介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2008年08月20日()
共助の福祉目指して 高根沢町社協が19年ぶり福祉活動計画 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
作業委員会は、各地区の要望聴取、住民アンケートなどから抽出した二百二の課題を公助、共助、自助に大別後、「高齢者の話し相手がいない」「子どもを預かれる場が不足」など共助の課題を基に六事業を選定した。 六事業は、「情報発信」「場づくり・人づくり」の二本柱を ...
【ゆうゆうLife】世界アルツハイマーデー記念講演会 9月6日、東京都港区で - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
第15回世界アルツハイマーデー記念講演会「アルツハイマー型認知症の症状と治療」が9月6日午後1時半から3時半、東京都港区虎ノ門2の9の14、発明会館ホールで開かれる。 講師は、アルツハイマー型認知症の治療薬の開発に長年かかわってきた中村祐・香川大学 ...
介護保険料を横手市誤徴収 受給者4866人分 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
秋田県横手市は20日、年金受給者4866人から8月分の介護保険料を誤徴収したと発表した。年金から天引きの金額について、社会保険庁に正しいデータが送られなかったのが原因という。 過徴収されたのは2784人で、計1468万5800円。2082人は逆に少なく ...
高齢者虐待防止へ連携強化 諏訪市 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
市高齢者福祉課によると、07年度に市地域包括支援センターに寄せられた虐待に関する通報・相談は12件で、前年度より8件増えた。うち3件(身体的虐待2、経済的虐待1)が虐待と認定され、2件が調査中とした。
山梨大と早大の大学院連携、文部省の支援事業に選定 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医学と理工学の両方に精通した人材を育成し、6年後には共同で大学院の新設を予定するほか、将来的に認知症やアレルギー疾患などの研究成果を社会に還元したいとしている。 山梨大によると、国内の生命科学研究は医療現場に生かされず、発見しても海外で応用されてしまう ...
父親?の死体と1年8カ月同居 56歳息子 神戸市 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
遺棄した当時は、認知症を患っていた保弘さんの妻(85)も同居していたが、いまは特別養護老人ホームにいるという。近くの男性は「先週、ごみ捨て場で顔を会わせて(正人容疑者に)お父さんは元気かと聞いたら『静岡の弟の所に行っている』という返事だった」と話した。
4900人分の介護保険料天引きミス 秋田県横手市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
秋田県横手市は20日、介護保険料を年金から天引きする「特別徴収」で、市民約4900人分の8月分の天引き額にミスがあったと発表した。影響は過不足合わせて約2100万円に上るという。 市によると、約2800人から計約1500万円を過徴収し、約2100人から ...
高齢化が進んだマンション。緊急時に備えて管理組合にマスターキーを備えたいのだが… (媒体での記事掲載終了)
Q:築32年の団地型のマンションです。住民の高齢化が進んでおり、独居老人の家庭も数%存在し、今後も増える見込みで、もしもの場合の緊急連絡先は管理組合では把握していません。
患者の“声”で環境向上を、癒しのトイレ研究会が啓発誌の第7刊 (媒体での記事掲載終了)
医療・福祉施設のトイレについて調査・研究を進める「癒しのトイレ研究会」はこのほど、長期の入院経験者が抱いているトイレに対する意見を盛り込んだ冊子「癒されるトイレ環境をめざしてVol.7」を発行した。
福祉施設マップを作成 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
今回の福祉施設マップは、「地域の施設情報が一覧になっているものを作成する」という活動目標の一貫として作成された。1カ月でアクセス数400件。まだ、周知の段階だが、防犯マップでの活用も見込まれている。 区社協によると、「これまでも高齢・児童・障害と種別 ...
人形と接する「ドールセラピー」、認知症に効果 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
赤ちゃんの人形を抱くことで豊かな感情をよみがえらせる療法「ドールセラピー」を認知症高齢者に実施したところ、落ち着いたり、会話が増えたりする効果が表れることが兵庫医療大(神戸市)講師の平木尚美さん(41)らの調査で分かった。育児体験を想起するなどし、感情 ...
ご近所さんの集会体験記 - ウェブシティさっぽろ (媒体での記事掲載終了)
福祉部長さんが集まる会合では、試行錯誤しながら見つけたアイデアの発表がありました。「町内の意見交換会で同じような特徴を持つ地域どうしでグループ分けをしたら、意見がたくさん出てよかった」「高齢者数人にひとり担当をつけて見守りをするようにした。 ...
2008年08月19日()
ゆうゆうLife】外出したい街づくり 桜の下は福祉空間 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
というのも、桜が爛漫(らんまん)と咲き誇っていても、そこまで行くには遠方であったり、階段を上ったり下りたり、駐車場から歩く必要のある場所などが多い。マイクロバスの運転手を兼ねる介護員やヘルパーが、すべての高齢者をケアしながら花の咲いている場所まで連れて ...
【ゆうゆうLife】医療 長期療養のおむつ代・寝間着代(下) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
(横内孝) 東京都の療養病床の約2割が集中する南多摩地区。ある病院の受付窓口には、保険外サービスの一覧表が張ってある。「院内掲示は病院の義務。どうです、分かりやすいでしょう」と事務長は説明する。 この病院では、貸与だけでなく、持ち込みも認める。 ...
育てロボット産業 宮城県、企業の事業化支援へ - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
[ロボット産業] 日本ロボット工業会によると、2005年のロボット産業の市場規模は自動車や電気機械の組み立てロボットを中心に7988億円。30年には用途が空港の案内、ビル清掃、介護搬送、リハビリ支援などに拡大し、9兆円規模の産業に成長すると予測されて ...
O157で80代女性死亡 川口市のグループホーム 埼玉 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
... グループホーム聚楽苑(新井茂施設長)に入所していた80代の女性と70代の男性から病原大腸菌O157を検出、うち女性1人が死亡したと発表した。全国で毎年数人がO157で死亡しており、昨年は4人が死亡した。 県によると、同苑は認知症施設で14人が入所。 ...
医療と介護を結び、信頼される地域完結型医療を提供する---高橋病院理事長・高橋肇氏 (媒体での記事掲載終了)
総務省が実施した「u-Japanベストプラクティス2008優秀表彰事例」の中で最も優秀な「u-Japan大賞」を受賞した「地域連携システム道南MedIka(メディカ)」。
O157で80代女性死亡 埼玉の高齢者施設 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
埼玉県は19日、同県川口市の高齢者施設「グループホーム聚楽苑」の入所者2人が病原性大腸菌O157に感染し、80代の女性が18日に出血性腸炎で死亡したと発表した。 ほかの入所者2人も下痢や血便の症状があり、感染している可能性が高いという。 ...
