介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年05月31日()
【いきいき】空き教室利用の介護老人施設を運営 大井妙子さん - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「高齢者の生きる気力を支えられるのは、お金でも制度でもない。人なんですね」 立地を生かして小学校や近くの幼稚・保育園の子供と定期的に交流する。 「絵でも将棋でも得意なことを子供に教えると、お年寄りはまだ自分に役割があると実感する。 ...
『母の介護で人間学んだ』 『介護志亭アリセプト』こと山口裕さん - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
つくば市春日の無職、山口裕さん(78)が、十五年にわたって実母を介護した体験談を語る会を二十日に開く。「介護志(かいごし)亭アリセプト」という“芸名”での初公演。「介護をめぐる悲しい事件も多いが、私は本気で母と向き合って人間を学ぶことができた」と訴える。 ...
京王電鉄、バリアフリーの車両導入を加速 100億円投資 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
京王電鉄は今後の高齢化に備え、バリアフリー対応済みの鉄道車両の導入を積極化する。100億円超を投じ、車内に広い車いすスペースを設けるなどした「9000系」「1000系」を2009年度は前年より2割以上多い105両(15編成)導入。鉄道車両のバリアフリー化率を09年度末に ...
花巻の福祉施設入所者が遠野病院に入院…職員が無償支援 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
大迫診療センターは無床化に伴い、夜間診療も廃止した。高齢者を抱える家族らが「いざ」という時の事態を不安視し、施設を頼りにする傾向が強まったという。 花巻市は民間移管も視野に、診療センターの空き病床を医療、福祉施設として活用する検討を始めた。 ...
高齢者専用世話付き住宅「花みずき」完成 きょう1日から入居開始 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士の資格を持つ宮坂さんを中心にスタッフが24時間常駐、夜間も対応する。介助の場合は個々に外部サービスが利用できる。 居室はすべて個室で1、2階に3室、今年中に改修する3階に11室ある。1室12平方メートルでトイレ、浴室、キッチン(電磁調理器)、小型 ...
「んまかどー」=鹿児島弁に悪戦苦闘-介護士候補のインドネシア女性 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
インドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づき、同国から介護福祉士候補者らの受け入れが始まって9カ月余。鹿児島県南さつま市では、方言の中でもイントネーションなどが独特なことで知られる鹿児島弁を相手に、2人の女性が奮闘している。 「言葉の壁」に挑戦して ...
高齢運転者 認知検査が義務に - NHK (媒体での記事掲載終了)
75歳以上の高齢者ドライバーが免許を更新する際、記憶力などの認知機能の検査を義務づける制度が1日から始まります。この検査は、認知症による判断力の低下が原因とみられる事故が相次いでいることから、75歳以上の高齢者ドライバーが免許を更新する際に義務づけられ ...
認知症になった妻を介護する男性がいた - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症になった妻を介護する男性がいた。会話はなかなか成り立たないが、食事を作ったり、化粧をしてあげたりと献身的に動き回っている。奥さんがぽつりと漏らした。「お父さん、助けてください」‐。2人を結ぶ愛を感じた。 介護をする家族の会に参加した際に上映された ...
ホームレス支援NPO法人 新施設建設へ募金 北九州 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
就労支援のほか、宿泊シェルターや元ホームレスの高齢者向けグループホーム機能を持つ地域拠点を目指す。定員40人、建設費約1億円。募金で5000万円、残りは企業などから調達する。 機構が把握する市内のホームレスは約200人で増加傾向。同機構が市とともに運営 ...
介護現場でも使える! 「第2回 看護のアイデアde賞 」発表! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
今回は66点の応募があり、審査委員会においてグランプリ1点、準グランプリ2点、佳作3点が選ばれた。患者のケアに携わる医療従事者の着眼によって生み出されたさまざまな改善工夫の数々は、医療現場だけでなく、広く介護の現場でも応用可能なものばかり。
日本で激しい公務員バッシングが生まれる理由|すくらむ (媒体での記事掲載終了)
すくらむ国家公務員一般労働組合(国公一般)の活動をしている仲間のブログです日本で激しい公務員バッシングが生まれる理由都留文科大学・後藤道夫教授による「社会保障基本法」に関する講演要旨の続きです。(※「日本だけが「子どもの貧困」を政府みずから拡大 - 「上層社会統合」に利用される社会保障」「福祉国家は戦争をするために生まれた?」のエントリーに続くものです。いつもの私の勝手な要約ですのでご容赦ください...
災害弱者を地域で救援へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
市は、民生委員からの情報や、介護保険で要介護3以上の人など国のガイドラインを参考に「要援護者」を2522人と想定。このうち浸水や土砂崩れの危険地区に住み、支援を希望した229人を対象に当面、支援体制を築く。 救援計画は、民生委員と防災組織の代表が要援護者を ...
山口県、「認知症の方とのふれあいエッセイ」募集 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
山口県は、認知症についての理解と関心を高めるための取り組みの一環として、「認知症の方とのふれあいエッセイ」の募集を開始した。 テーマは「認知症の方とのふれあい」で、認知症の人やその家族とのふれあいについて自由に書いたもの。県内在住の人なら誰でも応募 ...
北陸電工、介護事業参入のため定款変更へ - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
北陸電気工事株式会社(本社:富山県富山市、取締役社長:髙田憲一)は5月22日、介護事業参入などのため定款の一部を変更すると発表した。 発表によると、同社が従来業務としていた電気工事・建築工事などの他に「介護保険法に基づく介護事業」、「農業に関する ...
会社運営の通所介護開始へ 新温泉町で初 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県新温泉町で初めての会社組織による高齢者向けの通所介護施設「デイサービス絆」(松井幸雄代表)が一日、同町井土にオープンする。同施設は利用者の募集も兼ねて、無料の通所体験を受け入れている。 同町では五カ所目となるデイサービス施設。 ...
安心実現会議 雇用でもっと具体策を(5月31日) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
安心社会の前提として「切れ目のない生活安全保障が不可欠」と明記し、雇用や子育て、教育、医療、介護の五分野で改革を求めている。 年金問題や高齢化の進行、凶悪犯罪の多発など、国民が生活に不安を感じる事柄は年々広がっている。 素案の中身でこうした不安を解消 ...
高齢者の大変さ実感 郡上・大和北小児童ら疑似体験 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市社会福祉協議会の井上彰人さんが指導。児童らは、ひじやひざの関節の動きを制御したり、腰を伸ばしにくくしたりする体験グッズや視野が狭くなるゴーグルを装着。ベッドでの寝起きや校舎内の移動、買い物、食事などを疑似体験した。「えらい」「筋肉痛だ」と、その大変さ ...
2009年05月30日()
【書評】『体験的高齢者住宅建築作法』中原洋著 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
このところ、バリアフリーをはじめ老後の対策に配慮した住宅が増えつつある。だが、この種の家は老人にとって本当に住みやすいのか。70歳を間近に控えて家作りに取り組んだ中原洋は、次のように指摘する。 これでは、老後の住みやすさは絵に描いた餅(もち)ではないか ...
重度訪問介護にボランティア 札幌市、来月から試行 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市は六月から、重度身体障害者に食事や排せつなどの介助をする重度訪問介護サービスについて、人件費の安い有償ボランティアを活用し、利用時間を最大約一・五倍まで延長するモデル事業を始める。 同市などによると、同サービスで自治体がボランティアを使って、利用 ...
次世代ロボット/地域産業の第3の柱に - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
活性化センターが注目するのは、全国に比べ高齢化が進んでいる点と1次産業のウエートの高さだ。介助・介護を担う福祉ロボットや、農林水産業へのロボット技術の応用など、地域内需要の存在が大きいという。 少子高齢化が進む日本で、ロボット産業は重要な意味を持つ。 ...
「介護と福祉」どう展開 鳥栖の椎原寿恵会主催 公開シンポに450人 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀、鹿児島両県で医療、福祉施設を運営する同会が「地域から医療、福祉情報の発信を」と開催。大田弘子・元経済財政担当相が「危機をチャンスに!」と題し基調講演。「高齢社会に対応した『まちの再設計』で地域経済の活路を開こう」と呼び掛けた。 ...
島根県健康福祉祭シルバー美術展始まる - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
同展は、県社会福祉協議会が県内の六十歳以上のアマチュアを対象に実施。高齢者が文化活動を通じ生きがいや仲間づくりなどを促進することを目的に開催している。 日本画の部門で県知事賞を受賞した石倉由美子さん(73)=松江市=の「春色」は、菜の花に舞うチョウを ...
若年性認知症でモデル事業=自立支援や作業指導に補助-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、65歳未満で発症する若年性認知症対策の一環として、自立支援や作業指導などに当たるデイサービス施設に補助するモデル事業を創設する。併せて、高齢者やその家族の介護相談窓口となっている地域包括支援センターに「認知症連携担当者」を配置、医療と介護 ...
消防法改正を受け高齢者施設向けのスプリンクラー販売――能美防災 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
能美防災株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋爪毅)は09年4月の消防法改正を受け、グループホームなど小規模社会福祉施設向けのスプリンクラー販売を行っている。 今回の消防法改正により、09年4月以降に新規で指定を受ける社会福祉施設では、消防用設備 ...
札幌市療養病床協会が講演会を開催 - サラネット (媒体での記事掲載終了)
4月11日、札幌市社会福祉総合センターで、定山渓病院の中川翼院長が会長を務め、同院の経営管理部が事務局となっている札幌市療養病床協会(札療協)の講演会『これからの慢性期医療~展望と期待~』が開催され、会員医療機関などから178名が参加しました。 ...
与党PTに35項目要望 神戸市医師会など - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
市薬剤師会や市ケアマネジャー連絡会など医療・介護の関連団体との連名の要望書によると、簡易検査キットやマスクなどの十分な供給と経済的支援▽ウイルスの毒性に応じた複数のガイドライン作成▽発熱外来の医療者に健康被害が生じた際の補償-など計三十五項目を求めた。 ...
認知症 正しく理解を 地域の講師役 養成研修会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症についての理解を市民に広めるための「キャラバン・メイト養成研修会」が二十九日、野々市町情報交流館カメリアで開かれ、同町と白山市の介護・福祉関係者約六十人が指導者としての知識を学んだ。 厚生労働省が中心となって進めている「認知症サポーター」づくりの ...
2009年05月29日()
75歳以上、初の1割超え 高齢社会白書 (媒体での記事掲載終了)

