介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年11月30日()
【ゆうゆうLife】介護 ひとりでも自宅で 暮らしのお金の管理(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「おばあちゃん、大変です。今日、点検してよかったですね」「屋根裏で柱が何本か腐っています」。悪質リフォーム詐欺の手口を、方言を使った寸劇で伝える悪徳バスターズのメンバー(伊賀市社会福祉協議会提供) 高齢者をねらった悪徳商法が後を絶ちません。 ...
認知症予防、ケア方法紹介 本社で介護セミナー - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
約150人が参加し、認知症のしくみなどを学んだ。 医療法人敦賀温泉病院の玉井顯院長が「認知症予防術~認知症の正しい理解とその予防~」と題して講演した。「認知症は脳の病気」と強調、障害が起こった場所によって違うさまざまな症状やケアの方法を紹介した。 ...
一時的な生活資金にお困りの方へ。 低利で安心!「生活福祉資金貸付制度」 - 政府広報 (媒体での記事掲載終了)
そのように低所得で生活資金にお困りの方は、低利で貸し付けを行う公的支援「生活福祉資金貸付制度」をご利用ください。 「生活福祉資金貸付制度」は、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯、失業者世帯などに対し、世帯の生活の安定や自立を図ることを目的に、必要な生活 ...
柔道整復師らが健康体操教室/大田・城南地区 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者が介護を必要とせず、楽しく暮らしてもらおうと、大田区柔道接骨師会は30日、同区下丸子の大田区民プラザで、第1回城南地区健康体操教室を開いた。大田区の他、目黒、品川、世田谷、港各区から100人を超すお年寄りやその家族らが集まり、筋力トレーニングや ...
論文受賞励みに『進学を』 金沢中央高・浅尾さん 不登校克服、奉仕活動つづる - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
七月中旬から約一カ月、金沢春日ケアセンター(金沢市)内にあるグループホームにほぼ週一回通った。認知症の高齢者と買い物したり、食事を手伝ったり、部屋の掃除をしたりした。同じことを何度も聞く人。家族のことも覚えていない。そういった人たちとふれあった。 ...
「うつ病とメタボ関連」 心身の健康づくり考察 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢になっても安心して暮らせる地域社会の実現を目的にした「福祉と医療を考える市民の集い」が二十九日、安来市安来町の市民会館であり、市民や医療、福祉関係者約四百人が心身の健康づくりへ認識を深めた。 安来地域介護保険サービス事業者連絡会(杉原建会長)と安来 ...
「不利益取り扱い」増加/沖縄労働局 育児・介護休業の相談 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
沖縄労働局は二十九日までに、二〇〇七年度に同局に寄せられた育児・介護休業などに関する相談状況を発表した。相談件数は四百二十四件で〇六年度に比べて十件減り、相談内容は「休業制度の導入」が77・8%、「休業に係る不利益取り扱い」は22・2%だった。 ...
2008年11月29日()
入居困難な高齢、障害者ら支援 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
保証人がいないなどの理由でアパートや施設への入居が困難な高齢者や障害者を支援する「NPO法人おかやま入居支援センター」の設立総会が29日、岡山市春日町の市勤労者福祉センターで開かれた。 正会員の弁護士や医師ら23人が出席。設立発起人で、理事長に選ばれた ...
北那須プリズム 高齢者施設でオペラ「浦島太郎」 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
同ホームに入所している栗田タエさん(95)は「歌も踊りも上手でとても良かった。また見たいです」と笑顔を見せた。北代表は「皆さんが歌を口ずさんでいる姿を見て、こちらも楽しめた。今後も福祉施設を慰問して、多くの人に楽しんでほしい」と話していた。 ...
介護の未来をシンポで議論 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護現場の担い手不足をテーマにした「介護の大切さと未来を考えるシンポジウム」が29日、広島市中区であった。介護福祉士を養成する専門学校などの定員割れが続出している問題を受け、福祉関係者などでつくる実行委員会の主催。人手不足が深刻化している現場の実情を ...
カード詐取の女性介護士逮捕 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
・ホームページの記事・写真の著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。すべてのデータの無断複製・転載を禁じます。 ・ネットワーク上の著作権について日本新聞協会の見解をご覧下さい。 ・リンクする際は、トップページ(http://www.sanyo.oni.co.jp/)にし ...
<テレビウォッチ> NHK教育のETV特集「長すぎる休日 若年認知症を生きる」。50代でアルツハイマー病と診断された元調理師と元サラリーマンの北海道に住む2家族の生活ぶりを追った。 2人とも症状が出たのは突然だったようだ。あくびばかりでボーとするようになり、数字も ...
介護情報サイトに不正アクセス発覚!ウイルス感染の恐れも――福井県 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
福井県は11月20日、県が運営している「介護保険なんでも情報発信ホームページ」について、不正アクセスがあったと発表した。 不正アクセスから一時停止までの間に同ホームページを閲覧した場合、コンピュータがウイルスに感染したおそれがあるとのこと。 ...
2008年11月28日()
『若年認知症を知って』 妻の介護体験記を出版 桐生の大沢県議 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
妻が若年性認知症になったことを公表し、医療や介護の問題を訴えている大沢幸一県議(65)=桐生市三吉町=が二十八日、自らの介護体験をつづった「妻が『若年認知症』になりました」(講談社、千五百七十五円)を出版した。 (加藤益丈) 正子夫人(59)は五十五歳 ...
認知症短期リハ、報酬単位の見直しや実施施設を拡大を――社保審会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は11月28日、第60回社会保障審議会介護給付費分科会を開催し、施設サービスとして「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」「認知症短期集中リハビリテーション」「介護療養型老人保健施設」などについて取り上げ、委員からの意見を募った。 ...
民主千葉県議団、白石氏擁立の意向 来春の知事選 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
専門はバリアフリーや少子高齢化対策など。千葉市在住で県教育委員も務めている。 同知事選には県議の西尾憲一氏(57)が立候補を表明している。堂本知事は正式な態度表明はしていないが、3選に向けて「前向きに考えている」と述べている。
介護職員待遇改善 厚労省が具体案提示 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
平成21年度の介護報酬改定について、厚生労働省は28日、介護職員の待遇改善策として、専門資格を持つ人や経験豊かな職員を多数雇用している介護事業者に対し介護報酬を手厚く支払うなどの具体案を、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の介護給付費分科会に提示した。 ...
