介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年09月30日()
セントスタッフ、外国人介護士の派遣・育成を強化 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療・介護業界向け人材サービスを手掛けるセントスタッフ(東京・中央)は外国人介護士の派遣事業を強化する。日本国内で在日フィリピン人介護士の派遣・紹介を始めたほか、10月からはベトナムで介護士育成事業を始める。経済連携協定(EPA)を結んだインドネシアから ...
大阪・守口門真会議所、介護用階段昇降機を来年度にも商品化 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
守口門真商工会議所の産官学交流プラザ(大阪府門真市、高梨憲春代表、06・6909・3303)は異業種中小企業の交流成果として、09年3月をめどに介護用機器としての階段昇降機の試作機を完成する。すでにギアパーツやブレーキなどを製作済みで、組み立てて実証 ...
日光の三依地区に在宅介護支援の指定施設開所へ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【日光】高齢者の孤独感解消や生きがい増進を目的に市が進める在宅介護オアシス支援事業の指定施設「ぽかぽか」が今月にも、中三依に開設される。今市地域以外への開設は初めてで、民家を借り地元の主婦がスタッフを務める。六十五歳以上の人口が占める高齢化率が50%に ...
京大と連携、健康づくりモデル事業 滋賀県後期高齢者医療広域連合 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
モデル事業を進める委員会の初会合を29日、大津市で開き、竜王町の取り組みについて福祉行政担当者や保健師が説明した。 後期高齢者医療制度の運営を業務とする同連合が積極的に健康づくりを展開するケースは珍しく、厚生労働省も注目しているという。 ...
佐賀県が2009年度から10年間の修繕計画、30年後には半数が「高齢橋」に (媒体での記事掲載終了)
佐賀県は、道路橋を対象に2009年3月、2009年度から10年間の修繕計画をまとめる予定だ。補修や計画的な架け替えなどを組み入れた修繕計画を制定するために、佐賀県橋梁長寿命化修繕計画検討委員会(委員長:佐賀大学理工学部都市工学科の荒牧軍治教授)を組織した。
手作りゲームでお年寄りを慰問 鹿島実高 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿島実業高の生活経営科生活福祉コース生は29日、鹿島市の宅老所「余暇センターきたじま」(北島富子センター長)で介護研修を行った。授業で考案した輪投げや新聞紙遊びでお年寄りと親しんだ。 ヘルパー2級取得に向け、現場での実習を通しサポートの在り方を学ぼうと ...
介護職新規養成 07年度2276人に減/ピーク時より38%下落 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県内の介護職の新規養成数は二〇〇七年度で訪問介護員(ホームヘルパー)が千四百二人、介護福祉士八百七十四人の計二千二百七十六人で、介護保険制度スタート以降、〇三年度のピーク時に比べ千三百九十七人(38%)減少したことが二十九日分かった。 ...
バリアフリー化推進功労者表彰を受けた尼崎市交通局のノンステップバス=尼崎市、尼崎市交通局塚口営業所 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
(岡西篤志) 近畿運輸局は、〇六年十二月に制定された「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に基づき、本年度からバリアフリー化を推進している公共交通機関などを表彰。本年度は同運輸局管内の三団体が受賞した。 尼崎市交通局では、買い物や通院で ...
皆川病院が医療と福祉を連携し訪問介護をはじめる - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
同院は「厳しい事業ではあるが、医療機関として多様化する高齢者のニーズに応えたい。地域に愛される病院として介護事業にも力を入れたい」と新規参入を決定した。管理者1人、ヘルパー3人体制でスタートする。 提供するサービスは、調理や清掃、洗濯、買い物など ...
生活福祉金の利用激減/県、ピーク時の25%/低金利も条件が壁? - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
低所得者や高齢者、障害者世帯に無利子や低利子で資金を貸し付け、世帯の経済的自立を支援する生活福祉資金の県内貸し付けの二〇〇七年度実績は一億四千二百五十六万円で、ピーク時の〇二年度五億八千二百四十八万円の約25%まで減少していることが二十九日、分かった。 ...
高専・大学が人材育成で連携 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
共同教育は、ものづくりや福祉など3校のノウハウを組み合わせ、講義の相互開講や遠隔授業などで基礎教育の充実を図る。島しょ部の高齢者を対象にした福祉サービスや関連装置の開発など地域貢献にも取り組む。2010年度までの3年間で、国が各年度5000万円を上限に事業費を ...
筋力アップ体操で転倒予防 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
新潟医療福祉大学(新潟市北区)の転倒予防研究センターは、転倒による骨折で寝たきりになりやすい高齢者向けに、筋力やバランス機能を向上させる運動を実演したDVD「転倒予防運動」をこのほど作成した。監修した同センターの小林量作教授は「デイサービス施設や地域の ...
2008年09月29日()
つらさを顔に出せない介護職は感情労働者だ!――チームケアセミナーレポート1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
高室氏は、介護職は心を使う「感情労働」であり、肉体労働とも頭脳労働とも違うつらさがある。介助時の食べさせ方や話し方によっても成果や効果に差が出るし、高齢者に常時接する中で、マイナス面の感情を顔に出せないなど非常に高度な仕事だと話し、チームケアに活かす ...
整備率、全国最低の1.59人 グループホーム 『過疎地』東京 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
これは、認知症の高齢者が共同で暮らすグループホームの少なさにも現れる。高齢者の数から考えると、東京は全国一の「グループホーム過疎地」。近県への流出も制度変更で難しくなり、行き場がなくなりつつある。 記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊または、携帯 ...
はれコーポ、割安老人ホーム全国展開 診療所を併設 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
各地の医療機関と提携し入居者に医療・介護サービスを提供する。2年内にまず中四国で30棟、5年内に全国で100棟の開設を目指す。 はれコーポが運営するのは1棟50室規模の老人ホーム。大和ハウスが自社の顧客から受注してホームを建築。はれコーポは建屋の所有者である地主 ...
弘前・介護施設入浴死亡 付き添い職員を書類送検 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
青森県弘前市富田3丁目の老人介護施設「デイサービス孔雀庵(くじゃくあん)」で昨年9月、入浴中の女性=当時(84)=が水死した事故で、弘前署は29日までに、業務上過失致死の疑いで、施設の20代の女性職員を書類送検した。 調べなどによると、職員は昨年9月9 ...
