介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年09月10日()
観光ガイド、介護もお任せ 登別市 16日から養成講座(09/11 06:53) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
修了すると、ホームヘルパー二級と観光ガイドヘルパーの資格が取得できる。 市や商工会議所でつくる市雇用創造推進協議会が進める産業クラスター形成計画の一環。厚生労働省の地域雇用創造推進事業の一つに選ばれ、三年間にわたり、同省の委託を受ける形で実施する。 ...
「福祉旅行」普及へ 国交省、高齢者・障害者に配慮 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は、介護技術のある添乗員の同行やバリアフリー対策をとった宿泊施設の利用など、年齢や障害にかかわらず国内旅行を楽しめる「ユニバーサルツーリズム(福祉 ...
認知症対策 厚労省が指針 医療と介護の連携強化 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は七月、全国で約百七十万人いるとも推計されている認知症対策の指針となる「認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト」の報告書をまとめた。目指すのは『認知症になっても安心して暮らせる社会』。認知症の疑いのある人を早期に診断し、適切な医療や ...
認知症対策 厚労省が指針 医療と介護の連携強化 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は七月、全国で約百七十万人いるとも推計されている認知症対策の指針となる「認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト」の報告書をまとめた。目指すのは『認知症になっても安心して暮らせる社会』。認知症の疑いのある人を早期に診断し、適切な医療や ...
自民党総裁選:石原伸晃氏の公約 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
社会保障に関しては「国民がもっとも不安、不信を抱いている年金、医療、介護の社会保障の仕組みを安心なものとするため、社会保障の将来の姿についての国民の合意を形成する」と指摘。「必要な財源に充てるため、まず徹底した行政改革でムダを直ちに根絶、その上で不足 ...
認知症の人と家族の会、3種の治療薬の早期認可を舛添厚労相に要望 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族の会は、認知症治療薬の早期認可について舛添厚生労働大臣に要望書を提出した。 要望書では、現在170万人いるといわれる認知症患者が2015年には250万人になると予想されていることを受け、有効な薬の開発認可は全国民的な願いであるとし、臭化水素酸 ...
2008年9月11日 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
十一月に誕生日を迎える。 都福祉保健局によると、本年度に百歳となる都民は千六百三十六人。最高齢は百十一歳で、百歳以上の全体は四千二百五十四人。 また、都総務局がまとめた高齢者人口推計によると、都内の六十五歳以上人口は、前年より七万九千人増えて二百四十六万 ...
品川『市民後見人の会』 高齢者の財産管理 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
(松村裕子) 成年後見人は、判断力が不十分な認知症の高齢者らに代わり、預貯金を管理し、施設、病院に関する手続き、支払いに当たる。 成年後見人になるには、親族や区長が地元の家裁に申し立て、審判確定を受けることが必要で、主に弁護士らの専門家や社会福祉協議会が ...
ドームやきものワールド あすから前売り券販売 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... をテーマに、全国の有名陶磁器産地から約300ブースが大集合。貴重な逸品からお買い得品まで魅力的な器がそろう日本最大級の陶磁器フェアです。 前売り券 中学生以上八百円(当日千円)。小学生以下無料。65歳以上、身体障害者および介護者は当日八百円で入場可.
総裁選5候補、TV出演し政策アピール - TBS News (媒体での記事掲載終了)
子育てとか社会全体の話ということで持続可能な社会」(町村派 小池百合子 元防衛相) 「最も高齢化が進んでいる国、これが日本の現実。その日本の現実ですが、高齢者が増えるということは、暗く貧しい高齢化社会ができるかのごとき話があるが、そんなことはない。 ...
介護疲れで妻殺害、77歳夫に懲役4年6月の判決 千葉地裁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢で体の不自由な妻の介護を負担に感じて殺害したとして、殺人の罪に問われた船橋市高根台の無職、日野武治被告(77)に対する判決公判が10日、千葉地裁で開かれ、根本渉裁判長は「短絡的動機にもとづいた身勝手な犯行だ」として、懲役4年6月(求刑懲役10年)を ...
吃螃蟹必须鲜活煮熟 - 北国网 (媒体での記事掲載終了)
蟹的颜色要青背白肚、金爪黄毛;个体要大而老健;肚脐要向外凸出;蟹脚上要蟹毛丛生;动作要敏捷活跃。 据了解,螃蟹生长在江河湖泊里,又喜食小生物、水草及腐烂动物 ...
介護保険法施行令などの一部改正について国民の意見募集――厚労省 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は、2005年度の税制改正で起きた介護保険料の急激な上昇を抑える激変緩和措置が2008年度で終了することを受けて、2009年から2012年の第4期計画期間も、同水準の保険料の軽減措置を講じることを検討している。こうした「介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の ...
JA全中「元気寿命プログラム」 お年寄り機能回復/状態に合わせ筋トレ 「一人で歩けた」 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
JA全中の「元気寿命プログラム」が、高齢者の介護予防や機能回復に成果を挙げている。JAのデイサービスなどで、専門的な知識を持ったスタッフが、高齢者一人一人の身体状況に合わせて指導。日常生活に必要な筋力を付けてもらう。寝たきりだったが起き上がり歩けるよう ...
物忘れ外来を開設 三田市民病院 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
三田市民病院は十八日から、毎週木曜日の午後、認知症を早期発見し、治療する専門外来「物忘れ外来」を開設する。 物忘れの多くは加齢に伴うもので治療の必要はないが、認知症の初期症状の場合もあるという。同病院によると六十五歳の約3%、八十五歳の約25%が発症。 ...
登別市が高齢者保健福祉計画の策定に着手 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
登別市は、第4期高齢者保健福祉計画と介護保険事業計画の策定作業に着手した。計画期間は平成21年度から23年度までの3年間。現計画の分析などを行った上で今冬にも素案を策定し、市民意見を求める。 両計画は、老人保健法と介護保険法に基づいて市が定めるもの。 ...
主治医との連携はケアマネだけの責務ではない!――医療と介護連携セミナー1 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
青木氏は、医療と介護業態化の要因には、社会的要請として後期高齢者高齢者の増加、制度的要請に療養病床の再編、市場の要請では顧客ニーズの変化があると指摘。国立社会保障・人口問題研究所が示したある自治体の調査では、要介護度別に高齢者がどこで暮らしているかの ...
2008年09月09日()
【教育】介護福祉士養成校 定員割れ深刻化 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者を介護するための国家資格「介護福祉士」取得を目指す学生を養成する全国の大学や専修学校などで入学者の定員割れが深刻化し、平成20年度の定員全体に占める実際の入学者の割合(充足率)は45・8%と半分を下回ったことが厚生労働省の調査で分かった。 ...