新型老健への転換3割止まり 介護報酬改定が必要と厚労省 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者が長期入院する療養病床に関する国の削減計画で、介護型療養病床(約12万床)が2012年3月末に全廃されるのに伴う受け皿として、今年5月に新設された「介護療養型老人保健施設」(新型老健)への転換を検討している介護型療養病床の施設は、病床数べースで ...
福祉への意識醸成へ 宇都宮市、障害者用駐車場に新表示 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
市は「市民の福祉への意識醸成を図りたい」としている。 表示板は幅八三・五センチ、高さ六五センチのプラスチック製。身体障害者を示す車いすマークのほか、心臓など身体内部に障害のある人、けがをしている人、高齢者、妊産婦を示すマークが描かれている。 ...
昭和レトロで認知症改善 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
昔を思い出し、認知症の改善を―。千歳市福祉会(加藤賢二理事長)は特別養護老人ホーム暢寿園に、昭和の時代を写真や生活用品で再現したコーナーの設置を計画している。懐かしい時代に「タイムスリップしてもらう」ほか、回想法による認知症の改善効果も期待。27日には千歳市内の ...
◆介護食品の認知度と利用状況には大きなギャップ。必要な人でも市販介護食品の利用率は低い。 ◆最大の悩みは、「値段の高さ」と「店頭で買える場所が少ない」こと。 ◆課題は在宅向け販売体制の整備、拡大。 購入したい場所は圧倒的に「食品スーパー」。 ...
介護保険料、強制天引き転換へ 厚労省検討 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は28日、介護保険料の徴収方法について、年金からの強制的な天引きをやめる方向で検討していることを明らかにした。 75歳以上が対象の後期高齢者医療制度では年金からの強制的な保険料天引きに批判が集まり、来年4月からは年金天引きと口座振替との選択制と ...
来年度からの介護保険料180円アップ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は28日、自民党社会保障制度調査会の介護委員会で、平成21年度から3年間の65歳以上の介護保険料が、全国平均で現行の月4090円から180円アップし、月4270円となるとの推計を明らかにした。政府・与党は、介護職員の待遇改善のため、介護 ...
介護保険料、月180円上昇=報酬引き上げなどで-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
2009年度から65歳以上の介護保険料が全国平均で月額約180円上昇することが厚生労働省の集計で28日、分かった。同年度から3%引き上げられる介護報酬改定などを踏まえた各市町村の試算結果を、同日開かれた自民党社会保障制度調査会の介護委員会で示した。 ...
「療養病床」の介護施設転換は県目標の半数 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
長期入院患者の「療養病床」のうち、介護老人保健施設などに転換を決めた病床は10月末現在、全体の4分の1となっている。 県は平成24年度までに半減させる計画だが、態度を決めていない医療機関も多い。 27日、県庁で開いた県高齢者福祉計画等策定懇談会で調査結果 ...
生きがいづくりを推進 弘前市の高齢者福祉計画懇が素案示す - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
来年度から3カ年の第4期高齢者福祉計画・介護保険事業計画の策定作業を進める弘前市は27日、市民会館で第2回高齢者福祉計画等懇談会(会長・田村瑞穂弘前市医師会長)を開き、計画の素案を示した。 素案には目標年度までの推計人口、要介護者数の見込みなどを ...
丹波市「おでかけサポート」無料化へ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
丹波市は二十七日に開かれた市地域公共交通会議で、高齢者や障害者を病院などへ送迎している「おでかけサポート」の利用条件を見直し、来年度から介助者なしで移動できない高齢者や障害者に限定した上で、無料化する考えを示した。民業圧迫との批判を受け、福祉事業として ...
業績向上へ 若い発想 金沢工大 学生が企業コンサル - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
(報道部・本安幸則) 学生グループ「夢考房・ユニバーサルデザインプロジェクト」のメンバーが、食品スーパー「マルエー」(白山市)の関係者に説明する。 学生らはこの取り組みに協力しているマルエー久安店(金沢市)で、客六十人を対象にアンケート。 ...
エドナ・パーカーさん死去 世界最高齢の米女性 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
エドナ・パーカーさん(世界最高齢の米女性)AP通信によると、26日、米中西部インディアナ州シェルビーヴィルの介護施設で死去した。死因は明らかにされていない。115歳7カ月だった。昨年8月、福岡県福智町の皆川ヨ子さん=当時(114)=の死去に伴い、英国の ...
認知症、頭使い予防 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症介護研究・研修東京センター副所長の須貝佑一さんが認知症予防の考え方」と題し講演、認知症予防には「頭を使うことや運動、食事の気配りが大事」などと話した。 須貝さんは山形県出身で東京大医学部卒業、川崎市立川崎病院、国立精神・神経センター武蔵病院勤務 ...
おせち宅配廃止へ 高齢世帯の支援事業見直し 三田 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
三田市社会福祉協議会は、「歳末たすけあい運動」で年末恒例だった独居高齢者宅などへのおせち料理の宅配を今年から廃止する。運動を推進する兵庫県共同募金会によると、生活様式の変化に加え、個人情報保護の高まりなどで、歳末の事業の見直しが各地で進んでいるという。 ...
2008年11月27日()
元道職員らに5600万円請求 障害偽装で札幌市(11/28 07:32) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市は二十七日、同市手稲区の元道職員男性(73)が重度障害を装い、同市から介護費用などを不正に取得していたとして、男性と男性が経営する訪問介護事業所に、ヘルパー費用など約五千六百万円を請求した。 市によると、男性は自分の事業所からヘルパーの派遣を受け ...
席を譲るということ (媒体での記事掲載終了)
一時期、高齢者には席を譲ろう運動的な何かが盛んに取りだたされたことがある。僕の場合も、その時期、高齢者に席を譲ったことがあったのだが、最近ではほとんどしなくなってしまった。もちろん、それは褒められた行為じゃないことは分かってるし、今でも高齢者が目の前にいると譲らないといけないとは思う。でも結局「どうぞ」の一言が言い出せないでそのまま座り続けてしまうことが多い。罪悪感みたいなもので、顔を下に向けてひ...
歩けないから車イスという対処療法ではダメ――ケアマネ福祉用具講習会 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都高齢者研究・福祉振興財団は11月27日、介護支援専門員のための福祉用具・住宅改修講習会「福祉用具利用のためのアセスメントとプランニング」を開催した。講師は、延べ30年間にわたり補装具・福祉用具に関する開発・研究に従事する福祉技術研究所株式会社の市川洌氏 ...
