介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2009年02月20日()
ボランティアで介護保険料軽減 霧島市、4月から - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
霧島市は、ボランティア活動に参加した高齢者に介護保険料の負担軽減になる資金を交付する制度を4月から始める。県内で初の取り組み。3月定例会に提案する介護保険特別会計に予算を盛り込んだ。 介護保険ボランティア・ポイント制度は、登録した65歳以上の人が ...
介護大手、未経験者採用を強化 ニチイ学館、非常勤で100人 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ニチイ学館など介護大手各社がホームヘルパー2級など介護認定資格を持たない未経験者の採用を強化している。無資格者採用枠の設置や資格取得の支援を通じて、早期に戦力として育成する。他産業で人員削減の動きが広がっているが、慢性的な労働力不足にある介護各社は人材 ...
ユニ・チャームと日立 介護機器で新会社 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニ・チャームと日立製作所は介護用機器の開発・販売で提携する。3月に共同出資で新会社を設立、寝たきりの要介護者向けの自動採尿装置を5月に発売する。おむつを長時間乾いた状態に保てるため、おむつの交換は従来の3分の1程度の1日1回で済む。要介護者が増えるなか、 ...
車いすから転倒の女性死亡 介護サービスの車急停車 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪府茨木市で19日午前、デイサービス介護業者の車が対向車を避けようとして急停車し、車いすの同市竹橋町、無職、伊勢ヤスヱさん(84)が車内で転倒して顔などを打ちけがを負う事故があり、伊勢さんは20日午前に病院で死亡した。 事故の約5時間後に容体が急変し ...
スキルアップへの投資を惜しまないビジネスマンは? (媒体での記事掲載終了)

世界的な景気後退、社会的な格差の拡大、進む少子高齢化…。先行きに不安しか見えない時代に、ビジネスパーソンはどんな仕事観、生活観を持っているのか。

金谷川駅に車いす対応型エレベーター - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
駅舎のバリアフリー化の一環として、昨年6月から国土交通省と福島市の支援を受け、約2億2000万円をかけて新設していた。 11人乗りで、東口駅前広場前とホーム内の2カ所に設け、2階のコンコースに移動できる。 いずれも出入り口が2カ所あり、車いすを使う利用者 ...
総合福祉センターの設計不備 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島市が昨年7月に開設した安佐南区総合福祉センターで設計に不備があり、トイレ内の通路が狭くて電動式車いすや高齢者用スクーターで利用できないことが分かった。市は不満の声を受けて3月末までに部分的に改善はするが、抜本的対策となる大規模改修は「困難」と説明。 ...
「思い出」と「笑い」で認知症撃退! ケアマネジャーが劇団旗揚げ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
埼玉県坂戸市のケアマネジャーが往年の名画をコントにアレンジして演じる劇団を結成し、認知症予防に取り組んでいる。県内の認知症患者数は今後、全国一の伸びになるとの研究結果もあり、対策は緊急の課題。「思い出」と「笑い」で患者の増加を防げるか、注目が集まって ...
県内高齢者 犯罪4・6倍増/照屋衆議員 質問主意書/「生活不安が背景」 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
答弁書は、高齢者の刑法犯の増加などの背景については「高齢者の人口増加があるものと考えられるが、具体的な原因については、個々の高齢者が置かれている社会的状況がさまざまであるため、一概に答えることは困難」としている。 照屋氏は「わが国の高齢者福祉の貧困で、 ...
嘉手納 F22で騒音増加/県議会代表質問 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
... 福祉保健部長は、来年度から二〇一一年度までの県高齢者福祉計画に盛り込まれた介護老人福祉施設の整備に伴い、新たに約四百二十人の雇用が生まれるとの推計を明らかにした。県は同計画で、地域密着型を含む特別養護老人ホーム三百一床、認知症対応型グループホーム三 ...
厚労省、「第2回介護分野における雇用管理モデル検討会(施設系)」を開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省職業安定局雇用政策課は5日、「第2回介護分野における雇用管理モデル検討会(施設系)」を開催した。事務局より、労働局における検討会の概況報告や事業所における好事例の紹介があり、その後、フリーディスカッションが行われた。出席委員の主な意見は、以下の ...
健康不安上位に「認知症」 - 健康美容EXPO (媒体での記事掲載終了)
意識調査の結果、“がん”に次いで2番目に注目され、65歳以上の7.5%が発症、高齢者の20%が予備軍とも言われている「認知症」。高齢者の増加に伴い、今後一層の増加が予想されている。今回の意識調査では、認知症に対して、2人に1人が「将来自分がなるかもしれない」などの ...
【報酬改定】特定事業所加算(II)要件、主任介護支援専門員等の“等”の解釈は?――全国介護保険課長会議4 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
2月19日の全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議において、居宅介護支援の特定事業所加算(II)の算定要件である、主任介護支援専門員等の“等”の解釈が明らかになった。 主任介護支援専門員等の“等”については、09年度中に主任介護支援専門員研修課程を受講し、かつ ...
かんぽの宿 鳩山総務相 - JanJan (媒体での記事掲載終了)
また、赤字で採算のとれない施設については、鳥取の「かんぽの宿・岩井」のように老人福祉施設に転用するというのは、これからの高齢化対策にも沿った良案だと思います。この宿の売却の経緯や価格については不信感を覚えますが、善意の第三者に渡って「軽費老人ホーム」 ...
主任ケアマネ研修の受講希望者が漏れなく受講できる体制へ――全国介護保険課長会議3 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省が2月19日に開催した全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議において、同省老健局振興課の土生栄二課長は、特定事業所加算(II)の算定要件の1つである「主任介護支援専門員等」について、「09年度中に主任介護支援専門員研修を受講する見込みがあり、かつ当 ...
厚労省、全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議を開催――全国介護保険課長会議1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
同省老健局の行政関係者をはじめ、全国の都道府県、政令指定都市や中核市の介護保険担当課長らが一堂に会した。まず、開会にあたり、同省老健局長の宮島俊彦氏があいさつ。続いて、老健局の課長や室長、課長補佐ら幹部が、介護保険・高齢者保健福祉に関する施策を説明した ...
バリアフリー情報を提供 徳島駅周辺など、地図・写真入りで - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
NPO法人・徳島県ボランティア協議会は、徳島駅や徳島市役所周辺のバリアフリー状況を調査し、報告書(A4判、二三ページ)にまとめた。障害者や高齢者が外出時に役立つ情報を提供し、改善すべき点を指摘するのが狙い。二百部作成し、一月末までに県内市町村の社会福祉 ...
障害福祉の報酬改定し5%アップ 重度者対応、専門職に加算 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者介護と同様、障害福祉の現場も人手不足にあえいでいるため、賃金アップも図る。 自立支援法ではサービス利用が原則一割自己負担となったため、本来なら報酬アップで利用者も負担増となるが、厚労省は「軽減措置を講じており、比較的高所得の人以外は負担はほとんど ...
中学生が認知症サポート学ぶ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者の暮らしを地域で支えようと、広島市東区の戸坂中の2年生が19日、認知症の症状や患者への手助けの仕方を専門家から学んだ。 市立中では初めての試み。東区医師会などでつくる区地域保健対策協議会が企画し、約220人が受講。同区の広島第一病院の松岡龍雄病院 ...
