介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年12月31日()
人間社会を再構築しよう 年のはじめに考える - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
人間が部品扱いされる労働システムや法は変えられるべきですし、女性が安心して出産し働ける育児サービスや教育、団塊の世代のための介護など高齢福祉の充実も当然で、貧困問題などあってはならないことです。 危機の時代に臨んで米国民は初の黒人大統領を選出、今月誕生 ...
地域資源活用し、元気都市に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
... の整備など総合的な子ども支援施策や高齢者福祉施策を一層充実させていきます。 -川崎区、幸区の主な取組についてはいかがでしょう? 市長 川崎区では、川崎駅東口の回遊性の向上とバリアフリー化を図るため、駅前広場再編整備や東西連絡歩道橋整備などを進めます。 ...
市民目線の市民経営で - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
国は、「介護従事者の処遇改善のための緊急特別対策」として、3%の介護報酬改定と、それに伴う介護保険料の急激な上昇を抑制する措置として、「介護従事者処遇改善臨時特例交付金」 1200億円程度を投入するとしておりますが、介護報酬においては、サービスごとの ...
高齢者への支援に注力 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
一方で、町の総人口はここ5年間で横ばいに推移しているものの、高齢者人口は他行政と同様に増加し続けている。こうした状況の中、町はどのような福祉計画やサービスを実施しているのか。その取組みを取材した。 町では現在、「第4次 寒川町高齢者保健福祉計画」の策定を ...
再開発事業とごみ広域化に課題 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
今後とも新規開設の相談があれば市としても積極的に取り組む。 -高齢者福祉の充実について。鎌倉市の高齢化率は約26%で4人に1人以上が65歳以上。今後一層、老人ホームの需要が増えると考えられます。高所得でない人のためにも公的施設の充実化も求められます。 ...
将来を見据え秦野らしい都市づくりを推進 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
また、介護を必要とする高齢者を抱えるご家族の苦労は大変なものです。こうした方々の精神的な負担を少しでも軽減できるよう、介護者や高齢者のメンタル面での支援にも力を入れていきます。介護予防教室を開催するほか、地域の自主的な高齢者の生きがいづくり活動などを ...
JR鵜沼駅(左)と名鉄新鵜沼駅(右)の駅前広場を結ぶ自由通路の完成 ... - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
... を設置してバリアフリー化を図る。 JR鵜沼駅の橋上駅舎はホームへのエレベーターを2基設置。現在は跨線橋(こせんきょう)しかないため、高齢者や車いす利用者 ...
認知症支援へ初の連携組織 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症のお年寄りや家族を支援しようと、広島市東区内の医療機関や住民団体などが連携し、「認知症支援ネットワーク」を発足させた。地域を上げた取り組みは広島県内で初めてという。高齢化率の高い戸坂地区をモデル地区として活動、今後、区内全域で進める。 ...
09年度当初予算案で、介護人材確保緊急支援事業を新設VOL.1――厚労省会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
福祉・介護人材の育成・定着の促進一進路選択学生等支援事業205億円 3.介護人材確保職場定着支援の拡充・介護未経験者確保等助成金の拡充(制度要求) 4.母子家庭の母の介護福祉士・看護師等の資格取得支援 1.3億円 5.認知症高齢者の排掴SOSネットワークのGPS利用や広域 ...
介護家族の会 相次ぎ発足 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族の介護を続けている人たちが日ごろの悩みを話し合い情報交換する「美山町介護者の会」と「園部町介護者の会」がこのほど、京都府南丹市で相次いで発足した。 同市では、介護の当事者組織が八木町にしかなく、介護の負担を抱える人が地域で孤立しがちな環境だったこと ...
開所9カ月で利用100件上回る/茅ケ崎の成年後見センター - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
同制度は、認知症の高齢者や知的、精神障害者など判断能力が不十分な人たちの財産や権利を保護するために制度化された。制度の仕組みや手続きが複雑で、後見人の選定に ...
2008年12月29日()
独居高齢者におせち料理 鹿沼南押原地区の中学生ら - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
同地区福祉活動推進協議会が毎年実施しており、十七回目。高齢者の支援活動を行う「ボランティアみなみ」のメンバーと南押原中二年生六人など計十九人が参加した。 この日は前日に作った昆布巻きやくりきんとん、きんぴらなど十三品の料理を丁寧に重箱に詰めた。 ...
県西の高齢者施設でノロウイルスの胃腸炎集団発生 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県西の高齢者施設 県保健福祉部は二十九日、県西の高齢者入所施設でノロウイルスを原因とする感染性胃腸炎の集団発生があったと発表した。七十-九十代の入所者十九人 ...
陸の孤島“命綱”はブザー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
独り住まいの高齢者の“命綱”は、具合が悪くなったときに近くの住民に知らせることができる町の社会福祉協議会から配られたブザーだ。先日、独り暮らしの男性のブザーが ...
介護保険事業計画の素案がまとまる/若松 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
会津若松市の高齢者福祉計画・第4期介護保険事業計画の素案がまとまった。 介護予防のため、地域交流の推進による高齢者の生きがいづくりなどを強く打ち出した。 市は1月21日まで素案に対するパブリックコメントを募集している。 計画は平成21―23年度の3年間。 ...
自治会基盤に地域福祉 島根県社福協が事業開始 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
住民に最も身近な自治会を基盤に、新たな発想で地域福祉を進めようと、島根県社会福祉協議会が本年度「しまね流自治会区小地域福祉活動」事業を開始した。住民が地域課題を共有し、福祉、生活課題を解決するのが基本で、活性化のきっかけになると期待を集めている。 高齢 ...
虚偽の申請で介護報酬不正に受給――埼玉・グループホーム - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
埼玉県鶴ヶ島市は、市内においてグループホームを運営する有限会社めぐみに対し、介護報酬の不正な請求及び受給があったとして処分を行うことを発表した。 ...
就労前に職場体験/インドネシア人介護福祉士候補 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
来年1月末から、香川県高松市岡本町の特別養護老人ホーム「岡本荘」で働く予定のインドネシア人介護福祉士候補者2人が来県し、28日、同施設を初めて見学した。 ...
窓ふき隊が高齢者宅など清掃 作新学院高 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
高い所の作業が大変なお年寄りや障害者の家を訪問し、年末の清掃の手助けすることで、高齢化社会や福祉社会を考える機会にするのが狙い。 今年も同部の呼びかけに一般生徒百六十人が賛同。初日はボランティア部員と一般生徒合わせて約百四十人が六、七人のグループに ...