難病ギラン・バレー症候群 手足に力入らず - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
重篤な場合、寝たきりになったり呼吸ができなくなる。 「症状が出る一-三週間前に先行して、発熱やのどの痛み、下痢など感染症にかかっている場合が多いのが特徴」と埼玉医科大総合医療センターの野村恭一教授(神経内科)は説明する。 症状は、数日から二週間でピークに ...
白石真澄氏出馬へ 千葉知事選 関西大教授『民主党から』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
白石氏はニッセイ基礎研究所主任研究員、東洋大教授などを経て、関西大学政策創造学部教授。バリアフリーや少子高齢化対策などが専門で、政府の教育再生会議委員なども務めている。千葉市内に住んでおり、二〇〇三年三月から保護者の立場で県教育委員に就任し、現在二期目 ...
高齢者世帯などの生活支援 - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
山形市は27日、景気低迷に伴い、高齢者世帯などに配布する生活支援の福祉灯油券事業などを盛り込んだ総額10億5900万円の緊急経済対策関連事業実施を決めた。一般会計など3会計の補正予算案を同日開会した市議会定例会に提出。ほかの議案に先行して審議され、全会一致で ...
介護保険料平均180円アップ 65歳以上、厚労省推計 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
65歳以上の介護保険料が来年度から全国平均で月約180円アップし、約4270円になる見通しであることが27日、厚生労働省の推計で分かった。 政府は来年度、人手不足が深刻な介護現場で職員の処遇改善のために事業者に支払われる介護報酬を3%増と初めて ...
道路のバリアフリーを体験(18:00) - テレビ大分 (媒体での記事掲載終了)
この後、中島小学校の児童などおよそ100人が市内中心部で車いすに乗り、バリアフリーが整備されているかなどを点検しました。また目を隠し、杖を頼りに点字ブロックを歩き障がい者や高齢者の立場に立った街作りが求められている現状を体験を通して実感していました。 ...
福祉施設の施工単価が坪68万9000円に上昇、2008年9月期 (媒体での記事掲載終了)
福祉施設の平均施工単価は、この1年間で坪当たり6万8000円上昇して、2008年9月期)は坪68万9000円となった。日経アーキテクチュアが08年9月上旬に実施した「建築市場動向調査」で分かった。
高齢者の退職で2016年度から建設業就業者が不足、地方では余剰傾向 (媒体での記事掲載終了)
(財)建設経済研究所が11月25日に発表した2020年度までの建設業就業者数の推計結果によると、建設業全体の就業者数は高齢者の退職などによって次第に減少。2016年度から不足に転じることがわかった。ただし、都市部では就業者の不足が拡大する…
高齢者医療の研究成果募る 下関の機関 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
同賞は、お年寄りの医療や福祉などの分野で優れた研究業績を挙げた若手研究者に贈る。 対象となる研究者は五十歳以下で、県内在住か県出身。個人、グループは問わない。所定の応募用紙に研究意義や業績、特長などを書いて申し込む。原則二件を選び、それぞれ賞金百万円を ...
手縫いで大臣表彰 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
当時、高齢者施設や要介護者を抱える家庭に、布おむつが不足している現状をみて、「自分たちにできることはないか」と、地元の主婦たちによって始まったボランティア活動だ。鎌倉市福祉センターを活動拠点に毎月2回、布おむつ作りを行っている。 平均年齢は約70歳。 ...
12/16新潟市で認知症セミナー - ケンオー・ドットコム (媒体での記事掲載終了)
新潟県や新潟県認知症高齢者グループホーム協議会は、12月16日午前10時から新潟市・新潟ユニゾンプラザで認知症セミナー「認知症?知りたい!暮らし方と支え方」を開く。 開会あいさつあと、講談師の神田織音さんの「成年後見講談」や、新潟県認知症高齢者GH協議会代表 ...
暮らし、医療、福祉、美容、ファッション、アート、放送、出版 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢者の野外作業やスポーツはもちろん、室内で使用すれば、暖房の使用を控えることもでき、電気代の節約や、エコにもつながります。体の芯から暖まり今年の冬も快適です。 ヒーテックは寒冷地での防寒製品はもちろん、健康や医療製品など幅広い利用により多くの方たちに ...
地域と職員、ケア支援 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府の綾部市社会福祉協議会は26日、地域の福祉課題の解決に向けた「第2次綾部市地域福祉活動計画」(2009-2014年度)について、同計画策定委員会から計画案の答申を受けた。高齢者や障害者らを支えるネットワークづくりなどを盛り込んでいる。 ...
【大阪】太子橋3丁目住宅を建替(11/27) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
住戸内のバリアフリー化もほとんどの住戸でできていない。また、全住戸の約51.5%で65歳以上の高齢者を含む世帯が入居しているが、すべての住棟でエレベーターが設置されていない。広場などのオープンスペースが少ないなど住環境の問題が多い。 このため、建て替えを事業 ...
2008年11月26日()
【ゆうゆうLife】向き合って 経済アナリスト・森永卓郎さん(51)(上) (1/3ページ) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
父親は平成18年に脳出血で倒れた後、半身まひで要介護状態に。現在は結腸がんで治療を受けています。親の介護に直面し、予想もつかないことの連続に、日々、家族ととまどうばかりだといいます。(北村理) 父(京一さん=82歳)の介護を始めて、まる2年になります ...
【ゆうゆうLife】告知 「認知症でも安心な地域づくり」など作品募集 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
か「認知症の人々も安心できる地域づくり」のいずれか。 1人1編、1200字程度。未発表作。締切は11月30日(当日消印有効)。最優秀賞1篇に副賞10万円ほか。氏名、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号などを明記し、メール添付か郵送、FAXで。 ...
予定から3年、着工めど立たず 熱海の新介護施設 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
熱海市が本年度中の開設を見込んでいた新介護老人保健施設の建設が、最初の予定から3年近く経過した現在も着工のめどが立っていないことが26日、明らかになった。事業者側は「状況を見定めた上で2009年度には着工したい」としているが、市は着工時期についての明確 ...
アイシン精機、歩行訓練システムを介護施設にレンタル - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
【名古屋】アイシン精機は26日、高齢者の歩行能力を測定し、個人に合わせた訓練メニューを策定する歩行解析アドバイスシステム「歩ビゲーター」を開発したと発表した。12月に東名阪の介護ショップを通じて介護施設などにレンタルを始める。実勢のレンタル料金は月額 ...
