介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年10月20日()
【ゆうゆうLife】介護 続ひとりでも自宅で(中)…自治会バスで外出支援 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
自治会が運行するコミュニティーバスに乗る人々。高齢化が進み、交通手段の確保が課題になっている=川崎市宮前区の県営野川南台団地 足腰が弱り、通院に困る高齢者が増えています。採算の合わないバス路線が次々に廃止され、代わって自治体のコミュニティーバスや、病院 ...
家庭内高齢者虐待69件 前年度比4割増 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
虐待を受けた69人のうち認知症だったのが43人。女性が53人と約8割を占める。年代としては80代が37人と5割を占め、70代が22人、90代も6人いた。 虐待をしていたのは、息子が圧倒的に多く41人。娘、息子の嫁がそれぞれ8人、夫が7人。 ...
市営住宅の空き部屋、高齢者憩いの場に 横浜市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
市営住宅の空き部屋を高齢者らが気軽に集まれる憩いの場にしようと、横浜市は31日、同市瀬谷区の市営住宅「南台ハイツ」に高齢者支援拠点をオープンする。 横浜市瀬谷区社会福祉協議会が南瀬谷自治連合会や地区社会福祉協議会などと連携して運営。高齢者が世間話をし、 ...
恵比寿の旧福祉センターと京都のホテル、入札参加者募集 (媒体での記事掲載終了)
独立行政法人 年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)は、渋谷区恵比寿南3丁目にある恵比寿社会保険福祉センターを入札で売却する。11月27日まで参加を受け付け、12月11日に入札を実施する。最低売却価格は明らかにしていない。
自分流の介護見つける/さわやか介護セミナー - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
自分流の介護を見つけてもらう「さわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団、四国新聞社主催)が20日、香川県高松市番町1丁目の県社会福祉総合センターで始まった。要介護者を抱える主婦や介護士ら約60人が参加。専門家との調理実習を通して、介護食のあり方 ...
高齢者への虐待 増加 - 北日本放送 (媒体での記事掲載終了)
また虐待するのは実の息子がおよそ4割と最も多く次いで夫の順でした。 県高齢福祉課では虐待の件数が増えたことについては通報・早期発見への理解が深まったためとみていて、「ネットワークの構築など市町村の体制整備を促進し、高齢者の支援に取り組んでいきたい」 ...
マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:クレイグ・ブロムリー、本社:東京都調布市、以下マニュライフ生命)は、銀行窓販チャネルのさらなる拡大・拡充に向けた取組みの一環として、変額年金の資産形成機能をベースに、近年高まりつつある介護ニーズにも ...
【問題解答】第11回介護支援専門員実務研修受講試験 保健医療総合(問40~45) - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
第11回介護支援専門員実務研修受講試験の保健医療サービス分野(問40~45)の解答を掲載します。なお、本解答は、CMO編集部が独自に作成したもので、これにより何らかの不利益を被ってもCMO編集部は一切責任を負わないことをご了承ください。 ●問題41 感染症について適切 ...
【問題解答】第11回介護支援専門員実務研修受講試験 介護支援分野(問13~25) - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
第11回介護支援専門員実務研修受講試験の介護支援分野(問13~25)の解答を掲載します。なお、本解答は、CMO編集部が独自に作成したもので、これにより何らかの不利益を被ってもCMO編集部は一切責任を負わないことをご了承ください。 ●問題13 国民健康保険団体連合会 ...
【問題解答】第11回介護支援専門員実務研修受講試験 保健医療分野(問26~40) - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
問題31 認知症について適切なものはどれか。3つ選べ。 1 アルツハイマー病では、さ細なことで涙を流したり、怒ったりする情動失禁がみられやすい。 2 認知症は、臨床症状とCTスキャン、MRI(核磁気共鳴画像)の所見などをもとに診断される。 3 認知症発症の二次的要因に ...
認知症 切れ目ない支援を/奈良市で全国研究集会 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
「認知症の人と家族の会」(京都)は19日、奈良市で、認知症の患者やその家族への支援の在り方を考える第24回全国研究集会を開いた。認知症の早期から終末期まで切れ目のない支援態勢をつくるため、国に対し、ホームヘルパーによる家事援助の改善や若年期認知症 ...
お年寄りの転倒予防 転ばぬ先に、まず実践 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
年をとると足腰が弱くなるのは避けられないが、お年寄りの転倒は骨折などの大けがになりやすく、寝たきりにつながる恐れもある。高齢者はなぜ転倒しやすく、またどのように予防できるのだろうか。「転ばぬ先」の心掛けを紹介する。 (東憲昭) お年寄りにとって、転倒が ...
認知症まず受け入れて-奈良で全国研究集会 - 奈良新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族の会の第24回全国研究集会(奈良新聞社など後援)が19日、奈良市三条宮前町の「なら100年会館」で開催された。認知症医療の第一人者である聖マリアンナ医科大学の長谷川和夫名誉教授の講演などが行われ、1000人以上の市民らが詰め掛けた。 ...
【速報】第11回介護支援専門員実務研修受講試験、問題文全文を掲載 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
問題24 民生委員から、「高齢で認知症と思われる母親と長男の2人暮らしの世帯で、長男がほとんど家におらず、介護放棄の状態のようで心配だ。」と地域包括支援センターに相談があった。センターの社会福祉士が長男と面接すると、「長期出張が多いが、母親は大丈夫だから ...