高温風呂で入所者死亡、容疑の介護職員を書類送検 福岡 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡県東峰村の介護老人福祉施設「宝珠の郷」で昨年10月、入所者の武内サノエさん(当時92)が、高温の湯に入浴させられて死亡した事故で、県警は19日、介助していた女性介護職員(57)=大分県日田市=を業務上過失致死容疑で書類送検し、発表した。 ...
2009年02月19日()
女性とうつ病(下) 高齢期 家族への献身終え孤立 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
不安や愚痴を言い続ける母親に、家族だけが付き合うのも限界があるので、福祉・介護サービスを上手に利用することも大切」と勧める。 女性の自殺率は一三・五人(人口十万人当たり、二〇〇三年)と、男性の約三分の一にとどまるが、八十代後半の女性の自殺率は三〇・三人 ...
日立アプライアンス、寒冷地向けに業務用ヒートポンプ給湯システムを発売 (媒体での記事掲載終了)

日立アプライアンス(本社東京)は寒冷地向けに、外気温-20℃で稼働し、自然冷媒CO2を用いた業務用ヒートポンプ給湯システム「日立業務用エコキュート」を2009年4月上旬に発売する。寒冷地のビジネスホテルや宿泊型の介護福祉施設などで使用でき…

介護報酬19億円を返還請求 市町村が不正受給の事業所に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は19日、介護サービス事業所が介護報酬を不正受給し市町村などから返還を求められた額が、2007年度は約18億6000万円(加算金を含む)と過去最多になったと公表した。 14カ所の事業所が指定取り消し処分などを受けた訪問介護最大手(当時)の ...
介護入浴で死亡 職員書類送検 - NHK (媒体での記事掲載終了)
去年10月、福岡県東峰村の特別養護老人ホームで介護を受けながら入浴していた92歳の女性がやけどを負って死亡した事故で、警察は、付き添いの職員が湯の温度の確認を怠ったことが事故を招いたとして、この職員を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。
特養ホーム女性介護士を書類送検 高温風呂で過失致死容疑 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
福岡県東峰村の特別養護老人ホーム「宝珠の郷」で昨年10月、入浴介助を受けた武内サノエさん(92)が熱傷性ショックにより死亡した事故で、朝倉署は19日、湯の温度の確認を怠ったとして業務上過失致死容疑で大分県日田市の女性介護士(57)を書類送検した。 ...
三好は「善意の押しつけで、高齢者の力を奪っている」と指摘する。 三好の後援を何度も聴いているという熊本の介護施設の責任者は、三好の教えを実践した結果、寝たきり老人が激減したという。さらに、こうした『老いの常識』を覆すような医学的な根拠も… ...
森 政吉さん 王禅寺西在住 80歳 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
柿生地区社協では、高齢者福祉委員会の委員長在任中に「老人いこいの家」の活用で手腕を振るう。高齢者同士の交流の場として今ではすっかり定着した「おしゃべり会」を作り、地域で誘い合うことで引きこもりをなくす活動の礎を作った。「家族の介護もあってね。 ...
東京都、介護現場一日職場体験・インターン実習生を募集 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
... 体験は介護業界および施設への採用希望者、インターンシップ(期間は1カ月程度)には将来、介護業界への就労を希望する人が対象。職場体験・インターンともに資格経験は不問で無給。 実施施設は、特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設、認知症高齢者グループホーム。 ...
60歳以上のスタッフ8人 同世代寄り添い介護 登別の通所施設「気持ち分かり合える」(02/19 13:38) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【登別】市内栄町の通所介護施設「デイホーム青空」では、介護職員などスタッフ十八人のうち八人が六十歳以上の男女で、利用者から「同年代で親しみやすい」と好評だ。最高齢スタッフは七十三歳で、最年少七十五歳の利用者とは二歳差。お年寄りが寄り添うように介護を続け ...
「介護予防研修会」活動から、地域の豊かなふれあいへ - ウェブシティさっぽろ (媒体での記事掲載終了)
西岡地区福祉のまち推進センターでは、西岡地区が区内で最も高齢化率が高い地区であることから、平成18年度から継続して介護予防研修会を、連町、西岡地区社会福祉協議会(単町、民生委員、老人クラブ)、介護予防センター西岡などの関係団体とともに、取り組んできました ...
「人とつながる福祉を」黒岩氏と大学生 高齢者介護施設訪問 熊谷 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
同氏と施設を訪問したのは、社会福祉や健康科学などを学ぶ二年生九人。黒岩氏の「介護福祉の現場を知ってほしい」との考えで、今回初めて訪問交流が実現した。 学生たちは口腔ケアの仕方や高齢者施設の現状について職員から講義を受けた後、入所者やデイサービス利用者と ...
高齢者見守り体制を視察 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
一行は、町保健福祉課職員から「高齢者の安否は熱感知センサーで確認する」などと説明を受け、1人暮らしの矢掛町本堀、農業川上宣次さん(77)宅へ。専用の機械の液晶パネルにタッチするだけで町が委託する民間業者の「見守りセンター」や近所に住む協力員、岡山市の ...
「地域で介護予防」定着 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
この取り組みは、高齢者が家に閉じこもり孤立しないよう、地域の顔なじみと話せる場をつくることを主目的に、市社会福祉協議会が呼び掛け、1997年に神明小校区で最初にスタート。この10年余りで、市内全22の小学校区のうち20校区に広がった。 ...
日本慢性期医療協会、認知症研修の時間短縮化や免除科目設定などを要望 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本慢性期医療協会は、認知症介護実践研修と認知症介護実践リーダー研修のあり方について、厚労省に要望書を提出した。 同会は、「講義・演習時間の短縮」を要望し、実践研修では36時間、実践リーダー研修では57時間が定められているが、それぞれの受講者は実務経験者で ...
受動喫煙は認知症リスクを高める - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
受動喫煙にさらされている人では認知症の発症リスクの高いことが新しい研究で明らかになり、英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に2月12日掲載された。これまでの研究で、喫煙と認知症およびアルツハイマー病リスクとの関連が立証されているが、 ...
高齢者施設を避難所に - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
市は地域防災計画に基づき、寝たきりや認知症の高齢者ら介護が必要な市民の安全を守るため、市内の特別養護老人ホームと老人保健施設に災害時の避難所開設の協定締結を要請。「旭が丘ホーム」「竹の里ホーム」「天神の杜」「アゼリアガーデン」「マムフローラ」の計五施設 ...
東京都、介護現場での1日職場体験・インターン実習生を募集中 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
1日職場体験とは、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、認知症高齢者グループホーム(GH)において、採用希望者が実際に就労場所での実務を経験することにより、施設側と採用希望者側の双方の条件を確認し、介護人材の安定的確保を目的としたもの。対 ...
医師確保に助成、上越市 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
上越市は2009年度から、高齢者ら長期入院患者を対象とした療養病床などを持つ市内の民間病院に対し、人材確保にかかわる費用と一部人件費を助成する。09年度当初予算案に市独自の慢性期医療確保補助金(仮称)として約300万円を盛る。 療養病床を抱える「慢性期」病院の ...
2009年02月18日()
東京都が「ふらっとハウス」 お年寄りの憩いの場を - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者の閉じこもりを防止しようと、東京都は空き店舗などを活用して地域のお年寄りが気軽に立ち寄り、交流できるサロン「ふらっとハウス」のモデル事業を2009年度から実施する。 都福祉保健局によると、ふらっとハウスは都内の商店街の空き店舗や小学校の空き教室 ...