「保育ママ」制度成立へ  児童福祉法改正案、参院委で可決 (媒体での記事掲載終了)

   自宅で乳幼児を預かる「保育ママ」制度などの子育て支援サービスを盛り込んだ児童福祉法改正案が2008年11月25日、参院厚生労働委員会で全会一致で可決された。保育士や看護師の有資格者が自宅で乳幼児を数人預かるという制度。法案には、虐待を受けた子供への支援強化なども含まれている。


明知鉄道、来月「極楽駅」開業 東野駅には高齢者施設 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
また東野駅に併設して建設中の高齢者福祉施設は、十二月三日に竣工(しゅんこう)式が開かれることになった。 極楽駅は同鉄道で十一番目の新駅として開設。当日午前九時半から太鼓演奏などのプレイベントが、十時十分から開業式が催される。記念切符は、恵那-極楽駅と ...
大前研一:「定額給付金は無駄」と言う日本国民の健全さ (媒体での記事掲載終了)
先ごろ自民・公明の両党は、新総合経済対策の定額給付金について「一人あたり一律1万2000円」「18歳以下の子どもと65歳以上の高齢者には8000円を上乗せする」ことで合意した。焦点の一つになっていた所得制限については各自治体の判断に任せる…
寝たきり高齢者、銀行に連れ金おろす 容疑の2人逮捕 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの高齢女性を銀行に連れて行き現金を引き出させたとして、福岡県警は26日、福岡市東区香椎2丁目、無職南淳(じゅん)(24)と北九州市八幡西区割子川2丁目、大工赤塚裕一(33)の両容疑者を営利目的略取と逮捕監禁などの疑いで逮捕したと発表した。 ...
情報環境デザイン研究所、高齢者のネット利用を支援するシステム発表 - ファスニングジャーナル (媒体での記事掲載終了)
顔を見ながらの会話は、認知症ケアへの適用も可能です(*1)。懐かしい写真を使った手書きメモは、高齢者自身による自分史の作成を援助するとともに、回想法(*2)の支援ツールとして認知症ケアへの適用も可能です。 *1 スウェーデンで2006年にスタート ...
「仕事辞めたい」7割 道内の介護労働者、実態調査 忙しく、低賃金理由(11/26 15:48) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
道内の介護老人保健施設などで働く介護労働者の月額賃金が全国平均より六千円低い平均十八万九千円にとどまり、七割の人が待遇などを理由に「仕事を辞めたい」と考えたことがあることが、北海道医療労働組合連合会(道医労連、札幌)の初の実態調査で分かった。 ...
北庄内の医療と福祉、連携密に - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
「患者や利用者にとって『切れ目のない医療、福祉』の実現が目的」との共通認識の下、療養病床を持つ病院関係者からは常に満床状態であることなどが報告された。「一人暮らしの高齢者や老夫婦世帯が増えている。在宅を希望する人も少なくないが、どこまでかなえられる ...
厚労省、介護老人保健施設の手厚い夜勤体制に加算など――09年度報酬改定 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は21日、第59回の社会保障審議会介護給付費分科会で、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、いわゆる介護保健3施設の現状と課題を示しながら、同会委員の有識者が2009年度の介護報酬改定について議論した。 介護老人福祉施設では、介護 ...
災害時要援護者、地域で情報把握 福山市 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福山市は来年度にも、一人暮らしの高齢者など、災害時に援護を必要とする人の情報を自治会など地域に提供する。本年度中の個人情報保護審議会で、情報提供の承諾を得る方針。事前に地域に要援護者を知らせ、災害に強いまちづくりを目指す。 本年度に策定予定の「災害時要 ...
74歳女性に補助人工心臓 阪大病院が新治療法 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで病室に寝たきりだったという。 心臓血管外科長の澤芳樹教授は「新しい治療法として、移植を待つ患者、受けられない患者の選択肢にできるようにしたい」と話した。 国立循環器病センターの中谷武嗣臓器移植部長は「欧米では、同様の治療法は、長期の在宅治療として ...
74歳女性に新手法で補助人工心臓治療 阪大病院 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
南さんは「これを付けて、世の中が開けた感じ」と喜びを語った。これまで病室に寝たきりだったという。 心臓血管外科長の澤芳樹教授は「新しい治療法として、移植を待つ患者、受けられない患者の選択肢として考えることができるようにしたい」と話した。
白老町社会福祉大会・まつりで功績団体や個人を表彰 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
第27回白老町社会福祉大会・福祉まつり(町社会福祉協議会、町ボランティアセンター主催)がこのほど、町コミュニティーセンターで開かれ、町民が少子高齢化社会へ向けて福祉への認識を新たにした。 社会福祉大会では、初めに今野邦紀町社協会長が「少子高齢化に伴う ...
介護、医療事務、エステ…変わる刑務所訓練 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
三十代の男性受刑者は「ずっと介護の仕事に興味があった。年老いた両親を支えてあげたい」と真剣な表情だ。 同センターは昨年四月、業務の一部を民間が担うPFI方式の刑務所として全国で二番目にオープン。現在、国内に四カ所あり、医療事務やスポーツ指導員など従来 ...
高齢者虐待 介護者の孤立防ぎたい(11月26日) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護を担う家族の精神的、肉体的負担の大きさが、虐待の引き金になるケースが多い。 悲劇の芽を早期に摘み取るため、行政や近隣住民が加わった支え合いの仕組みづくりが急がれる。 調査によると、加害者が息子だったケースは37%、配偶者は25%、娘が18%だった。 ...
若年認知症 全員失職、家族に負担 札幌市初調査 推計450-700人(11/26 09:21) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市は二十五日、六十五歳未満の若年認知症についての初の実態調査をまとめた。発症当時働いていたと回答した人は失職し、約四割の家庭が退職金や貯金を取り崩して生活している厳しい現実が明らかになった。 調査は市内の医療機関と介護施設千四百九カ所を対象に実施 ...
2008年11月25日()
【ゆうゆうLife】介護 特養で看取るには(下)最後は家族の意向反映 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
神崎さんの母、マチさんが作った張り絵の作品。仲間も多かった特養に、マチさんも戻ることを希望していたという 医師が十分対応できる特別養護老人ホーム(特養)でも、入所者の家族が施設での看取りを希望しないこともあります。いったん、施設での看取りに同意しても、 ...