介護研修生がもちつき インドネシア出身の3人、老人施設で - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
徳島市応神町の特別養護老人ホーム「健祥会モルダウ」で二十八日、介護福祉士を目指して来年一月から県内で働くインドネシア人三人を招待して、もちつきがあった。 参加したのは、介護福祉施設「緑風荘」(牟岐町)での勤務が決まっているワヒュー・ディンさん(26)、 ...
2008年12月28日()
訪問系サービスの報酬単価――第63回社保審分科会7 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
訪問介護については、訪問介護員などの処遇改善の必要性を踏まえつつ、サービスの効果的な推進を図る観点から、短時間の訪問に対する評価を行う。 訪問介護員など ...
「雇い止め」在日ブラジル人ら採用 四日市の社福法人、介護に戦力 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の介護にはコミュニケーションが欠かせないだけに、課題は言葉。同会は採用者に三カ月間行う教育の中に、介護の研修に加え、日本語学習を取り入れている。 福祉現場の人手不足は深刻で、同会の三瀬正幸・人事室長(39)は「将来的には、外国人に日本の介護を ...
地域連携パスの作成術・活用術 診療ネットワーク作りをめざして - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
急性期病院の職員にはなじみの深いパスですが,今後は今までパスになじみの薄かった開業医,訪問看護師,そしてケアマネージャーも参加してこの地域連携パスの作成,運用に携っていかねばならないでしょう.そのような状況の中で,本書が各地域における地域連携パスづくり ...
【 08 回顧 】〈上〉 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市障害福祉課は「小規模なグループホームなどにも打診したが、空き部屋がなかった。現段階でベストの方法を探った結果」と話す。月に20人以上が利用していた事業だが、再開から12月末までの登録申請者は4人、利用は3人にとどまっている。
Xマスにお年寄りへマフラープレゼント - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
長尾間税会(中端正美会長)はこのほど、香川県さぬき市寒川町の老健施設・ヌーベルさんがわを慰問し、約80人の入居者にクリスマスプレゼントのウールマフラーを手渡した。 同所を訪問した中端会長らは贈呈式の後、入居の1人ひとりにねぎらいの言葉をかけた。明るい色 ...
日用品や玩具を寄贈 高山JC、福祉施設に車1台分 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 会員から集めたワンボックスカー1台分の日用品やおもちゃの仕分け作業をし、市内の児童養護施設と特別養護老人ホーム、高齢者グループホームの6施設に贈った。 ...
地域ケア体制の検討開始――東京都「10年後の東京」実行プログラム1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者を地域で支えるネットワークづくりや医療支援体制の構築など、総合的な認知症対策を引き続き推進するとともに、社会的に対策が遅れている若年性認知症について、日中活動を支援するサービスの検証など、有効なケアの提供につなげていく。
いわき介護施設2人死亡火災 出火場所に火の気なし - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
26日夜、福島県いわき市の老人介護施設「ROSE倶楽部粒来(くらぶつぶらい)」が半焼し、宿泊中の利用者2人が死亡、3人が重軽傷を負った火災で、出火場所とみられるリネン室に火の気がなく、油性反応も検出されなかったことが27日、いわき東署などの調べで分かっ ...
2008年12月27日()
介護報酬、初の増額決定 社会保障審、人手確保へ待遇改善 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)は26日、介護保険から介護サービス事業者に払う報酬の改定内容を決めた。来年4月から報酬全体を3%増やし、2000年の介護保険制度の導入以来初めての引き上げとなる。夜勤や専門性の高い職員が多い事業所への加算を新設するほか、 ...
「合併はデメリット多かった」 道内市町村調査 保健・医療・福祉サービス低下(12/28 06:55) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉面では高齢者の移送サービスに制限が出たり、各種事業で高齢者宅への訪問回数が減ったりした地域があり、サービス低下を指摘する声が多かった。 一方で、合併によって理学療法士や作業療法士を新たに配置し、看護職員を増員、体制を強化した自治体の病院や、従来い ...
夜間災害対応、懸念現実に いわき・老人施設火災 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者を預かり、より高度な安全性が求められる施設として対策は十分だったのか。26日夜に発生した火災で2人が死亡、3人が重軽傷を負った福島県いわき市の老人介護施設「ROSE倶楽部粒来」では、夜間の災害対応が懸念されていた。 福島県社会福祉協議会は施設ごと ...
【主張】介護報酬改定 待遇向上の検証が必要だ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)が、平成21年度の介護報酬(介護サービスの公定価格)の改定案を答申した。介護報酬は12年の制度発足以来、抑えられてきたが、今回は介護従事者の待遇改善のため、初めて3%の引き上げとなった。 介護の現場では、きつい仕事 ...
火元は介護施設1階リネン室か 福島の2人死亡火災 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
福島県いわき市の老人介護施設「ROSE☆楽部粒来(つぶらい)」(2階建て)で2人が死亡、3人が負傷した火災で、1階リネン室の煙感知器が最初に作動していたことが27日、いわき東署と消防の調べで分かった。同署などは、燃え方の激しいリネン室が火元とみている。 ...
韓国から日本の介護視察急増 福岡市、NPOと体制整備 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
注目を集めたのは寝たきりのお年寄りを入浴させる浴槽。約1000万円という価格に驚きの声が上がったが、担当者は「国の補助もあり、日本の施設ならどこにでもある」と説明する。釜山市の介護施設で働く姜福姫(カン・ポッキ)さん(40)は「韓国では機械の導入が進ん ...
不足する介護3専門職 すべて配置は10市のみ - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉介護課が26日の第3回県高齢者福祉対策推進協議会で明らかにした。 高齢社会の中で需要は高まるものの、行財政改革の中で正職員での採用が難しいなど、 ...
いわき・介護施設2人死亡火災 死因は一酸化炭素中毒 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
福島県いわき市泉町滝尻の老人介護施設「ROSE倶楽部粒来(くらぶつぶらい)」で26日夜に発生した火災で死亡した2人は、いわき東署の調べで27日、宿泊していた利用者の同市平、無職久野トシヱさん(88)、同市小名浜岡小名、無職水谷タキさん(90)と分かった ...
