介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年04月20日()
定番の介護食に一工夫 118通りのメニューを紹介 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
摂食・嚥下(えんげ)機能障害が軽度から中度の人向けの介護食レシピ集『Murakami magicでハッピー介護食』は、「かみやすく飲み込みやすく、人気メニューが大変身」と副題にあるように、定番の介護食に一工夫加えた118通りのメニューを紹介している。 ...
【ゆうゆうLife】認知症最前線~リハビリで在宅復帰(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
今年4月の介護報酬改定で、認知症患者の在宅復帰を促す認知症短期集中リハビリテーション(認知リハ)の対象が拡大されました。重い認知症患者と暮らすのは、家族にとっても辛いものですが、リハビリで著しい改善が見られるようです。埼玉県春日部市の介護老人保健 ...
新介護支援制度導入へ 10月から町田市 65歳以上が対象 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
町田市は十月から、六十五歳以上の高齢者が介護支援の活動をすると、市内の商店で利用できるポイントや商品券に還元される「介護支援ポイント制度」(仮称)を創設する。介護支援活動を通じて、高齢者の社会参加や地域貢献の機会をつくり、自らの介護予防や健康増進に ...
縮小社会の「共生」とは 東北学院大に新学科 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
人口減、少子高齢化など直面する課題を基軸に生きた経済を考えようと、学際的な分野に焦点を当てた。準備に当たった阿部重樹教授(社会福祉論)は「今後30年間は未体験の縮小社会が続く。官民協働や地域の助け合いなど、より『共生』のセンスが問われる」と述べ、「人口 ...
介護不要の「健康寿命」日本一 山梨 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護を受けずに自立して生活できる「健康寿命」日本一は山梨という。高齢者が健康な秘密、そして一部に垣間見える“弊害”を探った。(花岡文也) 小田切教授は、平成17年の国勢調査による平均寿命と同年の介護保険制度の要介護認定者数を基に、都道府県別の健康寿命を ...
アルツハイマー病、全国で600名を対象に大規模な臨床研究を実施へ (媒体での記事掲載終了)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4月20日、アルツハイマー病の評価基準の確立を目的として、大規模な臨床研究を実施すると発表した。軽度認知障害患者を中心とした高齢被験者を全国から募集し、3年間の経過観察を行う。

「介護1000万人の輪」が6政党に公開質問状を提出!全8問掲載 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
利用者、事業者、労働者、自治体など多様な立場の組織・個人が集結した団体「介護1000万人の輪」は、4月16日、自由民主党、公明党、民主党、日本共産党、社民党、国民新党の6政党に公開質問状を提出した。国民の側から政策決定に参画する組織として、質問状には今年中の ...
福祉センター10年祝いまつり - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
センターは旧西城町が住民たちと策定した保健福祉総合計画を基に、2000年3月に整備した。市の保健福祉課や社会福祉協議会、在宅介護支援センターが入り、会議室や喫茶コーナーもある。 現在30グループが月1、2回、喫茶サービスや高齢者へのそば打ち奉仕など幅広い活動 ...
「たまゆら」火災から1カ月 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設側は認知症の入所者が徘徊(はい・かい)するのを防ぐため、敷地内に徘徊防止用の柵(さく)を設けるなどして注意を払う一方で、避難経路の確保や避難訓練の実施状況が不十分だった疑いが強まっている。 業務上過失致死傷容疑で立件するには、「有料老人ホーム」の ...
介護休業法に年5日の介護休暇を認める改正案を答申 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
育児・介護休業法の改正案を提出する「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律案要綱」が、4月15日、労働政策審議会から厚生労働大臣に答申された。 今回、介護休業法に新たに盛り込まれたのは、要介護 ...
長門・南田夫妻の闘病生活第2弾放送 - TV LIFE (媒体での記事掲載終了)
今夜(20日)の『報道発 ドキュメンタリ宣言』(テレビ朝日系 後7・00~7・54)は、その第2弾「南田洋子はもういない 認知症で消えゆく記憶 意識混濁…脳梗塞も…奇跡の回復に長門号泣」と題して放送。洋子夫人は、3年ほど前から「記憶障害(認知症)」が発症。2007年に出演 ...
渓仁会グループ3施設で介護予防センター美園『すこやか倶楽部』の施設見学会 - サラネット (媒体での記事掲載終了)
2月12日と25日の2日間にわたり、札幌市豊平区介護予防センター美園が行う『すこやか倶楽部』の施設見学会を、渓仁会グループで受け入れました。 両日20名ほどの参加者が、特別養護老人ホーム『西円山敬樹園』、ケアハウス『カームヒル西円山』、通所介護を行う『豊平 ...
香川県、福祉・介護分野の仕事の情報提供ホームページ開設 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
香川県は4月3日、福祉・介護分野の仕事の魅力や、資格・制度の情報を伝えるホームページ、「福祉・介護の仕事辞典」を開設した。 福祉・介護の仕事辞典の主なメニューは、実際に福祉・介護の仕事をしている人の体験談や仕事の紹介、仕事に必要な資格取得のための情報、 ...
「光ルくん体操」で介護予防、好評 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
大津市の理学療法士が考案した介護予防のご当地体操「おおつ光ルくん体操」が、高齢者に親しまれている。市の介護予防教室などで昨年度、延べ1000人以上の高齢者が体験した。いすに座ったまま行えるなど「手軽に楽しく体を動かせる」と好評だ。 ...
1日遅れの日記をつけて認知症予防を――都老研が発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都老人総合研究所の矢冨直美主任研究員(「自立促進と介護予防研究チーム」は、「脳トレと認知症の関係」と題されたレポートを「老人研NEWS No.230」に発表した。 レポートにはアルツハイマー病に冒されていても102歳で亡くなるまで認知症の症状を示さなかった女性の ...
2009年04月19日()
南田洋子さん意識回復し18日に退院 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症も患う南田さんは、一時は夫長門裕之(75)の呼び掛けにもこたえることなく、眠った状態だったが、日に日に意識が回復。医師からも許可が出たこの日、長門が待つ都内の自宅に、マネジャーらに付き添われて車いすで帰宅した。
御坊市が臨時職員の雇用条件改善 - 紀州新聞 (媒体での記事掲載終了)
臨時職員は現在、事務補助職員(一般事務)が22人、保育士が15人、幼稚園教諭が9人、ケアマネージャーが2人。これまでの賃金は一般事務が県の最低賃金673円(時給)を少し上回る日額5400円(時給675円)。資格を持つ保育士・幼稚園教諭は同6200 ...
介護雇用 助成が後押し 都内14区 資格取得や人件費 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
世界的な不況で失業者が増える中、東京都内では緊急雇用対策を兼ね、慢性的に人手が足りない介護職場の人材確保に乗り出す区が増えている。十四区が、新規雇用した介護事業所への人件費や資格取得費の助成などを行う。職員を採用する事業所が相次ぎ、雇用創出につながって ...
