介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年12月10日()
高齢化率30%、地域の助け合い活動で欲しいのは「話し相手」!――地域支援フォーラムレポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
さわやか福祉財団は12月9日、「地域で尊厳ある暮らしを!」フォーラムを開催し、地域包括支援センターが中心となった各地の「フレンズ連絡会」において、地域のネットワークづくりの事例が紹介された。全国的にもトップクラスの高齢化率30%という秋田県横田市が7月に開催 ...
12/10 高齢化社会が進む英国―年金と医療に不安 - ジャーニー (媒体での記事掲載終了)
「ONS」機関誌に人口に関する寄稿をした国家統計官のカレン・ダネルさんは「諸サービスや、住宅、福祉、年金、手当などを利用する権利をすべての国民に保障するために、社会は新しい試練に直面することになる」と話している。 *本ホームページ中の記事を無断で複写 ...
南国市の介護施設で賞味期限切れ食品提供 高知 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高知県南国市の高齢者介護施設「グループホーム左右山」で、80代の入所女性に賞味期限を約10カ月過ぎた栄養食品を飲ませていたことが10日、分かった。女性に健康被害はなかった。同市は改善命令を含めた対応を検討しているという。 同市によると、同施設の運営で ...
日本介護支援専門員協会、居宅介護支援費18000円を要求――全国大会Vol.1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
有限責任中間法人の日本介護支援専門員協会は7日、「第3回 日本介護支援専門員協会 全国大会 in 東京」を都内で開催した。日本介護支援専門員協会は、ケアマネジャーが個人で入会する職能団体で、11月末現在の会員数は45795人。 本協会の木村隆次会長は、全国大会の冒頭の ...
《介護・医療危機》難題抱える訪問介護、職員募集に反応ゼロ、赤字で ... - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパー全国連絡会の森永伊紀事務局長は、「生活援助の利用制限は、高齢者の生活の質の悪化を引き起こしている。地域からの孤立や孤独死にもつながる」と警鐘を ...
老人ホーム入居者の生活保護費盗む 介護士逮捕 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
金沢市の老人ホームで介護対象の女性(79)のキャッシュカードを入手し、銀行口座から生活保護費として振り込まれた現金を勝手に引き出したとして金沢西署は10日、窃盗容疑で介護福祉士高田由美子容疑者(39)=石川県内灘町=を逮捕した。 ...
介護労働者1年で2割超が離職 人材の定着進まず - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
広島県内の介護サービス事業所で働く人の21.1%が、昨年10月以降の1年間に離職していたことが県の初めての調査で分かった。離職者数はこの間の新規採用者数の9割近くに相当し、給与面などの労働環境の厳しさから介護人材の定着が進まない実態が浮き彫りになっている。 ...
小中学生に認知症教室を開催、事前アンケートにグループワークも!――地域支援フォーラムレポート1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
教室開催の流れは、1カ月前の長寿社会推進課への依頼に始まり、1週間前に高齢者のイメージや認知症についての意識などをアンケート調査する。4~5日前に読本と感想文を子供たちから募り、当日は絵本の読み聞かせのほか、グループワークで「認知症の人とはどんな人 ...
高齢化率30%、地域の助け合い活動で欲しいのは「話し相手」 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
さわやか福祉財団は12月9日、「地域で尊厳ある暮らしを!」フォーラムを開催し、地域包括支援センターが中心となった各地の「フレンズ連絡会」において、地域のネットワークづくりの事例が紹介された。全国的にもトップクラスの高齢化率30%という秋田県横田市が7月に開催 ...
携帯電話で“道案内” 静岡市が社会実験開始 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
自宅のパソコンでもインターネットの専用サイトで市中心街周辺のバリアフリー情報や公共施設などの目的地へのルートを検索できる。 市は平成18年度から、車いすを利用する障害者や高齢者の自立移動支援を目的に、国土交通省と「静岡おもいやりナビ」と称して3カ年計画 ...
「ケアマネジャーという職種は、神奈川県の財産」――神奈川介護支援専門員協会・理事長インタビュー(1) - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護支援専門員の声を国まで届けようと、「平成21年度介護報酬改定に向けての提言」を厚労省へ提出した神奈川介護支援専門員協会。ケアマネジャーに必須となる各種研修事業に力を入れ、資質と支援能力の向上を目指す同協会の高砂裕子理事長に、日頃の会の取り組みや報酬 ...
株式会社ジー・ゲートが運営する介護付有料老人ホーム「ファミニュー大森南」がブログを開設 - News2u.net (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社ジー・ゲートが本格的な高齢化社会を迎えるこれからの時代にふさわしい介護付有料老人ホームを 提供する際のブランドネームで「FamilyとNew」を組み合わせた造語です。介護が必要になられた方とその家族の新しい生活スタイルを見つめると同時に、そこに ...
介護女性に賞味切れ食品 表示黒く塗り提供 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高知県南国市の高齢者介護施設「グループホーム 左右山 そやま 」が、八十代の入所女性に、賞味期限を約十カ月過ぎた栄養食品を飲ませていたことが十日分かった。市は「改善命令を含めた対応を検討する」としている。女性に健康被害はなかった。 同施設をめぐっては、食事 ...
要介護者2万人突破 保険料、さらに値上げも 姫路 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
姫路市内で介護保険の認定を受けた要介護者が、初めて二万人を突破し、二〇〇〇年の保険導入以降、二・三倍に増えたことが分かった。保険料は当初の一・六倍に値上げされ、県内の市町では五番目の高額。保険料は来年度が改定期で、さらに値上げされる可能性もあるという。 ...
2割超が離職 介護労働実態 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県内の介護サービス事業所で働く人の21.1%が、昨年10月以降の1年間に離職していたことが県の初めての調査で分かった。離職者数はこの間の新規採用者数の9割近くに相当し、給与面などの労働環境の厳しさから介護人材の定着が進まない実態が浮き彫りになっている。 ...
出会い頭衝突、シートベルト未着用の高齢者3人死亡 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
4日夕方、茨城県稲敷市内の市道で、交差点を進行していた老人福祉施設所有の送迎用ワゴン車と乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。2台のクルマは路外に逸脱して水田に転落。ワゴン車の6人が死傷した。 茨城県警・稲敷署によると、事故が起きたのは4日の午後4時5分 ...
2008年12月09日()
介護士が入居者の預金盗む 四日市の施設、90万円被害で起訴 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
三重県四日市市の介護施設に勤務していた介護士が、施設の入居者の女性=当時(87)=の代理人を装い、銀行から預金90万円を引き出し、窃盗や有印私文書偽造などの罪で起訴されていたことが分かった。 起訴されたのは、同県桑名市の水谷富美枝被告(57)。 ...
利用者ら楽しいもちつき大会 八幡の高齢者施設 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
郡上市八幡町の高齢者福祉施設「せせらぎ緑風苑(えん)」で、利用者やボランティアらによる師走恒例のもちつき大会があった。 同施設の特別養護老人ホーム、ケアハウス、デイサービスセンター利用者計約六十人とボランティア、職員が参加。昨年寄付を受けた石臼ときねを ...
大牟田市 来年導入予定の「災害時支援制度」 公民館側との協定見送り 自治組織「責任が重すぎる」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
同制度は、高齢者、障害者、妊産婦らの名簿を整備し、災害時支援の円滑化を目指している。対象者は65歳以上の高齢者約3万7000人、障害者約5400人、妊産婦・乳児が約2000人など計約5万800人に上る。市は、民生委員・児童委員や社会福祉協議会に加え、 ...
事例研究:医療法人社団 博慈会 青葉さわい病院 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
「地域密着を標榜し、ニーズに応えていくためには高齢者の療養病床の増床に踏み切ることは避けられませんでした。また急性期・回復期医療の入院患者さんの受け入れを維持していく必要もあり、経営的に見ても地域医療を支えるにはケアミックス経営が必然でした」。 ...