県とセブン―イレブン、地域活性化へ包括協定 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者・障害者支援は、店のバリアフリー化や商品表示への配慮だけでなく、地域の高齢者らによる店舗運営の可能性も探る。このほか、ぎふ清流国体のPRや県政情報の提供なども行い、地域活性化につなげる。 県はサークルKサンクスとも地域活性化を目指す同様の包括協定 ...
ゆうゆうLife】介護と手をとる在宅医療(下) 受け皿作りで参入後押し - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医療職と介護職の連携は、顔の見える関係を作り上げることが大事です。しかし、それには時間がかかります。そこで連携の“器”を整える取り組みが注目されています。連携が取れる安心感は、開業医の在宅参入を促す効果もあるようです。(佐久間修志) 横浜市都筑区にある ...
職員数を虚偽申請 県、特養ホームを処分 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
茨城県は9日、介護保険法に定められた職員数の基準を満たさず、虚偽申請で介護保険施設の指定を受けたなどとして、河内町生板の特別養護老人ホーム「千の風・河内」(星哲夫施設長)に対し、10月1日から6カ月間、介護給付金を5割削減し、新規入居者の受け入れを1 ...
メタボ健診と後期高齢者医療と入院日数と療養病床の関係 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
ということは、少なくとも「医療費適正化計画」や「療養病床」の問題は、平成 18 年の時の政権の問題かもしれないのだと思いました。 今日のキーワードは、自分は、「医療費適正化計画」だと思いました。 「医療費適正化計画」と聞いて、自分には耳触りが良かったのです ...
医療費上限「2倍」を是正 高齢者の窓口負担も元に - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療費の上限は「高額療養費」の仕組みで決められているが、七十五歳の誕生月は以前加入していた制度と新制度で別々に適用され上限額が二倍になる。 窓口負担が三割に増えるのは、夫婦世帯で一方が新制度に移り「現役並みの所得」とみなされた場合。 ...
日野原重明氏の講演も=今年も元気に老人週間=盛り沢山のプログラム=9月5日=テーマは「百周年の力」 - ニッケイ新聞 (媒体での記事掲載終了)
休憩をはさみ、午後六時からは、高齢者のいる家庭や福祉医療専門家を対象に、老人科医で有名な千馬寿夫医師による「緩和ケア」についての講演がある。緩和ケアは、回復の見込みのない患者を対象に、「生活の質」を高めようと始められたもので、ブラジルは先進国に遅れて ...
介護する側、1割が80歳以上 進む「老老介護」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅で介護する人の約1割が80歳以上の高齢者という、「老老介護」の実態が9日、厚生労働省の07年国民生活基礎調査でわかった。介護者の3人に1人は70歳以上だ。急速に進む核家族化と高齢化で高齢者だけの世帯が増え、介護も高齢者に頼らざるを得ない現状が浮かび ...
与党、高齢者医療めぐる税負担増を改善へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、毎月の医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度で、75歳の誕生日を迎えた月に限り、上限が2倍となっている問題で、来年1月以降、移行前後の自己負担額を本来額の半分にすることで、従来と同じ限度額とすることを決めた。
施設、在宅介護の在り方で議論 福井で支援計画策定懇 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
これを受け▽今後の施設整備の進め方▽療養病床から介護施設への転換▽在宅サービスの充実―などに絞って議論。委員からは「財政面だけを考え在宅介護を増やすのはよくない。社会的コストは施設介護と変わらない」「在宅介護利用者を増やせば、家族の負担を減らす取り組み ...
「老老介護」、半数近くに=07年国民生活基礎調査-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
65歳以上の高齢者が高齢者を介護するいわゆる「老老介護」の割合が、親族が同居して在宅介護を行っている世帯の推計47.6%に上ることが9日、厚生労働省の2007年国民生活基礎調査結果で分かった。介護する側が60歳以上のケースに広げると、04年の前回調査 ...
インドネシア人介護福祉士候補者、特養ホームで勤務開始 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)に基づき、インドネシア人の介護福祉士と看護師候補者の3名の採用が決定した。8月7日に到着した205名に続いて来日した3名は、日本に留学経験があるため半年間の語学研修を免除されており、日本の生活や介護に関する1週間の研修を終え、採用が決まった ...
公営住宅や高齢施設建設検討へ 「ウトロ地区環境改善協議会」 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
住民から要望のある公営住宅や高齢者福祉施設の建設など計10項目を掲げた。 同地区の土地問題に関連し、国を含めた行政機関が公営住宅の建設を公式に検討するのは初めて。今後この「考え方」を基に議論を重ね、住民との意見交換も踏まえて改善策の基本構想を策定する。 ...
今が青春」 高齢者ら23日に演劇公演 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
(後列右から)上原美代さん、上原勝子さん、佐田さん=8日、那覇市天久の琉球新報本社 孤独だった老人が生きがいを見つけ、人生を輝かせるまでのドラマを、60歳以上の高齢者14人が演じるシニア演劇「いちゃりば青春」(那覇市社会福祉協議会主催)が23日午後6時 ...
癒やしの時代、生徒も意欲的 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
就農志望の生徒が少ない中、藤岡市篠塚の県立藤岡北高校では、介護と園芸を結びつけた「園芸福祉」コースが人気だ。介護需要の高まりと農業高校ならではの強みを生かす。いずれも「高校では国内唯一」(同校)というアロマテラピーやアニマルセラピーを扱う授業に、生徒も ...
府に続き大阪市も大幅経費削減、高齢者にしわ寄せ - JanJan (媒体での記事掲載終了)
しかし、この制度は大阪市が高齢者の移動を確保するために独自に実施してきた施策で、見直しは高齢者にとっては死活問題だ。 もう1つ、高齢者の暮らしを直撃しかねないのが「上下水道料金福祉措置」の見直しだ。おおむね65歳以上だけの世帯について、これまでは月額 ...
後期高齢者医療、加入月の負担軽減策 与党PT方針 - 人民網日本語版 (媒体での記事掲載終了)
医療保険では、1カ月内に負担する医療費が高額になった場合、限度額を超えた分は申請すれば払い戻してもらえる高額療養費制度がある。 しかし、月の途中で75歳の誕生日を迎えて後期医療に移ると、もともと加入していた制度と、後期医療それぞれの限度額まで負担し ...