2008年10月19日()
【ゆうゆうLife】介護 続ひとりでも自宅で(上)住民出資で店舗開設 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
魚のフライやコロッケなどを積んで、高齢者宅を回る「なんでもや」の佐久間憲治店長(右)。安否確認も兼ねている 年をとると、荷物を持って歩くのは大きな負担です。ところが、商店街の衰退と相次ぐバス路線の廃止などで、買い物や通院に困る高齢者が増え、生活上の問題 ...
武蔵野に憩いの場オープン 高齢者 笑顔でくるみ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域の高齢者福祉の拠点となるテンミリオンハウス「くるみの木」が、武蔵野市中町三にオープンした。同市の特定非営利活動法人(NPO法人)「ワーカーズどんぐり」が運営する。フラダンスや太極拳などが体験できる講座を設け、喫茶室も完備した。 ...
最後のタイタニック号生存者、所持品競売に - サンケイスポーツ (媒体での記事掲載終了)
本人の売却希望額の10倍以上を手にすることになり、入居中の介護施設の費用に充てるという。 この女性は、タイタニック号が出航した英サウサンプトン港近くに住むミルビナ・ディーンさん。生後2カ月のとき、米カンザス州に移住するため両親、2歳の兄と乗船して事故に ...
低所得者へ給付金、財務相が検討指示 追加経済対策 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が中心で、65歳以上の低所得者や老齢福祉年金などの受給者、在宅寝たきり老人らに総額約1500億円を給付した。 総務省や国税庁の資料によると、日本の労働力人口のうち完全失業者を含む非納税者は約2千万人(06年)。こうした高齢者以外の非納税者のなかで ...
107歳植村さん死去 滋賀県内最高齢者 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
滋賀県の最高齢者だった107歳の植村ミツヨ(うえむら・みつよ)さん=大津市真野=が18日午後2時40分、肺炎のため大津市の病院で死去した。福岡県出身。通夜・告別式は家族のみで行う。喪主は孫の筒井省治(つつい・せいじ)さん。 県元気長寿福祉課によると、 ...
認知症介護予防へ講座 庄原 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症介護予防講座(庄原市主催)が18日、同市西本町の市民会館であり、約600人が認知症や健康維持の理解を深めた。 介護老人保健施設愛生苑(同市上原町)が認知症予防に効果があるとされるウオーキングについて市民約100人を対象にしたアンケート結果を報告した。 ...
7駅でホームかさ上げ JR牟岐線、年度内に着工 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
残りは、県と沿線の阿南市、美波、牟岐両町が、すべての人にやさしいユニバーサルデザインを推進する観点から、JR四国への補助金として支出する。
「こんな人が医療難民モデル」6パターン――高者の医療と介護シンポ5 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
老健や有料老人ホーム、高専賃で本当に看取れるのか、ヘルパーを使っていて、性格的に介護に向き不向きの人がいるがマンパワーが足りるのかなどを挙げた。 ...
後期医療 独自に軽減策/平良長政氏が政策発表/[那覇市長選2008] - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
療養病床削減計画の中止。妊婦検診と出産費用の軽減。東洋医学の予防医療、健康増進を支援。 (4)子育て支援と教育、スポーツ、文化 学校プール安全管理員の配置復活。小中学校、幼稚園のクーラー整備推進。中学卒業までの医療費無料化。認可保育園の支援拡充、認可外 ...
介護予防知識学ぼう - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象はおおむね50歳以上の市民。受講後は、将来的に市内で高齢者健康指導員としてボランティアや介護予防のサポートスタッフとして活動する。 無料。定員は30人(申し込み先着順)。申し込みは10月31日までに市障害高齢福祉課TEL(931)1111。
まちづくり賞を受賞、釧路のきらり座 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
2008年度北海道福祉のまちづくりコンクールで、釧路市の高齢者による劇団、「くしろゴールデンシアターきらり座」(藤原光政座長)が北海道福祉のまちづくり賞(活動部門)を受賞し、17日に札幌市内で行われた「いきいき福祉2008」で表彰された。 ...
札幌地域労組高齢者施設部会ニュース~悪徳理事長の追放で劇的に健全化 - レイバーネット日本 (媒体での記事掲載終了)
『団結すれば、変えられる』 他の福祉施設から転職して間もない1人の事務員が、ここはなぜこんなにお金が無い施設なんだろ うという素朴な疑問から経営者の不正を疑い、札幌地域労組にメールで相談を寄せたのは昨年の11月 でした。そこから組合結成を目指す女性労働者4名 ...
2008年10月18日()
福岡・大川市のデイケア施設で、入浴介護サービスを受けていた96歳の女性が、ストレッチャーから落下し死亡した。 - FNN (媒体での記事掲載終了)
17日午後2時40分ごろ、大川市北古賀のデイケアサービスセンター「あおぎり荘」で、入浴介護サービスを受けていた大川市の96歳の女性が、ストレッチャーから落下した。 女性は腰などを強く打って、出血性ショックでまもなく死亡した。 警察の調べによると、女性には2人の ...
「この装置でSOS発信」高齢者宅に配備 茅野市坂室区 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
今年度の区の運営の柱にする防災活動と社会福祉活動の一環として取り組んだ。 市内で各世帯に防災無線の受信装置を置く区はあるが、安全を目的に高齢者世帯に緊急用の無線装置を配備したのは初めて。 同区は149世帯、500人余りという規模で、65歳以上が占める割合 ...
