介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年04月10日()
「介護に疲れた」 妻絞殺の夫を起訴 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
... の足に固定、リモコンでベッドの上半身部分が起き上がるように上昇させ、首を絞めて殺害したとされる。 土木田被告は「妻の介護に疲れた」などと供述。警察の調べによると、かねさんは二〇〇七年ごろから寝たきりに近い状態になり、土木田被告が一人で介護していた。
市監査区役所など 介護保険料の延滞金 未徴収など26件指摘 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険では、保険料を滞納した場合に上乗せされる延滞金が「まったく徴収されていない」と指摘された。 介護保険課によると、保険料の未納は年二億円(2%)ほど。このうち保険料が二千円以上の場合、年14・6%の延滞金が発生する。同課は「今のシステムでは延滞金 ...
橋下知事ファンの高齢女性、府に1億円寄付 - サンケイスポーツ (媒体での記事掲載終了)
財政再建に取り組む大阪府の橋下徹知事(39)を応援しようと、知事の「ファン」を名乗る高齢女性が3月中旬、ふるさと納税制度を利用して府に現金1億円を寄付していたことが、10日分かった。この女性、リュックサック2つに現金1億円を詰め込み、家族とともに府庁を ...
介護補助員まず14人 県の雇用対策事業 申請者は171人に - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は10日、国の「ふるさと雇用再生特別基金」を活用した雇用対策事業のうち、介護補助員の申請者がこれまでに計171人に上ったと発表した。失業者が派遣先の社会福祉施設で働きながらホームヘルパーの資格や介護技術を身に付けて正規採用を目指す。 ...
現金1億円を大阪府に寄付 「橋下知事ファン」の女性 (媒体での記事掲載終了)

   大阪府の橋下徹知事のファンという年配の女性が2009年3月中旬に現金1億円を府に寄付していたことが分かった。「財政難で困っていると聞きました。福祉に使ってほしい」と話しているという。

続きは「J-CASTニュース」へ


詐欺容疑で介護事業者を再逮捕へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
訪問介護サービスを担うホームヘルパーの人件費水増しによる脱税事件で、大阪地検特捜部は10日、介護サービス会社「ヒート」(大阪市浪速区)の実質経営者、樋口和人被告(48)=法人税法違反罪で起訴=が国の助成金や介護報酬計約2100万円をだまし取った疑いが ...
寝たきり妻 リモコン操作で首絞め殺害 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
... に寝ていた妻かねさん=当時(74)=の首に腰ひもを巻き付け、ひもの両端をベッドの脚に結んで固定。首が絞まるようリモコン操作でベッドを上昇させて殺害したとしている。 千葉地検によると、土木田被告は「妻の介護に疲れ、心中しようと思った」と供述している。
【神奈川】県内は21件に助成 日本財団の事業計画(4/10) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本財団は4月6日、2009年度事業計画を発表した。事業の柱の一つである公益・ボランティア事業に115億円を支出する。神奈川県内では、福祉ワーカーズコープふれんど(横須賀市)の「高齢者グループホームの改装」など21件に6367万円を助成する。
本製品は、2009年4月16日から開催される「高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展『バリアフリー2009』」(場所:インテックス大阪)にて展示予定です。 2.身体状況に応じた様々な入力スイッチ(※2)(別売)による操作にも対応 3. ...
老人福祉センター+集合住宅 稲沢に初の市営複合施設 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
住宅は、高齢者向けを含め全室バリアフリーで、玄関もスライドドアとなっている。 福祉センターは9日から利用が始まり、市営住宅は5月から入居となる予定。 西島団地の整備事業は2006年度から始まり、24棟のうちの11棟と、老人憩の家を取り壊した跡地に新しい ...
お年寄りの旅、手伝います 介護のプロがNPO活動 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士やホームヘルパー2級、看護師の資格を持つ旅行ガイド「トラベルヘルパー」が活躍の場を広げている。日帰りのお出かけから、海外旅行までサポートする形は様々。旅仲間を亡くした高齢者、体が不自由な親と一緒に旅をしたい年配からの利用申し込みが多いという。 ...
お年寄りの旅、手伝います 介護のプロがnpo活動 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士やホームヘルパー2級、看護師の資格を持つ旅行ガイド「トラベルヘルパー」が活躍の場を広げている。日帰りのお出かけから、海外旅行までサポートする形は様々。旅仲間を亡くした高齢者、体が不自由な親と一緒に旅をしたい年配からの利用申し込みが多いという。 ...
祝島の介護しっかり 「ヘルパーさん」養成 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化に拍車がかかる上関町の祝島で福祉介護に携わる自前の人材を育てようと9日、ホームヘルパーの資格取得を目指す養成講座が始まった。離島では介護保険に加入していても思うようなサービスが受けられない側面があり、地域福祉を支える人材が必要として島の有志が独自 ...
「橋下知事のファン」1億寄付 大阪府、高齢女性から - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
府地域福祉課によると、3月17日に女性から「知事を応援したい。福祉に使ってほしい」と電話が入った。その後、女性が現金1億円をリュックサックに詰めて家族と一緒に府庁を訪れた。 橋下知事は急きょ、昼休みを利用して女性と面会。「財政難で困っていると聞いた」と ...
厚労省、要介護認定の検証委設置 13日に初会合 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、4月から導入した要介護認定の新たな基準の影響を検証するため、有識者や利用者らで構成する検証委員会を設置すると発表した。13日に初会合を開く。 検証委は介護現場の声やデータを集めた上で、新基準を修正すべきかどうかを含め検討する。 ...
老人福祉センター+集合住宅 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
住宅は、高齢者向けを含め全室バリアフリーで、玄関もスライドドアとなっている。 福祉センターは9日から利用が始まり、市営住宅は5月から入居となる予定。 西島団地の整備事業は2006年度から始まり、24棟のうちの11棟と、老人憩の家を取り壊した跡地に新しい ...
大阪府、介護保険制度を「聞いたことはあるが内容までは知らない」人が3割 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
大阪府は、先ごろ「ふれあいおおさか高齢者計画2009」を発表した。同計画は2009年度~2011年度の高齢者保健福祉計画と介護保険事業支援計画の名称で、大阪府における高齢者の現状と将来推計、高齢者施策の推進方策のほか介護サービス量の見込みなどが示されている。 ...
2009年04月09日()
知能システム(富山県南砺市・介護ロボットの販売) - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
パロは人を癒やすロボットとして、高齢者介護に役立っている。 パロを導入している富山県南砺(なんと)市の介護施設を訪ねると、大広間の一角にお年寄りが集まり「あやちゃん」と自分たちがつけた名前で呼びかけたり、なでたり抱いたりして反応を楽しんでいる。 ...
【ゆうゆうLife】読者から 友人の介護を終えて - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
友は脳梗塞(こうそく)と認知症のため、自身のことができなくなりました。ひとり住まいなので、食事の世話から炊事、洗濯、掃除、買い物など、介護の難しさを経験しました。 造園の仕事をしていたせいか、体は丈夫で、90歳と高齢でも、脳梗塞になる前は車に乗ってい ...