「もの忘れカフェ」の挑戦 認知症の本人もケアに参加 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
滋賀県で生まれた「もの忘れカフェ」という名のユニークなデイサービスが、認知症ケアに新風を吹き込んでいる。同県守山市で「もの忘れクリニック」(藤本クリニック)を開く藤本直規院長が、スタッフとともに始めた医療とケアの新しい連動の形。このほど出版された、その ...
戸田覚:富士通の「らくらくパソコン」は、シニアにとって本当に“楽”なのか (媒体での記事掲載終了)
ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田 覚氏による連載。今回はついに登場したシニア向けパソコンに着目。富士通が発売した「らくらくパソコン」は本当に、高齢者が使いやすいものなのか!? キーボードが色分けして使いやすさを工夫——そのらくらくぶりを…
出雲で安心ネットの総決起集会 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族を地域で支えようと、出雲市社会福祉協議会が中心となった「安心ネットワーク」が県内で先駆けて立ち上がり二十五日、関係者百五十人が参加して同市駅南町のビッグハート出雲で総決起集会を開いた。 ネットワークの構築は、認知症への理解を地域全体で ...
【連載】自立の現場 揺れる障害者福祉<6>居宅サービス 自由に暮らしたいから - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
理事長を務めるNPO法人「自立生活センターちくご」で勤務する時間以外は、トイレも入浴も就寝中の寝返りさえもヘルパーの介護が必要だ。「24時間の介護がなければ1人暮らしなどできません」 障害者自立支援法に基づいて、筑後市が日高に給付する居宅介護サービスは ...
新型インフルエンザ対策の今:WHOからの提案、死者数を減らす“社会的隔離”は必須 (媒体での記事掲載終了)
死者数を減らすには“社会的隔離”を実施すべき——。11月17日、東京都福祉保健局が主催したシンポジウムで基調講演を行ったWHO西太平洋地域事務局長の尾身茂氏は、スペイン・インフルエンザの教訓を提示した。
选购螃蟹要“五看” 专用工具有“八件” - 泰州日报 (媒体での記事掲載終了)
凡蟹足上绒毛丛生,则蟹足老健,而蟹足无绒毛,则体软无力;四看活力。将螃蟹翻转身来,腹部朝天,能迅速用腿翻回的,活力强,可保存。不能翻回的,活力差,存放的时间 ...
介護保険の改善を願う関係者のつどいが23日、同志社大学新町校舎で開催され、介護労働者・ヘルパー、ケアマネ、施設経営者、介護家族や介護施設入居者など230人が集いました。主催は、同実行委員会。 記念講演はノンフィクション作家で厚生労働省社会保障審議会介護給付費 ...
認知症の理解深める紙芝居 福岡市、介護職員らが出前公演 「いじめ減にもつながる」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡市内の施設で働く介護職員や学生でつくる「認知症ケアネットワーク ぬちぐすい☆」。29日には福岡市中央区の笹丘公民館で公演する。 「ぬちぐすい」は「命の薬」を意味する沖縄の方言。沖縄出身のリーダー照屋(てるや)広基(ひろき)さん(30)が「認知症の人 ...
【むかわ】道内外へ駆ける「いい爺いライダー」 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
公園の樹木管理、街路樹の剪定(せんてい)、河床しゅんせつの事業(3000万円)を行い、1670人の雇用を見込んでいる。空き教室を改造する特別支援学級設置事業は北光小、清水小、明野小が対象。 福祉灯油は2820万円。高齢者や障害者世帯などを支援する。1世帯5000円。 ...
署名では、「消費税3%の時は福祉に使うからと言ってたのに、ウソばっかり」、「国会はどうなってるんや。迷走麻生さんも小沢さんも私らの生活考えてるんかいな。庶民感覚なし!」などの怒りの声や激励も寄せられました。30分の短時間の取り組みでしたが、買い物客の ...
農作業事故/医学会の研究を生かせ - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
最年少は2歳、最高齢は92歳だった。農作業事故の悲劇の実態を洗い出したもので対策の緊急性を訴えている。 農作業死亡事故は年に400件ほど起き、一向に減らない。負傷者はその100倍ほどとみられる。学会発表のように、中には寝たきりになるなど重い後遺障害が ...
厚労省、介護給付費6月期の実態調査を公表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は21日、介護給付費6月期の実態調査を発表した。全国の受給者総数は、介護予防サービスでは78万2300人、介護サービスでは296万6500人となった。介護予防サービスの状態区分別受給者数は、要支援1が34万1000人、要支援2が43万8700人。介護サービスの状態区分別 ...
鄭さん訴訟控訴 何のための援護法改正か - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鄭さんは釜山で、寝たきり状態の生活をしている。「原告の健康上の不安を考慮して、人道的判断ができないか、国と協議した」(金子原二郎長崎県知事)ことを知ると、なおさらそう思う。 法施行前の現時点で、控訴せず判決を受け入れて鄭さんに手帳を交付すれば、広島県の ...
高齢者の犯罪 孤立させない施策が必要 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
刑務所などでの受刑者の高齢化も進み、広島刑務所や高松刑務所などが手すりやエレベーターを備えたバリアフリー専用棟の建設に着手している。 出所の際は、健康や生活不安などの問題も抱える。何の援護策もなしに社会に出れば、再び犯罪に手を染めてしまう恐れがある。 ...
大沢逸美さん、母親の介護経験語る - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
スミセイさわやか介護セミナー(住友生命社会福祉事業団、岐阜新聞・岐阜放送主催、県、岐阜市など後援)が岐阜市橋本町のじゅうろくプラザで開かれ、女優の大沢逸美さんが11年に及んだ母親の介護経験を通じ、介護する側のサポートなどこれからの福祉に望むことについて ...
日本慢性期医療協会、介護報酬改定は5%以上を要望 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
要望書には介護療養型医療施設について書かれており、2009年度の介護報酬改定について、5%以上のプラス改定を要望している。 1.救急病院からの依頼によって、急性期治療後の患者を受け入れた場合、入院後1カ月に限り1日100単位の急性期受託加算の新設。 2. ...