介護中に転落、死亡 96歳 入浴ベッドから床に 大川の施設 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡県大川市北古賀の小規模多機能型居宅介護事業所「あおぎり荘」(樺雅博施設長)で17日、通いで入浴介護を受けていた市内の女性(96)が入浴用のストレッチャー(移動式簡易ベッド)からコンクリート製の床に転落、2時間半後に死亡していたことが18日、分かった ...
入浴介護中に転落し女性死亡 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡県の介護事業所で入浴介護中の96歳の女性が簡易ベッドから転落後、死亡していたと県警。 ・ニュースの詳細は徳島新聞でどうぞ。 ・ニュース・情報提供とご意見・問い合わせはE-mail:jouhou@topics.or.jpへ。 ・掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 ...
介護中に転落、女性死亡 福岡、業過致死容疑で捜査 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
福岡県大川市の小規模多機能型居宅介護事業所「あおぎり荘」(富田保所長)で、入浴介護を受けていた同市の女性(96)がストレッチャー(移動式簡易ベッド)から転落、腰などを強く打ち、搬送先の病院で死亡していたことが18日、分かった。県警大川署は業務上過失致死 ...
ロードワイド、挟み込み・押しつぶし防止装置搭載介護ベッドを発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護ベッドの制作・発売を手がけるロードワイドは、挟み込み、押しつぶし防止装置を搭載した在宅介護ベッド「ラグーン1(ワン)」を11月1日に発売する。 ラグーン1は、一般的なリクライニングベッドと異なり、背もたれが85度まで起き上がり、足の部分がベッドの下に ...
長門裕之、介護生活をダブらせ - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
老齢の夫と認知症の兆候が出始めた妻という夫婦を描いた作品。実生活でも認知症の南田洋子夫人を介護している長門は「妻役の有馬(稲子)さんに、私生活の体験をぶつけるように芝居をしたらうまくいった」と、感慨深げに話した。
六郷小「湯切り風呂」が優秀賞 福祉コンテスト - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市六郷小(児童731人)の6年3組の33人が考案した高齢者向け浴槽「焼きそば湯切り風呂」のアイデアが、「福祉機器コンテスト2008」(日本リハビリテーション工学協会主催)の小中学生・高校生の部で優秀賞に選ばれた。コンテストは1989年から毎年行 ...
県社会福祉協議会(菅三郎会長)は12月から、情報通信技術(ICT)を活用した独居高齢者の安否確認事業を一部地域で試験的に実施する。県立大が開発し、川井村で実践されている高齢者安否確認システムを利用。対象者の状態を確認する協力者として、新たに宅配業者ら ...
ガチンコ24時間!3部制セミナー「吹く詩の宴」、千葉で11月8日開催! - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
What’s Compassion?」をテーマに、第1部から第3部まで24時間で開かれる。 第1部は、JA長野厚生連・佐久総合病院で地域ケアに取り組む医師、色平哲郎氏やデイケアハウスにぎやか代表の阪井由佳子氏など、医療、福祉のフィールドからの複数講演。 第2部のライブハウスでは ...
豊浦・幸豊園が手作りの介護用具、ちょっとした工夫 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人幸清会運営の特別養護老人ホーム「幸豊園」(豊浦町豊泉、大久保義広施設長)は、施設利用者の危険防止や利便性向上を図るため、福祉用具にちょっとした工夫を凝らす温かいサービスを提供、利用者から喜ばれている。 リクライニング型の車いすには、車輪に手 ...
高齢者施設入所、お年寄りら積極的に質問 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の生活全般について介護者やお年寄りが自由に意見を交わす「よろず井戸端会議」が17日、京都府大山崎町円明寺の町福祉センター「なごみの郷」であった。 井戸端会議は、介護者のリフレッシュ事業として町地域包括支援センターが毎年開催。 ...
2008年10月17日()
くわえるだけで介護度改善=顔の筋トレ器具、脳血流増加-おむつ、薬が不要に - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
顔の筋肉を鍛える医療器具を口にくわえることで、高齢者の身体機能が改善することが、養護老人ホーム入所者を対象とした研究で分かった。17人中7人は要介護度が改善し、それ以外の人も、日中おむつが取れる、毎日使っていた座薬が不要になるなど、全員に明らかな効果が ...
こんにゃくゼリーメーカーに激励の声殺到 ネットでは販売中止反対の署名活動 (媒体での記事掲載終了)

   「こんにゃくゼリー」で高齢者や乳幼児の窒息死亡事故が相次いでいる問題で、最大手の製造メーカーは、大部分の製造を一時中止することになった。ところが、その直後から「こんにゃくゼリーだけが悪者になるのはおかしい」といった声が相次ぎ、ネットでも販売中止に反対する署名活動が行われ、メーカーにも「普通では考えられない数」の激励の声が寄せられているというのだ。

続きは「J-CASTニュース」へ


最新福祉機器これは便利 札幌で展示会(10/18 01:11) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
最新の福祉機器や介護用品を展示、体験できる「いきいき福祉2008」(北海道新聞社など主催)が十七日、アクセスサッポロ(札幌市白石区)で始まった。十九日まで。 今年で五回目。道内外の関連業者三十六社が福祉車両や車いす、介護用ベッドなどを展示。 ...