要介護度、新基準で下がっても従来のサービス継続 厚労省検討 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は9日、介護保険制度で4月から導入した新たな要介護認定の判定基準を巡り、利用者が受ける介護サービスの水準が急激に下がらないように配慮する激変緩和措置の検討に入った。新基準で要介護度が軽くなった場合でも、利用者本人の申請があれば、3カ月から最長2 ...
要介護認定“現状維持”検討 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で、介護の必要な度合いを判定する要介護認定の新しい基準に批判が相次いでいることから厚生労働省は、認定を見直されても、これまでと同じサービスを受けられるようにする異例の措置をとることについて検討を進めることになりました。
現在の介護サービス継続も 厚労省、運用見直し - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は9日、4月から導入したばかりの新たな要介護度の認定基準で要介護度が軽くなっても、利用者の申請があれば3カ月から最長で2年間、現在の要介護度に基づいて引き続き同じ介護サービスが受けられるようにする方向で検討に入った。 新たな基準では、これまで ...
失業者の就労支援 900人を介護・看護現場へ 県、希望者受け付け - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内の失業者を対象に、「介護補助員」と「看護補助者」としての就労希望者を受け付けている。 介護補助員の雇用予定は400人。6カ月間、同基金から給与を支給し、県内の社会福祉施設で働く。この期間に研修を受け、ホームヘルパー2級を取得。7カ月目以降は福祉施設 ...
豊橋で「脳の健康教室」始まる - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊橋市内の70歳以上の人を対象とした認知症予防「脳の健康教室」(豊橋市社会福祉協議会主催)が、今月から市内5会場で始まった。9日は初実施となる市牟呂地域福祉センターで開講した。 教室は、東北大学での脳の研究成果を活用した簡単な読み書きや計算で認知症の ...
「福祉人材相談コーナー」を主要ハローワークに設置 (媒体での記事掲載終了)

   厚生労働省は2009年4月8日、全国の主要54か所の公共職業安定所(ハローワーク)に、介護・医療・保育など福祉分野の職業相談を専門的に受け付ける「福祉人材コーナー」を設置すると発表した。

続きは「J-CASTニュース」へ


2020年には実質GDPを120兆円押し上げ、400万人の雇用機会創出が可能=麻生首相 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
「未来開拓戦略」と名付けた新成長戦略は、1)太陽光システムやエコカーの普及を目指す「低炭素革命で世界をリードする国」、2)介護雇用の創出などを掲げた「安心・元気な健康長寿社会」、3)観光大国やコンテンツ産業の育成を強化する「日本の魅力発揮」──の3つの ...
認知症相談窓口などマップに - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者を地域で見守る「認知症にやさしい地域づくり事業」を進める呉市は、相談窓口や医療機関などを載せた市内マップなどを完成させた。市内の8地域包括支援センターごとに作成した。8種類で、各センターなどで配っている。 カラーで、A3判の2つ折り。 ...
確かに、いくら金融危機とはいえ投資ファンドが、ノウハウもない「福祉分野」へ何故に投資をとの疑問が湧く。 番組によると、有料老人ホームが次々と建設されたのは、介護保険制度が導入された2000年以降という。とくに06年以降から急増し、この3年間で4075件も増えた。 ...
2020年には実質GDP120兆円押し上げ=麻生首相 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
「未来開拓戦略」と名付けた新成長戦略は、1)太陽光システムやエコカーの普及を目指す「低炭素革命で世界をリードする国」、2)介護雇用の創出などを掲げた「安心・元気な健康長寿社会」、3)観光大国やコンテンツ産業の育成を強化する「日本の魅力発揮」──の3つの ...
「老老介護」 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
早速、自宅に電話し、墓参りをさせてもらいたいと伝えたが、丁重に断られた。89歳になられた奥様が介護と葬儀の疲れから体調を崩されているからだという。 長い闘病生活をされていたが、介護サービスは受けていなかった。代わりに奥様が老老介護を続けられたそうだが、精 ...
厚労省、介護保険施設向けの新型インフルエンザ対策を全面改定 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
全国老人福祉施設協議会は、厚労省が3月30日付で同協議会に通知した「社会福祉施設などにおける新型インフルエンザについて」の資料を公表した。 資料によると、05年に策定した「新型インフルエンザ対策行動計画」の全面改定や、新たに「新型インフルエンザ対策 ...
元介護施設職員に有罪判決 - 静岡第一テレビ (媒体での記事掲載終了)
老人介護施設に入所しているお年寄りの代理人になりすまし現金を引き出したとされる元介護施設の職員に9日、有罪判決が言い渡された。判決を受けたのは静岡市清水区村松原の元介護施設職員高松律子被告48歳。判決などによると高松被告は、2005年から13回 ...
2009年04月08日()
東京棄民 漂う高齢者<下> 広がる無届け施設 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
地元の「介護施設と地域を結ぶ市民の会」の山下律子代表は「在宅の介護保険サービスが十分ではない上、国が療養病床を削減したことなどで、行き場のない人たちが増え、無届け施設に流れている。税金が使われているサービスである以上、チェック体制を早急に整えるべきだ」 ...
10人死亡火災「たまゆら」理事長 「理想郷」金策に追われ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の収容先を探していた区と利害が一致し、「生活保護受給者で固めようと思った」と説明している。 私財をなげうち、福祉にまい進した姿を評価する声もあるが、現実は、金銭トラブルが絶えず所有地も差し押さえられた。介護費がかかる入所者が増える中、「格安」を ...
介護予防型車両、企業と共同開発 日光市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
お年寄りが運動しながら安全で楽に移動できる新しい乗り物「介護予防型車両」を、日光市と大手二輪車メーカー「ヤマハ発動機」(本社・静岡県磐田市)が共同開発した。市は“日光発”の介護製品が全国に広がることを期待している。 共同開発は、市福祉事務所の杉山育男主査 ...
障害者と高齢の親がともに暮らせる介護施設 大阪 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
障害者と高齢の親がともに生活のできる全国的でも珍しい福祉施設「つつじケアホーム」が来春オープンする。社会福祉法人「美原の郷福祉会」(堺市美原区)の理事長の苗村登美子さん(68)は「強いきずなで結ばれた親と子が、楽しみながら最後まで暮らせる場を作りたい」 ...
時間区切って目標設定 蒲島知事が2年目の抱負 農業に企業数社参入へ 認知症対策「モデル」も - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
具体的な目標として、半年後に農業分野に企業数社の参入を実現させることや、6月に早期診断・治療体制の整備を核とした「熊本モデル」の認知症対策を示すことなどを挙げた。 県は新年度から「農村・担い手支援課」と「担い手支援室」を新設。農業に関心がある企業などに ...
救済会総会=協力会員増で安定運営目指す=「宮腰講堂を利用して」=問われる理事会の手腕 - ニッケイ新聞 (媒体での記事掲載終了)
質疑応答で大浦文雄顧問は、「組織は小さいが、六十人もの寝たきり老人を預かっており、その役割は非常に重い」との認識を示した。さらに昨年度、現有資産から投資して講堂を建設したことに対し、「手持ち資産が減っているのは問題。従来なら、新施設を作るのに絶対に ...