1 業界ニュース : 期待高まっていた認知症治療剤の開発を断念! ――大日本住友製薬 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
大日本住友製薬は4月17日、日本、米国、欧州で開発中だった認知症治療剤「AC―3933」の開発の継続を断念すると発表した。 AC-3933は、脳内アセチルコリン量を増加させることで記憶障害を改善する塩酸ドネペジル(商品名:アリセプト)とは作用機序がまったく異なり、 ...
南田洋子さん意識回復し18日に退院 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
認知症も患う南田さんは、一時は夫長門裕之(75)の呼び掛けにもこたえることなく、眠った状態だったが、日に日に意識が回復。医師からも許可が出たこの日、長門が待つ都内の自宅に、マネジャーらに付き添われて車いすで帰宅した。
介護職員給与1万5000円増額 待遇改善計画に交付金 厚労省 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、追加経済対策に盛り込まれた介護分野の充実策をまとめた。4月からの介護報酬3%アップでも改善されない介護職員の給与を、さらに1人当たり月1万5000円引き上げるため、待遇改善計画を作成した介護事業者に交付金を支給するほか、高齢者の受け皿不足 ...
「仲間」と介護の悩み共有を/横浜で家族ら情報交換会 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「「仲間」と介護の悩み共有を/横浜で家族ら情報交換会」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 介護に追われ孤立しがちな要介護者の家族に、悩みを ...
介護疲れ…夫の首絞め妻が自殺 高松 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高松南署は、行方が分からない東原さんの妻、美津子さん(67)が首を絞めた疑いがあるとみて捜索したが、19日午前8時ごろ、市内の池で浮いている美津子さんを発見した。間もなく死亡を確認。自殺とみられる。 同署によると、東原さんは寝たきりで美津子さんが介護。 ...
司法書士団体、高齢者虐待防止法改正にむけて提言を発表! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
司法書士は、現場で支援するための法律専門家として組織的かつ積極的に高齢者虐待問題にかかわり、各地域での連携強化をしていく必要があると述べる一方、高齢者虐待防止に関する国の責務は重要であり、福祉・医療の専門家と法律の専門家が行政機関と連携を強化することが ...
ストレス耐性の専門家が講演、介護職向け「クレーム対応セミナー」開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
かながわ福祉振興会では、介護、福祉事業所にて従事するスタッフのコミュニケーションスキル向上を目指した「クレーム対応セミナー」を開催する。、クレームの初期対応のポイントや対応が難しいケース、傾聴の流れと基本的技法などを学ぶ。講師はメンタルヘルス研修約400 ...
2009年04月18日()
高齢者向け機能向上講座「第14回貯筋マイスター認定講座」開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
貯筋マイスターとは、貯筋運動研究会が独自に認定している貯筋運動指導者のことで、現在までに約320名を輩出し、デイサービス・デイケア・老健などで指導しているという。 自分の体重を利用した筋力トレーニングで、効果は科学的に検証されている。 加齢の伴い筋力低下が ...
高齢者住宅の防火策強化を たまゆら火災 1カ月 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
10人が犠牲になった渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」の火災は、7人が死亡した2006年の長崎県大村市の認知症高齢者グループホームの火災との類似点も指摘されている。たまゆらの火災が19日で発生から1カ月となるのを機に、長崎の火災で当時現地調査した ...
マンション世帯主4割が60歳超 進む高齢化、国交省調査 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
国交省は高齢化が急速に進んでいると分析、お年寄りが暮らしやすいようにマンションのバリアフリー化を進めたり、ケア付き住宅を整備するなどの対策を進める必要があるとしている。 調査は約5年ごとに実施。今回は昨年10月に全国の分譲マンションの区分所有者 ...
介護支援専門員のための福祉用具・住宅改修講習会開催――5月16日・17日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健財団5月16日・17日の2日間、「介護支援専門員のための福祉用具・住宅改修講習会」を開催する。 同講習会は新任の介護支援専門員、実務研修受講試験合格者を対象に、福祉用具の利用や住宅改修時の介護支援専門員の役割など、高齢者の住宅環境整備に関する ...
因島に多機能型介護ホーム - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
尾道市因島で活動するNPO法人「遊喜の会」が運営する小規模多機能型居宅介護ホーム「ひだまり」が17日、因島中庄町に完成した。5月1日に業務を開始する。 小規模多機能型施設は因島地区では「介護支援ホーム因島医師会」に次いで2カ所目。 ...
独居高齢者の入院時などに老犬を預かるサービス開始――ペットホテル - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
ペットホテル・メゾンドアミ(代表:柏木ほつみ)は全国的にも珍しい「介護が必要な老犬でも利用できる介護施設」を開始した。 高齢者の中には突然の入院やショートステイ、身体状況の変化などによりペットの世話が難しくなる場合があるが、従来のペット用ホテルでは、老 ...
小規模作業所「ゆう」10周年 あす記念イベント - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
保護者らが高齢になったため、今後はグループホームの開設も検討している。 十九日は午前十一時からの定期総会後、通所者らが和太鼓を奏でるほか、市内の和太鼓グループ「皷(こ)四季」や沖縄の伝統芸能「エイサー」に取り組む「喜心伝」も芸を披露。 ...
介護対応、家族に不安も いなべの宅老所違法宿泊 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
デイサービス施設の指定しか受けていないのに利用者を施設に宿泊させていたとして、県から業務停止命令を受けた、いなべ市大安町の介護施設「宅老所みさと苑」。命令を知った利用者の家族から17日、「引き続き施設で面倒を見てほしい」と懇願する声が寄せられた。背景に ...
大日住薬<4506.T>、認知症治療剤「AC―3933」の開発を中止 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
T: 株価, ニュース, レポート)は17日、日本、米国、欧州で開発中(第2相)だった認知症治療剤「AC―3933」の開発を中止すると発表した。同社によると、米国で実施した第2相臨床試験が想定していた基準を達成できなかったという。 記事中の企業の関連情報は各コード ...
島の介護渡船費補助 三原市 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
三原市は4月から、離島の佐木島と小佐木島で訪問介護サービスを提供する事業者に渡船費を支給する補助制度を始めた。三原港と結ぶ船便が少ない小佐木島では、介護以外の待機時間に応じた滞在費も出す。高齢化が進む離島で介護保険制度を利用しやすい体制づくりを目指す。 ...
高齢化や核家族化が進む中、在宅介護者の孤立をいかに防ぎ、気付き、手を差し伸べるか。模索が続く。 花巻市社会福祉協議会は、民生委員から介護などで問題を抱える世帯を報告してもらい、「安心カルテ」としてまとめている。しかし、この家庭は「親子関係は良好」などの ...
2009年04月17日()
医療や介護を新基幹産業に 経財諮問会議 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療・介護サービスを新たな内需基幹産業と位置付け、二〇二五年に現在の二倍以上となる九十兆円超の市場を生み出す目標などを盛り込んだ。 成長戦略の柱は(1)低炭素革命(2)健康長寿(3)日本の魅力発揮-の三つ。骨格は麻生太郎首相が九日に発表し、この日は具体 ...