O157で80代女性死亡 埼玉の高齢者施設 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
女性を除く3人は快方に向かっている。感染原因は特定されていない。 県疾病対策課によると、4人は13日夜から15日にかけて発症。死亡した女性は、心臓の持病があり体調が悪かったという。 施設では認知症の高齢者14人が共同生活。食事は職員と入所者が協力して調理 ...
100歳父を殺害容疑で娘逮捕 介護疲れで心中図る、宮崎 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
佐藤容疑者は、斎藤さんの介護に疲れたとの趣旨の供述をしているといい、県警は無理心中を図ったとみて詳しく調べている。 調べでは、佐藤容疑者は昨年12月24日午後2時ごろ、宮崎市吉村町中原の自宅で、斎藤さんの腹部などを包丁で刺し殺害した疑い。 ...
「医療区分1」患者支援を重点施策に 京都府、高齢者ケア体制整備素案 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府は19日、国の療養病床の縮小再編に向けた「高齢者ケア体制整備推進プラン」の素案を明らかにした。医療の必要性が低いとされ、退院を迫られると心配されている「医療区分1」の患者への支援を重点施策として盛り込んだ。 「医療区分」は、厚生労働省が定めた患者 ...
文化シヤッター、ユニバーサルデザインの軽量鋼板引き折れ戸 (媒体での記事掲載終了)
文化シヤッターは、引き戸と折れ戸を組み合わせた軽量鋼板引き折れ戸「スライドーレ」を2008年9月1日発売する。軽快に開閉できるユニバーサルデザインのドアで、病院や高齢者福祉施設などの内部扉向け。
金沢で介護する人、される人の心理セミナー (19日) - 北陸朝日放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会が進み介護への関心が高まる中、金沢市内で介護をテーマにしたセミナーが19日開かれました。このセミナーは女性の生き方や社会活動を支援している財団法人「いしかわ女性基金」が開きました。社会福祉士として30年にわたって高齢者や介護家庭を見つめてきた ...
同居の父殴り死なす=「介護ストレス」日常的に暴行か-神奈川 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
「夕食の支度を手伝わないので腹が立った」と供述、殴ったことを認めている。 父親は肝臓がんや糖尿病を患い、平井容疑者は「食事の世話など介護のストレスがたまり、昨年夏ごろから日常的に暴行するようになった」と話しているという。(2008/08/19-16:52)
[訪問介護関連] セントケア 9月中間期を上方修正 - MoneyZine (媒体での記事掲載終了)
主力サービスの訪問入浴介護サービス、訪問看護サービスなどの集客が順調に推移したことに加え、稼働率向上や単価上昇、またコムスンから事業承継した14社の訪問介護サービスにおける業務効率化も利益率の改善に寄与した。 15時現在の同社株価は340円高(1.26% ...
文化シヤッター、高齢者福祉施設向けのドア「スライドーレ」を発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
文化シヤッターは、引き戸と折れ戸を組み合わせたユニバーサルデザインのドア「スライドーレ」を9月1日に発売する。 スライドーレは、引き戸と折れ戸の組み合わせにより軽い開閉操作ができる軽量鋼板横引折れ戸。病院や高齢者福祉施設などの内部に設置するドアとして開発 ...
レトロにモダンに新社屋 香蘭社 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリーの床のほかエレベーターを設け、高齢者や身障者にも配慮した。 1階のショールームは約220平方メートル。食器など約600点を並べる。照明は明治時代のシャンデリアで、洋風の食卓を演出するなど展示方法を工夫する。全国に先駆けて同社の新作が並ぶ。 ...
日本生協連、次期介護報酬改定に向けた要望書を厚労省に提出 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
日本生活協同組合連合会(日本生協連)は厚労省に次期介護報酬改定に向けた要望書を提出した。 要望書の中で、日本生協連は介護保険制度の基本理念については高く評価するものの、制度の持続可能性という点では厳しい状況で、特に介護職の人材確保や労働環境の改善は緊急 ...
文化シヤッター、ユニバーサルデザインの軽量鋼板引き折れ戸 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
軽快に開閉できるユニバーサルデザインのドアで、病院や高齢者福祉施設などの内部扉向け。 折れ戸の連結部分にギア機構を取り入れて、横に引くと折れながら開いていく。軽い操作で開閉でき、開閉音も静かに抑えた。開くときが37.7dB、閉じるときが40.6dB(静かな公園と ...
趣味楽しんでボケ防止 浜松早期認知症研究所代表・金子医師が講演 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症にならないための生きがい講座(中日新聞東海本社後援)が17日、浜松市中区のはまホールであり、団塊世代から70代を中心に約200人が予防方法などを学んだ。 講座はウェルネス浜名湖などが主催。浜松早期認知症研究所代表の金子満雄医師が「脳の働きから見た ...
かみいち福祉の里(6) 人材確保 薄氷踏む思い - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
入居される認知症要介護者のケアプランを作成する「計画作成担当者」だ。担当者になるためには、県認知症介護実践者研修の修了証を持っていることと、介護経験が二年以上あることが要求されている。 六月二十七日現在、福祉の里の役職員三十六人のうち条件を満たすのは二 ...
高齢者虐待の大半は息子が母親に加えるケース - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の女性が介護施設の職員に「頭が痛い」と訴え、受診した結果「くも膜下出血」を発症していることが判明。息子が女性を殴ったことを認めたため、傷害容疑で逮捕した。 被害件数は前年に比べ減少したが、虐待は家庭という密室で行われることがほとんど。 ...
介護労働の「開国」 待遇の改善が先決では - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や看護の技術を日本で学んで働きたい。そんなインドネシアの人たち二百人余りが今月、日本にやってきた。経済連携協定(EPA)による本格的な受け入れだが、介護現場などで将来、実際に手助けしてもらうまでには、かなり険しい道のりがありそうだ。 ...
2008年08月18日()
医療経済学者 川渕 孝一さん Q 医療の再生は可能か? - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
医師不足や救急患者のたらい回し、評判の悪い後期高齢者医療制度など、日本の医療制度への不安が高まっています。どうして「医療崩壊」と呼ばれるような事態を招いてしまったのか。再生はできるのか。医療経済学者の川渕孝一さんと一緒に考えてみました。 ...
全国地域包括・在宅介護支援センター協議会の研究大会――東京 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
全国地域包括・在宅介護支援センター協議会は10月20日と21日の2日間、東京都台東区で2008年度全国地域包括・在宅介護支援センター研究大会を開催する。 地域包括ケアの制度も3年目を迎え、現在、国は医療制度改革の視点から「地域ケア体制の構築」を地域包括ケアと同時に ...
介護保険料を誤徴収 秦野市2156人分、事務処理ミス - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
秦野市は十八日、介護保険料第三期分の保険料に誤徴収があった、と発表した。対象のうち二千百五十六人分が多く取り過ぎたり、少なかったりした。 市高齢介護課によると、対象の三万百七十一人のうち千五百四十二人から約千二百七十三万円を取り過ぎ、六百十四人から約四 ...
