活かす、定額給付金基金プロジェクト――6月30日まで - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
寄付希望者は、介護、医療、教育、環境、平和など17分野から応援したい活動を指定することができる。 「障がい・介護をささえる」分野には、2009年中の支援センター設立を目指す「東京盲ろう者友の会」、高齢者向けに傾聴ボランティアを派遣する「NPO昭和の記憶」などが ...
条例改正など11議案発表 松山市 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
このほか2つの私立保育所の創設・増改築補助に2億3354万円、24の高齢者グループホームと障害者福祉3施設へのスプリンクラー設置に1億5059万円を充てた。 また、子規記念博物館は管理コスト縮減などのため、受付や会場の維持管理業務に2010年度から指定 ...
認知症介護心得の冊子 製薬会社が寄贈 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
城陽市介護者の会は5日、認知症の高齢者に接する際の心得をまとめた冊子を、発行元の製薬会社エーザイから500部寄贈を受けた。同会は「介護の相談を受ける時や、介護はまだ先と考える若い世代への周知にも役立てたい」としている。 冊子は高橋正雄・筑波大教授の監修 ...
県、修学支援を再開 介護福祉士目指す学生向け - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士を目指す学生を対象にした国の修学資金貸付制度の補助金が本年度から拡充されたのに伴い、県は財政難などを理由に中断していた貸付事業を3年ぶりに再開する。 学生の確保に苦慮する養成施設の関係者からは「介護福祉士を目指す人が増えてくれれば」と期待が ...
東社協、ケアマネなど非常勤の専門職を募集! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都社会福祉協議会は、ケアマネジャーなどの専門職で非常勤職員を募集している。勤務場所は東京都福祉人材センターで、業務内容は求職者からの相談や窓口受付、事務補助など。 東京都福祉人材センターとは、福祉の仕事の紹介や就職説明会、セミナーなどを開催する機関 ...
栃尾郷病院廃止、診療所に - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が長期入院する「療養病床」60床を含め計120床ある。診療科は内科、外科、眼科など10。常勤医は内科3、歯科1の計4人で、ほかの科は新潟大などの応援医師で対応してきた。 機能転換後は、現施設を改装して老人保健施設に80床、診療所に19床を設ける。 ...
県6月補正、 事業規模400億円超に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の患者やその家族からの電話相談に応じる事業には348万円を計上。7月にも相談窓口を開き、NPO法人「県宅老所・グループホーム連絡会」に運営を委託する予定だ。悩みを聴くだけでなく、市町村や介護サービス業者、医療機関なども紹介する。 ...
2009年06月05日()
街おこし 北茨城で 吟じます 市、観光スポットに『俳句ポスト』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
投句はポストだけでなく、パソコンや郵送でも受け付ける。十月中旬までに寄せられた作品から大賞を選考し、十一月中旬に句会を開くことにしている。 市高齢福祉課は「愛好家は高齢者が多いが、若い人たちで楽しんでいるグループもあり、世代間の交流も深まれば」と期待 ...
モノづくり人材 福祉に生かせ 『かわさき基準』浸透へ市、雇用創出事業 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
市では、不況にあえぐ製造業と、人手不足が慢性化する福祉分野を結ぶ、新たな雇用創出などに取り組むとしている。 市は昨年度、優れた福祉製品を認証する独自の「かわさき基準」を設け、高齢者や障害者が安全に社会活動ができる製品開発を促している。 ...
外国人の介護福祉士候補、施設側7割採用前向き 日大調査 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
日大大学院の塚田典子教授が全国の特別養護老人ホームなど介護施設の施設長を対象に行った調査で、外国人介護福祉士候補者を「採用する」と答えた割合が約7割に上っていることが5日、分かった。 施設長の大半がコミュニケーション能力などの不安を感じながらも、外国人 ...
日本の将来を決める二つの要因 (媒体での記事掲載終了)

日本の将来像は、人口減少、少子高齢化というマイナス面、日本企業がもの作りの伝統や高度の技術を持っているというプラス面、この二つを考えると予想しやすい。

介護保険の現場はどうなっているか交流会(大阪) - レイバーネット日本 (媒体での記事掲載終了)
また、経過措置もいつ打ち切りになる ある自治体の認定審査会では、「41%の人が以前よりも要介護度下がった」との報道もありました。 また、介護報酬の改定も介護労働者の賃金の改善にはならないようです。 介護保険改悪の現状と改善へ向けての方向性の交流を行います ...
高齢者らに気軽に島根旅行を - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
松江市のNPO法人「プロジェクトゆうあい」が、高齢者や障害者が旅行に訪れやすい島根県内の環境づくりを進めている。主な施設のバリアフリー情報を発信するホームページ(HP)の作成や、旅行をサポートするグループとの連絡調整などで、「障害者たちが外出する ...