民主の経済対策、2年で真水21兆円規模 高速道の無料化など - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
子ども手当創設や高速道路無料化などこれまで主張してきた施策に加え、大学生向け奨学金の拡充、太陽光パネル設置補助、介護労働者の賃金引き上げなどを盛り込んだ。2009年度は赤字国債の発行を容認する。 小沢一郎代表が同日の党「次の内閣」会合で発表した。 ...
交通安全情報をメールで配信 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
メールを活用し、リアルタイムでの情報提供を目指している。 配信するのは、交通事故状況や高齢者向けの交通安全情報など。配信先は、県立高校や老人福祉センターなど計717カ所。配信先からさらに情報が伝達されることで、県内約1万5000カ所に情報が伝わる予定だ ...
“老若”地域で鮮明に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
区がこのほど発表した「第2期青葉区地域福祉保健計画(素案)」によると、区内の町別高齢化率(65歳以上の割合)は寺家町が30%を超える一方で10%以下となる町もあることが明らかになった。区は今後、地域単位で異なる課題やニーズを踏まえた地区別計画の策定に ...
富士通、イタリア・ミラノで開催される「JAPAN DESIGN SELECTION 2009」に出展 - Japan Corporate News Network (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
より多くの人がその豊かさを享受できるようにするユニバーサルデザイン「らくらくホン」シリーズ、「キッズケータイ F-05A」、「カラーアテンダント」 高齢者や障がい者の方々を含め、使いやすい携帯電話の開発に取り組んできました。「らくらくホン」シリーズは、開発 ...
寝たきりになる代表的な原因として転倒による骨折があり、日常生活での転倒予防は、健やかに過ごすためにとても重要です。 転倒してしまう場所は、屋外ではなく家の中が多く、しかも、古い家屋にある高い段差の上り口などでの転倒は実際には少なく、三センチ以内の小さな ...
高齢者の再犯防止に全国の刑務所で社会福祉士増員 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
法務省は全国の刑務所に社会福祉士を配置し、更生保護施設の社会福祉士らと連携して、高齢の出所者の生活安定のために支援や指導を行う。 法務省によると、65歳以上の受刑者が出所後1年以内に刑務所に戻ってくる率は30%。その多くが身寄りがない、病気や障害などで仕事に ...
現地訪問、今年まで 南洋群島帰還者会 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
会員も高齢になり、車いすや寝たきりになっている」と、無念な面持ちで語った。 墓参団は1968年5月、南洋からの帰還者や犠牲者の肉親ら約55人が初めて現地を訪問し、サイパン島北部に慰霊碑「おきなわの塔」を建立した。当時親交のあった現地の人々を慰霊祭に招 ...
介護福祉士目指し一歩 求職者43人雇用対策で帯広高技専に入学(04/08 13:52) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
雇用情勢の急激な悪化に直面した求職者を人手不足の介護分野に振り向けようと国が始めた事業が七日、道立帯広高等技術専門学院でスタートし、十勝管内の四十三人が同学院に新設された介護福祉士養成科に入学した。 訓練生は男性二十人と女性二十三人で、このうち二十九人 ...
療養病床から特養へ転換促進 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
療養病床が全国一の県は新年度、療養病床から特別養護老人ホーム(特養)への転換を医療機関に促す制度を独自に設けた。患者の状態と医療機関の意向の間で生じている「ミスマッチ」を解消するのが狙い。国の交付金に上乗せし、1床あたり最大で405万円を補助するという ...
車いす利用者、お花見を満喫/栗林公園 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
公園近くの老健施設や自宅などで療養するお年寄りと介助のボランティアら約250人が参加した。 こぶし中央保育園の園児や施設の職員らが踊りやアコーディオン伴奏の合唱などを披露。参加者は音楽に合わせて手拍子したり、弁当を食べながら笑顔を浮かべ、「普段はあまり ...
ヘルパー資格取得支援 中国残留孤児2、3世に - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
三十-四十代の女性十一人が参加し、ホームヘルパー二級の資格を持つ女性の体験談に耳を傾けた。 参加者の一人、柳瀬艶子(つやこ)さん(37)=宝塚市=は一世の母と中国人の父とともに一九九一年に日本へ。昨年から孤児の相談を受け付ける「支援相談員」として働いて ...
富士の高齢者楽しく元気に 「うららかクラブ」開所 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
富士市の生きがいデイサービス「うららかクラブ」が7日、富士川地域福祉センター内で開所した。早速、地元の高齢者15人が、アドバイスを受けながらゲームや体操で頭と体の健康づくりに励んだ。 同サービス事業は閉じこもりになりがちな在宅高齢者の健康づくりや介護 ...
2009年04月07日()
要介護認定見直し 実態を踏まえて検証を - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険サービスを受ける前提となる「要介護認定」の方法が、今月から大きく見直された。原案段階で「実態より軽く判定される」との反発が相次ぎ、直前になって厚生労働省は一部を修正した。しかし利用者や現場への説明も十分とはいえない。不安を招かないか気掛かりだ。 ...
東京棄民 漂う高齢者 <中> あふれる入所施設 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「目黒認知症高齢者と家族の会たけのこ」の竹内弘道幹事は「そこそこ歩けて家族がいると、徘徊(はいかい)に苦労しても優先的に見てもらえない」と嘆く。 目黒区の特養「清徳苑(えん)」の松井比呂美施設長は「人材不足でショート(ステイ)をたたんだ施設の話も聞く」 ...
【ゆうゆうLife】小規模多機能の継続困難 研究シンポ、6事業所が現状報告 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
さらに、「老老介護の利用者の場合、介護者が緊急入院すると、利用者が介護老人保健施設や認知症高齢者グループホームに入居してしまい、在宅が続けられない」「介護力のある家族と同居していないと難しい」など、小規模多機能型の利用継続が困難な現実が浮かび上がった。
介護職の賃金、月額1.5万円アップ 厚労省方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、新経済対策として、介護職員の賃金を1人(常勤換算)当たり月額1万5千円引き上げるため、事業者に人件費として3年間で総額4千億円を交付する方針を固めた。また、高齢者の「受け皿」が不足していることから、施設整備への財政支援を拡充する。3 ...
2階にも楽にあがれるように 札幌時計台にエレベーター設置へ(04/08 07:27) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
総事業費は約一千八百万円。観光客に配慮し、工事中も閉館しない。 観光客などからの「階段で二階に上がるのは高齢者には困難」との声を受けて、札幌市が腰を上げた。昨年、創建百三十周年を迎えた時計台にも、ようやくバリアフリー化の波が訪れた格好?
HKワークス、介護タクシーの旅 バリアフリー旅行モニター募集 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
旅行会社のhkワークス(札幌市、林克郎社長)は21日まで、介護タクシーを使った個人旅行を無料体験できるモニターを募集する。車いすのまま乗車できる車両を用意し、歩行などに不安のある人でも旅行を楽しめる。 同社は昨年から、全国でも珍しく、介護タクシーを使って ...
男性介護者全国ネット代表に小山市出身の荒川さん - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族を介護する男性が互いに情報交換し、政策提言につなげることを目的とした「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」が三月に京都市で発足し、代表に小山市出身で「荒川区男性介護者の会」初代会長の荒川不二夫さん(81)=東京都荒川区=が選ばれた。 ...