2事業所取り消しへ 介護指定 県「監査で不正請求」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は十七日、架空の介護サービス計画(ケアプラン)作成費などを不正に請求したとして、介護保険法に基づき、桐生市の介護サービス会社「メディスコーポレーション」が運営する同市と前橋市の事業所の居宅介護支援事業者の指定を、三十日付で取り消すと発表した。 ...
東京都が経済危機対策の介護分野について厚労省へ緊急要望を提出! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は4月17日、国が打ち出した経済危機対策について介護職員の処遇改善や施設整備など介護分野における緊急要望を厚労省老健局の宮島局長あてに提出した。 日ごろから都の福祉保健施策の推進に御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、国においては、去る4月 ...
要介護認定基準の経過措置を通知 厚労省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は17日、介護保険で4月に導入した新たな要介護認定基準について、利用者が希望すれば旧基準での認定を継続できる経過措置の実施を求める通知を地方自治体に送った。経過措置は同省の検討会で新基準の検証を終えるまで実施する。新基準への批判が高まっているの ...
大日本住友製薬、認知症治療薬候補の開発を中止 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大日本住友製薬は17日、日米欧で臨床試験(治験)を実施している認知症治療薬の候補物質「AC―3933」の開発を中止すると発表した。米国での第2相(患者向け)治験で同社が想定していた薬効を確認できなかったため、国内外で開発の継続を断念する。(17日 23:22)
無届けの有料老人ホーム解消 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県は17日、有料老人ホームとみられるのに老人福祉法が義務付ける県への届け出がない13施設について、全施設が県の指導に従って15日までに届け出をしたことを明らかにした。 県高齢者支援課によると、全施設が無届けの理由を「届け出が必要と知らなかった」と ...
最高齢で放送大学全専攻を”制覇”/横浜の81歳男性、20年かけ卒業 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
その後、「社会と経済」「自然の理解」「産業と技術」「発達と教育」「生活と福祉」の五専攻も卒業。今年三月にグランドスラムを達成した。 二〇〇一年夏に胃がんが発覚。二カ月間入院し、胃と左の腎臓を全摘出した。その三年後には、心不全のためにペースメーカーを装着 ...
大日本住友製薬、認知症治療剤の開発中止 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
大日本住友製薬は17日、国内外で第II相段階の臨床試験を進めていた認知症治療剤「AC-3933」の開発を中止すると発表した。安全性に問題はなかったが、想定していた効果が得られなかったためという。同剤は日本、米国、欧州で開発を進めていた。 ...
熊本発、現場から変える高齢者医療の連携 (媒体での記事掲載終了)

3月20日、済生会熊本病院において同病院主催の病診連携フォーラムが開催されました。

認知症男性の口座から現金盗む、容疑で介護士の47歳女を逮捕-東京 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
介護していた認知症男性の銀行口座から現金を引き出し盗んだとして、警視庁西新井署は16日までに、東京都足立区の介護士、佐々木俊江容疑者(47)を窃盗の疑いで逮捕した。「生活費に使った」などと供述し、容疑を認めているという。 同署によると、佐々木容疑者は2006年4月 ...
国交省が限界集落維持で報告書 生活サービス拠点の整備を - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
国土交通省の過疎集落研究会(座長・小田切徳美明治大教授)は17日、過疎や高齢化が著しい「限界集落」に住民が住み続けられるようにするための報告書をまとめた。医療や福祉、買い物など生活に必要なサービス施設を集約した拠点の整備を地方自治体に提案している。 ...
【4月20日放送】 南田洋子・長門裕之夫妻、認知症との戦い第2章 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
俳優の長門裕之・南田洋子夫妻は、洋子夫人の「記憶障害(認知症)」と闘う、いわゆる老老介護の生活を送っている。本作は昨年11月に「~女優・南田洋子がテレビから忽然と姿を消した理由~」と題し放送したものの続編であり、その後も献身的に妻の介護を続ける長門氏と、 ...
大日住薬、認知症治療剤「AC―3933」の開発を中止 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
[東京 17日 ロイター] 大日本住友製薬<4506.T>は17日、日本、米国、欧州で開発中(第2相)だった認知症治療剤「AC―3933」の開発を中止すると発表した。同社によると、米国で実施した第2相臨床試験が想定していた基準を達成できなかったという。
「妻の介護」と「昔の浮気」の関係 長門裕之「罪滅ぼしも」 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の妻、南田洋子(76)の面倒を見る長門の介護日記のようだ。その内容を、番組はかなりくわしく紹介する。 女優の妻に異変が生じたのは結婚43年目の2004年のこと。セリフを覚えられなくなったのだ。夫が教え込んで何とか仕事を続けるが、症状は進み、06年に女優業 ...
ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)運営会議に出席しました。 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
状況等を報告、問題等があれば、みんなで話し合い対応しています。 総会の進め方、役割分担などについて打ち合わせをしました。 お楽しみとしては、奥様へのブーケづくりをする事にしました。 可愛い花に奥様への思いをひとことカードに書いて頂く。 ...
第3部 「公」のゆくえ (6) 協 働 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族と同居し、最近入院した高齢女性。ほぼ寝たきりなのに、以前使っていた介護保険サービスが途切れていた。心配した民生委員から地域包括支援センターの地域ステーションに連絡があった。 入院先の看護師によると、栄養失調で風呂もしばらく入っていなかった。 ...
綾川に介護老人保健施設がオープン - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
綾川町が同町陶で建設を進めてきた介護老人保健施設が完成、16日に落成式があり、藤井町長ら関係者約80人がテープカットや内部見学を行い、新しい福祉施設の誕生を祝った。 同施設は鉄筋コンクリート3階建てで、延べ床面積は約4110平方メートル。 ...
糸満市社協「傾聴」通し不安解消 独居老人対象、ボランティア派遣へ2009年4月17日 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【糸満】糸満市社会福祉協議会の傾聴ボランティア派遣事業「お助けマン“ちむちむ”」が14日から始まった。市内の1人暮らしの高齢者が主な対象で、話を聴くことを通し、その孤独感や不安感などの解消を目指す。 利用者が社協に申し出ると、2人1組の傾聴ボランティア ...
「事情酌むも限度」所沢5児童死傷実刑判決 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまでの公判で、弁護側は「脳梗塞(のうこうそく)で入院した夫の介護で疲れていた」と執行猶予つきの判決を求めていた。 若園裁判官は、斉藤被告が夫の見舞いや看護、自宅介護の準備に追われ、思い悩んで眠れないなど、睡眠不足が重なっていたと認め、「そのこと自体 ...
日本へ派遣、300人割る フィリピン人看護師・介護士 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【マニラ=松井健】日本とフィリピンの経済連携協定(EPA)に基づき、5月上旬にも日本に派遣されるフィリピン人看護師・介護福祉士候補の人数が300人を割り込むことが16日、わかった。5千人を超える応募があったにもかかわらず、選考過程での準備不足などから、 ...