介護保険料引き下げへ 福山 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福山市は9日、来年4月から3年間の介護保険料の基準額を引き下げる方針を示した。2006―08年度の介護給付費が抑制される見込みとなったためで、市介護給付費準備基金の約15億円を引き下げの財源に充てる。 3年に1度定める介護保険事業計画の中で、09―11年度の基準額を ...
介護保険、3800億円の黒字 予想より利用少なく - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国の市区町村が運営する介護保険で08年度末までに、全国で約3800億円の黒字が見込まれることが9日明らかになった。サービスの利用が当初の見通しよりも少なく、集めた保険料が余ったため。来年4月に介護保険料が改定されるが、黒字分を財源に繰り入れる自治体 ...
《介護・医療危機》認知症悪化、入院困難…。厳しさ増す高齢者の生活 - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症がなく、受け答えもはきはきしていることもあり、厚生労働省が導入した新しい介護度の区分では「要介護状態にならないための予防が必要」とされたのだ。 山田さんには介護サービスが必要不可欠だ。手が不自由で家事ができないために、週に3回、ヘルパーに来て ...
福岡にパワーを与える企業100社(9) (株)末広福祉会 - データ・マックス (媒体での記事掲載終了)
本格的な高齢社会の到来を目前に控え、介護付き有料老人ホームや高齢者向け賃貸住宅といった高齢者住宅の開設が相次いでいる。その一方、来年4月に介護報酬が3%程度引き上げられる見通しとはいえ、全体的な介護報酬の底上げには程遠く、介護の担い手不足の傾向は今後も ...
最近では環境問題や高齢化、ライフスタイルの多様化によって、薄肉化/軽量化、ユニバーサルデザインを始めとした使用時の利便性を追及したサイズや形状といった付加価値機能と新たな「食シーン」を提案できる食品容器ニーズが高まっている。 食品33品目の容器形態を ...
認知症をもっと知ろう - ウェブシティさっぽろ (媒体での記事掲載終了)
日本には、およそ190万人、85歳以上の4人に1人の割合で認知症のお年寄りがいると言われていますが、認知症について関心があっても、「病気であること」「医師の診断を受ける必要があること」などの理解は、まだまだ低いのが現状です。 そこで白石区北東白石地区は、地域 ...
障害者の雇用モデル事業に介護保険適用外の有償家事援助を認定――東京都 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は、障害者の新規雇用の推進を図るため、2006年度より事業主から募集しているモデル事業に、介護保険適用外の有償家事援助・代行サービスの提供や、障害者による飲食とカルチャー教室運営事業の2事業を認定した。 ●事業の概要:介護保険適用外の有償家事援助・代行 ...
宝塚市長が不適切発言、介護施設役員が抗議文提出へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
兵庫県宝塚市の阪上善秀市長(61)が今年11月、市主催のフォーラムで、「夫がプイと横を向いて死んだら、妻は介護施設に入れられる」などと発言していたことが9日、分かった。介護関係者から「介護を軽視している」と抗議の声があがっている。 ...
『心温めたい』思い届いて 独居高齢者に年賀状 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
野々市中学校の生徒会が呼び掛けた一人暮らし高齢者あて年賀状大作戦が八日、同校で生徒約百人が参加して行われた。 野々市町社会福祉協議会が取り組んで二十年目になる事業。十数年前からは同校の生徒会が中心になって参加している。 年賀状書きを希望した生徒が特別教室 ...
1 業界ニュース : 日本介護支援専門員協会、居宅介護支援費18000円を要求――全国大会Vol.1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
有限責任中間法人の日本介護支援専門員協会は7日、「第3回 日本介護支援専門員協会 全国大会 in 東京」を都内で開催した。日本介護支援専門員協会は、ケアマネジャーが個人で入会する職能団体で、11月末現在の会員数は45795人。 本協会の木村隆次会長は、全国大会の冒頭の ...
2008年12月08日()
また、今後の住宅政策の中で最も重要視されているのは高齢者住宅対策となっており、「ユニバーサルデザイン」が住宅にも反映されつつあります。ユニバーサルデザインとは、あらゆる人が利用できるようにデザインするという考え方。住宅におけるユニバーサルデザインでは、 ...
介護施設の送迎ワゴンに追突逃走の男を逮捕 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
飯塚市片島2丁目の国道211号で信号待ちのために停車していた老人介護施設所有の送迎用ワゴン車に対し、後ろから進行してきたRVが追突した ワゴン車は中破。同乗していた89歳の男性と79歳の女性や引率スタッフなど3人が骨折や打撲の重軽傷を負ったが、クルマは現場から逃走 ...
小5児童、介護の大切さ学ぶ 身障者施設で体験 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
橋本市立城山小学校の5年生児童が同市柱本の身体障害者療護施設「リハビリ橋本」で、施設利用者と一緒にクッキー作りなどを体験、介護の大切さを学んだ。総合学習の一環として児童が3班に分かれて市内の福祉施設などを訪れた。 リハビリ橋本には児童10人が訪問。 ...
ネットで殺害予告 介護士の男逮捕 広島県警広署 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
インターネットの掲示板上で「小中学校の児童・生徒を殺害する」といった内容の書き込みをしたとして、広島県警広署は8日、威力業務妨害の疑いで、同県呉市内の老人福祉施設に勤務する介護士の男(20)を逮捕した。 調べでは、男は11月11日午前10時ごろ、携帯 ...
浄土宗の宗務総長が辞意 妻の介護など理由に - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
浄土宗(京都市東山区)の実務のトップにあたる稲岡康純宗務総長(76)が8日、記者会見し、病気の妻の介護などの理由で辞任することを明らかにした。来年1月に予定される臨時宗議会で辞表を提出し、新宗務総長が選出される見込み。 会見で、稲岡宗務総長は「妻の病気 ...
2006年の介護保険法の改正で制度化された小規模多機能型居宅介護事業の重要性が高まっている。お年寄りが各自の事情に合わせ、いつでも多様な介護サービスを受けることがメリット。事業所の採算面など課題もあるが、同事業は高齢者が介護が必要になっても自宅や身近な ...
最近では環境問題や高齢化、ライフスタイルの多様化によって、薄肉化/軽量化、ユニバーサルデザインを始めとした使用時の利便性を追及したサイズや形状といった付加価値機能と新たな「食シーン」を提案できる食品容器ニーズが高まっている。
認知症ケア高度化推進事業「個別訪問相談援助事業」 申請受付中 - データ・マックス (媒体での記事掲載終了)
「個別訪問相談援助事業」とは、認知症ケア高度化推進事業の一環として、厚生労働省の委託により、認知症介護研究・研修東京センターで行なわれているもの。 認知症介護に何らかの課題を抱えており、認知症ケアの専門家に必要なアドバイスをもらいたいという事業所に対し ...
府裏金新たに17万円 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
人事課によると、新たに裏金が見つかったのは旧園部保健所、旧婦人技能指導所(廃止)、旧高齢者福祉課(現高齢者支援課)。いずれも同じタクシー会社に預けていた。府が取引関係にある1031業者に文書で照会して判明した。 今後、購入品に納品書の添付を義務づけ ...
参院議員 峰崎直樹 正確な現状認識なき「中福祉」論議 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
かつて「日本型福祉社会」と言われた時代があったが、支えていたのは公的な福祉ではなく、企業と家庭だったのだ。グローバル化と少子高齢化・核家族化の進展によって、その両者では支えきれなくなったことが今日の惨状を招いている。 一刻も早くセーフティーネット(安全 ...
