介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年10月10日()
全国老人保健施設協会「家庭から高齢者虐待をなくそう」パンフ作成 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
また、虐待が認知症を要因とする事例が全体の6割を超えているとし、認知症とは何か、認知症患者への虐待のリスクなどを解説。巻末には「私の行為は虐待?」「誰かに聞いてほしい」という悩みに答える都道府県の相談機関を掲載した。
後期高齢者医療見直し 発言先行、舛添流 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
こうした聞こえのよい発言の一方で、費用負担をどうするかは曖昧(あいまい)だ。6日の衆院予算委員会で現在5割の公費割合を「長期的には増やさないといけない」と答弁。その後は福祉目的税の検討に言及、10日の会見では「公費負担の全体の議論になる。 ...
現在、町内でも児童や高齢者に対する育児・介護放棄や身体的虐待などが発見されており、さまざまな機関が協力し合い、支援・対応を行っています。 また、認知症による徘徊などに対してあさぎり町SOSネットワークを整備し、行方がわからない場合の早期発見に努めてい ...
福祉の「すき間」埋める/那覇の生活支援団体「愛さん会」好評 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者、介護が思うようにできない家庭などに対し、家事や介護の手伝い、外出の付き添いなどの援助を有償でする那覇市の民間団体「愛さん会」(渡久地ヨシ子代表)の活動が好評だ。もともと子育て支援の活動をしてきたメンバーらが、家事や介護などの援助を求める ...
西川ヘレンさんが多重介護体験語る 岡山 - 岡山日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
タレントの西川きよしさんの妻、西川ヘレンさんが8日、岡山市内で開かれた県総合社会福祉大会で講演し、多重介護についての体験談を披露し、約1500人が聞き入った。 西川さんは、高齢の実母と義父母の多重介護の体験から「丁寧にお世話や話をしてあげると、ねぎらい ...
エンターテイメント・プレイヤーと社会福祉施設を結びつけるマッチング ... - Techinsight japan (媒体での記事掲載終了)
老人福祉施設や高齢者障害施設などの社会福祉施設側も利用者に娯楽やエンターテイメントを提供するための費用をできるだけ抑えようと、日々努力を重ねているのが現状だ ...
札幌市が「新バリアフリー構想」素案 重点整備地区、53カ所に(10/10 14:16) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市は九日までに、障害者や高齢者が移動しやすいように道路や施設を改善する基本方針「新・札幌市バリアフリー基本構想」の素案をまとめた。重点整備地区を現行の三カ所から、地下鉄とJRの駅周辺計五十三カ所に拡大し、段差解消や点字ブロック設置を進める。 ...
ウエルシア関東、薬剤師の入社研修に介護施設での体験制度を導入 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
ドラッグストア大手のウエルシア関東は、薬剤師として入社した社員に、介護施設での社員研修を導入した。研修は1週間、介護の現場を体験することにより介護職の苦労や施設の現状を知り、ホスピタリティを学ぶ目的で実施される。 研修先は、業務提携するウィズネットの運営 ...
悪徳商法に注意を - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
府と府肢体障害者協会が主催する「家庭リハビリ講習会と福祉研修会」が9日、京都府向日市寺戸町の市福祉会館で開かれた。乙訓2市1町や亀岡市などから障害者ら約80人が参加し、専門家の講演に耳を傾けた。 向日市障害高齢福祉課の職員2人が「生活のなかでの ...
エンターテイメント・プレイヤーと社会福祉施設を結びつけるマッチングサイト「eスタンバイ」のサービス開始 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
一方、老人福祉施設や高齢者障害施設などの社会福祉施設側も利用者に娯楽やエンターテイメントを提供するための費用をできるだけ抑えようと、日々努力を重ねているのが現状です。これらの状況を考慮し、両者の課題を解決するために登場したのが『e スタンバイ』です。 e ...
ねんりんピック出場の県選手団が 静岡で結団式 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者がスポーツや文化イベントを通じて交流する「ねんりんピック鹿児島2008(第21回全国健康福祉祭かごしま大会)」に出場する県選手団の結団式が9日、静岡市葵区の県総合社会福祉会館であった。 今大会は、鹿児島市などで25-28日に開催。 ...
エンターテイメント・プレイヤーと社会福祉施設を結びつけるマッチングサイト「eスタンバイ」のサービス開始 - ValuePress!(プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
一方、老人福祉施設や高齢者障害施設などの社会福祉施設側も利用者に娯楽やエンターテイメントを提供するための費用をできるだけ抑えようと、日々努力を重ねているのが現状です。これらの状況を考慮し、両者の課題を解決するために登場したのが『e スタンバイ』です。 e ...
全国高齢者ケア協会、「施設ケアマネジメント研修会」開催――東京11月8日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
プログラムには全国高齢者ケア協会の鎌田ケイ子氏による「ケアプラン作成とモニタリング」、上川病院の井口昭子氏による「抑制廃止」、老健施設ひむか苑の浜砂貴美子氏 ...
高齢者虐待 支援の連携強め悲劇防げ - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚労省が調査した〇七年度末時点の市町村における高齢者虐待防止のための体制整備では、対応の窓口の設置や、住民への周知はほとんどの市町村で実施済みという。だが、本当に利用しやすいか、あらためて確認してみる必要があろう。地域住民や福祉、医療、警察、 ...
2008年10月09日()
筋力アップで転倒予防 千葉で高齢者向け講座 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が寝たきりになる3大要因の一つといわれる転倒を防ごうと、千葉市文化センターは、「転倒予防講座」(日本ストライカー社主催)を開き、筋力の衰えなど体に不安を抱える市内の高齢者らが参加した。 講座では転倒予防運動指導士が「ふらつきを減らし、しっかり歩く ...
高齢者住宅市場 政府も支援検討 各社、新たな収益源狙う - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
住宅メーカーや建設会社が、高齢者用に十分なバリアフリー対策などをほどこした「高齢者住宅」市場に乗り出している。社会の高齢化が進む中、各社はニーズを先取りし、新たな収益源に育てたい考えだ。 竹中工務店は、顧客企業の遊休地を再開発し、高齢者住宅として活用 ...
大船渡市立第一中学校で保護者対象に給食試食会 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
午後からは、中学生らを対象にした認知症サポーター養成講座が体育館で行われ、県立高田病院の石木幹人院長の講話と気仙呆け一座による劇が上演され、認知症への理解を深めるなど、盛りだくさんの一日だった。
県災害ボランティアセンターきょう設置 成年後見支援センターも - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
和歌山県社会福祉協議会は10日、災害時のボランティア活動を調整する「県災害ボランティアセンター」と、障害や認知症などにより判断能力が不十分な人の財産管理などを行う成年後見制度の活用を進める「県成年後見支援センター」を、和歌山ビッグ愛7階(和歌山市手平) ...
生きている時間の速度が違うのでは - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡市で介護施設「第2宅老所よりあい」を運営する村瀬孝生さんは、生粋のゆるやか派。会うのは5年ぶりだが、近況を語る口調は変わらず、優しいさざ波のようで心地よい。 昨年、施設を新築した。介護報酬のマイナス改定が続き、どこの施設も苦しい経営を強いられる中 ...
「福祉バス」新ルート運行から半年 利用者少なく課題浮上 みやま市 今月から改善に着手 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
みやま市が運営する福祉バスは、旧3町の合併前から続いていた路線を広域的な4ルートに変更してから半年が過ぎた。高齢者や障害者が無料で利用できる貴重な交通手段だが、利用者は1日1台当たり15‐29人と少なく、空席が目立つ。市は使い勝手をよくするために今月 ...
中古住宅購入ローン、0.3%優遇へ 平成21年度から実施 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の進展で、新築住宅に対するニーズは今後減少すると予想されている。中古住宅はリフォームや増改築など新たな需要創出が期待でき、購入時の負担を減らす優遇策を導入することで、中古住宅の流通を促進する。 優遇対象とするのは、住宅金融支援機構が提供して ...