認知症拠点まだ11カ所 目標150だが自治体財政難 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
増え続ける認知症の対策として、国が中核施設と位置づける「認知症疾患医療センター」の整備が大幅に遅れている。初年度の08年度中に150カ所設置するのが目標だが、現在11カ所。実施主体となる自治体側の財政難が背景にあり、国の計画実現が危ぶまれている。 ...
女性に多い骨粗しょう症:治療には適切な食事と運動 - サンパウロ新聞 (媒体での記事掲載終了)
ブラジルでは閉経後の三十歳以上の女性に多く、男性では七十歳以上の高齢者のうち一五%がカルシューム不足により骨の量が異常に減少、大根、ごぼうや煮過ぎた豆腐などにできる細やかな穴のすきまのようなものが入り、骨にすが入ったような状態になる。寝たきり老人の原因 ...
由布市の事業者が介護報酬を不正請求 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
行政処分を受けたのは由布市挾間町で居宅介護支援や訪問介護などの事業を行っている大分スマイルサポートです。 ケアプランを作成する会議を開いていないなどの運営基準違反をしながら、居宅介護支援費を全額請求して、250万円の介護報酬を不正に受け取っていました。 ...
介護福祉士養成へコース新設 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島国際大(東広島市)は来年4月、医療福祉学部に介護福祉士養成コース(定員20人)を新設する。社会福祉士と合わせ4年間で2つの国家試験の受験資格取得が可能で、「医療と経済の両面で支援できる人材を育てたい」としている。 講義とは別に、学内演習と学外の福祉 ...
レベンソン)は、2008年10月20日(月)から、中央三井信託銀行株式会社(取締役社長:田辺 和夫)において、介護年金特約を付加したロールアップ年金機能付変額個人年金保険「ブリランテ」の販売を開始します。 近年、ますます長寿化が進み、長期的なインフレ懸念 ...
雲母書房、家族・ケアマネ・介護職のQ&A集「老人介護大発見」を発行 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
第2章は認知症を主題とし、「認知症の方の暴力に困っています」「帰りたいといって出て行こうとします」といった認知症の周辺症状への悩みにも答え、第3章では日常生活上の工夫点や快適に過ごすコツをアドバイス。第4章は寝たきりにならないために日ごろから気をつけて ...
現職ケアマネの半数以上が福祉系、看護系3割弱――高齢者の医療と介護シンポ2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
今後の介護保険制度の課題の中で、高齢者が在宅療養を行う場合の医療・介護サービスの在り方について、在宅療養に必要な医療系介護サービスの導入の推進を訴えた。 2006年10月のシンクタンク調査では、ケアマネジャー従事者10万2099人のうち、介護福祉士と社会福祉士の ...
介護保険料、自治体の6割「余剰」 利用見込み下回る - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
65歳以上の高齢者が市区町村などに納めている介護保険料は、約6割の自治体で使い切れずに黒字となる見通しであることがNPO法人・地域ケア政策ネットワーク(代表理事、大森弥・東大名誉教授)の分析でわかった。サービスの利用が自治体の見込み通り進んでいないため ...
県は16日、盛岡市名須川町の仁王児童センターで、認知症を正しく理解し患者やその家族を温かく見守る「認知症サポーター」の養成講座を開き、創作劇を初披露した。子どもたちが楽しみながら認知症について理解を深めた。本県の子どものサポーター数は全国最多。 ...
高齢者虐待/介護者を地域で支えよ - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
2007年度に高齢者の介護をめぐり、虐待を受けた、または受けたと判断された事例が1万3273件あり、虐待を受けて死亡した高齢者は27人に上ることが、高齢者虐待防止法に基づいて厚生労働省が10月にまとめた調査で分かった。死亡させたのは、すべて家族や親族 ...
登別・千寿会が障害者グループホーム建設、3月完成へ - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
登別市中登別町の三愛病院などを運営する特定・特別医療法人社団千寿会(千葉壽良理事長)は、同町内に障害者グループホームを建設する。平成21年3月の完成、4月からの入居開始を予定している。 同法人は高齢者グループホーム「プラタナス三愛」と、女性を主体にした ...
市長が保育所訪れ職員の労ねぎらう/高松市 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
市長の慰問はこれまで障害者福祉施設や高齢者施設が中心だったが、保育所側から「児童福祉施設も訪問してほしい」と要望があり、今回初めて実施した。 このうち、同市春日町の春日保育園(野町文枝園長)では、園児や職員約180人が市長をお出迎え。 ...
秋吃螃蟹注意啥 - 黑龙江新闻网 (媒体での記事掲載終了)
蟹的颜色要青背白肚、金爪黄毛;个体要大而老健;肚脐要向外凸出;蟹脚上要蟹毛丛生;动作要敏捷活跃。符合这五条的才是新鲜的好蟹。 蒸煮蟹最安全生吃、腌吃或醉吃螃 ...
2008年10月16日()
厚労省、基調講演で「12月下旬に報酬改定率固める」――鈴木老人保健課長 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省老健局老人保健課長の鈴木康裕氏が「介護保険制度の現状と課題」と題し、基調講演を行った。 鈴木氏は、12月下旬に介護報酬改定率を固め、2009年度予算案政府案閣議決定との介護報酬改定に向けた今後のスケジュールを示した。また、4月に診療報酬改定が行われたこと ...