介護士不足で「外国人雇う」7割 日大調査 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
日大大学院の塚田典子教授が全国の特別養護老人ホームなど介護施設の施設長を対象に行った調査で、外国人介護福祉士候補者を「採用する」と答えた割合が約7割に上っていることが5日、分かった。 施設長の大半がコミュニケー… [記事全文]
妻の勧めもあってホームヘルパー2級の資格を取得し、昨年6月に同ホームに採用された。 おむつ交換や食事介助など、それまでとは全く違う仕事に励む。「『ありがとう』と感謝されるとうれしい。やりがいがある」と充実感を漂わせる。 運営する社会福祉法人育心会の高橋 ...
2009年4月の医療介護系派遣社員の平均時給・月給(関東エリア) - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
人材派遣・人材ビジネスのトータルサポートを行っている、株式会社インターワークス (本社:東京・港区、代表取締役:岡田 稔)では、2008年5月よりサービスを開発した 医療と介護の専門求人サイト「医療介護ワークス」に掲載している約70社のデータから、 2009年4月の ...
“老犬”介護の時代—人間もペットも老後の悩みは同じ? (媒体での記事掲載終了)

今回はペットの医療についての話題です。知人の愛犬家ドクターの10歳を超えた愛犬が、急病に陥ったそうです。下半身に腫瘍ができてしまい、調べてみると肉腫だったとのことです。

要介護認定等の方法の見直しにかかる経過措置希望調書 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
2009年4月以降、改正後の要介護認定で更新したご利用者様が従来より軽く認定された場合は、従来の要介護度でサービスを利用できる経過措置が4月17日、厚労省から都道府県知事宛に出されました。この書式は市町村に提出する本人の意志確認の書式になります。
介護労働者の労働条件の確保・改善のポイント--介護保険最新情報vol.94 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は、6月3日付けの介護保険最新情報vol.94を各都道府県介護保険担当課あてに通知した。今回の通知は、厚労省労働基準局が作成した「介護労働者の労働条件の確保・改善のポイント」のパンフレット活用について。 パンフレットでは、介護労働者全体に共通する事項 ...
資格取得に言葉の壁 インドネシア人介護研修生、来県4カ月 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づき来日したインドネシア人の介護福祉士研修生が、24都府県の51施設で働き始めて約4カ月。徳島県内では社会福祉法人・健祥会グループの特別養護老人ホーム2施設で計8人が、3年後の介護福祉士の国家試験合格を ...
三菱東京UFJ、社会福祉法人に無担保融資 大手銀で初 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
銀行にとっては、安定的な貸出先の開拓は魅力。高齢化や少子化対策で、福祉分野は今後も需要拡大が見込まれるため、融資ノウハウの蓄積を進めたい考えだ。 大手行以外では、近畿ろうきんも独自の社会福祉法人向け無担保融資を行っている。(鯨岡仁)
学都仙台コンソーシアム 単位互換制の拡大に工夫 宮城県 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
学生にとっては、各校の特色ある授業を受講できるという魅力がある。 スポーツが好きという白幡さんは、体育系の大学である仙台大で「運動障害救急法」と「高齢者スポーツ指導論」を受講。将来、介護福祉士になって高齢者スポーツにも携わりたいとの思いからという。 ...
医療と福祉を考える懇話会6月20日、開催――滋賀県大津市 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
滋賀県は6月20日、第4回「滋賀の医療福祉を考える懇話会」を開催する。懇話会は無料で行われ、県民の参加を募集している。 「医療福祉」とは「保健医療サービスと福祉サービスなど関連する諸政策を含む広範な政策や実践のことを示す」とし、高齢化、在宅医療支援、医療と ...
介護されたい相手に男女で差が――高齢社会白書2009年度版 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護されたい相手に男女で差が――高齢社会白書2009年度版ケアマネジメント オンライン「介護を頼みたい相手」としては、男性が1位が配偶者80.7%、2位は子ども49.1%、3位ホームヘルパー28.1%と続くのに対し、女性は1位が子どもで73.1%、2位ホームヘルパー45.3%、3位が配偶者と続き、男女で介護されたい相手に違いが見られた。 このほか、高齢者の社会 ...
花園支店移転8日オープン/高松信金 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
新店舗は高齢者に配慮したユニバーサルデザインとするなど、利便性の向上を図った。 新店舗は鉄筋2階建て、延べ床面積720平方メートル。敷地は950平方メートルで、14台分の駐車場を用意する。窓口の営業時間は午前9時~午後4時。ATM(現金自動預払機)は3 ...