介護施設、経営難や人手不足 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設が経営難や人手不足にあえいでいる。厚生労働省は来年度、介護報酬を初めて3%引き上げる方針を固めたが、深刻な赤字経営や介護福祉士の待遇改善を解消するにはほど遠いアップ幅といえる。「好きな仕事なのに続けられない」。広島市内の介護福祉士やヘルパーから ...
介護施設で火災、2人死亡 福島・いわき - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
26日午後10時ごろ、福島県いわき市泉町滝尻定ノ田223の老人介護施設から出火、鉄筋コンクリート2階建ての1階部分を焼いて約30分後に鎮火した。女性利用者5人が病院に搬送され、いわき市の無職久野トシヱさん(88)と同市の同水谷タキさん(90)の2人が一酸化炭素中毒で ...
介護施設で火事、女性利用者2人死亡/いわ - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
26日午後10時5分ごろ、いわき市泉町滝尻字定ノ田223、老人介護施設の会員制小規模多機能ケアセンター「ROSE(ロゼ)倶楽部粒来」から火を出し、鉄骨コンクリート2階建て施設の1階部分を焼き、約40分後に消し止めた。 2階にいた高齢の女性利用者5人が ...
妻を殺人容疑で逮捕「介護に疲れた」 埼玉の78歳死亡 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「介護に疲れた」と容疑を認めているという。 同署によると、レイ子容疑者は25日午前4時ごろ、同市藤金のアパート1階の自宅で、芳男さんをトイレに連れて行った後、隣の部屋にうつぶせに横たわった芳男さんの首を後ろからスカーフで絞めて殺害した疑いがある。 ...
介護施設で火災2人死亡 いわき - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
26日午後10時10分ごろ、福島県いわき市泉町滝尻の老人介護施設「ROSE倶楽部粒来(くらぶつぶらい)」から出火、女性2人が死亡した。 いわき東署が身元や出火原因を調べている。 同施設はJR常磐線泉駅近くの繁華街にあり、鉄筋コンクリート2階建て。 ...
認知症ケアや夜勤に手厚く 介護報酬改定、上積み40種 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症対応型グループホームでの看取り介護加算や、退去時に地域での生活に戻るための相談援助加算などを創設した。施設やグループホームが65歳未満の若年性認知症患者の入所を受け入れた場合、1日1200円の加算をつけた。 政府は報酬3%アップで、「従事者80万 ...
介護施設で火災、2人死亡 3人けが、福島県いわき市 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
二十六日午後十時十分ごろ、福島県いわき市泉町滝尻定ノ田の老人介護施設「ROSE倶楽部 粒来 つぶらい 」で出火したと近所の男性から一一九番があった。いわき東署などによると、入所者の女性五人が病院に搬送され、うち同市平三町目、無職 久野トシヱ ひさの・としえ ...
2008年12月26日()
介護報酬改定 さらなる処遇の改善を - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
三年後の改定時にはさらに上積みしてもらいたい。 深刻化する失業問題への対策の一つとして厚労省は、雇用保険を受給しながらでもホームヘルパー一級、介護福祉士の受験資格が得られる長期訓練を来年度から始める。ホームヘルパー二級の短期訓練制度も拡充する。 ...
死亡2人の身元判明 福島、老人介護施設火災 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
福島県いわき市の老人介護施設「ROSE倶楽部粒来」で入所者5人が死傷した火災で、亡くなった女性2人はいわき市、無職久野トシヱさん(88)と同市、同水谷タキさん(90)であることがいわき東署の調べで27日、分かった。 消防によると、ほかの女性3人はやけど ...
新しい介護報酬額まとまる - NHK (媒体での記事掲載終了)
人手不足が深刻な介護職員の待遇を改善するため、厚生労働省の審議会は、サービスを提供した事業者に支払われる介護報酬を、来年4月から東京23区では今より3%引き上げて基準額に15%上乗せするなど、新しい報酬額をまとめました。
介護報酬改定 さらなる処遇の改善を - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
三年後の改定時にはさらに上積みしてもらいたい。 深刻化する失業問題への対策の一つとして厚労省は、雇用保険を受給しながらでもホームヘルパー一級、介護福祉士の受験資格が得られる長期訓練を来年度から始める。ホームヘルパー二級の短期訓練制度も拡充する。 ...
茅野市中大塩「支え愛隊」 お互い様の活動が始動 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者、障害者、子育て中の親たちの日常生活での困りごとを地域が「お互い様」の気持ちで支え合う取り組み。同会が2006年末から、地区内全戸対象の福祉アンケート、聞き取り調査、検討会などを重ね、準備してきた。 手助けを希望する利用会員の要望に応じ、支え愛隊が▽ ...
高齢者の運動能力データ収集 東大と福井県、運転講習などに活用へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢社会の課題などを研究する「ジェロントロジー」で連携している東大ジェロントロジー寄付研究部門と県は26日、福井市の新田塚自動車学校で高齢者の運転能力に関するデータ収集を開始した。教習車に設置したカメラの映像を基に、加齢が運転技能や身体の反応にどのよう ...
老人介護施設で火災、2人死亡2人重体 福島・いわき - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
26日午後10時10分ごろ、福島県いわき市泉町滝尻の老人介護施設「ROSE倶楽部 粒来(つぶらい)」から出火した。119番通報を受けた同市消防本部の消防隊員が駆けつけて消火作業にあたり、約30分後に鎮火したが、5人が病院に運ばれた。 ...
「介護疲れ」と夫殺害容疑で71歳妻逮捕 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
「介護に疲れて殺した」と供述しているという。 調べでは、レイ子容疑者は25日午前4時ごろ、寝室で山根さんの首をスカーフで絞めて殺害した疑い。 山根さんは心臓などに持病があり、20日ほど前から自力歩行が困難になっていたという。(共同)
介護施設で火災、2人死亡 福島県いわき市 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
26日午後10時10分ごろ、福島県いわき市泉町滝尻の老人介護施設「ROSE倶楽部粒来」で出火したと119番があった。病院に搬送された女性2人の死亡が確認された。いわき東署によると、入所者は8人で残る6人の所在は確認できているという。 ...
100歳父殺害 刑を猶予 宮崎地裁判決 「介護尽くし疲弊」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
宮崎地裁(高原正良裁判長)は26日、介護疲れから無理心中を図って当時100歳の実父を刺殺したとして、殺人罪に問われた宮崎市吉村町、佐藤智子被告(71)に懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。 判決理由で高原裁判長は「長年にわたり献身 ...