このたび「認知症」などの行政用語を差し替え,進展著しい脳神経科学の最新の知見を盛り込んで改訂する。「高齢者のための新しい音楽療法尺度」や「認知症予防のための音楽療法プログラム」など,実践経験豊富で,理論研究も怠らない著者ならではの,アイディアとヒューマ ...
2009年04月16日()
【ゆうゆうLife】編集部から ラーメン代と介護利用料の違いは? - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護報酬引き上げの取材をしていて、ある大学の先生から、こんなたとえ話をされた。 「いつものラーメンが100円値上がりした。店主に理由を聞いたら、『今月からパートさんでなく、ラーメン作りの経験豊富な従業員を増やすことに方針転換しましてね』といわれたら、 ...
東秩父村5000円台へ 介護保険料県まとめ 値下げは15市町 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は、四月から改定された県内全自治体の六十五歳以上の介護保険料(基準月額)をまとめて公表した。保険料は三年ごとに更新され、今回から三年間で段階的に値上げすることが認められた。県内最高額となった東秩父村は、二〇一〇年度が五千六十一円、一一年度が五千百二十 ...
福祉用具の使い勝手は? 宇都宮のnpoが評価センター設立 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉用具の安全性についてはjis規格に適合、または準じることで工学評価が行われてきた。しかし介護保険の導入で利用者が増え、操作の誤りや身体との不適合による事故も増加。同協会は「高齢者や障害者、介護者の立場でjisに適合した用具を対象に、安全性や使い勝手を臨床 ...
認知症男性の口座から現金盗んだ疑い 介護ヘルパー逮捕 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護を担当していた認知症の男性の銀行口座から勝手に現金を引き出したとして、警視庁西新井署が、東京都足立区梅島1丁目、ヘルパー佐々木俊江容疑者(47)を窃盗の疑いで逮捕していたことが16日、同署への取材で分かった。佐々木容疑者は「生活費に使った」と容疑を ...
認知症男性から現金盗んだ疑い 警視庁、介護士逮捕 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護していた認知症の男性の銀行口座から現金を引き出して盗んだとして、警視庁西新井署は16日までに、東京都足立区梅島、介護士、佐々木俊江容疑者(47)を窃盗容疑で逮捕した。同容疑者は「生活費に充てた」と容疑を認めているという。 佐々木容疑者の逮捕容疑は2006 ...
「らくらくホン」酷似訴訟 ソフトバンクとドコモが和解 (媒体での記事掲載終了)

   NTTドコモと富士通が、高齢者向け携帯電話「らくらくホン」の酷似製品をソフトバンクモバイルと東芝が売り出したとして、不正競争防止法により製造・販売差し止めの仮処分を求めていた訴訟は、東京地裁で2009年4月15日に和解が成立したことが分かった。

続きは「J-CASTニュース」へ


三菱ふそう、大型路線バスのノンステップモデルを追加 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
三菱ふそうトラック・バスは、大型路線バス『エアロスター』にバリアフリー性能を高めたノンステップモデルを追加し、16日から発売した。2月から一部事業者で先行導入している。 新型モデルは、2007年に発売した「エアロスター」ワンステップ仕様をベースに、高齢者、子供 ...
認知症で入所の男性の預金10万円引き出す - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
東京都足立区の介護施設に入所していた90代の認知症男性の預金を無断で引き出し盗んだとして、警視庁西新井署は16日までに窃盗の疑いで、元従業員の介護士佐々木俊江容疑者(47)を逮捕した。 逮捕容疑は、男性の介護を担当していた2006年4月から10月 ...
介護男性の口座から勝手に現金引き出し ヘルパーの女逮捕 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護していた男性の預金口座から勝手に金を引き出したとして、警視庁西新井署が窃盗の疑いで東京都足立区梅島、ヘルパー、佐々木俊江容疑者(47)を逮捕していたことが16日、分かった。同署によると、佐々木容疑者は容疑を認め、「男性のキャッシュカードを使って現金 ...
『デンマークの高齢者が世界一幸せなわけ』 澤渡夏代ブラント著 (大月書店、1785円) - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
「高齢になるほど幸福度が増す国」と言われるデンマーク。在住40年の日本人女性が、身近な人々の暮らしぶりを通じて充実した高齢者福祉のわけを解き明かす。 著者の義母の余裕ある家計簿の内容を見るとため息が出る人がいるかもしれないが、これでもデンマークでは中流 ...
ヘルパー 認知症男性の金横領 - NHK (媒体での記事掲載終了)
東京・足立区のヘルパーの女が、介護を担当していた認知症の男性の預金口座からおよそ10万円を勝手に引き出したとして警視庁に逮捕されていたことがわかりました。男性の口座にはあわせておよそ2000万円の使途不明金が見つかっているということで、警視庁はこの女が ...
11年までに特養ホーム選定へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
白山中学校跡地活用計画がこのほどまとまり、跡地は今後も避難場所機能と地域コミュニティのための施設開放を継続させながら、高齢者福祉、児童福祉の2つの目的のために活用されることになった。高齢者福祉については2011年までに特別養護老人ホームを選定し、児童 ...
矢野 達郎さん 都内在住 39歳 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
一方で、都内に認知症グループホームを新設する際に住民からの反対もあった。「もっと認知症への理解を深めてもらえるよう努力しなければ」。その一つとして今年初めに、認知症の夫人へ介護を続ける俳優・長門裕之さんと対談。「業界全体をもっと発信するために、勉強し ...
... 最良のユニバーサルデザインを追求したノンステップバスの展開に力を入れてまいります。 なお、「エアロスター」ノンステップモデルは、2月より一部事業者様にて先行導入いただいております。 2007年に発売した「エアロスター」ワンステップ仕様をベースに、高齢 ...
(04/16)三菱ふそうトラック・バス、大型路線バス「エアロスター」にノンステップモデルを追加 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 最良のユニバーサルデザインを追求したノンステップバスの展開に力を入れてまいります。 なお、「エアロスター」ノンステップモデルは、2月より一部事業者様にて先行導入いただいております。 2007年に発売した「エアロスター」ワンステップ仕様をベースに、高齢 ...
「介護に疲れた」寝たきりの妻絞殺、容疑で58歳夫を逮捕-埼玉・富士見 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
「介護に疲れた。自分も死のうと思ったが死ねなかった」などと供述し、容疑を認めているという。 同署によると、藤本容疑者は14日午後10時頃、自宅2階の寝室で、妻・みどりさん(49)の首をひものようなもので絞めて殺害した疑いが持たれている。15日午前10時45分頃になっ ...
「女優」の「見せなくていい事さらし…」 長門裕之が介護本出版 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
<テレビウォッチ>俳優の長門裕之(75)が記した、認知症の妻南田洋子(76)の介護記録が明日(4月17日)出版される。「待ってくれ洋子」(主婦と生活社)。その内容の一部が紹介されたが、決して人ごとではない老々介護のきびしい現実と生き様が心を打つ。 ...