全国高齢者ケア協会、第17回全国老人ケア研究集会を開催――7月4日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
プログラムには、厚労省老健局の鈴木康裕氏による特別講演「介護報酬の改定で現場はどう変わるか」、浴風会病院の古田伸夫氏による教育講演「重度認知症に対して、医療対応をどこまでどのようにするのがよいのか」を予定。「介護と看護の連携」をテーマとした午後の部では ...
若年性認知症の男性「心神喪失」認定 公訴取り消し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
窃盗罪で公判中だった大阪府内の男性(62)が若年性認知症と診断され、「心神喪失状態」にあるとして公判が停止していた問題で、大阪地検堺支部は4日、公訴を取り消したと発表した。大阪地裁堺支部は同日付で公訴棄却を決定したという。 地検堺支部は公判が停止 ...
2009年06月04日()
【ゆうゆうLife】読者から デイでの入浴を嫌う母 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
5月25日付「認知症介護の身近なアイデア」(上)を読みました。実家の母(88)には認知症の初期のような症状があります。また、ひざ関節症もあり、片足が固まって歩くのも不自由です。要介護1です。 デイサービスには行ってくれていますが、なぜかデイでの入浴を ...
【入院 入所の裏ワザ】(1)老人保健施設の薬代 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「夫の介護老人保健施設(老健)入所を断られた」と言います。 夫(78)は認知症で要介護。2人暮らしで、奥さんは介護に疲れていました。ケアマネジャーから「ご主人に老健に入ってもらい、奥さんは骨休めしたら」という話が出ました。 しかし、老健では「内服が多い ...
三協立山アルミ、「環境・安全」改装を強化 年商300億円目標 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
環境対応では、太陽光発電パネルを組み込んだ建材、独自の自然換気システム、建物の外部を断熱構造とする「外断熱」施工などのメニューを周知させるほか、防犯対応の改装、高齢者や障害者にもやさしいユニバーサルデザインの商品などを積極的に売り込む。
地域密着型介護サービス充実へ - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同市では、すでに介護福祉施設整備事業者を募集しており、7月31日までに事業者選定を行い、来年10月にデイサービスとグループホームを開設、再来年4月に特別養護型施設を開設する。 同市は、人口16万4574人(昨年10月現在)。65歳以上の高齢者は3 ...
若年性認知症で公訴棄却「回復見込めない」と大阪地検 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
万引の窃盗罪で起訴された後、精神鑑定で若年性認知症と診断され「公判が維持できない」として、約1年半にわたり公判が停止されていた大阪府松原市の男性被告(62)の裁判で大阪地裁堺支部は4日、公訴を棄却した。 大阪地検堺支部によると、現在、大阪府内の病院に ...
県内高齢化率25・55% 過去最高を更新 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化率は1989年度の14・52%から20年間で約11ポイント上昇。08年10月1日現在の全国平均は22・1%で、47都道府県中、愛媛は11番目に高い。65歳以上のうち単身者が12・70%、寝たきりの人が4・94%。国が後期高齢者とする75歳以上 ...
『ニルスの国の高齢者ケア』 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」を主宰する筆者は、2005~2007年スウェーデン、スコーネのコミューン(自治体)に滞在して高齢者ケアを取材。スウェーデンのエーデル改革(医療改革)から15年を経て、健康に老いる高齢者の姿や福祉サービス行政を市民の目線で ...
介護従事者の相談も! ――介護保険ホットライン6月17日より開設 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
相談に応じるのは、介護保険ホットライン企画委員会に参加する市民活動団体(全国マイケアプラン・ネットワーク、介護者サポートネットワークセンター・アラジン、市民福祉情報オフィス・ハスカップなど)の皆さんほか、ボランティアで参加するケアマネジャーなど。 ...
(6/4)終末期治療の選択にビデオが有用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が終末期にどのような治療を受けるかを選択する際、進行した認知症患者のビデオを見ることが役立つことが、新しい研究で示された。 研究を率いた米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のAngelo Volandes博士によると、終末期の治療の決定に患者自身が関与するよう ...
認知症予防は生活習慣病予防と同じ――認知症フォーラムレポート3 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NHK厚生文化事業団主催の認知症フォーラム「早期診断・早期ケアでいきいき暮らす」では、最新の認知症診断の技術や、地域での認知症予防の取り組み、また、多くの高齢者が自覚しているであろう「軽度認知障害」について解説された(詳細はレポート2へ)。 ...
介護者のストレス解消に“癒やしコース” - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
大分市明野東の県社会福祉介護研修センターは本年度から、在宅で介護している人や福祉施設で働く職員のストレス解消を図るため、「リラクゼーション・コース」を新設する。介護従事者にとってストレスは、高齢者らとの良好な関係づくりの弊害になる。 ...