   政府は2009年5月29日の閣議で、09年版高齢社会白書を決定した。それによると、08年10月1日時点での65歳以上の高齢者の数は前年比75万人増の2822万人で、総人口に占める割合は22.1%だった。そのうち、75歳以上の「後期高齢者」は前年比52万人増の1322万人で、人口比にすると10.4%。初めての「1割超え」となった。


無届け老人ホーム、6割が建築基準法違反、国交省調査 (媒体での記事掲載終了)

老人福祉法に基づく届け出をしていない無届け有料老人ホームの6割は、防火や避難路に関する安全基準を満たさず、建築基準法に違反している、との調査結果を国土交通省が発表した。同省は各都道府県に対し、施設所有者への是正指導などを徹底するよう要請し…

感染症対策など講演 京都市、福祉施設職員ら対象 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
研修会は食中毒が多発する夏場を前に毎年開催し、今年も保育園や高齢者施設の職員ら約800人が参加した。 山科保健所の北川信一郎担当係長が講演し、新型インフルエンザの感染拡大防止について「マスクをしていても、目の粘膜からウイルスが入り込むことがある。 ...
介護マニュアル出版記念=聖市=JICAボランティアが研修会=「正しい介護の技術を」 - ニッケイ新聞 (媒体での記事掲載終了)
JICAシニアボランティアの森林たづこさん(53、青森)と同青年ボランティアの高井奈穂さん(33、兵庫)がまとめた「介護マニュアル」の出版を記念した介護研修会が、三十日午前九時から正午まで宮城県人会(ファグンデス街152)で開かれる。両ボランティアが実行責任 ...
児童が作ったお米を高齢者の給食サービスに/相模原 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
もち米は、五年生が総合学習の授業で、学校近くの農家から借りた水田で育て収穫したもので、高齢者の給食サービスで使ってほしいと新磯地区社会福祉協議会(角田龍猪会長)に託された。 配達は二十七日に行われ、食生活を中心に健康づくり活動をするボランティア「わかな ...
2008年度老人福祉事業者・医療機関の倒産はともに過去最高、帝国データバンク調査 (媒体での記事掲載終了)

帝国データバンクが2009年5月28日発表した「老人福祉事業者・医療機関の倒産動向調査」によると、2008年度は老人福祉事業者で26件、医療機関で40件の倒産が発生し、それぞれ件数で過去最高を記録した。とくに老人福祉事業者の倒産は2004…