大牟田市 災害時に要援護者支援 来年から 対象者の名簿作成へ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
大牟田市は、災害時に高齢者や体の不自由な人の救援を円滑に進めるための「災害時等要援護者支援制度」を来年からスタートさせる。約5万人と想定される対象者に登録申請書を配布し、約1年かけて名簿を作成。民生・児童委員、校区社会福祉協議会、公民館などにも情報を ...
農薬使用履歴、98%が申告 県内コメ農家 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【障害者の保険料】四月に老人保健制度から後期高齢者医療制度へ移行した六十五-七十四歳の障害者を対象に、県が移行前後の保険料の増減を調べた結果を小島通健康福祉部長が明らかにした。古俣氏の質問。 移行した四万千人のうち5%を無作為に抽出して調べた。 ...
介護職員の解雇は無効 高知地裁、労働審判で - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高知県南国市の社会福祉法人「ふるさと自然村」の元介護職員の男性(28)が、労働組合の活動を妨げるため不当に解雇されたとして地位確認などを求めた労働審判で、高知地裁は29日、解雇を無効とし、未払い賃金約69万円などの支払いを同法人に命じた。 ...
東急セキュリティ、赤外線センサーを利用した高齢者見守りサービス (媒体での記事掲載終了)
機械警備・巡回警備業務を行う東急セキュリティは2008年9月26日、在宅高齢者の安否を確認するサービス「シニアセキュリティ」を発表した。高齢者宅にセンサーを設置し、一定時以上動きが確認できないときに警備員が利用者宅に駆けつけるサービスなどを提供する。少子高齢化の進展に伴い増えている高齢者だけの世帯や、高齢者を家族に持つ既存顧客に訴求する。10月15日から提供。
知人は看護師の資格で総合病院→個人開業医院→老人保健施設(ケアマネージャーとして)と48歳の今でも渡り歩いています。万一自己都合で退職しても資格一本で引く手あまたで食べていけるようです。(お給料も高いみたいだし・・・) 保育士もいいと思います。 ...
増える病院がんサロン 広島 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
自宅で過ごすことを希望する患者の思いや、療養病床の削減もあって在宅療養するがん患者は今後さらに増えると思われる。「駆け込み寺のような存在であってほしい」。 ...
厚労省、介護老人福祉施設の重度化対応加算の経過措置を9月末で終了 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は9月26日、介護老人福祉施設の重度化対応加算などの経過措置が9月末で終了すると通知した。 介護老人福祉施設などの重度化対応加算、特定施設入居者生活介護などの夜間看護体制加算の経過措置に関しては、2007年3月に1年間延長、08年3月に半年の再延長を行って ...
認知症 介護相談も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
世界アルツハイマーデー(9月21日)にちなんで、「認知症の人と家族の会」県支部の会員らは27日、認知症への理解を深めてもらおうと、甲府市小瀬町の小瀬スポーツ公園であったイベント会場でパンフレットを配った=写真。 会員ら25人が、1500部を用意し、認知 ...
病院~在宅の切れ目のない医療提供体制を考えるシンポ開催――東京11月23日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
基調講演として厚労省老健局長の宮島俊彦氏による「地域包括ケアの実現に向けて」、シンポジウム「がんの在宅医療 ~病院から在宅へ 切れ目のない医療提供体制を構築する~」などのほか、全国在宅療養支援診療所連絡会の活動報告会、在宅医療を推進する10団体の共同声明や ...
西小谷ケ丘で認知症のお年寄りが不明 - 両丹日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
軽度の認知症。 心当たりのある人は福知山警察署、電話(22)0110へ。 秋季府高校野球大会2次戦の準々決勝2試合が27日、京都市・西京極球場で行われた。第1試合は夏の大会に優勝した福知山成美が登場、京都翔英を6-3で破り、準決勝進出を決めた。 ...
住みよいまちへ身障者らが交流 バザーや農産物販売など - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
第二十六回こさいふれあい広場(湖西市社会福祉協議会など主催、中日新聞東海本社後援)が二十八日、市健康福祉センターや市民会館周辺で開かれた。 住みよいまちづくりを目的に高齢者や身障者、青少年らが交流する福祉の祭典。今年のテーマは「築こうよ みんなで支える ...
<一人っ子>親が高齢化、5年後には介護問題の最前線に―上海市 - Record China (媒体での記事掲載終了)
2008年9月27日、計画生育政策(一人っ子政策)が最も早く開始された上海では、子供を1人しか持たない父母世代が2013年頃から老年(60歳以上)の仲間入りをし、2018年頃に増加のピークを向えるため、扶養や介護のための人員不足問題が深刻化すると予想されている。 ...
2008年09月28日()
人材確保に増額、加算の積極的評価を--厚労省介護給付分科会 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は9月25日、第54回社会保障審議会介護給付費分科会を開催した。来年4月の介護報酬改定に向けて事業者団体からヒアリングを行った。 この日出席したのは特定施設事業者連絡協議会、全国認知症グループホーム協会、全国新型特養推進協議会、全国小規模多機能型居宅 ...
大今歩/限界集落に「村おこし」を求める愚かさ - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、都市部では老人福祉のためのコミュニティーバスが運行されているが、山村にこそその運行が必要である。公共交通機関が全くない山村が多く、自家用車のない高齢者は、買い物や病院にも行けない。1日1往復は町の中心部と過疎地域を結ぶコミュニティーバスの運行が ...
命を食い物に 介護業界に投資する外資系ファンド - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
業界最大手のニチイ学館(介護事業売上高796億円(07年度))では、発行済み株式の所有者のうち外国法人等の占める割合は、05年3月に10・59%だったものが、08年3月には23・86%に急増している。同じく大手の(株)メッセージ(介護部門売上高217億円(07年度)) ...
しかし、家が平らで、手すりだらけのバリアフリーで快適過ぎると、筋力が弱まり外出も減って運動不足になります。足腰を弱くなると、転倒骨折の原因にもなり、実際に重度要介護老人のほとんどは、この骨折が原因だと医師も指摘しています。 多くの介護施設や老人病院を ...
2008年09月27日()
島民への思い熱く「離島病院奮戦記」出版 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
地域医療の経営課題では、後期高齢者医療制度による患者の負担増、療養病床の入院患者の診療報酬引き下げなど、政策の問題点も指摘した。 安田さんは「離島医療に携わったことで、医療の在り方そのものを考えさせられた。活動の足跡が、読む人の心に届いてくれれば ...
