介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年02月28日()
在宅歯科診療普及へ 県が機器購入補助 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は寝たきりの高齢者らを対象にした在宅の歯科診療を普及させるため、新年度からポータブル診療機器の整備を進める。3年間で県内50カ所の歯科診療所に機器購入費を助成。年間に500人が治療を受診できるよう機器の普及を進める。 事業は国の補助事業で、国、県で3 ...
人手不足の介護 『地域』で守れるか - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者らの家族などでつくる「認知症ネットワーク」代表の柿沼矩子さん(65)は「施設に極力頼らず、お年寄りを地域で支える環境づくりが大切」と話す。 柿沼さんは認知症の母親(91)との二人暮らし。母親も地域の一員として生活できるように近所の人をお茶 ...
エレベーター工事完成祝う JR下諏訪駅 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
JR東日本下諏訪駅(木前政美駅長)は2月28日、昨年9月から行われているバリアフリー工事で新設したエレベーターの竣工(しゅんこう)式を行った。下諏訪町職員や同駅利用者、同町木遣保存会員ら約20人が出席した。 エレベーターは11人乗りで、こ線橋西側(岡谷側)の ...
特別養護老人ホームなど10施設整備へ 大田原市 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
市がこれから公募する民間の福祉法人が、小規模の特養老人ホームと認知症高齢者グループホーム計四カ所を整備する。特養ホームで四十人、認知症ホームで三十六人の待機者が解消できる見込み。ほかに通所施設など六カ所も計画に盛り込んだ。 国は〇六年度、要介護度二-五 ...
介護福祉学生が講習 高校生に「関心持って」 大分市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内の県介護福祉士養成施設4校が28日、大分市のJR大分駅構内で、介護福祉士の仕事を紹介するイベントを開いた。参加した高校生たちが視覚障害者の歩行介助などを体験した。 智泉総合福祉専門学校(大分市)、大分介護福祉士専門学校(同市)、別府大学短期大学 ...
元介護職員に罰金50万円の略式命令/丸亀簡裁 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県丸亀市内の介護施設の入所者が頭から熱湯を浴びせられ、やけどを負った事件で、丸亀区検は27日、傷害の罪で、同施設の元介護職員の女(29)=まんのう町=を略式起訴した。丸亀簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し、元職員は納付した。 ...
介護福祉士養成校が合同イベント - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
介護について理解を深めてもらおうと介護福祉士を養成する県内の4つの学校が合同で若者を対象に車いす体験などのイベントを開きました。 JR大分駅では智泉総合福祉専門学校など県内4つの専門学校と短期大学から、教員と学生およそ30人が参加し、若者を対象に介護 ...
病院に併設、高齢者住宅開設が本格化 広島県内 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
国が進める療養病床の削減の受け皿として、二〇〇七年の医療法改正で医療法人による開設も可能となったためで、これまでに広島市と福山市の四法人が事業に乗りだした。県への問い合わせも増えており、さらに動きは広がりそうだ。 広島市安佐北区可部南の医療法人長久堂 ...
介護教室“入門” 増える男性 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
県社会福祉介護研修センター(大分市)で、介護技術を学ぶ男性が増えている。介護現場では高齢の夫(妻)が高齢の妻(夫)を介護する「老―老介護」や、互いに認知症状のある高齢者夫婦世帯の「認―認介護」といった言葉が飛び交うほど、高齢者だけの世帯は多い。 ...
のびのび健康に 『体操』がリニューアル - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
能美市が介護予防の一環として高齢者の体力維持を目指して考案した「のびのび体操」のイス編が、再編集された。寺井健康福祉センターで二十七日にあった普及講座で披露された。 体操は二〇〇六、〇七年度にかけ、健康運動指導士と作業療法士が考案。 ...
小規模福祉施設にかかるスプリンクラーの整備など――全国介護保険課長会議8 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
具体的には、消防法施行令に定められた自力避難困難者入所施設のうち、小規模の特別養護老人ホーム(定員29名以下)、小規模の介護老人保健施設(定員29名以下)、認知症高齢者グループホームの3施設にあって、スプリンクラーが未設置である施設に対して、延べ床面積275m ...
2009年02月27日()
自治体が養成 認知症サポーター 地図やステッカーで存在を周知 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族にとって、認知症に一定の知識と理解のある人が身近にいることは心強い。講習を受け知識を身につけた「認知症サポーター」の支援を受けられる施設や団体を、対象者に分かりやすく知らせる取り組みが、始まっている。 (佐橋大) 「市民だれもが“ほっと” ...
殺人容疑などで逮捕 介護士を免職処分 愛媛 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
松山市の山中で1月、同市の無職、西山良枝さん=当時(21)=が絞殺体で発見された事件で、松山広域福祉施設事務組合は27日、殺人と死体遺棄容疑で県警に逮捕された組合の介護福祉士、河合亮容疑者(23)を懲戒免職処分にしたと発表した。 ...
遊び目的で身障者用車いす窃盗 少年「将来は介護の仕事に」 判事「夢忘れず努力を」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
窃盗罪に問われた少年(19)の夢は「介護の仕事に就くこと」だった‐。長崎簡裁は27日、少年に懲役10月、執行猶予2年(求刑懲役10月)の判決を言い渡した。 判決によると、少年は昨年5月、商業施設で仲間2人と車いす1台を盗んだ。 ...