アグリフーズが介護食を販売 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
総菜加工場を運営する第三セクターの安芸高田アグリフーズ(安芸高田市)は、地元の食材を使った軟らかい介護食の販売に乗り出す。第1弾として5日、特産米のかゆを発売する。 かゆの新商品「健康五色粥(がゆ)」は、市内の農家でつくる援農甲立ファームが作った特産 ...
日本機関紙出版センターは5月18日、ケアマネ白書を刊行した。 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
編集は「よりよい介護をめざすケアマネジャーの会」で、資料によると介護保険が始まって10年、新介護認定調査が見切り発車など介護保険制度改正に伴う混乱の今、利用者・家族の現状とケアマネジャーの実態の両面をさぐりながら、生存権保障にふさわしい介護保障の確立を ...
フランスベッド、水洗い可能な介護用マットレス - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
フランスベッドは4日、介護用マットレスの新製品「マットレスAW―90」を発売したと発表した。内部のクッションは糸状のポリエチレン樹脂を編み込んだ素材で、通気性が良く自宅でも水洗いが可能だ。寝返りの際などにクッションがきしむ音も減らしたという。 ...
今回発売する「マットレスAW-90」は、糸状のポリエチレン樹脂を3次元に組み合わせたような新素材”エアウィーヴ(R)”を採用することで、高い通気性と優れた体圧分散性を兼ね備えた介護用マットレスです。”エアウィーヴ(R)”の独自構造が、マットレスの内部の空間 ...
大田原・旧黒羽町役場跡地整備計画 消防、介護予防複合施設に - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
本年度と来年度の2カ年継続事業で、黒羽統合中のスクールバスターミナルや消防コミュニティーセンター、高齢者の介護予防の拠点・ほほえみセンターなどを複合的に建設する。市は全体を公園的要素を持たせたスペースとして整備する考えで、「うるおいと安らぎのある集いの ...
第5部 通じ合う力 (7) 叫 び - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
恰幅(かっぷく)のいい高齢者が涙声で語る。「分からん。考えても言葉が出てこんのんです。こらえてください」 2002年からグループホーム・こまくさ(玉野市宇野)で暮らす剛さん(88)=仮名=の5年前の映像。統括管理者・山下洋子さん(49)が保存している。 ...
高福祉国家に学ぶ『ニルスの国の高齢者ケア』発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」を主宰する筆者は、2005~2007年スウェーデン、スコーネのコミューン(自治体)に滞在して高齢者ケアを取材。スウェーデンのエーデル改革(医療改革)から15年を経て、健康に老いる高齢者の姿や福祉サービス行政を市民の目線で ...
若年性認知症との闘いを本に 夫を介護した多賀さんが出版 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
若年性認知症を患う元大学教授の夫の病状が進む中、悩み苦しんだ日々を乗り越え、夫婦で穏やかに暮らすまでの軌跡を、妻の多賀洋子さん(67)=津市白山町二本木=がつづり、講談社から「ふたたびのゆりかご」を出版した。多賀さんは「同じ苦しみを抱える家族の希望に ...
園芸療法、認知症に有効/学会発表へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
植物とふれあう作業を高齢者や障害者のリハビリに生かす「園芸療法」の研究を続ける県立淡路景観園芸学校(淡路市)准教授の豊田正博さん(47)が、アルツハイマー型認知症患者の脳の働きを活性化させるのに園芸作業が有効であることを確認。20日に横浜市で開かれる ...
介護予防へダンスゆったり - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護予防を目的にしたフラダンス教室が3日、京都府大山崎町円明寺の町老人福祉センター長寿苑で始まり、花柄の色鮮やかなスカートを着たお年寄りらは、ゆったりととした独特のダンスを体験した。 軽い運動で健康を維持してもらうため、センターが昨年度から実施している ...
介護職確保へ初会合 広島県 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県は3日、福祉・介護職の人材確保策を練る官民の就業支援会議の初会合を広島市中区で開いた。現場からは、離職を防ぐための支援強化を求める声が相次いだ。本年度中に行動計画をまとめる。 行政や介護施設など官民16機関・団体の代表と、学識経験者3人で構成する。 ...
高齢の運転者 認知症の事故防ぐには(6月4日) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症と判断されると免許は取り消される。 自動車の運転には、記憶や周辺の状況把握などが必要だ。 2002年の道交法改正で、主治医や家族からの連絡で運転に支障があると判断された患者について免許取り消し・停止が可能となった。 しかし、制度が知られていないこと ...
MCI(軽度認知障害)のうちから予防を――認知症フォーラムレポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NHK厚生文化事業団が主催する認知症フォーラム「早期診断・早期ケアでいきいき暮らす」の第2部では「早期ケアで生き生きとした暮らしへ 」をテーマに、認知症の人たちが地域で暮らしている様子や予防への取り組みを、映像による事例を交えて紹介した。 ...