2008年12月07日()
裁判員は通所介護施設、保育所を無料に――東京都足立区 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都足立区は12月4日、来年5月よりはじまる裁判員制度で、区民が裁判員に選任された場合、65歳以上の要介護者を通所介護施設に預ける際の費用を無料にすることを決めた。 この無料預かりは、区内106所の施設で実施する。また、0~6歳未満の乳幼児、小学校1年~3年までの ...
塀の中で認知症急増 福島刑務所、職員に介護講座 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
徘徊(はいかい)したり夜間に大声を上げたり、発症の恐れがある受刑者も何人かいるという。 認知症を発症しなくても入浴や食事時の介添え、病院移送時の付き添いなど、高齢者への対応が刑務官の負担を増大させている。体力が落ちて集団行動に付いていけず、工場での作業 ...
職人が「染みない畳」開発=旅館、介護現場で期待-金沢 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
こぼした液体をきれいにふき取ることができ、旅館や料亭のほか介護施設での需要が期待されるといい、11月末から販売を始めた。 染みない畳は、車や外壁に使われるコーティング剤を畳表に塗り、粒子が非常に細かいガラスの皮膜を作って水や油をはじく仕組み。 ...
そしてどうなる?介護保険 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
関係者からも「(報酬が低い為)ホームヘルパーは片手間の仕事になってしまう」「情報公開調査費の負担が重荷になっている」「人材の確保が難しい」といった声が多く聞かれ、全体として介護保険制度の厳しい現状が改めて浮き彫りとなる格好になりました。 ...
第22回日本臨床内科医学会サテライトセミナーの話題から - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
2010年には65歳以上の人口が総人口の4分の1となり,寝たきり人口は170万人になると予想される。そのうち5-10人に1人が褥瘡を発症するとされるため,17-34万人の褥瘡患者が予測される。 褥瘡は教科書的には“亜鉛欠乏”が原因の1つとされているが,実際に褥瘡で血清亜鉛を ...
神保町盛り上げ隊 (7)高齢化が進む商店街を活性化/法政大学・保井ゼミ - 明大スポーツWEB (媒体での記事掲載終了)
今回はその運営などに中心となってかかわっている野々村直登さん(現代福祉学部4年)にお話を伺った。 高度経済成長期につくられた新興住宅地・多摩ニュータウン。40年ほどがたった今、付近は高齢化の波に襲われているという。一人暮らしの老人も多く、近所の「諏訪商店 ...
介護保険料、1月に提案へ~「報酬3%アップ」が鍵に - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
紋別市の介護保険料基準額や介護サービスの内容を検討する紋別市介護保険事業計画等策定委員会(会長=小林正司紋別医師会長)の第2回会議が4日、紋別市総合福祉センターで開かれた。委員と事務局らあわせて30人ほどが出席。事務局は、高齢者福祉計画の現状や介護保険事業 ...
2008年12月06日()
キレる高齢者急増 粗暴犯12倍にも 東北 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の粗暴犯の増加は全国的な傾向で、2008年版の犯罪白書は「高齢者だからといって良識をわきまえているわけでなく、社会生活の中で高齢者を指導、教育する方策を考えるべきだ」と指摘している。 仙台市健康福祉事業団の湯村和彦シルバーセンター事業課長は「不況 ...
認知症正しく理解を 岡谷で介護予防講演会 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
上田市で認知症専門の宅老所「もくれん」を運営する、NPO法人やじろべー理事長の中沢純一さんが「教えて!認知症」と題して講演。「認知症のケアって実はコミュニケーションなんです」とし、深い理解に基づく介護を呼び掛けた。 後天的な脳の障害で知能が低下する認知 ...
松江のNPOにバリアフリー化推進功労表彰 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
アイデアを出し合い、活動の輪を広げてきた職員たちを支えているのは、障害者に配慮することが、高齢者はもちろん、すべての人に優しく、住みやすいまちづくりにつながるとの思い。 三輪利春理事長(56)は「賞を励みに、身を引き締めてバリアフリーの普及、啓発を進め ...
豊浦の道高齢者陶芸展で市川さんの遺作が特別賞 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
入賞できて良かった」と言い、目黒さん、佐藤さんとともに笑顔を見せた。 同クラブは昭和50年、中央公民館の窯を使った陶芸教室が前身。56年に生きがいの家が建設され、同クラブとして活動開始。べんべ焼きの愛称で親しまれ、創作や福祉施設の高齢者を招いた指導にも ...
山陽小野田市、高齢者 介護ボランティア構想 - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了)
山陽小野田市は、策定中の第四期市高齢者福祉計画の中で高齢者による介護ボランティア制度を導入する考えを明らかにした。開会中の十二月定例市議会一般質問で津野啓子議員(春風)の高齢者対策、生涯現役社会づくりに関する質問に大田博美市民福祉部長が答えた。 ...
実習で世話になった施設に感謝のぞうきん 福女高3年生ら - 両丹日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパー2級をめざす福知山市西小谷ケ丘、福知山女子高校の3年生が4日、自分たちの実習を受け入れてくれた市内の施設を訪ね、手縫いのぞうきんを贈って感謝の気持ちを伝えた。 実習は市内6施設であり、20人が臨んだ。このうち福知山市社会福祉協議会では足立さんら6 ...
建設機械技能、介護資格… 季節労働者に無料講習 北広島(12/06 13:52) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
取得できる資格は、フォークリフトやショベルローダーなど十五種類の建設車両機械の運転及び技能資格と、介護施設で働くことができるホームヘルパー二級の二種類。 受講料は国と道、市が全額負担する。受講場所は、受講者が通いやすいように、各種技能講習を市内大曲工業 ...
広島市、認知症支援対策に力 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化の進展に伴い増え続ける認知症患者と家族への支援対策が、広島市が3年ごとに策定する高齢者保健福祉計画の柱として初めて位置付けられる見通しとなった。予防教室やアドバイザーの養成、介護の相談窓口など具体的な施策を推進し、支援体制の充実を図っていく。 ...
奥州市江刺区で同居していた母親の遺体を息子が山中に遺棄したとされる事件で、死体遺棄容疑で逮捕された同市江刺区米里、無職高橋正一容疑者(57)は、閉塞(へいそく)した生活状況の中で、寝たきりになった母親サコさん(79)の介護に直面したことが、犯行の ...
在宅介護を第二の活躍の場に 桑名ボランティアナースの会、21日発足 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
子育てなどで医療現場を離れた看護師らが在宅介護などを支援する訪問ボランティアナースの会「キャンナス桑名」が桑名市で設立される。21日に発足式があり、参加者を募集している。 「キャンナス」は1997年、元看護師の菅原由美代表が、現場を離れている同じ「潜在 ...
親の介護早分かり 情報サイトが人気 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
突然直面する親の介護。少子高齢化が進む中、より多くの人が今後体験することになるとみられるが、事前の準備や知識がなければ戸惑うことも多い。そんな中、対応の心構えから関係機関のサービス内容、金銭面でのアドバイスまで、一連の流れを一覧できるインターネット ...
私の義母は晩年の1年間くらい、寝たきりで過ごしました。私と夫で介護をしましたが、中でも下の世話は一番大変で、2人とも腰を痛めてしまいました。 そして、私も約10年前、交通事故で腰椎(ようつい)を骨折して、3カ月間入院しました。上半身はギプスで固定されて ...
高齢者の「安心」大事に - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の暮らしに関する市民講座が5日、京都府亀岡市余部町のガレリアかめおかで開かれ、高齢者介護や生活支援に詳しい大阪医療福祉専門学校の大島行博顧問(48)が講演した。地域のお年寄りら約100人が参加し、健やかに日々を過ごす方法を考えた。 同市社会福祉施設 ...