広がる高齢者専用賃貸住宅 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
国が進める療養病床の削減の受け皿として、2007年の医療法改正で医療法人による開設も可能となったためで、これまでに広島市と福山市の4法人が事業に乗りだした。県への問い合わせも増えており、さらに動きは広がりそうだ。 広島市安佐北区可部南の医療法人長久堂野村 ...
要介護度3以上が4658人待機 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
これを精査した結果、自宅や有料老人ホームなど介護保険施設以外で過ごしているのは1万1117人。このうち排せつや着替えなどに全面的な介護が必要な要介護度3―5の人数が4658人だった。 県は新年度から3年間の介護保険事業支援計画で、特養や老健施設、認知症グループホ ...
社協、認知症サポート強化へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
尾道市社会福祉協議会は、「認知症サポーター」の養成講座で講師役を務める「キャラバン・メイト」の態勢を強化する。現在の53人を新年度に100人に増やす目標。認知症の人やその家族を地域で支える体制を充実させる。 28日にはキャラバン・メイト養成研修を門田町の市総合 ...
出張健康講座が好評 腰痛で悩む介護労働者、理学療法士が指導 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護現場を支援する財団法人・介護労働安定センター徳島支部(徳島市八百屋町三)が昨年夏から出張健康講座に取り組み、県内の介護労働者に好評だ。講座は介護の重労働による腰痛を防止するため、理学療法に基づいた介助などの技術を身に付けてもらうのが狙い。 ...
「もみじマーク」罰則規定撤回へ 道交法改正案、閣議決定 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
改正案は、高齢運転者が安全に運転を継続できるような支援策の充実が目的。もみじマークの表示について、75歳以上の運転者も70歳以上と同様に罰則のない「努力義務」とする。官公庁や福祉施設の周辺の道路に高齢者に加え、障害者、妊婦らも利用できる専用駐車区間を設ける ...
夜は?介護は?体験入居で - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
いつまで暮らせるか事前確認は不可欠だ。 元気な時は、見学で要介護者向け居室を確認する人は少ない。だが、以前調べた寝たきり高齢者専用の賃貸住宅は窓やナースコールもない部屋で、巡回は3時間に1回だけだった。「住み替えはいざという時の安心のため。 ...
介護保険料 26市町村下げ 準備基金を取り崩す - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
六十五歳以上が四月から支払う第四期介護保険料(二〇〇九―一一年度)について、県内十四保険者(十三市町村、一広域連合)の改定額が二十六日までに、ほぼ出そろった。市町村別の基準月額は、竹富町をはじめ二十六市町村で現在より引き下げられ、那覇市など十市町村で ...
多良間村シルバー人材センター発足 村単位では県内初2009年2月27日 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
村住民福祉課によると、同村シルバー人材センターは60歳以上の高齢者の健康維持や雇用確保、技術、経験の活用を図ろうと、下地昌明村長の意向を受けて設立された。 県シルバー人材センター連合によると、国の補助を受けるには会員数百人以上、就業日数5000日以上が ...
半田市、ごみを訪問回収 高齢者、障害者の自宅へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで自宅近くのごみステーションまで自力でごみを出せなかった人は、介護サービスを受ける際に市や民間事業所のホームヘルパーに回収してもらっていた。環境センターまでごみを運ぶのがヘルパーらの負担になっていた。 市訪問ヘルプサービスセンターの ...
「AWAの帝王」ガニア氏殺人関与の疑い - なにわWEB (媒体での記事掲載終了)
当時、男性とガニア氏はともに認知症の治療中だった。逮捕には至っていないが、かつての名レスラーのスキャンダルに波紋が広がっている。 かつて日本や米国のマットで活躍したガニア氏に大スキャンダルが浮上した。今月18日には米テレビが「伝説のレスラーが殺人の疑い ...
道内初の終身建物賃貸借事業認可を受けた高齢者専用賃貸マンション「翠の杜」 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【函館】函館市の不動産賃貸業北栄企画(大須賀浩社長)が、道内で初めて終身建物賃貸借事業の認可を受けた高齢者専用賃貸マンション「翠(みどり)の杜(もり)」を三月一日、函館市本通一に開業する。 終身建物賃貸借制度は、契約期間が終身。一定のバリアフリー住宅を ...
2009年02月26日()
エーザイ、日東電工との認知症用張り薬の開発を断念 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイは26日、主力のアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」の成分を使った張り薬について、日東電工と米国で進めてきた共同開発を断念すると発表した。あわせて同日、帝国製薬が開発している同様の張り薬で米国独占販売権などを取得した。米国特許の満了を2010年 ...
【ゆうゆうLife】医療 介護 病院を出される(5) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
末期がんの50代男性は手術後にウロストーマをつくり、在宅療養を始めたが、発熱などで月1、2回入退院を繰り返した。柏木さんが相談を受けたときは、病院側から「これ以上の処置ができないので、ホスピスか療養病床に転院するように」と言われ、「病院に見捨てられた」 ...
介護食に福島の幸たっぷり 県内3社が新商品 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
福島県内に事業所を持つ食品会社3社が、県産の1次産品を使った病院・介護施設向け給食用食材を開発し、福島市で26日、合同発表会を開いた。完成したのは、会津産グリーンアスパラガスを使った冷凍ピューレやパン・クッキー、いわき産サケを生かした冷凍のつみれや ...