年金手帳・健保・介護保険証が1枚に 厚労省「社保カード」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
年金手帳と健康保険証、介護保険証の機能を1枚に集約し、市町村が国民全員に配る。カードを使えば、個人が自宅のパソコンから自分の年金記録や特定検診の結果を閲覧できるようにする。他の電子行政サービスとの一体化を検討し、住民票取得などの行政手続きにも用途を ...
第3部 「公」のゆくえ (5) 包括支援センター - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
同僚の社会福祉士本田由美子さん(31)も声を掛ける。 「経済的に困っている」と相談を受け、通い始めて約二年半。介護保険サービスは使っておらず、退院後が気がかりだった。 旧総社市の一部と山手地区を担当する同ステーションの職員は三人。高齢者宅を訪問し、必要と ...
認知症南田さん脳梗塞、長門著書で明かす - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
認知症で闘病中の元女優南田洋子さん(76)が脳梗塞(こうそく)を患っていることが15日、分かった。2月に判明し、入退院して治療を続けていたが4月1日に意識が混濁したため再入院した。夫で俳優の長門裕之(75)は17日発売の著書「待ってくれ、洋子」(主婦と ...
ユニバーサルデザインについては、小学校6年生の国語で既に取り上げているが、児童がより理解を深め、社会の多様性や違いを認め合う心を育成することができるよう、高学年での活用も視野にワーキンググループが検討会を重ねた。 同市は、高齢者や障害者が生活を送る上で ...
2009年04月15日()
育休法改正案、国会提出へ 時短勤務など企業の義務強化 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
子育てしながら働き続けられる環境を整えるため、厚生労働省は来週にも育児・介護休業法改正案を国会に提出する。3歳未満の子どもがいる従業員を対象にした短時間勤務と、残業を免除する制度の整備を企業に義務付けるほか、父親の育児休業の取得も促進する内容だ。 ...
【ゆうゆうLife】介護報酬UP 職員給与や利用料は?(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護報酬の改定で、介護サービスの利用料も変わります。特に、1時間未満の家事援助や、30分未満の身体介護など、短時間の訪問介護を頼んでいる場合、利用者負担は1回当たり20円程度の値上げになります。東京23区など、都市部に住む人の利用料にも影響が出そうです ...
認知症闘病中の南田洋子さん脳梗塞だった - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
認知症で闘病中の元女優南田洋子さん(76)が脳梗塞(こうそく)を患っていることが15日、分かった。2月に判明し、入退院して治療を続けていたが4月1日に意識が混濁したため再入院した。夫で俳優の長門裕之(75)は17日発売の著書「待ってくれ、洋子」(主婦と ...
新介護認定基準/サービス後退は本末転倒 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
要介護者が本当に必要としているサービスを見極め、公平性を高める。それが、今月から見直された新しい要介護認定基準の趣旨だったはずだ。 しかし、「新基準では要介護度がより低く判定される」という利用者らの大合唱。厚生労働省はたまらず、旧基準でのサービスを継続 ...
4月から鹿沼市 高齢者の温泉招待事業を廃止 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
新たな事業では、経済的に困っている高齢者を優先的に支援していきたい」としている。 市高齢福祉課によると、鬼怒川温泉への招待事業は、記録が残っていない一九七〇年以前から低所得の七十歳以上を対象に実施。その後、所得などの経済状況に関係なく、七十歳を迎えた ...
インドネシア人「介護士」の「研修」 受け入れ先なく、募集締め切り延長 (媒体での記事掲載終了)

   日本人の介護従事者が年々減っているなか、インドネシアから介護福祉士候補者を受け入れる試みが2008年に始まった。2年間で看護師と合わせて1000人を受け入れる計画で、2年目となる09年は792人を募集したところ、定員を超える希望者が集まった。その一方で外国人の受け入れを希望する施設は少なく、斡旋している国際厚生事業団は募集締め切りを延長することを決めた。人手不足で困っているはずの介護事業者が、受け入れに消極的な理由は何なのだろうか。

続きは「J-CASTニュース」へ


がん医療や介護を考える市民フォーラム 兵庫 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
がん医療や介護のあり方を考える市民フォーラム「がんになっても慌てない、諦(あきら)めない」が18日午後1時半から尼崎市昭和通のアルカイックホールで開かれる。 県の「いのちと生きがいプロジェクト」の助成事業。主催者を代表し、末期がん患者の在宅医療に力を ...
妻殺害の疑いで夫逮捕、介護疲れか - TBS News (媒体での記事掲載終了)
15日午前、埼玉県富士見市の住宅で49歳の妻を殺害したとして、警察は1年ほど前から妻の介護をしていた58歳の夫を逮捕しました。 殺人の疑いで逮捕されたのは、富士見市関沢の自称・会社員、藤本泰道容疑者(58)です。 警察の調べによりますと、藤本容疑者は14 ...
18市町村が介護保険料アップ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
3年ごとに改定される65歳以上の介護保険料で、岡山県内27市町村のうち18市町村が4月から基準月額を引き上げた。一方で5市町は引き下げ。県内の平均月額は0.6%増の4474円で、ほぼ横ばいとなった。 県のまとめによると、引き上げ率の最高は早島町の28.4%で、奈義 ...
育児・介護休業の支援強化=改正法案、今国会に提出へ-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は15日、育児・介護休業法改正案の要綱を労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に示し、了承を得た。育児期間中の短時間勤務制度の導入義務付けや、介護のための短期休暇制度の新設などが柱。子育てや介護をしながら働き続けることができる雇用環境を整備するの ...
「介護に疲れた」と妻殺害 容疑で自称会社員の男逮捕 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
埼玉県警東入間署は15日、自宅で妻を殺害したとして、殺人容疑で同県富士見市関沢、自称会社員藤本泰道容疑者(58)を逮捕した。 逮捕容疑は14日午後10時ごろ、自宅2階の寝室で妻みどりさん(49)の首をロープのよ… [記事全文]
価値社会の生産性を考える、生活者から見た尺度が必要 (媒体での記事掲載終了)

産業構造改革や少子高齢化、経済・社会のグローバル化、国際競争力の視点などから、最近は官民を挙げて「イノベーションによる生産性向上」が共通のテーマになっている。特にイノベーションの重点領域には、GDP(国内総生産)の70%、就業者数全体の6…

生みの苦しみを越えた介護事業、外食のノウハウで変革起こす、ワタミ (媒体での記事掲載終了)

居酒屋チェーンのワタミの介護事業が軌道に乗ってきた。しかし、新規参入当初は、現場スタッフの相次ぐ離職など決して順調ではなかった。その原因を、現場との意思疎通の無さと痛感したワタミは、人望があった外食のエースを投入。これが奏功し、業界では常…

認知症予防の新手法「共想法」―写真を媒介に楽しく - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
画像を用いて会話が活発になるよう支援する新しい認知症予防「共想法」が、NPO「ほのぼの研究所」(千葉県柏市)で実践されている。これは大武美保子・東京大学人工物工学研究センター准教授が開発したもので、参加者は6人で1組のグループになり、それぞれが持ち寄った ...