施設の緊急整備や介護職処遇改善策について――全国介護保険担当課長会議1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
今回は、介護職員の処遇改善に取り組む事業者に対し交付される「介護職員処遇改善交付金」について、事業者の申請書類提出から国保連へのデータ送付・支払いまでの経緯が説明されたほか、現任介護職員の研修について代替要因の規定、地域包括支援センターにケアマネジャー ...
「邑南和楽」が福祉施設訪問 自慢の芸高齢者に披露 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
邑南町内の安来節やカラオケ、詩吟などの芸能団体でつくる「邑南和楽」が27日、同町井原の断魚デイサービスセンターを訪れ、80、90歳代の利用者13人に歌や踊り、紙芝居を披露。利用者の飛び入り参加もあり、一緒に楽しく過ごした。 芸達者が集まる邑南和楽は昨年 ...
クラツー、グアムでのバリアフリー旅行に87名参加へ、新型インフルの影響なし - トラベルビジョン (媒体での記事掲載終了)
これは、「旅をあきらめない、夢をあきらめない」をコンセプトとするユニバーサルデザインツアーで、諏訪中央病院の名誉院長である鎌田實氏が発案し、年に2回、これまでに計4回実施した。第5回目となる今回は場所をグアムとし、健常者や障がい者、高齢者とともに現地での ...
日本整形外科学会、介護リスクを図る新しい概念「ロコモ」提唱 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
社団法人日本整形外科学会は、介護が必要な状態を図る新しい概念として「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」和文では「運動器症候群」を提唱している。 ロコモはメタボリックシンドロームと同様に、チェック項目により介護が必要かどうかを測定するもの。 ...
「命にも影響」残る不安 新型インフルで通所施設 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
「神戸YMCAホームヘルパーの事務所」(同市中央区)の岩井義矢副所長は「一律の休業ではなく、受け入れを継続できる拠点を行政中心に作る必要があるのでは」と話す。 脳性まひで左半身が不自由な女性(36)=同市長田区=の感想だ。 一人暮らしで週四日デイサービス ...
県とNPO、企画段階からタッグ 福祉、環境事業など - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
第1弾のテーマについて、県高齢福祉課は本年度末までに、公募で決まる団体と二人三脚で事業内容をまとめたい考え。団体は7月以降、県との協議の場の運営や補助事務なども担う。 同課はパートナーとなる団体に「元気なお年寄りへの支援の現状と問題点を県とともに ...
日本訪問看護振興財団、09年度介護報酬改定セミナーのQ&A発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
同セミナーは厚生労働省老健局老人保健課看護技官の福井小紀子氏を講師に招き、介護報酬の改定を講義したもの。 財団ではQ&A発表とともに、「2009年版 訪問看護関連報酬ガイド」を引き続き販売している。(税込1000円) A13 病院や診療所は居宅療養管理指導の指定があった ...
『高齢者虐待』の相談 大幅増 富山市が冊子作製 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者虐待の早期発見と問題解決を目指し行政と福祉関係者、医師、弁護士などが「高齢者虐待防止ネットワーク事業」に取り組む富山市で、相談件数が大幅に増えている。市は相談事例や対応を「高齢者あんしんハンドブック富山III-実践編2」にまとめ、「相談に応じる人 ...
「アイーン」で逃げろ 五城目町で護身術研修 - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
夜勤などで遅い帰宅になりがちな女性が護身術を学ぶ研修会が28日、五城目町の介護老人保健施設「湖東老健」で開かれた。五城目署員を講師に、職員約50人が不審者から身を守る技を学んだ=写真。 署員は、手をつかんできた相手から逃げる際は、タレント志村けんさんの ...
団塊世代の現役参加推進/県 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
... 団塊世代」の人たちが退職後に地域社会の中で活動するための“居場所”づくりを進めよう-と、県は二十八日、青森市の青森グランドホテルで、「生涯現役社会づくり推進協議会」の初会合を開き、福祉関係者ら委員十二人が高齢化社会の地域活動のあり方について話し合った。
パラマウントベッドは、マットレスや布団の下に敷いて睡眠データを記録するシステム「眠りSCAN(スキャン)」を5月末に発売する。 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設や医療機関では、利用者の睡眠を確認する際、スタッフが巡回して目視で確かめることが多いが、そうした負担を軽減し転倒や転落といった事故防止や徘徊の把握に役立つという。 「眠りSCAN(スキャン)」は、体に器具などを装着せずマットレスや布団の下に敷いた ...
2009年05月28日()
介護施設 今後拡大へ/今夏,市場規模明らかに/厚労省 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
対象施設の単価は、特別養護老人ホームとケアハウスが1床当たり350万円。1施設当たりの単価は老人保健施設が4375万円、認知症高齢者グループホームと多機能型居宅介護拠点が2625万円となる。 現在の交付金は特養ホームの場合、居室と共同生活室など個人利用 ...
ホステス代わりにされたフィリピン人介護士 - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
約1年前の2008年5月22日、東京・築地の国立がんセンターに介護施設の関係者が押し寄せていた。同年8月上旬に迫ったインドネシア人介護士などの受け入れを前に、厚生労働省傘下の社団法人「国際厚生事業団」(JICWELS)の主催で説明会が開かれたのだ。 ...
老人福祉施設の倒産、過去最高=介護報酬削減響く-08年度 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
帝国データバンクが28日発表した調査リポートによると、養護老人ホームなどの老人福祉施設の2008年度倒産件数は26件と、過去最高を更新した。06年の介護保険法改正で介護報酬が削減され、経営が立ち行かない例が増えたためと、帝国データは分析している。 ...
6割が防火・避難規定違反=無届け老人ホーム緊急調査-国交省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は28日、老人福祉法に基づく有料老人ホームに該当しながら無届けの高齢者施設について、建築基準法で定める防火・避難関係規定の適合状況を緊急調査したところ、4月末時点で点検が終わった406施設中、63.5%に当たる258施設で同法違反が確認され ...
高齢糖尿病患者では無症状の排尿障害も念頭に (媒体での記事掲載終了)

糖尿病による神経障害の1つとして、排尿障害が知られている。第52回日本糖尿病学会年次学術集会最終日の5月24日、滋賀医科大学内科学講座の真田充氏らは、糖尿病患者における排尿障害の臨床症状を調査した結果をポスターセッションで報告した。

高齢社会をよくする女性の会、認知症テーマの記念講演開催――6月20日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
総会は同会の事業報告・収支決算報告などを行い、記念講演会は「認知症の人を支える:地域に求められるもの」をテーマに、認知症介護研究・研修東京センター長の本間昭氏を講師に迎え、講義を行う。 記念講演会には会員が優先となるが、余席がある場合は一般参加も可能。 ...
71歳妻に懲役5年 鶴ケ島の介護疲れで夫殺害 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