行政はハードからソフトへの転換を図れ - 日経パソコン (媒体での記事掲載終了)
価値前提で考えれば、誰もが参画しやすいユニバーサルデザインを主眼とした社会になるはず。それを可能にするのが、パソコンやインターネットです。 ■子どもの教育の面でも行政は大きな役割を担っています。 教育形態はIT社会に対応しきれていない。 ...
府中北市民病院経営見直し - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
プランによると、計110の一般・療養病床のうち運用は計85床に限定。一部の看護師や看護助手を別の病院に配置転換して人件費の負担を軽減する。消耗品費や機器リースも見直し、本年度比4500万円のコストを圧縮する。 一方で市は、将来にわたり医師不足などが懸念される ...
認知症のガニア氏を捜査 往年のプロレス人気選手 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
25日の米ミネソタ州の地元紙などによると、1960、70年代にプロレスの人気選手だったバーン・ガニア氏が、養護施設内のトラブルで殺人の疑いを持たれている。 報道によると、1月末に施設内で97歳の男性が転倒し、腰… [記事全文]
アマノは、これまでに食品工場等食品衛生分野および老健施設等の衛生管理専用の電解水生成装置『α/βシリーズ』を、また、工業洗浄分野での新・水系洗浄剤としてアルカリ電解水洗浄システム『Σシリーズ』を、電解水の可能性を求めて、各業界向けに製品を開発・発売してき ...
高齢者賃貸2年で10棟目指す・・・三洋住宅 - 株式会社全国賃貸住宅新聞社 (媒体での記事掲載終了)
共有フロアに食堂や休憩室があり、ケアマネージャー、ホームヘルパー、デイサービス、訪問リハビリ、内科医院などが入居。24時間医療サービスを提供する。 「現在ある高齢者向けの施設多くは、入居者が必要としないサービスも受けなければならないことがあります。 ...
赤字改善へ効率化 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
リハビリなどの回復・慢性期医療に軸足を置き、療養病床の運用を23床から48床へ拡充する。1日約33人の入院患者数(2008年4-12月の平均)を、68人を目標に引き上げる。 外来は、泌尿器科など3科を休止して9科にする。土曜の休日診療、訪問看護・訪問 ...
介護保険料を減額 5町村は区分変更で増2009年2月26日 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
県内28市町村で構成する県介護保険広域連合(会長・宮城篤実嘉手納町長)は25日、2月定例会を開き、第4期介護保険計画(2009―11年度)で65歳以上の高齢者が負担する第1号保険料額を盛り込んだ条例改正を可決した。現行の3段階区分とも新保険料(基準 ...
2009年02月25日()
【ゆうゆうLife】医療 介護 病院を出される(4) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
在宅復帰を支える介護老人保健施設(老健)の取り組みを取材しました。(寺田理恵) 川崎市の高木庸子さん(93)=仮名=はベッドから落ちて手足を骨折した後、老健を経て、先週、自宅へ戻った。 救急搬送先の総合病院での入院は約1カ月。その後、昨年12月に同市の老 ...
介護用ベッドなどの手すり、JIS改正へ 経産省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は25日、介護用ベッドなどの日本工業規格(JIS)を3月20日付で改正し、安全基準のなかった可動式の手すりについて、新たに強度やすき間の間隔などの規定を加えると発表した。介護用ベッドを巡っては2007年5月以降、すき間に首を挟むなどした10人の死亡が判明 ...
足こぎ車いす製品化へ 東北大の特許活用 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
半田教授によると、リハビリ効果は試作段階で、宮城県に住む寝たきり(要介護度5)の80代女性が利用後1年足らずで、つえ歩行ができる(要介護度3)ようになるなど改善例が複数あったという。 TESSは試作品を車いす製造のオーエックスエンジニアリング(千葉市) ...
秋田県、「1日サポート医師」を県外から募集 (媒体での記事掲載終了)

   秋田県は医師不足による医師確保対策の一環として「医師バンク」を設置しているが、1日単位で県外から医師の支援を募る「ドクターショートサポートバンク」を立ち上げ、2009年3月から東京事務所を拠点に人材登録を進める。健康福祉部医務薬事課の担当者は、「学会などで先生が不在の時に、1日でもサポートに入ってもらえたらありがたい」と話している。


福祉センター建設大詰め=援協=200万レ募金を呼びかけ=「金額より多くの人から」 - ニッケイ新聞 (媒体での記事掲載終了)
五階の多目的ホールを使って、コロニアで必要とされている高齢者福祉活動が活発に行われる予定になっている。 例えば、中高年層の女性を対象とした予防医学サービス、生きがい創造や老化予防のリハビリテーションを行う日帰り高齢者引き受けサービス、その他、福祉や健康 ...
介護用ベッドなどの手すり、JIS規格改正へ 経産省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は25日、介護用ベッドなどの日本工業規格(JIS)を3月20日付で改正し、安全基準のなかった可動式の手すりについて、新たに強度やすき間の間隔などの規定を加えると発表した。介護用ベッドを巡っては2007年5月以降、すき間に首を挟むなどした10人の死亡が判明 ...