認知症患者の介護家族を支援 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症のお年寄りとともに介護家族もサポートできる環境を整えようと、那須町のボランティア団体「さわやか福祉財団フレンズ連絡会」が動きだした。十一日には介護の悩み共有と負担軽減を目的に「介護する家族の交流会」を初開催。今後も定期開催しながら介護家族の ...
日出ハイテック、品ぞろえ拡大-緊急通報端末で攻勢 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大分】日出ハイテック(大分県日出町、姫嶋暢彦社長、0977・44・6300)は福祉、生活安全機器事業の品ぞろえ拡大、サービス充実を進める。高齢者向け緊急通報用端末を拡販するほか、今夏をめどに児童や高齢者が外出先で緊急時に通報できる携帯端末の製品化を目指す。 ...
介護施設補助で3億円超 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
内訳は、小規模多機能型居宅介護・認知症高齢者グループホーム施設の整備として3000万円を2カ所分で6000万円。認知症高齢者グループホームスプリンクラー設備の整備として270万円を8ユニット分で2160万円。また特別養護老人ホームの増床20床1カ所に対して6412万円。 ...
3年間で最大60兆円の需要創出 政府与党の追加経済対策 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
政府、与党は7日、環境や医療、介護といった成長分野に財政支出や政策減税を集中させ、今後3年間で最大60兆円の需要創出を目指す追加経済対策の骨格を固めた。政府主導の取り組みを呼び水に消費や民間投資を拡大、不況からの脱出を狙う。 追加対策は140日に決定する。3 ...
高齢者に配慮した縦型とL字型の木製手すり、マツ六 (媒体での記事掲載終了)

オリジナルブランド「BAUHAUS」シリーズに縦型とL字型の屋内用木製補助手すりを追加した。扉の脇やトイレに設置することで高齢者の動作を助ける。手の指にそったディンプルを付け、滑りにくい仕様とした。2009年1月に、優良住宅部品(BL部品…

高齢者施設の火災で10人死亡、違法増築の疑い (媒体での記事掲載終了)

3月19日の午後10時45分ごろ、NPO法人(特定非営利活動法人)の彩経会が運営する群馬県渋川市北橘(ほっきつ)町の高齢者施設「静養ホームたまゆら」で火災が発生した。この火災によって入居者16人と職員1人の計17人のうち、病院などに搬送さ…

要介護認定の新方式で混乱、介護認定の軽度化で利用に支障のおそれ - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護保険サービスを利用するうえで、誰もが必ず受けなければならないのが、市町村による「要介護認定」という手続きだ。 実際の手順としては、「認定調査員」と呼ばれる市町村職員や市町村から委託された民間事業所のケアマネジャーが、介護の手間がどれくらいかかって ...
診療所に高齢者施設 広島・安芸太田町戸河内に来春新設 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨春まで診療所二、三階にあった療養病床の空きスペースを有効活用する。小規模多機能居宅介護施設は二階約七百四十平方メートルに開設。通所のデイサービスに加え、訪問介護やショートステイなどのサービスも提供する。ショートステイ用に九居室を設ける。 ...
書籍「こんな介護で幸せですか?」1万件の施設相談経験を活かした実例紹介! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
「こんな介護で幸せですか?― 知らなければ絶対に後悔する終の棲家の選び方」が小学館から発刊された。「なぜ老人ホームの食事はおいしいと感じられないのか?」「介護付き有料老人ホームなら介護は安心のウソ」など、するどい視点から住まい選びのポイントをとらえた本書 ...
【麻生首相ぶら下がり詳報】「安心社会実現会議」設置を表明(7日昼) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
その道筋を明らかにするために安心社会実現会議を作ります。各界の有識者にお集まりいただき、私とともに議論していただきます。議題のひとつは安全、安心の姿、見取り図を示す。家庭、社会、コミュニティー、政府の役割分担。2つ目に雇用、介護、子育て支援、生活者支援 ...
番組の実験で骨折事故=NHK「ためしてガッテン」 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
NHK広報局によると、事故は3月15日、高齢者の転び方を検証するため、緩衝材を敷き詰めた場所の上で足場を揺らして被験者に倒れてもらう実験で起きた。高齢者が転んで骨折し寝たきりになるのを予防する方法を探るのが目的で、整形外科医も立ち会っていた。 ...
高齢者らの生活と権利守れ 全国ネット今夏結成 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉士の上田理事長は「ネットが福祉と法曹界をつなぐ触媒の役割を果たし、誰もが安心して暮らせるシステムづくりを目指したい」と話している。(井関 徹) 成年後見制度 2000年の介護保険制度導入を機に、認知症の高齢者や精神障害者など判断能力の不十分な人を保護 ...
児童が「サムルノリ」披露 彦根の高齢者福祉施設で - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高月町雨森地区などの児童でつくる芸能グループ「すずらん」のメンバー5人が6日、彦根市の高齢者総合福祉施設「邂逅(かいこう)の郷」を訪れ、韓国の伝統芸能・サムルノリを披露した。 華やかなピンク色のチマ・チョゴリを身につけた児童は、2種類の太鼓と鉦(かね) ...
【三重】県が高齢者元気かがやきプランの改定版策定(4/7) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設整備の面では、11年度末に介護療養型医療施設が廃止となるため、介護老人保健施設に転換するなど療養病床の再編を図るとともに、地域ケア体制の整備に向けての考え方を示したことが特徴。 地域ケアに関しては、地域密着型施設の整備や個室ユニットケアの推進などを ...
2009年04月06日()
写真使い会話「共想法」 新たな認知症予防法 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者同士が写真を手がかりに会話を交わす「共想法」が、認知症予防の新たな手法として注目されている。プログラムを開発したのは、東京大学人工物工学研究センターの大武(おおたけ)美保子准教授(サービス工学)。千葉県柏市を拠点に、大武准教授が所長を務めるNPO ...
補正最大の10兆円超 首相指示 GDP比2%以上 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護職員の処遇改善に取り組む事業者に対する助成制度や、介護施設整備への助成・融資拡大は三年間の時限的措置として行う。高齢者の生前贈与を優遇する贈与税減免も盛り込まれた。 「安心と活力」実現では、地方自治体への配慮として、公共事業で地方負担分の九割を国庫 ...
千葉市 医療費助成金過払い 昨年12月診療分、1186人分 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
市によると、過払いが生じたのは、心身障害者医療費助成の対象者のうち、後期高齢者医療制度の加入者で、自己負担限度額(一般外来で月額一万二千円)を超えて医療費を支払った人。本来、限度額を超えた分は高額療養費として別に返還され、助成対象から除いているが、十二 ...
福祉施設で火災 入所者1人心肺停止、2人軽傷 新潟 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
7日午前3時33分ごろ、新潟県糸魚川市大沢の福祉施設「ケアハウスハイツ能生」(社会福祉法人「能生名立福祉会」運営、入所者28人)から出火、鉄筋コンクリート3階建て同施設の2階の1室約25平方メートルが全焼した。この火事で同階に入所していた無職山田マキ ...