「介護に疲れた」 71歳妻が78歳夫絞殺 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
... さん(78)の首をスカーフで絞めて殺害した疑い。 芳男さんは今月になって寝たきりになっていた。山根容疑者は夜中、芳男さんに「トイレに行きたい」などと頻繁に起こされていたという。 調べに対し、山根容疑者は「夫の介護に疲れていた」などと供述しているという。
高齢化が進み、役員候補者が見当たらず、滞納問題などもある。今後の対策は? (媒体での記事掲載終了)
Q:築29年30世帯のマンションです。居住者の高齢化が進み、4世帯は独り暮らしをしています。組合運営はこれまで有志が集まってなんとか行ってきましたが、いよいよ役員候補者も見当たらなくなりました。管理費の滞納も2件、約50万円あり、そのうち…
第63回社会保障審議会介護給付費分科会 - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
沖藤委員が、「今回の改定で残念なところ」と、3つ取り上げました。 1.生活援助→2時間提供が認められなかった。 2.ホームヘルパー常勤化の道筋が見えなかった。 3.利用限度額について触れられていなかった。 「低所得者に向けた対策を」とのことでした。
介護の質向上に職員報酬改善 09年度初のプラス改定 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日、来年度から3年間の新しい介護サービスの報酬単価を決めた。職員の経験年数や取得資格、業務の過重さを考慮し報酬を手厚くするのが柱。低賃金で人手不足が指摘される介護職員について待遇を改善し、サービスの質の向上につなげる狙い。 ...
相談先、あきらめないで - 札幌市役所 (媒体での記事掲載終了)
小冊子はA4版6ページ構成で、高齢者が読みやすいように文字サイズも大きくしてあり、介護・健康・生活という3つキーワードから介護予防や認知症、老人クラブから配食サービス、年金、振り込め詐欺まで多岐にわたって相談窓口が紹介されています。 ...
問題ない食品もったいない 有効活用へ市民団体設立 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
メーカーや小売店から食品の寄付を受け、高齢者や障害者の支援団体、施設に贈る。 将来的には、ホームレスや障害者が食品の運搬や仕分けに携わる雇用の場としても活用する。 フードバンクは関東、近畿、中国地方などに5団体ある。東北での設立は初めてという。 ...
専門職多い事業所に加算=09年度介護報酬改定を答申-社保審 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)は26日、2009年度から全体で3.0%引き上げられる介護サービス事業者への報酬の内訳について舛添要一厚労相に答申する。専門性の高い職員が多い事業所に対する加算措置を新設するほか、人件費が高い都市部では、地域ごとに ...
伊達・総合体育館22年度着工へ提言書提出 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
平成22年度着工予定の体育館、市民プールについて高齢者や障害者なども安心して利用できるユニバーサルデザイン、バリアフリーに配慮した施設を求めている。 ...
100歳父殺害、刑の執行猶予 宮崎地裁、介護疲れ酌む - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
一方で「介護の負担を一身に背負って心身ともに疲弊し、衝動的に無理心中を決意した。経緯には同情できるものがある」と執行猶予の理由を述べた。 ...
厚労省、2009年度老人保健福祉関係予算内示の概要を発表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省老健局は、2009年度老人保健福祉関係予算内示の概要を発表した。老人保健福祉関係予算の内示額は、前年比575億円増の2兆972億円。老健局計上経費(他局計上分除く)は、590億円増の1兆7110億円。同予算内示の概要は以下のとおり。 1.地域における介護基盤の整備 ...
海外被爆者援護策展開求める - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
市役所での申し入れでは、寝たきりで手帳交付を待つ女性の写真を示し、「高齢や病気の被爆者は情報に接する機会が少ない」と指摘。国交がない北朝鮮の被爆者への周知や援護策展開も求めた。 三村義雄健康福祉局長は「われわれも思いは共通。国と協議したい」と答えた。
都市モノレール 公共交通の充実を急ごう - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
「健康長寿の島」のイメージとは裏腹に、実態は生活習慣病予備軍や寝たきりの高齢者も少なくない「医療長寿県」とさえ言われる。 歩かない県民性はマイカーを急増させ公共交通を縮小させてきた。 例えばバス。2002年度には3764万人だった年間のバス利用者は、06 ...
2008年12月25日()
【ゆうゆうLife】向き合って 東大名誉教授、辻村明さん(81)(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東大名誉教授の辻村明さん(81)は、認知症で要介護3の妻、●子(のりこ)さん(80)とデイサービスに通うのが楽しみといいます。100歳に届く高齢者が活発に歌い、笑うことに驚き、「元気に生活するには、プロのケアを受け、引きこもらず、いろいろな人と交流する ...
介護事業所が虚偽申請 報酬不正受給も 都、指定取り消し 町田 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
都福祉保健局は二十五日、虚偽の介護訪問員の名簿を届け出て、不正に都の指定を受けたとして、町田市南成瀬五の介護サービス施設「なごみのつどい」に対し、介護保険法に基づく指定取り消しを決めた、と発表した。 同局によると、施設を運営する「アイデイエー」は、訪問 ...
認知症資産家から詐取容疑も 京都家裁書記官を追送検 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の資産家に対して債権があったように装い、だまし取った疑いもあり、詐取総額は約6千万円に上るとみられる。 県警によると、広田容疑者は昨年9月、架空の戸籍 ...
佐世保市の「つくも苑」 誤投薬の介護職員停職 理事長は報酬返納 計15人を処分 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐世保市の身体障害者療護施設「つくも苑」で5月、女性入所者が誤投薬後に死亡した問題で、施設を運営する県障害者福祉事業団と県は25日、誤投薬した20代の女性介護職員を停職1カ月とするなど計15人を処分した。同事業団の西司理事長は、報酬の10分の1を1カ月 ...