【Re:社会部】温かい「おくりびと」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
祖母は10年前から認知症を患い、ここ数年は同居する祖父に「ほかに女がいる」「私のお金を返して」などと怒鳴っていました。医師だった祖父は「僕しか見てあげられない」と辛抱強く付き添いましたが、約3年前に持病が悪化して入院しました。 施設に入ることになった ...
比で介護士候補ら面接終了 5月訪日へ500人参加 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
【マニラ25日共同】日本とフィリピンの経済連携協定(EPA)に基づくフィリピン人介護福祉士、看護師候補者の訪日就労に向け、日本側仲介機関「国際厚生事業団」がマニラなどで行った候補者501人の面接などが25日、終了した。 今後、事業団が候補者と日本側 ...
介護ベッドの安全性強化 事故多発でJIS改正へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は25日、国の安全基準を満たしていることを示す日本工業規格(JIS)の介護ベッドの規格を、来月20日付で改正すると発表した。落下防止用の柵のすき間に首などが挟まれて大けがをしたり死亡したりする事故が多発しているため、安全性を強化する。 ...
介護ベッドの安全性強化 事故多発でJIS改正へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は25日、国の安全基準を満たしていることを示す日本工業規格(JIS)の介護ベッドの規格を、来月20日付で改正すると発表した。落下防止用の柵のすき間に首などが挟まれて大けがをしたり死亡したりする事故が多発しているため、安全性を強化する。 ...
福祉施設の施工単価が坪68万8000円に上昇、2008年12月期 (媒体での記事掲載終了)

福祉施設の平均施工単価は、この1年間で坪当たり6万7000円上昇して、2008年12月期は坪68万8000円となった。日経アーキテクチュアが08年12月上旬に実施した「建築市場動向調査」で分かった。

第三者の代理受給も可=寝たきり高齢者らに配慮-定額給付金 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの独居高齢者ら本人による手続きが難しい場合には、民生委員や自治会長ら第三者による代理も認める。虚偽の受け取りを防ぐため、市町村が本人と代理人との関係を確認することが条件。 定額給付金の申請や受給は世帯主が行うことが基本だが、本人による手続きが ...
介護ベッドの安全基準強化=手すりに頭挟む事故多発-経産省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は25日、在宅用電動介護用ベッドや病院用ベッドの手すりやサイドレールに頭や首を挟み込む事故が多発していることを受け、JIS(日本工業規格)を見直すと発表した。これまでなかった手すりに関する規定を追加し、安全性を高めるため、サイドレールのすき間 ...
月額4782円に統一 田辺市の介護保険料 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
市は今後3年間にグループホームを現在の36床から90床にする整備目標を掲げており、田辺西牟婁圏内で特別養護老人ホームを現在の790床から840床に、老人保健施設を現在の463床から567床に施設整備したいとしている。
石川・輪島市門前町で災害公営住宅の竣工式 (25日) - 北陸朝日放送 (媒体での記事掲載終了)
式では、梶文秋市長が「高齢者が長期に渡って安心して暮らせることを最優先に考えて整備を行った」とあいさつし、完成した住宅を披露しました。災害公営住宅は、地域の景観に配慮した外観で、段差のないバリアフリー構造になっています。なお、宅田町や横地町などに建設が ...
ニチイ学館(9792)は続伸、1月の介護サービス利用者数は前年 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
本日前引け時の11時に、1月の介護サービス利用状況を発表した。ケアプラン利用者数(拠点数669ヵ所)は3万4580人(前年同月比6.0%増)、サービス(訪問介護、通所介護、福祉用具貸与)利用者数は10万4574人(同2.2%増)。訪問介護利用金額(1人あたり平均)は3万9980 ...
寝たきりを装い介護費を不正受給 札幌市が元道職員を詐欺罪で告訴 - BNN (媒体での記事掲載終了)
札幌市は25日、寝たきりの身体障害者を装い訪問介護などの介護給付費などを騙し取ったとして、手稲区在住の元道職員の男(74)を詐欺罪で札幌手稲署に刑事告訴した。 市によると、男は実際に歩けるにもかかわらず、自身が経営していた訪問介護事業所(昨年11月廃業)から ...
大阪市の補助金 23団体が不正受給 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪市の高齢者向け食事サービスをめぐり補助金の不正受給が相次いだことを受け、全実施団体の調査を進めていた市は25日、調査対象になった地域社会福祉協議会297団体のうち23団体で水増し請求があり、平成15~19年度で計1899万円の補助金の返還を請求した ...
療養病床32床は廃止して、40床ある介護療養型老人保健施設を併設する。県の公立病院改革推進指針を受けたもので、2011年4月の実施に向け、09年度内に改修工事に入る。 同病院の一般病床の利用率は05年度63・3%、06年度57・3%、07年度53・3% ...
如何育出高产水稻苗 - 农产品加工网 (媒体での記事掲載終了)
水稻旱育秧苗因其秧苗小、叶色黄绿,植株老健,可降低灰飞虱的趋性,抗感染力强,对减少水稻条纹叶枯病的发生有很大作用,同时旱育秧还有“节地节种、插后返苗快、易成活”等诸多优点,有条件的村应积极推行水稻旱育秧。 五、重施底肥,精细整板。实行配方施肥,在泡 ...