2008年11月24日()
【ゆうゆうLife】介護 特養で看取るには(中)「いつでも呼んで」に安心感 (1/2ページ) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
できる限り、協力します」 ホームは15年に一時期、看取りを進めた経験があるが、「看護師や介護職の頑張りに支えられた不安定な看取りだった」(佐々木施設長)。夜間・休日は嘱託医を呼べず、医務室長の看護師が何度も夜間に出動した。 その看護師が過労で退職すると、 ...
【ゆうゆうLife】家族の介護、9割以上の人が「不安」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
家族の介護に9割以上の人が不安を感じている-。老人ホームや高齢者住宅を運営する「オリックス・リビング」(東京都港区)が40歳以上の男女1238人に意識調査を実施した。このうち、93%が「家族の介護に不安を感じる」と回答。不安要因として、精神面や経済面、 ...
高齢者のインターネット利用を支援するコミュニケーションシステム - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
顔を見ながらの会話は、認知症ケアへの適用も可能です(*1)。懐かしい写真を使った手書きメモは、高齢者自身による自分史の作成を援助するとともに、回想法(*2)の支援ツールとして認知症ケアへの適用も可能です。 *1 スウェーデンで2006年にスタート ...
要介護者 3年間で4万人急増見通し 在宅医療の充実など 県、来年度から対策へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県の推計で、介護を必要とする県民が三年間で約四万人増え、二〇一一年度には二十一万人を超える見通しになっている。このため県は来年度から、二十四時間体制で往診や訪問看護を実施する在宅療養支援診療所の増設支援や地域の人々がともに支え合う仕組みづくりに乗り出す ...
学研、介護施設に塾併設 10年メド、横浜に1号店 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
学習研究社は小中学生向けの学習塾「学研教室」を併設した介護施設の運営に乗り出す。2010年をめどに横浜市に第1号施設を開設。子育て世代からシニア層まで幅広い世代の利用を見込んでいる。主力の学習塾事業と高齢者福祉事業を一体運営することで、子供と高齢者が交流を ...
不服申請111件たなざらし 後期高齢者医療審 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
審査会は、被保険者代表の県老人クラブ連合会副会長ら3人、保険者代表の佐竹敬久秋田市長ら市町長3人、公益代表の県健康福祉部長ら3人―の計9人で構成し、4月1日に設置された。 事務局の県長寿社会課によると、当初は制度開始後すぐに審査請求があると思い、会長選出 ...
介護の現場リアルに描く 人気漫画の作者が29日に講演 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【鹿沼】介護と福祉の現場をリアルに描いて人気の漫画「ヘルプマン!」の作者くさか里樹さんの講演会が二十九日、市民文化センターで開かれる。鹿沼地区介護支援専門員連絡会と市の共催。同会研修の一環だが、会員以外も聴講できる。 「ヘルプマン! ...
【愛知】 「老後息子頼み」4割 県内調査 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
現役世代への県民調査で「子が親を介護することをどう思うか」と質問したところ、「子が親を介護するのは当たり前」との回答が51%で最も多く、男女比では女性48%に対し男性58%。内閣府による二〇〇三年の全国調査で同様の回答をした男性は53%で、愛知より5 ...
「老後息子頼み」4割 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
現役世代への県民調査で「子が親を介護することをどう思うか」と質問したところ、「子が親を介護するのは当たり前」との回答が51%で最も多く、男女比では女性48%に対し男性58%。内閣府による二〇〇三年の全国調査で同様の回答をした男性は53%で、愛知より5 ...
精神保健福祉考えよう 松本でシンポ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「これからの精神保健福祉について考える」をテーマに、発達障害者や精神障害者らへの地域支援のあり方などを論議した。 日本精神衛生会(東京)と信州大医学部精神医学教室などが主催し、県内の医療関係者ら約二百人が参加した。 県精神保健福祉センター(長野市)の小泉 ...
国の悪政に対し、後期高齢者医療制度の廃止や労働者派遣法の抜本改正を主張しています。 また、宮本市長の実現で、新しい市政を支え、市民と力を合わせ汗を流すことを表明。「槇島保育所の廃園・民営化計画に反対。155人の待機児がいるのに、保育の切り捨ては許せ ...
市と施設が合同の養成講座~「認知症を地域で支えよう」 - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
グループホームなど市内5施設による認知症支援の会が今年2月に立ちあがり認知症の人をサポートしようとサポーター養成講座が行われたが、この取り組みに紋別市が加わり、市民向けの「紋別市認知症サポーター養成講座」が20日、紋別市保健センターで開かれた。 ...
徘徊高齢者 迅速に発見 富山市が来年設置 SOSダイヤル訓練 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
富山市は二十三日、認知症高齢者徘徊(はいかい)ネットワークの模擬訓練を市内の萩浦、大沢野、鵜坂の三地域で実施した。来年一月に設置する緊急ダイヤルを使って実際の運用方法を確認した。 緊急ダイヤルは認知症のお年寄りが徘徊で行方不明になったときに電話すると、 ...
我が家の老老介護その3 - 神奈川新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
18日に包括支援センターへ介護保険適用可否についてケアマネージャー面接。即、介護申請書作成、区役所へ提出方依頼。 11月13日区役所から担当職員来院、家内問診、担当医師と面談。 11月18日付け、「要介護1」の介護認定決定通知受領。 ...
高齢者障害者権利擁護シンポ開催/6日郡山 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
高野範城弁護士(第二東京弁護士会)が「社会的弱者の権利擁護の重要性とネットワークの不可欠性」と題して基調講演した後、福島市渡利地域包括支援センター所長の松崎暁世氏、宮城福祉オンブズネット「エール」副理事長の鈴木宏之氏らが権利擁護ネットワークをテーマに ...
品川区、入所待ちを改善!中学校の空き校舎を改修して特養ホームに! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
特養の定員は80人以上とみられ、認知症高齢者向けにグループホームも設ける。 品川区内では、区立・私立あわせて現在、計7カ所の特養ホームがあるが、約450人の待機者を抱えている。区は「今後、団塊世代の高齢化により、さらに特養ホームの需要は増大すると見込み、小・ ...
2008年11月23日()
【ゆうゆうLife】介護 特養で看取るには(上) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
痛みは抑えられ、お気に入りのスタッフに手を握られ、笑顔で写真に納まった(岐阜県池田町のサンビレッジ、写真提供) “終の棲家”と呼ばれる特別養護老人ホーム(特養)では近年、入所者の要介護度が上がり、看取(みと)りの機能が求められるようになっています。 ...