「物忘れ外来」新設へ/さぬき市民病院 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
さぬき市民病院は、認知症の診断や予防などを専門に行う「物忘れ外来」を本年度中に新設する。高齢化社会で増加する認知症の早期発見・治療につなげるのが狙い。大川医療圏内に同診療科が設置されるのは初めて。 8日開かれた市議会の市民病院施設建設特別委員会(三谷 ...
ゲーム感覚の知的リハビリ機器開発/VRスポーツ - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
Fシリーズは記憶力、動体視力のほか、計算力、敏しょう性の計四種類の機能を、高齢者などがモニター画面を見ながらわずかな動作で養えるシステム。 ゲーム感覚で手軽に取り組めるほか、利用者の能力に応じて難易度が設定でき、結果は自動的に記録される。 国際福祉機器展 ...
【ムルアカ ニッポンをきく】(14)ワタミ 渡邉美樹社長 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
一方で、学校教育をやりたかったので学校経営を始めたら、次に病院経営を始めて、さらにその次は介護と、(連鎖的に)別の世界が見えてきた。これをやったらとびきりの笑顔をもらえるという仕事をやっているんです。最近、高齢者向けの宅配弁当事業を始めました。 ...
【老人ホーム・介護施設紹介センターのケアプロデュース】株式会社経理秘書と相続相談サービスについて業務提携することで合意。 - ValuePress!(プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
老人ホーム・介護施設紹介センター事業を展開している株式会社ケアプロデュース(本社:東京都港区、代表取締役:安藤滉邦、以下ケアプロデュース)は株式会社経理秘書(本社:東京都新宿区、代表取締役:和田安義、以下経理秘書)と提携し、相続相談サービスを開始します ...
2008年09月08日()
老人ホームの人手不足を警鐘する本「だから職員が辞めていく - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
環境新聞社は、同社発行の業界紙「シルバー新報」で連載が終了した「だから職員が辞めていく ~施設介護ケアマネジメントの失敗に学ぶ~」を書籍として9月に発売する。 「だから職員が辞めていく」は、介護人材の不足が叫ばれる中、「このままいけば老人ホームから働き手 ...
ゆうゆうLife】医療 介護と手をとる在宅医療(中 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
在宅ケアにかかわる職種が一堂に会し、情報を共有する(広島県尾道市) 在宅医療で医療職と介護職が連携するには、まだまだハードルがありますが、これを乗り越えて連携を実現させている地域もあります。広島県尾道市では「主治医」を中心に、医療職と介護職がチームで ...
後期高齢者医療への加入月、「負担上限2倍」解消 厚労省方針 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は8日、医療費の毎月の自己負担を一定限度に抑える高額療養費制度に関して、75歳になり後期高齢者医療制度に加入する月に限って負担上限が2倍になる不都合を解消する方針を決めた。政令改正などで来年1月から改める。75歳の誕生日のある月に限り、従来加入し ...
介護報酬270万円を不正受領 足利の事業所 県が指定取り消し - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県保健福祉部は八日、訪問介護サービスの提供実態がないにもかかわらず介護報酬計約二百七十万円を不正に請求・受領したとして、有限会社ネクスト(足利市今福町、小崎克之代表取締役)が運営する「ネクスト足利」の介護サービス(訪問介護・訪問看護)事業所指定を今月三 ...
後期高齢者医療、加入月の負担軽減策 与党PT方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療保険では、1カ月内に負担する医療費が高額になった場合、限度額を超えた分は申請すれば払い戻してもらえる高額療養費制度がある。 しかし、月の途中で75歳の誕生日を迎えて後期医療に移ると、もともと加入していた制度と、後期医療それぞれの限度額まで負担し ...
災害時に高齢者ら避難支援 東近江市、登録制度を今秋スタート - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
登録に同意した人の自宅を地域支援者が訪問し、家の構造と普段の就寝場所、かかり付け医、避難所で必要になる支援内容などを確認、支援個別計画を作って災害に備える。 市社会福祉課は「いざというときは地域の支援が重要になる。できるだけ多くの人に登録してもらい ...
当社は企業理念「高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し社会に貢献し続ける」のもと、介護・医療・アクティブシニア分野において、情報の需要者と供給者の双方に最適な情報インフラの提供に取り組んでまいりました。 これまで、当社では介護の現場で ...
[介護・医療関連] エス・エム・エスが新サービス発表 - MoneyZine (媒体での記事掲載終了)
介護・医療の現場においてリハビリテーションに対するニーズがますます高まる中で、従来のケアマネージャー中心の情報に加え、理学療法士、作業療法士情報サービスを加えることで医療機関とのコネクションをより強固なものとする。 大引けの同社の株価は4万3000円 ...
認知症でもエステで若々しく 神戸の施設 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が共同で暮らす神戸市西区のグループホームで、女性入居者を対象に顔パックやマッサージなどのエステサービスを行っている。共同生活のストレスを発散し、美容を意識することで若々しく過ごしてもらおうという狙い。「美容に気を使っていた人が、病気や施設 ...
廣瀬ゼミ『ATCエイジレスセンター』研修報告 - 松本大学 (媒体での記事掲載終了)
これからの日本は3人に1人が高齢者となる超高齢社会を迎えようとしています。廣瀬ゼミでは、バリアフリーやユニバーサルデザインをテーマに、公共建築物のユニバーサルデザイン評価や、タウンモビリティ(電動車いす等による移動手段)を活用したまちづくりなどに取り組ん ...
[ニュースなるほど]生活不活発病ってなに?/活動せず心身弱る できることは自分で - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
日常の生活でも起こりやすいのでしょうか。防ぐ方法はありますか。(島根県・Mさん) 生活不活発病は、病気や被災などで体を動かさない状態が続き、心身の機能が低下して動けなくなることです。特に高齢者で起こりやすく、最終的に寝たきり状態になる恐れもあります。
介護福祉士候補を初採用=EPAに基づき、インドネシアから-横浜 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)に基づいて来日したインドネシア人介護福祉士候補の女性2人が8日、横浜市の社会福祉法人「緑成会」に国内で初めての採用が決まり、辞令が交付された。2人は今後、特別養護老人ホームで介護職として働き、日本での国家資格取得を目指す。 ...
「医療の敷居」低くする 認知症高齢者に必要な早期発見 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
患者の急増が見込まれる認知症。一部を除くと治療は難しいが、病気の進行を遅らせたり、家族の負担を軽くしたりするには早めの診断が大事だ。とはいえ、なかなか医療につながらない側面もある。現状を変えるには何が必要なのだろうか。 「物忘れ、ありますか」「あるね。 ...