育児、掃除、介護、エステ… 「暮らし応援」産業を紹介 18日県が体験フェア アクロス福岡 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
会場には、掃除のプロが自宅に来てくれる宅配クリーニング▽在宅介護のアドバイス▽気持ちを落ち着かせるアロマ講座▽ピラティス▽子育て相談会‐などのブースが並び、子どもたちによるダンスショーや留守番ロボットの展示・体験コーナーもある。TVQの子ども向け情報 ...
福祉予算の水準維持求め要望書 嘉田知事に滋賀県検討委 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
検討委員会などは嘉田知事に対し、福祉分野での人材確保と定着などが課題となっていることを挙げ、柳田勉委員長らが「高齢化で介護施設などで人材が不足する。長期的に対応を考えてほしい」と話した。 嘉田知事は、財政難を受け、道路や河川など公共事業分野で事業費の ...
菅原 陽子さん 片平在住 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
先日も様々な活動の拠点である修廣寺を舞台に「落語の会」を開催し、多くの高齢者の笑顔を作った。「このすこやか活動は、寝たきりや閉じこもりの人を作らないように、地域のみんなが協力し合って何かできないか、という所から始まった。楽しい話を聞いて大声で笑うことの ...
寝ている人を座位まで起こすコツ――古武術介護セミナーレポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
10月7日に開催された「古武術介護」のセミナーでは、介護職80名が参加し、筋力に頼らず自分や相手の体重をうまく利用した介護技術の習得に挑戦した。講師はケアマネジャーや介護福祉士の経験を持つ岡田慎一郎氏。セミナー後半では、介護現場で困難事例として扱われる姿勢 ...
2008年10月15日()
【ゆうゆうLife】セミナー「認知症の財産管理」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症になっても財産を守るコツを知るセミナー。10月24日(金)と12月5日(金)の2回、いずれも午後2~4時、東京都杉並区の認知症介護研究・研修東京センター2階大会議室。 10月は、弁護士の中山二基子さんが「老いに備える」と題した基調講演を行い、老後 ...
社協事業所が不正受給 介護報酬 架空プランで30万円 歌志内(10/16 07:56) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【歌志内、砂川】歌志内市社会福祉協議会が同市から受託運営している居宅介護支援事業所「歌志内市ケアプラン相談センターチロル」(木津川純子所長)が、虚偽の介護計画(ケアプラン)を作成し、約三十万円の介護報酬を不正受給していたことが十五日、分かった。 ...
後期高齢者高額療養費算定ミス 県内も8600人 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
後期高齢者医療制度の高額療養費の払い戻しをめぐり、還付不足や過払いなどの算定ミスが生じ、佐賀県内でも約8600人に影響が出ていることが分かった。4-6月までの3カ月間の申請分で、支給不足が3661人(計約35万円)、過払いが4932人(計約5万円)だっ ...
福祉医療費助成削減など盛り込む 滋賀県、収支改善案で歳出抑制へ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉医療費助成では、乳幼児分で保護者の所得制限額を年570万円から339万円に引き下げ、助成対象世帯を絞り込む。 また65歳から69歳で住民税が非課税になっている低所得の高齢者や1人暮らしの高齢女性などの自己負担額を医療費の1割から2割に拡大。 ...
バリアフリー工事、本格着工 - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし、エレベーターなどはなく、車いすやベビーカー利用者、高齢者の通行に支障を来すとして、バリアフリー化が要望されてきた。2002年度には県と市、地元商店街などで懇談会を設置。階段のスロープ化やエレベーターの設置なども検討されたが、「ロ」の字型の横断歩道を ...
厚労省、介護報酬の地域差や単価設定を検討――第56回介護給付費分科会 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は9日、第56回の社会保障審議会介護給付費分科会を開催した。第56回は、介護従事者対策をメインとして、介護報酬の地域区分の見直しや、介護従事者のキャリアアップの仕組みなどを検討した。まず、介護報酬の現状として、介護事業経営実態調査結果から、地域 ...
ねんりんピック健闘を誓う - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
会田鋭一郎県社会福祉協議会長は「健康で社会に役立つ、生きがいを持った高齢者であろう。大会での経験を地域に還元してほしい」とあいさつ。高橋節県健康福祉部長が団長の佐藤弘同協議会常務理事、旗手を務める鈴木房子さん(70)=山形市、太極拳=に県旗を授与した。 ...
それぞれ企業に勤めるビジネスパーソンを対象とした検定試験だったのだが、福祉住環境コーディネーター※検定試験では様子が違った。主婦や学生、高齢者の受験者も多く集まったのだ。そして、そうした人々が合格すると、それぞれが住んでいる地域で独自にグループを作り、 ...
全国養護福祉会に業務廃止命令=介護の保険業者、債務超過500億円 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
関東財務局は15日、介護関連の保険を扱う無認可共済(特定保険業者)の全国養護福祉会(東京都新宿区)が500億円程度の債務超過の状態にあり、事業継続が困難と判断、業務廃止命令を出した。将来の保険金支払いに必要な責任準備金の大幅な積み立て不足が判明して ...
江別市内の2施設慰問 北都プロレス近藤選手ら(10/15 14:18) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【江別】道内を拠点に活動するプロレス団体「北都プロレス」(札幌、クレイン中條代表)が十二日、市内の福祉施設を訪れ、高齢者たちと交流した。 北都プロレスは道内各地を巡業するかたわら、福祉施設などの慰問に積極的に取り組んでいる。 この日は、中條代表や江別出身 ...