「介護福祉士試験 振り仮名を」外国人支援団体が要請 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士の国家試験で、知識や技術は合格水準にある外国人介護職員が漢字の判読ができないだけで合格しづらくなっているとして、外国人介護職員らの日本語習得を支援する「すみだ日本語教育支援の会」が18日、試験問題に振り仮名を付けるなどの対策を講じるよう厚生 ...
6両編成化 凍結 仙台市地下鉄南北線 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
交通局は、駅の列車停車位置を車いすの障害者が利用しやすい場所に変更するなど、事業の軸足をバリアフリー化に移している。 南北線の車両1両の長さは約20メートル。開業時の計画に基づき、すべての駅ホームの長さは6両編成が停車できる約130メートルとなっている ...
高知で高齢者シンポ 堀田力さんが講演 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
地域の産業振興の担い手としての高齢者の活用や生きがい作りなどを考えるシンポジウム(高知県自治研究センター主催)が18日、高知市本町の高知会館で開かれた。弁護士で「さわやか福祉財団」理事長の堀田力さん(74)が基調講演し、退職後の高齢者が活動できる受け皿 ...
【脳を守る】認知症と脳卒中 共通の危険因子 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また認知症の患者数は日本の高齢化に伴い、アルツハイマー病を中心として増加する一方です。一見関係のない脳卒中と認知症ですが、原因となり得る因子(危険因子)は共通していることが最近分かってきました。 共通する「危険因子」を一つずつ取り除くことが、元気で ...
外国人を雇用する場合の注意点 (媒体での記事掲載終了)

少子高齢化による若年層の人手不足問題が経営課題の一つになってから久しいものがあります。ご多分にもれず、私たちのような会計事務所においても、若年層の人手不足がクローズアップされています。

北九州市の介護保険料 4月から月300円下げ 65歳以上基準額 35億円黒字で方針 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
北九州市は、4月に3年ごとの改定期を迎える介護保険料を、65歳以上の被保険者の基準額で、月額を今期より300円引き下げ、4450円とする見通しを発表した。年度末までの今期中に、赤字を解消して黒字が見込まれることなどが要因。2月定例議会で正式決定する。 ...
介護報酬10%アップ要求 民主が職員待遇改善法案 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
民主党は18日の厚生労働部門会議で、来年度から介護報酬を10%引き上げることを柱とした「介護労働者賃金引き上げ法案」をまとめた。低賃金の介護職員の待遇を改善し、介護現場の人手不足を解消することが狙い。「次の内閣」で報酬アップを賃上げにつなげるための具体 ...
<魁:日本株銘柄レポート>平均3日続落、やはり介護関連株 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
そして、繰り返すが、やはり、介護報酬上げ恩恵銘柄か。 業界トップはニチイ学館 <9792>。この日は、終値でも昨年8月の戻り高値1493円を更新し、一時昨年5月以来の1500円台乗せとなった。昨秋安値からまもなく倍化とあって、飛びつき買いは避ける水準となったが、200日 ...
オーストラリアと認知症。よく知られた「北欧と福祉」などにくらべると、あまりピンとこない組み合わせだが、じつはオーストラリアは認知症ケアの先進国なのだそうだ。今回の放送「広がるか 認知症『本人が決めるケア』」では、そんな『新潮流』を紹介するものだ。 ...
「虐待を見つけたら、迷わず通報してください」 (媒体での記事掲載終了)

施行から3年近くたった現在も、まだ医療関係者の間に浸透したとはいえない「高齢者虐待防止法」。同法の制定に尽力した日本高齢者虐待防止学会会長の高崎絹子氏に、法律ができるまでの経緯と虐待の実態、医療関係者への要望について聞いた。

高齢者福祉については、「高齢者を狙った『振り込め詐欺』が多く発生しており、今後定額給付金を狙った犯罪も懸念されるが、市として対策は」との質問に対し、市生活環境部は「昨年11月から出前講座を実施しており、今後も啓発を継続する。相談を受ける担当職員のレベル ...
2009年度の介護報酬改定セミナーを東京・池袋で開催――講師は厚労省から - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
医療・介護経営コンサルティング会社のティーアイ・メディカルは、2009年度の介護報酬改定セミナーを3月19日に開催する。講師は、厚生労働省老健局老人保健課 課長補佐の重元博道氏。時間は14時~16時。会場は東京・池袋の東京芸術劇場5階 中会議室。参加費用は7000円で ...
訪問介護報酬改定対策 緊急セミナーを札幌・仙台・東京・大阪で開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
さくらケアは、「2009年 訪問介護介護報酬改定対策 緊急セミナー」を札幌・仙台・東京・大阪で開催する。講師は、訪問介護事業所開設以来5年間社員離職率がゼロという同社代表取締役の荒井信雄氏が務める。企画内容は、「介護報酬改定で誤解を招く報酬率プラス3%の危険な ...
「要介護認定 認定調査員テキスト 2009」について――長谷川佳和氏(3) - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
NPO法人ケアマネージメントサポートセンターの理事長や日本介護支援専門員協会の常任理事を務める長谷川佳和氏は、「法改正のリスクを回避するために――居宅介護支援事業の今後と介護報酬改定最新情報」をテーマに都内で講演した。 長谷川氏は、「要介護認定 認定調査員 ...
厚労省、08年11月審査分の介護給付費実態調査月報を公表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は17日、08年11月審査分の介護給付費実態調査月報を公表した。同月報によると、11月審査分の受給者総数とサービス費用は、介護予防サービスが80万8600人で317億円、介護サービスでは299万8000人で5299億円。受給者1人当たりの費用は、介護予防サービスが3万9800 ...
災害時の障害者支援検討へ/八戸 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
八戸圏域七市町の大規模断水問題で、八戸市の障害者サポートセンター「アライブ・パル」の工藤志朗代表らが十七日、八戸市に対し、寝たきりの高齢者や障害者などへのアンケートにより、災害弱者は情報弱者でもあったことが浮き彫りになったと報告。ライフラインにかかわる ...
へき地医療で臨床研修1カ月 90代、寝たきり独居も - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回の研修で、考えさせられることがあった。 訪問診療先の九十代男性は寝たきり。独居だった。「食事などの世話はヘルパーさんがしているんですが、衝撃的でした」と四宮さん。過疎化や高齢化が急激に進行している地方の現状をあらためて思い知ったという。 ...
中農高生6人合格 福祉住環境コーディネーター - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
福祉住環境コーディネーターは、福祉・医療・建築などの専門知識を持ち、バリアフリーに対応した住宅改修プランの提案や、家具の選択、福祉・保険サービスなどについてアドバイスを行う。 生徒らは夏休みの特別講座から、福祉分野に加えて建築分野なども独自に勉強を ...
歳入確保に苦心惨憺 県の一般会計実質3・3%減 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
半面、福祉や医療関連の扶助費は少子高齢化への対応などで1・0%増えた。 特別会計は、借金を返すための経費が増えたため、前年度当初10%増の7372億6829万円、企業会計は23・1%減の1654億5701万円。一般会計も含めた総額は1・3%増となった。 ...