施設ケアマネジャーの参考書「ケアプラン事例集」、予約受付開始 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
ケアプラン事例集」は、特別養護老人ホーム・グループホーム・老人保健施設において施設ケアプランを作成する際のポイントを、事例を通じて学ぶための参考書。事例の選別は東京都介護支援専門員研究協議会が担当し、ケアマネジャーがすぐに実践で生かせることに重点をお ...
認知症がなくても死期が近づくと知的技能が低下する - Dr.赤ひげ.com (媒体での記事掲載終了)
高齢者は、認知症がなくても早ければ死亡する15年前から重要な知的技能(mental skill)の衰えが加速することが新しい研究により判明し、医学誌「Neurology(神経学)」オンライン版に8月27日掲載された。 具体的には、言語能力、空間認識、知覚速度の衰退がみられるが、 ...
ダイハツ、福祉車両シリーズに「タント ウェルカムシート」を発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
「フレンドシップシリーズ」は、軽自動車を中心に、ベース車の基本性能と安全性、経済性を活かしながら、高齢者や身体の不自由な方にも使用しやすい車両を目指して開発。2007年度のダイハツ軽自動車福祉車両の販売台数は3315台で、全軽福祉車両では約40%のシェアを獲得し ...
2008年09月07日()
ゆうゆうLife】医療 介護と手をとる在宅医療(上 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「介護職の情報があると診断もしやすい」。在宅患者を診察する太田秀樹さん=9月上旬、栃木県壬生町 病院ではなく、住み慣れた自宅で療養する「在宅医療」。最近は医療費節減の観点からも注目を集めていますが、患者が生活の場である自宅で療養するには、医師や看護師 ...
米ヘルスケア業界、最大の課題は「肥満」と「カルテの非電子化」 - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
4人に1人は65歳を超えるという高齢化社会、日本。70歳、80歳の人が皆寝たきりになってしまったら、それこそ日本の一大事だ。しかし2008年の医療を取り巻く状況は依然厳しいようだ。 ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の ...
総務省、介護報酬引き上げや介護人材確保など厚労省へ改善勧告 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
総務省は9月5日、介護保険事業を対象とした行政評価・監視結果による勧告を厚労省に発出した。介護職の人材不足、介護予防施策の停滞、有料老人ホームの無届けなど介護保険事業の諸問題について4つに分類し、改善策を求めている。 1.主な職種の離職原因・就業しない原因等 ...
高齢者虐待防止へ市に提言 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
提言書は、ネットワークの柱である通報・相談窓口の周知▽介護疲れなどから抜け出させる加害者支援▽緊急入所施設の確保▽社会福祉士など虐待対応専門の市職員の配置―などを促している。 運営協は、虐待防止を含むセンター事業に関係者の意見を反映させるため介護保険利用 ...
景色のよい湾岸のマンションが高齢者にも人気の高い時代ですが、こうした高潮や津波などの安全対策がなされているかどうか。まさしく水を差すようですが、伊勢湾台風の経験者としていささか心配なのです。 真正面から看板やものなどが飛ばされてくる強風の被害も想定し ...
高齢社会をよくする女性の会、全国大会開催――9月20日~青森 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
... 経済設計 ~どう防ぐ貧乏ばあさん」など7つのテーマで分科会を予定している。 初日の9月20日(土)は13時開始で会場は弘前市民会館。2日目は10時開始で会場は弘前福祉短期大学。参加費は2日間共通で2000円。問い合わせは高齢社会をよくする女性の会(Tel.03-3356-3564)。
2008年09月06日()
高齢者の寝たきり予防や子どもへの食育など、健康増進を目的とした取り組みの成果発表を通して、活動の輪を広げることがねらい。 活動発表は庁舎ホールで行われ、栗原保育園の園児が食育ソングを歌って踊ったり、江北保健総合センターの健康づくり推進員が高血圧予防の ...
地域ときずな まいどの心 配達時、高齢者見守りも - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
都営村山団地周辺で始まった宅配・出張事業の登録店をまとめた昨年の改良版で、建設業や介護福祉サービスなどを新たに加えた。配達時には高齢者の見守り活動も兼ねており、関係者は「大型店にはできないきめ細かいサービスで地元住民とのきずなを深めたい」と話している。 ...
マンション建て替え支援 モデル事業で計画作りなど - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
分譲マンションでは所有者の高齢化や自宅を賃貸するケースが増え、管理組合が建て替えやバリアフリー改修、維持管理や補修の計画作りなどで居住者の合意を得るのが難しくなっている。 このため国交省は安心居住推進事業で建て替えのほか、(1)配管設備などを調べ建築士 ...
受刑者の社会復帰支援へ=障害者らに福祉の手-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
同省によると、親族などの受け手がいない満期釈放者は年間約7200人で、このうち年金が受給できなかったり、障害者手帳がなかったりして自立が難しいとみられる高齢者や障害者は約1000人に上るという。同省は、こうした釈放者が出所後、必要な福祉サービスを受け ...
ネットスーパー盛況 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
運送業者からの提案もあるので、今後検討したい」。 課題もある。流通大手の広報担当者は「インターネットになじみの薄い高齢者の利用が伸びない。本当は、買い物に出るのが大変な人たちにこそ使ってもらいたい。今後はサービスのバリアフリー化にも力を入れたい」と ...
無届け老人ホーム11件/宅老所急増、監視届かず/県まとめ - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県内の宅老所十一施設が、老人福祉法で義務づけられている有料老人ホームとしての設置届け出をせず営業していることが五日、県高齢者福祉介護課のまとめで分かった。設置などに本来規制がない宅老所の急増で、高齢者介護施設に行政の監視が行き届きにくくなっている。 有 ...
2008年09月05日()
認知症へ理解を - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
スタッフのケアは介護というより、高齢者をいたわる普通の情景に思えた。にこやかなお年寄りに囲まれていると、こんな過ごし方もあるのか、とこちらが癒やされた。 今月二十一日は「世界アルツハイマーデー」。病気に対する理解が深まり、患者や家族を支援する輪が広がる ...
東京・新宿に「限界集落」 大規模都営団地が高齢化 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
東京・新宿区に65歳以上の住民が半数を超える大規模都営団地が出現したことが、同区社会福祉協議会の調査で6日分かった。高齢化に加え建て替えで高齢者が集中したことが原因で、高齢化率トップの群馬県南牧村並みの「限界集落」が都心に生まれたことになる。 ...
高齢者の免許返納増加 支援策の充実奏功 山形 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
酒田市は7月、市内を循環する「福祉乗り合いバス」の回数券を無料で交付するサービスを開始。県ハイヤー協会と県バス協会は、今年中にも乗車料金を1割引きにすることを検討している。 県ハイヤー協会の大楯長秋専務理事は「できるだけ早い時期に導入し、公共交通機関 ...