介護報酬改定、へき地に加算を提案 厚労省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は9日、来年度の介護報酬改定に向けて、へき地や中山間地などで訪問・通所サービスを提供する事業所に対して報酬を加算する案を社会保障審議会介護給付費分科会で示した。 へき地や中山間地、豪雪地帯では利用者が離れた場所に住んでおり、事業者は山道などを ...
大和ハウス、ロボットスーツのリース開始 介護、福祉施設向け - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大和ハウス工業は10日から、同社が出資するベンチャー企業、サイバーダイン(茨城県つくば市)が製造するロボットスーツ「HAL」を介護施設、福祉施設向けにリースする事業を開始する。初年度は首都圏、関西圏で年間500台の利用を目指す。 ロボットスーツは、人が ...
へき地や豪雪地に介護報酬加算 厚労省、審議会に提案 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
来年度の介護報酬改定で厚生労働省は9日、へき地や中山間地域、豪雪地帯で介護サービスを提供する事業所に対し、報酬を加算する方針を社会保障審議会の介護給付費分科 ...
黒石中で福祉体験講座 - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了)
黒石中(中村清澄校長、三百九十二人)で八日、福祉体験講座があり、全校生徒が手話や点字の基本、車いすの介助などを教わり、自分たちでできるボランティア活動について考えた。高齢者や障害者の声を聞き、体を動かすことで、困っている人の支援ができるようになって ...
2008年10月08日()
介護士など派遣 比議会が承認 - NHK (媒体での記事掲載終了)
フィリピンの介護士などを日本に受け入れることを盛り込んだ両国のEPA=経済連携協定が、8日、フィリピンの議会で承認されて近く発効することになり、来年にもフィリピン人の介護士や看護師が日本の介護の現場などで働く見通しとなりました。
相次ぐ健保組合の解散 サービス消え募る不安 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
文具業男性の場合は、自分の会社が同業他社とつくる健保組合に独自の高額療養費付加金制度があり、本人負担がさらに軽減されていた。だが、その健保組合も今年三月末に解散。付加金を受けられなくなった。男性は「高額な医療費がしょっちゅうかかるわけではないが… ...
相次ぐ健保組合の解散 サービス消え募る不安 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
文具業男性の場合は、自分の会社が同業他社とつくる健保組合に独自の高額療養費付加金制度があり、本人負担がさらに軽減されていた。だが、その健保組合も今年三月末に解散。付加金を受けられなくなった。男性は「高額な医療費がしょっちゅうかかるわけではないが… ...
フィリピン人ヘルパー 介護資格の特訓中 日本語 高齢者がヘルプ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の世界で、人手不足が他より際だつ東京。現場で頼りにされているのが、在日フィリピン人女性たちだ。ヘルパーとして働くが、パートやアルバイトがほとんど。正規職員として働けるよう、都内の高齢者が立ち上がった。資格取得に必要な日本語の読み書きを、ボランティア ...
所沢市医師会 『認知症ネットワーク』設立 早期治療へ41医療機関連携 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症を早期に発見し適切な治療体制を確保しようと、所沢市医師会は七日、市内の四十一医療機関が連携して治療にあたる「所沢認知症ネットワーク」を設立した。同医師会によると県内では珍しい取り組みという。 現在、市内の専門医療機関は二病院のみ。 ...
認知症に理解を 『やさしい気持ちで接して』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
松戸市立六実第二小学校の児童が七日、「認知症サポーター養成講座」を受け、認知症のお年寄りとの上手な接し方などを学んだ。施設の高齢者と交流している五年生五十四人と保護者らが受講。市職員の説明や寸劇という内容で、児童らは「認知症がどういうことなのか、勉強 ...
高齢化を支える目の不自由なマッサージ師 大阪 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
仲間で支え合いながら、寝たきりの高齢者宅への出張治療や、老人ホームでの機能訓練などを提供。地域の信頼は大きく、店には予約の電話が絶えることはない。 スタッフの一人、30代のとき突然の病気で視力が著しく低下したマッサージ師の大村耕治さん(59)は「仲間は ...
南宁30对钻石婚金婚老人共庆重阳 - 广西新闻网 (媒体での記事掲載終了)
老健谈,他开玩笑说:“我们是先结婚再恋爱的。”原来,两人是包办婚姻,1935年成婚时,李老年仅15岁,比夫人黄美玉还小了两岁。 其实,婚后两人也没多少时间谈恋爱 ...
大和ハウス、ロボットスーツをリース販売、介護/福祉施設に年500台 (媒体での記事掲載終了)
大和ハウス工業が出資するロボット開発会社サイバーダインは、人間の体に装着して動作を助けるロボットスーツ「HAL」を10月10日よりリース販売する。立ち歩きを容易にする下半身タイプの製品を、介護施設、福祉施設などに年間500台導入する。
「エコ」「高齢化対応」の改修技術、都市機構と東京ガスが共同研究 (媒体での記事掲載終了)
都市再生機構は、老朽化した住宅団地を「環境負荷低減住宅」や「高齢者向け自立支援型住宅」へ改修するための共同研究を東京ガスと始める。9月30日に協定を結んだ。1960年代半ばから80年ごろに当時の住宅・都市整備公団が建設した、約40万戸に及…
少子高齢化社会の医療保険—“日本の10年後”ドイツの昨今 (媒体での記事掲載終了)
先月末、お休みのんびりモードでネットサーフィンをしていたら、次のようなロイター通信の配信記事が目に入ってきました。9月26日付ベルリン発のロイター通信は、体に重い障害を持つドイツの男性(70歳)が、同国の医療保険制度の不備を訴えることを目…
歩行障害から診る神経疾患 (媒体での記事掲載終了)
人間が二足で立って歩くためには、種々の機能を必要としており、どれか一つが障害されただけで、普通の歩行はできなくなる。高齢者でうまく歩けない理由の多くは骨、関節、筋肉に由来するが、ここでは主に神経内科領域のものを解説する。
(1) 現在、在宅酸素濃縮装置を使用している患者さんは全国で14万人と推定されていますが、その大部分は高齢者であり、また、そのご家族も含め高齢者のみというケースが年々増えています。在宅医療用酸素濃縮装置は日常生活の一部として毎日使われるため、取り扱いが ...
お知らせ】会員アンケート「介護報酬改定に関する意見」のご案内 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
タイトルは「介護報酬改定に関するケアマネジャー調査」です。厚労省会議をはじめ各方面で議論が本格化し、団体からの要望書も続々提出されている、09年4月の「介護報酬改定」。ご多忙のところとは存じますが、皆さまのご意見をぜひお聞かせ下さい! ...
高齢者向け賃貸、年1万戸整備へ 国交省方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は、高齢化に対応するため、バリアフリー化など高齢者が暮らしやすい賃貸住宅の整備に力を入れる。高齢者向けに優良賃貸住宅やケア付き住宅を、毎年1万戸程度整備する方針だ。来年の通常国会に関連法の改正案の提出を目指す。 バリアフリー住宅の整備促進 ...
自治体担当者集め、「介護報酬改定に向けて準備を」――厚労省会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は10月7日、「認知症・虐待防止対策主管課長会議」を開催し、全国の都道府県担当者を前に、6日に公表した2007年度の高齢者虐待調査結果などについて、改めて報告した。 会議冒頭で挨拶した厚労省の認知症・虐待防止対策推進室、井内室長は「認知症対策は、介護報酬 ...
沖縄市社協「後見人」へ/申請準備県内法人初/高齢者らの財産保護 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
【沖縄】沖縄市社会福祉協議会(嘉陽宗吉会長)は、認知症などで金銭の管理が困難な高齢者や障害者を支援しようと、家庭裁判所が選任する成年後見制度の「後見人」になるための申請準備を進めている。家裁に選任されれば法人の後見人は県内初。那覇家裁は「地域密着型の ...
高齢者に癒やし効果 福祉施設で“ヤギセラピー” - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
八月にオープンし、グループホームやショートステイなどを高齢者が利用している。 敷地の一角の小屋にすんでいる一歳の雌ヤギ「ゆき」は、新温泉町の県立但馬牧場公園で生まれた。楓の杜の職員が同公園に頼み、施設で飼うことになったという。 ゆきは昼間、施設内に放 ...