一度高級化粧品使って効果知ると、ランク落とせない? (媒体での記事掲載終了)

   乳液や化粧品1本で数千円~1万円もするような高級化粧品の国内市場が拡大しており、化粧品大手による販売競争が活発化している。2008年秋には、最大手の資生堂が10万円を超える超高級クリームを発売するのをはじめ、化粧品メーカー各社が続々と新商品を投入する準備を進めている。高級化粧品は化粧品メーカーにとって利幅が大きく、少子高齢化の中での貴重なビジネスチャンスにもなりそうだ。

続きは「J-CASTニュース」へ


丸大メラミン問題 奈良の3老健施設で提供 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
丸大食品(大阪府高槻市)の菓子や総菜から有害物質メラミンが検出された問題で、奈良市内の介護老人保健施設3カ所で、問題となった商品が利用者らに提供されていたことが27日、市保健所の調査で分かった。同市内のスーパー2店舗では7~8月に市販されていたことも判 ...
「お試し田舎暮らし」はいかが? 農業体験付で家賃月2万円 (媒体での記事掲載終了)

   都会で暮らす人の憧れでもある「田舎暮らし」を、気軽に体験できるという「お試し暮らし」が人気を呼んでいる。空き家になっている民家を1カ月数万円で借り、農作業をしながら実生活に近い暮らしができる。一方で、格安で提供する側からすれば、高齢化が進み、過疎地域が増える中で、あの手この手で移住者を取り込もうという必死の試みなのだ。

続きは「J-CASTニュース」へ


認知症に理解を 小倉北区で「もりフォーラム」 お年寄りと市民触れ合い - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を深めてもらう「第3回もりフォーラム」(西日本新聞社など後援)が27日、小倉北区の山田緑地で開かれた。認知症患者約300人を含む計約2000人が参加し、自然の中で触れ合いを深めた。 参加者は、森の散歩や絵手紙作りで交流。 ...
医療・介護の崩壊防ぐには正確な実態の開示が必要――大森彌・東京大学名誉教授(1) - 08/09/27 | 16:30 - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
福田総理の下に設置された社会保障国民会議(以下、国民会議)では、医療・介護の機能強化のために、そのあるべき姿を描きつつ、今後必要な財源総額の推計作業に着手しようとしていました。そのさなかに、総理が突然辞任の意思を表明したのです。 辞任表明翌々日の9月3 ...
変わる釜ケ崎、福祉の顔 簡易宿泊所転業15年で72棟 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
入居者の多くは、高齢で働けなくなり、生活保護を受ける元労働者だ。あいりん地区は「福祉の街」へと変わりつつある。 「ずっとここで暮らしたい。アオカン(野宿)しとる時は体がつらかった。天国と地獄やわ」 簡宿から転業したケア付き福祉マンションの一室で暮らす小林 ...
豊田でエコ商店街探検隊を実施 環境や高齢者への配慮チェック - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
両日とも事前申し込みした参加者20組が、名鉄豊田市駅周辺の商店街を歩き、商店街の環境への取り組みや中心市街地の高齢者などへのバリアフリーの取り組みを調べる。 調査結果は、バリアフリーのトイレがあるなど「高齢者にやさしい場所」や、緑あふれる場所のベンチ ...
2008年09月26日()
07年度の生活保護世帯、110万世帯と過去最多に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
... ことが26日、厚生労働省の社会福祉行政業務報告で分かった。人口に占める受給者(保護率)は1.21%で昨年度の1.18%を上回った。 100万世帯突破は3年度連続。特に高齢者世帯が前年度より5.0%増え、同省は「高齢化の影響で低所得層が増えたのが原因」と分析している。 ...
茅野市中大塩 「支え合いの会」発足 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
茅野市中大塩地区の社会福祉にかかわる団体が連携し、今後の地区内の高齢化も含めた福祉対策として「中大塩支え合いの会(愛称支え愛隊)」を発足させた。同地区は団地を中心とした新興住宅地で、2年前から「お互い様の気持ちで悠久のきずなを」として住民同士が支え ...
離島ブームは「南高北低」型 「高齢化」などで衰退する島も (媒体での記事掲載終了)

   消費者が各地域に抱いている魅力を調査し数値化し、「地域のブランド力」ランキングを出したところ、屋久島、宮古島、石垣島などの離島が急上昇。屋久島は全国で11位になるなど「離島ブーム」の隆盛を示した。しかし、人気の離島は南に偏っていて、人が住む400近くある日本の島々の多くは、観光に力をいれるところは少なく、高齢化、人口減などで衰退の一途を辿っているのだという。

続きは「J-CASTニュース」へ


我が家にも「老老介護」!、が・・・。 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
浴室から寝室への移動がタイヘン。若くて体力のある時代ならともかく、後期高齢者ともなれば気はあせるが力が出ない。このまま寝たきりにさせてはならず、なにかと理由をつけて体を動かすようにしなけりゃ。 体験で、ボクらよりもっと深刻な老老介護の家庭があるんだな、 ...
生活保護110万世帯超 07年度、過去最多を更新 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
... 万5275世帯となり、過去最多を更新したことが26日、厚生労働省の社会福祉行政業務報告で分かった。 生活保護を受ける世帯は、バブル崩壊後の1992年度から増え続け、05年度には100万を突破。単身世帯や年金が少ない高齢者の増加が要因とみられている。 ...
1枚のシートで本人の思いに気づく――認知症ケアプラン研修レポ1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
埼玉県介護支援専門員協会は9月20日、センター方式を用いて認知症の基礎から学ぶ「認知症ケアプラン研修」を開催し、33名のケアマネジャーらが参加した。認知症介護研究・研修東京センター地域推進委員の櫻井正子氏の講義中には、グループごとのディスカッションも行なわ ...
【連載】支えたいのに 介護現場は今<5完>価値 一人一人どう向き合う - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
明るい日差しが彼らを照らした(撮影・納富猛) 連載を通じて掲載した第2宅老所よりあい(福岡市南区)の写真。皆さんはどうご覧になっただろうか。 よりあいでは眠たくなるほど緩やかな時間が流れている。懐かしく、居心地が良い。なぜなのだろうか。施設長の村瀬孝生さ ...
【連載】支えたいのに 介護現場は今<4>誇り 人生にかかわれる幸せ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人たちが暮らす福岡県内の病院(療養病床)で働いて3年半になる。幸一は認知症の人たちが好きだ。自分たちは感情を抑えながら生活しているけれど、認知症の人たちは感情に素直に一生懸命生きているように見える。お年寄りと毎日語り合いながら「自分もそんな風に ...