人材不足解消へ福祉事業面接会 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護・看護のための福祉人材面接会が二十四日、大分市のトキハ会館であった。人材不足が続いている介護、看護の現場での就労の促進や求職者への情報提供を目的に、大分労働局とハローワーク大分が開いた。 病院や高齢者福祉施設など五十四事業所がブースを設けた。 ...
高齢者虐待予防へ連携強化確認 高島市ネットワーク会議 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
増加しつつある高齢者への虐待を防ごうと高島市が今月設立した市高齢者虐待防止ネットワーク会議が二十四日、市役所別館で初会合を開き、早期発見や発生の予防といった今後の課題や互いの連携強化を確認した。 市医師会や滋賀弁護士会、高島署、県社会福祉士会などから ...
市営バス一律200円支援 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
過疎、高齢化が進む地域の交通手段を維持、確保するため、京都府福知山市は旧3町を走る市営バス全14路線の運賃を一律200円にする事業や福祉有償運送を行っている団体への支援に乗り出す。2009年度の当初予算案に事業費を盛り込んだ。 福祉有償運送は、公共交通 ...
2009年02月24日()
【ゆうゆうLife】医療 介護 病院を出される(3)見逃しがちな住環境 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
退院時に要介護1の認定を受けた。「脚にむくみができるので、お風呂に漬かって入浴したい」と望んだが、シャワーしか使えなかった。 浴室は、床から浴槽のふちまで高さがあるバランス釜タイプ。身体機能が急速に低下し、またいで入ることができなかったからだ。 ...
介護予防へ気軽に運動 美里町社協が冊子作製 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
町社協は介護予防事業に力を入れており、これまで「みさと元気塾」と銘打って、運動による高齢者の体力強化などに取り組んできた。だが、町内の高齢者を対象とした体力測定では、脚力が全国平均を下回るデータが出ていた。 さらに高齢者が寝たきりになる原因の一つに転倒 ...
【特報 追う】国境乗り越え高齢者介護 インドネシアの2人 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
常夏の国、インドネシアの女性看護師2人が雪深い青森県むつ市で介護福祉士の見習いとして先月から働き始めた。政府とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づく介護業界では初の外国人。少子高齢化で広がる、介護される側とする側のアンバランス解消の“切り札”に ...
介護職ミスマッチ 待遇面で就労につながらず/空席目立った横浜の合同説明会 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
介護現場の人手不足が解消する兆しが見えない。二十三、二十四日の両日に横浜市内で開かれた合同面接会には、不況下で職を求める計二百六十人が参加したが、低賃金がネックになり、実際の就労には二の足を踏んだ参加者が多かった。「雇用のミスマッチ」が際立つばかりだ。 ...
介護男性の死亡確率倍増 老老介護世帯は47・6% - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
老老介護は核家族化と少子高齢化の影響で増加傾向にあり、介護する高齢男性は健康な家族と同居する場合に比べて、病気などで死亡する確率が倍増するという調査結果が出ている。また、介護疲れから殺人事件に発展するケースも後を絶たない。 厚生労働省の調査によると、 ...
「老老介護」悲哀 家族支えた87歳…気付かれず死後10日 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の妻と知的障害を持つ息子と暮らし、買い物や食事の準備、施設への送迎など懸命に2人を介護していた男性。布団の中で息絶えていたが、妻と息子がその死に気付くことはなかった。男性の最期は、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」の悲しい現実を映し出している。 ...
お年寄りの技能 ボランティアに拝借 京都市 「知恵シルバーセンター」設置 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の社会参加を促していくのが狙いで、希望者による登録制とし、高齢者の技能を地域社会で生かす体制をつくる。 計画では、知恵シルバーセンターの運営は市社会福祉協議会に委託。行政区ごとに拠点を置き、登録した高齢者の能力に応じてボランティア団体やサークル ...
大衆演劇 介護施設へ - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
大衆演劇の劇団が雫石町の老人介護施設を訪れ艶やかな衣装に身を包み歌や踊りを披露しました。 大きな声援と手作りの旗で歓迎をうけたのは、大衆演劇の劇団「響ファミリー」の響彬斗さんです。響ファミリーは、ブラジル日系三世の彬斗さんを中心に4年前に結成された劇団 ...
市は環境エネルギー、農林業、福祉、教育の4本柱を掲げている。 日常生活に密着する環境と福祉の施策のうち、環境で主テーマとするのが「ごみ問題」。プラスチック製容器包装類(プラごみ)をはじめとするごみの分別は、一人暮らしの高齢者や障害がある人にとって難しい。 ...
如何育出高产水稻苗 - 中国农业信息网 (新闻发布) (媒体での記事掲載終了)
水稻旱育秧苗因其秧苗小、叶色黄绿,植株老健,可降低灰飞虱的趋性,抗感染力强,对减少水稻条纹叶枯病的发生有很大作用,同时旱育秧还有“节地节种、插后返苗快、易成活”等诸多优点,有条件的村应积极推行水稻旱育秧。 五、重施底肥,精细整板。实行配方施肥,在泡 ...
車いすの施設通所者、介護車内で転倒し死亡 大阪・茨木 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府茨木市のデイサービス施設「ノッツェデイサービス宿川原(しゅくがはら)」の介護用ワゴン車内で19日、通所者の伊勢ヤスヱさん(84)=同市竹橋町=が急ブレーキのはずみで車いすから前に落ち、首の骨を折って翌朝死亡していたことがわかった。 ...