八王子の老健で食中毒発生! 53人が発症、1人入院 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は2月13日、八王子市内の介護老人保健施設で食中毒が発生したと発表した。八王子市保健所が調査したところ、同施設が調理した給食を原因とする食中毒と断定した。食中毒の発症者は53人で、内1人が入院となった。同施設は2月10日から営業を自粛しており、八王子市は ...
2009年02月17日()
【ゆうゆうLife】読者から 寝たきり老人にしないために - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
患者となって、生活様式が急に変わってしまいますので、混乱をきたして認知症が進む。それは大きな問題です。 老・病・死は必ず訪れます。尊厳とは、苦痛を最小限にして看取ることだと思います。残存機能を失わせず、寝たきり老人にしないためとの思いで、認知症の母と ...
2区間でタクシー定額運賃導入 モザイカルチャー博 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
ただ、会場周辺に駐車場がないことから、渋滞問題も含め交通対策は大きな課題となっている。 浜松モザイカルチャー世界博2009協会の斎藤謙二営業企画部長は「会場のタクシー乗降場所も協会とよく協議して決めたい。ユニバーサルデザインの観点からも、定額運賃は大変 ...
抗菌、即乾…宇宙船服の技術を介護服に 東レなど研究 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
においを防ぎ、素早く乾く素材で無重力状態での姿勢に合わせて作った船内服が、介護を受けるお年寄りの服作りにも生かせそうだ。 多屋教授らが約4年かけて完成させた船内服を、08年3月にスペースシャトルに乗り組んだ宇宙飛行士の土井隆雄さんが着た。 ...
日本作業療法士協会、厚労省に介護報酬改定に向けた要望書を提出 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本作業療法士協会は2月13日、2009年度介護報酬改定に対する要望書を提出し、個別リハビリテーション実施加算や短期集中リハビリテーション実施加算の算定要件の緩和などを求めた。 通所リハビリテーションにおける個別リハビリテーションの算定要件について、09年度介護 ...
自立支えるものづくり 広島・小川意房さん - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
洗えるこの素材で高齢者用に座布団を作ると、褥瘡(じょくそう)(床ずれ)ができにくいという報告が寄せられた。 褥瘡は寝たきりの高齢者にとって大きな問題だ。研究者や医療機関、高齢者施設の協力を得て、褥瘡の防止と改善効果のあるマットレスを開発した。 ...
「民生協力員」制度を創設へ 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
住民からの福祉相談に応じ、県や市町村からアンケート調査を委託されることもある。住民の生活状況の把握も任務の一つで、近年はプライバシーをめぐるトラブルも増えているという。定額の活動費は支給されるが報酬はなく、民生委員自身の高齢化も進んでいることから担い手 ...
高齢者介護施設 パレス八幡完成 八幡東区で内覧会 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
パレス八幡は鉄筋コンクリート3階建てで、1階は認知症の高齢者が少人数で共同生活を営むグループホーム。2階以上は住宅型有料老人ホームで、単身者向けの56室と2人部屋16室の計72室がある。カラオケ娯楽室や体を動かすフィットネスルーム、岩盤浴なども完備。 ...
災害時の要援護者を名簿化、自治会に提供へ/横須賀市 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
内訳は、担当の民生委員がいる独り暮らしの高齢者約八千二百人、寝たきりの高齢者、重度障害者が各約五千人。このうち、名簿への登録に同意した人のみリスト化し、市内で約三百六十ある町内会・自治会などの支援組織に提供する。 市が収集するのは、住所、氏名、電話 ...
介護保険料減額へ 福山市 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福山市は16日夜、市社会福祉審議会老人福祉専門分科会に、新年度から3年間の65歳以上の介護保険料を基準額で8.3%、384円引き下げ、月額4258円とするよう諮問した。引き下げは初めてになる。 市によると、06―08年度の保険料は月額4642円。保険料の根拠となる、05―07年度 ...
県下初の「安心住空間創出」のための協議会 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同団地を対象に、高齢者見守り機能の強化や地域住民の交流の促進などに取り組む「お互いさまねっと公田団地」を立ち上げ、毎週火曜にあおぞら市を、火、土曜に民間社会福祉士による相談事業を開催しケアに努めていく。
認知症─根本治療薬できればPETが予防に貢献 (媒体での記事掲載終了)

糖代謝を見ることで脳細胞の働きを画像化するPETは、認知症の早期発見や病型の鑑別に威力を発揮する。現在、アルツハイマーの根本治療薬の開発が進んでおり、実現すればPETが予防治療に貢献するかもしれない。

大分トリニータ 介護予防教室実施のお知らせ - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
この度、大分トリニータが一昨年より実施しております、介護予防教室を下記日程にて実施致しますので、お知らせ致します。 地域に密着したスポーツ教室を実施し、シニア世代の健康増進や体力向上を目指す。また、スタッフが自ら出向くことでスタッフと参加者が顔と顔を ...
山口県が福祉医療見直し 費用の一部、本人負担に - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
山口県は17日、これまで県や市町が全額負担してきた県の福祉医療制度を見直し、医療費の一部を本人負担に変更すると発表した。 県は厳しい財政状況を考慮し、高齢化の進行に伴う医療費の増加に対応するためとしている。 見直しは乳幼児、母子家庭、重度心身障害者を対象 ...
介護現場の人手不足を補うために日本政府は外国人介護士の受け入れを始めた。その第1弾として2009年1月末、100人余のインドネシア人介護士が、全国の51施設で働き出した。 徳島・吉野川市の特別養護老人ホームに向かう5人の中にフィトリ・ワフュニングシー(23)の姿も ...
民主、介護報酬増を検討 1最大で割増 法案提出へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護職員の待遇改善に向けて、民主党は4月から介護報酬を大幅に引き上げるための特別法案の検討を始めた。政府が予定する3%増に一般財源から上乗せする形で最大1割の引き上げを目指し調整している。人手不足が叫ばれながら求職者が増えない不均衡を解消し、20万人 ...
長寿都市 第1部 【9】▷市民活動 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
月曜=仕事、火曜=料理、水曜=高齢者福祉大学、木曜=ゴルフ、金曜=ハイキング…。瀬戸敏秀さん(64)=横浜市青葉区藤が丘=は毎日予定が書き込まれて真っ黒になった手帳を見ながら、「不思議とどの活動でもストレスを感じることがない」と笑う。 ...
厳しい経済状況下で雇用対策が急務となる中、人手不足が深刻な介護分野に失業者を呼び込む取り組みが県内で始まっている。 16日には派遣切りなどで離職した7人が、宮崎市内の5つの特別養護老人ホームで体験実習を開始。実習を進める県には定員を超える応募があり、 ...
2009年02月16日()
窃盗罪で3人起訴 県内で3000万円被害も 認知症80歳代女性狙う - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が点検作業などに対応しているすきに、財布やバッグを盗んでいたとされる。被害は栃木県内のほか、茨城、千葉、福島県で計二百七件に上るといい、茨城県では一人暮らしの、認知症の八十代の女性宅に「顔を覚えられていない」ことを利用して四十回ほど通い詰め、計約 ...
4県で4300万円被害 電気点検装う窃盗事件 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の女性を狙い、三千万円を盗んだケースもあるという。 同課などによると、三人は二〇〇三年十二月ごろから、農村地帯の高齢者宅に電気検査員や魚の行商を装って訪問。高齢者が点検作業などに対応しているすきに財布やバッグを盗んでいたとされる。 ...