高齢者ふれあい相談員、地域の支え合いで大きな役割 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、地区内の別の相談員が、家族が出掛けた後に転倒し動けなくなっていた高齢の女性を発見。長時間放置されるのを防いだ例もある。 地域関係が希薄になったことなどを背景に設置された同制度。市は「福祉の原点である地域の支え合いで大きな役割を果たしてもらって ...
県が「あんしん賃貸支援事業」 高齢者や障害者の入居を支援 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
加盟する約六千六百の仲介事業者のうち、受け入れ可能な物件を扱う業者が、住宅の所在地や戸数、家賃、規模、バリアフリーの状況といった情報を登録し、率先して仲介する協力店にもなる。 また、県内で高齢者や障害者ら社会的弱者の支援を行っているNPOや社会福祉 ...
「家庭内の高齢者虐待」 通報・相談36%増 被害の8割は女性 2割が介護放棄 07年度県まとめ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
調査は、厚生労働省の依頼で昨年度から実施。県長寿社会課は、虐待認定件数の増加について「虐待が増えたというより、相談態勢の充実などで表面化したと考えている。ただ、身内による虐待は表面化しづらく、実際はもっと多い」と分析。自治体や医療機関、警察、社会福祉 ...
国土交通省は高齢者対策や環境対応に重点、2009年度予算概算要求 (媒体での記事掲載終了)
各省庁は8月末、2009年度予算の概算要求をまとめた。年末までに財務省が要求額を査定して、予算案を編成する。国土交通省が提出した一般会計予算の要求額は、国費で前年度予算比18%増の6兆9372億円。このうち公共事業関係費は同19%増の6兆2629億円を占める。
このほかにも、鎌倉市(神奈川県)で催行される高齢者や障害者を対象とした「初詣・人力車とまわるエコなユニバーサルデザイン・ツアー」、京都市(京都府)では大学生の感性を取り入れた「大学生がプロデュース『京の和魂洋才・京都ナイトカルチャーツアー』」など ...
ヒマワリ咲かせた 西宮の沢の老健施設 紙片2万枚で張り絵(09/05 14:12) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市手稲区西宮の沢の介護老人保健施設「愛の里」で、入所者のお年寄り二十人がこのほど、縦二・五メートル、横三・五メートルの大きなヒマワリ畑の張り絵を完成させた。リハビリのために始めた作業だが、思わぬ出来栄えの良さに、二十人は「また作りたい」と喜んでいる ...
忙中閑話】介護現場から議員になった - JanJan (媒体での記事掲載終了)
高齢者さんを抱える家族の思い、本人さんの思いを出来るだけ“地域”で“在宅”で生活が出来るように支援を行い他機関とのつながりを行ってきました。それでも困難ケースは沢山ありました。現実的に徘徊など重度の認知症の親を持って在宅で介護を続けることの困難さも痛感しま ...
介護、地元密着で支援 商店街に無料相談窓口 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市中村区羽衣町の新大門商店街に事務所を置き、介護情報誌を発行するNPO法人「ひだまりねっと」が無料の相談窓口を設けている。蓄積してきた介護の知識と法人代表自らの体験を実践の場で役立てようと“年中無休”で地域と向き合う。 同法人は設計事務所経営土屋 ...
白川病院が救急業務再開 環境問題改善で - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
同病院は一般病床と療養病床を合わせて計124床。1980(昭和55)年に救急指定病院の指定を受けた。だが、2006(平成18)年3月に隣接地で操業を始めた同工場から悪臭が発生。調査の結果、バイク部品の製造工程からベンゼンやトルエン、ホルムアルデヒドなど ...
2008年09月04日()
障害者の生活介護サービス通所に助成 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
武雄市は、入浴や食事といった生活介護サービスを受けるため施設へ通所する市内の障害者に助成金を支給する。対象は介護給付の支給を申請している障害程度区分が重度の「4-6」と認定された10人。1回当たりの通所に400円を支給し障害者の負担軽減につなげる。 ...
日興グループの投資会社が介護ファンドを設立 (媒体での記事掲載終了)

   日興アントファクトリーの投資会社のアント・コーポレートアドバイザリーは、介護事業者に特化した投資ファンド「アント・ケアビジネス2号投資事業有限責任組合」を、2008年8月28日に組成した。当初約20億円を募集し、11月末までに100億円程度に拡大する。

続きは「J-CASTニュース」へ


日興グループの投資会社が介護ファンドを設立 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
日興アントファクトリーの投資会社のアント・コーポレートアドバイザリーは、介護事業者に特化した投資ファンド「アント・ケアビジネス2号投資事業有限責任組合」を、2008年8月28日に組成した。当初約20億円を募集し、11月末までに100億円程度に拡大する。 ...
老人福祉大会が開催/高齢者福祉の向上に貢献した個人・団体に市長表彰 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
阿部孝夫市長はあいさつで「これから高齢者の仲間入りをする〝団塊の世代〟を老人クラブに勧誘してほしい」と呼び掛けた。 高齢者福祉の向上に貢献した個人・団体に市長表彰などが贈られた。 市長表彰されたのは次の通り。
インドネシア人介護士が研修 - NHK (媒体での記事掲載終了)
日本とインドネシアが結んだEPA=経済連携協定に基づいて来日したインドネシア人の介護士たちが、4日から介護施設で研修を始めました。研修を始めたのは、先月来日したインドネシア人の介護士104人のうち、日本に留学した経験があるため日本語の能力が十分だとして ...
高齢者福祉施設で78歳女性を切りつけた77歳の男、公判で起訴事実認める-香港 - Web-Tab (媒体での記事掲載終了)
事件は今年1月5日、当時2人が生活していた上水地区の高齢者福祉施設で起きた。 同日午前6時ごろ、Ko Biu被告は施設内のフィットネスエリアでエクササイズをしていたChangさんに背後から近づき、Changさんの頭を殴り、包丁で顔を切りつけたとされる。 ...
(9/4)認知症がなくても死期が近づくと知的技能が低下する - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者は、認知症がなくても早ければ死亡する15年前から重要な知的技能(mental skill)の衰えが加速することが新しい研究により判明し、医学誌「Neurology(神経学)」オンライン版に8月27日掲載された。 具体的には、言語能力、空間認識、知覚速度の衰退がみられるが、 ...
障害者介護で水増し請求 - 札幌テレビ (媒体での記事掲載終了)
旭川市の福祉業者が在宅介護などのサービスの回数を水増しし、市から、報酬を不正受給していたことが道と旭川市の調べで明らかになりました。 この福祉業者は、旭川市にある「福祉総合企画」で、2006年から、障害者の在宅介護などの事業を行ってきました。 ...