浅香工業、初心者向けの農具シリーズを発売 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者でも作業しやすいようユニバーサルデザインに配慮した設計としたのが特徴。収穫用のはさみやショベル、作業用エプロンなど15点で、価格は数百円から2千数百円まで。シリーズ全体で初年度1億円の売り上げを見込んでいる。 退職した団塊世代の農業参加が増加し、 ...
衝突事故で14人軽傷 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
静岡県の国道で車3台が絡む衝突事故、老人介護施設の送迎車に乗った高齢者8人など計14人軽傷。 ・ニュースの詳細は徳島新聞でどうぞ。 ・ニュース・情報提供とご意見・問い合わせはE-mail:jouhou@topics.or.jpへ。 ・掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 ...
10兆円超の補正を指示=経済対策、GDP比2%超に-麻生首相 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
その上で、追加対策では(1)非正規労働者への新たな安全網構築(2)企業の資金繰り対策の充実(3)太陽光発電の大幅拡大(4)介護、地域医療に対する国民の不安除去(5)自治体による地方活性化策の支援-の5点を重視するよう求めた。
災害時要援護者は、災害時に危険を判断できない人や情報を受け取ることが困難な人。認知症や寝たきり高齢者、障害者、難病患者らが挙げられ、乳幼児、妊産婦、外国人も含む。該当するのは2009年2月1日現在で約1万8300人とみられ、この中から支援が必要な要援護 ...
高校卒業生が介護福祉士・看護師試験に56人全員合格の快挙! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
県立田鶴浜高校(石川県七尾市、学校長:山本登紀男)の08年度卒業生が、介護福祉士と正看護師の国家試験で受験者56人が全員合格するという快挙を達成した。3月26日に看護師の、3月31日に介護福祉士の合格発表があり、全員合格が分かった。合格者は看護師で37人、介護福祉 ...
追加対策、GDP比2%超の真水規模を首相が指示=与謝野財務相 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
対策の重点項目は5つ。1)非正規労働者に対する新たな安全網構築、2)資金繰り危機対応で万全な措置・政府系金融のフル出動、3)太陽光発電の抜本拡大・世界最先端の研究者の支援強化、4)介護・医療に対する不安除去、5)自治体の地方活性化への取組みの応援──を ...
財政支出、GDPの2%上回る規模に 首相、追加対策で指示 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
首相は対策に盛り込むべき重点事項として(1)非正規労働者の安全網の整備(2)企業の資金繰り対策(3)太陽光発電の普及(4)介護・地域医療に対する国民の不安解消(5)自治体の地方活性化の取組への応援――を掲げた。(14:34)
また、特に高齢の骨粗鬆症患者さんでは脊椎や大腿骨頸部などの骨折が生じやすく、場合によっては寝たきりの状態につながりかねないことから、骨粗鬆症に対する対策は医療のみならず社会的にも重要な課題とされています。 ミノドロン酸水和物は、日本で初めて創薬された ...
介護保険制度におけるショートステイとは、在宅で介護を受けているお年寄りの方々に対して、短期的に入所してもらい、生活全般をサポートする介護サービスです。 心身の状況や病状、ご家族の病気、冠婚葬祭、出張等のため、又はご家族の精神的・身体的な負担の軽減等を ...
クラツー、ユニバーサルデザインツアーをグアムで実施、海外は5回目 - トラベルビジョン (媒体での記事掲載終了)
「ドリームフェスティバル」とは、障がいのある人や高齢者などを対象に、「旅をあきらめない、夢をあきらめない」をコンセプトとして実施する“ユニバーサルデザインツアー”。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏も参加し、これまで春にハワイ、秋に長野の上諏訪で計4回実施し ...
勤務継続に3割否定的 民間福祉施設の新人職員 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉施設の新人職員の三割が、現在の仕事を続けることに否定的な考えを抱えていることが、兵庫県社会福祉協議会の調査で分かった。高齢者施設では四割近くに達しており、他業種に比べ低い給与水準の改善や人員増などを求める声が上がった。(溝田幸弘) 保育所や特別養護 ...
経済産業省、介護・福祉分野のロボット開発を支援 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は、3月25日に公表した「ロボット産業政策研究会の報告書」において、少子高齢化時代を見据え、ロボットと共存する安全・安心な社会システムの構築のため、今後、介護・福祉分野へのロボット実用化を支援すると発表した。 介護・福祉分野では、要介護者の移乗を ...
2009年04月05日()
介護する人の癒やしに 浜松で「リラの会」発足 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
家庭で介護している人の交流やリフレッシュ事業などを企画、運営するボランティアグループ「介護者サロン リラの会」が浜松市内に発足し、このほど、同市東区中野町の「ディサービス小春日和」で立ち上げ式を行った。介護福祉士や看護師、音楽療法士、福祉住環境 ...
介護ベッド、やまぬ事故 手すり・柵に死角あり - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護用ベッドの手すりや柵のすき間に首や腕を挟むなどして要介護者が死傷する事故が止まらない。経済産業省は3月、異例のスピードで製品の安全基準を作成、メーカーも使い方の注意喚起などを進めている。だが介護現場からは「予想外の出来事も多く、一瞬たりとも目を離さ ...
脳卒中などで家族が倒れた際、直面するのは介護の問題。寝たきりになると症状は悪化しやすく、介護する側も疲れ切ってしまう。しかし、最新の研究によると、介護のやり方次第では、脳の機能が改善し、歩いたり、話したりできるまでに回復するケースがあるという。 ...
離職者新たな旅立ち、介護の道へ 宇都宮で短大入学式 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
離職者の雇用対策として、県が本年度から実施する「介護福祉士」資格取得に向けた職業訓練支援事業。その委託先の一つである宇都宮市下荒針町の宇都宮短大で四日、入学式が行われた。雇い止めなどで職を失った四人が訓練生として出席、新たな旅立ちに期待を込め、最初の ...
認知症疾患医療センター 4病院を初指定 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症対策を進めるため、鳥取県は新年度、県内四病院を「認知症疾患医療センター」として初めて指定した。認知症の診断や治療などで専門医療を提供するほか、医療と介護の連携強化や相談体制の充実を図り、地域の認知症対策の中核となる。指定期間は三年。 ...
介護認定審査会など新委員に辞令交付/津軽広域連合 - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
2009年度の津軽広域連合介護認定審査会・障害程度区分判定審査会(連合長・相馬●一弘前市長)の辞令交付式が4日、弘前市のホテルで行われ、医療、保健、福祉の各関係団体から推薦を受けた委員に辞令が交付された。 介護認定審査会の委員は150人、障害程度区分 ...
2009年04月04日()
新サービス参入進まず 小規模多機能型居宅介護 報酬単価低く『割に合わず』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
住み慣れた地域で介護が必要なお年寄りを支える新サービスとして三年前に登場した「小規模多機能型居宅介護施設」。事業者の参入が進まず、県内では昨年末時点で三十事業所が開設しただけで、当初見込みの三分の一程度にとどまり、各自治体の介護保険事業計画に見込み違い ...
『男の介護』支援で全国組織 オヤジの声を行政へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化や核家族化で、「男の介護」が増えている。妻のおむつを替える高齢の夫、老親の世話をする独身の息子…。いまや介護をする人の、三人に一人が男性だ。こうした事情を背景に先月、男性介護者と支援者の全国的なネットワークも発足した。仕事との両立で心身のストレス ...