レク感覚で健康づくり 大和のデイサービスで介護予防講座 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
郡上市大和町のデイサービスセンターやまとで開かれている「介護予防講座」に50、60代の市民18人が参加し、心や体の健康づくりに取り組んでいる。 「メタボ予防」「音楽を楽しむ・人とつながる」など5回の講座。いつまでも安心して生き生きと暮らせる地域づくりを ...
90年に女性建築士を中心に高齢者住環境研究会を発足。93年同研究会を母体に高齢者住環境研究所を設立。バリアフリーリフォーム1万件以上の豊富な経験やトータル面からの提案には一般のほか、自治体やケアマネージャー向けの講演や勉強会での講師も務める。
身寄りのない高齢者支援 『きずなの会』が静岡支部設立へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
きずなの会静岡開設準備室の山崎道生室長(68)=藤枝市時ケ谷=は「家族関係が薄れる中、『家族の代行サービス』とも言える新しい福祉の形だろう。高齢者や障害者の ...
介護職敬遠で5校が募集停止 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護現場を支える国家資格「介護福祉士」の養成コースについて、中国地方の専門学校や短大など少なくとも5校が来年度の生徒募集を停止することが7日、中国新聞の調査で分かった。定員を充足できないことが背景にあり、人不足にあえぐ介護現場に与える影響は大きい。 ...
相濡以沫见真情南宁30对钻石婚金婚老人共庆重阳 - 广西新闻网 (媒体での記事掲載終了)
老健谈,他开玩笑说:“我们是先结婚再恋爱的。”原来,两人是包办婚姻,1935年成婚时,李老年仅15岁,比夫人黄美玉还小了两岁。 其实,婚后两人也没多少时间谈恋爱 ...
東京ガス、UR都市機構が進める住宅改修技術の共同研究者に選定 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
また、高齢者にも安全に使えるガスコンロ「Siセンサーコンロ」や、温度のバリアフリー化を実現する「床暖房」や「浴室暖房乾燥機」も提案していく。「ミストサウナ」は浴槽またぎがないので1人でも安心して入浴できるなど、入浴介護の負荷低減に寄与するなどのアイデア ...
2008年10月07日()
ゆうゆうLife】介護 「介護と仕事」どちらかを選べない(下 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
そんななかで、「ご近所さん」による見守りのネットワークを“日中独居”の家庭にも広げ、介護者が安心して働けるような環境を作っている地域もあります。(清水麻子) 川崎市の倉形由加里さん(47)はフルタイムで食品販売の仕事をしている。家では3人の子育てをし、 ...
絵屏風」高齢者に誇り ふるさとの語り部で認知症予防 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
だけで1時間以上の会話が続くという=滋賀県高島市マキノ町のグループホーム「はあとふるマキノ」 地域の高齢者の思い出を描いた“絵屏風(びょうぶ)”で、認知症の予防、ケアに取り組む滋賀県高島市の絵屏風による回想法が注目を集めている。屏風に描かれているのは、 ...
家族らの高齢者虐待 07年度584件 深刻 介護ストレス - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二〇〇七年度に県内で家族らによる高齢者への虐待が前年度比百六十三件増の五百八十四件発生し、被害者が同百九十六人増の六百二十二人に上ることが、県高齢者福祉課の調査で分かった。また介護施設での職員による虐待も、同三件増の五件あった。介護へのストレスが家族ら ...
寝たきり予防へ官学一体 広がる“ご当地体操 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
両腕を開き、左右へ重心移動することで身体の柔軟性とバランス能力の向上を図る=東京都荒川区 介護が必要となる高齢者の寝たきりなどをできるだけ防ごうと、体の柔軟性や筋力を向上させる「介護予防体操」が、自治体と大学研究者による「官学連携」で開発され、普及 ...
車いす・電動介護用ベッドにJISマーク 利用増え、高いニーズ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
車いす(手動・電動)と在宅用電動介護用ベッドで、安全性などを保証する日本工業規格(JIS)マークを付けた製品が今秋にも登場する。福祉機器では初めて。利用者が製品を選ぶのに役立ちそうだ。 (飯田克志) 「認証までどのくらいの期間が必要ですか」。 ...
後期高齢者医療制度、国保と一体化提案 厚労相 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
舛添要一厚生労働相は7日、75歳以上を対象とする後期高齢者医療制度の見直しについて私案を明らかにした。同制度と国民健康保険を年齢にかかわらず一体化し、都道府県単位に再編。財政面では健康保険組合など被用者保険からの支援とともに「福祉目的税」導入の必要性にも ...
関西シルバーサービス協会、韓国へ福祉用具を売り込み - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
このため韓国で福祉用具の試験・認定を行う韓国衣類試験研究院(KATRI)と提携。検査体制の確立などノウハウを提供すると同時に、11月20日に韓国・城南市へオープン予定の「高齢親和製品・サービス総合体験館」の福祉用具展示にも協力し、高品質の日本製品を紹介 ...
介護用ロボットスーツをリース販売 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
年間約500台を目標に介護施設や福祉施設向けに製造される。 HALは、筑波大の山海嘉之教授が開発したロボットスーツ。体に装着して脳から出る電気信号を皮膚の表面に付けたセンサーで読みとり、コンピューター制御で、高齢者や障害がある人の歩行を補助する。 ...
家庭内の高齢者虐待221件 昨年度分、滋賀県が集計 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
件数が増えたことについて、県元気長寿福祉課は「2年前に高齢者虐待防止法ができて、虐待が表面化しやすくなったためではないか」とみている。 調査は65歳以上の虐待を対象に厚生労働省が実施。県内分は、市町の地域包括支援センターなどで受理した相談または通報を県 ...
国保と後期医療を一体化、運営は都道府県単位 厚労相案 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
国民健康保険(国保)を都道府県単位に再編させたうえで後期医療と一体的に運営する。75歳での線引きを改め、すべての年齢層が加入する新制度とすることで、「切り離された」という高齢者の不満解消を狙った。財源については、「税の比率を増やさざるを得ないので、福祉 ...
「回想法」高齢者に活力 うつ、認知症予防に効果 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉の現場で「回想法」が注目されている。若いころの思い出を振り返り、生きる自信につなげる心理療法だ。過去をたどることはともすれば「後ろ向き」とされ否定的なイメージがあったが、聞き手がじっくりと傾聴することで高齢者の心の健康に役立つという。 ...
赤字1億3900万円 昨年度の井原市民病院 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在10科で診療する。 2001年3月から現病棟の建て替えに着手。02年入院病棟、03年にリハビリ施設と外来棟が完成。04年にすべての工事を終えた。総事業費39億4400万円。病床数は180床。うち一般120、療養病床60床(介護型24、医療型36床)。
装着型ロボットをリース 10日から介護・福祉施設に - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
HALは、体を動かす際に脳から皮膚に伝わる微弱な電気信号を検出し、モーターで高齢者や障害がある人の歩行を補助。バッテリーで約1時間利用できる。 リースは大和ハウスのグループ会社が、介護・福祉施設のみを対象に行う。片脚タイプは5年リースで1カ月15万円、 ...
「介護疲れ」で親や配偶者を殺害 「気持ち」で解決できるのか - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
内容は、暴力など身体的虐待がいちばん多く63.7%、暴言など心理的虐待38.3%、食事を与えないなど介護放棄が28%、財産処分などが25%。 虐待を加えたのは、息子が40.6%、夫15.8%、娘15.0%で、被害者の8割が女性。死因では、殺人13件、介護放棄・致死7件、心中4件、その他3件 ...
要介護度別の介護報酬の設定を見直すべき!――厚労省・社保審4 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省が10月3日の社会保障審議会介護給付費分科会で示した「平成20年介護事業経営実態調査結果」について、2009年の介護報酬改定を踏まえ、24名の委員からさまざまな意見が出された。 途中退室した全国町村会会長の山本委員は、被保険者の負担増となる介護保険料アップは ...