子育てママ・高齢者を取り込め! 「ネットスーパー」急増殖中  (媒体での記事掲載終了)

   大手スーパーマーケットのネット宅配参入が盛んだ。利用者は店とほぼ同じ値段で買える。しかも、配送も最短で3時間といった具合に、店で買うのと同じ感覚で利用できる。外に出にくい子育て中のママや高齢者を取り込もうと、各社は工夫をこらしている。

続きは「J-CASTニュース」へ


医療と介護を結び、信頼される地域完結型医療を提供する---高橋病院理事長・高橋肇氏 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
患者のリハビリ記録は、提携する介護老人保健施設と共有し、医療と介護の橋渡しをしている。医療機関がオープンに情報を公開することで、医師にとっても、よい意味での緊張感が生まれる。それが医師の質を引き上げることになるはずだ。医療機関がこのシステムに参加する ...
神奈川・秦野市、1542人から過徴収するなど介護保険料の額を誤って徴収 - FNN (媒体での記事掲載終了)
神奈川・秦野市で、介護保険料の額を誤って徴収していたことがわかった。 秦野市によると、住民から「介護保険料が多く引かれている」との問い合わせがあり、調査をしたところ、1542人が決定通知書の額より多く天引きされ、また614人が少なく天引きされていた。 ...
インドネシアから看護師来日 医療介護の救世主となりえない数々の理由 (媒体での記事掲載終了)

   日本の医療福祉現場では人手不足が深刻だ。日本人だけではまかないきれず、初めてインドネシアから「看護師」を受け入れた。給料は現地に比べて格段にいいにもかかわらず、応募者は半分以下にとどまった。そこに今回の制度の問題点、矛盾が潜んでいる。

続きは「J-CASTニュース」へ


介護保険料を過誤徴収/秦野市 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「介護保険料を過誤徴収/秦野市」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 秦野市は十八日、介護保険料第三期分保険額で、二千百五十六人に対し過誤徴収 ...
ヤマハ発動機が注目するアスタキサンチンの可能性 (媒体での記事掲載終了)
脳の認知機能の改善や、メタボリックシンドロームに対する効果などで最近注目されている「アスタキサンチン」。このアスタキサンチンを工業的に安全かつ安定的に製造するヤマハ発動機は、世界でもっとも高齢化社会が進行する日本の現状および将来を見据え、ライフサイエンス事業を展開している。
英国で高齢独居男性100万人に 新たな社会問題化 - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
トルコのイスタンブール(Istanbul)の公園で、ベンチに腰掛けて時を過ごす高齢の男性(2007年4月3日撮影)。(c)AFP/MUSTAFA OZER 【8月18日 AFP】英国で60歳以上の高齢独居男性の数が初めて100万人に達したことが、老人福祉団体「ヘルプ・ザ・エイジド(Help the Aged、 ...
水を使わずふき取るだけでオーラルケア--ピジョン「歯みがきティシュ」 - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
同社では「お口が乾燥して臭いが気になる時、また寝たきりの方や入れ歯を外した時のお口のお手入れなどにお薦めします」としており、「簡単に毎日の習慣に取り入れていただけ、介助をしている方にも負担にならず手軽にお使いいただける商品」と期待を込めている。
ピジョン、簡単に使える高齢者向け口腔ケア商品「歯みがきティッシュ」 (媒体での記事掲載終了)
ピジョンは、水を使わずに口の中の汚れをふき取るティッシュ「ハビナース 歯みがきティッシュ」を2008年8月18日発売する。高齢者向け口腔ケア商品で、口内をすっきり清潔にして、しっとりとさせる。希望小売価格は683円。
脳卒中患者らに退院圧力も 入院基準厳格化で - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省によると、障害者病床は約6万床、特殊疾患病棟は約1万4000床。脳卒中などの患者数は不明としているが、同省の昨年の調査では、これらの患者が9割を占めるところもあるという。 同省は、「他の患者にベッドを空けるのが狙いで、療養病床や介護施設などに ...
40代からはじめる認知症対策~『ぼけない!』皆川正夫著 (媒体での記事掲載終了)
数年前のベストセラーだが、横山秀夫の『半落ち』は、アルツハイマーの進行を苦にした妻から懇願され、嘱託殺人を犯した夫がどう裁かれるのかというミステリー。身につまされる話だと思った。
物価高で緊急対策を 連合福井など知事に要請 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
連合福井と県退職者団体連合は18日、原油、食料品などの物価高騰に対する緊急対策実施と、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)廃止を求める要請書を西川知事に提出した。 連合福井の馬場修一会長、県退職者団体連合の佐々木哲男会長らが福井県庁を訪れ、西川知事、旭 ...
NECが中高年向けの新型携帯「N706ie」を発表 (媒体での記事掲載終了)
NECは2008年8月12日、中高年向けの新型携帯電話「N706ie」を発表した。8月15日から、NTTドコモより発売する。本製品は主に中高年ををターゲットとしている。ボタンを従来機のN705iより約2倍に大きくするなど、多くの人が利用しやすいようユニバーサルデザインを取り入れて設計している。
シニア消費を刺激する企業 - NSJ日本証券新聞 (媒体での記事掲載終了)
今後、少子高齢社会が一段と顕在化する中で、国内消費に占めるシニア層比率が上昇することは必至で、こうした層の消費特性を巧みにくすぐり、そして、がっちりつかむための策を練っている企業には、より大きな活躍余地がありそうだ。 表1は60歳以上の高齢者がほかの世代 ...
長期失業者を認知症介護要員に、ドイツで賛否両論 - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
(c)AFP/NORBERT MILLAUER 【8月18日 AFP】ドイツでは数千人の長期失業者に対し、認知症患者の介護要員になる訓練を提供する計画が動き出したが、これが複雑な反応を呼んでいる。16日のズードドイチェ・ツァイトゥング(南ドイツ新聞、Suddeutsche Zeitung)紙が報じた。 ...
文化シヤッター株式会社(社長:茂木 哲哉)では、病院や高齢者福祉施設等の内部に設置するドアで、引き戸と折れ戸の組み合わせにより軽い開閉操作ができる、ユニバーサルデザインの軽量鋼板横引折れ戸「スライドーレ」を、9月1日より新発売いたします。 ...
未来の「認知症治療薬」として期待の化合物『CNB-001』を発見 - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ひとつには、アルツハイマー病発症の最大の危険因子が「年齢」である(=長生きすればするほど罹る危険率が高くなる)ため、平均寿命の短いインドでは発症率が低いという理由が考えられます。しかしその一方で、インド独特の「食」に理由があるのではないかとも考えられ ...