【’08知事選】介護の人材不足深刻 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士の滝沢かおるさん(32)は「温かいうちに食べてみませんか」と、入所者の女性に声をかけた。朝食のトレーを前に、女性は頭を垂れて眠り始めていた。30秒後、別のテーブルへ向かった。 滝沢さんはほかの2人の職員と入所者約20人の食事をみている。 ...
社福法人が介護士養成 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長岡、燕、出雲崎の3市町で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人「長岡三古老人福祉会」(長岡市)は来春、介護福祉士養成の専門学校を設立する。約70の事業所と1千人の職員を抱える社会福祉法人ならではの強みを生かして特色ある教育課程を組み、人材育成を ...
介護予防へ世代間交流 三田のグループ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や家族らを対象に、介護予防などの体操に加え、雑談で世代間交流を図る。メンバーは「住み慣れた地域で、元気に暮らしてもらう助けになれば」と話す。(横田良平) ルースは昨年五月、神戸市北区の特別養護老人ホームで働く社会福祉士の坂本裕樹さん(28)= ...
群馬県の居宅介護支援事業所が指定取り消し - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
群馬県は、アローズケア・サポートが運営する居宅介護支援事業所「オアシス」の介護保険法による指定を10月15日付で取り消すことを発表した。 オアシス(群馬県太田市 ...
自家用車で要介護者ら有償移送 一宮のNPO、通院を手助け - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護者や障害者ら移動が困難な人たちの通院の手助けを主な目的に、一宮市のNPO法人「一宮ボランティアグループリーダーの会」(VGL)が、ボランティアの自家用車で有償の移送サービスを始めた。積極的な利用を呼び掛けている。 福祉や市民活動の活性化を目指して ...
宇治田原福祉バス、カラフルに発車 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
緑色の車体や窓に、かわいい山や虫、花、太陽などがカラフルに描かれ、「自然豊かな町のイメージ」をアピールしている。 バスは、定員21人の小型低床型で、車いすでの乗り降りも可能になるなど高齢者や障害者にも配慮した。 同町の福祉バスは、2002年4月から運行。 ...
世代超えて交流 高齢者に活力 京のグループで増加 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
来年にはNPO法人(特定非営利活動法人)に認証される予定で、山岡代表は「若者と高齢者の連携を深め、まちづくりに役立つ活動をしたい」と意気込む。 老人福祉施設でも世代を超えた交流が進みつつある。上京老人福祉センターでは、施設利用者が児童と一緒にカイコを ...
2008年10月14日()
人として当たり前のことが介護保険ではまかなえていない――日米認知症シンポ4 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
10月4日に開催された日米の認知症ケア専門家による公開シンポジウムでは、パネリストとして新潟県の高齢者総合ケアセンターこぶし園の施設長、小山剛氏が、尊厳と連続的な生活の保障について語った。 認知症の人を対象にしたグループホームやデイホームを運営する小山氏 ...
仕事中でも職員がメール!アメリカ施設長の改善策――日米認知症シンポ5 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
10月4日に開催された日米の認知症ケア専門家による公開シンポジウムでは、認知症ケアへの取り組みがポスター形式で展示され、200名以上の来場者でにぎわった。シンポジウムでは、アメリカでデイセンター所長を務めるベス・スペンサー氏がデイサービスのプログラムを紹介 ...
老健の役割が変わった - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人保健施設(老健)は、介護保険の中の施設サービスの一つである。老人福祉施設(特別養護老人ホーム=特養)、介護療養型医療施設(療養型病床群)と並ぶ重要な施設だ。 特養は寝たきり、療養型病床群は病状が安定しているが長期療養が必要な高齢者を対象としている ...
2008年10月15日 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
いつのまにか会員らの側も六十-八十代と高齢になったが、「入所者に『一緒にがんばろう』と伝えたい」と、活動への意欲は尽きない。 (北川成史) 会の誕生は一九七八年十一月。当時、老人ホームが増えてきたことから、都の福祉関係の職員ら有志数人が「自分たちができる ...
サイバーダイン 介護・福祉施設に装着型ロボリース - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
HALは、体を動かす際に脳から皮膚に伝わる電気信号を検出し、モーターで高齢者や障害がある人の歩行を補助。バッテリーで約1時間利用できる。 リースは大和ハウスのグループ会社が、介護・福祉施設のみを対象に行う。片脚タイプは5年リースで1カ月15万円、両脚 ...
新型「つばさ」公開 バリアフリー配慮 利府 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
新型車両は秋田新幹線こまちと同型のE3系を元に開発し、最高速度は275キロ。JR東日本の新幹線では初めて普通車の一部の座席に電源コンセントを付けた。 電動車いすに対応したトイレや、高齢者に見やすいフルカラーの大型案内装置も設け、バリアフリーにも配慮。 ...
夕張社協につえ100本 足が不自由な群馬の67歳・本多さん(10/15 01:43) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【夕張】事故で両足を切断後、全国の高齢者に手作りのつえを贈っている群馬県藤岡市の無職本多一助さん(67)が十四日、夕張の市社会福祉協議会に、つえ百本を贈った。 本多さんは十七歳で労災事故で両足切断後、工場勤務のかたわら車いすで障害者施設などの慰問を開始 ...