クラブツーリズム、バリアフリーお遍路ツアー実施、3年間でゆっくり満願 - トラベルビジョン (媒体での記事掲載終了)
同社ではバリアフリー旅行センターで、高齢者や障がい者向けに通常の2倍から3倍の時間をかけてゆっくりお参りをするお遍路ツアーを実施している。ツアーはそれぞれの年に春と秋の2階を実施し、3年かけて満願まで案内するもの。参加者は高齢者や障がい者のみならず、2000年 ...
「高齢者居住安定確保法」の改正を学ぶセミナー開催――5月16日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
保健・医療・福祉サービス研究会は、5月16日、現在開会中の通常国会に提出される、高齢者の居住の安定確保に関する法律「高齢者居住安定確保法」の改正に伴い、セミナーを開催する。 本セミナーは高齢者居住安定確保法の改正を踏まえ、これからの高齢者住宅政策の方向や ...
第3部 「公」のゆくえ (4) むらが変わる - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域からは民生委員、福祉委員、栄養委員ら十三人。三月下旬、総社市山手支所。恒例の会議が始まった。 直前、群馬県の老人施設で入所者十人が死亡する火災が発生。福祉委員の女性が不安げに質問した。 小地域ケア会議―。「公」と「地域」が協力する高齢者見守りシステム ...
米子市長選政策アンケート - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
【設問3】少子高齢化対策についてお聞きします。子育て支援、高齢者福祉の向上のため、どのような施策をお考えですか。 子育て支援では、なかよし学級を本年度中に全小学校区で実施し、可能なところから保育時間を延長します。保育園となかよし学級の待機児童ゼロ作戦を ...
介護労働安定センター、介護報酬改定と算定Q&Aに係るセミナー開催――5月19日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護労働安定センターは5月19日、居宅介護支援事業者向けのセミナー「09年度介護報酬改定の概要と算定に係るQ&A」を開催する。 同セミナーは訪問介護事業者にも対応しており、介護保険改正に関する内容の理解と、事業所加算に関するポイントを学ぶ。 講師は元千葉県介護 ...
第120回日本医師会定例代議員会 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
私は,科学が凝縮している医学と,それを人間の健康・生命を守るという人間の安全保障に役立てる医療という役割の中で,社会的連帯感や協調的行動が希薄化してしまった今こそ,高齢まで生き長らえることが何より喜ばれる,尊厳ある福祉に貢献することに注力する重大な責務 ...
平成21年度 日本医師会事業計画 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
報酬改定後の検証作業を通じ,医療難民,介護難民を生じさせないよう,療養病床再編問題の対応を図る.そのうえで,地域医師会が地域支援事業,地域包括支援センターの運用に十分関与できるよう対処し,併せて,認知症サポート医の活用に努める.一方,要介護認定,情報の ...
2009年04月14日()
県内『高専賃』900戸を突破 デイサービス提供の施設も “在宅介護の場に”期待集める - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京などから入居した高齢者が多数死亡した群馬県渋川市の高齢者施設の火事では、体が弱った高齢者が安心して暮らせる“終(つい)の棲家(すみか)”確保の重要性が浮き彫りになったが、高専賃は在宅介護サービス提供の場として注目を集めている。 登録を担当している高齢 ...
県平均 年4万8000円 09―11年度介護保険料 最高額は桐生市5万5500円 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は、市町村が今月改定した二〇〇九-一一年度の三年間の介護保険料(六十五歳以上)を発表した。県平均は年額約四万八千円で、改定前の〇六-〇八年度と同水準にとどまった。保険料の最高額は桐生市の五万五千五百円、最低額は長野原町の三万二千百円で、約一・七倍の ...
【ゆうゆうLife】介護報酬UP 職員給与や利用料は?(中) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大学卒業後、高齢者にかかわりたいと仕事に就き、今年で8年目。毎年少しずつ昇給はあったが、月の手取りは20万円前後だった。 しかし、今年は初めて計2万円の大幅増になる予定だ。ホームでは、介護福祉士の資格手当(5000円)が新設され、さらに昇格で主任 ...
生活・介護支援サポーター養成 育て!地域の支え合い - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
モデル事業は、高齢者の移動支援などをしているNPO法人「ハンディキャブゆづり葉」(杉本依子理事長)が、同市から委託を受け実施した。導入編二回、ステップアップ編三回の講座を受講。講師は介護福祉士、社会福祉士らが務めた。 導入編では、同市の高齢者や福祉 ...
第3の認知症、40歳前後に発症も - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本では高齢者に多い病気ですが、40歳前後で発症することも確認されています。いちばんの特徴は、幻覚などの精神症状が目立つこと。また寝たきりになるスピードも速いといいます。早期発見・早期治療ができれば、介護の負担を軽くすることもできます。 ...
生みの苦しみを越えた介護事業、外食のノウハウで変革起こす - ITpro (媒体での記事掲載終了)
居酒屋チェーンのワタミの介護事業が軌道に乗ってきた。しかし、新規参入当初は、現場スタッフの相次ぐ離職など決して順調ではなかった。その原因を、現場との意思疎通の無さと痛感したワタミは、人望があった外食のエースを投入。これが奏功し、業界では常識ではなかった ...
【Re:社会部】「3ない」救う手だては… - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
加速する高齢化。今後、施設に入れない高齢者が、今以上に増える恐れがあります。国は無届けホームの規制で「目」を光らせると同時に、“漂流する”高齢者を増やさないため、新たな受け皿作りや政策整備を進める時期にきているのではないでしょうか。(虎)
今日の洋子は明日いない 消えゆく妻の記憶 第二章 - テレビドガッチ (媒体での記事掲載終了)
精密検査が必要ではあるが認知症(アルツハイマー型)である可能性が高いことが判明。 結婚当初から妻・南田さんを8mmなどで記録し続けてきた夫・長門裕之。 夫婦の姿を記録したいと考え、12月から南田さんをビデオカメラで撮影。 自然な表情を長門さん自身が記録し続けて ...
【速報】「新基準に不満あれば従来どおりで」 要介護認定見直し検討会で舛添大臣が明言! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は、4月から実施されている新たな要介護認定で要介護度が軽くなった場合、申請があれば一定期間、もとの要介護度のままサービスが受けられるとし、その間に認定調査などを見直し・検討することを決めた。 4月13日に厚労省で行われた「第1回 要介護認定の見直しに ...
「新システムは間違いか」 意見百出!――要介護認定見直し検討会 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
新たに導入された認定制度への不満を解消するために、要介護認定の見直しを検討する「第1回 要介護認定の見直しに係る検証・検討会」が4月13日に開かれた。 今回の改正では新たな要介護認定方式として、調査項目が82項目から74項目に減じられ、調査項目の記載方法が変更 ...