市区町村の半数、2035年「75歳以上が4人に1人」 (媒体での記事掲載終了)

   国立社会保障・人口問題研究所は2008年12月24日、市区町村別の将来推計人口を発表した。それによると、2035年には市区町村の50.1%で、75歳以上の高齢者が人口の4分の1以上を占めることが明らかになった。05年時点で高齢者の割合が4分の1以上の自治体は1.1%で、急速に高齢化が進んでいる様子が浮き彫りになった形だ。推計は、05年の国勢調査などに基づいて、1805市区町村を対象に行われた。


asahi.com(朝日新聞社):もみじマーク義務化「撤回」 「高齢者いじめ」反発受け - 社会 (媒体での記事掲載終了)
もみじマーク義務化「撤回」 「高齢者いじめ」反発受け(1/2ページ)2008年12月25日11時31分印刷ソーシャルブックマークもみじマーク道路交通法で75歳以上に表示が義務づけられている高齢運転者標識(もみじマーク)について、警察庁は25日、罰則を凍結し、70〜74歳と同様に努力義務にとどめるとする改正試案をまとめた。同庁は公式には「表示率が高まったから」と説明するが、お年寄りらの反発を受けて6...
短時間勤務を義務化=育児・介護休業法改正へ-労政審が建議 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)は25日、仕事と生活の両立支援を目的とする育児・介護休業制度見直しを舛添要一厚労相に建議した。3歳未満の子どもがいる労働者に対し、短時間勤務や残業免除の制度を導入するよう企業に義務付けることや、介護のための短期休暇 ...
豊恩荘に御下賜金伝達/香川県庁 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
長年にわたって高齢者福祉の増進に貢献した点や寝たきりなど要介護高齢者へのサービス向上に尽力している点が評価された。 御下賜金は毎年、天皇誕生日に合わせ、全国の都道府県・政令指定都市の各1施設・団体に贈られており、今年は64施設・団体が選ばれた。
介護保険は微増で提案 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
小田原市は平成21年度からの高齢者福祉施策と介護保険事業の方向性や取り組み内容を示す「第4期おだわら高齢者福祉介護計画」の策定にあたり、その素案を公表し、市民からの意見を募集している。 おだわら高齢者福祉介護計画は、介護保険法、老人福祉法に規定された ...
町田の訪問介護等事業所を指定取り消し、都福祉保健局 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健局は25日、申請の際に虚偽の申請書を提出したとして、訪問介護等事業所「なごみのつどい」(町田市)の事業所指定を平成21年1月25日までに取り消すと発表した。都によると、同事業所は20年4月から9月までの間、ヘルパーの資格を持っていない職員 ...
罰則を撤回 『表示義務は高齢者いじめ』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
警察庁はこのほか、高速道路で車の後方から車間距離を詰めて走行する「あおり行為」について、罰則を強化するほか、福祉施設周辺などに高齢運転者専用駐車場の整備も行う。 警察庁は当初、動体視力など運転適性に応じて、もみじマークの表示免除も検討した。 ...
広島市が韓国の被爆者に手帳発送 法改正後初めて - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
改正前は「居住地または現在地の都道府県知事が交付する」と規定され、在外被爆者は高齢や病身でも来日して、滞在先の自治体で手続きしなくてはならなかった。 3人は65-91歳で、寝たきりで入院中のため代理人が申請した鄭南寿さん(88)の分も含む4人分の書類 ...
医療知識を持つ「在宅医療サポート介護支援専門員」養成へ――東京都会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症グループホームの整備は、今後さらに増加する認知症高齢者に対応するよう緊急的な整備が必要であるとし、2008年度末で約4300人である現状から2010年度末までに6200人分の定員数を目標とした。 施設・居住系サービスの充実に向けた人材育成については、訪問ヘルパー ...
公式HP読み上げサービス開始/高松市 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
音量や速さのほか、女性の声か男性の声かも選択可能。利用は、インターネットエクスプローラ5・5以降の動作環境で使用することができ、再生ソフトなどのダウンロードは不要。 高松市では、2004年度からホームページのユニバーサルデザイン化に取り組んでおり、 ...
介護現場の改善要請へ - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
非正規労働者の大量解雇問題について、大分市の釘宮磐市長は二十四日の定例会見で、介護施設で雇用できないか調査したことを挙げ「介護現場は労働の割に報酬が低く人手 ...
高齢者に温か音楽喫茶 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
来夢来人は、高齢者福祉施設「向陽苑」でケアグループ活動に参加していた恒田さんらボランティアが集まり、1998年に結成。向陽苑が持つ広い食堂ホールを活用して、1960年代ごろに流行した音楽喫茶をイメージしたイベントを月1回、開催している。 ...
2008年12月24日()
「ありがとう」に喜び 若年性認知症 社会参画を支援 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
若年性認知症は、六十五歳までに発症する認知症。途中で仕事を辞めざるを得なくなる人が多く「残っている力を生かし、仕事がしたい」「社会に役立ちたい」という願いは高齢の認知症の人より強い。こうした社会参画の願いを後押しする動きが一部で見られるようになった。 ...
【ゆうゆうLife】向き合って 東大名誉教授、辻村明さん(81)(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東大名誉教授の辻村明さん(81)は妻が認知症で要介護度3、自身も要介護度1で2人暮らしを続けています。娘の手助けで、妻は“主婦の砦(とりで)”である台所に立って家事を続け、辻村さんも朝食作りなどをするようになりました。介護が必要になって開眼したのが、デイ ...
医療知識を持つ「在宅医療サポート介護支援専門員」養成へ!――東京都会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
素案には、「在宅医療サポート介護支援専門員」として医療知識を持つケアマネジャーの養成や、ヘルパーなどにも医療的知識を求める研修を新規に導入することが盛り込まれた。 今後の東京の介護保険制度の方向性については、東京都は全国平均に比べ、在宅サービスの利用者 ...
救急医療機能 維持へ 塩谷総合病院受け皿 国際医療福祉大に 県が正式に発表 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
会見した麻生利正副知事によると、県済生会に打診したが、医師不足などを理由に「高齢者の療養主体の病院に変え、外来を縮小し、救急医療は将来的に実施しない」との考えを示され、物別れになった。いったん辞退した同大が最終的に引き受けた経緯を「病院機能の全面的な ...
解雇者ら500人受け入れ 北九州市の会社 介護や飲食事業で - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡県や山口県で高齢者介護や飲食事業を展開するウチヤマグループ(北九州市)は24日、景気悪化で解雇された非正規労働者や内定取り消し者を中心に500人を新たに雇用し、住居を失った人たちにグループの賃貸アパート15戸を無料貸与する、と発表した。26日には、 ...
豊橋市が介護保険料増額へ - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊橋市は、24日開いた市議会福祉教育委員会で、高齢者福祉計画・介護保険事業計画の見直し案を公表した。00(平成12)年度からスタートし、3年ごとに見直しを行ってきており、第4期になる。高齢化率のアップを背景に、現行6段階に分けてある基本設定を8段階に ...