かながわ瓦版/心育てる笑顔の交流 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
一月中旬、児童が同校近くにあるグループホーム「金沢けやき園」に入所する認知症のお年寄り九人を招いて開いた交流授業の様子だ。 児童はこの日のために手書きの招待状を届け、胸元には自分たちの名札を着けて、高齢者との対話のきっかけが生まれるようにした。 ...
今回、お年寄りのための病床緊急確保対策として、介護療養病床から医療療養病床への転換や医療療養病床を維持する医療機関に助成をすることも盛り込まれた。これは、国による毎年2200億円もの社会保障費削減方針により、平成23年度までに介護療養病床を全廃、医療 ...
高齢者向け「福祉避難所」開設へ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者のために「福祉避難所」の開設を盛り込むなど、被災者支援の視点をより強化した。 地震で家屋損壊などの被害が出た場合、市は公共施設に市民の避難場所を開設するが、必要人員分の避難場所が確保できても、設備の不十分な避難所では高齢者の生活に支障が出ることが ...
病床数削減を了承 自治体病院機能再編へ適正化/西北五広域連合 - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
来月中に、2009年2月現在で140床の鯵ケ沢中央病院は100床へ、鶴田町立中央病院は一般病床70床と療養病床60床の合わせて130床から30床減らし100床にする。 公立金木病院は4月から、病床利用率を高め、機能再編成で予定するサテライト医療 ...
大規模災害時、施設を福祉避難所に - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
精華町は23日、大規模災害の際、高齢者や障害者など「災害時要配慮者」が、最寄りの老人ホームや児童養護施設を「福祉避難所」として利用できるよう、町内の各施設を運営する4つの社会福祉法人と協定を結んだ。 神の園、京都大和の家、同町社会福祉協議会、相楽福祉会 ...
投げ出され軽傷の高齢女性、事故翌日に死亡 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
茨木市上野町付近の市道を走行していた高齢者福祉施設所有のワゴン車と、対向してきたクルマが衝突しそうになった。 ワゴン車は衝突を避けようと急ブレーキを掛けた。これによって衝突は回避されたが、車内に積載していた車いすが弾みで転倒。座っていた84歳の女性が後方 ...
2009年02月23日()
ペット識別のマイクロチップ(神奈川県厚木市) 助成終了も啓発継続へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
青木獣医師は「少子化時代で、ペットが夫婦間の仲をとりもったりする」と家族のような役割を唱えるが、「高齢化し徘徊(はいかい)する犬もいる。『あの時装着しておけばよかった』と後悔してからでは遅い」と早めの行動を促している。 (藤浪繁雄) 二〇〇六年十月から、 ...
【ゆうゆうLife】医療 介護 病院を出される(2)入る施設が見つからない - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
夫の生活は介護一色に=千葉県 大学病院や総合病院で急性期の治療が終わると、退院を求められます。老老介護などの事情で、自宅での療養に限界を感じても、慢性的に医療の必要がある場合、行き場を探すのが困難。「施設に入れない」「ショートステイ(短期入所)が利用 ...
1月のスーパー売上高2・7%減 食品健闘も衣料振るわず - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
スーパー各社は消費者の買い控えを打開しようと、高齢者や障害者らに配慮した店作りに活路を見出そうとしている。マルエツは軽量化した新型ショッピングカートの導入を進めるほか、イオンは新店に年齢や障害に関係なく利用できるユニバーサルデザインを取り入れた。 ...
子どもを花粉症にしないための9か条(医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了)
将来、子どもが花粉症で苦しまないようにするためにはどうすればよいか―。理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの谷口克センター長が「花粉症にならないための9か条」を紹介した。 2月23日に横浜市の理研横浜研究所で報道関係者を対象に開かれた「製薬協プレスツアー」(主催=日本製薬工業協会)で、谷口センター長は「スギ花粉症ワクチン開発」と題して講演。この中で、▽生後早期にBCGを接種させる▽幼児...
第二の人生は介護の職場で 61歳の柴田さん 小山の専門学校卒業へ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【小山】三十八年間の郵便局員生活に別れを告げ、二〇〇七年、介護福祉士を目指して土塔の中央福祉医療専門学校に入学した柴田信男さん(61)=大平町伯仲=が間もなく、二年間の学生生活を終える。若い学生に交じり意欲的に学ぶ姿はほかの学生にも良い影響を与えた。 ...
橋本市 21年度当初予算案は一般会計5.2%増 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
主な事業は、24年春開校の小中学校一貫校として橋本小、中学校を統合するため、橋本中学校の耐震補強工事など(2563万円)▽23年開署を目指す橋本北消防署新築設計(590万円)▽JR・南海橋本駅のバリアフリー化としてエレベーターなどの補助金(3286万 ...
フィリピンで看護師と介護福祉士探し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【マニラ=松井健】日本とフィリピンの経済連携協定(EPA)に基づいて日本に派遣されるフィリピン人看護師・介護福祉士の候補者に対する日本側の面接が23日、マニラで始まった。面接は他都市でも実施されており、今後、候補者と病院などの施設双方の希望を踏まえ、 ...