韓国の高齢者、4人に1人が認知症の危険 - 中央日報 (媒体での記事掲載終了)
韓国の高齢者1000人のうち84人は認知症であることが分かった。 認知症とは、認知機能が低下し、正常な生活ができない状態になることをいう。 アルツハイマーや血管性認知症が代表的な例で、脳血管の異常やアルコール性疾患など数十にのぼる疾病が認知症の原因となる ...
広島県が介護職場の支援強化 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県は、低賃金や重労働などを理由に慢性的な人手不足が続く介護職場に対する支援策を強化する。5月には養成機関や事業者、介護福祉士たちの団体と「介護人材就業支援会議(仮称)」を設立。同時に緊急対策として、人材確保や雇用の維持を目的にした県主導の新事業を ...
老健局長、認定を軽度に誘導するような文書の存在認める - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
4月2日の参議院厚生労働委員会で、共産党の小池晃議員が、厚労省に要介護認定を軽度に誘導するような内部文書があることを明らかにしたが、13日、厚労省の宮島俊彦老健局長は「要介護認定の見直しに係る検証・検討会」の席上、この文書の存在を認めた。 宮島老健局長によ ...
独自の補助金で療養病床から特養へ転換を促進―高知県 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
療養病床数が全国一(全国平均の約3.5倍)の高知県は、療養病床を有する医療機関に特別養護老人ホームへの転換を促す制度を独自に設けた。 国は高齢者の医療費削減のため、介護療養病床を2012年までに全廃し、老人保健施設や有料老人ホームへの転換を促しているが、高知 ...
第3部 「公」のゆくえ (3) 行革の視点 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
元町長の宮崎孝司さん(75)は「(入所待機者が多い)老健施設ひだまり苑から、在宅へ移る前の“中間施設”と位置づけた」と話す。 ところが、計画と実際の運営で“ずれ”が生じる。当初は、比較的支援のいらない高齢者の共同生活を想定した。でも、入所が始まると、体調の ...
認知症家族会の県支部が26日発足 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者やその家族らでつくる全国組織「認知症の人と家族の会」(本部・京都市、高見国生代表)の県支部が二十六日、同会四十四番目の支部として発足する。認知症患者の家族らが地道に会員を募ってきた。関係者は「県内に活動の輪を広げ、『つらいのはあなた一人では ...
県の立ち入り検査難航 無届け有料老人ホーム - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし〇六年四月の改正老人福祉法施行で、入所者の人数要件が撤廃し、食事以外のサービスを提供する施設も対象にしたため、「知り合いのお年寄りを自宅で預かっただけで、『有料老人ホーム』になってしまう」(宇都宮市)といった可能性もあるという。 ...
福祉施設退所後も 「別府に住みたい」4割 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設を退所した後、市内で生活したいと考える人は約40%を占めることが分かり、「市営住宅や民間アパートのバリアフリー化を早急に進める必要がある」としている。 自立訓練施設や就労支援施設などの入所者は同法で、一年半から二年程度の入所期限が設けられた。 ...
振り込め詐欺集中警戒、社会福祉士も参加 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 本部長)と釧路署(嶋田茂春署長)は合同で、集中警戒を開始した。この警戒は、警察官だけでなく高齢者の安全を支援する地域包括支援センターの社会福祉士も参加している。社会福祉士がこうした運動に参加するのは全道で初めてで、日ごろ訪問している高齢者に注意を促す。
介護事業者の業務管理体制の監督について都道府県へ通知――厚労省 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は、5月1日施行の「介護保険法及び老人福祉法の一部を改正する法律」について、都道府県知事などに対して介護事業者の業務管理体制に対する監督の方法を通知した。介護サービス事業者の不正事案の再発を防止し、介護事業運営の適正化を図ることを目的とした同法律の ...
2009年04月13日()
【ゆうゆうLife】介護報酬UP 職員給与や利用料は?(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険サービスの値段にあたる「介護報酬」が1日から、3%上がった。報酬引き上げは介護保険スタート以来。政府は介護職員の給与増でケアの質を高めたい意向だ。しかし、現場では「給与が上がらない」との声も。なぜ、介護報酬が上がっても、給与は上がらないのか。 ...
ヘルスケアサポート、介護分野向けの人材派遣・紹介事業に参入 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
新事業は介護福祉士やケアマネージャー、ヘルパーなど介護現場で働く人材を集めて、同社が契約している約30の介護施設に派遣、紹介する。 介護施設ではヘルパーやケアマネージャーなど介護の有資格者が集まりにくく、同社には契約する施設から、車両運行管理だけでは ...
県内の無届け有料老人ホームの立ち入り検査が難航 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし〇六年四月の改正老人福祉法施行で、入所者の人数要件が撤廃し、食事以外のサービスを提供する施設も対象にしたため、「知り合いのお年寄りを自宅で預かっただけで、『有料老人ホーム』になってしまう」(宇都宮市)といった可能性もあるという。 ...
「要介護認定軽くし給付費を抑制」 厚労省が内部文書 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は13日、平成21年度からの新しい要介護認定基準の導入に合わせ、介護給付費抑制のため要介護認定を軽めに誘導することを目指すなどとした「内部文章」を約1年前に作成していたことを明らかにした。 作成理由については「実現可能性は問わず、21年度予算 ...
介護認定「誘導」の文書作成=厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、今月導入された要介護認定の新基準をめぐり、「要介護1」の利用者を1段階軽い「要支援2」に振り向けるための内部文書を作成していたことを13日、明らかにした。同省は、今月からの介護報酬の3%引き上げに伴う財源確保に関する別の文書も作成。 ...
65歳以上の老人、4人中1人は痴呆の危険 - innolife.net (媒体での記事掲載終了)
保健福祉家族部は「2008年痴呆有病率調査の結果、65歳以上老人の8.4%である42万人が、痴呆患者で高危険群の傾倒認知障害は25%に達すると推定された」と明らかにした。また急速な高齢化で痴呆老人数も急増加して、2027年には痴呆老人が100万人を越えると予想した。 ...
新介護認定、検証で初会合 従前のサービス利用を提案 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は13日、4月から導入した要介護認定の新たな基準の影響を検証する検討会の初会合を開き、舛添要一厚労相が冒頭、新基準で要介護度が変わった利用者は申請すれば検証終了までこれまでの要介護度でサービスが利用できるとする経過措置を提案した。 ...
介護 判定変更も同じサービス - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で、介護の必要な度合いを判定する要介護認定の新しい基準に批判が相次いでいることから厚生労働省は、判定が変わっても、これまでと同じサービスを受けられるようにする異例の方針を決め、近く全国の自治体に通知することになりました。
介護認定、再見直しへ=旧基準適用の経過措置も-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は13日、介護保険制度で今月から新たに導入された要介護認定基準の一部について、再び見直す方針を固めた。認定が以前より軽度に変更されるといった利用者からの批判を受け、今夏までをめどに実施状況を検証した上で、具体的な見直し作業に入る。 ...