鶴ケ島市で昨年12月、介護疲れから寝たきりの夫=当時(78)=を絞殺したとして、殺人罪に問われた同市藤金、無職山根レイ子被告(71)の判決公判が26日、さいたま地裁であり、伝田喜久裁判長は「動機は短絡的で、犯行も残酷で悪質」と懲役5年(求刑・同7年)を言い渡した。 ...
高齢者向けの観光情報サイト「てくてく山陰」開設 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NPO法人プロジェクトゆうあい(所在地:島根県松江市、理事長:三輪利春)は5月20日、島根県内の観光施設や交通機関などの観光情報やバリアフリー情報を提供する情報サイト「てくてく山陰」を開設した。 同サイトは、高齢者や障がい者が山陰を観光するための情報を提供し ...
日本介護福祉士会、施設の介護事故など調査結果を発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本介護福祉士会は5月21日、「介護現場におけるサービスの質の確保に関する調査研究」~介護事故等に関する実態把握及び分析をとおして~を発表した。 同調査は08年度独立行政法人福祉医療機構の「長寿・子育て・障害者基金」助成事業を受けて実施した研究事業で、介護 ...
第5部 通じ合う力 (1) 第2のわが家 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
一九八〇年代から少人数向けにデイサービスや宿泊を行ってきた「宅老所」をモデルにしている。 食事や入浴だけの利用や、体調の変化に合わせて「通い」を訪問に変更できるなど、柔軟なサービス提供が特徴。こうした運営を可能にするため、国は在宅サービスで初めて、介護 ...
認知症の市場規模、5年後には全世界で3兆円超え――米国調査会社発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
(※1ドル=100円で換算) この市場は、アルツハイマー病、MCI(軽度認知機能障害)/AAMI(加齢に伴う記憶障害)、血管性認知症、統合失調症、ハンチントン病、HIV関連認知症、レビー小体病、遺伝的疾患に分類され、なかでもアルツハイマー病の占める割合は大きく、2008年 ...
高齢者虐待増141件/県内08年度 被害者の8割女性 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
通報者は介護支援専門員(ケアマネジャー)、別居している家族・親族、虐待された人、虐待した人―の順。同課は「県民の認識が高まり、通報が増えたのではないか」と推測した。 一方、虐待された人の半数に当たる71人(50・4%)の要介護度は日常生活に見守りや支援、 ...
『いのちの電話』ピンチ 相談員が年々減少 高齢化で - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
自殺防止などを目的に、悩みを抱える人たちの電話相談に無償ボランティアで応じている社会福祉法人「茨城いのちの電話」の相談員が、高齢化や志願者の減少などで不足している。相談員養成講座の受講者を募っており、二十四時間・三百六十五日の相談体制を維持するために ...
446老人ホーム、指導後も無届け=ゼロは13県-厚労省調査 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
老健局振興課は「まずは実態把握が重要で、地道な取り組みが必要だ」としており、同法に基づく罰則規定も視野に、都道府県を通じて届け出指導を徹底する。 調査は、群馬県渋川市の高齢者施設での火災を受けたもので、今年3月27日時点の前回調査に次いで2回目。今回は ...
有料老人ホーム 無届け県内に20施設 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
入居者の要介護度の施設ごとの平均は「要介護3」が12件、「要介護4」4件、「要介護2」が2件、「要介護1」が1件で介護度の高い高齢者が入居している。 20施設の中で入居者が徘徊(はいかい)するため、玄関の引き戸が開閉できないようにしていた施設が一施設 ...
高齢者虐待増141件 「身体」最多「心理」も - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
県内で2008年度に65歳以上の高齢者への虐待が市町村に報告された件数は141件に上り、前年度の126件より15件増えたことが県高齢者福祉介護課のまとめで分かった。死者はなかった。虐待を受けた約半数の71人が支援・介護を必要とし、52人が認知症だった。 ...
知事選 坂本氏、無所属で出馬表明 『子育てや介護など福祉に力』 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
坂本氏は「県民の暮らしを守るため、さまざまな課題に全力を挙げて取り組む」と決意を述べ、地域医療の再生、子育てや高齢者介護への支援など、福祉分野に力を入れる考えを明らかにした。 石川県政については「企業誘致などで静岡県の経済的な指標を伸ばしてこられた」と ...
2009年05月27日()
パラマウント、施設介護者向けの福祉用具導入セミナー開催――6月14日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
福祉用具導入&定着のコツセミナー【介護用リフトなど移乗用具編】」を開催する。 同セミナーは、施設介護職員向けに福祉用具の知識や操作方法などを学ぶもので、施設で働く介護主任などの責任者を対象としている。 講師には作業療法士の島真理子氏を迎え、介護用リフト ...
どう備える?新型インフルエンザ 高齢者通所施設への休業要請 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設には十四人の高齢者が通っている。夫と二人暮らしで、夫が仕事で家を空けると、不安から徘徊(はいかい)を繰り返してしまう女性や、通所介護に行くのを仕事と思い、週五日、事業所に通う女性ら、全員が認知症だ。 「長時間の見守りが必要な人が多いのに、訪問介護で ...
日本ロジックマシン、要介護者の移動が楽な介護用ロボをレンタル - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
【富山】日本ロジックマシン(富山県小矢部市、森川淳夫社長、0766・61・8334)は、要介護者をベッドから車イスなどに簡単に移動できる介護用ロボット「百合菜(ユリナ)」のレンタル事業を開始した。当初は北陸、関西地区だけだが、今夏をめどに首都圏でも同 ...
中央保健福祉センター「すこやかプラザ」 6月1日から業務開始 佐世保市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
保健所、急病診療所や子育てと高齢者の支援機能を集約した佐世保市の中央保健福祉センター「すこやかプラザ」が同市高砂町に完成し、6月1日からすべての業務を始める。 センターは2007年10月に着工し、約41億円をかけて今年4月に完成。地上八階地下1階(延べ ...
将来怖い!! 女性のカルシウム不足 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
女性は高齢になると骨量が減少、転倒から骨折、寝たきりになるリスクが高まる。上西教授は「カルシウム摂取とともに、体を動かすことも重要」と説明。無理なダイエットで、10代でも高齢者と同じペースで骨が衰えることがあると指摘する。
認知症の母親ける 傷害罪で起訴 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
埼玉県川越市富士見町の自宅で認知症の母親をけるなどしてけがを負わせたとして、さいたま地検は27日、傷害の罪で、無職、畔柳(あぜやなぎ)裕容疑者(47)を起訴した。 起訴状によると、畔柳被告は6日ごろ、自宅で母親の伸さん(74)の背中などを数回けるなど ...
認知症介護支援へ声かけ訓練/宮前区 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
市高齢者在宅サービス課によると、警察などに保護された認知症患者を照会する市の「徘徊高齢者SOSネットワーク」への登録者数は年々増加しているといい、「高齢化の一層の進展で認知症の問題が重要になる中で、地域で患者を見守っていく活動は先駆的だ」と話している。
パラマウントベッド、睡眠と覚醒のリズムを測る睡眠測定システムを発売へ (媒体での記事掲載終了)