舞妓、芸妓が老人介護施設を慰問 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
京都の祇園東から4日芸妓と舞妓が訪れ別府市の介護老人施設を慰問しました。 芸妓の雛菊さんと舞妓の美晴さんがトキハ別府店で開かれている京都展に招かれたのを機会に市内の介護老人保健施設「メディケア別府」を慰問しました。 2人は祇園小唄などで京舞を披露しお ...
足利市がゴールドプラン策定 介護保険料を引き下げ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【足利】市は本年度から一一年度まで三カ年の福祉計画と介護保険事業計画からなるゴールドプラン21(第4期計画)を策定した。六十五歳以上の介護保険料(基準額)は年額で四万五千三百円から四万五千円に引き下げ、介護施設の整備では大規模な特別養護老人ホームなどを ...
ヘルパーが複数利用者を同時に介護し、指定取り消しへ――青森・訪問介護 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
青森県は3月31日、介護報酬を不正請求したとして医療法人恩幸会(本部:弘前市、理事長:工藤幸志)が運営する訪問介護事業所「石川訪問看護ステーションやすらぎ」(弘前市)の事業者指定を取り消した。 県によると、同事業所は08年8月に施設入所者9人に対し、それぞれ ...
大垣共立銀行、無料出張相談の「介護福祉経営サポートデスク」を開設 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
大垣共立銀行(本店:岐阜県大垣市、頭取:土屋嶢)は4月1日から、介護福祉事業をサポートする専門の窓口「介護福祉経営サポートデスク」を開設する。 介護福祉経営に精通した専門スタッフが無料で出張相談に対応し、専用融資の提案など従来よりも専門性の高いサポート ...
実態把握難しく 有料老人ホーム - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
法改正で、民家を改修した小規模施設で高齢者を受け入れる宅老所も対象になった。ただ、高齢者だけでなく障害のある人も受け入れている施設もあり、県は「把握した施設には届けを出すよう指導に努めているが、老人ホームの枠組みではとらえきれない施設もある」としている ...
県内月額平均3717円 介護保険料改定 自治体間最大格差1475円 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は三日、今月から改定された二〇〇九-一一年度の県内市町村の六十五歳以上の介護保険料をまとめた。一人当たりの県平均月額は前期(〇六-〇八年度)比7・4%増の三千七百十七円となる。県平均月額はこれまで全国最低だった。国の暫定試算では今期も全国水準(四千二 ...
2009年04月03日()
老老介護苦に心中図る? 上山・女性殺害 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
同署によると、登容疑者は「真夜中に妻の首を絞めて殺した」と話しており、司法解剖の結果も死因は首を絞められたことによる窒息死だった。2日午前8時ごろ、訪問介護のヘルパーが寝室で首をつろうとしていた登容疑者を発見。制止すると、包丁で自殺を図ろうとしたという ...
豊田自動織機が介護休暇制度導入を検討 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護休暇制度の導入や、3月に導入した短時間勤務制度の拡充などの施策を22年度中に実現させる考え。特に今後必要性が高まる介護支援の充実に力を入れる。 育児支援では、育児休職制度の取得要件を拡大し、男性社員の育児休暇取得を促す。また、育児休暇復帰時に上司と ...
彼らが見学していく中でまず驚いていたことは、リビングやお風呂場、グループホームなど、どんな場所でも高齢者が自分でできることには手を差し伸べずに自立を促すという方針でした。視察した事業者は「グループホームで少人数で共同で一緒に生活するという意識がまず違っ ...
あいけあ、介護事業者向け介護報酬立替サービス開始、最短5営業日で現金化 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
株式会社あいけあ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:土屋有)は株式会社プレステージ・インターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役兼代表執行役員:玉上 進一)と業務提携し、介護事業者向けの介護報酬立替サービスを開始したことが分かった。 ...
東京社会福祉士会、「高齢者安心電話」相談員を募集! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京社会福祉士会は4月1日、「高齢者安心電話」の相談員を募集した。 同事業は東京社会福祉士会の独自事業で、高齢者や家族が抱えている悩みごとに対して、情報提供を主として電話による相談サービスをするもの。 高齢者福祉制度や家族介護、人間関係など多岐にわたる相談 ...
生活、環境柱に経済対策=介護労働者の待遇改善も-民主 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
高速道路無料化や子ども手当創設など既に打ち出している政策に加え、介護労働者の待遇改善による介護分野での雇用創出や、住宅への太陽光パネル・省エネ家電の普及促進、学校や病院の耐震化などを盛り込む見通しだ。 政府・与党が10日にまとめる追加経済対策では、赤字 ...
「介護に疲れた」寝たきりの妻絞殺、容疑で84歳夫を逮捕-山形 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
「介護に疲れた」などと供述し、容疑を認めているという。 同署によると、加藤容疑者は1日午後5時頃から2日午前8時頃までの間、自宅1階寝室で、寝たきり状態だった妻・はるさん(82)の首をひものようなもので絞めて殺害した疑いが持たれている。2日午前8時半頃になって介護 ...
薬のことなら薬事日報ウェブサイト - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
また、医療・介護連携では、医政、保険、老健の3局が整合的に政策の立案・実施ができるよう、審議官の任務を見直し、総合的な政策方針の策定や局横断的調整を担当するよう求めている。2012年の診療報酬・介護報酬同時改定に間に合わせるよう期限も付けた。 厚労省は ...
全員合格 田鶴浜高卒業生が快挙 看護師37人 介護福祉士19人 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
田鶴浜高校(七尾市)の二〇〇八年度卒業生が、看護師と介護福祉士の両国家試験で全員合格という快挙を達成した。 看護師の全員合格は、二〇〇〇年に衛生看護科専攻科が誕生して以来初めて。介護福祉士の全員合格は三年連続で、同校によると全国的にもまれな結果という。 ...
介護施設充実に重点 京都市が「長寿すこやかプラン」 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市は、2011年度までの高齢者福祉施策の方針を盛り込んだ「市民長寿すこやかプラン」を策定した。11年度末までに医療機関の介護療養病床が廃止されることから、老人保健施設などへのスムーズな転換や地域介護サービスの向上を掲げている。 ...
2009年04月02日()
貝印 キッチン・美容小物で新ブランド発売 - 日経ネット中部版 (媒体での記事掲載終了)
高齢化の進展に伴い、ユニバーサルデザイン(UD)商品のニーズが高まっていると判断した。専門店やカタログなどを中心に販売し、年商5億円程度に育てていく。 新ブランド名は「YASACY」で“やさしい”と読む。持ち手を太くした野菜の皮むき器や拡大鏡付きのつめ ...
不発弾撤去 避難体験冊子に 調布市立図書館が発行『危機管理に役立てたい』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
体験談では「避難所となった小学校のバリアフリー化が必要」「高齢者や子どもの健康管理をしっかり考えていくべきだ」など、災害時の避難を想定した提言が寄せられた。また「太平洋戦争の戦禍がいかにすさまじいものであったかを物語る」など戦争に思いを巡らす意見もあっ ...