大阪介護支援専門員協会、認知症に関する実践・研究発表大会開催 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
大阪介護支援専門員協会は、認知症に関する実践・研究発表大会を12月20日に開催する。基調講演以外は会員による発表を中心とした会員限定の研修会で、普段の取り組みや研究の報告を通じ、会員の資質向上とケアマネジャーとしての在り方を考える機会を提供したいとしている ...
亀山に介護施設が来月誕生 「バイオマスエネルギー」で環境に配慮 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
間伐材などを利用することで環境への負担を少なくする「バイオマスエネルギー」を導入した介護施設「さと和デイサービスセンター」が、10月1日に亀山市布気町にオープンする。介護施設での導入は珍しいという。関係者は「自分たちのできることから環境保護に取り組み ...
交換の負担を軽減 ユニ・チャームが介護用の紙パンツ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニ・チャームは介護を受ける高齢者用の紙パンツ「ライフリー ズボンを脱がずに交換 リハビリパンツ」を10月7日から出荷する。新生児用の紙おむつのように両脇に付けたり外したりできるテープをつけ、ズボンや下着を全部脱がなくても交換できるようにした。 ...
おやじバンドが老健施設で演奏/三豊 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
中西讃在住の55歳から60歳の男性7人でつくるおやじバンド「京極テリーズ」がこのほど、香川県三豊市三野町の介護老人保健施設「みの荘」を訪れ、ベンチャーズのヒット曲や民謡を演奏し、お年寄り約150人を元気づけた。 バンド結成から2周年を迎えたのを記念して ...
2008年09月25日()
700万円の介護報酬を不正受給 札幌市、業者に返還通告へ(09/26 07:52) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人下宿を運営する介護業者をめぐる問題で、道は、札幌市南区の介護業者「縁(えにし)」の運営する介護保険法指定事業所「かっぱの家」(同区)を監査し、約七百万円の介護報酬を不正受給していたとの結果をまとめた。これに基づき、保険者の札幌市は二十六日、かっぱの ...
コンシェルジュ登場 介護、身近に感じて - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「介護コンシェルジェ」のいる店。きめ細かいサービスで一般客にも利用してもらえるようにするのが狙いだ=大阪府箕面市の綜合メディカル ホテルなどを中心にコンシェルジュという総合案内役の仕事が日本でも知られるようになってきたが、介護業界でも今春から、「介護 ...
使い勝手が体感できる、国際福祉機器展 (媒体での記事掲載終了)
東京ビッグサイト(東京都江東区)で、第35回国際福祉機器展が開催されている。世界の16の国と地域から、530の会社と団体が出展。建築・住宅設備のほか、入浴用品やトイレ用品など、計2万2000点を展示している。
アスタキサンチンが眼精疲労や眼疾患を抑制 (媒体での記事掲載終了)
9月8日、このほど設立された「アスタキサンチン工業会」主催の第1回勉強会が東京で開催された。勉強会のテーマは、眼精疲労に詳しい梶田眼科医院の梶田雅義院長による「アスタキサンチン高齢者の調節機能改善効果」と、抗加齢医学の研究を行う慶応義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授による「食とアンチエージング」だった。
第三の開国に向けて~国際共生の時代に企業はどう向かい合うべきか~ (媒体での記事掲載終了)
日本の人口は2004年をピークに減少し続け、高齢者の独居世帯数の割合が増加している。人口の減少と世帯の高齢化は、住居・交通・通信などの各分野に大きな影響を与える。
第二に、地球環境問題、大震災、少子・高齢化などの社会的課題への対応に、省エネ性能の向上、耐震性の強化、バリアフリー化などにより、住宅が果たす役割は極めて大きい。第三に、住宅投資は関連産業への波及効果が大きく、内需主導型成長の柱としての役割が期待される。 ...
東京ビッグサイトで国際福祉機器展 着るエアバッグや転倒防止オムツなど最先端グッズ登場 - FNN (媒体での記事掲載終了)
世界のあらゆる福祉機器が展示されている第35回国際福祉機器展。 座ったまま、階段を登れる機械や、頭の動きと連動して動く車いすまで、さまざまな最先端マシンが展示されている。 中でも注目を集めていたのが、安全器具メーカーが開発した着るエアバッグ。 高齢者を転倒 ...
当社は、日本の高齢社会の到来を見据え、1987年大人用排泄ケア用品事業に参入しました。1995年には「寝たきりゼロを目指して」というコンセプトのもと、大人用紙パンツ『ライフリー リハビリ用パンツ』を発売、高齢者のトイレでの排泄を促し、寝たきりを防ぐ ...
40億円で売却 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
このうち18戸はバリアフリー住宅として、市民へ優先分譲が行われる予定。また、スポーツ広場などが併設される。 特別養護老人ホーム建設は当初、計画にはなかったが、大庭地区に特別養護老人ホームがなかったことと、地域住民への説明会の場で要望が出されたことから、 ...
「茨城県認知症を知る月間」街頭キャンペーン - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
9月21日(日曜日)、つくば市(筑波西武クレオエントランス)及び水戸市(水戸駅南口ペデストリアンデッキ)の県内2ヵ所で、「茨城県認知症を知る月間」及び、9月21日の「世界アルツハイマーデー」の広報啓発活動として、街頭キャンペーンを行いました。 ...
日本介護支援専門員協会、施設ケアマネ研修会開催――大阪11月8日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本介護支援専門員協会(JCMA)は11月8日、「平成20年度第2回施設介護支援専門員研修会」を開催する。 施設種別に分かれて行なうディスカッション「施設別グループワーク」、日本福祉大学教授の野中猛氏による公開事例検討会などを実施するほか、トークショーと三味線 ...
使い勝手が体感できる、国際福祉機器展 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
展示機器は、障害者や高齢者に向けた製品だけでなく、ユニバーサルデザインをうたった製品が目に付いた。用途は在宅用を中心に、施設用、パブリック用など多岐に渡っている。解説員が常駐し、来場者に対してコンサルティングを行う企業もあった。 ...
事故米でんぷん入り卵焼き 病院、福祉施設にも流通か - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
青森市保健所は嶋津商店から納入先を聞いており、今のところ07年11月から08年8月に同市中学校給食センター、4病院(県病除く)、2老健施設、他2施設の計9カ所に「厚焼玉子」や「だし巻玉子」を納入したことを確認。健康被害の連絡はない。 すぐる食品が問題の ...