2008年12月05日()
介護職目指す専門学校生に学費貸与 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
社会問題化している介護職の人員不足を解消するため、来春から島根県内の社会福祉法人が共同で、介護福祉士を養成する県内の三専門学校に進学した高卒者を対象に、学費の貸与制度を始める。社会福祉法人が百八十万円を無利子で貸し、専門学校卒業後に同法人が運営する老人 ...
障害者用専用駐車スペース確保へ案内板設置 宇都宮市で19日から - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉のまちづくりを推進するため宇都宮市は十九日から、市有施設百四カ所にある三百十八台分の障害者専用駐車スペースに、適正利用を呼び掛ける案内表示板を設置する。 表示板はプラスチック製で幅八十四センチ、高さ六十五センチ。障害者を示す車いすマークや高齢者、 ...
『高齢者の足に』送迎バス開放 袖ケ浦自動車教習所が内閣府表彰 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
送迎バスの空席を高齢者に無料開放している袖ケ浦自動車教習所(木更津市)が、内閣府主催のバリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰で入賞した。官民が連携して始めた取り組みで、「地域への貢献が認められた」とスタッフは喜んでいる。 ...
高齢者虐待防止へ、県が啓発DVD作成へ 来年三月までに300枚 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者虐待の防止に向け県保健福祉部は、啓発DVD「高齢者虐待をなくすために」を来年三月までに三百枚作製する。県内の高齢者虐待の実態や虐待防止の取り組みなどを約三十分にまとめる予定。県の関係機関や市町などに配布し、県民向けの講座や介護サービス事業所の職員 ...
超高齢者の3割は転倒後も長時間起き上がれず (媒体での記事掲載終了)
加齢と共に転倒リスクは上昇するが、筋肉の衰えから自分で起き上がることが難しくなる。長時間床に横たわったままでいると、脱水、低体温、肺炎、褥瘡などの合併症リスクが上昇する。そこで、英Cambridge大学のJane Fleming氏は、90…
超高齢社会は日本のチャンス、それを活かすカギを握るのは医療界である (媒体での記事掲載終了)
今、世界は未曾有の金融危機にゆさぶられ、日本でも経済社会の将来不安がますます高まっているが、そこに解決の道を開くカギは実は日本の医療界にある…ここまで言い切ると極論に聞こえますが、そこには少なくとも「風が吹けば桶屋が儲かる」よりももっと明…
ライオン歯科衛生研究所、低下した高齢者の“食べる機能”のチェック・改善プログラムを開発 (媒体での記事掲載終了)
ライオン歯科衛生研究所は2008年12月4日、高齢者が食べ物を口に入れて飲み込むまでの口腔(こうくう)機能を総合的に評価するシステムを開発したと発表した。個々人の課題を明確にするとともに、機能改善プログラムに従った訓練で、低下した機能を改…
介護保険施設サービスの見直し点について――第61回社保審分科会8 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は12月3日に開催した社会保障審議会介護給付費分科会で、介護報酬改定についての基本的な考え方を取りまとめた、たたき台を提示した。 介護老人福祉施設については、要介護度の高い高齢者を中心とした生活重視型施設として、介護が困難な者に対する質の高いケアを ...
福祉用具貸与、情報開示推進に価格幅を給付費通知で公表に!――第61回社保審分科会6 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
夜間や緊急の医療行為が必要な場合であっても対応できる有床診療所を活用することにより、サービス提供事業所を拡充する観点から、診療報酬において「診療所後期高齢者医療管理料」を算定している一般病床などにおける算定を可能とする。 ...
新たな地域福祉の拠点整備、10年春開所/平塚市 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「新たな地域福祉の拠点整備、10年春開所/平塚市」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 平塚市は二〇一〇年春、高齢者、障害者、子育て親子などが ...
地域密着型、認知症関係サービスの見直し案――第61回社保審分科会7 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症関連のサービスについては、グループホームにおける退所時相談や看取りへの評価を充実させることなどが提示された。 小規模多機能型居宅介護については、平成18年に創設された新しいサービスであり、高齢者の在宅における生活を支える重要な柱となるサービス ...
介護予防へ「ケアビクス」 県内施設、音楽に合わせ無理なく筋トレ - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
徳島市山城西四の介護施設「グループホーム太陽」では発売直後にDVDを購入し、毎日午後二時からケアビクスに取り組んでいる。入居者十八人が体調に合わせて参加し、楽しく心と体をリフレッシュしている。 センター徳島支部によると、ケアビクスは県西部を中心に導入 ...
介護報酬3億3000万円を不正受給 人員不足も満額請求――茨城・老健施設 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
茨城県笠間市の介護老人保健施設「あたごナーシングビラ」が、介護報酬約3億3000万円を過大請求していたことがわかった。あたごナーシングビラは、人員基準で定められた職員数を満たしていないにもかかわらず、5年間にわたり介護報酬を不正に請求していた。 通常、人員基 ...
報償費使途、基準明確化を 府裏金で外部委、再発防止策 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、旧福祉部高齢者福祉課など3部署で、物品に架空発注して業者側にプールする「預け」計約17万円が新たに見つかった。 再発防止に向けた具体案には、中丹広域振興局などで裏金化した部課長報償費について、使途基準の明確化や府のホームページでの支出内容の公開が ...
高齢夫婦も支援 岩見沢市、福祉灯油の対象を拡大、新たに800世帯(12/05 13:55) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【岩見沢】市は、市民税非課税の高齢者世帯などを対象に今冬実施する灯油購入費補助制度(福祉灯油)の内容を固めた。対象を、昨年度支給した七十五歳以上の独り暮らしの高齢者に加え、同年齢以上の夫婦や兄弟姉妹など二人以上で暮らす世帯に拡大する。 ...
市老人ホーム「静和荘」 移管先は緑陽会 苫小牧(12/05 13:56) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームや認知症グループホームなど七施設を運営する。市は選定理由を「数多くの介護施設の運営を手がけ、ノウハウを生かして質の高いサービスの提供が ...
このときは万引きを店員が気付いてくれず、自首に及んだのだが……警察が送り込んだ先は福祉施設だった。 ところが、騒音トラブルで半月も持たずに施設を出て再びホームレスに。 しかし、79歳の高齢にとってホームレス生活は辛い。そこで頭に浮かんだのが東京・秋葉原の無 ...
楽しんで、元気よく 高齢者サークルが活動披露 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「中央区高齢者の生きがいと健康づくり推進事業」の一環で、同区老人クラブ連合会(石井好男会長)などが主催。催しは区内の老人福祉センターや老人憩いの家で行われるサークル活動の発表の場としてスタート。同連合会(約二千二百人)から、二十八の団体、個人が出演し ...
イチョウ葉エキスに認知症の予防効果なし - USFL.COM (媒体での記事掲載終了)
記憶力の減退を抑える効果があると言われ、その含有を強調するサプリメント(栄養補助食品)も多いイチョウ葉エキス(ginkgo biloba)には、老人性認知症の予防や発症を遅らせる効果はないという調査結果が発表された。 ウォールストリート・ジャーナルによると、調査を ...
2008年12月04日()
大月市立病院 90床削減 - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
石井由己雄市長は所信表明で、経営再建を目指す市立中央病院の改革プランについて、現在休止しているベッド数と同程度の約90床を削減することや、休止中の療養病床を再開して、病床利用率の向上を目指す方針を明らかにした。改革プランは本年度中にまとめ、来年度から5 ...
老老介護の激しい現実 励みは「妻、洋子のキス」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
妻で女優の南田洋子さん(75)を5年ほど前から自宅で介護している俳優、長門裕之さんは現在、74歳。自身の健康不安を感じながらの介護です。少子高齢社会の到来で高齢者が高齢者を介護する、いわゆる「老老介護」は珍しくありません。しかし、長門さんは「介護する ...