認知症ケア「家庭的」 長岡京の施設 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 府長岡京市奥海印寺のグループホーム「西山の郷」を訪問し、入居中のお年寄りたちと交流した。 一行は、米国のミシガン大や日本の大学研究者、福祉の専門家らでつくるNPO法人(特定非営利活動法人)「高齢者を支える学際的チームアプローチ推進ネットワーク」。 ...
メッセージ添え、お年寄りに弁当を 海津明誠高がディナーサービス - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
校舎が1つになった昨年度から、海津町内の高齢者を対象に実施している。 弁当作りは、生活福祉科で高齢者介護を学ぶ3年生27人が、自分たちで献立を考えて担当した。地元産ハツシモの玄米を炊いて混ぜた「煮込みバーグ」をはじめ、ひじきご飯、大豆の五目煮、青菜入り ...
かほく 福祉バス実験始まる 来年3月末まで 市の南北つなぐ足に - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
かほく市民が無料で乗車できる福祉巡回バスの実証実験が六日、始まった。高齢者や障害者が市内を移動する際の交通手段としての利用を想定。市は来年三月末まで実験し、来年度以降の本格導入の是非を検討する。 四路線あり、路線バスが通らない住宅街や農村部に路線設定 ...
2008年10月06日()
ゆうゆうLife】介護 「介護と仕事」どちらかを選べない(中 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険の在宅サービスのほか、地域の有償ボランティアによる助け合いサービス(住民参加型在宅福祉サービス)を利用することで、仕事と介護を乗り切れる場合があります。家をあける間、ボランティアが要介護者の話し相手になったり、病院内で付き添いをしたり、介護保険 ...
給付費332万円不正請求 太田の介護支援事業者 県、指定取り消し処分に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は六日、太田市内ケ島町の居宅介護支援事業者「オアシス」が介護給付費を不正に請求していたとして、同所を運営する有限会社「アローズケア・サポート」の事業者指定を十五日付で取り消すと発表した。不正請求額の合計は約三百三十二万円になる。 オアシスは、居宅介護 ...
介護保険総費用7.4兆円、受給者350万人の行方――厚労省・社保審3 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は10月3日、第55回社会保障審議会介護給付費分科会で公表した「平成20年介護事業経営実態調査結果」の中で、介護保険制度施行後の状況についてのデータを報告した。 介護保険の総費用は、年々増加し、2008年度予算は7.4兆円に上る。第3期(2006~2008年度)の平均的 ...
居宅介護支援事業、17%の赤字!――社保審「介護事業経営実態調査結果」 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は10月3日、第55回社会保障審議会介護給付費分科会で「平成20年介護事業経営実態調査結果」を公表した。3年に1度の介護報酬改定の基礎資料を得るために、改定前年に行われる実態調査は、介護サービス15種について施設・事業所に経営状況を聞くもの。 ...
介護タクシー不正、検査院「国負担の1.8億円不当」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
生活保護を受けていた北海道滝川市の夫婦が約2億4千万円の介護タクシー代金を不正受給していた事件で、会計検査院は、市の支給は不適切で、支給額のうち国が負担した約1億8千万円が不当に交付されたと指摘する方針を固めた。これを受けて厚生労働省は、負担金全額 ...
高齢者虐待、昨年度1万3千件 死亡27件すべて家庭内 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、家庭内で認知症の高齢者への虐待も増えており、介護を要する認知症(認知症日常生活自立度2より重度)は、前年より2.7ポイント多い44.5%になった。 06年に施行された高齢者虐待防止法を受け、厚労省は全国1816市区町村と都道府県の状況をまとめた。 ...
精工技研、在宅介護向け入浴リフト発売-狭いスペースに対応 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
精工技研(東京都目黒区、大久保俊樹社長、03・3716・5142)は、一般住宅向けの手動式介護用入浴リフト「バスラックミニミニ」を発売した。間口1200ミリ×奥行き1200ミリメートルのスペースまで対応し、狭い浴室でも簡単に設置できる。 ...
大人用紙おむつ市場が活性 ユニ・チャームが新商品 (媒体での記事掲載終了)

   介護で使う大人用紙おむつの市場が活性化している。シェア1位のユニ・チャームは2008年10月7日に新製品を投入する。

続きは「J-CASTニュース」へ


援協福祉センター建設巡る舞台裏 - サンパウロ新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし、この数字にはエレベーター設備費や内装・空調費は含まれていなかったことから「通常の見積りで、高齢者が多く利用することが分かっている援協がエレベーターや空調などの設備を含めずに見積りを取るのはおかしい」と反発する声が理事から出された。 ...
「これまでなかったコンパクトな汚物流しを見つけた」 (媒体での記事掲載終了)
「建材・設備ガイド」では、設計者や施工者、発注者など建築・住宅の専門家で組織する「レビュー会員」が話題の展示会を訪問したリポートを掲載している。今回は、東京ビッグサイト(東京都江東区)で2008年9月24~26日に開催された「国際福祉機器展」をレビュー会員#0047有泉絵美さんが訪れた。
介護の現場で大きな悩みとなっているにおいを解決する消臭衣類が注目集める - FNN (媒体での記事掲載終了)
こうした中、介護の現場で大きな悩みとなっている、はいせつにともなうにおいを解決するとして、消臭衣類が注目を集めている。 9月25日、東京・品川区立総合区民会館で行われたオムツのファッションショーでは、ステージ上にタイツの上にオムツを着けたモデルが登場した。 ...
高齢者虐待1万3300件に=07年度、27人は死亡-厚労省調査 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
調査は今回が2回目。07年度に市区町村などに寄せられた高齢者虐待の通報・相談は2万件超で、施設や家庭を訪問したり、関係者から話を聞いたりして事実関係を調べた結果、家族・親族による1万3273件と、老人福祉施設などの職員による62件の虐待を確認した。 ...
介護保険制度の核はケアマネ!」――厚労省老健局振興課・君島氏 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省老健局振興課の課長補佐である君島淳二氏に、介護保険制度や09年4月の介護報酬改定、財務省の介護給付費抑制案、ケアプラン点検支援マニュアル、理想的な ...
(財)高齢者住宅財団 企画総務部長 藤原康志氏 - 商業施設新聞 (媒体での記事掲載終了)
療養病床の削減や医療法の改正による医療法人の介護施設への進出など、高齢者向けの住宅に対する関心が高まっており、高専賃の普及を促す要因は多い状況だ。この高専賃の現状や課題などについて(財)高齢者住宅財団企画総務部長の藤原康志氏(=写真)に話を伺った。 ...
インドネシアから研修生 期待 外国人の看護・介護職 不安 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
病院や介護施設にインドネシアからのスタッフがお目見えする。経済連携協定(EPA)に基づく看護師と介護福祉士の候補者205人が第一陣として7月に来日した。6カ所の研修センターで半年間日本語を学び、来年2月から病院や老人ホームなどで働く。 ...
「CEATEC JAPAN 2008」- マイクロソフトが考えるバリアフリーコンピューティング - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
日本はこれから確実に高齢化社会となる。65歳以上の高齢人口と15~64歳の生産年齢人口の比率をみても、昭和35年(1960)年には1人の高齢人口に対して11.2人の生産年齢人口がいたのに対して、平成17(2005)年には1人の高齢者に対して現役世代3.3人で支えることになっている。 ...
平成21年度介護報酬報酬改定について、5つの視点――厚労省・社保審1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者の増加を踏まえた認知症対策の推進 ・「認知症の医療と生活の質を高める緊急プ口ジェクト」報告を受け、認知症に対するケアの充実のための介護保険サービスについて検討する。 ・2006年度に新たに導入されたサービス(新予防給付、地域密着型サービス) ...
観光庁、バリアフリー促進 観光地にチェックシート - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
旅行業者向けにも同様のチェックシートを作り、高齢者らに優しい観光ツアーの企画も促す。 高齢者人口が増えていることなどから観光地のバリアフリー化を求める声は高まっている。ところが観光地の中には車いすでは通れない道があるなどバリアフリーの面では整備が遅れて ...