【愛知】名市は打越荘を建て替え設計を藤川に委託(2/17) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
居住者の高齢化が進行していることもあり、高齢社会に対応したバリアフリーな住宅にする予定だ。 所在地は千種区星ケ丘2ノ50ほか。現在の建物は鉄筋コンクリート造で戸数は325戸。全14棟のうち1棟が3階建て、残りは4階建てとなっている。 ...
経団連「年金税方式へ消費税17%」 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
提言では、第1段階として09~15年の間に消費税を10%に引き上げ、それを財源に基礎年金の国庫負担割合を2分の1から3分の2に引き上げるほか、病床数当たりの医師を現在の2倍に増やすなど医療・介護分野や少子化対策の財源を確保する。 その後、16~25年の ...
「笑って健康づくり」お笑い予算400万 栃木・大田原 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者のほか、市内の福祉や医療関係者らにも参加を呼びかけ、そのテクニックを学んでもらい、職場や生活の中で笑いの輪を広げる。 市は「多くの市民に参加してもらい笑いがあふれる健康なまちづくりを進めたい」と話している。
松江市観光ボランティアガイドが好評 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
近年、増加しているバリアフリー関係のツアーの依頼にも対応。松江開府四〇〇年祭の展開で好調な松江観光に貢献している。 長沢さんは「案内の仕方で松江の印象もがらりと変わる。責任を感じながら、一人でも多くの観光客に松江を好きになってもらえれば」と話している。
介護施設で放火未遂 千葉市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護老人保健施設内で火をつけようとしたとして、千葉県警千葉中央署は16日、放火未遂の現行犯で市原市八幡の無職、藤沼信之容疑者(54)を逮捕した。同署は藤沼容疑者が「以前トラブルがあって職員に恨みがあった」と供述したことを明らかにした。 ...
井上由美子脚本の特別ドラマで夏川結衣が介護詐欺師に - webザテレビジョン (媒体での記事掲載終了)
本作は、1人の訪問介護士としたたかな老人たちの丁々発止の会話劇を通し、現代日本が抱える“介護問題”をシニカルに描く。脚本を担当するのは、「白い巨塔」('03~'04年、フジ系)、「14歳の母」('06年、日本テレビ系)などを手掛けた井上由美子。 ...
介護はプロに、家族は愛情を 舛添厚労相が講演 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
舛添要一厚労相は15日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で、第8回近畿介護支援専門員研究大会に伴う特別公開講座で講演した。約1000人の来場者を前に「介護はプロに任せて、家族は愛情を注ぐ役割になるのが介護保険制度の理想。田辺市で実現してほしい」と述べ ...
日本看護協会ら、09年介護報酬改定説明会を開催――3月20日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本看護協会・全国訪問看護事業協会・日本訪問看護振興財団で構成される訪問看護推進連携会議は3月20日、「2009在宅ケアの最前線」と称した介護報酬改定説明会を開催する。 午前・午後の2部構成になっており、午前の部は、「平成21年度介護報酬改定説明会」、および訪問 ...
刑務所尾道支所が認知症講座 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
中国地方で唯一、高齢受刑者の受け入れに対応している広島刑務所尾道刑務支所は27日、職員を対象にした認知症サポーター養成講座を初めて開く。増え続ける高齢受刑者の処遇に生かす。 同支所は12日現在で306人を収容し、うち74人が高齢や体の衰えなどで特別な処遇を必要と ...
気仙地方3市町の福祉、商工などの関係団体は3月7日、独身の男女に出会いの場を提供するパーティー「しあわせ・どっと・こむ」を開催する。地域で進行する少子高齢化を打破しようと、実行委員会を組織して初めて実施。若手スタッフによる「キューピッド隊」が男女の仲を ...
新任ケアマネ向け福祉用具・住宅改修講習会開催――東京都・福祉振興財団 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団は1月21日、介護支援専門員のための福祉用具・住宅改修【基礎講習会】の受講者を募集した。 この講習会は、新任の介護支援専門員および介護支援専門員実務研修受講試験合格者を対象としており、福祉用具利用や住宅改修時の介護支援 ...
アンケートタイトル:「現職ケアマネジャーによる介護用食品意識調査」 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
【1】まず最初に、ケアマネジメント・オンライン画面にて、【ログイン】してください。(ユーザー名、パスワードを入力してください) 【2】下記のアンケートページアドレス(URL)をクリックしてください。 【3】アンケートに回答後、「アンケート送信」ボタンを押して ...
第1部 支えの場で (7) 枠の外 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
八十代の母親は寝たきりで要介護5。二人の息子たちには知的障害がある。NPO(特定非営利活動)法人・風まくら(岡山県奈義町)のケアマネジャー、岡部久美子さん(42)が、その一家に出会ったのは五年前だった。 息子の一人は知人からたびたび金を無心され、多額の ...
不正請求や担当者会議行わず、7事業所の指定を取り消し――高知県 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
同社は他にも高齢者向け優良賃貸住宅や共同住宅を8カ所、グループホーム1カ所、デイサービス4カ所、訪問看護、介護タクシー事業も行っている。 1.指定申請書の事実と異なる記載(従事させる予定のない者を記載) 2.人員基準違反(管理者、サービス提供責任者の常勤専従 ...
日本初の「乳児死亡率ゼロ」岩手・旧沢内村が映画に - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
映画には、虐待で心に傷を負った子らを毎年町に招く男性、障害者や高齢者を温かく包み込む施設職員、町づくりに打ち込む若手の住民らが登場する。「町には今も多くの『深沢』がいると感じた」と小池監督。「人のぬくもりに触れ、福祉社会のあり方を考えるきっかけにして ...
早期発見へ関係緊密に 海部地方の認知症ネットワーク - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国で200万人以上いるとされる認知症患者。その身近な支援窓口である各市町村の地域包括支援センター(包括)と、専門医や開業医をつなぐネットワークづくりが、県西部の海部地方で始まっている。システムの構築だけでなく、互いの顔を知ることを重視した点が取り組み ...
介護増、製造は減 離職者ら対象の企業面接会に次々 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
事業所数は昨年10月にハローワーク武生が行った就職面接会並みだったが、これまで一けたの介護・医療が11事業所と増えたのに対し、製造は9社とほぼ半減した。 求職者は受け付けで渡された冊子を見ながら、希望する事業所のブースを次々と訪問。 ...
日本介護福祉士会、ケアマネ現任研修を開催――締切2月25日まで - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
社団法人日本介護福祉士会は、2月27日~3月1日の3日間にかけて、介護支援専門員現任研修会を開催する。参加対象は、「社団法人日本介護福祉士会会員」「介護技術講習主任指導者養成講習及び指導者養成講習の修了者」「その他一般」で、専門職としてのアセスメント能力の ...
2009年02月15日()
障害者の「夢トピア」5年 広げたい自立生活支援 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
一階は身障者十人が暮らすグループホームだ。一人一人に合ったトイレの高さなど、細かな配慮をした個室で、住人たちも満足そう。二階のケアホームでは食事などの介助を受けながら、知的障害者が暮らす。 作業所に通う人の多くが、親元を離れ自立生活したいという願いを ...
舛添厚労相が田辺で講演 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
低負担高福祉なんてありえない」と強調した。 また、「医療福祉の分野で知恵を働かせるべきだ。日本にはいい薬があり、輸出産業にできる。急速に高齢化するアジアにケアマネの皆さんが出ていって、富を稼ぐといった壮大な夢も描ける」と持論を展開。 ...