「企業戦士」たちの苦悩[4(下)] ~美しき老後-企業戦士の理想と現実 - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
今では、ほとんど寝たきりになった。 「病室の白い天井を1日中眺めているのはイヤ」という妻の願いで、病状が安定すると自宅に戻る。昼間は娘と民間のヘルパーなどがみてくれるが、夜は夫婦2人だけ。「家内と一緒に、午後9時には床に就く。といっても、熟睡はできない。 ...
エコな農業にビジネスチャンスが残されている (媒体での記事掲載終了)

農業人口の減少、農業従事者の高齢化、低い自給率など、日本の農業の抱える問題は少なくない。そうした中、最近、”農業ビジネス”が脚光を浴びている。

福祉施設と災害協定 要援護者受け入れ 福井市 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
福井市は23日、災害時に避難所での生活が困難な高齢者や障害者の受け入れの場を提供してもらうため、市内に社会福祉施設を置く38事業者と「福祉避難所の設置運営に関する協定」を結んだ。 災害時には公民館や体育館に一般の避難所が開設されるが、限られたスペースで ...
難聴者と話すコツ 「分かった振りは誤解の元」――高齢期難聴セミナー2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都社会福祉協議会は2月19日、高齢者に多い難聴について学ぶセミナー「聞こえにくいと感じ始めたら~高齢期の『聞こえ』と周囲の配慮」を開催した。言語聴覚士である千葉市障害者福祉センターの塘(とも)まゆり氏が高齢期難聴の特徴について講演した。 ...
要介護認定 4月改定 判定ばらつき 改善目指す 調査項目を74に整理 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
検討段階では23項目が削除の方向だったが、「認知症の状態把握が困難で、適切に判定されない」として市民団体などが提言し、最終的には削除14項目・追加6項目の計74項目に落ち着いた。調査員のマニュアルには「適正な判定のため、判断に迷う状況なども特記事項に ...
舛添厚労相「地域の介護力強化を」――閣議後記者会見 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
舛添厚労相は17日、閣議後の記者会見で、近年、家族を介護するために会社を辞めてしまう「介護離職」が増えてきているとの記者からの指摘に対して、「家族の介護力だけには頼れない。だから、地域の介護力を高める。そのためには地域のコーディネーターを作ることやNPO ...
ユニ・チャームと日立、介護用品の販売会社を設立――自動尿吸引装置を発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
ユニ・チャームと日立製作所は23日、介護用品・健康支援用品の販売を目的とする新会社「ユニ・チャーム ヒューマンケア」を共同で設立すると発表した。会社設立日は、3月2日の予定。また、新会社は、日立のマイクロポンプ技術とユニ・チャームの吸収体技術を融合して共同 ...
本県高齢者の1割以上が1人暮らし - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保健課の調査によれば二〇〇八年二月一日現在、本県の高齢化率(総人口に占める六十五歳以上人口の割合)は23.7%に達している。県民の四人に一人弱を「高齢者」が占めている計算だ。また、高齢者のうち、一人暮らしの人の割合は10.9%で、十人に一人以上が単身 ...
【愛知】名市緑ケ丘荘建替基本構想、連空間に委託(2/23) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢社会に対応し、段差をなくしたバリアフリー住宅にする予定。 緑ケ丘荘の所在地は守山区緑ケ丘1010。現在の建物は鉄筋コンクリート造で戸数は550戸。全21棟のうち12棟が5階建て、9棟が4階建てとなっている。住宅の位置する区域は丘陵地であるため、団地内の ...
「認知症を知り 地域をつくる」キャンペーン報告会を東京で開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
「認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議」は、「認知症を知り 地域をつくる」キャンペーン報告会を3月7日に開催する。会場は、東京・赤坂の草月会館B1階草月ホール。時間は13:30~17:00(開場は13:00)。料金は無料だが、事前に参加登録が必要。 ...
砺波市で高齢者複合福祉施設 起工式 - 北日本放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者用の賃貸住宅や診療所などを組み入れた新しい形の複合福祉施設の起工式が23日砺波市で行われました。 23日、砺波市山王町で高齢者複合福祉施設「仮称・ちゅーりっぷの郷」の建設予定地で起工式が行われ、関係者らが工事の安全を願いました。 ...
過疎地へ「福祉留学」 神戸発の団体、資格取得や就職支援 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在は東京都内に本部を置き、地域のリーダーとなる人材育成や、高齢者事業の支援に取り組んでいる。 吉賀町は人口約七千人で、過疎化と高齢化が進む。同町にある六日市医療技術専門学校の介護福祉科も入学者が年々減少。そこで同協会が、町や同校と協力し、広く学生を ...
受動喫煙は認知症リスクを高める - Dr.赤ひげ.com (媒体での記事掲載終了)
受動喫煙にさらされている人では認知症の発症リスクの高いことが新しい研究で明らかになり、英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に2月12日掲載された。これまでの研究で、喫煙と認知症およびアルツハイマー病リスクとの関連が立証されているが、 ...
高齢者の犯罪 生活の安定で防ぎたい(2月23日) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
法務省の法務総合研究所は〇七年、万引した高齢者の動機を調べた。男女とも、生活費に困っているケースが多く、将来が不安だったと訴える人もいた。 専門家は、年金や生活保護など、福祉の貧困が高齢者を犯罪に走らせていると指摘している。 犯罪の責任を高齢者個人に ...