「目」増やし 官民で徘徊のお年寄り捜索 函南 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
函南町と同町地域包括支援センターは10月から、徘徊(はいかい)する高齢者らの早期発見を目的とした高齢者安心地域ネットワーク事業を開始した。同町の65歳以上は全人口の21%。高齢化は例外ではない。さらに、同町のように山間地の多い土地では初期段階での発見が ...
外来が少ない理由には診療科の減少(労災13、イーハトーブ5)や労災病院の医師の開業に伴う患者離れのほか「高齢者向けという印象」「医療の質が分からない」「入院と老健主体の経営で、外来はPR不足」などの見方がある。 住民の地元病院への関心低下という問題も大 ...
2008年10月05日()
ゆうゆうLife】介護 「介護と仕事」どちらかを選べない(上 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
核家族や共働きが増えるなかで、仕事をしながら、在宅で家族を介護する人が増えています。しかし、要介護度が重くなるにつれ、介護者が仕事を辞めたり、続けるために無理を重ねる人が目立ちます。介護者が仕事を辞めれば、世帯の収入が断たれるケースもあり、仕事と介護が ...
参加無料講演会「知って安心! 認知症ケア」開催-11月8日、神奈川 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症ケア」を開催する。 講師には早稲田大学教授の老年学専門の加瀬裕子氏を招き、認知症の行動障害への対応方法を学ぶ。講演会後には、ホームで提供されている通常食・きざみ食・ミキサー食の試食会も行うとし、ケアマネジャー・ケアワーカー・在宅介護をしている家族 ...
介護施設、人材難に悲鳴 特養短期入所、停止も - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホーム(特養)など介護現場の人手不足が深刻化している。過酷な労働環境を背景に、首都圏の施設の7割以上が介護職員不足に悩んでいるという調査もある。人手不足が介護現場の負担をさらに増加させる悪循環も顕在化しており、サービスの質の低下が懸念されて ...
県内グループホームの7割が来春義務化されるスプリンクラーの設置「未定」 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
半年後の来年四月に施行される改正消防法施行令で、スプリンクラー設置が義務付けられる県内の認知症高齢者グループホームのうち、七割で設置の見通しが立っていないことが、県の調査で分かった。既存の民家などを利用しているケースが多く後付けが困難なことや、主な収入 ...
認知症に理解を グループホーム職員が事例報告 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「認知症になっても心のきずなを」をテーマにしたグループホーム大会が五日、津市の県男女共同参画センターであり、福祉関係者ら約三百六十人が参加して認知症高齢者の支援のあり方を考えた。 県内の百十五事業所でつくるグループホーム連絡協議会が初めて開催。 ...
住み慣れた地域で自分らしく」/平塚で地域福祉テーマに講演やシンポ - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
基調講演では、大蔵律子平塚市長が「平塚市の福祉政策、地域福祉の時代に」と題し、市内での取り組みについて紹介。「町内福祉村」での地域自治の事例や、高齢者福祉、介護事業の自主グループのネットワークの広がりなどについて話し、「福祉を地域住民が地域の課題として ...
天童に高齢者賃貸住宅オープン - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
小野建設(山形市)の子会社ショーエー・アドバンス(同、小野和行社長)は、天童市鎌田1丁目に、高齢者専用賃貸住宅「福祉のひろば冨士の湯」をオープンさせた。天童温泉の発祥となった旅館冨士の湯の跡地で、施設に源泉かけ流しの大浴場などを設けているのが特徴。 ...
介護おむつ、転倒防ぐ工夫競う 子ども用に迫る市場規模 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大人用紙おむつの大手2社が、介護で使うパンツ型おむつの「はきやすさ」で競っている。自分でトイレを済ませやすくなり、転ぶのも防げる。紙おむつは、少子高齢化で大人向けが増え、早ければ12年にも販売金額で子ども向けに並びそうな勢いだ。 ...
2008年10月04日()
コンサドーレ、室蘭と士別で今月下旬に「介護予防運動教室」を開催 - BNN (媒体での記事掲載終了)
Jリーグは、一昨年に施行された改正介護保険法に基づく介護予防普及事業の一環として、厚生労働省と連携して「Jリーグ介護予防事業」を実施している。コンサドーレ札幌も、シニア世代の健康増進や体力向上を目的に昨年度から「介護予防運動教室」をスタートさせた。 ...
「家族介護」をテーマに サリン被害者、河野さんが講演 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松本サリン事件被害者の河野義行さん(58)=松本市=が四日、飯田市の飯田女子短大であった介護フォーラムに参加。「家族介護を通して思うこと」と題して講演した。 河野さんの妻澄子さんは、同事件で重い後遺症が残り、今年八月五日に亡くなるまで十四年間、河野さん ...
松本市長「健康寿命延伸都市に」 街づくり構想、本格化へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化、人口減少社会に対応するよう、行政、市民一緒になって、健康寿命延伸都市をつくりたい」と強調した。同構想は医療、福祉、保健面だけでなく、産業経済、環境、教育などあらゆる面に及ぶという。 セミナーには約七百人が参加。医療福祉関係者や学識経験者が ...
アビスパ福岡・介護予防事業『アビスパウォークラリー』実施および参加者募集のお知らせ [ 福岡 ] - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
昨年度から取り組みを始めました介護予防事業を、本年度も地域で生活するシニア世代の方々の生涯を通した心身の健康に寄与することを目的として実施いたします。 本年度も、レベルファイブスタジアム周辺とスタジアム内をウォーキングし試合観戦ができる「アビスパ ...
長門裕之がTVで妻南田洋子の認知症告白 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長門裕之(74)が3日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で妻南田洋子(75)の認知症について告白。夕方までに「長門さん頑張って」「夫婦っていいなあと思った」などの電話が同局に十数件寄せられた。 南田さんは3年前に物を忘れる症状が出始め、芸能界から引退した ...
JR摂津本山駅にエレベーターを 住民ら署名活動 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
神戸市東灘区のJR摂津本山駅を利用する住民らが「摂津本山駅バリアフリー化促進協議会」を設立し、署名活動を始めた。同駅周辺は、高齢者とともにベビーカーを使用する子育て世代も多く住むが、エレベーターの設置はされていない。住民らは3万人を目標に署名を ...
長門裕之(74)が3日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で妻南田洋子(75)の認知症について告白。夕方までに「長門さん頑張って」「夫婦っていいなあと思った」などの電話が同局に十数件寄せられた。 南田さんは3年前に物を忘れる症状が出始め、芸能界から引退した ...
2008年10月03日()
寝たきり予防に鍛えよう 安中・松井田で高齢者の筋トレ講座 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
お年寄りがいつまでも元気でいるための「高齢者の筋力トレーニング講座」が、安中市松井田町のゆうあい館で開かれ、高齢者二十五人が参加した。 市は、この講座を開催するため、昨年から同トレーニング普及員の養成を進めていた。今回、委嘱された八人の普及員が指導した ...
後期高齢者医療制度 『天引き』『督促状』で混乱 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
目が不自由な夫(76)の代理として、所沢市福祉総務課の窓口を訪れた主婦(70)は、二カ月分の督促状が届き、問い合わせと手続きとで来庁は二回目。「国が勝手に別の保険制度に移しておいて、徴収しに来るのが筋。十分な説明もなく、本当に腹が立つ」と憮然(ぶぜん) ...
長門裕之(74)が3日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で妻南田洋子(75)の認知症について告白。夕方までに「長門さん頑張って」「夫婦っていいなあと思った」などの電話が同局に十数件寄せられた。 南田さんは3年前に物を忘れる症状が出始め、芸能界から引退した ...
住まい(2) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパーとして親富祖さんを介護する豊島章子さんは「生活の中で歩ける状況があることがリハビリにつながる」と喜ぶ。 豊島さんはこれまでさまざまな家でヘルパーをしてきた。ライフピア友の部屋は「お年寄りにとっても介護者にとっても優しい」と感心する。 ...