2009年06月03日()
埼玉県介護支援専門員協会、介護予防プランの作成セミナー開催――6月20日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
埼玉県介護支援専門員協会は6月20日、介護予防プランの作成方法を学ぶセミナーを開催する。 講師には同協会理事長の千葉道子氏。介護給付と予防給付の「共通点と違い」や、作成ポイントなどについて講義を行う。 非会員でもセミナーに参加することができ、定員になり次第 ...
新型インフル対策、福祉関係者ら研修 登米 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
「体力の弱い高齢者は感染後に肺炎で亡くなる恐れがある。高齢者は肺炎球菌ワクチンの接種を受けた方がいい」と述べた。 質疑応答では、参加者から「同僚が感染したら職場の所有物を消毒すべきなのか」「潜伏期間でも感染するのか」などの質問が出た。
子育て・福祉に不満目立つ 仙台市長選で市政ネット調査 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
市政運営で不満が目立ったのは「子育て支援」と「高齢者福祉」。今後の重点課題には5割弱が「経済活性化」、4割強が「財政の再建」を挙げた。 梅原克彦市長の4年間の市政について、政策分野ごとの満足度はグラフ(上)の通り。「満足」は「スポーツ・文化振興」 ...
旧黒羽町役場、バスターミナルや介護予防拠点に 整備計画固まる - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
本年度と来年度の2カ年継続事業で、黒羽統合中のスクールバスターミナルや消防コミュニティーセンター、高齢者の介護予防の拠点・ほほえみセンターなどを複合的に建設する。市は全体を公園的要素を持たせたスペースとして整備する考えで、「うるおいと安らぎのある集いの ...
みやま市 福祉バス、広域運行から1年 利用者増へ改善継続 時刻表設置、停留所増設も - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉バス(28人乗り)は土日や祝日を除く平日に運行し、高齢者や障害者が通院や買い物などに無料で利用できる。合併前の瀬高、高田、山川の旧3町でそれぞれ、老人福祉施設への送迎を目的にスタート。昨年4月、旧町を拠点にしながら、駅や病院など主要施設を結ぶ路線に ...
府中市の30医院でもの忘れ相談 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
もの忘れが多くなり、認知症を心配する人が気軽に相談できるように、府中市と府中市医師会は市内の医療機関30カ所を「もの忘れ相談医」として登録した。都内では板橋区などで同様の制度が発足している。 同市地域包括支援センターによると、もの忘れ相談医は都医師会 ...
未来へつながる40周年に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
第4に、旭区は市内で一番高齢者人口が多い区になっています。このまま高齢化が進んでいくと、現状の福祉施設や制度では支えきれなくなってしまうことが予想されます。福祉サービスに新たな施策を加えていかなければならないと思案しています。 -具体的な対策はいかが ...
高齢者虐待相談やや減少/横須賀市 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症のある高齢者への虐待が多く、市は理解不足が一因とみて7月1日に認知症ケアに関する市民講演会を開く。 種類別(重複あり)にみると、全部で154件の虐待があった。身体的虐待が68件、心理的虐待が44件で、全体の72%を占めた。放置・放棄26件、経済的虐待15件、性的 ...
パーキングパーミット 高校生が案内板製作 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
パーキングパーミット 高校生が案内板製作佐賀新聞この日は、県地域福祉課の江頭里美さんが、同制度の仕組みやユニバーサルデザイン(UD)の考え方を紹介した。早速、生徒たちは試作に入り、裁断機で鉄板をカットした。機械科の中原力人君は「切断や溶接など、自分たちが身につけた技術を社会のために役立てたい」と ...
認知症高齢者が就労体験でケアマネの車を洗車!――東京都認知症シンポ2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者が就労体験でケアマネの車を洗車!――東京都認知症シンポ2ケアマネジメント オンライン日野市のグループホーム「きずな」の川田氏は、実験的に試みた認知症高齢者の就労デイサービスについて報告。就労の内容は、通常の介護保険のデイサービスに行きたがらない認知症高齢者を対象に、洗車、和菓子作り、包丁研ぎなど作業をしてもらった。 ...
うつと認知症を乗り越える/6日、高松で市民講座 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
神経疾患の専門家でつくる日本神経病理学会(小柳清光会長)は6日午後2時から、香川県高松市のサンポートホール高松1階展示場で市民公開講座「うつと認知症を乗り越える」を開く。参加無料。定員400人。 創立50周年記念事業の一環で、4日から3日間、高松市内で ...