【ゆうゆうLife】編集部から 悪徳退治にわらわらと - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
静かな城下町でも、被害は後を絶たない。大阪のベッドタウンとして発展したが、今は高齢化し、日中、自宅にいる高齢者は標的となりやすい。 高齢者の生活を支えるため「地域の助け合い」が必要とされるが、近所付き合いが希薄な現代では、難しく考えがち。 ...
高齢者3人、衝突死 稲敷の交差点 介護予防施設送迎中 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
四日午後四時五分ごろ、茨城県稲敷市下太田の市道交差点で、介護予防施設「稲敷市いこいのプラザ」の利用者五人を乗せた施設職員の横田映子さん(51)が運転する送迎用のワンボックス車と、ワゴン車が出合い頭に衝突。送迎車に乗っていた同市柴崎、橋本百合子 ...
茨城・稲敷市で高齢者福祉施設の送迎車と乗用車が衝突 3人死亡、5人軽傷 - FNN (媒体での記事掲載終了)
茨城・稲敷市で4日、高齢者福祉施設の送迎車と乗用車が出合い頭に衝突する事故があり、送迎車に乗っていた女性3人が死亡した。 4日午後4時すぎ、稲敷市下太田の市道の交差点で、高齢者福祉施設「稲敷市新利根いこいのプラザ」の送迎車が、乗用車と出合い頭に衝突し、2台 ...
介護報酬を過大請求 茨城の老人保健施設 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
茨城県笠間市の介護老人保健施設「あたごナーシングビラ」が平成15年からの5年間で、介護報酬計約3億3000万円を過大に請求していたことが4日、分かった。 介護保険法では、入所者3人に対して1人の介護職員を確保できない場合は、介護報酬を規定の7割しか請求 ...
【特報 追う】「遠野風の丘」人気の秘密 1000万人突破の道の駅 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
市町村または公的な団体が設置するが、無料で利用できる十分な容量の駐車場、清潔なトイレ、道路や地域の情報を提供する施設、さまざまなサービス施設、バリアフリー化された歩行路を整備する必要があり、申請を受けて国土交通省が登録する。 平成5年4月に第1回登録が ...
介護施設職員、入居者の口座から現金引き出す 静岡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
勤務する介護施設の入居者の口座から現金を不正に引き出したとして、清水署は4日、詐欺などの疑いで、静岡市清水区村松原、介護老人保健施設職員、高松律子容疑者(48)を逮捕した。 調べでは、高松容疑者はケアマネジャーとして勤務していた同区内の介護施設で、女性 ...
“災害弱者”救う取り組み - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
改正の契機は平成18年1月に起きた長崎県大村市の認知症高齢者グループホーム「やすらぎの里さくら館」の火災。同施設は全焼、死者7人、負傷者3人を出す惨事となった。 改正にあたり施設を入居の有無で区分けした。入居を伴うすべての施設に消火器(平成22年4月1日 ...
医療費 100歳以上は無料 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
海老根靖典市長が実現へ向け指示を出したことに加え、今年の9月議会では松長泰幸議員(藤沢進政会・当時)が高齢者の福祉をテーマに一般質問を行ったことなどがきっかけとなった。これまで市が進めてきた「総合計画」に同助成制度は入っておらず、「海老根カラー」が前面 ...
益田の劇団「だいこんの花」 衛生教育奨励賞受賞 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
寸劇を通して認知症高齢者への理解を深める地道な活動が高く評価され、うれしい初受賞につながった。 だいこんの花は二〇〇四年春、益田保健所が窓口の「益田圏域認知症高齢者に関するネットワーク会議」(三十団体)の構成メンバー有志で発足。 ...
茨城の老人介護施設、3億円を過大請求 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
茨城県笠間市の介護老人保健施設「あたごナーシングビラ」が2003年5月からの5年間で、介護報酬計約3億3000万円を過大請求していたことが4日、分かった。 県は今年6月、常勤医を置かず、介護職員も定数に達していなかったとして施設を運営する医療法人「浩成 ...
信号無視など15違反で検査=認知症疑われる高齢者-警察庁が基準案 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
免許証の更新時に記憶力や判断力が低下している恐れがあると判断された高齢運転者のうち、信号無視や一時不停止、通行禁止違反など15の違反行為を行った人が対象で、専門医に認知症か否かの診断をしてもらう。対象者は年間で約3000人の見込み。(2008/12/04-10:40)
2008年12月03日()
【ゆうゆうLife】向き合って 俳優・長門裕之さん(74)(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
今年10月には「アルツハイマー型認知症の兆候がある」と診断されました。厚生労働省によると、認知症高齢者は平成22年には208万人になる見込みです。長門さんは「尊厳を守りながら介護をしたい」と語ります。(文 竹中文) 洋子の記憶がこぼれ落ちているのに気付い ...
居宅介護支援40件以上の超過分のみ減算に――第61回社保審分科会 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は12月3日、第61回社会保障審議会介護給付費分科会を開催し、2009年度介護報酬改定に向けた各サービスの基本的な考え方を取りまとめた「たたき台」を提示した。居宅介護支援では、逓減制の適用件数についてケアマネジャー1人あたりの担当件数が40件を超過した分 ...
エイズと貧困と アフリカ・マラウイの報告(下) 動きだす陽性者 誇りを持ち前向きに - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
同県ビバンガラーラ村の陽性者団体で代表を務めるトラステッド・チンジャーティさん(41)は、村を巡回して、寝たきりの高齢者や病気に苦しむ患者のサポートに取り組む。自身もARVを服用するが、自転車での長距離移動もいとわない。「私が病気だから患者の苦しみが ...
夜勤や有資格者に介護報酬を手厚く 人材確保で厚労省方針 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は3日、来年度の介護報酬改定について、介護従事者の人材確保策を盛り込んだたたき台を社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護給付費分科会に示した。夜勤などの負担が大きい業務や専門性の高い人員を抱える事業所に対して、介護報酬で手厚く評価する方針。 ...
「救急難民」連携で救済=療養病床への転院迅速化-全国初の試み・大阪 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
救急搬送患者が、満床といった理由で受け入れを何度も断られる「救急難民」の事例が全国で頻発する中、大阪府の救急病院と療養病床が連携し、今月から新たな取り組みを始める。本来は重症患者に対応すべき救急病院に患者が集中しがちなため、軽症の場合は速やかに療養病床 ...
我が家の老老介護その4. - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
一時帰宅中にケアプラザからケアマネージャーが訪れ、家内の起居、我が家の様子を見た。 介護1とはどのようなものなのか、聞いた。 日常生活は概ね行えるが、立ち上がりや入浴、排泄などに一部介助が必要な状況の人を言うそうだ。 確かに、日常生活(とは何か、どのよう ...
夜勤や有資格者など手厚く 厚労省、介護報酬改定でたたき台 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は3日、来年度の介護報酬改定について、介護従事者の人材確保策を盛り込んだたたき台を社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護給付費分科会に示した。夜勤などの負担が大きい業務や専門性の高い人員を抱える事業所に対して、介護報酬で手厚く評価する方針。 ...
男の料理教室が開催されました / 男性介護者の会 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
男性介護者の方と高齢者学級の男性の方が講座に参加しました。 指導を受けながら、わいわいがやがやと楽しく美味しい料理を作り上げました。 参加された皆さん、料理の腕が上がった事と思います。 住民福祉課のSさん、Kさん、栄養士さん、食改さん、ありがとうご ...
たばこで不快な飲食店、「利用しない」が約8割(医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了)
飲食店を利用している人の約7割が他人のたばこを不快と感じ、そのうち同じ店を再び利用する人が約2割にとどまっていることが、ファイザーが発表した「飲食店での受動喫煙に関する意識調査」で分かった。回答者の95%超が飲食店に対して受動喫煙対策を希望していることも明らかになっており、ファイザーでは「今後、飲食店には全面禁煙を含むさらなる受動喫煙対策が求められる」としている。 調査は、週に一度以上、飲食店を...