転倒リスクが高い「ロコモ」 - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
骨や関節、筋肉、神経などの運動器の障害や運動機能の低下により転倒リスクが高まり、寝たきりなど要介護の危険性が高い状態のことをいいます。メタボリックシンドローム(メタボ)が肥満や高血糖などによる生活習慣病予備軍であるのに対して、ロコモは要介護予備軍といえ ...
経済学者のコンセンサス - 池田信夫 blog (媒体での記事掲載終了)
Mankiw's blogより: 「経済学者が3人いたら意見は4つある」などといわれたのは昔の話で、現在はかなり広範な合意が成立している。家賃の規制は借家の質と量を悪化させる (93%) 関税や輸入割当は経済的福祉を悪化させる (93%) 変動為替相場制は、国際金融調整に効果的だ(90%) 財政政策は不完全雇用においては景気刺激効果をもつ(90%) アメリカは海外へのアウトソーシングを規制すべきで...
介護保険、月4535円に 尾道 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
尾道市の第4期介護保険事業計画作成委員会(委員長・安武繁県立広島大教授)はこのほど、新年度から3年間の65歳以上の介護保険料を平谷祐宏市長に答申した。 基準月額は4535円。現行保険料との比較では、合併による激変緩和で本年度まで別の保険料を設定している因島 ...
第1部 支えの場で (6) 最後の砦 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
娘夫婦の協力やデイサービス、ホームヘルパーと利用できる介護支援をすべて使った。 昨年初め、同荘から「空きが出た」と連絡があった時、田中さんは入所を迷わなかった。サポートしてきた青木さんの目にも「もう限界」と映っていた。 二十四時間の生活介助や機能訓練を ...
化粧で心身とも元気に お年寄りらにメイク 三田 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
下相野の高齢者共同生活介護施設「グループホーム薬師のさと」で暮らす呉田和子さん(82)と橋本トミ子さん(76)は「満足」「べっぴんさんになった」と笑顔だった。 ハンドマッサージもあったほか、市手をつなぐ育成会の知的障害者らでつくる「アイアイバンド」が ...
認知症 地域で見守って - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症についての勉強会(園部ライオンズクラブ主催)が14日、京都府南丹市園部町小桜町の市国際交流会館で開かれた。同市や京丹波町の約100人が参加し、講演やグループ討論を通して理解を深めた。 「認知症の人と家族の会」京都府支部の荒牧敦子代表が「認知症を ...
生きていれば115歳 亡き祖母生存装い夫婦逮捕 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
超高齢になっても老齢福祉年金の届け出が出され続けていることから、不審に思った役所の担当者が両容疑者らに聞き取りをし05年、うるま署に「年金の不正受給がある」と相談した。同署が調べを進めており、ことし2月4日に沖縄社会保険事務局から詐欺罪で刑事告訴を受理 ...
2009年02月14日()
「岩沼方式」普及に期待 介護に口腔ケアも導入 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県岩沼市が昨年10―12月の3カ月間、口腔(こうくう)機能向上と栄養改善を組み合わせた介護予防モデル事業を展開した。手探りで作った独自プログラムだったが、予想を上回る効果があり、市は新年度からの普及方法を検討している。 2006年に始まった介護予防 ...
苏轼《洞庭春色赋》《中山松醪赋》 - 拙风文化网 (媒体での記事掲載終了)
此时,苏轼笔墨更为老健,结字极紧,意态闲雅,奇正得宜,豪宕中寓妍秀。 集中反映了苏轼书法"结体短肥"的特点。 乾隆曾评:“精气盘郁豪楮间,首尾丽富,信东坡书中所 ...
你行不行?抗老健檢有譜 - 世界日報 (媒体での記事掲載終了)
老健檢,檢查哪些項目?「女性更年期」、「男性更年期」這些名詞常常出現,女性會開始皮膚枯老,情緒失衡;男性或許會性欲低落,抗老健檢之一就是「荷爾蒙分析」。 它透過驗血,瞭解血中生長荷爾蒙、甲狀腺素、男性荷爾蒙、女性荷爾蒙、動情素代謝及腎上腺壓力荷爾蒙 ...
働きながら介護・障害福祉資格を 練馬で雇用面接会 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
普喜信介・区介護保険課課長は「福祉の現場は常に人材不足。介護職員不足のために全床開設できない特別養護老人ホームもある。福祉現場の雇用ミスマッチを解消し、資格をとってもらって福祉の現場のスキルアップにもつなげたい」としている。問い合わせは、区高齢者社会 ...
区が助成 介護就職の面接会 - NHK (媒体での記事掲載終了)
厳しい雇用情勢のなか、仕事を失った人たちを人手不足に悩む介護・福祉分野での雇用につなげようと、東京・練馬区は区内の介護事業者に対し、新たに雇用する人が資格を取るための費用などを助成することになり、14日、介護事業者などが就職面接会を開きました。
県内の百歳以上の高齢者 初の600人超え - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
9月1日現在の県内の100歳以上の高齢者は、平成8年に初めて100人を超えて103人になり、その後も増加を続けている。 特に近年は増加が著しく、19年は489人、20年は549人となっていた。 県高齢福祉課は「長寿社会が進展し平均寿命が延びている。 ...
14日まで介護、認知症フェア 福島 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
介護予防と認知症予防の正しい知識を学ぶ福島民報社の「介護予防・認知症予防フェアinふくしま」は13日、福島市の福島テルサで開幕した。 初日は講演会が催され、約400人が熱心に耳を傾けた。 厚生労働省、県、市、県医師会、県社会福祉協議会などの後援。 ...
2介護業者に対し指定取り消しへ/県 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護報酬を不正に請求するなどしていたとして、県内で介護事業を行っている2業者に対し、県は13日、28日付で介護事業者の指定を取り消すと発表した。 指定を取り消されるのは、臼杵市市浜で「デイサービスセンターはれやか・パート2」を運営する「妙元堂 ...
2009年02月13日()
介護職へ さあ発進 太田市雇用対策 16日から適性研修 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
太田市の緊急雇用対策で、市内の介護施設への就職希望者を募る「介護職人材確保事業」の適性研修事前説明会が十三日開かれた。 事前に申し込んでいた三十九人のうち、体調不良で欠席した六人を除く三十三人が参加。施設での業務やホームヘルパー二級取得のための養成研修 ...
在宅24時間 介護考える 21日、戸畑区でセミナー 夜間対応など実践例紹介 参加募集 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
夜間対応型訪問介護は、高齢者の1人暮らしやお年寄りだけの世帯で夜間、定期巡回したり、おむつ替えなど急に手助けが必要になった際、ホームヘルパーが駆け付けたりするサービス。 当日は厚生労働省の担当者が「地域密着サービスの現状と今後の方向性」の演題で基調講演 ...
ふまじめ介護 田辺鶴瑛著 - 09/02/14 | - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
「ずぼら介護」だなんて、と目くじら立てることはない。内容はごくまっとうで、親3人を介護した女性講談師による悪戦苦闘の記録である。破天荒な介護物語でありながら、「介護とは?」の基本から実践的ノウハウに至るまで、実体験に裏打ちされつつ意外性に富んだヒントが ...