助け合い長生きを 最高齢夫婦らを香美町長が訪問 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉月間の九月に合わせ、兵庫県香美町の藤原久嗣町長が三日、二人合わせて百八十八歳になる同町最高齢夫婦の香住区下浜、浜本稔さん(93)、と志子さん(95)宅を訪ね、花束を贈って長寿を祝った。 浜本さんは、七十年近い結婚生活で、子ども五人を育て、孫十二 ...
地域福祉充実へ連携 浜松市東区の6地区社協が推進協発足 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
会長に浅野善一・蒲地区社協会長、副会長に村松義信・和田地区社協会長が就任した。 浅野会長は「東区の特性を生かせるよう、レベルの高い活動に発展させていきたい」とあいさつ。 来賓で東区長の鈴木将史さんは「高齢化の進展で福祉へのニーズは高まっている。 ...
家庭での高齢者虐待177件 県内07年度 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
調査は、一昨年4月に施行された高齢者虐待防止法に基づき実施。同法では、市町村が具体的な対策として早期発見・対応を図ることになっており、県高齢福祉課は「虐待防止意識をさらに高めるため、通報制度などを県民にもっと知ってもらうと同時に、市町村の取り組みを ...
2008年09月03日()
介護保険料を誤徴収 六合村 データ作成で入力ミス - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
六合村が、今年八月分の年金からの介護保険料天引きで、三百四十七人から誤った金額を徴収していたことが三日、分かった。 過徴収は二百九人で合計額は二十八万六千二百円、徴収不足は百三十八人で合計額は二十一万円だった。 一人当たりの過徴収は最大で約八千円、徴収 ...
旭川の福祉業者 障害者介護で水増し請求 道、指定取り消しへ(09/04 07:23) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【旭川】障害者福祉サービス事業を行っている旭川市内の有限会社「福祉総合企画」が在宅介護などのサービスを障害者に提供したように見せかけ、同市から報酬百万-二百万円を不正受給していたことが三日、道や同市の調査で分かった。道は障害者自立支援法に基づく障害者 ...
高齢の家族殺害する事件多発 救われない『老老介護』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の妻は寝たきりで、主に男が日夜世話をした。男自身も肺に水がたまるなど、体調は思わしくなかったが、妻が「死にたい」と漏らしても「ばかなこと言うな」と押しとどめた。しかし、妻の認知症が進み、ショートステイが断られるようになると、「無理心中」が頭に ...
脳卒中の症状 ときに認知症 脳血管障害性認知症 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
脳卒中の症状は手足のマヒや言葉の障害が主ですが、ときに認知症を来たすことがあります。 70歳代の男性は2年前に突然、左の手足が動かなくなり、右脳の脳梗塞(こうそく)と診断されました。懸命のリハビリテーションの結果、つえを使えば何とか自分で歩けるように ...
いつまでもお元気で 各市長ら市内最高齢者を訪問 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
(伊藤弘喜) 東近江市の久田元一郎副市長は、百三歳になる市内の男性最高齢者、高木半助さんが入所する介護老人福祉施設「こぼしの家」(同市市辺町)を訪ねた。 高木さんは一九〇五(明治三十八)年一月生まれ。近江鉄道で定年まで働き、スキー場のリフトの設計などをし ...
豊橋で高齢者趣味の作品展 - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊橋市と同市老人クラブ連合会(柵木良行会長)主催の「第40回高齢者趣味の作品展」が3日、豊橋市民文化会館2階展示室で始まった。5日まで。 市内地区市民館や老人福祉センターなどで開かれる趣味の教室に参加する人々が成果を発表する場で、恒例となっている。 ...
介護施設が共同で研修システム/4日から県がモデル事業 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
四日から始まる横須賀地区では十三施設が協力、ホームヘルパー二級を修了し、実務経験一年以上の十四人が二年間で百五十時間研修する。県央地区と横浜地区でも九月から十月にかけて研修が始まる。 また、横須賀三浦・湘南地区で行う「ファーストステップ研修」は全国社会 ...
第6回ふらの健康ふれあい祭りのお知らせ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
呼気CO濃度測定、実験・クイズ、禁煙したい方の相談コーナーなどなど。 高齢の方や障害のある方にも使いやすい「除雪用スコップ」の展示、日産福祉車輌ライフケアビーグル展示、介護・福祉機器展示、薬物乱用防止PR・・・この機会にぜひ、ご覧下さい。
相談件数1年間で985件 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
そして、悩みがある場合は一人で悩まずに気楽に電話をして下さい」と話している。 ■ホッと!あんしんダイヤル…高齢者や介護家族の日常の悩みや相談に応じてくれる電話相談窓口。フリーダイヤルで24時間、365日対応。看護師やケアマネージャーの資格を持つ相談員が電話 ...
高齢者にやさしいドア開閉技術 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
電気を使わないエコ仕様に加え、高齢の方にも安全に簡単にドアの開閉ができる点に、全国の福祉施設などから問い合わせが寄せられ、エコの観点から大学との産学連携の動きも加速している。 電気を使わず環境に負荷をかけず、高齢者でも簡単に開閉できるドアができないも ...
日興系投資会社、介護ファンド設立 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
投資会社のアント・コーポレートアドバイザリー(東京・千代田、東明浩社長)は介護事業者の支援に特化した投資ファンドを立ち上げた。約20億円で投資を始め、年内に100億円程度に拡大する。小規模で経営効率が悪い老人ホームの運営会社などに出資し、合理化 ...
介護老人保健施設事業功労者に厚生労働大臣表彰、28名対象者名簿 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護老人保健施設関係事業の発展向上に貢献し、顕著な功績があったとして、2008年度の介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣表彰が28名に行われた。 表彰が行われたのは、8月27日から京都で開催された「第19回全国介護老人保健施設大会」の2日目。大会には全国の介護 ...
シニア・コミュニティ 2008年9・10月号 - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
この秋からは各自治体では療養病床の転換を含めた第4次介護保険事業計画が策定され、審議会では介護報酬改定の審議も始まる。 それでは、介護事業者はこの事態を黙ったまま看過する以外に他に方法は無いのであろうか? ※詳しくは雑誌「シニア・コミュニティ」2008 ...
ペット「高齢化」 介護商品市場拡大 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
ヤマヒサのペットケア事業部は、2006年から老犬介護用品の販売を行い、いち早く高齢ペット用品に携わっている。展開するのは「歩行補助ハーネス」や「おむつパンツ」「床ずれ予防ベッド」などで、人間の介護用品とほとんど変わりない。 と広告宣伝課の櫛部さんは話す。 ...