夜勤や能力配慮、介護報酬手厚く 厚労省がたたき台 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
さらに認知症ケアの充実も重視し、認知症対応型グループホームへの報酬を充実させることや若年性認知症へのサービスも評価する。 また、介護報酬アップを従事者の賃金増加につなげるため、事業所に対して、自主的に従事者の給与を公表するよう求めている。
高齢者や障害者、地域でいかに支えるか 福井で福祉フォーラム - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
水上主事は、5人家族のうち1人が寝たきりで4人が知的障害者という家庭の事例を紹介。「生活支援員だけでなく、民生委員や自治会長、隣近所、保健師らが日ごろから役割分担してかかわり、家庭を支えることができている」と強調した。 福井市森田地区の民生委員は、高齢 ...
介護職員の待遇改善、給与情報の自主公表で確認 介護報酬改定の基本方針原案 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
平成21年度の介護報酬改定について、厚生労働省は3日、介護職員の待遇改善策を柱とする基本方針の原案を、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の介護給付費分科会に提示した。有資格者や常勤者などを多数雇用している事業者への報酬を手厚くする一方、報酬アップが職員 ...
介護タクシー不正、国に1.8億円返還へ 北海道滝川市 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
生活保護を受けていた北海道滝川市の夫婦らが06~07年に約2億4千万円の介護タクシー代を不正受給していた事件で、滝川市は補助金適正化法に基づき、国から不適切な支給と認定された国庫負担分の約1億8千万円を全額返還する方針を決めた。9日開会の市議会で田村弘 ...
療養病床への転院速やかに 救急病院に搬入の軽症患者 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
療養病床のある病院などで構成する日本慢性期医療協会は3日、重症患者を受け入れる救命救急センターなどに運ばれた軽症患者を療養病床に速やかに転院できるよう、大阪府の医療機関が連携して取り組むと発表した。 国立病院機構大阪医療センターなど、生命の危険がある ...
古井 民一郎(たみいちろう) - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
また、新介護保険制度に対して“介護保険検討委員会”を作り、問題点を解決するほか、定期的に地域のケアマネージャーとの意見交換会の場を設けている。これからも「地域の医療・保険・介護・福祉に積極的に取り組んでいく考えです」と話した。 ○…生まれは東京。 ...
「第7回認知症フォーラムinいばらき」を開催 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
11月30日(日曜日)、つくば国際会議場で、社団法人認知症の人と家族の会茨城県支部との共催により「認知症フォーラムinいばらき」を開催しました。 このフォーラムは、県民の皆さんが認知症を正しく理解し、認知症になっても尊厳を保ちながら穏やかで安心して暮らせる ...
認知症サポートーに職場一丸 JA兵庫六甲 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の農協組合員やその家族に適切に対応できるようにと、JA兵庫六甲(神戸市北区)が、厚生労働省が設けた「認知症サポーター」の認定を受けるように、全職員約千五百人に呼び掛けている。職場全体で取り組むのは全国でも珍しいという。(桜井和雄) 農家の高齢化で ...
1 業界ニュース : 日本介護支援専門員協会、2009年度の年会費は4000円に決定 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本介護支援専門員協会は12月1日、平成20年度第1回定時社員総会の報告事項を公表した。同協会が11月23日に大阪で開催した総会では「平成20 年度収支補正予算(案)」「会費規約の改定(案)」のすべてが承認された。 平成20年度収支補正予算(案)は、事業活動収支の ...
平成20年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰 - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
この表彰は、高齢者、障害者、妊婦や子ども連れの人を含むすべての人が安全で快適な社会生活を送ることができるよう、ハード、ソフト両面のバリアフリー・ユニバーサルデザインを効果的かつ総合的に推進する観点から、その推進について顕著な功績または功労のあった個人 ...
バリアフリー推進で障害学生支援センターなど表彰 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
政府は3日、平成20年度バリアフリー化推進功労者の表彰式を首相官邸で行い、生徒と高齢者の交流に力を入れている品川区立戸越台中学校(東京都品川区)と、弱視者用 ...
高齢者の足 地域つなぐ 無料送迎車 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「ケア21」は全国約90カ所で訪問介護ステーションや老人福祉施設を展開する。無料送迎車を始めたきっかけは、依田平社長の「病院やスーパーとお年寄りをつなぐ足を作ろう」という鶴の一声。「善意だけでは長続きしない」と考え、会社の収入にもつなげるため、プロ ...
中国:福祉くじの発行が3000億元超える - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
中国民政部社会福祉・慈善事業促進司と中国福祉くじ発行管理センターによれば、各種福祉くじの発行額は2008年10月末時点で累計3254億元(約4.53兆円)、公益金は1096億元(約1.52兆円)となった。 中国福祉くじは高齢者、障害者、孤児、貧困層の支援を目的として1987年7 ...
全台逾3百萬人雄性禿中西合併抗老作戰 - 中時電子報 (媒体での記事掲載終了)
根據統計,台灣25至65歲男性,大約有15.7%即360萬人為雄性禿患者,大部分的雄性禿為遺傳造成,但遺傳並非絕對影響因素,目前有醫師提供中西合併抗老健髮處方,內外調理 ...
インフルエンザ、38度以上出なかった高齢者が66%!――感染症セミナーレポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
かながわ福祉サービス振興会は11月19日、インフルエンザやノロウィルスなど冬場に流行しやすい感染症についての予防セミナーを開催した。東京サラヤ株式会社の佐藤舞氏による講義に参加した50名は、スライドを見ながら熱心にメモを取り、介護施設などでのまん延が毎年報道 ...
介護報酬 返還請求5億円超 道内不正事業者から3割は未返還(12/03 08:33) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
道は二日の道議会一般質問で、二〇〇〇年度の介護保険制度導入以降、不正を行った事業者に対して介護報酬の返還請求を行った市町村が六十四自治体に上り、請求額は計五億五千万円に達することを明らかにした。このうち三割超の一億九千万円は、まだ事業者側からの返還が行 ...
2008年12月02日()
【ゆうゆうLife】介護 ひとりでも自宅で 暮らしのお金の管理(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症などでお金の管理が困難なため、日常生活自立支援事業を利用する人が増えています。しかし、この事業は自分で契約できる判断能力がある人が対象で、認知症が進めば、成年後見制度の利用も検討する必要が出てきます。ところが、2つの制度がうまく結びつかないのが ...
塩谷町全体で認知症支援 啓発ステッカー作製 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【塩谷】県の認知症対策モデル地区に指定されている町はこのほど、地域ぐるみでの認知症支援体制づくりを目指し、啓発用ステッカーを作製した。認知症の特性などを理解しているサポーター宅に掲示することにより、はいかいする認知症高齢者の避難所的な役割が期待される。 ...
【特報 追う】“塀の中”逃げ込む高齢者 生活基盤なく不況の寒風…再犯 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
がんで寝たきりだった妻は入所中に死亡した。空き巣を繰り返す“元凶”となったパチンコは前回の入所を機に断ったが、立ちはだかったのは医療費。ひざや目などを患い、前回の出所後は毎月、年金7万円のうち3万円弱が治療代に消えた。結局、空き巣に入ってラジオと時計を ...
少子高齢化、過去最高 全庁態勢で対応へ 群馬県 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
市町村と連携した地域密着型の介護サービスの拠点整備を進めるほか、虐待問題へのセーフティーネット構築など、福祉社会の整備にも努めている。 ある県幹部は「行政だけではなく、地域総ぐるみでやっていく態勢を作っていきたい」と語る。住民や地元企業をどこまで ...