高齢者の苦労体感 介護体験事前研修 県内の大学生参加 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県社会福祉協議会は二日、小中学校の教員免許取得を目指している県内の大学二年生を対象に介護体験の事前研修会を、富山市安住町のサンシップとやまで開いた。 小中学校の教員免許取得には、介護施設でお年寄りの介助や散歩の付き添いなどを体験する七日間以上の介護体験 ...
日本介護支援専門員協会、「介護支援専門員必携テキスト」新刊発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本介護支援専門員協会は5月28日、「介護支援専門員必携テキスト」を発表した。 テキストは全5冊で、介護支援専門員の業務上必要な知識や技術、現場で役立つノウハウなどを紹介している。また、厚生労働省が示した「主任介護支援専門員研修カリキュラム」に完全準拠して ...
2009年06月02日()
「キッズヘルパー」 認知症介護に力貸して 遊びや食事…歓声が和ませる - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
子供と触れあうことで、帰宅願望が解消された利用者もいる(デイサービスセンターお多福提供) 認知症介護に子供のパワーをいかす取り組みが広がっている。あやとりや相撲といった遊び、食事、入浴などを通じて、高齢者と密接にかかわる方法だ。歓声を上げる子供たちは、 ...
高次脳機能障害と生きる(下) 家族会が支える - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険も「利用者の年齢差やプログラムが合わず、利用しづらい」と、同協会のケアマネジャー辻川彰さんは指摘する。自立するため「すてっぷ」や「ふらっと」を利用しようと、他地域から転居せざるを得ない人たちがいる。 この状況を改善するため、「ナナ」と連携する ...
補助金カットで論戦 財政健全化プログラムで栃木県議会 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
教育、福祉分野など県民生活に直結する事業も含まれる。 阿久津憲二議員(自民)は「教育や福祉分野の補助金削減は、子育て中、高齢者の介護をしている県民らに負担が大きい。市町村補助金の廃止や縮減は、今以上にサービス格差が生じる恐れがある」と指摘した。 ...
外国人活用で国際競争力強化、日建連と海建協が提言 (媒体での記事掲載終了)

少子高齢化によって技術や技能の伝承が危惧されている。国内技能者の育成はもちろんのこと、外国人の育成や活用も視野に入れていかなければならない。外国の人材を単なる労働力としてではなく、技能伝承や国際競争力強化といった観点で見る——。

高齢化進みバリアフリー化になお課題、首都圏白書 (媒体での記事掲載終了)

首都圏の高齢化は今後、全国より速く進む一方で、住宅や公共空間のバリアフリー化にはなお課題がある——。国土交通省が5月22日に発表した、2008年度版の首都圏白書で浮き彫りになった。

08年度の高齢者福祉事業の倒産件数、26件で過去最高を記録 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
帝国データバンクは5月28日、2008年度の高齢者福祉事業者、医療機関の倒産動向調査結果を公表した。 調査結果によると、2008年度は高齢者福祉事業者が26件、医療機関は40件の倒産があり、これはそれぞれ過去最高の数字になるという。とくに高齢者福祉事業者の倒産の増加は ...
失業外国人を介護戦力に 御殿場の施設が本格採用 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
御殿場市で介護、医療施設を展開する社会福祉法人博友会・医療法人社団青虎会が、現場の人手不足解消を目指して失業外国人の雇用、育成に取り組んでいる。多言語のテキストや通訳の常駐など支援態勢が奏功し、現場の評判も上々だ。 同法人グループは入所待機者の増加を ...
認知症モデル事業報告に500人が参加――東京都シンポジウムレポート1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
マップといっても地図にこだわらず「本人・家族」と「住民」が役立った事例を分類して列挙した。40ページの本冊と1枚ペラの簡易版の2種類にし地域包括支援センターは、わかりやすいように「高齢者相談センター」という呼称にあらためて連絡先とともに掲載した。 徘徊する ...
嬉野市が旅館のバリアフリー化補助へ - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
嬉野市が旅館のバリアフリー化補助へ佐賀新聞来年12月にユニバーサルデザイン(UD)全国大会が開催されることから、障害者や高齢者の旅行に対応できる観光地づくりを目指す。6月定例議会に事業費6000万円を計上する。 補助の対象は客室や通路の改修。工事によって車いす移動に十分なスペースを確保すること ...
地域包括にケアマネ補助する事務員を1年間配置――全国介護保険担当課長会議4 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
地域包括支援センターに配置されている専門職(ケアマネジャー、保健師、社会福祉士)が本来の相談支援業務に集中できる環境を作り、専門職の業務を軽減するため、利用者に関する情報整理などの事務などを行う職員を配置を位置づけるというもの。 ...