妻殺害容疑で84歳夫を逮捕 「介護に疲れた」 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
介護に疲れた」と容疑を認めているという。 逮捕容疑は、1日午後5時ごろから2日午前8時ごろまでの間、自宅寝室のベッドではるさんの首をひも状のもので締め、殺害した疑い。司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死だった。 同署によると、はるさんの ...
市民後見人が始動 養成講座修了の16人活用 監視機能持つ第三者委設置 北九州市社協 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症などで判断力を失った人を対象にした「成年後見制度」に、市民の力が生かされることになった。北九州市社会福祉協議会が1日にスタートさせた法人後見「権利擁護・市民後見センター『らいと』」で、養成講座を修了した16人が市民後見人として活動する。 ...
妻殺害容疑で84歳逮捕=介護疲れが原因か-山形県警 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
同署によると、容疑を認めており、「介護に疲れた」などと供述しているという。 逮捕容疑では、加藤容疑者は2日未明、自宅1階寝室で寝たきりだったはるさんの首をひものようなもので絞め、殺害した疑い。(2009/04/02-22:32)
「海の介護人ものがたり」 椎名 勝巳著 (中央法規出版・1890円) - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
浮きも沈みもしない中性浮力が身に付けば、少しの支援で活動できるようになる。ハンディを感じさせない海の中での体験で、高齢者らは癒やされ、元気づけられる。 著者は、海こそ究極のバリアフリーだとし、安全にゆっくりダイビングを楽しむよう呼び掛ける。 ...
国交省、障害のある人への「応対ハンドブック」作成 - ケンオー・ドットコム (媒体での記事掲載終了)
平成18年12月に施行された「バリアフリー新法」では、高齢者、身体障害者に限らず、知的障害、発達障害、精神障害のある人も含むすべての障害者が対象となることが明確化されたのを受けて、「応対ハンドブック」を作成した。
がん、認知症など高齢者医療に「東京都健康長寿医療センター研究所」が4月1日オープン! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
板橋区にオープンする同センターは、高齢者医療モデルの確立と発信の拠点として、高度先端医療の推進や老化・老年病の研究開発を行なう。重点医療としては、血管病治療、高齢者がん治療、認知症治療に取り組む。 今後、高齢者急性期医療についても強化する体制を作り、 ...
高齢の妻、夫助けに戻る?=民家火災、2人死亡-愛知・豊田 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
同署によると、杉山さんは寝たきりで、美智子さんの介護を受けていた。 火災発生後、美智子さんが家の外に出るのが目撃されており、杉山さんを助けるため再び家の中に戻った可能性が高いという。(2009/04/02-13:06)
特養など12施設整備 11年度までに宇都宮市計画 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】市は要介護高齢者の状態に対応した施設を整備推進しようと二〇一一年度までに、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介護老人保健施設(老健)など計十二施設を整備する。本年度、整備運営する民間の福祉法人を公募し、整備費を補助する。 市第四期介護保 ...
四国医新(2) 高齢者 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
国は入院日数を短縮化し、療養病床の大幅削減を決めた。たんの吸引や胃から直接栄養をとる胃ろうなどの「医療ケア」が必要な患者も退院を迫られる。だが四国の介護施設は定員の9割が埋まる。24時間往診が可能とされる「在宅療養支援診療所」は愛媛169、徳島133、 ...
<テレビウォッチ>介護報酬制度が4月から改定され、報酬が微妙にアップした。しかし、介護職員の待遇改善、人材確保という「目標と改定の内容が合致してない、足りない」と作家の吉永みち子。 その吉永のコメントが終わらないうちに、ジャーナリストで番組メインコメンテ ...
愛知・豊田市の民家で火事、2人死亡 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
杉山さんはほぼ寝たきりの生活で、妻の美智子さんはいったん、外に出たものの、杉山さんを助けようと再び家の中に入っていったということです。 避難した長男は、「台所から火が出ていた」と話しているということで、警察と消防が詳しい出火原因を調べています。 ...
高齢者施設に車いすを寄贈 赤見小 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【佐野】赤見小はこのほど、児童の家庭から集めたアルミ缶の益金で初めて、小中町の高齢者福祉施設「佐野サンリバー」に車いす一台を寄贈した。 四年前に、総合学習の時間を活用しプルタブ回収を始め、その後アルミ缶を集める活動になった。 毎週火曜日朝、各家庭から持っ ...
4年ほど前から認知症を患う妻を、長門は仕事しながら介護してきた。長門によると、南田は自力では立ち上がれないようになっていたようだ。3月28日にベッドから転落して足と腰を痛めて病院に連れて行こうと思っていた矢先だったという。 スタジオに招かれた認知症の専門医 ...
平成20年度都道府県医師会広報担当理事連絡協議会 これまでの広報活動の成果と今後の課題について討議 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
二〇〇六年十月から放送した「高齢者医療」編,「学校保健」編,「医師の心ない一言」編,二〇〇七年十二月から放送した,「小児救急医療」編,「長期療養病床」編を改めて取り上げ,全日本シーエム放送連盟が主催するACC賞ゴールドを二年連続で受賞するなど高い評価を得 ...
介護福祉士取得訓練に離職者殺到 県内養成2校 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
徳島県の緊急経済雇用対策の一環として、離職者を対象にした受講料免除の介護福祉士取得訓練が三日から始まる。受け入れ先の四国大学短期大学部(同市応神町)と徳島健祥会福祉専門学校(徳島市国府町)には、合計定員三十五人を大きく上回る八十九人の応募があった。 ...
京丹波町病院スタート - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
【京丹波町病院】療養病床8床を一般病床化し、全47床がすべて一般病床に▽皮膚科診察が第2、4水曜から第2、4火曜に。 【同病院付属質美診療所】診察日が月、水、金曜の週3回から火、金曜の週2回に。 【和知診療所】時間外の救急受け入れ中止▽一般病床を休止▽ ...
介護保険料9市町が引き上げ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県内の23市町のうち9市町が1日、65歳以上の高齢者が支払う介護保険料を引き上げる。最も引上げ幅が大きいのは庄原市の30.5%。一方で8市町が引き下げに踏切り、県は、県平均の保険料をほぼ横ばいと見込んでいる。 引き上げ率が高いのは庄原市に次いで、尾道市の ...
今朝よりは少し快方に向かっていると思うが」と声を落とした。 担当の医師は「退院まで1カ月はかからない」と話しているという。長門は「とても1人では老老介護はできない。遅まきながら介護保険を勉強して、要介護の申請を出している」と話していた。
「在宅医療サポート介護支援専門員」養成、新規事業に決定!――東京都 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの基盤整備については、認知症グループホームの定員を6200人に増員するほか、リハビリテーションを行なう介護老人保健施設の整備を進める。医療と介護を連携させた高齢者専用賃貸住宅については、併設する医療や介護サービスに関する部分の整備費を一部補助 ...
2009年04月01日()
【ゆうゆうLife】わが街を離れず 自宅外での在宅介護(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
町は、高齢化と過疎化で増えた空き家を改修し、高齢者住宅への転換を進める。特別養護老人ホームも老人保健施設もないが、昨年2月、同町池原地区に、初の認知症高齢者グループホームをオープン。同時に、隣接する住宅「結いの家羽衣」を開設した。 ...