「民生委員」なり手が不足 「人材育成の仕組み必要」 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域福祉の中核として住民と行政をつなぐ「民生委員」の引き受け手が不足している。少子高齢化や核家族化が進み役割は高まるが、個人情報保護法や地域コミュニティーの崩壊で活動が難しくなり、現場からは「人材育成の仕組みが必要」という指摘も。一方、委員を支える新た ...
[超高齢社会についての基礎知識] - 日本の論点PLUS (媒体での記事掲載終了)
高齢受刑者も増加中だ。六〇歳以上の新受刑者は、七三年に三四一人(一・三%)だったが、〇三年には二九二九人(九・三%)と大幅に増えた。主に要介護の高齢受刑者を就業させる「養護工場」も増えている。通路や浴場に手すりなどのバリアフリー対策がなされ、刑務所 ...
顺德家电展打造亚洲家电业理想贸易平台 - 慧聪网 (媒体での記事掲載終了)
长虹厨卫总经理老健明先生在参加完07年展会后表示:“四川长虹通过参加顺德家电展(ShundeExpo)进行产品阵容战略性调整的宣传推广,在展会上一共展示了7大系列20余款家电 ...
2008年09月24日()
【快適生活学】ユニバーサルデザイン 生活に浸透して身近に - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化、多様化が進む日本ではさらに、誰にでも使いやすいUDが、物作りの重要なキーワードになりそうです。 こうした日本発のUDは、JIS(日本工業規格)などで標準化を目指す取り組みに加え、ISO(国際標準規格)にも広がり、中国や韓国をはじめアジア諸国から ...
31小中学校、5施設でも 事故米混入 厚焼き卵提供新たに発覚 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設の内訳は、小学校十三、中学校十八、高齢者施設四、知的障害者更生施設一。 小学校では、昨年十二月から、今年四月の間に消費された。中学校分は若葉学校給食センターで調理され、昨年十月に献立に並んだ。福祉施設には約六十袋が納入されたが、何人がいつ食べたか、 ...
先端技術を駆使 福祉機器展 - NHK (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害がある人の生活を支援する福祉機器を集めた国際的な展示会が東京で始まり、手を失った人が指を動かそうとするとセンサーが感知して複雑な指の動きができる義手など先端技術を使った機器が展示されています。
ホンダ、国際福祉機器展に「歩行アシスト」を出展 - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
(c)AFP/Yoshikazu TSUNO 【9月25日 AFP】本田技研工業(ホンダ、Honda Motor)は、24日に都内で開幕した「第35回国際福祉機器展(International Home Care and Rehabilitation Exhibition)」に、高齢者や脚力が低下した人など向けに開発された「歩行アシスト」装置の ...
多文化共生訴え20周年/川崎市ふれあい館 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
... で、在日韓国・朝鮮人一世向けの講座は高齢者交流サークル「トラヂの会」に発展。近年増えているフィリピン人の子供たちでつくるサークルも活発で、その母親たちは桜本に近い同区藤崎四丁目に物販も兼ねた交流スペースを設けた。障害者向けグループホームも誕生した。 ...
災害時要援護者とは?ヘルパーや利用者をどうする?――災害研修会レポート1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人 幹福祉会は、9月18日から2日間にわたり、介護事業者向けの災害時対応研修を実施した。サービス中に災害が発生した場合、派遣しているヘルパーや利用者の安否確認や安全確保について、どんな準備や対応をすべきか、ヘルパーを派遣している事業所約60社が参加 ...
畳の張り替え作業体験/牟礼中生が職場体験学習 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
職場体験は、将来の進路選択に役立てようと、総合学習の一環で毎年実施。24、25日の2日間にわたって、県内の老健施設や量販店など計55カ所に分かれて参加する。 このうち、同市高松町の間島畳装飾(間島規夫社長)には、生徒3人が訪れ、同校から持ち込んだ畳 ...
本年度の介護老人保健施設事業功労者に対する厚生労働大臣表彰に、本県から一関市東山町の介護老人保健施設さいき理事長の西城健さん(72)、宮古市山口の宮古介護老人保健施設桜ケ丘理学療法士長の大平宏一さん(46)、大船渡市大船渡町の介護老人保健施設気仙苑介護 ...
介護施設でクリームパンダ提供=長野県松本市 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
長野県松本市は24日、「城山介護老人保健施設」で、有害物質メラミン混入の疑いがある丸大食品の菓子「クリームパンダ」を提供していたと発表した。健康被害の報告はない。市高齢福祉課によると、8月8日、おやつとして入所者約100人に提供したという。 ...
「着る」エアバッグ、高齢者向けに - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
都内で開催された国際福祉機器展で、安全器具メーカー「プロップ(Prop)」が開発した高齢者向けの「着る」エアバッグを着用する同社の内田光也(Mitsuya Uchida)社長(2008年9月24日撮影)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO 【9月24日 AFP】安全器具 ...
介護業者に賠償命令 食事中窒息「注意怠る」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
重度の身体障害のあった次男=当時(15)=が夕食をのどに詰まらせて死亡したのは、食事を手助けしたヘルパーが注意を怠ったためだとして、愛知県一宮市の両親が市内の介護業者などに総額6000万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁一宮支部は24日、業者側に計 ...
輪島市で能登半島地震災害公営住宅起工式 (24日) - 北陸朝日放送 (媒体での記事掲載終了)
道下地区に建てられる災害公営住宅は、総工費およそ1億円、地域の景観に配慮した瓦葺きの屋根の外観でバリアフリー構造など高齢者や体の不自由な人でも快適に過ごせるようになっています。完成は、来年1月を予定しています。 (14:13)
3つの機能を持つ複合施設へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
地域ケアプラザの機能を含んだことで、施設利用者は子育て相談のほか、介護についても常駐のケアマネージャーが相談を受ける。また、障がい者のためのサポートも行い、生活相談のほか、余暇活動やショートステイの受け入れも行う。 青葉区は18歳未満の障がい者数は、市内 ...
松下電工、高齢者施設向けバリアフリー水まわりユニットを受注開始 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
松下電工は入居者の身体状態にあわせ複数の共同浴室の設置が必要となる高齢者施設に向け、「バスプラン、檜(ひのき)浴槽プラン、介護浴槽プラン」などを選択できる高齢者施設向けバリアフリー水まわりユニット「アクアハートKシリーズ」を開発し、9月24日に、受注を開始 ...