兄を刃物で刺し殺害、母の介護で口論 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの母親(83)と3人暮らしだったといい、久武容疑者は「母の介護をめぐってけんかとなり、カッとして刺した」と供述しているという。 調べでは、久武容疑者は3日午前1時55分ごろ、自宅で祥一さんの胸などをナイフで数回刺した疑い。犯行後、自ら消防に通報 ...
なぜ法令順守する必要があるのか?」――厚労省老健局振興課・遠藤氏 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省老健局振興課の課長補佐兼介護支援専門官である遠藤征也氏が東京のちよだケアマネ連絡会「楽習会」で、法令順守(コンプライアンス)の必要性を訴えた。 まず、遠藤氏は、介護保健施設・事業所の指定取り消しの状況を説明。2000年4月から07年3月までで、指定取 ...
高齢者の適度な運動は記憶力向上に効果=研究 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
[香港 3日 ロイター] 高齢者にとって定期的に適度な運動をすることは、記憶力の向上や認知症の発症を遅らせるのに効果あることが分かった。オーストラリアでの研究結果が医学誌「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAA)」で発表された ...
大阪介護支援専門員協会、ブロック合同研修会開催――9月15日 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
大阪介護支援専門員協会は、大阪市内ブロック合同研修会を9月15日に開催する。 今回の研修会テーマは「介護支援専門員の明るい未来」。神戸学院大学準教授の奥西栄介氏による「家族を視野に入れたケアマネジメント」、日本介護支援専門員協会会長の木村隆次氏による「ここ ...
イーライリリー、重症の精神病患者に家族の支えと正しい治療が効果 - ファスニングジャーナル (媒体での記事掲載終了)
オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ポルトガル、スペイン、英国、米国の精神科医697人の見方を集めたこの調査は、介護する家族、スティグマ、治療の不順守、再発がこうした衰弱性の病気にかかっている患者の生活にどのような影響を与えるかについて ...
花火や踊りで縁日気分満喫/東かがわで夕涼み会 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
老健施設などの入居・通所者や家族、職員らのほか、地域住民らも大勢訪れてステージイベントやバザーなどを楽しんだ。 会場には、手作りも含めた数多くの提灯[ちょうちん]が下がり、お祭りムード満点。訪れた人らは、託児所の子どもや職員らが次々に披露する歌や踊りな ...
2008年09月02日()
【ゆうゆうLife】外出したい街づくり 医療と福祉を予防する - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「日常的に、ホームでの高齢者定期健診に来ていれば、このような不便は生じなかった」という。 防災とは、まず日ごろから市民の生命や健康や福祉を守る施策に取り組んでいること。役所の防災対策担当課だけの仕事ではない。行政すべてと住民の日常的な活動にかかわって ...
福祉灯油券」今年度も 原油高対策で南箕輪村方針 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
「福祉灯油券」は、住民税非課税で、▽70歳以上のみの高齢世帯▽障害者がいる世帯▽1人親世帯▽要介護度4.5の要介護者がいる世帯▽生活保護-の各世帯が対象。灯油18リットルの券6枚を交付し、冬場の暖房などに活用してもらう。対象は昨年度並みの210世帯を見込み、約330 ...
宮田村が新福祉施設建設へ 社会参加・復帰を支援 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
宮田村は今年度、福祉作業所的な新たな福祉施設「なごみ家夢工房」(仮称)を同村町二区の介護予防拠点なごみ家に隣接して建設する。自宅からなごみ家に出て来られるようになった高齢者や障害者が次の段階として社会参加・復帰するきっかけの場として設置、来年4月の開所 ...
職安に介護職経験者 来年度から人材確保策の一環 厚労省(09/03 02:38) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
ただ、既存のハローワークにも介護福祉士やホームヘルパーの経験者をできる限り配置する。 介護職経験者は事業主と求職者双方の相談に応じ、事業主向けに人材確保のためのセミナーを開催。求職者には社会福祉施設の見学会などを実施し、介護職場への理解を深めてもらう ...
認知症の入院患者、9年間で倍増 6割が1年以上 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
急速な高齢化で重度の認知症の人が増えているためだ。約6割が1年以上の長期入院で、退院後の受け皿不足による「社会的入院」が相当数いると見られる。 厚労省は、社会的入院を解消することで、現在約35万床ある精神病床を10年間で7万床減らす計画だった。 ...
見守りサポーター派遣 認知症を患う高齢者宅へ シルバー人材を活用 家族の負担軽減図る - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
患者との接し方について事前研修を受けたサポーターが、患者宅を訪れ、徘徊(はいかい)しないよう見守ったり、トイレに誘導したりする。緊急時以外は、患者の身体に触れる介護はしない。 利用は、市地域包括支援センターが家族や本人からの申し込みを受け、面接調査で ...
鹿児島市 新たに情報提供や活動支援 地域福祉館役割強化へ 指定管理者制度導入 開館時間も延長 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
指定管理者制度も導入する計画で、来年6月からの実施に向け、市は地域福祉館条例改正案を3日開会の市議会に提案する。 お年寄りの生きがいづくりやコミュニティー形成のため、市は1973年から、独自に地域福祉館を建設。しかし、趣味活動や高齢者と子どもの触れ合い ...
107歳、塩見さん死去 滋賀県内の最高齢者 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根県出身。葬儀・告別式は4日午前11時から、甲賀市水口町八坂2015、セレマ水口シティーホールで。喪主は長男秀一(ひでかず)氏。 県元気長寿福祉課によると、県内の最高齢は107歳の植村ミツヨさん(大津市)になった。男性の最高齢は104歳の本條清一 ...
DHA食品で認知症予防調査 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根大医学部の橋本道男准教授らのグループは10月から約2年間、魚類に多いドコサヘキサエン酸(DHA)入りの食事を島根県川本町の高齢者100人に食べ続けてもらい、認知症予防との関連を調べる。100人規模の同種の臨床研究は例がないといい、食事療法の効果実証に期待が ...
川本で認知症予防でDHA、EPA臨床研究へ - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
物忘れ、認知症の予防で、青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)の効果を実証しようと、島根大医学部生理学講座(出雲市)の橋本道男准教授(環境生理学)らの研究グループが十月、二年間の臨床研究に乗り出す。 ...