パラマウントベッドは、就寝中の「睡眠と覚醒のリズム」を測定して記録・分析・表示するシステム「眠りSCAN(スキャン)」を2009年5月末から販売する。介護や地域医療、健康や美容などのさまざまな分野での利用を想定する。

介護疲れで夫を殺害、妻に最も軽い懲役5年判決 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護に疲れ、夫を殺害した妻に、殺人罪の法定刑で最も軽い懲役5年(求刑懲役7年)の判決が27日、さいたま地裁で言い渡された。公判で「娘に心配や迷惑をかけたくなかった」と繰り返した被告に、伝田喜久裁判長は「迷惑をかけたくないという気持ちは責められない」とし ...
夫殺害の妻に懲役5年 71歳、介護疲れで思い詰め - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
埼玉県鶴ケ島市で昨年12月、介護疲れで夫を絞殺したとして、殺人罪に問われた山根レイ子被告(71)に対し、さいたま地裁は27日、懲役5年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。 伝田喜久裁判長は「第3者に相談するなどせず、死を望んでいない被害者の命を奪う短絡 ...
OurParentsは個々のニーズに合った老人介護サービスを見つける無料のサイトだ - TechCrunch (媒体での記事掲載終了)
by Leena Rao 2009 年 5 月 27 日 元AOLのデジタル部門のトップで、スタートアップインキュベータLaunchbox DigitalのファウンダJohn McKinleyの母親が最近病気になり、McKinleyは自分の年老いた親の診療や介護をしてくれる施設やサービスをWeb上に探した。 ...
『高齢者・障がい者への働きかけ、サポート』事業のお知らせ - 総務省 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
具体的には、①事前の周知として、各ブロックの全世帯・事業所に対し、地上デジタル放送に関する説明会開催及び参加のご案内等の資料を郵送するとともに、自治体の広報誌等による周知を行い、②市民ホール、地区センター及び高齢者福祉施設等において説明会及び受信相談会 ...
バリアフリーアート展始まる 新居浜 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
同展は同市大生院のカウンセラー伊川茂樹さん(53)が発案、プロデュース。今治市出身のデザイナー藤田智恵さん(26)=熊本市=の風景画やアニメーションなど約50点を展示している。 加齢による視覚の変化で、高齢者は若年者に比べ、色を全体的に茶色っぽく認知 ...
認知症の直接死因は気管支肺炎と虚血性心疾患――スウェーデンが論文発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状が重篤になると、ほかの疾患を抱えていても検査や治療が困難になるケースが多く、亡くなった後の正確な死亡原因を特定するのが難しいといわれている。 そこでスウェーデンのルンド市にあるルンド大学病院病理学部のエリザベート・エングルンド医師らは、認知 ...
伊藤園、緑茶中の成分「テアニン」が認知症予防に効果的と発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
発表によると、同社中央研究所において、大阪市立大学大学院医学研究科の片岡洋祐講師、医療法人順風会の宇都宮一泰理事長、介護老人保健施設れんげ荘の片岡喜由施設長との共同研究を行い、2001年より実際に認知症または軽度認知症患者を被験者とし、「テアニン」を豊富に ...
福祉施設、立ち入り制限も 新型インフルで県対応 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は26日、新型インフルエンザが県内で発生した場合の対応について、疾患保有者や高齢者、妊婦など重症化する恐れのあるハイリスク者がいる福祉施設などでは、状況に応じて関係者以外の立ち入り制限を要請することにするなど、県行動計画のアクションプランを見直した。 ...
パラマウントベッド,睡眠と覚醒のリズムを測る睡眠測定システムを発売へ - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設や病院などでは,各利用者の生活リズムを把握して適切なケアを行うために睡眠について記録を採る。従来は,職員の目視に頼っているため,業務の負担が増していた。さらに,眠っているのか,横になっているだけなのか判断しにくいという点も課題となっている ...
学研グループ経営計画は「高齢者福祉と子育て支援事業を融合」 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
同社は総合出版社としてさまざまな分野の出版活動を手がけるほか、教室・塾事業、学校事業、高齢者福祉事業、子育て支援など多岐にわたる事業で知られる。現在、グループ企業価値の向上のため、事業の選択と集中、コスト削減などを抜本的に行っているとし、新たな経営 ...
介護事業所の連絡協設立 矢板市内全42カ所が参加 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【矢板】利用者や家族に信頼される質の高い介護サービスを提供するため、相互交流と研さんを積み重ねようと市内の全介護サービス事業所が、市介護サービス事業者連絡協議会を設立した。利用者や利用量の増加とともに質に対する要望も高まる中、行政主導ではなく事業所間の ...
2009年05月26日()
神奈川県介護支援専門員現任研修、実施機関と募集一覧 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
財団法人総合健康推進財団は、神奈川県介護支援専門員専門研修について、平成21年度専門研修課程I(実務経験6カ月以上)と専門研修課程Ⅱ(実務経験3年以上)の予定を掲載した。研修受講希望者は、直接、研修実施機関へ問い合わせて申し込む。研修募集期間は実施主体 ...
矢板の全介護事業所が連絡協設立 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【矢板】利用者や家族に信頼される質の高い介護サービスを提供するため、相互交流と研さんを積み重ねようと市内の全介護サービス事業所が、市介護サービス事業者連絡協議会を設立した。利用者や利用量の増加とともに質に対する要望も高まる中、行政主導ではなく事業所間の ...
高齢者施設や病院などでは、利用者一人ひとりの生活リズムを把握し適切なケアを行うため、睡眠について記録をとることを重視しているという。これまでは職員の人の目視に頼っており、業務の負担増と、眠っているのか、横になっているだけなのか判断しづらいという不確実性 ...
福祉施設の施工単価は坪67万8000円に上昇、2009年3月期 (媒体での記事掲載終了)