介護予防/地域で活動を強めよう - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護予防と機能回復のための運動プログラムの効果で、101歳の寝たきりの人が手引き歩行で入浴できるようになったり、86歳の人が室内を伝い歩きする状態からシルバーカーでの散歩が可能になったりした報告がある。 JAの介護担当者らが講習を受けてなる元気寿命 ...
インドネシアから看護師来日 医療介護の救世主となりえない数々の理由 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
看護師候補者は3年、介護福祉士候補者は4年間、滞在ができる。その間に国家試験に受かれば、3年ごとの更新ができ、長期滞在が可能になる。 日本の医療福祉現場では人手不足が深刻化していて、すでに全国で100病院・施設が受け入れを表明している。ところが、日本側の期待 ...
地域に根ざす」原点忘れた介護業界 - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設の管理者なのに、現場から常に距離を置こうとする彼の襟元を掴んで、介護現場の苦しみや、スタッフの思いを説き続けた私の努力も、水泡に帰したからだ。 今私が勤めている東京都中央区の施設には、従業員が100人近くいる。私の上司は2人しかいない。 ...
精用笔,擅各体,风神洒落,筋骨老健。楷书法初唐,行草宗二王,分隶书两汉,在继承优秀传统基础上,推陈出新,创出自己风格,雄健挺拔,工整秀丽,深受国内外书法爱好 ...
ピジョン、簡単に使える高齢者向け口腔ケア商品「歯みがきティッシュ」 - 日経トレンディネット (媒体での記事掲載終了)
キシリトール(甘味剤)も含む。コットンメッシュシートの凹凸が汚れを取り、繊維が口に残らない。大きさは150×190mmで、90枚入り。 歯みがきティッシュは、口が乾燥して、においが気になる時、寝たきりの高齢者や、入れ歯をはずした時の口の手入れなどに向いている。 ...
高齢者介護の課題 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今月十三日、認知症の高齢者の夫に暴行して死なせた妻に、富山地裁は執行猶予付きの判決を下した。「おむつ交換を嫌がり腹が立った」と法廷で証言した妻もまた、認知症で高齢者だった。 核家族化や高齢化が進み、介護する方、される方ともに認知症や高齢者という「認認 ...
県内 策定は11自治体/災害弱者支援の計画低調 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
国内で大規模地震や集中豪雨が相次いだことを受け、取り組みの遅れる「市町村福祉計画」の重要性が、あらためて指摘されている。同計画は、普段の生活から災害時に至るまで、住民間のネットワークを活用して、高齢者や障害者、子どもを地域で支援するのが柱。 ...
【上場宣言】MAD ネット上で物々交換サービス - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
一方で、「車いすなどの福祉用品の物々交換を実現させたい」という理想を語る。「少子高齢化の進行が進み、福祉用品の購入が福祉財源を逼迫(ひっぱく)させているという現実がある。交換が進めば、財政難を緩和させることができるほか、家計に余裕のない家庭にとっても ...
8月18日付・ティティアン・ムルニ - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定を受け、インドネシアから介護福祉士と看護師の候補者計205人が来日した。半年にわたり研修を受けた後、来年からは各地の施設で働きながら日本の国家資格取得を目指す。香川にも女性4人がやってくる。 看護師資格を持つくらいだから高学歴でそこそこ豊か ...
ハローワークに介護専門の窓口 厚労省方針、経験者を配置 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は慢性的な人手不足が問題になっている介護職員の確保のため、公共職業安定所(ハローワーク)に介護職専門の窓口を設ける方針を決めた。実際に業界で働いた経験がある人を相談員として配置。きめ細かい相談体制を整え、職探しをする人に介護の仕事を分かり ...
2008年08月17日()
県、在院日数減など医療費抑制素案 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内は慢性期の高齢者らが長期入院する療養病床の人口10万人当たりの数(05年)が全国六位、平均在院日数(総数)が全国2位と高水準にあり、1人当たりの老人医療費も全国8位。人口十万人当たりの生活習慣病患者数も全国平均を上回り、中でも糖尿病は全国6 ...
ゆうゆうLife】長期療養のおむつ代・寝間着代(上 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
リハビリ病院を経て、5月には介護老人保健施設(老健)に移ったが、食べ物をうまく飲み込めず、6月半ばには誤嚥(ごえん)性肺炎を起こし、現在は老健の提携先である医療型療養病床に入院している。 父親にかかる保険外負担は転院で増えた。入院相談では、リハビリ病院 ...
インドネシア人看護師、介護士候補生が定員割れ “天使”たち、来日の道険し (1/2ページ) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
7月に発効したインドネシアとの経済連携協定(EPA)で、看護師、介護福祉士の資格取得をめざすインドネシア人候補生が今月来日し、日本語研修を始めた。少子高齢化の日本で介護、看護の担い手として期待される彼らだが、第1陣は定員500人を大きく割り込む208人 ...
危機感を持つべき!「日本の将来風景」――厚労省老健局・遠藤氏講演 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省老健局振興課の課長補佐兼介護支援専門官である遠藤征也氏が、東京のちよだケアマネ連絡会「楽習会」において、「介護保険制度改正の行方と介護支援専門員に求められること」をテーマに講演した。 団塊の世代と呼ばれる1947年から1949年の第1次ベビーブーム世代は ...
外国人看護師 温かく迎え入れよう - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)に基づきインドネシアから来日した看護師、介護福祉士の候補者を「安い労働力」と見なしてはならない。国内の受け入れ施設は雇用条件などを厳格に守る義務がある。 来日した候補者二百余人は、まず半年間の日本語研修を受ける。 ...
介護施設慰問で“恩返し” 心の病を克服、名古屋のバスガイド - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
心臓と心の病を克服した現役の観光バスガイドが名古屋市内の介護施設を慰問するボランティア活動を始めた。「病気から立ち直れたのはお年寄りのおかげ」と話し、自慢の ...
高齢者医療パブリックコメント( 2008 年 9 月 1 日締切) - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
また、全国計画の内容については、昨年4月から案として周知・公表してきたところであり、これまでに十分な周知・公表期間が確保されていると考えられ、加えて、今般の全国計画の策定にあたっては、すでに公表してきた計画案の内容に療養病床の目標数等の若干の補筆を行う ...
40代からはじめる認知症対策~『ぼけない!』 - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
評者の祖父も90歳を越えたあたりの最晩年、認知症的な行動が見られ(「見られ」というのはそう診断されたわけではなかったからだが)、父母は介護に振り回された。 本書によれば、いまや日本の認知症患者数は推定約200万人。うち、アルツハイマー病は約100万人。 ...
育児、介護制度との併用を 省庁のテレワークで報告書 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
育児や介護をしながら仕事を続ける職員を対象とすることが、普及に有効としている。 テレワークの導入は、民間では積極的な企業が増えているが、省庁の取り組みは低調。報告書によると、本格導入しているのは数十人が制度を利用している総務省や人事院だけで、国土交通、 ...