介護報酬など詐取容疑 大阪地検、経営者を再逮捕 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の介護事業会社「ヒート」グループによる脱税事件で、架空のヘルパーが介護サービスをしたように装うなどの手口で介護報酬や国の助成金計約2170万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は13日、グループの実質的経営者、樋口和人被告(48)=法人税法違反罪 ...
観光旅行に高齢者をサポート、トラベルヘルパー養成受付中 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
トラベルヘルパーは通信教育で取得できるが、「ホームヘルパー1級」「介護福祉士」「看護師」などの介護・看護系資格、または「旅程管理主任者」「旅行業務取扱主任資格者」などの旅行系資格を持っていることが条件。無資格でも受講は出来るが、将来的に資格取得を目指す ...
介護業者を再逮捕 助成金など詐欺容疑 大阪地検特捜部 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
訪問介護サービスを担うホームヘルパーの人件費水増しによる脱税事件で、国の助成金や介護報酬計約2100万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は13日、詐欺の疑いで介護サービス会社「ヒート」(大阪市浪速区)の実質経営者、樋口和人被告(48)=法人税法違反 ...
介護事業者を詐欺容疑で再逮捕 「もらえるだけもらおう」と供述 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
訪問介護サービスを担うホームヘルパーの人件費水増しによる脱税事件で、国の助成金や介護報酬計約2100万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は13日、詐欺の疑いで介護サービス会社「ヒート」(大阪市浪速区)の実質経営者、樋口和人被告(48)=法人税法違反 ...
県、有料老人ホーム実態把握に苦慮―群馬火災受け調査 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
宅老所も実態として入居者がいれば有料老人ホームとして届け出が必要だが、法令に基づいた施設でないため運営状況などをすべて把握できておらず、県内88カ所で届け出ているのは3件だ。 届け出があれば受理する時に設備などを確認できるが、なければ権限がなく、「有料 ...
介護報酬2000万円詐取容疑で再逮捕 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
大阪地検特捜部は13日、介護報酬など約2100万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で大阪市浪速区の介護事業会社「ヒート」の実質経営者樋口和人容疑者(48=法人税法違反罪で起訴)を再逮捕した。特捜部によると、「弁解することはない」と話している。 ...
介護報酬など2千万円詐取容疑=脱税の経営者を再逮捕-大阪地検 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
大阪市の介護サービス会社「ヒート」をめぐる脱税事件で、大阪地検特捜部は13日、介護報酬や国の助成金計約2100万円を詐取したとして、詐欺容疑で実質経営者樋口和人容疑者(48)を再逮捕した。 逮捕容疑は、2003年ごろからヒートの経理担当者(63)の母親 ...
退院した三浦雄一郎さんからのメッセージ 「80歳チョモランマ登頂のスタート」 - 全日本スキー連盟 (媒体での記事掲載終了)
はじめの10日間は全く寝たきり老人の状態で、寝返りをするのも4人の看護婦さんに持ち上げられ、ヨッコラショと動くたびに火のでるような痛み、くしゃみや咳をしたら腰に針が千本ささったような激痛がはしりました。2週間経って少しずつ痛みもとれはじめましたが、入院後 ...
NHK、4月15日放送「断然ラク!自宅の介護」介護職のプロも注目! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
自宅の介護」を放送する。介護する人の負担を少しでも減らすための方法として、ベッド上での起きあがりや車いす移乗など、誰でも必ずできる身体介助のコツを伝授する。 介護職のプロも注目するミラクル技の数々では、相手の動きを利用すれば指1本で寝返りをさせることも ...
診療所に高齢者施設開設へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨春まで診療所2、3階にあった療養病床の空きスペースを有効活用する。小規模多機能居宅介護施設は2階約740平方メートルに開設。通所のデイサービスに加え、訪問介護やショートステイなどのサービスも提供する。ショートステイ用に9居室を設ける。 ...
介護事業所の約9割が何らかの研修を実施―介護労働安定センターが発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護労働安定センターは「介護職員のキャリア形成等に関する研究会中間報告」を発表した。調査は全国の介護保険サービス事業所5000ヵ所を対象に実施し、1534事業所から回答を得た。 調査の結果から、介護労働者の労働環境の厳しさ、高い離職率等とも相まって、人材確保が ...
2009年04月12日()
【麻雀】阿佐田哲也さんしのび「ロン」 一関でマージャン大会 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
マージャン(麻雀)で脳を活性化させ、認知症予防につなげる講座が22日、佐賀市呉服元町のコミュニティ広場「ぽれぽれ」で始まった。麻雀は見・聞・触など脳全体を使うため、認知症予防に効果があるとして全国的に注目されている。佐賀大も協力し、効果の実証データを ...
認知症高齢者への支援強化 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
東広島市は、認知症高齢者への支援強化を柱にした市高齢者福祉計画と市介護保険事業計画をまとめた。住み慣れた地域で生活を続けられるように、2011年度までに認知症高齢者グループホームを5地区で整備。独居老人の見守り活動も充実させる。 グループホームは、八本松、 ...
医師と医療のあり方 注目される試みが九州にある - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
ならば、高齢者の暮らしを中心に置いて、介護や福祉の専門職や民生委員などとともに医療機関も高齢者を見守るネットワークをつくって「在宅」の生活を支援していこう、となった。 厚生労働省は、高齢者は「入院」よりも「在宅」を望んでいるという。高齢者にも喜んで ...
2009年04月11日()
認知症の支援マップ 呉市 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者を地域で見守る「認知症にやさしい地域づくり事業」を進める呉市は、相談窓口や医療機関などを載せた市内マップを完成させた。市内の八地域包括支援センターごとに作製した八種類で、各センターなどで配っている。 カラーで、A3判の二つ折り。 ...
認知症の休日電話相談開始 - 北日本放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会を踏まえて県は、認知症に関する休日の電話相談を11日から始めました。 相談窓口は富山市の富山県福祉総合相談センター・サンシップとやまの2階にあり、年末年始を除く土曜日と日曜日の午前9時から午後5時まで、専門相談員1人が対応します。 ...
健康介護コンシェルジュを認定 県内は5店舗 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
日用品から車いすまで多様な商品を取り扱う一方、ホームヘルパーやケアマネジャーなど介護の専門家の利用が多い。 「介護の知識を深めてもらうためにも、一般の人にももっと利用してもらいたい」と、月刊誌「どーも」代表の吉川玉子さんが健康介護コンシェルジュを考案。 ...
アルツハイマーの治療薬、「海馬」神経細胞を再生 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の一種、アルツハイマー病の代表的な治療薬「アリセプト」が、認知機能をつかさどる脳の「海馬」の神経細胞を再生させることを、名古屋市立大のグループがマウスを使った実験で突き止めた。認知機能の低下を防ぐメカニズムを持つことが分かったことで、発症予防や ...