ケアマネからもらった情報でその人に合った告知が――認知症シンポ3 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
また話しやすい環境でゆっくりと説明して理解を得てもらうためにも、ケアマネージャーなど共にに関わる他職種からの説明や助言も必要だ。告知後の職種間の情報共有や本人と家族を含めた「チーム・ケア」が重要」と強調した。 また、八森氏は自身の体験として「昔、もの ...
【連載】支えたいのに 介護現場は今<1>不安 給料13万円、相談だれに - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
質の高いケアで知られる第2宅老所よりあい(福岡市)の日々から切り取った光景とともに、介護現場で働く意味について考えたい。 (酒匂純子) 介護福祉士 日常生活に支障がある人を介護し、その人や介護者に対して指導を行う専門職の国家資格。(1)専門学校や短大、大 ...
【連載】支えたいのに 介護現場は今<3>限界 マイナス報酬、経営窮迫 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人保健施設やグループホームなども運営しており、赤字は別の施設の黒字で補った。最近はデイサービスで延長を受け付け、増収を目指した。それでも足りない。正雄は「絞れと言ったって、これ以上、絞りようがない」と限界を感じている。 2000年に介護保険が導入され ...
【連載】支えたいのに 介護現場は今<2>翻弄 時代の流れ、でいいのか - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士を育てる養成校に入学する学生は減り続けている。千恵が勤める大学も1年生は定員の半数。危機感が広がる施設側は「青田買い」しているのだ。 実習生の受け入れは施設側も負担になる。これまで受け入れ先を探すのは大変だったが、最近は施設側も手のひらを返し ...
福岡市保健福祉局・恒吉理事 人工島・毒グモ広報の不手際認める! - データ・マックス (媒体での記事掲載終了)
しかし、セアカゴケグモの「毒性」について説明を求めたところ、要領を得ない返答に終始。乳幼児や高齢者が咬まれた場合、重症化するという他の自治体の試験結果や、毒性を公表しない福岡市の「不作為」について厳しく問いただす記者に、満足に答えることはなかった。
滝川市幹部側は請求棄却求める 2億円返還訴訟で初弁論 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
訴えによると、市は2006年3月-07年11月、詐欺罪で懲役13年が確定した片倉勝彦受刑者(43)と、1審で懲役8年の判決を受け控訴した妻ひとみ被告(38)に、介護タクシー代など生活保護費を支給。市長らは「高額の支給はおかしい」との監査委員の警告を無視 ...
介護タクシー詐欺、住民請求棄却求める - 札幌テレビ (媒体での記事掲載終了)
訴えによりますと、滝川市は、おととし3月から1年9か月余りの間に、詐欺罪で懲役13年が確定した片倉勝彦受刑者とその妻に、介護タクシー代などおよそ2億4000万円を支給しました。 市民は、田村市長ら市の幹部5人に対し、不正受給を防ぐ注意義務に違反していたなど ...
高齢者らが演劇伸び伸びと披露 那覇、「いちゃりば青春 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が中心になって出演したシニア演劇「いちゃりば青春」(那覇市社会福祉協議会主催)が23日夜、那覇市ぶんかテンブス館で開かれた。那覇市の金城老人憩の家のシニア演劇講座の受講生14人と同施設の利用者約50人が出演し、にぎやかな舞台を繰り広げた。 ...
市民協、「年収を450万円に」介護報酬決定についての要望書を提出 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
市民福祉団体全国協議会(市民協)は9月19日、厚生労働大臣宛ての介護報酬改定に関する要望書を宮島老健局長に提出した。 要望書は市民協ホームページで公表しており、人材確保のためには介護従事者の労働環境の大幅改善が必要で、年間報酬を日本の労働者の平均額といわれ ...
2008年09月23日()
『50歳プラス』を生きる 弱者の側に立ち 尊厳守る助けを 成年後見の普及を目指す 石川 徹さん(58歳) - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
その山本さんが「受刑者には高齢者や障害者が多い。普通に生きていくのが大変な人が多いからだ」といった趣旨の話をした。 石川さんは深く共感。人権を守り、興味があった福祉にも役立つと、高齢者や障害者を支援するセンターを設立した。 センターの役割について石川さん ...
あなたはいつ、誰から告知を受けたいですか?――東京都認知症シンポ2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は9月17日、認知症の告知をテーマにシンポジウムを開催した。首都大学東京健康福祉学部部長の繁田雅弘氏による基調講演に続いて、パネルディスカッションが行われ、認知症の介護に必要な地域資源、チームケアの重要性などが話し合われた。 ...
突然の方針転換に困惑 厚労相が見直し発言 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
出張講座は平日、20人程度が集まる場に広域連合職員が出向き、制度の狙いや仕組み、実際の保険料などについて約1時間、丁寧に解説する。75歳以上の被保険者だけでなく、介護福祉施設の職員ら、高齢者と接する機会の多い人にも制度を理解してもらう。 ...
注目の福祉用具日割りレンタル - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
小林社長は「今月からサービスを始め、年金で生活している高齢者らから好評を得ている」とし、出費が抑えられた分で、歩行器などを借りるケースも多いという。また、「介護保険制度の財源が危ぶまれる中で、行政側からの注目度も高い」と話している。 ...
男性介護者の会(ぼだい樹会)の立ち上げ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
東川町の男性介護者を支えるボランティアの会を立ち上げました。 が、老老介護には大変なご苦労がある様です。 男性の介護、一般論ですが、ひとりで頑張り過ぎて、思いつめてしまう事があります。 ますます高齢化が進む社会、介護は男女の性差無く押し寄せてきます。 ...
認知症を防ぐには? - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
好むと好まざるとに関わらず、いつおとづれるかも知れない認知症。認知症をテーマにした「もの忘れフォーラム2008」が、9月23日(秋分の日)有楽町にある東京国際フォーラムで開催されました。会場となったAホールには、3000名もの人たちが参加しました。 ...
敬老週間に寄せて お年寄りの力を生かせ - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
県内の独り暮らしの高齢者は4万9765人。65歳以上人口の18・8%を占めている。6カ月以上寝たきりの高齢者は5564人で、同じく2・1%。 高齢化率は、北山村が45・8%で一番高く、古座川町(45・1%)、すさみ町(39・5%)、高野町(37・3%)、太地 ...