認知症対応の心得学ぶ 鳴門、講師養成講座に70人 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症に対する理解を地域で深めてもらうための講師養成講座が、鳴門市撫養町南浜の鳴門地域地場産業振興センターであった。 介護施設職員や地域の代表約七十人が出席。NPO法人地域ケア政策ネットワークの北村肇さんが「認知症の人への対応は驚かせない、急がせない、 ...
2008年08月16日()
公民館建て替え前に自治会がお別れ行事、23日は「大町寄席」 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
以来、子どもたちのおはやしの練習や高齢者のゲートボール場、趣味の講座の教室などとして使われてきた。 しかし建物の傷みが激しくなってきたことから、同自治会は建て替えを決断。十月に取り壊し、来年四月までに鉄筋平屋でバリアフリーの新公民館を建設することにした ...
地域貢献、健康守る 理学療法士ら無料派遣 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
愛和会グループでは、07年に那覇市おもろまちにデイサービスとグループホームを開所したことに伴い、銘苅小学校の地域交流室でも住民を集めて同様の講演会も始めている。 沖縄戦当時、少年兵として米軍との戦闘に参加した宮城会長は「お年寄りは戦中、戦後と大変な苦労 ...
廃品使いツリーハウス ポロシリ福祉会 来月初めに完成 日高山脈を一望 中札内(08/16 13:35) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【中札内】社会福祉法人ポロシリ福祉会(吉田勇治理事長)が村内の中札内中近くにある村有地を借り、廃品の板や窓枠などを利用した「ツリーハウス」を造っている。外観はできあがり、九月上旬に完成する予定だ。 同法人は知的障害者施設や高齢者福祉施設を運営している。 ...
座いすに座ったまま数年? 民家に白骨遺体 栃木 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢福祉課によると、市は70歳以上の一人暮らし世帯や夫婦だけの世帯を対象に、民生委員などが週1回ほど訪問するなど、高齢者の孤立対策をしているが、長男と同居している今回のケースは対象外だった。担当者は「今回のような場合、近所や親類、家族などからの通報が ...
2008年08月15日()
足湯うっとり会話はずむ 函南の高齢者サロン - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
函南町の高齢者サロン 近隣の結び付きが薄れ、独り暮らしの高齢者が増える中、地域の高齢者に憩いや交流の場を提供する場として、地区ごとに地元ボランティアが中心になって運営する。町内37区のうち現在7区でサロンを発足した。当初は函南町社会福祉協議会が発足を ...
あおぞら銀が保険を窓販 「がん」「介護」で富裕層狙う - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
第1弾として東京海上日動あんしん生命保険のがん保険を発売、年内に一時払い終身介護保険も取り扱う。あんしん生命は商品だけでなく、販売面でも連携する。あおぞらが得意とする富裕層の顧客を中心に保険商品を売り込む。 首都圏の8店舗では、あおぞらの行員とあんしん ...
生活 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【留萌】留萌市立病院(笹川裕院長)は、三十五歳以上の市民を対象に脳卒中、認知症などの予防に重点を置いた臨床研究「コホート」に、来春から道内で初めて着手する。これに向けて、同病院は道内の医大、道などと連携して「留萌コホートピア構想」を立案中で、同構想を ...
実は介護現場のファンタジー - エイガドットコム (媒体での記事掲載終了)
で介護スタッフ、リサさんの活躍は、助演女優賞もの。 暴風雨と高波に、泊まりの利用者を心配し、5歳の息子(宗介)を家に残して夜中に車で向かったり。宗介がポニョに見染められたばかりに、海の女神さまとも談笑し、ポニョを譲り受けてしまったり。 ...
賃金不払い容疑で書類送検 姫路の介護関連会社 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
従業員に賃金を支払わなかったとして、加古川労働基準監督署は十五日、労働基準法違反の疑いで、姫路市の介護関連会社「ウェルケア」と橋本宰蔵社長(60)を書類送検した。 調べでは、同社は従業員五十二人に対し、二〇〇六年十一月-〇七年四月分の賃金、計約二千五百六 ...
年金担保融資の審査厳格に 安易な利用防止へ見直し - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
年金受給権を担保にした融資は、公的な制度として福祉医療機構だけに認められている。年金生活の高齢者が医療費や住居の改修費などで一時的にお金が必要になった場合を想定しており、上限は原則250万円。返済金は融資の翌々月以降の年金から天引きされ、完済すればまた ...
[介護関連] ツクイが第1・四半期決算を好感 - MoneyZine (媒体での記事掲載終了)
主力の在宅介護事業は安定成長、有料老人ホーム事業は入居率引き上げで収益性改善が図られている。 このほかの介護関連も総じて堅調推移。 ケア21(2373・HC)、セントケア(2374・JQ)、カワムラサイクル(7311・東マ)、ニチイ学館(9792)などが ...
投資型終身介護年金保険「介護応援団」をりそな銀行で販売開始 - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:クレイグ・ブロムリー、本社:東京都調布市、以下マニュライフ生命)は、銀行窓販チャネルのさらなる拡大・拡充に向けた取組みの一環として、変額年金の資産形成機能をベースに、近年高まりつつある介護ニーズにもお ...
トステム、ユニバーサルデザインの階段廻り部材「オープン用金属手すり」発売 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
サッシ・住設機器などの総合メーカーであるトステムは、人間工学の観点から設計した、子どもから高齢者までにぎりやすいユニバーサルデザインの階段廻り部材、「オープン用金属手すり」を発売した。 都市部を中心とした住宅などでは、限られた空間を有効に使用するため、 ...
二戸地域(二戸市、一戸町、軽米町、九戸村)で、高齢者の転倒を防ぐための取り組みが活発化している。各地域で転倒予防教室が開かれ、高齢者が参加。運動することでバランス感覚や体の機能がアップし、効果が数字に表れている。 高齢者の転倒は、寝たきりになる原因の ...
高齢者に優しい店づくり 名古屋市瑞穂区の雁道商店街 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
両商店街には車いすが利用できるバリアフリーの配慮のほか、寝たきりの人のために出張費無料で髪をきる理髪店、ミカン1個から販売する青果店などもある。 こうした動きに瑞穂区や地元の市民団体などは、お年寄りに優しい50店余を紹介したポケットサイズの地図「心が ...
2008年08月14日()
入居者の2800万円引き出し 老人下宿業者 札幌 事業流用、返還できず(08/15 07:11) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市などで老人下宿が閉鎖され入居老人が別の施設に移るなどたらい回し状態になった問題で、下宿を運営し自己破産した介護業者が、入居老人の預金から二千八百万円を引き出し、返還の見通しが立たない事態になっていることが十四日分かった。業者側は破産申し立て代理人 ...