独居(2) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
すべて六十代以上の高齢世代だったことに、行政をはじめとする同市の福祉関係者は大きな衝撃を受けた。 沖縄市の人口は約十三万人。当時、六十五歳以上の高齢者は一万七千人で高齢化率は13・1%とほぼ県平均並み。しかしお年寄りの一人暮らしは三千三百人に上り、高齢 ...
男も介護(下) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
十一月中旬、ホームヘルパー(訪問介護員)の翁長喜一さん(52)=仮名=はいつものように、那覇市内の男性高齢者宅で家事援助の仕事をしていた。三つの部屋をほうきで掃いて、ぞうきんがけをし、トイレや玄関の掃除と続く。 「今場所の優勝争いは楽しみだね」などと ...
男も介護(上) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
妻の介護を始めて四年になる浦添市の大舛重盛さん(73)の一日は朝五時半に起床し、朝食を準備することから始まる。妻のキヨさん(72)が起きてくると一緒に食事を取って、デイケアに送り出す。 帰ってくる夕方までに、部屋の掃除や洗濯を済ませる。 ...
地域で支える(3) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
高校生がかかわる高齢者調査の発案者は同村福祉課の宮城久美子係長。昨年十一月に高齢者担当となったのをきっかけに「今の福祉や介護は、国が定めた事業だけに補助金が付く仕組み。しかし都市部のニーズと大宜味のような小さな村とは大きな隔たりがあり、国の事業が全く ...
住まい(1) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
... 以上の高齢者が安心して生活できるよう設備や運営面で配慮された住宅のこと。お年寄りの相談に乗ったり、緊急時に対応する生活援助員が常駐している。市町村が整備する公営住宅の一つだ。 室内は台所も玄関、風呂、トイレなどすべて車いすで移動できるバリアフリー。 ...
小さな福祉(上) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
でも痴ほうのあった母をぎりぎりまで自宅で介護できたのは、宅老所・浅茅の里があったから」 一九九一年夏、当時浦添市に住んでいた城間さんのもとに、名護市の実家の近所から「お母さんがはいかいして家に戻れなくなっている」と連絡があった。それまでも一人暮らしの母 ...
住まい(4) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
昨年八月、沖縄バリアフリー研究会が社会福祉・医療事業団から受けた助成金で実施した「伊良部町・多良間村の在宅高齢者の住宅調査」の対象となり、具志堅さん宅は無償で住宅改修工事を受けられることになった。 家の出入りに使っている縁側、土間、風呂場、トイレの段差 ...
配食サービス(2) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
大抵の家ではお年寄り本人が玄関先で出迎えるが、この日七軒目に訪れた息子と二人で暮らすほぼ寝たきりの男性(74)の家では、中まで入って食卓に弁当を置いていた。昼間、息子は仕事に出かけていて男性は一人きり。 具志堅さんは「お弁当ここに置いておきますね」と声 ...
“行き場”探し - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
二〇〇〇年三月から名護市宮里にある宅老所「浅茅の里」のグループハウスで暮らす西平万喜さん(83)が入所当時、入所できた喜びを詠んだうたという。短歌が趣味で七十三歳の生年祝いを記念に、全二百十首を収録した短歌集を発行したほど打ち込んでいる。「何カ所か老人 ...
村を出て行く独居老人 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
食生活だけでなく、福祉行政全般に関する交流を深めたかった西会津町からすれば、福祉より公共事業を積極的に進める大宜味村の姿勢が物足りなかったという。 村に住む、七十代の女性が指摘した。 病気やけがなどで独居が難しくなった高齢者は、特別養護老人ホームなど老人 ...
ピン・ピン・コロリの里(下) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
大林寺の住職、増田友厚さん(55)は冬の寒い時季に訪問した寝たきりの女性との触れ合いが強く印象に残っている。女性は冷えた増田さんの手を取り、両手で包みこんだ ...
恋愛、結婚(上) - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
車いす、寝たきりになって話も通じなくなり、一年もたたずに亡くなりました。見ててつらかった」と高見さん。玉城さんも当時を思い出し、涙ぐんだ。 浦添市前田の特別養護老人ホーム「ありあけの里」(宮国明美所長)ではこの二—三年、若い男性介護職員が増えたことで、 ...
芽吹くボランティア - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
当時、同町の寝たきり高齢者が在宅で療養する割合は5・8%と低く、医療費高騰の大きな要因となっていた。一方、町の調査では、入院中のお年寄りの14%が在宅療養を希望したのに対し、家族の約95%が「世話をする人がいない」などを理由に入院継続や特別養護老人 ...
資格、経験に加算を検討 介護報酬、職員待遇改善で - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は3日、来年度の介護報酬改定に向けた議論の検討課題として、介護職員の待遇改善のために資格や経験年数などを評価して報酬に加算することを、社会保障審議会介護給付費分科会に示した。 介護福祉士ら有資格者やベテラン職員の専門性を重視して介護報酬に ...
介護保険「ケアベスト」の取扱いを開始いたしました! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
わが国の高齢化社会の進展に伴って、今後寝たきりや認知症の方が急速に増えることが予想されます。また、介護期間の長期化や、介護するご家族の高齢化などにより、家族による介護では十分な対応が困難になってきていると共に、介護資金の備えも必要になってまいります。 ...
高齢者の住宅内事故、階段でのけがが最多 (媒体での記事掲載終了)
65歳以上の高齢者の事故は、6割以上が住宅内で起きており、けがの原因は階段が最も多い――。国民生活センターが全国20カ所の病院の協力を得て実施した調査で、こんな結果が出た。収集・分析した事故のデータは、2003年度~07年度の5年間に発生した2万1860件。
若年層増へ高層住宅 新日鉄社宅跡 地元商店主ら構想 室蘭(10/03 16:12) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の入居に対応するため、一部をバリアフリー設計とするほか、子育て世代に入居を促すため、一階に保育所を置く方針だ。 同協議会は建設資金の調達に当たり、金融機関との交渉などを担う、まちづくり会社を設立予定。現時点で家賃収入を担保に、金融機関から融資を ...
介護予防運動教室in士別」開催のお知らせ - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
コンサドーレ札幌では、昨年より北海道内各地で「介護予防運動教室」を開催しています。 2007年度は札幌市、函館市、帯広市、釧路市、恵庭市で開催し、各会場大好評のもと終了しました。2006年施行された改正介護保険法に基づく介護予防事業の一環として、Jリーグと ...
ご飯まだ? トイレに迷子の対応――認知症サポーター講座レポート2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
9月24日に開かれた東京・新宿区主催の「認知症サポーター養成講座」には25名が参加し、認知症の中核症状や服薬などの治療について学んだ後は、実際の対応方法などについて講義を受けた。認知症の人を見かけたら、どんな対応をすべきか寸劇も公演された。 ...
”駆け込み寺“あっせん 高齢者虐待で京都市 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
「長くとも半年以内」(市長寿福祉課)とし、あくまで一時的な避難場所とする方針。高齢者が退去する場合は、転居先の紹介など必要な支援も行う。 現在、市内の老人福祉施設などに空き部屋の数などについて照会しており、準備が整い次第受け付けを始める。
衝撃!区の要介護認定者の半数に症状が!――認知症サポーター講座レポ1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
新宿区で要介護認定を受けている高齢者10781人のうち、認知症の症状がある人の割合を日常生活の自立度のランク別でみたところ、服薬管理や電話・訪問者の対応ができないランクⅡや徘徊、食事、排泄ができないランクⅢ、常に目を離せないランクⅣ、妄想、自傷、興奮など ...
室蘭の佐藤さんに道社会貢献賞、民児委員活動36年 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の話し相手や事情を抱えた世帯の相談相手などを務めてきた。 離婚や不登校、借金、寝たきりなど、さまざまな家庭環境に遭遇。妻に先立たれた独居の高齢者の自宅に出入りするようになり、行くたびに「いつもありがとう」と感謝されたことが、心の支えになったという ...