2009年02月22日()
【ゆうゆうLife】医療・介護 病院を出される(1) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「点滴とたんの吸引をするだけでは、入院はできません」。そう、退院を求められるケースが目立っています。背景には、医師不足などで地域の病床が減っていることもあるようです。しかし、患者が在宅で暮らす環境が整った地域は限られ、医療の支えがないまま、不安を抱えて ...
日光の社会福祉法人が派遣失業者対象に介護研修 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【日光】倉ケ崎で特別養護老人ホーム「誠心園」を運営する社会福祉法人「三光会」は、派遣切りで失業した人に高齢者介護について知ってもらう相談窓口を設置、希望者若干名を研修生として受け入れる。研修費は無料で、資格取得の支援も行う。就労する場合は同ホームに限ら ...
福祉・介護への就職面談会に、求職者140人 昨年の3倍 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
老健施設を運営する小山市の医療法人の当者は「意欲がある人なら、就職後の資格取得を全面的に支援する」と話していた。 県社協の大根田良子福祉人材・研修センター所長は「賃金面や資格の有無で求職者と施設側の条件が合わないこともあると思う。一人一人丁寧に対応して ...
三重県内の認知症サポーターが1万人超える - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の患者らを手助けする三重県内の「認知症サポーター」が1月末で1万人を超えたと、県長寿社会室が明らかにした。県は1万5000人を目標としており、今後も県内各市町や企業と協力して、サポーターの養成に取り組みたいとしている。 認知症サポーターは、認知症 ...
農林漁業と介護へ関心 失業者の受け皿、厳しい現実も - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
雇用状況が一段と厳しさを増すなか、失業した非正規労働者や正社員の“受け皿”として、農林水産業などの一次産業と介護業界への関心が急速に高まっている。22日に大阪市内で開催された就農相談会には過去最多の人が集まり、関係者は「高齢化が進む業界の活性化につなげ ...
麻生太郎首相の講演全文/自民党県連の政経セミナー - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
ローンでなく自己資金で省エネ改修やバリアフリー改修する方も減税します。ローンを借りなくても減税します。そして、環境に優しいというハイブリッドなどの車を古い車から買い換えていただく。200万円ぐらいするハイブリッド車を買えば14万円5千円減税します。 ...
2次補正関連法案の再議決「3分の2は正常な規定」 与謝野氏 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
具体策として羽田空港の国際化に向けた拡張を挙げたほか、農業や医療・介護分野などへの投資が効果的との見解を明らかにした。 同日出演したNHK番組では、2兆円の定額給付金を盛り込んだ2008年度第2次補正予算の関連法案について「3分の2は正常な規定だ。 ...
認知症理解へ接し方を学ぶ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族を見守り支援する「認知症サポーター」の養成講座が21日、三次市三和町のみわ総合福祉センターであった。市社会福祉協議会三和支所の主催。住民約40人が参加した。 市地域包括支援センターの保健師新谷奈美枝さんが、記憶や判断力障害の症状や認知症の人 ...
言いたい聞きたい/元国保沢内病院長 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会が駆け足でやってきて、医療ニーズとともに福祉へのニーズが高まっています。自治体病院では、医療と福祉の機能を一体とした施設として運営できないでしょうか。お年寄りが困った場合にトータルでサポートする施設です。地元に、やる気と志があれば、過疎地で ...
2009年02月21日()
ひとり暮らし高齢者支援へ、地域に基金 寄付で資金集め - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ひとり暮らしの高齢者の生活を支え、詐欺被害や孤独死も防ごうと、厚生労働省は地域の生活サポート体制作りに乗り出す。地域住民からの寄付金などで基金(ファンド)を設け、その資金で社会福祉法人などがひとり暮らし高齢者を支援する仕組み。09年度からモデル事業を ...
「成年後見制度」 に理解 福井で講座 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
判断能力が十分でない高齢者や知的・精神障害者の権利擁護を目的とした「成年後見制度」の活用講座が21日、福井市の県自治会館で始まった。制度利用を希望する家族や福祉施設職員、行政関係者ら約60人が制度の内容や理念を学んだ。 同制度は、家庭裁判所から選任され ...
厚労省、福祉・介護人材確保対策資料をWebページで公表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は19日、2008年度補正予算と09年度予算案における、福祉・介護人材確保対策資料をWebページで公表した。介護報酬の改定、事業者の雇用管理改善、従事者の能力開発および福祉・介護人材の参入促進にかかる取り組み・事業について、福祉・介護サービス事業者、 ...
日本慢性期医療協会、床ずれなど慢性期医療診療の質の調査結果を発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療に取り組んでいる医療機関団体の「日本慢性期医療協会」は、08年7月から12月までの6カ月間、医療療養病床または介護療養病床を有する会員病院に対し、床ずれのケアやADL、身体抑制、尿路感染症、経口摂取への移行などについての割合などについて調査した結果 ...
宮城県初! 虚偽申請により指定を受けた訪問介護事業所を取り消しへ - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
宮城県仙台市のアルダンが運営する訪問介護事業所「アルダンケアサービス」が指定取り消し処分となることが分かった。アルダンケアサービスは、虚偽の申請により事業所の指定を受けたため今回の処分となる。 県によると、申請時に虚偽があり、指定を受けたケースは初めて ...