介護職員処遇改善交付金の事業者説明会は7月!――全国介護保険担当課長会議3 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省が5月28日に開催した全国介護保険担当課長会議では、「介護職員処遇改善交付金」を事業者が申請する際の書類記載事項や事業者の申請書類提出から国保連へのデータ送付・支払いまでの経緯などが示された。 「介護職員処遇改善交付金」は、介護職員の処遇改善に ...
早期発見には脳血流検査が有効――認知症フォーラムレポート1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NHK厚生文化事業団が主催する認知症フォーラム「早期診断・早期ケアでいきいき暮らす」が、5月29日、東京・千代田区のニッショーホールで開催された。あいにくの雨にもかかわらず、認知症への関心は高く、夫婦連れなど高齢者を中心に800人近い人が集まった。 ...
日本語学習免除のフィリピン人介護福祉士10名が来日 - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会の 日本はあとわずかで超高齢化社会に確実に突入する。その時、介護の人材は益々不足し、日本の介護業界が 崩壊しないためにも、「削る部分」ではなく、「手厚くする部分」という認識を深めていくように務めて向かうべきである。
大田原「与一体操」で介護予防 筋力向上確認、dvd作製 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大田原】市が独自に開発し2006年度から取り入れた介護予防のための「与一いきいき体操」が、効果を上げている。市高齢いきがい課と国際医療福祉大の調査で、体操を取り入れたお年寄りの筋力などの数値が向上していることが分かった。市は、体操指導の教材となるdvdを ...
第5部 通じ合う力 (6) 聞き取り - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
第5部 通じ合う力 (6) 聞き取り山陽新聞1980年代に地域で生まれた宅老所を研究し、「行き場のなかった認知症の人に寄り添い、本人からくみ取ったニーズに基づきケアを作り直した」と評価。介護の中心にコミュニケーションを位置付ける。 01年にはきのこ老健施設長の篠崎人理(じんり)さん(59)と、 ...
認知症テスト 事故防止に生かしたい - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
そこで「認知症」と診断されれば免許が取り消される。 2002年に施行された改正道交法で、認知症と診断された高齢運転者には免許の取り消しや停止の措置が可能になった。しかし認知機能が低下しているものの認知症とは診断されていない「事故予備軍」を把握し、安全 ...
2009年06月01日()
足指の筋力鍛えよう!! 3番目の関節動かす/外反拇趾予防に - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
足指は小さくても立ったり歩いたりするのに重要な役割を持つ。曲げる力が落ちると、高齢者では歩行時などにバランスをとるのが難しくなる。転倒から寝たきりにつながる恐れもあり、専門家は足指の運動をすすめる。(寺田理恵) 足の親指が曲がる外反拇趾。 ...
シルバーカー 事故にご注意! 段差でのけが増加 体力と基本操作の確認を - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
埼玉県社会福祉協議会が運営する「介護すまいる館」(さいたま市)では十七種類のシルバーカーを展示・販売している。「小型で軽量化された商品が増え、購入する高齢者は増えている」と職員の森本富喜子さん。価格は二、三万円のものが売れ筋という。 高齢者に人気の ...
埼玉りそな銀、認知症サポーター全店に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
埼玉りそな銀行は1日、認知症の人や家族を支える「認知症サポーター」を全店に配置すると発表した。埼玉県が講師を派遣し、今月中に2回に分けて250人の社員やパート従業員らを対象に養成講座を開催する。 埼玉りそな銀は遺言信託や介護保険などを取り扱っており、認知症 ...
介護士傷害事件 「虐待で精神的苦痛」入所女性ら提訴 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市太白区の介護老人保健施設ソアーズで虐待を受けたとして、入所者の女性(86)と家族が1日までに、施設を運営する医療法人誠英会(仙台市)に550万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。 訴えによると、入所者の女性は昨年6月、施設のトイレで男性 ...
嘉穂製作所、姫路「太陽公園」に小型モノレール納入 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
高さ45メートルもある白鳥城のモデルはドイツの古城。運営する愛光社会福祉事業協会の木村芳宣理事は「山の上に城があるので高齢者や従業員が登るのが大変。バリアフリーの一環でモノレールを置いた」と背景を話す。 製造したのは嘉穂製作所(福岡県飯塚市、内山勉 ...
大田原の「与一いきいき体操」、高齢者の介護予防に効果てきめん - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢いきがい課と国際医療福祉大の調査で、体操を取り入れたお年寄りの筋力などの数値が向上していることが分かった。市は、体操指導の教材となるdvdを作製、市民を対象に養成した介護予防リーダーの協力を得て、6月から体操普及への本格的な活動を展開する。 ...