ハンマーで男性襲った介護職員を強盗致傷で緊急逮捕/青森署 - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
青森署は2日午後2時36分、青森市新田2丁目、介護職員坂井豪容疑者(32)を強盗致傷の容疑で緊急逮捕した。 調べによると、坂井容疑者は1日午後9時15分ごろ、同市油川の会社駐車場で、帰宅のため車に乗り込もうとしていた同市駒込、会社員男性(40)に ...
麻生内閣が発足 厚労大臣には舛添氏が再任 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
... ば,国民の要望に応えていけるのか,これから一年くらいかけて議論を行っていく」とし,大臣直属の検討会を早急に立ち上げることを明らかにした. その他,医師不足,救急医療,介護療養病床の円滑な転換を含めた介護対策にも,引き続き取り組んでいく考えを示した.
福まちと介護予防センター - ウェブシティさっぽろ (媒体での記事掲載終了)
中央区の各介護予防センターは多くの場面で福まち活動を支援しています。 幌西地区では、「老後の住まいに不安がある」、「どこで暮らすとよいか?」という高齢者の声を福まち関係者から聞いた介護予防センターと地域包括支援センターが共催で研修会(4回シリーズ)を実施 ...
介護職の年収高める報酬を - ValuePress!(プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
老健施設での医療が介護報酬に拠る包括給付の中では、医療費の持ち出しとなるからだ。また、介護度を改善させようとリハビリに取り組んでも加算20分600円では厳しい。まして介護度が改善すれば介護報酬が引き下げられ、経営は厳しくなる。 老人保健施設とは社会的入院 ...
2008年10月02日()
『成年後見制度 活用を』 高齢者の現金管理 水戸市に弁護士申し入れ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
山口弁護士によると、この高齢女性は昨年、九十三歳で亡くなった。十一年前に脳こうそくで倒れたのをきっかけに、親しかった近所の女性が七年間にわたって口座などを管理していたという。 不審に思った千葉県在住の弟が二〇〇四年、水戸市高齢福祉課に相談。 ...
気仙地域かかりつけ医認知症対応力向上フォローアップ研修 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
急増が予想される認知症の予防、早期発見、診療体制の構築で、地域により密着した「かかりつけ医(主治医)」の役割が期待されている。気仙地域かかりつけ医認知症対応力向上フォローアップ研修がこのほど大船渡市の大船渡プラザホテルで開かれ、認知症の診断や治療 ...
高齢者のバス乗車券助成 70歳に拡大し窓口盛況 宇都宮市 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者がバス乗車券を購入するには、事前に市に申請し指定の販売所に助成券を持参すれば、自己負担千円で五千円分の乗車券が購入できる。市が三千円、バス事業者が千円を負担する。 市高齢福祉課によると、一日の新規助成申請者は本庁舎だけで二百三十六人。 ...
【正論】精神科医・国際医療福祉大学教授・和田秀樹 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
健康保険組合連合会が先に発表した2007年度決算によると、傘下組合の45%が経常赤字となり、2008年度は高齢者医療制度への負担などが膨らむことで、9割の組合が赤字に陥るとみられるそうだ。 このような健保財政悪化の中、本年4月からメタボリック・ ...
15人死亡火災、容疑者に多額の借金 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
利用者に喜ばれていましたね」(職場の同僚) 「“ヘルパーで実績を作って資格取って、それからケアマネージャーになれたら何とか大きい仕事ができる”と、それを目標にしていました。最近、すごく前向きになっていた」(15年来の知人) 熱心な仕事ぶりで周囲からも好かれ ...
介護事業所の利益率が悪化  厚労省実態調査 (媒体での記事掲載終了)

   厚生労働省は2008年10月1日、08年3月の介護事業経営実態調査の結果を公表した。職員の待遇が改善され人件費が伸びを見せたことから、各サービスの利益を圧迫。特別養護老人ホームの利益率は3.4%、前回05年3月の13.6%から大幅に落ち込んだが、かろうじて黒字を確保。居宅介護支援はマイナス17.0%(前回は14.4%)と、赤字幅が拡大した。


高齢者優待サービス/横浜市内390施設が協賛 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
横浜市は二日、六十五歳以上の高齢者が「優待証」を見せると、協賛施設が入場料や賞品の割引をする新事業について、横浜美術館(同市西区)や飲食店など市内の計三百九十施設が協賛に名乗りを上げたことを明らかにした。今月下旬から優待サービスを始める。 市健康福祉局 ...
91歳、福祉施設に歌声届ける - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国各地の福祉施設を訪問し、歌を届けるボランティア活動を展開している山形市出身の石沢長吉さん(91)=北海道雄武町在住=の歌謡ショーが2日、鶴岡市高齢者福祉センター「おおやま」で開かれた。 東海林太郎の名曲「国境の町」や千昌夫の「星影のワルツ」など13曲を ...
全国初の制度としてスタートした「稲城市介護支援ボランティア制度」が9月1日、1周年を迎えた。 - 多摩ニュータウンタイムズ (媒体での記事掲載終了)
高齢者が介護支援ボランティアに参加することで、より元気にいきいきとした人生を送っていけるようにと始められ、この1年で登録者は273名(8月末現在)。1千ポイントを獲得した人が150名、5千ポイント(50回以上参加)以上の人が40名。 ...
優秀なケアマネと出会う方法は?――安心と希望の介護ビジョン会議2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
鳥羽研二委員(杏林大学医学部教授)は、高齢者が寝たきりとなるプロセスや、介護サービスの利用状況についての調査結果を示した。寝たきりのメカニズムで「転倒・骨折」が原因となり、生活機能や本人の意欲が低下することから、認知症のプロジェクトだけでなく、転倒や脳 ...
医者も知らない「薬の副作用」 周知が必要だ - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
杏林大学医学部付属病院には、「転倒予防外来」というのがある。高齢者にとって、転倒はときに命取りになる。骨折から寝たきりにつながるからだ。ここを訪れた82歳の女性の例が紹介された。 絶えずふらつきがあって、以前にも転倒して肩を骨折していた。 ...
特養ホーム待機者数は1894人/横須賀市内 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
こうした状況の中、市では専門家や公募市民らを交え、「第四期よこすか高齢者保健福祉計画」の策定に向け、議論を重ねている。九月末に示した計画案では、二〇一一年度までに特養三百床、グループホーム七十一床を新たに整備することを盛り込んでいる。 藤野氏は「高齢化 ...
紀伊國屋書店 新宿南店でブックフェア「社会福祉を知る600冊」を開催 - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
紀伊國屋書店(本社:東京都新宿区)ではこのたび、社会福祉関連書籍を揃えたフェアを下記概要にて開催致しますのでご案内申し上げます。 いま介護や社会保障制度が様々な議論を呼んでいます。少子化・高齢化の急速な進行とともに、新しい法律・制度の抱える諸問題や深刻 ...
【連載】支えたいのに 介護現場は今 読者の声 利用者不安、家族も複雑 現場の熱意に応える環境を - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊かなラストステージを送るために、介護保険制度のあり方を問い直したい(撮影・納富猛、場所・第2宅老所よりあい) 先月21日から5回にわたり掲載した連載「支えたいのに-介護現場は今」に、多くの反響が寄せられた。日本は2005年、高齢化率が20%を超え世界 ...
校長の自宅に汚物投げる 51歳女性教諭を懲戒処分 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
市教委によると、教諭は「両親の介護のため担任を外してほしいと校長に希望していたのに、聞き入れてもらえず不満があった」と話しているという。 教諭は昨年12月から今年9月まで数十回にわたり、この校長の自宅の庭や玄関に介護していた親の汚物や犬、猫のふんを ...
会社倒産、介護支援で再起誓ったのに…放火で犠牲の男性 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
再起を図り、資格取得を目指した介護支援専門員(ケアマネジャー)の夢は突然、断たれた。個室ビデオ店火災で犠牲となった中年男性は、経営していた会社が倒産して借金を抱え、寝床を求めて個室ビデオ店やインターネットカフェを転々としていた。 男性は2年前から、火災 ...