日本在住のフィリピン人が、ホームヘルパー二級の資格を取れる講座があちこちで開かれ、かなりの修了者が施設で働く。こうした「先行例」もあり、今度はインドネシアから看護師、介護士を日本へ受け入れる合意ができた。…いよいよ外国人による介護の時代になってきそうだ ...
介護施設で身体拘束が増加 京都府調査 職員少なく - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府は2日までに、介護保険入所施設で行われている身体拘束に関する2007年度の調査結果をまとめた。身体拘束をしていた施設は前年度より29施設増え、身体拘束の廃止が困難な理由に「職員が少ない」を挙げる声が目立った。 調査は特別養護老人ホームなど ...
市職員を装った訪問に注意喚/介護保険調査で川崎市 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「市職員を装った訪問に注意喚/介護保険調査で川崎市」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 川崎市が市内の高齢者向けに八月末から送付している介護 ...
75歳以上の医療費無料へ 日の出町 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療費の助成は、町内に3年以上住み、生活保護を受けていない75歳以上が対象。来年度は約1630人、医療費総額約7500万円と試算している。 また、福祉施設入所者などを除き、75歳になる町民は人間ドック(1日コース)の受診料を全額助成する。 ...
西口再開発ビル福祉機能移転 東村市長が説明 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
福井市会全員協議会は2日開かれ、市がJR福井駅西口の西口中央地区再開発ビルに市民福祉会館の機能を移転する方針を説明した。にぎわい創出と福祉機能とのかかわりについて、東村新一市長は「少子高齢化の影響で、にぎわいづくりの中心は高齢者が担うことになる」と将来 ...
識別しやすいカラーの手すり、東洋エクステリア (媒体での記事掲載終了)
ポールの断面を卵型にするなどユニバーサルデザインを採用した歩行補助手すり「サポートレールUD」シリーズに、色弱の利用者でも識別しやすいアースネイビーとライムライトイエローの2色を追加した。コンクリートの壁など高明度の背景の場合はアースネイ…
広島県内医療ガイド、ソーシャルワーカーが作成 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
「暮らしの医療・福祉サービスガイド 広島県版」はA4判で二百二十ページ。高齢者や障害者、母子などの区分で、国や県の医療・福祉サービスを紹介。経済面での支援制度の解説を多く盛り込む。サービスを利用できる県内の医療機関や役所の連絡先もまとめた。 ...
盛岡、周防大島でバリアフリー旅行の研修会 - トラベルビジョン (媒体での記事掲載終了)
誰もが安心して旅行ができる社会づくりに取り組むバリアフリー旅行ネットワーク(平森良典会長=広島・昭和観光社)は12月、岩手県盛岡市と山口県の周防大島で「障害者・高齢者の外出旅行支援 意見交換会」を開く。 意見交換会では、平森会長が会の活動趣旨を説明する ...
福祉施設で腹話術300回 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
人気のない場所で発声練習を重ね、保育園や小学校、高齢者施設を公演して回った。 しかし1996年、体を壊して入院。人形を持てない生活が3年続いた。「申し訳なくて涙が出た。再開できたときは本当にうれしかった」。人形が尾崎さんの心の支えになっていた。 ...
助成対象は、町民税非課税世帯のうち▽生活保護を受給▽75歳以上の高齢者がいる▽母子家庭医療制度の認定を受けている母子世帯、18歳未満の子どもを扶養している父子世帯▽重度心身障害者が同居する―など。対象は約1200世帯になると見込まれる。 ...
長時間座れて立ちやすい 高齢者に“人間工学いす” - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
価格はいずれも10万5000円。 。平田社長は「高齢化社会を考え、寝ているような感覚のいすを作りたかった。寝たきりになると起きるのがおっくうになるが、NONAに座っていれば活動する意欲がわく」と話す。問い合わせは同製作所、電話0952(47)6534へ。
かながわ瓦版/“ご当地体操”ブーム - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
寝たきりになる主な原因とされる転倒を防ぐため、「加齢とともに衰えやすい下半身の筋力を無理なく強化できる内容にした」(川向教授)。 専門的な見地に裏打ちされた体操には、脳の働きを刺激しようと、音楽に合わせて指先を細かく動かすパートまで盛り込んである。 ...
育て認知症サポーター 鈴鹿で養成講座、創作劇で理解深める - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
偏見を持たずに認知症を正しく理解する「認知症サポーター」を増やすため、県内のイオングループ各社が県とともに講座を開き、従業員約1000人をサポーターとして養成する。1回目の講座が1日、鈴鹿市庄野羽山のイオンモール鈴鹿ベルシティであり、亀山、鈴鹿両市の ...
浜松市で生活保護世帯が急増 景気後退で高齢者や母子家庭を直撃 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市福祉総務課によると、特に影響を受けているのは65歳以上の高齢者世帯(37件増)と、病気やけがなどで世帯主の就労が難しい傷病者世帯(47件増)。高齢者世帯は、不景気で子どもの仕送りが減ったり、働き口を失ったりしているのが原因という。 ...
初の福祉施設併設など提案 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
府は構想案で、住宅の一部を子どもの成長に応じ間取りを変えられる子育て支援住宅とし、障害者グループホームや、多世代交流スペースとする集会所の整備、高齢者体操教室や子育て教室を開くといった幅広い福祉事業の実施などを掲げた。 この日の初会合では座長に高田光雄 ...
2008年12月01日()
【ゆうゆうLife】介護 ひとりでも自宅で 暮らしのお金の管理(中) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
しかし、お金の管理が困難な独居や認知症高齢者が増加し、どう支えるかが課題に。暮らしに必要なお金の管理を、社会福祉協議会(社協)が1回平均1200円程度で手伝う「日常生活自立支援事業」の利用者が増えています。(寺田理恵) 東海地方に住む田中靖子 ...
市民福祉会館移転を提示 西口再開発ビルで福井市 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
「交通結節地に隣接する特性から、高齢者、障害者ら交通弱者の利用促進につながる」と市民福祉会館の移転案を提示した。 市民福祉会館には介護サービス事業などを行う市福祉公社、市シルバー人材センター、市社協の事務局が置かれ、能楽堂(収容314人)と大 ...
若年認知症に総合対策 厚労省、来年度 全国に150拠点就労や介護支援 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は来年度から若年性認知症の患者支援に乗り出す。都道府県ごとに支援ネットワークをつくり、全国百五十カ所の地域包括支援センターで認知症連携担当者(コーディネーター)が患者の個別支援を進めるほか、病気や就労などの相談に対応するコールセンターも新設 ...
【関連】情報不足孤立する家族 進行度個人差 人に応じた支援を - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
診断が付くまでに病状が進行、家計を支える働き手を失い、家族には長期の介護で重い負担も-。若年性認知症の患者と家族が直面するこうした過酷な現実に、国がようやく目を向け始めた。だが、その対策はまだ「入り口」にすぎない。 (大沢令) 会社員だった中村信治 ...
認知症の治療拠点、整備進まず 08年度指定、目標のわずか8% - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省が認知症治療の拠点として今年度中に150カ所の整備を目指す「認知症疾患医療センター」の指定が13カ所にとどまる見通しであることが1日、同省の調査で分かった。人材確保難や財政難のほか、同省が昨年度に前身となる事業の補助金を打ち切ったことも一因で、目標 ...
若年性認知症 国が支援 相談窓口、センター設置へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は来年度から若年性認知症の患者支援に乗り出す。都道府県ごとに支援ネットワークをつくり、全国150カ所の地域包括支援センターで認知症連携担当者(コーディネーター)が患者の個別支援を進めるほか、病気や就労などの相談に対応するコールセンターも新設 ...