地域医療発展に期待 希望ヶ丘病院が竣工式 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
本館と診療棟(外来)からなる建築面積は六千八百七十一・四八平方メートルで、一、二階に精神病棟、三階に療養病棟を整備している。建設事業費は約十四億一千万円。 藤澤病院の外来診療と精神科九十三床を維持し、新たに気仙初の療養病床三十七床を追加した。 ...
医師は病名を告げるだけが告知ではない!――東京都認知症シンポ1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
東京都は9月17日、シンポジウム「認知症と向き合う「認知症の告知」を中心に」を開催した。 東京都では、認知症への理解の促進のため、昨年から「世界アルツハイマーデー」を記念したシンポジウムを9月に実施しており、08年度は「認知症の告知」をテーマに、首都大学東京 ...
独居高齢者宅の玄関先でごみ収集 来年から豊田市 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
収集対象者から一定期間、ごみ出しがない場合は、市高齢福祉課などと連携を図る。 申し込みは11月1日から開始。ファクスやメールなどで受け付ける。 収集は民生委員らの要望を受けて実施。市によると、近隣では岡崎市や豊橋市などで既に実施されており、豊田市 ...
2008年09月22日()
ヘルパーに認められる医療行為も解説――ヘルパーと家族のための本 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
... につれ段階的に知識を身につけられることを念頭において編集されている。また、ホームヘルパーに認められた医療関連行為の具体的な内容も、現場の実践に即した内容で取り上げた。 付録では、筆者の在宅医療経験に基づく高齢者虐待への対応のポイントも解説している。
人呼んで「只見あしながおじさん」3000万円寄付 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
子どもたちの教育や高齢者福祉への活用を希望しているという。 「只見あしながおじさん」。町は親しみを込めてそう呼び、学校図書の充実や芸術文化活動の支援、福祉施設の備品購入などに寄付金を充てることを検討中だ。 広大なブナの天然林を抱える町は「自然首都・只見」 ...
ホテル内おみやげ店に福祉事業所の商品 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
同ホテルの宿泊者は高齢者から家族連れまで年間十三-十四万人で、その三分の二がおみやげ店に立ち寄るという。星全総支配人は「商品が充実するほど、出合う機会も多くなる」と種類の豊富さの重要性を説く。 今回の取り組みでは、売り上げの85%が出品した事業所に入る ...
認知症患者数が世界一、独居も急増―中国 - Record China (媒体での記事掲載終了)
2008年9月21日は世界アルツハイマーデー。20日、羊城晩報は中国の高齢者性認知症患者数は世界最多であり、高齢化社会の進展に伴い今後もその数は急増する見通しであると報じた。 2005年段階で中国の高齢者性認知症患者数は598万人、全世界の4分の1を占め世界最多となっ ...
認知症妻への殺人罪で元町議を起訴 山形地検 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県警などによると、瑞子さんは認知症の症状があり、佐藤被告が介護をしていたが、瑞子さんに暴力を振るうこともあった。遺体には殴られたとみられるあざがあり、「薬を飲まないことに腹が立った」などと、殴ったことは認めているという。 佐藤被告は平成15年4月まで ...
経済は全治3年、消費税増税を考えるのはその先=麻生新総裁 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
一方で将来の消費税の姿に関しては、少子高齢化のなか、米国型の「小福祉・小負担」か、欧州型の「高福祉・高負担」かの選択を迫られており、日本の国民合意は「中福祉・中負担」だろうと指摘。「(現在の小負担から中負担への移行の)かなりの部分は消費税にいかざるを得 ...
元ヘルパー準詐欺 控訴棄却 - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
認知症の女性から1億円あまりを騙し取ったとして、準詐欺などの罪に問われている元・ホームヘルパー小原さつ子被告の控訴審で、仙台高裁は懲役7年とした一審の判決を支持し、控訴を棄却しました。 一審の判決によりますと、小原さつ子被告57歳は、2004年5月から12月 ...
理事長に中村氏=診療報酬支払基金 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
社会保険診療報酬支払基金は22日の理事会で、前厚生労働省社会・援護局長の中村秀一氏を理事長に選任した。 中村 秀一氏(なかむら・しゅういち)東大法卒。73年厚生省に入り、官房審議官=医療保険・医政担当、老健局長、社会・援護局長などを務め、08年7月辞職 ...
東京都、介護報酬の地域差是正を提言――厚労省介護給付分科会で力説 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は18日、第53回の社会保障審議会介護給付分科会を都内で開催し、東京都や高知県などの担当者から、介護報酬のあり方についてヒアリングした。 本会に出席した東京都福祉保険局高齢社会対策部長の狩野信夫氏は、介護関連職種の求人倍率の高さと介護職の人材 ...
小規模多機能ケアセミナー 久留米市で10月25、26日 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護が必要になっても住み慣れた家で生活できるよう、「通い」「泊まり」「訪問」のサービスを組み合わせて利用できる「小規模多機能型居宅介護」をはじめ、グループホーム、宅老所、認知症デイサービスなどの課題と展望を探る「小規模多機能ケア全国セミナーin久留米 ...
「認知症に理解を」大宮でチラシ配布 世界アルツハイマーデー - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
世界アルツハイマーデーの二十一日、認知症への関心と理解を高めてもらおうと、社団法人「認知症の人と家族の会」は全国各地で講演会やチラシ配りなどの一斉行動を行った。埼玉県支部(宮下房江代表)はJR大宮駅西口前で、認知症サポーターへの参加などを呼び掛ける ...
認知症のタイプ別特徴と対応策をケアプランに」――認知症セミナー2 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
高齢期は子供のいいつけで施設へ入所する場合も。ボーッと過ごしたり、独り言を言うタイプ。現実への立ち戻りのきっかけを発見し、何か役割を与える。 過去の良い思い出にひたるタイプ。施設でも在宅でも自分の居場所を求めて徘徊するケース。説得したり、反論せずに過去 ...
介護保険制度の見直しが行われ、施設介護から在宅介護へという方針が打ち出された2006年以降、療養病床の削減、介護施設の建設にも規制がかかり、今後は規制のかからない(自治体への届出の必要がなく総量規制の影響を受けない)高専賃、住宅型有料老人ホームの市場 ...