給付費詐取で2人有罪 介護保険揺るがしかねない - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
愛知県豊田市の認知症高齢者グループホーム「ひだまりとよた」をめぐる介護給付費詐取事件で、名古屋地裁岡崎支部は2日、詐欺罪などに問われた経営者小坂龍生被告(44)に懲役2年8月(求刑懲役4年)、施設経営会社の役員桜井裕子被告(50)に懲役2年、執行猶予5 ...
給付費詐取で2人有罪 介護保険揺るがしかねない - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
愛知県豊田市の認知症高齢者グループホーム「ひだまりとよた」をめぐる介護給付費詐取事件で、名古屋地裁岡崎支部は2日、詐欺罪などに問われた経営者小坂龍生被告(44)に懲役2年8月(求刑懲役4年)、施設経営会社の役員桜井裕子被告(50)に懲役2年、執行猶予5 ...
給付費詐取で2人有罪 介護保険揺るがしかねない - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県豊田市の認知症高齢者グループホーム「ひだまりとよた」をめぐる介護給付費詐取事件で、名古屋地裁岡崎支部は2日、詐欺罪などに問われた経営者小坂龍生被告(44)に懲役2年8月(求刑懲役4年)、施設経営会社の役員桜井裕子被告(50)に懲役2年、執行猶予5 ...
同社は、日本の高齢社会の到来を見据え、1987年大人用排泄ケア用品事業に参入した。1995年には「寝たきりゼロを目指して」というコンセプトのもと、大人用紙パンツ「ライフリー リハビリ用パンツ」を発売、高齢者のトイレでの排泄を促し、寝たきりを防ぐ新しい排泄ケア ...
登別市社協がサロンサポーター養成講習会を開く - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
登別市社会福祉協議会(鈴木実会長)が今年から重点的に取り組む「高齢者支援きずなづくり事業」の中の「サロンサポーター養成研修会」が1日、富士町の市民会館で開かれ、参加者は役割や心得などを学び、今後の取り組みへの参考としていた。 「高齢者支援きずなづくり ...
2008年10月01日()
市民交流センター開設 世代超え集う場に 御殿場 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
子ども家庭センター、社会福祉協議会、市民活動センターなどを備えた複合施設。市の福祉部門の窓口を集約した。子ども向けの遊戯室、読書室は自由に利用できる。高齢者向けデイサービス、市民団体用の活動スペースなどもある。建設費用の75%を防衛補助金で賄った。 ...
高齢者の目まい・ふらつき 内耳に入り込む“砂”が関与か - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者の目まいやふらつきは、転んで骨折すれば寝たきりにつながりかねず見逃せない問題だが、原因不明の場合も多い。平塚共済病院(神奈川県平塚市)の城倉健神経内科部長らは、多くのケースで、平衡感覚をつかさどる内耳の三半規管に入り込む“砂”が関与している可能性が ...
救急医療はもはや押し寄せる患者に対応しきれない――療養病床アンケート結果 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本慢性期医療協会(旧名称:日本療養病床協会)は9月19日、急性期病院と療養病床との連携に関するアンケート結果を公表した。近年、慢性期医療を受ける患者が急性期病院で治療を受け続けることにより、医療費が莫大になり、ベッド数が足りずに「救急難民」を生むなどの ...
特養や老健、経営悪化 厚労省調査 介護報酬改定議論へ(10/02 01:34) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は一日、介護事業の今年四月の経営実態調査結果をまとめた。前回の二〇〇五年調査と比べて、特別養護老人ホームや老人保健施設などで黒字幅が減少し、十二分野の介護サービスのうち、八分野で経営が悪化した。 同省は三日に開く社会保障審議会介護給付費分科会 ...
介護保険の事業所、利益率最大14.4ポイント悪化 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険のサービスを提供する事業所の利益率が、3年前と比べて最大で14.4ポイント悪化していることが1日、厚生労働省の調べで明らかになった。来春の介護報酬改定に向けて、事業所側は人材確保のため報酬引き上げを求めているが、今回の調査結果は、その後押しに ...
介護事業所の経営悪化 職員確保で人件費増 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
施設サービスでは、特養ホームで収入に対する黒字の割合が13・6%から3・4%と大幅減となり、老人保健施設も12・3%から7・3%、介護型療養病床も3・4%から3・2%と減少。認知症対応型グループホームは2・1ポイント増の9・7%となった。 ...
介護サービス事業所の経営、人件費アップで悪化 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームや訪問看護など介護サービスを提供する事業所の経営が、悪化傾向にあることが1日、厚生労働省が発表した「介護事業経営実態調査」によって分かった。人件費の伸びなどが要因。来年予定されている介護報酬改定に影響しそうだ。 調査は全国の介護事業 ...
介護サービス事業、利益率低下=08年経営実態調査-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は1日、2009年度介護報酬改定の基礎資料となる08年介護事業経営実態調査の結果をまとめ、自民党の社会保障制度調査会介護委員会で報告した。特別養護老人ホームの利益率は3.4%(前回調査の05年13.6%)と黒字を確保しつつも、人件費の伸びなど ...
B棟1階は管理棟で、7人ほどが一度に入れる広い浴室や車いすや寝たきり老人用の浴室、トレーニング室やロビーなどとして使用できる交流室などがある。 長沢理事長は「自立して暮らせるお年寄りから介助や介護が必要な人まで、さまざまな要望に対応できる施設を目指し ...
沖縄市社協が成年後見人に 財産管理など支援 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【沖縄】認知症の高齢者や知的障害者ら判断能力が不十分な人を補佐し、本人に代わって財産管理などをする「成年後見制度」で、沖縄市社会福祉協議会(嘉陽宗吉会長)が後見人として対応する取り組みを年内にも始める。法人が後見人を受任するのは県内では初めて。 ...
福祉・介護の“今”を視察 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
社会の高齢化が急速に進み、福祉や介護における人材育成が急務といわれる中、松沢成文・神奈川県知事が区内・常盤台の「聖ヶ丘教育福祉専門学校」を訪問。老人ホームなどでの通年にわたる実習を通じて、本当に現場で役に立つ能力を身に付けさせるカリキュラムを実践して ...
27日、認知症予防講座開かれる~生活習慣の改善が予防への近道 - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
市が主催する「認知症予防講座」が27日、保健センター多目的ホールで開催された。市民ら約50人が参加し、身近な病気「認知症」について正常な老化との違いや予防などについて学んだ。 認知症の原因などについては、解明されていない部分が多くあるが、生活習慣を改善する ...
米ファイザー、心臓病などの治療薬開発を打ち切り - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
今後、がんやアルツハイマー型認知症などの研究に資源を集中する。主力の高脂血症治療薬「リピトール」の特許切れを控え、後継となる薬の開発を目指してきたが、実験結果が悪く断念した。新薬の有力候補を得るために企業買収も検討する。 ファイザーでは9月末時点で、臨床 ...
全社協、介護福祉士のファーストステップ研修は「効果あり - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
全国社会福祉協議会(全社協)は9月29日、同協議会が2006年度から研修機関を募集し、推進している介護福祉士の「ファーストステップ研修」事業について詳細を公表した。 介護職員のキャリア形成は介護保険制度上の評価とつながり、ひいては「介護サービスの質の向上」 ...
75歳以上夫婦10年で保険料・税20万円増/県が試算 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
後期高齢者医療保険制度への移行や税控除の廃止などに伴い、那覇市内に住む七十五歳以上の高齢者夫婦世帯の二〇〇八年度の保険料や税負担額が十年前に比べ年に二十万八千円増えたことが三十日、県福祉保健部の試算で明らかになった。 所得税や住民税の老齢控除廃止、介護 ...
手すり付き体重計寄贈/三木町に、町内女性 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
「同じ悩みを持つ高齢者にも使ってほしい」と、寄贈を申し出た。 体重計は同協議会を経て、北浦さんがデイサービスで利用している老人福祉施設「あけぼの荘」(同町井上)に設置される。 この日は、北浦さんの長男・年明さんが社会福祉協議会を訪れ、石原会長に体重計を ...