地元の味受け継ぎたい 蒲郡で福祉団体が干物店を開業 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同町で生まれ育った小田さんは「子どものころは当たり前だった魚を干す光景が見られなくなって寂しい」といい、高齢化や後継者不足で廃れつつある干物づくりの伝承を目指す。 漁港のすぐ近くに構えた二階建ての店舗兼作業場は、日本財団の補助金などを受けて小田さんの ...
個人情報含む介護保険事業者の届出書を放置し紛失 - 岐阜県 - Security NEXT (媒体での記事掲載終了)
岐阜県は、介護保険指定事業者から提出された届出書4件が所在不明になっていることを明らかにした。書類には個人情報が記載されているという。 所在が不明になっているのは、介護保険指定事業者が介護保険法の規定に基づき県に提出する「変更届出書」で、9月4日に所在不明 ...
介護保険料誤徴収160件に=15日の年金天引きで-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は14日、年金から15日に天引きされる介護保険料の特別徴収10月分について、全国で160件の誤徴収が生じると発表した。同省は、誤徴収となることが判明した市町村に対し、該当者に謝罪した上で返金するよう要請した。 同省によると、介護保険料を年金 ...
介護保険料、15日に160件の誤徴収 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は14日、市町村や社会保険庁が介護保険料の年金天引きを中止する処理を誤ったことなどから、本来は天引きされない160人分の保険料が15日に誤徴収されると発表した。 市町村が対象者の氏名や基礎年金番号などのデータ入力を誤ったため正常に処理されなかった ...
介護保険料も年金天引きで誤徴収 160人 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は14日、本来なら年金から介護保険料が天引きされない高齢者160人について、社会保険庁や地方自治体が保険料の徴収停止措置を取らない事務ミスがあったと発表した。 160人は新たに生活保護の受給者になるなどしたため天引きは必要ないが、15日の年金 ...
民営化のこくぶんじ荘/善通寺の「純心会」に移管 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高松市は14日、来年4月からの民営化を決めている介護老人保健施設「こくぶんじ荘」(香川県国分寺町新名)の移管先法人について、香川県善通寺市中村町の医療法人社団「純心会」(前田隆史理事長)に決定したと発表した。譲渡予定価格は4億100万円。12月定例議会 ...
アメリカでも医師不足で認知症問診は20分!――日米認知症シンポレポート3 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日米の認知症ケア専門家による公開シンポジウムが、10月4日に東京大学で開催された。アメリカのミシガン大学神経科准教授のナンシー・バーバス氏が、プライマリーケア(最初にかかる医療機関での基本的・総合的な診療)における認知症ケアについて講義した。 ...
成年後見制度を学ぼう - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
講座は計3回で、高齢者福祉、介護関係者や民生児童委員、成年後見制度に関心がある市民らが対象。司法書士、行政書士から、認知症高齢者や知的、精神障害者など判断能力が不十分な人を保護する成年後見制度を学ぶ。 11月9、23日、12月7日の午前10時―午後5時で、計18 ...
「ねんりんピック鹿児島2008茨城県選手団」結団式 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
また、保健福祉部長からの「激励のことば」を受け、ゲートボールに出場する本県選手団の中で最高齢者の川村アイ選手(87歳)が、「茨城県代表として、日頃の成果を思う存分に発揮してきます。」と力強く選手宣誓を行い、健闘を誓いました。 第21回全国健康福祉祭かごしま ...
大正~昭和 祇園祭や新京極の映像 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
集まった約4千人の高齢者が、生き生きとした表情で映像を見入っていた。 95年に経験した阪神大震災でも、昔話をすると表情が和らぐお年寄りが多かったこともあり、昔の映像は「財産」と思うようになった。上映会の傍ら、放置していれば埋もれていく映像を募り、 ...
タウンページ冊子版とネット版の利用方法に大きな違い - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
一方、「インターネットタウンページ(iタウンページ)を知っているか」との問いには、68.7%が「知っている」と回答。iタウンページを知る人に、最もよく調べるジャンルを答えてもらったところ、「グルメ」が18.6%、「医療・健康・介護」が10.7%と、用途に冊子版との ...
2008年10月13日()
社会福祉の分野で優れた功績を挙げる個人や団体に贈る「平成20年度社会福祉表彰(知事表彰)」の受賞者に須坂市村山町の宮沢十郎さん(84)が選ばれ、4日に県松本文化会館で表彰を受けた。 今年度は46の個人と団体が受賞した。宮沢さんは高齢者福祉分野で受賞。 ...
男性介護者の会(ぼだい樹の会)例会でちょっと感動しました。 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
先日、東川町の男性介護者の会(ぼだい樹の会)の例会が開かれました。 東川町で奥様の介護をされている男性18人の方と支援者がこの会の会員です。 ご苦労話、相談事等を積極的にお話しを頂いています。 にこやかな顔で「楽しく介護してます」と話された時は参加者一同 ...
農業や福祉、建設業進出促す - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
具体的な分野は、耕作放棄地の増加や過疎高齢化が進む農業、福祉などを想定する。初会議には、農業参入した建設3社で先行的に組織化した奥出雲町の協議会などが参加する。 地域が抱える課題は多様なため、市町村単位で建設業者の地域協議会設立を促し、ニーズ把握や事業 ...
歩行中の死亡事故、時間帯に特徴 - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
年齢層でみると、18人中15人が60歳以上で、高齢者の割合が目立ち、大半が道路を横断中だったという。 午後4時から同6時59分までは犠牲者10人中、9人が女性。9人のうち買い物の行き帰りが5人で最多、次いで近所などへの訪問が2人。散歩中、徘徊(はいかい)がそれぞれ1人 ...