記者の眼 『東京は豊か』は本当か - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
例えば、認知症の高齢者が少人数で共同生活するグループホーム。都内には二百七十二カ所あるが、定員数は六十五歳以上の人口一千人当たり一・五九人という“狭き門”だ。全国平均は五・一七人。青森県や長崎県は十三人を超え、人件費や地価の高さが壁となり整備が進まない ...
記者の眼 『東京は豊か』は本当か - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
例えば、認知症の高齢者が少人数で共同生活するグループホーム。都内には二百七十二カ所あるが、定員数は六十五歳以上の人口一千人当たり一・五九人という“狭き門”だ。全国平均は五・一七人。青森県や長崎県は十三人を超え、人件費や地価の高さが壁となり整備が進まない ...
記者の眼 メディア 『東京は豊か』は本当か - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
例えば、認知症の高齢者が少人数で共同生活するグループホーム。都内には二百七十二カ所あるが、定員数は六十五歳以上の人口一千人当たり一・五九人という“狭き門”だ。全国平均は五・一七人。青森県や長崎県は十三人を超え、人件費や地価の高さが壁となり整備が進まない ...
景気後退/2兆円の使い道再考しては - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
ニーズが高まる社会保障を見れば、待遇改善が急務な介護従事者(約120万人)の月給を2万円上げるのに必要な費用の年額は2880億円にすぎない。医師確保対策を含む前首相肝いりの「5つの安心プラン」具体化に向けた予算要求額も3890億円にとどまる。 ...
日本看護協会、在宅療養の充実を求め介護報酬改定を要望 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本看護協会は11月17日、介護報酬改定に関する要望を発表した。要望書には、高齢者が安心して在宅療養のできる環境作りが必要とした上で、以下のように要点をまとめている。 第55回介護給付費分科会において、訪問看護事業所の経営が危機的な状況であることが明らかに ...
認知症の高齢者を探す大規模訓練を実施 - 北日本放送 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者を地域で見守るネットワーク作りに向け23日、富山市で、徘徊している認知症の高齢者を探す大規模な模擬訓練が行われました。 富山市がこの訓練を行うのは2回目で、23日は萩浦、大沢野、鵜坂の3地区で行われました。 このうち萩浦地区では認知症の高齢 ...
かつての釜ヶ崎が写真で再現、みんな若くてドヤも安かった - JanJan (媒体での記事掲載終了)
最近は高齢化が著しい釜ヶ崎だが、写真に写っている労働者の多くは働き盛りの年齢に見える。フォークシンガー岡林信康さんの「山谷ブルース」の一節にあるように、「だけどおれ達いなくなりゃビルもビルも道路も出来やしねえ」という世界がそこにはあった。 ...
身内が認知症と診断されることは、その家にとっての一大事だ。しかしそうなることを一番望んでいなかったのは、当の本人である。今回の放送は、認知症という病気とのつきあい方を深く考えさせられるものだった。 今回のゲストは認知介護士・大谷るみ子。 ...
2008年11月22日()
【特報 追う】仙台老人ホーム火災(下)人件費圧縮 当直「不安な夜」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
避難していた入居者も、施設に戻り始めた。33人の重軽傷者を出した火災だったが、消防や他の老健施設関係者らは「被害は最小限に抑えられた」と口をそろえる。ここでは万一の際の防災意識が高かったためだが、多くの同様の施設では様々な事情から必ずしもそうではないよ ...
成年後見や遺言解説 NPO法人が寸劇披露 枝光北市民センター - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
八幡東区の枝光北市民センター(中村玲子館長)は22日、認知症患者らを支える成年後見制度や遺言をテーマにした市民講座「知っていますか?」を開いた。高齢者や市民約30人が参加。寸劇やビデオから制度の意義や手続きを学んだ。 正しい知識を得て、もめ事を避ける ...
山口県、本人の一部負担検討 福祉医療助成 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
この制度は「福祉医療費助成制度」で、重度心身障害者▽母子家庭の母子・父母のいない児童▽小学校入学前の幼児―が対象。医療費の自己負担分の全額を県と市町が折半で助成。本年度は計約十二万人が利用している。 昨年度の県負担額は四十一億八千三百万円。高齢化などに ...
療養病床“受け皿”少なく 北庄内の課題検討 医療と福祉 連携強化へ会合 - 荘内日報 (媒体での記事掲載終了)
北庄内地域は、鶴岡市を中心とした南庄内地域に比べ、急性期を脱した患者の“受け皿”となる療養病床が少なく、慢性期となった患者は一般病床を退院後、在宅・福祉施設に移行し、医療、介護を受けるケースが多い。このため県庄内総合支庁は今回、医療と福祉の関係者が一同に ...
能力評価する仕組みを 介護サービス業でフォーラム - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
「介護サービス業でグッジョブフォーラム」(県産業・雇用拡大県民運動推進本部主催)が18日、那覇市の沖縄産業支援センターで開かれた。「魅力ある職場づくりと働き方を考える」と題して討論者が意見を交わし、採用率は高いものの定着率が低い県内介護サービス業の現状 ...
高齢の方や障がいがある方の世帯を対象とした福祉除雪サービスに、学生が参加 - 札幌大学 (媒体での記事掲載終了)
高齢の方や障がいがある方の世帯を対象に12月1日から始まる札幌市の平成20年度福祉除雪サービスに、地域貢献の一環として、札幌大学から14人の学生が参加します。 このサービスは、札幌市と札幌市社会福祉協議会が実施する地域福祉事業で、12月1日から翌年3 ...
トステム、車いすやベッドの移動が楽になる大開口引戸を発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
... の介護用ベッド(幅:1000mm弱)も移動できるため、高齢者の居室の出入り口に適している。 下枠には、大型戸をしっかり支えてバタつきがなく、安定感のあるVレールを採用。レールは段差4mm、テーパーをつけたバリアフリー設計なので、つまずきにくくなっている。 ...
2008年11月21日()
高齢犯罪者 福祉との連携が重要だ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の犯罪が増加の一途をたどっている。万引など窃盗が多いことは、貧困層の拡大が高齢者にも襲いかかっているといえる。再犯を防ぐためにも、福祉と連携する施策を充実させたい。 少子高齢化によって、この二十年間で、六十五歳以上の人口は約二倍になった。 ...