道補正予算案43億円 原油高対策 福祉灯油を拡大(09/02 16:06) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
市町村が取り組む福祉灯油事業への助成拡大や、中小企業向けの低利融資などの原油高騰対策が柱。補正総額は四十三億一千万円で、本年度の一般会計総額は二兆九千百三十億円となる。 福祉灯油は、住民税が非課税となっている低所得の高齢者や障害者、母子世帯などに対し、 ...
介護士学校、定員割れ深刻 今年の入学者46% - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士を養成する大学や専門学校の定員割れが深刻化している。厚生労働省がまとめた調査では今年4月に介護福祉士を目指して各種学校に入学した人は1万1638人で、定員の約46%にとどまった。同省は「仕事がきつく、待遇面の条件も悪いというイメージが強く、進学先 ...
医療・介護分野の「一般にわかりにくい・口にしにくい言葉」に配慮を - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
同研究所は、医療や介護の現場で使われている一般には意味がわかりにくい言葉を100語選定し、それについて言い換えや意味を解説するための指針をまとめるとしており、100語の中には「ケアプラン」「介護老人保健施設」「緩和ケア」「QOL(クオリティーオブ ...
介護用からウオーキング向けまで、足にやさしい靴が並ぶ会場=シューズプラザ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護をする人や受ける人向けからウオーキング用まで、足や体に負担がかからない靴を紹介する「足にやさしい靴フェア」が一日、神戸市長田区細田町七のシューズプラザで始まった。十一月三十日まで。 フェアは、同プラザを運営する「くつのまちながた神戸」が、行楽 ...
手芸指導 こつこつ1万点 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市内の老人福祉施設で手芸を教えている主婦グループ「レース*ブルーメ」の指導作品が、1万点を突破した。このことを記念して、うち300点以上を紹介する展示が2日、下京区河原町通五条下ルのひと・まち交流館京都で始まる。メンバーは「これまでこつこつ続けてき ...
2008年09月01日()
在宅認知症にサポーター派遣 伊万里市 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
伊万里市は1日、在宅の認知症高齢者らの見守りや話し相手となる「サポーター派遣事業」を始めた。県内初の取り組みで、1日2時間、週2回を限度に、シルバー人材センターに登録した会員が付き添い、介護家族の負担軽減や認知症の在宅移行などをサポートする。 ...
地域づくりの拠点整備 “ブレーメン型”のモデル事業第1号 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
建物は鉄骨三階建て。県が土地を貸し、公募で決まった社会福祉法人「八千代美香会」が施設を整備・運営する。 高齢者のデイサービスセンターやショートステイなどと、公共機能として市のヘルスステーションや地域包括支援センターが入る。日本大学と日本建築学会 ...
介護人材確保 厚労省に勧告へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの現場では仕事を辞める人の割合が高く、深刻な人手不足が続いていますが、総務省は実態を十分に調べて介護報酬の見直しなどを行い、人材を確保する対策を取るよう近く厚生労働省に勧告することになりました。
今春入学者は定員の46% 介護福祉士の養成校 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者を介護するための国家資格「介護福祉士」取得を目指す学生を養成する全国の大学や専修学校などで入学者の定員割れが深刻化し、2008年度の定員全体に占める実際の入学者の割合(充足率)は45・8%と半分を下回ったことが1日、厚生労働省の調査で ...
「月刊現代」が08年内に休刊 (媒体での記事掲載終了)

   講談社発行の「月刊現代」が2008年10月1日発売号か12月1日発売号で休刊すると、新聞各紙が報じている。読者層の高齢化などで部数が減少していることが理由とみられている。同じ総合オピニオン誌としては、朝日新聞社の「論座」が9月での休刊を決めている。

続きは「J-CASTニュース」へ


サッチャー元英首相の認知症公表に賛否 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
【ロンドン=木村正人】サッチャー元英首相(82)の長女、キャロルさん(55)が9月4日に発売される回想録で元首相の認知症を公にしたことに英国で賛否両論が渦巻いている。「本を売るために母親の苦境を使うのは許されない」「認知症への理解を高めた」。 ...
(09/01)ダイハツ、軽乗用車「タント」をベースにした「タント ウェルカムシート」を発売 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
「フレンドシップシリーズ」は、コンパクトで取り回しの良い軽自動車を中心に、ベース車の優れた基本性能と安全性、経済性を活かし、高齢者や身体の不自由な方にもやさしい車両を目指して開発。2007年度のダイハツ軽自動車福祉車両の販売台数は3,315台で、全軽 ...
ダイハツ、福祉車両「タント ウェルカムシート」を発売 »続きを読む - MOTORmedia (媒体での記事掲載終了)
「フレンドシップシリーズ」は、コンパクトで取り回しの良い軽自動車を中心に、ベース車の優れた基本性能と安全性、経済性を活かし、高齢者や身体の不自由な方にもやさしい車両を目指して開発。2007年度のダイハツ軽自動車福祉車両の販売台数は3315台で、全軽福祉車両では ...
寒冷地における高齢者、障がい者、一人親家庭、低所得者等への灯油代支援のため、「福祉給付金」にならい、臨時特別給付金を給付する。 ○公共住宅の整備・充実を図る。家賃補助制度を充実するとともに、都市機構住宅(旧公団住宅)家賃値上げを中止する。 ...
株式会社コミュニケーター - ValuePress!(プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
フェルガードは認知症介護食品として話題になることが増えている健康食品で、主要成分であるフェルラ酸は記憶障害を緩和する働きがあることが明らかになってきています。 今回の販売は、健康食品などの企画・製造・販売を行う日本デトックス株式会社(所在地:伊那市、 ...
福祉のまちづくりへ知恵絞る - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
東京大大学院の鎌田実教授は、鉄道の駅のバリアフリーについて「ハード整備が進む一方で、コストダウンのための駅員削減などサービス面が低下している」と指摘した。 ほかに、高齢者や障害者にも使いやすい食器やトイレといった企業やNPOの取り組みの展示会も行われた ...
小金沢昇司、認知症の母に捧げる歌声 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
5年前に認知症の症状が出始めた正子さんは、3年前に歩行が困難になり、約2年前から同ホームに入所。小金沢は仕事の合間を縫って、できる限り会いに行っている。 「体調の波があって、僕のことが分かる日もあれば、そうでない日もある。しっかりした答えが返ってくると ...
大平町が医療モール 診療所と施設を一体整備 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
大平町が、町の中心地に「医療福祉モール」を整備することが31日、分かった。町内に不足する眼科など複数の診療所と高齢者向け福祉施設などを一体整備する計画で、来年度のオープンを目指す。医療モールの整備は民間レベルで進んでいるが、地方自治体が取り組むのは県内初 ...