ロボット市場、エンターテインメント系から介護や福祉などの実用系へ移行中 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
調査によると、今後のロボット市場は「ペット犬」などのエンターテインメント系から「介護・福祉」などの実用系へ移るという。 サービスロボットとは、自ら外部情報を取得して、自己の行動を決定することができ、人の代替や支援、人との協調を目的に作られた機械と ...
・死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密 「これまでめぐりあったことのある、ご高齢の賢人といえば、誰ですか?」米国とカナダに住む一万五千人に推薦してもらった結果、1000人の賢者のリストができた。町の理容師、教師、経営者、聖職者、詩人、政治家など、さまざまな職業や社会的地位の人物がいた。著者はそこから235人を訪問して長時間のインタビューを行った。死ぬまでに人生について知っておくべきことは何で...
介護予防主任運動指導員フォローアップ研修を2月に実施――東京 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都高齢者研究・福祉振興財団は、介護予防主任運動指導員フォローアップ研修を2月25日に実施する。会場は、東京・板橋区栄町の東京都老人総合研究所(講堂)。時間は、9時30分~16時。受講料は5000円で、研修修了者には修了証を交付する。申込期間は、12月15日~09年1 ...
介護放棄の息子有罪-生駒の母親死亡 - 奈良新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
大病を患った母親=当時(66)=を放置し、必要な介護をしなかったとして、保護責任者遺棄の罪に問われた生駒市本町、無職崎山房和被告(29)の判決公判が22日、奈良地裁(松井修裁判官)であり、松井裁判官は「保護の様態は非常に危険で悪質」と懲役1年6月・執行猶予3 ...
稲美町、介護保険料減額へ 「県内一高額」を緩和 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険料の基準負担額が県内一高額な稲美町が、二〇〇九-一一年度の六十五歳以上の同保険料について、同負担額を現行の月額五千円から数百円程度減額し、四千円台後半とする試算をまとめたことが、二十三日までに分かった。 町は現在、〇九-一一年度の介護保険事業計画 ...
お年寄りに手作り菓子 亀山の小中学生 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同市消防職員協議会の青年部5人も協力した。 参加者は同市羽若町の総合保健福祉センター「あいあい」でチョコチップマフィンを作った。3時間かけて700個を焼き上げ、4グループに分かれて同市や鈴鹿市の8つの施設を訪問した。 近くの老人保健施設「亀山老健」を訪れ ...
JA石西厚生連破産<下> 地域医療 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
主に病院の一般病床と療養病床の整備を図る地域的単位として設定する。島根県は松江、雲南、出雲、大田、浜田、益田、隠岐の圏域に分けられる。 ...
第4期東京都高齢者保健福祉計画の素案、5つの分野で重点的取り組みを! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)の定着に向けた取組を支援する。 5.高齢者が主体となって行う地域活動、支え合い ●地域住民が高齢者を訪間し、必要に応じて関係機関に情報提供することで各種サービスの利用などにつなげていく仕組みを作る。 ...
2008年12月23日()
絶望…また悲劇が 老老介護の果てに - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
川崎市は〇二-〇六年、六十五歳の誕生日を迎えた高齢者に「生活に困っていることはないか」などの実態調査を実施している。 吉村被告も三年前、調査に応じていた。関係者によると、「妻の体の具合が悪い」としつつも、「収入もあるし生活は大丈夫」と淡々と答えたという ...
【ゆうゆうLife】介護 手遅れになる前に…成年後見制度(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
判断能力がなくなった人に代わって、財産管理などを行う成年後見人。親族をはじめ、弁護士や司法書士、社会福祉士などの専門家がなるケースがほとんどです。しかし、平成22年には認知症高齢者は208万人になる見込みで、後見人が足りなくなるとの懸念が高まっています ...
転ばぬ体へ、杖 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
「ひざや腰の痛み始めに杖を使えば、それ以上患部に負担をかけずに済むし、ひざや股(こ)関節の片方だけが痛む場合は、杖をつくことでもう片方を守ることができる」 高齢者の場合、転倒して骨折したことが原因で歩けなくなったり寝たきりになったりすることも多いが、 ...
家族のための認知症講座開催 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
気仙認知症の人と家族の会(木川田典彌会長)が主催する「家族のための認知症講座」が二十二日、大船渡市のリアスホールを会場に開かれた。認知症の家族を持つ人や一般市民ら約二百五十人が参加し、二つの講演聴講と座談会を通じて認知症患者への接し方や介護者への配慮 ...
重度身体障害者が介護給付費を不正請求 高松 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高松市は22日、電動車いす生活の女性の重度身体障害者が社長になり資格のない出張介護サービス会社「プリン・ハウス」を設置し、自身などへの介護サービスを架空請求していたとして、約6000万円を同社に返還請求した。また詐欺容疑で、社長と共謀の男性取締役を高松 ...
子どもたちが歌や踊り 独居の高齢者と交流 日田市高瀬地区 詐欺への注意も喚起 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
1人暮らしのお年寄りに年の瀬や新年を温かく過ごしてもらおうと、日田市の高瀬地区社会福祉協議会(毛利三千年会長)は、会食交流会を開いたり、シクラメンの鉢植えを贈ったりしている。 18日に同市の高瀬公民館で開いた「いきいきふれあい会食交流会」には56人が ...
聖市でも在宅介護講習はじまる=憩の園=「ノウハウ仲間に伝えたい」第1回生32人が無事修了 - ニッケイ新聞 (媒体での記事掲載終了)
グァルーリョスにある救済会「憩の園」が二〇〇〇年から始めた在宅介護講習会。「グァルーリョスだけでなく聖市でも」との声を多く受け、今年度下半期から聖市で同講習会が始まった。リベルダーデ区の文協ビルで八日、第一回生三十二人が修了式を迎えた。 ...
認知症資産家からも数千万詐取 逮捕の家裁書記官 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
偽造判決書で振り込め詐欺に使われた口座の凍結が解除され現金が引き出された事件で、偽造有印私文書行使容疑で逮捕された京都家裁の書記官、広田照彦容疑者(36)が、認知症の資産家に債権があるよう装って遺産を差し押さえ、現金数千万円を詐取していたことが23日、 ...