【特報 追う】仙台老人ホーム火災(上) 重軽傷33人「最小限だった」 コストや法制遅れ…防災なお発展途上 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
老人保健施設 滞在型の老人保健施設には、特別養護老人ホーム(特養)のような自治体や社会福祉法人が設置主体となる施設のほか、有料老人ホーム、グループホームなど、民間主体の施設に大別でき、提供するサービスの種類などによって、さらに細かく分類できる。 ...
夜勤職員の多い老健施設、介護報酬で評価 厚労省が提案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は21日の社会保障審議会介護給付費分科会で、夜勤職員を基準より多く配置している介護老人保健施設(老健施設)について、介護報酬を加算して評価する提案を出した。 老健施設は施設の規模にかかわらず、2人以上の看護職員または介護職員を夜勤に配置することに ...
福祉医療費一部負担も 山口 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
この制度は「福祉医療費助成制度」で、重度心身障害者▽母子家庭の母子・父母のいない児童▽小学校入学前の幼児―が対象。医療費の自己負担分の全額を県と市町が折半で助成。本年度は計約12万人が利用している。 昨年度の県負担額は41億8300万円。高齢化などに伴い、年6000 ...
介護タクシー代詐欺、市幹部不正認識否定 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
北海道滝川市の元暴力団組員夫婦による生活保護費詐欺事件で、介護タクシー代計約6500万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた札幌市のタクシー会社役員板倉信博被告(58)の公判が21日、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)で開かれ、支出を認めた元市福祉事務 ...
「若年性認知症」支援訴える - 札幌テレビ (媒体での記事掲載終了)
「認知症になっても安心して暮らしたい」。患者たちの願いです。 認知症の中でも65歳未満の若さで患う「若年性認知症」の患者を持つ家族が札幌市議会で支援を訴えました。 道内に住む60代前半の男性です。認知症の中でも65歳未満の若さで患う若年性認知症と診断されました。 ...
介護ベッドの手すりで死亡 大阪府の70代女性、経産省 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は21日、パラマウントベッド製の介護ベッドの手すりのレバーに衣服の襟が引っかかり、窒息状態となって、大阪府の70代の女性が今月8日に死亡する事故があったと発表した。 経産省によると、昨年5月に重大事故の報告・公表制度が導入されてから1年半で、 ...
介護ベッドで死亡、11人目 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
経済産業省は21日、パラマウントベッド(東京)製の介護ベッド用手すりで今月、固定レバーにトレーナーの襟が引っかかり、大阪府の70代女性が窒息死する事故が1件起きたと発表した。介護ベッドをめぐっては事故が相次いでおり、昨年5月に重大製品事故の公表が始まっ ...
介護報酬、手厚い夜勤態勢に加算 厚労省が09年度改定で - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
来年度介護報酬改定で厚生労働省は21日、老人保健施設では夜間に国の基準(2人)を上回る介護職員を配置しないと業務が回らない実態があることから、夜勤職員を手厚く配置している施設に報酬を加算する案を、社会保障審議会の分科会に示した。 介護職員の半数近く ...
(11/21)スズキ、燃料電池セニアカー「MIO」を静岡県にリースし共同で実証試験を実施 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在スズキで高齢者用の福祉車両として実用化に向けた開発を行っている。 スズキは、本実証試験において、燃料電池セニアカー「MIO」に加え、既販のセニアカー「ET4D」を同時に運行させ、燃料電池セニアカーの長短所を評価することで、今後の改善につなげていく ...
NPO法人「くらしのネット」がつくったもので、1階はデイサービスセンター。2階からは高齢者向けの賃貸マンションで、バリアフリー、エレベーターもつけた。新たに建てる半分の費用ですんだという。 過剰供給の悪質マンションがある一方で、不足している部分がある。 ...
舛添厚労相、「安心と希望の介護ビジョン」の政策実現へ意気込みを語る - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
舛添厚生労働相主催の有識者会議は20日、2025年の超高齢化社会を見据えて、介護政策の報告書「安心と希望の介護ビジョン」をまとめた。本報告書では、医師や看護師にしか認められていなかった医療行為の一部(たん吸引や経管栄養など)を、介護福祉士が医師や看護師と連携 ...
『食べる喜びを 新・介護食レシピ』 多田鐸介著、斎藤一郎監修 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
フランス料理のシェフを経てフードコンサルタントとして活躍する著者が、おいしく食べやすい介護食を提案する。 裏ごしやすりつぶしなどフランス料理で使う技法は、そのまま介護食に応用できる。オリーブオイルやはちみつなどのアンチエイジング食材を使用。 ...
(11/19)フリーターを介護職員に 厚労省、雇用事業者に助成金 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2009年度にも年長のフリーターを介護職員として雇用した介護事業者への助成制度を始める。25歳以上40歳未満のフリーターが対象で、1人当たり年100万円を1回助成する。就職環境の厳しい年長のフリーターを人材の不足する介護分野に誘導する狙い。19日午前に開 ...
脳内の「善玉」と「悪玉」細胞を見分けるバイオマーカーを開発 - 放医研ニュース (媒体での記事掲載終了)
本研究は、放医研が開発したポジトロン断層撮影 (PET) *2 用トレーサー薬剤 *3 と特異的抗体 *4 を活用して得られた成果で、認知症など高齢化社会が直面する神経疾患の診断および治療法開発に大きく貢献することが期待されます。 本成果は雑誌「Journal of ...
認認介護 という言葉を知っていますか? - JanJan (媒体での記事掲載終了)
番組では、認知症の夫を介護をしていた妻も認知症になってしまったケースと、その逆のケースを取り上げていた。「老老介護」とは別に、深刻な問題になりつつある。 実際、私も今年、目の当たりにしたのである。現在、団地の棟の管理をしているが、今年の8月の猛暑時、 ...
福井県の介護保険情報ページが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ - Security NEXT (媒体での記事掲載終了)
福井県が運営する介護保険の情報ページが不正アクセスを受け、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。同県では修正作業のためウェブサイトを一時閉鎖している。 攻撃を受けたのは、同県が運営する「介護保険なんでも情報発信ホームページ」。11月13日16時 ...
太極拳体操を通じて交流=福島県喜多方市、松江市 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の介護予防策として太極拳体操の普及を進めている福島県喜多方市と、同じ太極拳による健康づくりを推進している松江市は、太極拳を通じて今後交流を深めていくことでこのほど合意した。 喜多方市は、2002年の全国健康福祉祭ふくしま大会で太極拳の会場になった ...