定額給付金などで専任部署 - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
事務局は、行政課長と福祉保健課長が事務局次長を兼務。福祉保健課主幹が専任の事務局次長となり、補佐が2人。事務局員として情報システム課、納税課、市民課、高齢福祉課、工業勤労課から専任職員が集められた。 支給に合わせ、電算システム整備、各世帯への通知、広報 ...
白内障治療で老眼も治す (媒体での記事掲載終了)

白内障治療用の多焦点眼内レンズが、高齢者の老眼の矯正に使われ出した。保険適用となっておらず、自由診療や先進医療に限られるが、白内障の治療時に多焦点レンズを希望する患者は着実に増えている。

呉の老健施設でノロ集団感染 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
呉市保健所は13日、呉市焼山北3丁目、老人保健施設コスモス園で、入所者と職員計35人が嘔吐(おうと)、下痢、発熱などを訴え、90歳代の女性1人が死亡したと発表した。 入所者5人からノロウイルス(小型球形ウイルス)が検出され、同保健所は、ノロウイルスによる集団 ...
介護保険料据え置き - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
・ホームページの記事・写真の著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。すべてのデータの無断複製・転載を禁じます。 ・ネットワーク上の著作権について日本新聞協会の見解をご覧下さい。 ・リンクする際は、トップページ(http://www.sanyo.oni.co.jp/)にし ...
介護労働者の労組、1万3千円賃上げ要求 格差是正前面 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護業界で働く人たちで作る労働組合「日本介護クラフトユニオン」(組合員約5万3千人)は13日に中央委員会を開き、今春闘で、月給制の人で月平均1万3千円以上の賃金引き上げを求めることを決めた。低賃金で人手不足が続く中、格差是正を前面に出して闘う。 ...
技術フロンティア:食後の片づけもお任せ (媒体での記事掲載終了)

少子高齢化社会の到来を見据え、家事を手伝うロボットの開発が進む。東京大学IRT研究機構は、食後の食器洗いを支援する試作機を開発。掃除では、作業の失敗を認識して、自力でやり直すロボットも登場した。

福祉に功績32個人・団体表彰 銚子社会福祉・精神保健大会 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
社会福祉の推進に功績をあげた市民らをたたえる千葉県銚子市の「市社会福祉・精神保健大会」が13日、市保健福祉センターで開かれ、市内の民生委員や保護司、ボランティア団体などに表彰状や感謝状が贈られた。 急速な高齢化や核家族化といった社会構造の変化で、必要性 ...
島根県社協、介護サービス情報の公表制度事業から撤退へ! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
約7割の都道府県社協が公表センターを担っている介護サービス情報の公表制度で、調査指定機関となっていた島根県社会福祉協議会が3月をもって公表制度事業から撤退する意向を明らかにした。 撤退の理由について「2008年度中に策定の中期経営計画で、もっとほかに重点的に ...
第1部 支えの場で (4) 親 子 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
高速道路の先に、認知症対応型グループホームで暮らす母がいる。この四年間、千葉正彦さん(50)=仮名=は、妻(50)と一緒に関西の自宅と故郷の津山市を車で往復し続けてきた。 症状の進行は緩やかになったようだ。入所して一年。母・房江さん(75)=同=は活発 ...
中小小売商業振興法、商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律の認定を受けた計画に基づき整備される施設(教養文化施設、省エネ型アーケード、バリアフリー型カラー舗装、インキュベータ施設、テナントミックス店舗等) 2.商店街等を取り巻く様々な ...
介護保険料初の減額 月額4640円に 神戸市方針 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
神戸市は十二日、来年度から二〇一一年度までの六十五歳以上の介護保険料について、基準額を現行より月額五十四円抑え、四千六百四十円とする方針を固めた。保険料は三年ごとに見直されるが、減額は初めて。次期市会定例会に提案する。 市は昨年十二月、来年度からの基準 ...
第1部 支えの場で (3) 認知症 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
千葉さんが〇六年四月の介護保険法改正前に「要支援」だった時、立石さんはホームヘルパーを週三回派遣した。法改正後に「要支援1」と判定されたあと認知症が急速に進み、「要介護1」になると、平日に五回の訪問介護と週三回のデイサービスを用意した。 ...
柏崎病院閉鎖へ、不正請求で - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
入院患者は寝たきりの高齢者らを中心に40人余りいたが、ほとんどは同市内の病院や福祉施設などに移るめどが立っている。 関係者によると、同病院は入院・外来患者数に応じて決まる医師の標準数(医師定数)を満たさず、診療報酬を減額して請求しなければならなかったのに ...
2009年02月12日()
業界最小クラスの共同住宅用エレベーター開発 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化で共同住宅にもバリアフリー化の要求が高まる中、小型化により、エレベーター設置の進んでいない中低層アパートへも導入しやすくした。 製品名は「Rメート」。今月20日に発売する。家庭用エレベーターの開発技術を転用し、間口、奥行きとも1メートル45センチ ...
【ゆうゆうLife】編集部から 認知症の見極めは難しい - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「もっと早く、母の認知症を疑うべきでした。母は2年前から帰り道が分からなくなることがあったのに」 連載「どうなる!? 要介護認定」で取材した会社員の男性(44)が、悔しそうに話す。 男性の母親は常に見守りが必要な状態で、医師から「認知症の傾向がある」と ...
【ゆうゆうLife】介護 どうなる!?要介護認定(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
却下理由には「要介護状態区分に変更が認められないため」と記されていた 「引っ越したら要介護度が軽くなった」。要介護認定は、市町村によってばらつきがあると指摘されてきました。その一因を、厚生労働省は「認定調査員の判断のばらつき」にあるとみて、4月からの ...
就学前児童の教育などで協定 尾道市と県立広島大 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
尾道市に隣接する三原市の三原キャンパスに保健福祉学部があることから、保健と福祉の分野を主要テーマに協定を結んだ。 具体的には、就学前児童の子育てを、行政と地域全体が支えるシステムづくりの研究や、高齢者や障害者の健康福祉支援などで協力するほか、市立尾道大 ...
介護保険事業者の指定取り消し処分 高知 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高知県は12日、不正な事業運営をしていたとして、高知市桟橋通の「ぐりんぱ」(町田みどり社長)が運営し、訪問介護や居宅介護支援、福祉用具貸与などを行う4事業所について介護保険法に基づき3月1日付で介護保険事業者の指定取り消し処分にしたと発表した。 ...
ユニバーサルデザインなど60作品 県立美術館で芸短が卒業・修了制作展 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
会場には油絵や木彫、イラストレーション、漫画、建築、染色など多彩な作品が並ぶ。専攻科の松本香織さんの作品は、ユニバーサルデザインの視点で、花札を新しくデザインした。色覚障害や高齢者、白内障の人などにも分かりやすい色使いで、訪れた人の興味を引いていた。 ...
姉殺害容疑で43歳弟を逮捕 親の介護めぐりトラブルか - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
現場の県営住宅は容疑者らの両親の自宅で、「親の介護のことでもめた。姉の言動がおかしくなり、家族の将来を悲観して殺した」と供述しているという。 調べでは、福留容疑者は12日午前9時ごろ、同住宅で藤田さんの首を手で絞めて殺した疑い。 同署によると、両親のうち ...