港区、専門校生に助成 人材不足 介護職獲得合戦の様相 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
港区は一日、介護福祉士の資格を取得するため専門学校に入学した学生に卒業後三年以上、区内の事業所に勤めることを条件に学費の一部を助成する「青田買い作戦」を始めた。都内の介護現場はどこも人材不足が深刻で、自治体を巻き込んだ人材の獲得合戦に拍車が掛かりそうだ ...
若年認知症 3万7000人余 - NHK (媒体での記事掲載終了)
65歳未満で発症する若年認知症の患者は全国で3万7000人余りと推計され、発症年齢の平均は51歳と、働き盛りで病気になって収入の減少などに悩む人の多いことが、厚生労働省の調査でわかりました。
中福祉国家 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
北欧諸国は日本の消費税に当たる付加価値税率が20%前後と高いが、高齢者福祉や失業保険などの社会保障が充実している「高負担・高福祉」。米国は税金や社会保険料の負担割合が日本をやや下回り、低所得層が満足な医療を受けられないとされる「低負担・低福祉」。 ...
認知症の一種ピック病説まで出る 高橋教授・窃盗事件の「不可解」 (媒体での記事掲載終了)

   元財務官僚で小泉政権のブレーンとしても知られた、東洋大学教授の高橋洋一容疑者が、温泉施設から腕時計などを盗んだとして書類送検されていたことがわかった。ただ、今回のような窃盗容疑では逮捕されるのが普通で、しかも犯行から1週間近くも新聞報道されなかったなど、不可解な点も多い。このことが、様々な憶測を呼んでいるようなのだ、

続きは「J-CASTニュース」へ


保険料の8・5割軽減を継続 与党、75歳以上の低所得者 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高額療養費の仕組みも改め、低所得の高齢者について外来受診での窓口負担上限額を大幅に引き下げる。 焦点だった年齢区分をめぐっては、75歳以上でも会社勤めを続ける人は、健康保険組合や協会けんぽへの加入継続を例外的に認める。「65歳以上」への対象拡大などは ...
ピック病は若年性認知症の一種で、「散歩・食事などを、毎日同じ時刻に行うようになる」「場違いの行動をする」といった症状が特徴だ。また、「短期記憶は比較的損なわれない」という特徴もあるため、診断が難しいとされている。 今後は、犯行動機の解明が焦点になるもの ...
1日からの介護報酬アップ、サービス向上に (01日) - 北陸朝日放送 (媒体での記事掲載終了)
1日から介護保険制度が見直され、介護の仕事をする人への報酬が平均でおよそ3%上がります。2000年に始まった介護保険制度は3年ごとに制度の見直しが行われてきましたが介護現場で働く人への報酬はその都度平均でマイナスの改定でした。厚生労働省では人材確保や質の高い ...
新たな“終の住処(すみか)”目指して - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
元々グループリビングとは認知生老人を対象とした介護施設(グループホーム)とは異なり比較的元気な高齢者の自立や生活支援等を目的として、自発的に同じ境遇の仲間が一つ屋根の下、助け合いながら生活するという住み方・暮らし方の総称。90年代に入り全国的な広がりを ...
認知症を患う女優の南田洋子さんが意識障害を起こして倒れる - FNN (媒体での記事掲載終了)
認知症を患う女優の南田洋子さん(76)が意識障害を起こして倒れた。 所属事務所によると、南田さんは午後0時半ごろ、東京・世田谷区の自宅兼事務所の3階で、突然、意識障害を起こして倒れ、夫で俳優の長門裕之さんらに付き添われ、午後5時現在、病院で治療を受けている。
フィンランド流で高齢者福祉 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
同市は2005年度に、「阿賀野フィンランド健康福祉センタープロジェクト」を発足。高齢者福祉の先進国である同国との交流を通じて、技術などを学んできた。式典では、同国貿易局のセッポ・ライネ上席顧問が「両国の協力関係の礎石となる施設。継続的に改良を加えていき ...
国際医療福祉大塩谷病院 14診療科でスタート - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、同病院の一般病床二百五十床と療養病床五十床のうち、当面は一般八十七床と療養五十床の計百三十七床を使い、患者増などに合わせ病床は増やしていく方針。 江口院長は「地域の発展は医療の充実とともにある。信頼される病院となるため全身全霊を尽くしたい」などと ...
暴力団事務所をデイサービスセンターに再生 自治会長が買い取り改装 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「笑来庵」は認知症患者を対象にした通所施設。住宅街にある3階建て建物の1階で、約45平方メートルの和室など。昔の話をすることで認知症の悪化を防ぐ回想療法のほか、簡単な読み書き、計算などによる学習療法も受けられる。 建物は、かつては暴力団の事務所だった。 ...
《経済》 遠鉄が介護サービス事業拡充へ 09-11年度中期計画 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
静岡空港(島田市、牧之原市)開港に合わせて直行バスを新たに運行することや、2月に参入を表明した介護サービス事業の拡大などを打ち出している。 計画最終年度となる11年度には連結売上高で08年度比12・2%増の1691億円、経常利益が56・9%増の49億 ...
弘前の訪問介護施設が介護報酬を不正請求 事業指定取り消し - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保険課は昨年9月に不正請求の情報を得て、翌10月に監査を行った。その結果、同事業所が同年8月、併設施設に入居するお年寄り9人を介護する際、1人のホームヘルパーが同時に複数人の食事介助などを と偽り、不正請求していたことが確認された。 ...
mooの新エレベーターが完成 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設を管理する釧路河畔開発公社(中野喜久雄社長)と釧路市が07年度から景観機能の強化と少子高齢化社会に対応したバリアフリー化を実施。1月からエレベーターの設置工事を行ってきた。11人乗りで3階まで上昇する。完成式では関係者と来館したお客を代表して、町屋舜英 ...
韮崎、非稼働27ベッドを削減 - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
最終年度の11年度は、介護療養病床の削減に伴い前年度を下回る78.3%とした。 削減するのは一般病床166床のうち、休止している18床と小児科と眼科が使用している9床。また、療養病床34床も見直し、診療報酬が比較的高い医療療養病床を増床。12年度以降は ...
公立特養、進む民間委託 行革一環「西神戸」は休止 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
今後は未定だが、市高齢福祉課は「同じ場所で再開する可能性は低い。市内では民間の特養が充実しており、不足分は(民間の)新規整備などで対応する」としている。 自治体直営の特養が減る現状について、県福祉法人課は「行政が運営ノウハウを蓄積するのは難しい。 ...
相談先、あきらめないで-平成20年12月24日(水) - 札幌市役所 (媒体での記事掲載終了)
このたび中央区保健福祉部保健福祉課が作成した、区内の高齢者向け小冊子「くらしの相談便利帳」が完成しました。これは、高齢者が日常生活で生じる困りごとや悩みごとに対し、相談先が分からずに不安を抱えたまま孤立することなく、速やかに相談窓口を調べることができる ...
香川県内の月額平均は4198円/介護保険料 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県は31日、65歳以上の高齢者が支払う2009―11年度の市町別の介護保険料をまとめた。8市9町のうち、10市町が前期(06―08年度)より保険料を引き上げ、県内の月額平均は前期比386円(10・1%)増の4198円となった。00年度に介護保険制度が ...