福祉施設の平均施工単価は、この1年間で坪当たり4万円上昇して、2008年4月〜09年3月(09年3月期)は坪67万8000円となった。3カ月前の調査と比べると坪単価は1万円下がっている。日経アーキテクチュアが09年3月上旬に実施した「建築…

21世紀の教養は、「社会貢献」と「運動」である - @IT (媒体での記事掲載終了)
肥塚氏は、寿命が長くなっているにもかかわらず、寝たきりの人の数が増えている日本の現状を危惧(きぐ)する。 厚生労働省の「介護給付費実態調査月報」によると、介護給付費受給者は、平成19年3月から平成21年3月まで増加の一途をたどっている(図1)。高齢者の増加に ...
高齢者施設や病院などにおいては、利用者一人ひとりの生活リズムを把握し適切なケアを行うため、睡眠について記録をとることを重視しています。これまでは職員の方の目視に頼っており、業務の負担増と、眠っているのか、横になっているだけなのか判断しづらいという不確実 ...
新型インフル「訪問介護サービスにおける留意点」――介護保険最新情報vol.92 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は、5月22日付けの介護保険最新情報vol.92を各都道府県介護保険担当課あてに通知した。今回の通知は、新型インフルエンザの留意点で訪問介護サービス実施時の注意点やと短期入所、通所施設などを含む高齢者介護施設について臨時休業解除後の対応などを掲載した。 ...
睡眠測定システム「眠りSCAN(スキャン)を発売 - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設や病院などにおいては、利用者一人ひとりの生活リズムを把握し適切なケアを行うため、睡眠について記録をとることを重視しています。これまでは職員の方の目視に頼っており、業務の負担増と、眠っているのか、横になっているだけなのか判断しづらいという不確実 ...
ノロウィルス25人感染~管内の介護保健施設で - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
紋別保健所の発表によると、同保健所管内の介護保健施設で11日から20日にかけて、入所者と職員合わせて25人が感染性胃腸炎と疑われる症状を呈した。4人の便を検査したところ、全員からノロウイルスが確認された。25人のうち16人が医療機関を受診し、うち1人が入院した ...
入院中の利用者面会もケアマネ業務として位置付けては――最新情報vol90 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
具体的には、地域包括支援センターと居宅介護支援事業所などの連携はもちろんのこと、サービスの量の確保や成年後見制度の拡充、居住環境の整備などの重要性を訴え、ケアマネに対しても「教育・研修、業務範囲の見直し」が必要としている。介護支援専門員に対しても、 ...
岡山市中央卸売市場関連棟に 全国初の介護食専門店 - 岡山日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岡山市中央卸売市場(岡山市南区市場1丁目)関連棟にある「マスコットフーズ」が6月1日、治療対応食と高齢者用の介護食品の専門店にリニューアルオープンする。現在、介護食品と米類などを販売しているが、専門店化は全国初の試みで今後、市町村単位の出店を目指す。
平成21年度東京都介護支援専門員(現任)研修、前期日程の詳細決定 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
財団法人総合健康推進財団は、平成21年度の東京都介護支援専門員専門研修(前期)の案内を行なっている。専門研修Ⅰ・Ⅱの募集締め切りは6月12日(金)まで。受講決定予定日は7月10日。後期については10月中旬の募集を予定している。 介護支援専門員証の有効期限が2010年3 ...
シルバー総研、若年認知症をテーマに市民講座開催――6月7日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
シルバー総合研究所は三菱UFJ信託銀行と共催で、6月7日に市民公開講座「若年認知症とともに生きる~本人と話そう 介護・家族・資産~」を開催する。 若年性の認知症は働き盛りの年代がかかり、患者は全国で10万人ほどといわれる。今年3月には、今年度の介護報酬改定 ...
介護の意義再確認/瀬戸内学院学生が車いす体験 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県三豊市高瀬町の瀬戸内総合学院(石川文雄学院長)の学生がこのほど、近くの市役所やスーパーなどを車いすで回る体験学習を行い、車いす利用者と介助者の両方の立場でバリアフリーや介護の意義を再確認した。 自ら体験することで社会福祉について意識を高めようと ...
災害弱者の所在詳しく - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「災害弱者」と呼ばれる高齢者や障害者の救出に役立てようと、江南市内の民生委員児童委員協議会が、災害時要援護者リスト・マップをまとめた。日ごろ寝起きする部屋や生活状況などもきめ細かく記載したのが特徴。市役所の福祉課や消防署、社会福祉協議会などに保管して、 ...
高齢者の生活をサポート - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
参加した大里地区女性部愛育会の武藤幸恵さん(46)は「高齢者が健康で住みやすいまちづくりを実践していきたい」と話していた。 市高齢者福祉課によると、前期は4カ所で計65人が受講。後期は8-9月に募集するという。
2009年05月25日()
【ゆうゆうLife】認知症介護の身近なアイデア(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の人が在宅で暮らす際の2大心配事は、火の不始末と遠くに行ってしまう徘徊(はいかい)だ。家族はどうやって危険を回避すればよいのだろうか。認知症の人を危険から守る自己防衛術を紹介する。(清水麻子) 「怖くて足が震えてしまいました」。認知症の夫(85) ...
医療、介護、生活支援へ ロボット開発拠点始動 全国初 国内外10組織連携 宗像市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
国内外の大学研究室や研究機関とベンチャー企業が連携し、医療や介護、生活支援分野のロボットを研究、開発する全国初の施設「ベーダ国際ロボット開発センター」が25日、福岡県宗像市にオープンした。 センターには、早稲田大や九州大、九州工業大などの研究室、 ...
医療などで活躍するロボット開発へ、福岡に研究機関オープン - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療や介護の分野で活用できるロボット技術の開発を目指し、ロボット工学や医学の研究者らが企業と協力し設立した研究機関「ベーダ国際ロボット開発センター」が25日、福岡県宗像市にオープンした。 同センターは早稲田大や京都大などの研究者、ドイツ、イタリアの ...
世田谷区の福祉用具専門の展示室では高齢者や障害者が快適に外出できるよう工夫された用具が期間限定で展示されています。 世田谷区にある「たすけっと」は車いすや歩行器など高齢者や障害者の生活を支える用具およそ800点を集めた都内最大規模の福祉用具の展示室です。 ...
自工会、2009-10福祉車両ガイドを発行 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
日本自動車工業会は、『ともに道をひらく2009-2010 はじめての福祉車両ガイド』を発行した。 身体の不自由な人の社会参画や高齢化の急速な進行などから、福祉車両に対する関心は高まっている。自工会ではこうした状況を踏まえ、福祉車両の普及促進に向けて幅広い活動を ...
医療再生の布石として公益に徹する新医師会を (媒体での記事掲載終了)

07年6月の医療経済実態調査で、病院の経営状況が悪化していることが示された。医療に限定するために、介護保険事業に係る収入のない病院でみると、全体として医業収入より医業費用が大きい。

過去と面子にこだわる関連団体 現場不在の総合医論議(1) (媒体での記事掲載終了)