りそな銀 保障性商品を強化 軽度要介護でも保険金 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
りそな銀行は、軽度でも要介護の認定を受けると保険金が支払われる特約付きの変額個人年金保険を18日から販売する。大手銀行では、保険や投資信託の「窓口販売」に力を入れているが米国のサブプライム(高金利型)住宅ローン問題による株式市場の低迷で投資信託など ...
「元気に夏を乗り切って」…中学生がお年寄りに残暑見舞い - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厳しい残暑の中、和歌山県海南市内の養護老人ホームの入所者を励ますため、同市内の中学生が下津保健福祉センターで、高齢者に届ける絵手紙を書くボランティア体験をした。 夏休み中に社会福祉への理解やボランティア活動への関心を深めてもらおうと、市社会福祉協議会が ...
高知で福祉関係の仕事を=土佐厚生会の藤田氏来伯 - ニッケイ新聞 (媒体での記事掲載終了)
高知県から来伯した社会福祉法人土佐厚生会の藤田生稔(みとし)理事長が先月二十四日、ブラジル在住の弟藤田けんせいさん、石井久順ブラスヴィア旅行社社長と来社した。 藤田理事長は「ドーナツ化減少で若者が都会に働きに出てしまい、高齢者ばかりの地方の町に、 ...
「70歳まで働きたい」が16.4% 厚労省調査 (媒体での記事掲載終了)

   厚生労働省は、老後の働き方に関する調査結果を「高齢期における社会保障に関する意識等調査報告書」としてまとめ、2008年8月5日に発表した。

続きは「J-CASTニュース」へ


知事参加「厳しい」/後期高齢者医療 県民集会 県老連に県 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県老人クラブ連合会など六団体の代表ら九人は十四日午前県福祉保健部を訪れ、今月二十二日開催予定の「後期高齢者医療制度の廃止を求める県民集会」への仲井真弘多県知事の参加を要請した。同部の高江洲均保健衛生統括官は「(参加するかどうかの)最終判断は知事が行う」 ...
80歳老人:認知症か?マンション10階から転落死 - 中国情報局ニュース (媒体での記事掲載終了)
男性の息子が「父は軽い認知症を患っていた」と証言しており、警察が事故当時の状況などを詳しく調べている。13日付で新聞晩報が伝えた。 警察の調べによると、男性は12日午後1時ごろ、突然ベランダから飛び降りた。しかし8階の屋根に衝突。男性は支柱にぶら下がったが、 ...
ウチダザリガニ既に360匹捕獲 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
千歳と恵庭で介護認定者や障害者らを対象に福祉タクシーを営業する「ゆうび」(永田徳仁社長)は、福祉タクシーを一般の乗客も利用できる許可を取得した。8月下旬にも営業を開始する。 ゆうびは障害者支援や訪問、居宅介護などの事業を展開し、福祉タクシーは2004年から開始。 ...
ハウジング恒産の子会社を決定・・・三光ソフランHD - 株式会社全国賃貸住宅新聞社 (媒体での記事掲載終了)
本買収について、三光ソフランは「埼玉が主要地盤の当社と東京が主要地盤のハウジング恒産は展開エリアが全く重ならないため、効率の良い業務拡大が可能「子会社のメディカル・ケア・サービスが認知症高齢者向けのグループホーム『愛の家』を全国規模で運営しており、 ...
介護保険最新情報VOL.40 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(訪問通所サービス、居宅療養管理指導および福祉用具貸与に係る部分)および指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について」等の一部改正について」及び「指定訪問介護 ...
一芸持つボランティアが好評 - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
リストは住民の福祉活動、サロン活動を支援する目的で、同センター内で管理し、活用している。 腹話術が得意な同市鳥居ケ丘の小関文助さん(74)は、派遣要請の多い人気ボランティアの1人。子どもから高齢者まで、さまざまな世代の前で腹話術を披露してきた。 ...
介護食品選び便利に/食材の硬さ4段階区分 ロゴマークが目印 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護食品の生産量が伸びている。在宅介護が増える中、常温保存できるレトルトが中心なので、消費者が利用しやすい上、食品の硬さの表示が統一されたことで、選びやすくなったためだ。ただし、お年寄りの好みは千差万別。お年寄りに介護食品を食べ比べてもらい、好みに合っ ...
認知症の人を地域で支えよう 島田でサポーター養成講座 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症を正しく理解し、地域で支えていくための「認知症サポーター養成講座」が13日、島田市宮川町の宮川公会堂であり、市民グループや地域住民ら約20人が受講した。 厚生労働省が3年前から実施している「認知症サポーター百万人キャラバン」の一環。 ...
介護保険法「改正」後に、激増した「介護離職・転職」 - JanJan (媒体での記事掲載終了)
家族の介護や看護のために離職・転職した人が06年10月からの1年間で14万4800人に上ったことが、総務省の就業構造基本調査で分かりました。前年同期より4割増え、過去10年で最も多くなっています。このうち、男性は2万5600人で9年前の2.1倍。 ...
高齢者の筋力アップのため考案された「かでな・ふー体操」=11日、嘉手納町総合福祉センター - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
ストレッチ運動、踏み台の上り下り、ダンベル体操などが盛り込まれ、高齢者の脚筋力強化と寝たきり防止につながる効果が期待できるという。お年寄りたちからは「体が軽くなり体調が良くなった」と評価の声が上がっている。 神山吉朗嘉手納町福祉部長に同DVDを贈呈した ...
車いす用駐車場の適正利用を 県が利用証交付へ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
専用ステッカーの交付対象者は障害者、難病患者、高齢者で歩行困難な人、妊産婦(妊娠七カ月-産後三カ月の有効期限あり)で一時的に歩行困難な人。 交付には障害者手帳、母子手帳などが必要で、県庁(医事厚生課)のほか、各市町窓口、県健康福祉センターで九月一日から ...
【時の人】厚労省を辞め、シリアで障害者支援 中村信太郎さん - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
年金記録問題や後期高齢者医療制度などで、評判が地に落ちた厚労省を見限った訳ではない。「先輩たちは尊敬できますし同僚たちも大好きです。仕事にもやりがいをもっていました」 転機は、昨年夏までのラオス滞在。労働・社会福祉省のアドバイザーとして3年間勤務した。 ...
外国人労働力受け入れ205人来日 介護現場手探り「開国」 - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
人手不足に悩む介護や医療の現場に、外国人労働力が初めて加わる。インドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づき7日、介護福祉士、看護師の候補者205人が来日した。老人ホームや病院など受け入れ施設も手探り状態の中、慌ただしく「開国」を迎えた。 ...
2008年08月13日()
医療をまもる 過疎地の公設民営 送迎付き筋トレ教室 在宅医療に看護師活躍 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
グループホームとして利用されている旧幼稚園の一角を使って、同クリニックの筋トレ教室が毎週行われている。 「いーち、にー、さん」。ももを上げる運動や、いすにつかまって腰を落とす運動を約五十分。運動後は、お茶を片手に話が弾む。「みんな元気だから、こっちも ...