タイタニック号、最後の生存者死亡 97歳の英国女性 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【ロンドン=土佐茂生】1912年に大西洋で沈没し、1500人以上の犠牲者を出した英豪華客船「タイタニック号」の最後の生存者ミルビナ・ディーンさんが5月31日、英南部サウサンプトンの介護施設で死去した。97歳だった。英メディアによると、最近、肺炎を患っ ...
墨田区が「お手伝いサービス」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者家庭の電球取り換えなど日常生活の軽作業を手助けする墨田区の「ミニサポート事業」が1日、始まった。対象は高齢者、障害者のみや独り暮らしの世帯で、相談によりそれ以外も受け付ける。 サービス内容はほかにブレーカー落ち復旧、衣替え、家具移動 ...
リフォーム・建替え適齢世代向け「80%バリアフリーの家」を発刊 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了)
トーソー出版は、リフォーム・建替えの適齢期になる50代を中心とする熟年世代を対象に家づくりのヒントを紹介する「50代からの快適住まいは、80%バリアフリーの家」を6月下旬から発売する。 インテリアにもこだわり、まだまだ元気な50~60代が、将来の高齢化 ...
女性研究者を支援、佐賀大がモデルに 子育てサポート - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
親の介護が必要な人のために、社会福祉士または看護師、ケアマネジャーの資格を持つ介護コーディネーターを大学が雇用。キャリア支援の相談機関も設ける予定だ。 総事業費は文科省の補助金も合わせて1億2400万円。初年度の09年度は3510万円が充てられる。
認知症の高齢者による事故が増えていることから、75歳以上のドライバーは免許更新時に判断力や記憶力を調べる「講習予備検査」の受講が義務付けられる。 講習予備検査は(1)検査時の年月日などを聞く(2)イラストを覚え、後で答える(3)時計の文字盤と指定時刻を表す針 ...
「年老いた私が、ある日、今までの私と違っていたとしても」 (媒体での記事掲載終了)

医療や介護、福祉の現場で働く者にとって、「心の糧」を見つけるのは、そう簡単なことではない。「使命感」に燃えて、人のお世話をしていても、日々の激務に心身をすり減らし、燃え尽きて現場から去る人も少なくない。医療従事者だけではない。

比人介護士第2陣が開講式 10人、5都府県9施設に - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)に基づき、日本で介護福祉士を目指すフィリピン人候補のうち、第2陣として先月末に来日した10人が1日、都内の福祉専門学校で介護研修の開講式に参加した。 10日から東京、神奈川、静岡、大阪、岡山の特別養護老人ホームなど、9施設で働き ...
中川常任理事/財政制度等審議会 財政制度分科会財政構造改革部会 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
医療費抑制の結果として,(1)医師不足による外来の休止・病棟の閉鎖(2)救急医療における「受け入れ困難」(3)平均在院日数短縮化がもたらす無理な退院の増加等の負の側面(4)医療療養病床削減計画による医療難民,介護難民の不安─などが顕在化してきたと指摘. ...
医療・介護・生活支援のロボット開発センターが福岡県にオープン! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
医療・介護・生活支援分野のロボット開発を行う組織「ベーダ国際ロボット開発センター」が5月25日、福岡県宗像市に開設された。同センターはドイツ・イタリアなど海外の研究機関、九州大、早稲田大や京都大、九州工業大などの大学、ロボットベンチャー企業の株式会社 ...
研修による代替職員の育成に3000億円――全国介護保険担当課長会議2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
現任介護職員の研修支援については、よくある質問について老健局振興課作成によるQ&Aが示され、どこまでを研修と捉えるのか、OJTも研修に含まれるか、外国人介護福祉士候補者の日本語研修を職員が行った場合の代替要員確保は対象外か、などが示された。 また、新規介護職 ...
高齢者などのショートステイ専用施設オープン - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
専門スタッフ13人が対応する。 同町で特別養護老人ホーム「グランパランいまり」を運営する社会福祉法人「花心会」(太田明二理事長)が、約2億4千万円をかけて建設。利用申し込み、問い合わせはグランパランモワ、電話0955(23)4677へ。
第5部 通じ合う力 (5) ユニット - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
ただ「普及しても、ケアの質の議論には至っていない」と武田さんは指摘する。国の基準はハード面が中心で、肝心のソフト面は施設間格差が大きい。 1990年代前半、武田さんは多くの特養で食事、入浴、排せつの三大介護が流れ作業的に行われるのを目にした。一方、全国 ...
(5/9)介護施設入居、1万5000人が大都市から転居 1年で6%増 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京、名古屋、大阪の三大都市で特別養護老人ホームなどの介護施設に入居するため、住んでいた市区以外に転居した高齢者が1万5000人に上ることが日本経済新聞の調査で分かった。この1年間で6%増えている。都市部では介護施設が不足し、高齢者の200人に1人が住み慣れた ...