健やかな長寿社会を うるま市でかりゆしフェス - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【うるま】「みんなで築こう豊かな長寿社会」をテーマに第20回かりゆし県民フェスティバル(県、うるま市、県社会福祉協議会、うるま市社会福祉協議会主催)が21日、うるま市具志川総合運動公園で開かれた。 開会式で伊波輝美県福祉保健部長は「高齢者が住み慣れた ...
笑顔満開『はいはいレース』 おやべ元気フェスティバル - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... すかさず家族の元へ駆けつける子は少なく、コースを外れたり、母親の元を離れないでぐずついたりするなどさまざまな光景が笑いを誘っていた。 障害者や高齢者の身になる疑似体験コーナーやフリーマーケット、福祉の店の展示即売などもあり、多数の市民でにぎわった。
次期介護報酬改定に向けて――日本介護支援専門員協会・会長インタビュー(1) - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
2005年の設立から3年目を迎えた日本介護支援専門員協会(JCMA)は、介護支援専門員の資質向上と地位の確立を図り、国民の保健医療の向上と福祉の増進に寄与することを目的に、さまざまな事業活動を行なっている。JCMAの木村隆次会長に現在の協会の活動状況や今後の展開 ...
2008年09月21日()
鹿県の介護サービス情報公表 事業者「手数料高い」 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
インターネット上で介護サービス情報を公表する鹿児島県の制度で、介護事業者の不満が高まっている。事業者負担の手数料が高い上、「情報を必要とする高齢者のどれだけがネットを利用しているか」という制度自体への疑問があるからだ。事業者にアンケート調査した県保険医 ...
高齢者、家庭内事故に注意を 多発する転倒・やけど…「焦り」は禁物 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者世帯は住宅が古い場合が多く、床や敷居の段差解消などバリアフリー化を「やってもムダ」と放置しがちという。 死亡事故16件の死因は、やけどが12件と圧倒的で、風呂の湯でのやけどが6件、ろうそく、ガスコンロ、たき火などで着衣が燃えた事故も5件。 ...
次期介護報酬改定に向けて――日本介護支援専門員協会・会長インタビュー(1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
2005年の設立から3年目を迎えた日本介護支援専門員協会(JCMA)は、介護支援専門員の資質向上と地位の確立を図り、国民の保健医療の向上と福祉の増進に寄与することを目的に、さまざまな事業活動を行なっている。JCMAの木村隆次会長に現在の協会の活動状況や今後の展開 ...
ゆうゆうLife】畠中雅子の家計診断夢相談 リフォームにいくら使える - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
山根さんの居住地で、そのくらいの収入なら、国民健康保険(国保)と公的介護保険の保険料は月6000円くらい。お給料から引かれている社会保険料が国保に代わっても、大きな赤字は出なさそうです。そのような状況を踏まえると、現在の貯蓄から「リフォームにいくら ...
「見た目で判別できぬ」 丸大の商品回収、消費者に不安広がる - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
同区の介護職員の女性(53)は「介護の職場だけに安全に一番気を使う」と話す。ただ「事故米もメラミンも汚染が見た目で判別できるわけではなく、最後はメーカーを信じるしかない」とやるせない表情。 都内の別のスーパーでは文京区の主婦(45)が「安物だけが危ないわけ ...
より良い福祉バスに 茅野市が利用者実態調査 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
茅野市は、高齢者らの社会参加に利便を図るために運行している福祉バス「ビーナちゃん」について、今後の事業の方向性を検討する基礎資料とするため、利用者実態調査を行っている。市は路線バスなど地域の公共交通のあり方についても検討を進めており、調査結果を福祉バス ...
世界アルツハイマーデーに合わせ記念フォーラム - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症をテーマにしたフォーラムが21日、香川県綾歌郡宇多津町のユープラザうたづであった。「きのこエスポアール病院」(岡山県笠岡市)の藤沢嘉勝副院長が「認知症の理解とこれからの認知症ケア」と題して講演したほか、福祉施設や看護学科の学生らが討論会を実施。 ...
認知症グループホームに「見守り」カメラ 製品化中止 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症グループホームの中にカメラを設置すれば、介護職員が離れた場所からも入居者の見守りが可能となり、ゆとりを持って介護ができる。こんなねらいから、石川県内の大学の研究者らでつくるグループが文部科学省の研究費で開発を進めていた「見守り支援システム」に ...
世界アルツハイマーデーで啓発活動 松山 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
世界アルツハイマーデーの21日、認知症の人と家族の会県支部(行本絹枝代表、約80人)は松山市湊町5丁目のデパート前で、病気の正しい理解と早期診断を呼び掛ける街頭活動を行った。全国一斉の啓発行動で、15回目。 認知症の本人や家族、看護師らでつくる同会県 ...
災害弱者を台帳管理 三原市、安全避難支援へ素案 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
三原市は十九日、自然災害などの際、障害者や高齢者に安全に避難してもらうための「災害時要援護者避難支援プラン」の素案を明らかにした。 町内会長や専門家らでつくる策定委員会の会合で示した。素案は、在宅の障害者や介護保険で要介護3以上の人、七十五歳以上の高齢 ...
とくに最後の最後、寝たきりにでもなったら、住まいの中で居る場所は寝室だけ、しかもベッドの中ということにもなりかねません。究極のところ、住まいはベッドとトイレ、浴室などの水回りだけがわが“終の居場所”なのかも知れません。それを見越して、縮小のプランニングを ...
お年寄りらいっぱい笑ってますます元気 湖西でボランティアらが寸劇や演奏 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
古見、川尻、市場、山口、坊瀬の各地区の高齢者同士の交流を目的に、鷲津西地区福祉会(五味道隆会長)が毎年開催している。地区のお年寄りと地域のボランティアら計280人が参加した。 参加者は合間に簡単な健康体操を交えながら、ハーモニカ愛好会の演奏に耳を傾け ...
介護報酬改定 財源の論議をしっかりと - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度に基づき、来年度の介護報酬改定の在り方などを協議する厚生労働省の社会保障審議会介護給付費分科会の議論が本格的に始まった。来年一月をめどに、改定の考え方などを厚労相に答申する。 介護事業者に支払われる介護報酬は三年に一回改定され、過去二回は ...
段差のない墓地販売 - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同霊苑管理事務所(田沢政夫所長)によると、これまでスロープなどはあったが、墓と参道の間に段差があるなど、完全なバリアフリーとはいえなかった。高齢化で車いすの来訪者が増え、「車いすに乗ったまま墓前まで行きたい」との要望が数多く寄せられていたという。 ...