老人ホームの介護職員がひき逃げ 「ワケが分からず」救護せず - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
車はいったん逃走したが現場に戻り、佐倉署は自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、運転していた八街市みどり台の老人ホーム介護職員、渡辺絢子容疑者(24)を逮捕した。同署が自転車の男性の身元確認を急いでいる。 同署は、渡辺容疑者が「訳が分から ...
介護の悩み 抱えこまないで - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者を介護している人たちが支え合い、学び合う場として、同センターが企画したもの。自宅での留守番が難しい高齢者のため、別室でケアも行う。 葉山町地域包括支援センターは、町内に住む高齢者が寝たきりや車椅子の生活にならないよう、早い段階から高齢者と ...
NPO法人介護予防フロンティア(糸井美恵子会長)は12日、足立区総合ボランティアセンターで、江北村の歴史を伝える会の浅香孝子会長を講師に招き、五色桜について学んだ。 江北村の歴史を伝える会は、昨年『江北の五色桜』ガイドブックを上梓、好評を博している。 ...
「介護の仕事しませんか」 県が就職を支援 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
雇用情勢の悪化を受け、和歌山県は、国の助成金を活用して、常勤の介護職員100人の就職を支援すると発表した。介護業務未経験者が対象で、資格は問わない。不況を逆手に、深刻な人手不足解消を図る。 県によると、資格を問わずに常勤の介護職員を募集しているのは、 ...
[介護関連]ツクイ、第3四半期が好調 - MoneyZine (媒体での記事掲載終了)
経常利益は14億500万円(前年同期比47%増)となった。 通期でみても85%の進ちょく率で推移している。 在宅介護事業において、これまでに開設したデイサービスセンターの利用率を引き上げて収益改善に注力。 この日は、やまねメディカル (2144・HC)、 ...
カラオケ店 介護者癒やす 歌より悩み共有 八王子に『なごみの会』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族らの介護に携わる主婦らが集まり、疲れや悩みを打ち明けるカラオケ店が東京都八王子市のJR八王子駅前にある。介護ボランティア団体に無料で場所を提供。参加者からは「在宅介護では、介護する家族のケアは見過ごされがち。ありがたい支援だ」と歓迎している。 ...
大阪市の敬老パスの見直しに反発強く修正へ - JanJan (媒体での記事掲載終了)
大阪市は10日、経費削減の一貫として提示していた「敬老優待乗車証」と「上下水道料金福祉措置」の見直し素案について反対する意見が多かったため、当初素案の修正案を発表した。いずれも高齢者には優しい施策で他の政令指定都市に比べても、手厚い制度だが、市民の利便 ...
有料老人ホーム建設/建設会社と介護事業者が連携 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
釧路市内の建設会社と介護事業者の役員が新会社を設立し、有料老人ホームの建設や管理を一体的に行う事業に着手する。低所得者でも入居できる施設で、建設面、介護医療面でそれぞれがノウハウを発揮して運営に当たる方式。すでに建設工事は始まっており、4月末に完成する ...
2009年02月11日()
【ゆうゆうLife】冊子「介護で家族を憎まないために」を発刊 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護殺人撲滅に取り組む市民団体「となりのかいご」(川内潤代表)は、家族を憎まずに介護が続けられるヒントを集めた冊子「介護で家族を憎まないために」を発刊した。 認知症の妻を介護中の男性介護者らを交え、介護殺人を食い止める一言を考えた討論会の内容や、同団体 ...
【ゆうゆうLife】介護 どうなる!?要介護認定(中) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「状態が悪くなったのに、介護サービスが減った」「理由が分からない」。要介護認定で「要介護1」から「要支援2」に移行した利用者から、不満や戸惑いの声が聞かれます。要介護1と要支援2を分けるのは本来、認知症の程度と、心身の状態が安定しているかどうか。 ...
那須塩原市の生きがいサロン次々設立 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
また各サロンから、物作りやレクリエーションの講師ができる人材を挙げてもらうことで、地域の人材名簿作りも進めている。 「制度上のサービスだけでは進まない地域の支え合いを推進する」(市高齢福祉課)取り組みとして期待されるだけに、今後も行政の積極的なサポート ...
介護保険料、月平均2093円に 09年度は1・2%増 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
40-64歳の2009年度の介護保険料(第2号保険料)は平均で年5万246円となり、現行から613円引き上げられるとの厚生労働省の見通しが11日、明らかになった。自己負担は原則半額であるため、サラリーマンら現役世代の1人当たり自己負担額は月平均 ...
認知症中等度の緊急時以外の対応――東京都認知症対策会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は、基本的な生活動作に一部介助が必要とされる「中等度」の認知症について、緊急時以外の対応として、身体合併症や周辺症状の緊急時を避けるための対策や基本方針などをまとめ、2月4日に開催した第5回東京都認知症対策推進会議で報告した。 1. ...
恵庭の学校給食費値上げへ - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー化や体育施設更新を、どの程度進められるかも焦点となる。 建築後に制定された「建築物の耐震改修の促進に関する法律」の特定建築物(体育館床面積合計1000平方メートル規模)に該当し、一定の耐震化も施される見通し。 市地域防災計画の指定収容避難所としての機能 ...
認知症中等度の緊急時対応3~介護者の一時的な不在や限界を超えた場合 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は2月4日、第5回東京都認知症対策推進会議を開催し、医療支援部会での検討状況を報告した。今回は、基本的な生活動作に一部介助が必要とされる「中等度」の認知症についての医療支援体制がまとめられ、緊急時の現状と対策が3通りに整理して示された。 3. ...
講談の次は落語で! 東京都が成年後見制度シンポ開催――3月15日に - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健局は、高齢者権利擁護シンポジウム「いつまでも自分らしく安心して暮らし続けるために~高齢者の権利擁護を考える」を3月15日に開催する。 本シンポジウムでは、高齢者の金銭トラブルなど、成年後見制度、高齢者虐待防止について落語家が語るほか、社会福祉 ...
第1部 支えの場で (1) 谷 間 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
「認知症が進んだ原因はいろいろあるかもしれない。でも、変化に気付いたとき、何でもっとアクションが起こせなかったのか…」 「要介護1」から、最も軽度の「要支援1」へ。二〇〇六年春の介護保険法改正で、千葉房江さん(75)=仮名=がそう判定されて半年。 ...
介護施設での虐待事件、改善計画の提出求める - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設「グループホームなぎさ」=香川県丸亀市中府町四丁目=で先月、入浴介護中に入所者女性(93)の頭などに熱湯を浴びせ、約2週間のやけどを負わせたとして、元職員が傷害容疑で逮捕された事件で、丸亀市は10日、同施設に対し、再発防止に向けた改善計画を提出 ...
中央集権の縦割りは、家族的な地域の発想で超えろ!~先進県富山からの報告 - JanJan (媒体での記事掲載終了)
なかでも小規模福祉デイケアハウス「このゆびとーまれ」と完全バリアフリーのローカル線「富山ライトレール」は全国屈指の好事例だ。 1月24日、富山市で富山商工会議所青年部が主催する「道州制ワークショップ」が開催され、招きに応じて、東京よりわれわれ「道州 ...
福祉のまち探る 「住民の交流が大切」 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、地元のふれあいサロン「とねりこの家」代表の水無瀬文子さん(65)は、地域住民の交流拠点となる「まちの縁側」を目指して、子育て相談や高齢者の昼食会、音楽会などを行っていることを報告した。活動への思いを「地域の人が健康、幸せであるためにも心を温かくする場 ...