高齢化や医師不足などを背景に、患者を総合的に診る医師のニーズが高まっている。そうした「総合医」を育成するためには、どういう教育が必要なのか、医療制度の中でどう位置付けるか、といった議論も行われるようになった。

福岡のロボット開発施設オープン 産学連携、医療や介護分野 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
国内外のロボット工学や医療、生命体工学の研究者が企業と連携し、医療や介護、生活支援分野の技術開発に取り組む施設「ベーダ国際ロボット開発センター」が25日、福岡県宗像市にオープンした。 ドイツとイタリアからロボット開発の専門家が参加するほか、早稲田大や ...
認知症、地域で理解を 江北でサポーター120人誕生 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
江北町社会福祉協議会は、認知症の患者と家族を地域で見守る「認知症サポーター」の養成講座を本年度からスタートした。患者への接し方など認知症の理解を促し、支援の輪を広げる狙い。これまでに約120人のサポーターが誕生した。 サポーター制度は厚生労働省の認知症 ...
もちろん、肺とは関係なく、若年性認知症が起こる場合もないわけではありません。 もし、病気や治療の影響ではない場合には、若年性認知症の検査を受ける必要があるので、大学病院などの総合病院の神経内科や脳神経外科を受診するとよいでしょう。
厚労省分割、関係3大臣が週内に素案 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
首相は、厚労省を医療・介護・年金などを所管する「社会保障省」と、雇用や少子化対策などを所管する「国民生活省」に再編する考えを示しており、文部科学省と厚労省に所管が分かれている幼稚園と保育所の一元化にも言及している。
葛巻町は、四月に八日間、会場を設けて集中的に支給。ほとんどが期間中に受け取ったことで、給付率が大幅に上がった。 給付率93・3%の洋野町は今後、福祉関係者と連携。寝たきりや一人暮らしで手続きが取れない高齢者を調査し、申請を促す。
1000m2を加湿でき、夏場も気化冷却使用できる、きらきらミストを発表。2009年5月26日 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
インフルエンザ対策への関心が高まり、モイスチャーミストを加湿器として利用したいという、病院や老健施設からの要望に応え開発した。病院、老健施設をはじめ、学校、空港、大型郊外店、公共施設への販売またはリースを予定している。 機体の企画・デザインを「光井純ア ...
2009年05月24日()
【ゆうゆうLife】読者から 最後は一緒に逝きたい - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
ケアマネジャーさんがどんなに言ってくださっても、夫はデイサービスには行ってくれません。ヘルパーさんにお世話になるのも嫌なのです。 「お母さん(私)が倒れたら、どうするの」と言っても、「かめへん」の一言です。昼は一日中、うつらうつら。 ...
【ゆうゆうLife】認知症介護の身近なアイデア(上)病院に連れていく - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
物忘れなど認知症の兆候があるのに、かたくなに病院に行こうとしない高齢者が目立っている。うまく受診できたとしても、今度はデイサービスに行くのを嫌がってしまう。家族の悩みは尽きない。どうしたら病院やデイに行ってくれるのか。知恵を集めた。 ...
「人助け続けたい」プルタブ集め広がる輪 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
プルタブを集め、車いすを購入して福祉施設に寄贈しているいわき市のケアマネジャー木村喜隆さん(54)夫妻に贈るためだ。収集を始めて4年目。児童たちは「人助けを続けていきたい」と張り切っている。 児童たちは18日、昨年12月から集まった計約57キロの ...
認知症地域で支援 今年度伊那市 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
伊那市は今年度、国の認知症地域支援体制構築等推進事業を県から受託し、認知症の人や家族が住み慣れた地域で安心して暮らせる仕組みづくりに取り組む。手良地区をモデル地区にし、地域で支え合うマップ作りや啓発活動などを予定。「認知症を正しく理解し、地域で支え合う ...
厚労省分割案、25日から調整本格化 水面下で駆け引きも - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
(今堀守通) 首相は15日の安心社会実現会議で、医療、介護、年金などの福祉を担う「社会保障省」と、雇用や少子化、青少年、男女共同参画を担う「国民生活省」に分割する構想を披瀝(ひれき)し、21日の経済財政諮問会議では厚労省の分割と、幼保一元化への調整を ...
「必要なところに行き渡らない」、介護施設でマスク不足に困惑/神奈川 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「「必要なところに行き渡らない」、介護施設でマスク不足に困惑/神奈川」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 新型インフルエンザをめぐり、高齢者 ...
プライマリ・ケア学会岡山支部会 常設の会に衣替え、活動強化へ - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
会員は医師、歯科医師、薬剤師、訪問看護師、ケアマネジャー、社会福祉協議会、介護施設関係者ら計195人。当面の目標として、病気や生活状況などの患者情報を共通の書式で整理した地域連携パスを作成、ケアに携わるさまざまな職種が活用できるようにする。 ...
家具店倉庫を介護予防拠点へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
庄原市東城町の特別養護老人ホーム「東寿園」が6月、町中心部の家具店倉庫に介護予防専門の「ほんまちデイサービスセンター東寿園」を開所する。街並みのにぎわい復活へ介護保険適用外の高齢者も利用できるサロンも設ける予定だ。 東寿園が高齢者のサービスと都市機能の ...
介護施設「みどりの郷」完成 県北初の地域密着型 大田原 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大田原】県北地域で初めての地域密着型介護老人福祉施設となる特別養護老人ホーム晴風園「みどりの郷」が完成し、記念式典が二十日、実取の同施設で関係者ら約百人が出席して行われた。 同施設は下石上の特養ホーム晴風園(増渕則雄園長)の初のサテライト施設。 ...
調理教室、高齢者に好評 野菜使ったレシピ紹介 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【南城】南城市社会福祉協議会が高齢者を対象に実施している調理教室が好評だ。市健康課の栄養士と市食生活改善推進員を各区のミニデイサービスに派遣し、野菜をふんだんに使った軟らかく食べやすいレシピを指導。利用者からは「サラダやチャンプルー以外の野菜の食べ方を ...
【高齢者の運動不足】家庭で簡単にできる体操紹介 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉の専門家からは、お年寄りの運動不足による弊害を心配する声が上がっている。体力を維持するため、家の中で簡単にできる体操を紹介しよう。(溝田幸弘) 「お年寄りの体は少し休んだだけでも衰えてしまう。自宅でもできるだけ体を動かすよう心がけてほしい」。 ...
町内初の小規模介護施設完成、浜中 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
浜中町内で初となる小規模介護施設、グループホーム「なごみ浜中」が完成し、一般公開された。釧路市内でグループホームなど4施設を運営するNPO法人和(なごみ)(松田修代表理事)が運営する。施設の外壁、車には同町出身の漫画家・モンキーパンチさんの作品「ルパン ...
2009年05月23日()
要介護に大工出番 手すり設置などリフォーム工事 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
大工が介護に乗り出した―。新規住宅着工や公共事業が減り続ける中、生き残りを模索する東北の工務店が要介護者宅に手すりなどを付けるリフォーム工事を率先して引き受けている。市町村は2003年度以降、登録業者が施工すれば要介護者の支払いは初期費用の段階から1割 ...
福祉型ホスピス棟完成 中川の麦の家 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
要介護度が高い認知症高齢者の利用が多い中川村大草のグループホーム「麦の家・ぶどうの木」(社会福祉法人・麦の家)の終末期ケア施設「福祉型ホスピス棟」(6床)が完成し、23日、関係者を集めて開設感謝会が行われた。 家族が一緒に泊まり込み、利用者の”最期を看取る” ...
大田原に県北初の地域密着型介護老人福祉施設 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大田原】県北地域で初めての地域密着型介護老人福祉施設となる特別養護老人ホーム晴風園「みどりの郷」が完成し、記念式典が二十日、実取の同施設で関係者ら約百人が出席して行われた。 同施設は下石上の特養ホーム晴風園(増渕則雄園長)の初のサテライト施設。 ...
有料老人ホームの苦情急増 施設増え入居者保護が後手に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
火災で10人が死亡した群馬県の高齢者向け住宅「静養ホームたまゆら」のような無届け施設も600近くある。 厚労省は06年の老人福祉法改正で、老人ホームの指導指針に「90日以内に解約した場合は全額を利用者に返還」というクーリングオフ規定を盛り込んだ。 ...
介護めぐり意見交換 認知症の人と家族の会 県支部が総会 福岡市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
「認知症の人と家族の会」県支部が23日、福岡市で総会を開いた。同会は介護をしている家族や介護現場の関係者など約300人と、北九州、直方、久留米の3市の団体で構成。毎月第2水曜日に、家族が介護経験のある会員と話す「介護のつどい」を開いているほか、「若年期 ...
我が家の老老介護9、 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
介護1であった家内の支援は、4月の初旬にケアマネージャーの訪問でいくつかのインタビューを受け、5月から要支援1に変更された。 この4ヶ月の間、紹介された介護施設での通所リハビリが、初めのころは週1回が、5月に入って週2回に増え、それが功を奏したのか、4点杖を ...
新型インフル予防で面会制限も 医療機関・福祉施設 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の場合、どういう症状になるか分からないので大事を取った。理解を得られていると思う」と話す。 白浜町椿の養護老人ホームでは、面会者にマスクの着用や入り口での消毒を義務付け、発熱している人の面会は断っている。職員には手洗いやうがいの徹底、なるべく人 ...
指で感じて 足柄刺しゅう - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症となった妻(86)への思いが新しい作品作りへの後押しになった。 開成町の恒例行事・あじさい祭のプレ行事として、27日~6月5日にこれまでの作品40点と併せ展示会を行う。 足柄刺しゅうは凹凸に特徴がある。上田さんは、視覚障害者のためにさらに強調した。 ...
在宅認知症のBPSD対応のための事例検討会――6月10日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
在宅における認知症介護がますます本格化する今後を見据え、在宅認知症ケア連絡会では6月10日(水)、在宅困難事例への具体的対応をテーマにした検討会を開催する。 同連絡会が目指すのは、多職種連携による、在宅認知症困難事例への対応モデルの確立。 ...
安心とプライバシーを両立「24時間完全介護付き賃貸マンション」が好評 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームや在宅介護サービス事業を営む「らいふ」は、5月14日、同社がプロデュースした「24時間完全介護付き賃貸マンション」が募集開始1か月で予約満室(25名)を実現したと発表した。 この「グランドステーションらいふ武蔵新城」は他社より事業継承を行ったもの ...
介護タクシー開業 藤野さん、建設業から転職 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
四十年近く携わった建設業から一転、自動車の大型二種免許、ホームヘルパー二級の資格を取得し、自ら運転手を務めている。 藤野さんは住宅基礎工事会社を営んでいたが、業績が苦しくなり、昨秋廃業。「これまでお世話になった地域の人たちに恩返しをしたい」と決意し、 ...
県内調査員「判断迷う」 介護保険の認定基準が二転三転 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
四月から見直された介護保険制度の認定基準が揺らいでいる。導入前に「要介護度が軽く判定される」と批判が相次いだ結果、国は直前になって内容を一部変更。四月中旬には認定更新の場合に限って当面の間、従来の要介護度を選択できる経過措置を打ち出した。 ...
参加無料、車いすなどの移動環境を考えるセミナー6月1日開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都住宅バリアフリー推進協議会は6月1日、2009年度東京都住宅バリアフリー推進協議会講演会「車輪特性から見た車いすなどの移動環境」を開催する。 同セミナーは、高齢者が使用する車いす、電動車いす、シルバーカーなど車輪を利用した用具を使って移動する場合の環境 ...
2009年05月22日()
47NEWS > 共同ニュース > 兵庫で保育園、介護施設再開 大阪府、休校25日解除 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
新型インフルエンザの感染者発生を受け、兵庫県内全域で小中高校とともに18日から5日間休止していた保育園や高齢者施設が23日、再開された。 一方、大阪府は23日、府庁で対策本部会議を開催。「急速な感染拡大は休校措… [記事全文]
北茨城市 市立病院建て替えへ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療だけでなく、高齢化社会を見据え、福祉分野の機能も備えた健康づくりの総合的な施設を目指す。総額三十億円から四十億円の事業費を見込んでおり、今後三年以内に着工する方針。 (原田拓哉) 同病院は一九七二年に建設。市新病院対策課によると、老朽化に加え、増改築 ...
農業、介護参入に備え 北陸電気工事、定款変更へ - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
北陸電気工事(富山市)は二十二日、農業、介護、情報処理サービスへの参入に備え、 定款を変更すると発表した。六月二十五日の株主総会で、新たな事業内容を加えた定款の 一部変更を議案として提出する。 今後の事業化を目指す農業、介護、情報処理サービスのほか、 ...
2009年の稽古・習い事市場は引き続き縮小、不景気と少子高齢化が影響 (媒体での記事掲載終了)