2次補正、公共事業2300億円 介護や少子化に重点配分 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
政府が2008年度第2次補正予算案に盛り込む追加歳出の全容が1日、明らかになった。総額5兆円のうち公共事業に約2300億円を計上し、景気のてこ入れを狙う。介護や少子化対策にも重点配分する。 2次補正は政府、与党… [記事全文]
介護食品拡大の課題は「価格」と「在宅向け販路」 シード・プランニング調査 (媒体での記事掲載終了)
市場調査・コンサルティングのシード・プランニング(本社:東京都台東区)が2008年11月28日発表した介護食品の利用についての調査によると、介護食品の認知度は全般に高いものの、利用率はその半分にも届かず、「価格」や「買える場所が少ない」こ…
【お知らせ】介護・医療関係者向けブログ「みんなの広場」オープン! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
ケアマネジメント・オンラインでは、新サービスとして、介護・医療関係者のための情報交換コミュニティーミニブログ「みんなの広場」(http://minhiro.jp/)を12月1日にオープンしました。 「みんなの広場」とは、会員の皆さまそれぞれが自分のブログ(マイページ)を ...
14日に二本松で介護セミナー - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
県社会福祉協議会の介護セミナーは14日午後1時半から二本松市の県男女共生センターで開く。 ノンフィクション作家の沖藤典子さんが「余裕の介護で自分らしい介護を・辛いとき悲しいとき、一人で悩まずに」と題して介護サービスの利用の仕方などについて語る。
「市民後見人」普及へ模索 制度利用増狙い費用は実費 養成講座各地で活発 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
悪徳商法の被害に遭う、周囲の人に勝手に財産を使われる-こうしたトラブルから高齢者や障害者を守り、支援するために2000年にスタートした成年後見制度だが、同時期に始まった介護保険制度に比べ、利用者は伸び悩んでいる。 厚生労働省は2010年の認知症の高齢者 ...
来年3月完成へ工事進む JR紀伊田辺駅の新跨線橋とエレベーター - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
JR西日本は、田辺市湊のJR紀伊田辺駅でバリアフリー化に伴う跨線橋(こせんきょう)とエレベーター(11人乗り)を新設する工事を進めている。身体障害者や高齢者から長年にわたって要望があった設備で来年3月の完成を目指す。1日当たりの乗降客数が5000人未満 ...
厚労省「介護職員の一律2万円賃金増は、ない!」――第60回社保審 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は11月28日、第60回社会保障審議会介護給付費分科会を開催し、介護従事者の処遇改善に向けた報酬上の評価について、各委員からの意見を募った。10月31日に開催した「第5回安心と希望の介護ビジョン会議」で介護報酬3%アップを打ち出した厚労省に対し、全国老人 ...
地域の交流拠点に介護施設 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島市安佐北区の特定非営利活動法人(NPO法人)「かべ工房村」が、ミニデイサービスを併設した交流施設「縁(えん)が和」を1日にオープンした。「子どもからお年寄りまで幅広い人たちが気軽に立ち寄れる拠点に」としている。 木造2階建て店舗を改築した。25 ...
飛行機はなぜ飛ぶ? 科学のびっくり箱 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
寝たきり、一人暮らしの高齢者や、障害者の共同作業所への支援に活用される。 6月から始まった「特定健診・特定保健指導」(メタボ健診)の受診率が低い。国保加入の苫小牧市民は15%。国の目標の2012年度末65%にほど遠く、このままでは、財政的ペナルティーの懸念も。 ...
75歳以上の医療費無料化=来年4月から-東京都日の出町 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
東京都日の出町議会は1日の本会議で、75歳以上の高齢者の医療費を無料化するための「お年寄りにやさしい福祉基本条例案」などを賛成多数で可決した。2009年4月から施行する。自治体による無料化は、全国的にも珍しいとみられる。 所得制限は設けないものの、3年 ...
モデルケースとして注目-珍しいリハビリ専門デイサービス - 奈良新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
利用者は、機能の改善目標や計画を設定した上で、理学療法士らが開発した約3時間のリハビリプログラムに、講師の指導を受けながら取り組む。ボールなどを除くトレーニング機材はほぼ不使用。通所頻度は週1.2回。11月中はケアマネージャー向けの内覧会を実施している…
介護報酬評価、有資格者や常勤割合が高い事業所を対象に――第60回社保審 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は11月28日、第60回社会保障審議会介護給付費分科会を開催し、介護従事者の処遇改善に向けた報酬上の評価について論議が交わされた。介護職員の介護福祉士の資格取得が年々増加していること、夜勤が求められる施設系サービスでは非常勤から正社員への登用が人材定着 ...
歳末募金役立てて 受け付け県内で開始、女性団体が10万円寄付 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
募金は県共同募金会を通じて、県内の社会福祉施設利用者や在宅福祉者に役立てられ、身体障害や知的障害がある人と子ども、身寄りのない高齢者に重点配分される。 受付場所は新聞放送会館のほか、NHK徳島放送局、県社会福祉協議会、県共同募金会、各郵便局、取扱金融 ...
株式会社スリー・テン - インターネットコム (媒体での記事掲載終了)
この用語事典は、介護支援専門員が使用する約1700項目の基本用語がわかりやすく解説されており、これからケアマネージャーを目指す方の学習ツールとして役立つのはもちろんのこと、日常の業務を行う上で必要な実務的な説明も加えられておりますので、既に業務に従事されて ...
介護福祉士、養成どうする 教員研修会でシンポ 福岡 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士を養成する九州の大学・短大や専門学校の教師が、より良い教育・実習のあり方を探るシンポジウム「求められる介護福祉士像への挑戦」が21日、福岡市であった。日本介護福祉士養成施設協会九州ブロック研修会の一環で、職能団体、教育者、実習生を受け入れる ...
虐待される高齢者は女性が約8割!――認知症介護研究・研修東京センター - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症介護研究・研修東京センターは11月27日、施設・事業所における高齢者虐待防止の支援に関する調査研究報告書を発表した。 報告書によると、虐待の具体事例として ...
神戸観光に車イス無料レンタル 市とNPOが開始へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
観光庁によると、観光目的での大規模な車いすのレンタルシステムは「把握している限りでは、全国初」といい、バリアフリー化による観光客誘致の取り組みとしても、注目を浴びそうだ。 体の不自由な人や高齢者が自由に旅を楽しめるユニバーサルツーリズム(福祉旅行) ...
心にもユニバーサルデザインを 岩倉市民ら街づくり学ぶ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザインについて考える「人にやさしい街づくり地域セミナー」が30日、岩倉市役所で開かれ、市民ら約100人がハード面の整備とともに他人を思いやる気持ちが大切なことを学んだ。 高齢者や障害者に配慮したまちづくりに詳しい児玉善郎・日本福祉大教授が ...
介護食品拡大の課題は「価格」と「在宅向け販路」 シード・プランニング調査 - 日経トレンディネット (媒体での記事掲載終了)
市場調査・コンサルティングのシード・プランニング(本社:東京都台東区)が2008年11月28日発表した介護食品の利用についての調査によると、介護食品の認知度は全般に高いものの、利用率はその半分にも届かず、「価格」や「買える場所が少ない」ことが大きな障害になって ...
介護ベッド用手すり等の重大事故に係る公表について――厚労省 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
全国福祉用具専門相談員協会は11月26日、厚生労働省からの通達「介護ベッド用手すり等の重大事故に係る公表について」を発表した。 資料によると、パラマウントベッド製介護ベッド用手すりにおいて、固定レバー部に衣類の襟が引っ掛かり、窒息状態となり、その後死亡した ...
介護食品拡大の課題は「価格」と「在宅向け販路」 シード・プランニング調査 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
市場調査・コンサルティングのシード・プランニング(本社:東京都台東区)が2008年11月28日発表した介護食品の利用についての調査によると、介護食品の認知度は全般に高いものの、利用率はその半分にも届かず、「価格」や「買える場所が少ない」ことが大きな障害になって ...