和田興産、高齢者向け住宅参入 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
まず医療法人などと組み、兵庫県内の大規模ニュータウンで高齢化が進む「明石舞子(明舞)団地」(神戸市、明石市)に特別養護老人ホームなどを備えた分譲マンションを建設。少子高齢化が進む中、新市場を取り込む。 設立準備中の社会福祉法人明仁会(仮称、明石市)、 ...
介護用ベッド「低床ヒューマンケアベッド」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
床板の両端が背上げ時に身体を包み込むように曲がるため、座位姿勢が安定し、転落を防ぐ機能を標準装備。転落しても危険を最小限にとどめるため、床から床板までの高さを25センチメートルに設計。背と脚上げを別作動できる3モーター式の価格は42万9500円。 ...
お盆「鳥羽駅ボラ」始動 観光客の質問対応など - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
駅ボラは特定非営利活動法人(NPO法人)「伊勢志摩バリアフリーツアーセンター」が、鳥羽のバリアフリーの現状と課題を探る目的で二〇〇五年夏に一度開設。障害者、高齢者だけでなく、観光客への「おもてなし」として今年から、大型連休とお盆期間に開設することになっ ...
認知症の理解広めようと講座開催 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を広げようと、和歌山市内のホテルで健康セミナー「認知症を知る」が開かれた。厚生労働省が進める「認知症を知り地域をつくる10カ年キャンペーン」の一環。セミナー終了後、“認知症サポーター”の証しとして腕にはめるオレンジバンドが、参加者全員に配布 ...
紫式部文学賞に米の詩人・伊藤さん 介護の世界を情感豊かに綴る - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
作品は、認知症の実母を日本に残して娘や病気がちの夫と3人で米国に暮らし、日米間を頻繁に行き来する介護の世界を描いた長編詩。妻、母、娘として、そして年を重ねる中で出会う苦労を描いている。 出版社などが推薦した53作品から、作家川上弘美さん、文芸評論家鈴木 ...
経験年数、全国最短の4・7年/県内の介護労働者 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「経験年数、全国最短の4・7年/県内の介護労働者」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 神奈川で働いている介護労働者の現事業所での経験年数は ...
高齢者虐待628件/2007年度に県内の市町村認知 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
二〇〇七年度に県内の市町村が認知した家庭内の高齢者虐待数が、前年度比百五十二件増の六百二十八件だったことが、県のまとめで分かった。養介護施設の職員らによる高齢者虐待は、横浜、横須賀市内の六施設で六人増の十七人の被害が確認された。 県高齢福祉課によると、 ...
年金前借り審査、信用機関に照会も 融資制度見直し案 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が安易な前借りで生活に行き詰まり、生活保護の受給に至る例が続発。自治体などから批判が出ていた。 年金担保融資は貸し倒れが起きにくいため、審査が緩い。実施主体の独立行政法人「福祉医療機構」の有識者研究会がこのほどまとめた報告書は制度について「利用者 ...
運転免許の自主返納が急増 - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内で運転免許を自主返納した65歳以上の高齢ドライバー数と「運転経歴証明書」の発行数が急増、2008年上半期分だけで、ともに単年の過去最多記録を更新した。高齢者の事故防止意識の高まりや、自主返納者を対象にしたバス回数券サービスなどサポート態勢の広がりが背景に ...
要介護認定調査項目の選定調査にケアマネ500人の意見!――厚労省会議 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は、要介護認定調査項目の削除案にあげられた23項目について、約500人のケアマネジャーからのアンケート結果を公表した。公表されたデータは、8月8日に開催した第5回要介護認定調査検討会に立教大学教授の服部万里子氏が参考資料として提出したもの。 ...
福島大サテライト講座受講者を募集/いわき - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者らの自立支援や権利擁護、成年後見などを支援する人を養成するのが目的で、昨年福島市で開いた講座の第2弾。 要請を受け福島市の福島大で開かれる講座を会津若松、いわきの両市でサテライト形式の受講ができるようにした。 文部科学省の社会人の学び直し ...
第35回 国際福祉機器展HCR2008」を9月24日~26日に開催――東京 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
今回は22000点の福祉機器を総合展示するとし、展示会場では高齢者・障害者向けの食品・衣類から福祉車両・住宅改修用機材までさまざまな福祉機器に触れることができる。25日は国際シンポジウム「フランスの少子化政策の実情と課題」を開催。 「ふくしのスキルアップ講座」 ...
ケアマネが取り組むべきこと!」――厚労省老健局振興課・遠藤氏 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省老健局振興課の課長補佐兼介護支援専門官である遠藤征也氏が、東京のちよだケアマネ連絡会「楽習会」において、「介護保険制度改正の行方と介護支援専門員に求められること」をテーマに講演した。 遠藤氏は、ケアマネジャーが取り組むべきこととして、サービス ...
「浜松市の説明分からない」など苦情相次ぐ 後期高齢者医療制度の保険料支払い変更通知で - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回の口座振替に変更すると、世帯主の夫(配偶者)や子どもに扶養され、年金収入が年180万円未満の女性などは、夫や子どもに「肩代わり納付」してもらうことで世帯主が社会福祉控除を受けられる可能性がある。それ以外の加入者は、天引きか口座振替のどちらを選んでも ...
入所者へ暴力行為の介護士、市の実地指導では否認を警察で一転 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
仙台市太白区の介護老人保健施設「ソアーズ(小林誠一理事長)」で勤務歴10年の介護士(35)が女性入所者(85)に暴力行為を働き、全治10日間のけがを負わせ、7月4日付で懲戒解雇されていることがわかった。 同市介護保険課によると、6月20日、家族から女性入所者 ...
2008年08月12日()
和田興産、高齢者向け住宅に参入 まず明石舞子団地 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
和田興産と社会福祉法人明仁会が共同で、同地に10階建て地下1階の分譲マンションを建設する。4階以上がバリアフリーの1―2人住まい向け住宅。1階から3階に福祉法人明仁会が運営する特別養護老人ホームやショートステイ施設、サポートセンター神戸が運営する交流施設などが ...
ピジョン、口の中をさわやかにする高齢者向け口腔清涼タブレット (媒体での記事掲載終了)
ピジョンは、高齢者向けの口腔清涼タブレット「お口さわやかタブレット うるおいプラス」を2008年8月18日から全国で発売する。一粒で手軽に口の中をさわやかにするタブレットで、高齢者向けに、気管をふさぐ心配がない大きさと形にした。24粒入り。希望小売価格は420円。
大分、由布市の介護2施設 事業所指定取り消し 県が不正請求などで - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は12日、介護保険法に違反して訪問介護費を不正に請求したなどとして、大分市と由布市の介護事業所2施設に対し、事業所指定の取り消しを通知したと発表した。 通知されたのは「陽(はる)の日」(大束誠社長)が運営する大分市畑中の訪問介護事業所「ヘルパー ...