矢野経済研究所が国内の稽古・習い事19分野について調査した結果によると、2009年の稽古・習い事市場は引き続きマイナス成長となり、前年比1.7%減の1兆7758億円規模になる見通し。2008年は同1.1%減の1兆8058億円、2007年は…

認知症援助へ相談サロン - 三陸河北新報 (媒体での記事掲載終了)
石巻市は、認知症の人と家族の相談に対応し、助言をする「認知症ピアサロン」を六月から毎月一回開設する。受診や介護保険サービスを受けるまでの役割などを担う。市は相談者間でケアし合う地域での支え合いを期待しており、将来的には家族同士の自主運営組織につなげたい ...
長寿都市 第3部 【10】▷変わる健診 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
老年症候群とは、体力衰弱や認知機能の低下、転倒や失禁、低栄養や足のトラブルなどで、これらの状態がある高齢者は外出を控えがちになり、うつや引きこもりになって認知症につながったり、足腰が弱って寝たきりになったりする恐れがあるという。お達者健診では血液検査や ...
NHK「ともに笑顔で暮らしたい 男の介護152通のメッセージ」5月24日放送 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NHKは5月24日の「かんさい熱視線」で、「ともに笑顔で暮らしたい~“男の介護”152通のメッセージ」を放送する。 これまで介護といえば女性の役目というイメージが強かったが、現在は介護者の3人に1人は男性になりつつあるといわれる。そうした中、人の身のまわりの世話や ...
首都圏の高齢者 10年で42%増加 2015年に1078万人 08年度白書 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
急速な高齢化に対応するため、白書は、住宅や公共交通機関などのバリアフリー化を進める必要があるとしている。 白書は、国立社会保障・人口問題研究所の調査に基づき、首都圏の高齢化動向を分析。十年間で高齢者人口の40%以上の増加が見込まれるのは東京都の多摩地域 ...
認知症の妻の介護者として伝えたいこと――男性介護者講演会レポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
5月19日に「となりのかいご」が開催した地域講座では、アルツハイマー型認知症で寝たきり、失明、胃ろうと全介助が必要な妻を支えて17年目となる内田順夫さんが、介護に追われつつも充実した日常について語った。企業戦士だった内田さんは定年退職後に妻の介護に専念し、 ...
高齢化の進展でビジネスチャンス 需要高まる「訪問理美容」 後編 - BNN プラス北海道365 (媒体での記事掲載終了)
訪問理美容の対象は、自分で歩いていすに座れる、車椅子、寝たきりの人たちだ。特に要介護者の場合は、体調に配慮しながら散髪しなければならず、きめ細かなケアが必要となる。 山下秀治さんは、福祉理美容の普及活動にあたるNPO法人「全国介護理美容福祉協会」(本部・ ...
農作業や介護 腰の負担軽く 道立工試「アシストスーツ」開発 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
農業や介護の現場で働く人たちの労働を楽にしようと、道立工業試験場(札幌)は、腰への負担を軽くする「アシストスーツ」を開発した。民間企業に技術提供し、軽く低価格の製品として来年度中の商品化を目指す。 中腰姿勢での労働が避けられない農家や介護職員は、腰痛に ...
介護報酬増えたけど 特養、待遇改善進まず 北海学園大・川村准教授が調査 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士やホームヘルパーなど介護職の待遇改善を目的に四月一日から介護報酬が平均3%増額されたものの、人件費増には必ずしも結びついていない実態が、北海学園大の川村雅則准教授(労働経済学)の調査で明らかになった。 道内の特別養護老人ホームが対象で、回答 ...
社会福祉法人寿宝会 EGC『エコ・ギャランティーコントロール』を導入 - News2u.net (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
寿宝会は、平成9年6月に地域における高齢者福祉への貢献を目的として設立され、平成19年6月には10周年を迎えることが出来ました。 今、65歳以上の高齢者を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。今後、高齢者人口の大幅な増加が予想される中、介護保険最大手事業者の ...
2009年05月21日()
高齢者人口、10年後に42%増 首都圏、通勤圏の住宅地に集中 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
急速な高齢化に対応するため、白書は、住宅や公共交通機関などのバリアフリー化を進める必要があるとしている。 白書は、国立社会保障・人口問題研究所の調査に基づき、首都圏の高齢化動向を分析。10年間で高齢者人口の40%以上の増加が見込まれるのは東京都の多摩 ...
【ゆうゆうLife】編集部から 「お世話される」人から「お世話する」人に - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
しかし、寺本さんは女性に福祉支援を提供するだけでなく、もう一つの役割を与えた。地域を支える側になってもらったのだ。 小さなお手伝いをしてもらうことから始め、「地域の1人暮らし高齢者の暮らしぶり」と題したボランティア向け講座の講師役を務めてもらったり、 ...
新型インフル 介護通所施設休業時、代替サービス確保を - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
休業の際は、ケアマネジャーが通所施設利用者のケアプランを作成し、訪問介護事業者と代替サービスの提供が可能かどうかを調整する。 宮城県は、利用者が従来のサービスを受けられない場合もあると予想。市町村に利用者の要介護度や利用状況の調査、代替サービスの確保を ...
群馬松嶺福祉短大 22年度から学生募集停止 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同短大は平成11年4月に開校。21年4月現在、介護福祉専攻(定員40人)、児童福祉専攻(同50人)の2専攻があり、学生数91人、教職員数は23人。今春の入学生は介護福祉専攻が22人(うち7人は国の緊急雇用対策による離職者向け職業訓練の訓練生)、児童福祉 ...
伊藤園中央研究所、認知症の抑制に緑茶成分"テアニン"が有効と発表 - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
高齢者の認知症の予防に、緑茶の成分"テアニン"を多く含んだ緑茶抹の継続的な摂取が効果をもたらす可能性のあることが、飲料メーカーの伊藤園の中央研究所などの研究で明らかになった。5月22日に開催される「第63回 日本栄養・食糧学会」で発表するとしている。 ...
【裁判員制度】三鷹市でも裁判員の保育・介護無料化 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
21日に始まった裁判員制度で、東京都三鷹市が裁判員になった市民向けに保育と介護の無料サービスを行うことが分かった。同サービスの整備は、多摩地区で初めて。 保育については、裁判員の生後3カ月から小学校就学前までの子供を緊急一時保育として受け入れる。1人1 ...
長寿都市 第3部 【9】▷支援者 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
電車の時刻や観光名所の入場料金などを綿密に調べ、手作りの資料だけを持って旅をする「認知症予防教室」だ。計画立案には3カ月近くを要し、月2回の教室で話し合うだけでなく、自宅でも調査が欠かせない。参加している高橋つぎ子さん(74)は「以前はパソコンなんて使っ ...
CMO会員の皆さま - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
「委任状(住民票受領用)」は、今回の法改正で新設された「高齢者独居加算」の算定要件として多くの保険者が住民票の取得を義務付けていますが、担当ケアマネジャー様がご利用者様に替わって住民票を代理受領する際に必要な委任状の書式です。 その他に「介護保険最新 ...
認知症の妻の介護は17年目――男性介護者講演会レポート1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
高齢者虐待などの社会運動に取組む「となりのかいご」は、5月19日、地域講座「男性介護者の一ケースから」を開催し、アルツハイマー型認知症の妻を介護して17年目をむかえる男性介護者の講演に地域の人々が参加した。地域包括支援センターや介護事業所スタッフ、民生委員 ...
県が協議会を設置 新型インフルまん延に備え - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、世界的大流行(パンデミック)期に感染者が「発熱外来」だけでなく地域の診療所で診断、治療を受け、症状の軽い患者は自宅療養とする「仙台方式」といわれる方式も検討する。 メンバーは、県医師会など医療関係者や薬剤師のほか保育所や障害者・高齢福祉施設関係者 ...
独居老人恐喝 「他にも10件」供述 容疑男を福岡県警再逮捕 被害数千万円も - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの高齢女性を銀行に連れ出し、親族をかたって現金をだまし取ったとして営利目的略取と詐欺の罪で起訴された無職南淳被告(25)=福岡市東区香椎2丁目=が県警の調べに対し、同様の手口で約10件の犯行を認める供述をしていることが21日、捜査関係者への取材 ...
高齢者営利略取の容疑で男2人逮捕 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
南容疑者は去年4月、北九州市でも寝たきりの女性(74)を無理やり銀行に連れて行き、現金20万円を引き出させて脅し取ったとして、既に起訴されています。 警察は、南容疑者らが同様の犯行を繰り返し、総額数千万円を脅し取ったとみて、さらに詳しく調べる方針です。 ...
岡山で介護サービス博 - 岡山日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岡山県内外の保健医療福祉関連業者の最新サービスや器機を紹介する「介護サービス博覧会岡山~Newマッチングプラザ2009~」が20、21日の両日、岡山市北区大内田のコンベックス岡山で開催された。 104事業者がブースを設置し、独自の福祉器具や介護サービスなどを紹介。 ...
【速報】岡山のNPO理事長逮捕 介護給付費詐取の疑い - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
岡山県警捜査二課などは二十一日までに、介護給付費などを不正受給したとして、詐欺容疑で、岡山市の特定非営利活動法人(NPO法人)「民間子育て・家族サポートハウスたいむ・カプセル」理事長石黒悠容疑者(48)=北海道下川町=を逮捕した。 ...
土佐清水市長選 候補者アンケート - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者を隣近所が支えあう仕組みを構築し、お年寄りが安心し、生きがいを持てる社会づくりを推進する。 ◆西村氏:職員数の大幅な削減、図書館と文化会館、市民体育館のNPO法人への委託、太陽の家などの民営化、保育所の統合などの行財政改革を推進し、財政健全化の ...
県内の生活保護が増加続く 08年度、「人員」など10年で最悪 - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
県健康福祉政策課は20日、2008年度における県内の生活保護の状況をまとめた。月平均で被保護世帯は1万8972世帯、被保護人員は2万5087人、保護率(人口1000人に対する被保護人員の割合。単位は‰=パーミル)は17.96‰となり、過去10年でみると ...
自治協に初の全盲委員、新潟 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
自治協で提案したいことは、バリアフリーに対応したまちづくりだ。視覚障害者用の点字ブロックや傾斜のゆるやかなスロープの設置、広い歩道の整備を呼び掛けたいという。 災害時に高齢者や障害者を支援するボランティアの育成と、支援体制の構築も求める。 ...
高齢者でも入居しやすい賃貸物件の情報提供開始――千葉市 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
そこで市は市住宅供給公社に委託し、民間賃貸住宅入居支援制度として高齢者やひとり親の世帯が入居できる物件紹介。千葉中央コミュニティーセンター内の「すまいアップコーナー」で相談を受け付け、物件情報を提供する。高齢者が暮らしやすいバリアフリーやエレベーターを ...