介護給付費を不正受給/高松の事業者4250万円 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県は22日、障害者自立支援法で障害福祉サービス事業者に指定している「プリン・ハウス」(香川県高松市御坊町、太田登美子社長)が、高松市から介護給付費約4250万円を不正に受け取ったとして、同日付で事業者指定を取り消したと発表した。 ...
高額療養費 過払い分返還請求へ - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
県後期高齢者医療広域連合は二十二日、後期高齢者医療制度の高額療養費の算定で事務処理ミスが発生し、被保険者四百二十五人に対して合計約三百二十万円を余分に支払っていた-と発表した。
大分市の社会福祉施設 70人受け入れ - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設は特別養護老人ホームや老人保健施設、グループホームなど計五十六人。内訳は▽介護ヘルパー 十六人▽介護福祉士 六人▽介護ヘルパーまたは介護福祉士 十九人▽看護師・准看護師 二人▽運転手 四人―など。資格のない人向けにも計八人の枠があり、介護補助員など ...
ココウォークのバリアフリー“高レベル” 長崎市内の商業施設で初認定 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
〇六年十二月に施行された「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」は、基準を「最低限のレベル」と「望ましいレベル」の二つに分類。 ココウォークが認定された「望ましいレベル」は▽車いす使用者同士がすれ違うことができる廊下幅▽ ...
消費者教育や環境教育、食育の推進、少子高齢化への対応に関する指導を充実。衣食住の文化の継承にかかわる内容を充実する。 〔情報〕現行の「情報A」「情報B」「情報C」を再構成して「社会と情報」「情報の科学」の2科目に変更。1科目を選択して必修。 ...
2008年12月22日()
障害者も楽しめるカヌー完成(神奈川県藤沢市) 『最終形』は寝たまま操縦 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの人でも手か足が動けば、好きなところに行ける、そんなユニバーサル(多機能型)カヌーだ。 元大手電機メーカーのデザイナーで、研究所長も務めた和田さんが、カヌーづくりに取り組んだきっかけは、「障害者も健常者も一緒に遊べる場をつくりたい」という思い ...
【ゆうゆうLife】介護 手遅れになる前に…成年後見制度(中) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
(竹中文) 「80歳で、要介護5の伯母が老人ホームで暮らし続けられるよう、成年後見制度を利用しました」。横浜市に住む会社員、真田誠さん(49)=仮名=は、こう話す。 真田さんの伯母はアルツハイマー型認知症になり、平成17年に生活費など、月約25万円が必要 ...
みどり市、公営住宅空き室開放へ 臨時職員採用なども検討 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
大変な状況になる恐れがあり、必要な支援を進めたい」としている。 桐生市もすでに緊急雇用対策本部を設置。近く支援策をまとめる。 県内では、緊急雇用対策として、太田市が臨時職員としての雇用やホームヘルパーの資格取得支援などを打ち出している。
福祉工房のパート介護職、働くほどポイント付与 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービス「福祉工房」を運営する小俣昌彦事務所(山梨県大月市、小俣昌彦社長)は来年1月、訪問介護のパートタイマーに長時間働くほどポイントを付与する制度を導入する。知人を求職者として紹介することも得点に加算する。ためるとハワイ旅行や一時金と交換できる ...
ネット動画の視聴が中高齢者にも拡大 (媒体での記事掲載終了)
日経マーケット・アクセスが実施した動画サイトの利用に関する調査では、ネットワークを通じた動画コンテンツの視聴が幅広い層に浸透していることが明らかになった。
介護保険広域連でHP不正改竄 福井 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
坂井地区介護保険広域連合(坂井市)は22日、ホームページ(HP、http://www.kouiki.sakai.fukui.jp/)が不正に改竄(かいざん)されたとして18日午前10時半に閉鎖したと発表した。閲覧しようとするとほかのHPへ自動的に飛ばさ ...
報酬400万円不正請求 津の介護支援業者 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
津市一色町の居宅介護支援事業所「おもいやり介護の会つくしんぼ」が二〇〇五年十月からことし十月にかけ、居宅サービス計画(ケアプラン)の記録などを偽造し、介護報酬約四百万円を不正に請求していたことが県の調べで分かった。県は二十二日、事業所を運営する同名 ...
夜勤明けの介護福祉士、工事現場の作業員2人はねる - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
群馬県警下仁田署は自動車運転過失傷害の現行犯で、下仁田町青倉の介護福祉士、神戸佑介容疑者(22)を逮捕した。 調べに対し、神戸容疑者は「気がついたら反対車線を走っていた」などと話しているという。 神戸容疑者は同町内の特別養護老人ホームでの夜勤を終え、帰宅 ...
「資格証明書」慎重運用を 後期医療、京都府広域連に要望 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
少し考えてほしい」(府老人クラブ連合会)との注文があったほか、「1人暮らしや寝たきりなど家族に頼れない高齢者も増えており、弱者に目を向けた対応が大事だ」(府歯科医師会)との意見もあった。 同広域連合は「資格証は機械的に交付せず、慎重に対応する。 ...
来年度、介護報酬3%増 職員の待遇改善のため - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
人手不足が深刻なホームヘルパーなどの介護職員の待遇を改善するために、政府は2009年度に介護報酬を初めて引き上げ、プラス3%とすることを決めた。先に開かれた「新たな経済対策に関する政府・与党会議、経済対策閣僚会議合同会議」で、「生活対策」の1つとして ...
工事現場に車、2人死傷 夜勤明け介護福祉士運転 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
下仁田署は自動車運転過失傷害の疑いで、乗用車の介護福祉士神戸佑介容疑者(22)=下仁田町青倉=を逮捕した。 調べでは、神戸容疑者は下仁田町内の特別養護老人ホームで夜勤を終え、帰宅する途中だった。「気が付いたらぶつかっていた」と話しているといい、同署は ...
介護給付4000万不正受給 高松の業者、市が刑事告発 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
香川県は22日、介護給付費4200万円余りを不正受給したとして、高松市の障害福祉サービス事業者「プリン・ハウス」(太田登美子社長)の指定を取り消した。高松市は同日、加算額を含め約6000万円の返還を命令、太田社長と同社役員の2人を詐欺罪で高松北署に告発 ...
認知症の母親殺害で実刑 大分地裁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の実母=当時(83)=の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた無職、川口真知子被告(59)の判決で、大分地裁は22日、懲役4年6月(求刑懲役7年)を言い渡した。 判決理由で宮本孝文裁判長は「被告に生活をすべて委ね、抵抗できない弱い立場の被害者 ...