東大と松下が共同開発 介護・家事ロボット向け触覚センサー - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や家事を手助けするロボット向けの部品として2、3年後の実用化をめざす。 センサーの大きさは2ミリメートル角。「MEMS」と呼ばれるナノテクノロジー(超微細技術)でシリコンを加工してセンサーを作り、周囲を弾力のあるゴムで覆った。物などに触れるとシリコンの ...
2介護施設の指定取り消し 報酬の不正受給など - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大分県は12日、介護報酬を不正に受給していたなどとして訪問介護施設「陽の日」(大分市)の指定を取り消した。また、施設の改善命令に従わなかったなどとして通所介護施設「ほっとかん」(同県由布市)も指定取り消しとした。 県監査指導室によると「陽の日」は ...
認定者の利用、100万人 予備軍は低迷、介護予防 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
要介護認定を受けた高齢者で介護予防サービスを利用した人は、2007年度は前年度比24万人増の104万人となったことが12日、厚生労働省の調査で分かった。これにより利用者はサービスの対象となる要介護度が最も低い「要支援1」と、その次に低い「要支援2」の ...
認定者の利用、100万人 予備軍は低迷、介護予防 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護認定を受けた高齢者で介護予防サービスを利用した人は、2007年度は前年度比24万人増の104万人となったことが12日、厚生労働省の調査で分かった。これにより利用者はサービスの対象となる要介護度が最も低い「要支援1」と、その次に低い「要支援2」の ...
地方の雇用を守るか、建設会社の農業参入 (媒体での記事掲載終了)
公共事業の大幅な減少によって、地方の建設会社は青息吐息の状態にある。活路を見いだすため、農業や介護事業に参入した業者も少なくない。2000年に農業生産法人「あぐり」を設立した愛媛県松山市の金亀建設(現・愛亀)もその1社だった。
できることは自分でしたいはず。そのためにユニバーサルデザインを広めたい」と、作品とともに自分の思いを伝えた。審査員からは「高齢者や障害者が自分で楽に化粧をすることは、生活の質を高める上で重要」と評価され、見事最優秀賞に輝いた。 同大からは製品化を強く ...
マツダ、介護・育児と就業の両立を支援 10施策を実施 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
結婚、育児や介護などライフステージごとの生活スタイルに合わせて働けるよう、柔軟性のある制度を拡充することで、社員のキャリア開発を積極的にサポートする。 マツダは1999年に一般職と総合職の区分を廃止し、2000年にコアタイムのないスーパーフレックスタイム制度を ...
ピジョン調べで約85%の高齢者が口の中を清潔にし、潤いを与えることは大切だと感じていますが、面倒で負担に感じるため、実際に行っている方は少ないのが現状です。本商品はお口が乾燥して、臭いが気になる時、寝たきりの方のお口のお手入れや入れ歯をはずした時のお口 ...
高齢者の墓参り支援 職員が付き添い送迎/石川・JA小松市法人【北陸】 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 地域の高齢者向けに行う「墓参りサポート」が今年で6年目を迎えた。11日には、小松市長谷町の上出英次さん(80)がスタッフに付き添われて墓参りをした。 体が不自由などのため墓参りに行けない市内のお年寄りを支援することが目的。昇降機付きの福祉車両で自宅 ...
かみいち福祉の里(5) 地域の『お茶の間』目指す - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
NPO法人かみいち福祉の里の定款には、法人の目的として「中新川広域圏在住の高齢者、障害者(児)などに対して、グループホーム、ショートステイ、デイサービス、居宅介護支援などに関する事業を行う」とうたっている。二〇〇七年夏、デイサービスとショートステイ事業 ...
2008年08月11日()
県が指定取り消し みどり市の介護事業者に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は十一日、みどり市の通所介護事業者「デイサービスセンターライラック」が介護報酬を不正請求したとして、同センターを運営する有限会社「ノア」(みどり市、吉崎美子社長)の介護事業者の指定を三十一日付で取り消すと発表した。不正請求の合計額は約六十七万円。 ...
明解要解】悪化する介護労働の現場 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護現場の労働環境が悪化している。厚生労働省所管の財団法人「介護労働安定センター」の調査で、介護労働者の半数が「低賃金」と回答。5人に1人が1年間で職場を去っているという。こうした職場環境のしわ寄せが、事故の危険や衛生面の悪化という形で施設利用者に波及 ...
介護予防の推進に向けた運動器疾患対策について」報告書の公表 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は8月8日、介護予防の推進に向けた運動器疾患対策について、これまで4回にわたって開催した検討会の報告書をホームページで公表した。 同検討会は、2007年4月に政府が掲げた「新健康フロンティア戦略」にもとづき、今後の介護予防の推進のため、運動器疾患対策 ...
家族らの高齢者虐待628件 07年度前年度比152件増 施設では6件 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅高齢者の虐待件数が増えた理由について、県高齢福祉課は「法律の施行から二年目を迎えたことで周知が進み、潜在化していた虐待が表に出てきた結果」としている。 また、施設での虐待は、横浜と横須賀で三件ずつ。被害に遭った十七人のうち、要介護度4と5で十二人を ...
サンキ・ウエルビィ、在宅介護3子社を吸収 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
中国地方で介護事業を手掛けるサンキ・ウエルビィ(広島市、原田和夫社長)は11日の取締役会で、コムスンの在宅介護事業を引き継いでいた全額出資子会社3社を吸収合併することを決めた。本社部門を一本化することでコンプライアンス(法令順守)や内部統制を強化し、利用 ...
介護報酬を不正請求 群馬・みどりの事業所が指定取り消し処分 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
群馬県は11日、居宅介護サービス費などの介護報酬を不正に請求したとして、みどり市笠懸町阿左美の「デイサービスセンターライラック」を運営する通所介護事業会社「ノア」(吉崎美子代表)に対し、介護保険法に基づき、31日付で同センターの通所介護事業所の指定を ...
療養病床3割削減 12年度までに 医療費抑制で県計画 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療費を抑制する国の医療制度改革を受け、県は11日、慢性疾患で長期入院する高齢者向けの療養病床を、4770床(2007年4月現在)から、12年度までに3385床に減らす計画案を発表した。削減幅は約3割になるが、病院や福祉施設、市町などと実現に向け ...
個人企業の経営者 60歳以上が7割超も (媒体での記事掲載終了)

   総務省はこのほど、2007年の個人企業経済調査の結果をまとめた。それによると、個人企業の経営者が60歳以上のケースは、調査対象の7割超を記録した。これは、01年の調査以降初めて。一方、後継者がいると答えた個人企業は、2割ほどにとどまった。個人企業の高齢化が深刻になっていることが浮き彫りになった形だ。