まだまだ日本では病院で死ぬのが常識――日米認知症シンポレポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
上位から東京、大阪、神奈川の順で続き、昔は地方で高かった高齢化率が現在は首都圏などを始めとする都市部において急増しており、今後20年間は介護サービス量も増加するが、高齢者の住まいの対応も必要だと訴えた。 また、小規模多機能やグループホーム、共生ケアなど ...
2008年10月12日()
『観山荘』 渋川市に売却へ 伊香保温泉再生で県 建物解体し広場整備 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
(中根政人、山岸隆) 「観山荘」は一九五七年から、県社会福祉協議会が県から施設を借り受ける形で経営してきた。宿泊料金は、県補助で高齢者や障害者などは一泊につき五百円割引としているが、宿泊客の減少で赤字経営が続いており、二〇〇五-〇七年度の年間赤字平均額 ...
ダブル選、病院新築が課題 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
「計画がずさん」「無駄遣い」と憤る住民もいた。 財政難の要因の一つに、04年の合併時に旧4町から引き継いだ借金がある。漁港整備、公共下水道など産業基盤や生活基盤に不可欠な大規模事業のツケが、新町に覆い被さった。 医療、福祉は高齢化が進む島にとっては何よりの ...
「介護疲れで…」夫を刺した83歳妻逮捕 北海道・北見 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
北海道警北見署は12日、夫を包丁で刺したとして殺人未遂の現行犯で、北見市常呂町の無職、柳谷初子容疑者(83)を逮捕した。 調べでは、柳谷容疑者は午前2時半ごろ、自宅で夫の清武さん(86)の左胸を包丁で刺し殺害しようとした疑い。「介護疲れで、夫を殺して ...
快適な高齢者住宅へ法改正 自治体が整備計画を策定 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護者や高齢者だけの単身、夫婦世帯が今後どれだけ増えるかを推計し、介護施設の整備状況を見ながら、公営住宅や民間の高齢者向け賃貸住宅整備の数値目標を設定。持ち家や賃貸住宅のバリアフリー化目標なども検討する。
講談で分かりやすく - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
参加者は高齢者らの暮らしの安全を見守る制度の仕組みを、講談の話芸で分かりやすく学んだ。 成年後見制度は2000年に始まった国の制度で、判断が不安になったお年寄りの財産管理などに後見人を設けることができる。10日は福祉施設などの社会福祉従事者、11日は市 ...
殺人未遂で83歳の女性を逮捕 介護疲れと供述 北見(10/12 10:52) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
柳谷容疑者は「介護に疲れた。夫を殺して自分も死のうと思った」と供述している。 清武さんは一週間ほど前に風呂場で転んで歩行困難となり、柳谷容疑者が世話をしていたという。家族からの119番通報で、発覚した。
2008年10月11日()
【断 久坂部羊】「後期高齢者」で何が悪い - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
後期高齢者医療制度は、まずそのネーミングが問題になった。しかし福祉の分野では、以前から75歳以上の人は「後期高齢者」と呼ばれていた。それが医療の世界に持ち込まれたとたんに、大きな反発を呼んだのはなぜか。 「後期だなんて、早く死ねといわんばかりだ」という ...
[問] 傷つけずに認知症を自覚させるには? - オーマイニュース (媒体での記事掲載終了)
体はしっかりしており、車を運転して外出していますが、最近認知症が出てきたようです。傷つけずに自覚させるにはどうしたらいいでしょう?(60歳、女性) そんなの無理です。無茶言わないで下さい。なんでも聞けばいいってもんじゃないでしょう。 ...
【NNNドキュメント】大切な人の記憶が失われるとしたら、あなたはどう支えますか? - テレビドガッチ (媒体での記事掲載終了)
建築資材を扱う会社の営業課長だった47歳の時 「若年性認知症」を発症。最初の症状は、毎朝通っていた職場への道順がわからなくなったこと。 次第に仕事の手順や内容を忘れ、同僚や取り引き先とのトラブルが頻発。 52歳で退職した。俊二さんの記憶は今、急速に失われている ...
道都大出身の宮崎直人さん、紋別のセミナーで講演~「認知症はその人の一部分」 - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
市内や近郊のケア施設から多くの関係者らが参加。北海道認知症高齢者グループホーム協議会副会長の宮崎直人さんの示唆に富んだ話に熱心に耳を傾けた。 グループホームだんらんのオープン5周年を記念して開催したもの。事業者の垣根を越えたグループホーム間の連携が密に ...
医療保険料 15日に年金から誤徴収 川口、川越、滑川で手続きミス - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は十日、本来なら医療保険料を天引きされないのに今月十五日の年金支給日に、社会保険庁や自治体のミスで誤って天引きされる高齢者が約一万八千人に上ると発表した。県内では川口市、川越市、比企郡滑川町で誤徴収が発生する。このうち自治体のミスによるのが十 ...
認知症の父殴られ重体、長男を逮捕 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
徳島東署は10日、認知症の父親を殴って意識不明の重体にしたとして、傷害の疑いで、徳島市八万町内浜、無職川島晃容疑者(51)を逮捕した。 調べでは、川島容疑者は10日午前11時半ごろ、自宅で、介護中の父是義さん(85)が着替えに応じないことに腹を立て、 ...