地域ICT利活用モデル構築事業(医療・福祉・介護プロジェクトの3次募集)に係る提案の受付開始 - 総務省 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
北海道総合通信局 (局長 大矢 浩 (おおや ひろし))は、本日(平成20年12月22日)から「地域ICT利活用モデル構築事業(医療・福祉・介護プロジェクト)」の提案の受付を行います。 総務省は、平成20年度「地域ICT利活用モデル構築事業」に係る提案の募集・採択を順次行っ ...
地域福祉の充実へ 市民らがミーティング 行田 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
行田市は、高齢者や障害のある人などを地域全体で支援する体制の整備について話し合う「ささえあいミーティング」を今月から開始した。来年二月末まで市内十五公民館で行われ、市民らが地域福祉の課題を話し合う。 ミーティングはワークショップ形式。 ...
「地域ICT利活用モデル構築事業(医療・福祉・介護モデルプロジェクト)」 - 総務省 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
総務省では、地域経済の活性化や少子高齢化への対応等地域が抱えるそれぞれの課題について、ICTの利活用を通じてその解決を促進するためのモデル的取組を委託事業として実施することにより、地域のユビキタスネット化等の促進を図る「地域ICT利活用モデル構築事業」 ...
その状況を改善するため「高齢者の入居を拒まない住宅を登録してもらい、住まい探しに役立ててもらおう」という主旨なのだ。ただ、高円賃は「高齢者というだけで入居を拒否しない」というだけの住宅なので、高齢者向けのバリアフリーなどを期待してはいけない。 ...
2 厚生労働省ニュース : 介護従事者の処遇改善と人材確保に1680億円!――厚労省第2次補正予算案 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護報酬改定による介護従事者の処遇改善1154億円と人材確保対策526億円を合わせ、総額予算は1680億円となっている。 平成21年度の介護報酬改定(プラス3.0%)などにより介護従事者の処遇改善を図ることとしつつ、それに伴う介護保険料の急激な上昇を抑制する。 1. ...
劇や和太鼓、会場熱気-奈良社会福祉院が慈善ショー - 奈良新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
同法人が運営する保育所などの職員らでつくる和太鼓チーム「佐保山太鼓隊オーバー・ザ・レインボーズ」が松永弾正の多聞城築城を表現した「嗚呼、多聞城」、佐保山保育園の子どもたちが来年生誕200年を迎えるダーウィンにちなみ進化を題材にした劇など保育園児や高齢者、 ...
認知症は死因から見逃されている - Dr.赤ひげ.com (媒体での記事掲載終了)
重度の認知症患者が死亡したとき、認知症が死因として記録されないケースの多いことが新しい研究により示された。この知見により、認知症が致死的な疾患であるとの知識が不足していることが明らかにされただけでなく、アルツハイマー病および認知症による死亡者数が実際 ...
2008年12月21日()
備北発の地域福祉 「利用者主体」広げたい - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
縦割りの壁を破って訪問介護や高齢者と障害者が一緒に暮らすグループホームを併設するなど、過疎地域ならではのアイデアを発信してきた。 小さな拠点は両市内で十カ所。約六百人が利用する。一人一人に合わせたケアの柔軟さがポイントだろう。 こうした実践が基になって二 ...
【ゆうゆうLife】介護 手遅れになる前に…成年後見制度(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
入所後、母親は要介護4であることが分かったという。 東本さんは「母を特養に入れた後、空き家になった実家に何度か掃除にも通いましたが、家を放置することもできず、賃貸に出す方法を調べました。ところが、家は母親名義なので、私が人に貸すことができないんです。 ...
2 厚生労働省ニュース : 厚労省、新予防給付サービス導入効果は要支援2で4億3500万円削減と分析! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は12月18日、「第5回介護予防継続的評価分析等検討会」を開催した。第4回から約半年ぶりの開催となった今回の会議では、前回より宿題となっていた介護予防施策の費用対効果と、年齢・性別、既往歴などの属性による介護予防効果の違いについて分析した資料が提出 ...
岩手県立病院の無床化計画 旧沢内村長・太田氏に聞く - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
今の時代は高齢者が増えるにつれ、保健行政は医療と切り離され、福祉とセットになった。するとどうなったか。医師の治療負担が増して超過勤務となり、医師は地域の医療現場から去っていくような悪循環に陥った。 病院危機が広がる今、沢内村の取り組みは過去のものでは ...
新たな働き方「協同労働」法制化 起業支援、雇用に期待も - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
介護や子育てなど地域社会に根差した事業を中心に、若者から高齢者まで幅広い労働力の掘り起こしもにらみ、より起業しやすくしている。 協同労働の考え方を生かし、家庭に出向いて子育てサポート事業を行っている東京都足立区のNPO法人「おひさまのいえ」には現在、 ...
高齢障害者施設が農園作業 小豆栽培で勇気と笑顔 - 両丹日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
福知山市南栄町に今春誕生した高齢障害者の福祉作業所「しあわせネット・勇気」が、夏から秋にかけて農地を借りて小豆栽培をした。大粒の豆を丁寧に仕分けて評判が良く、ほぼ完売となったのを祝い、21日に近くで収穫祭を開く。 施設はNPO人権の会しあわせ ...
消費税「10%に引き上げ必要」 段階的に実施と経財相 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
また消費税収は「介護、年金、医療で(国民に)お返しする」と話し、消費税の使途を社会保障などに限る方針をあらためて強調した。 15年度までに5%引き上げても「(国の財政は)それでも苦しい」と指摘。25年度をめどに「社会保障をどうするか、もう一度考えないと ...
第4期介護保険計画策定へ 予想上回る高齢化率 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
大船渡市は来年度から三カ年を期間とする第四期介護保険事業計画、高齢者福祉計画の策定を進めている。これまでの予想を上回るぺースで高齢化が進行し、二十六年度の同市高齢化率は33・7%と推計され、保険料負担の増加も予想される。十九日まで市内各地域で住民説明会を ...
児童ら福祉の心学ぶ 御嵩小で体験学習 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
御嵩町の御嵩小学校の4年生児童119人が福祉体験学習を行い、高齢者や体の不自由な人との接し方を学んだ。 4年生は総合学習の一環として2学期から福祉について学んできた。今回は町福祉協議会から講師を招き、車いす介助体験、アイマスクと白いつえを使っての視覚 ...