介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2007年11月10日()
華やかおしゃれケープ デザイン自ら参加し高齢者がショー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者でも使いやすい福祉介護用品の開発を目的に、川越町の繊維製品会社「スマイルコットン」と県立看護大、県科学技術振興センター工業研究部、四日市医療生協が連携。開発には同生協の介護施設を利用する男女七人も携わった。 利用者たちは八月から施設で開いた“戦略 ...
認知症の病理や予防策など学ぶ 亀岡で市民講座 討論会も開催 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の病理や予防策について学ぶ市民公開講座が10日、京都府亀岡市余部町のガレリアかめおかであった。専門医がもの忘れと認知症の違いを解説、聴講者の意見を交えた討論会も行われた。 講座は、亀岡市医師会が毎年開いている。今回、「日々の診療から関心の高まりを ...
両陛下老人ホームを訪問 「周航の歌」アンコール - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国豊かな海づくり大会出席のため滋賀県を訪れている天皇、皇后両陛下は10日午後、大津市の特別養護老人ホーム「ケアタウンからさき」を訪問された。 お年寄りたちが歌う「琵琶湖周航の歌」を聴き、天皇陛下は歌詞を読んだ後「もう一度歌っていただけますか」 ...
両陛下老人ホームを訪問 「周航の歌」アンコール - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国豊かな海づくり大会出席のため滋賀県を訪れている天皇、皇后両陛下は10日午後、大津市の特別養護老人ホーム「ケアタウンからさき」を訪問された。 ...
医療法人への特養解禁撤回 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、慢性期の高齢患者が長期入院する療養病床の転換支援策として決めていた、特別養護老人ホームの設置を医療法人に解禁する案を撤回する方針を固めた。来年の通常国会で予定していた老人福祉法の改正は見送る。関係団体の反対が強く与党の理解が・・・ ...
75歳以上の高齢者が自立した老後を送りながら次の世代をバックアップする全国組織「新老人の会」(本部東京)の岩手ブランチ(代表・佐藤俊一岩手医大学長)が設立された。26日、盛岡市で設立記念フォーラムを開き、同会会長の日野原重明聖路加国際病院理事長が講演する。 ...
両陛下、大津市内の老人ホームご訪問 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
第27回「全国豊かな海づくり大会」出席のため、天皇、皇后両陛下は10日、滋賀県入りし、大津市内の特別養護老人ホーム「ケアタウンからさき」を視察された。 ...
医療法人への特養解禁撤回 厚労省、関係団体の反対で - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、慢性期の高齢患者が長期入院する療養病床の転換支援策として決めていた、特別養護老人ホームの設置を医療法人に解禁する案を撤回する方針を固めた。来年の通常国会で予定していた老人福祉法の改正は見送る。関係団体の反対が強く与党の理解が得られない ...
医療法人への特養解禁撤回 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、慢性期の高齢患者が長期入院する療養病床の転換支援策として決めていた、特別養護老人ホームの設置を医療法人に解禁する案を撤回する方針を固めた。来年の通常国会で予定していた老人福祉法の改正は見送る。関係団体の反対が強く与党の理解が得られない ...
医療法人への特養解禁撤回 厚労省、関係団体の反対で - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10日、慢性期の高齢患者が長期入院する療養病床の転換支援策として決めていた、特別養護老人ホームの設置を医療法人に解禁する案を撤回する方針を固めた。 ...
保険証取り上げないで 後期高齢者医療見直し - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
来年四月から施行される後期高齢者医療制度について、県社会保障推進協議会(神谷稔会長)は九日、負担軽減などを求める請願書を百五十九団体と八千五百七十八人の署名を添えて、県後期高齢者医療広域連合議会の大河内議長あてに提出した。 請願書などによると、七十五歳 ...
「被用者保険」(上)現役世代の自立原則崩壊 熊本日日新聞 (会員登録)
all 2 news articles
マイクロソフトが新施策 高齢者にパソコン普及 全国120カ所でセミナー開催へ - フジサンケイ ビジネスアイ (媒体での記事掲載終了)
マイクロソフト日本法人は9日、高齢者層にパソコンを普及させるための新施策「アクティブシニア推進計画」を開始したと発表した。高齢者向けセミナーを2008年末までに全国120カ所で開催するほか、同社が認定する初心者向けパソコン講師を10年6月までに3000人育成する。 ...
県、療養病床33%削減へ 11年度末 老健などに転換 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
療養病床削減後の患者の受け皿として国が創設する新型老健施設の詳細が未定で、判断に迷う医療機関が多いとみられる。 調査は八月、療養病床がある病院と診療所計 ...
「カラーユニバーサルデザイン」(CUD)だ。色弱者の利便性向上のため、CUDに取り組む企業が出てきているが、観光業界での対応は遅れ気味だ。 色弱者はアジア系の人では ...
2007年11月09日()
名古屋市大、がん抑制因子「atbf1」がアルツハイマーにも効果か - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市立大学大学院の三浦裕准教授らは、がん抑制因子の一つ「atbf1」が、アルツハイマー病の発症抑制に関連する可能性があることを見いだした。 ...
高齢者賃貸住宅、京阪神に続々介護充実で安心感訴え - 日経ネット関西版 (媒体での記事掲載終了)
大阪府を中心に京阪神の都市部で、高齢者専用の賃貸マンションの供給が増えている。郊外から便利な市街地に住み替えたり、転居が容易な賃貸物件を求める高齢者が増えているのに加え、財政難の自治体が公的な老人ホームの建設を規制。その代わりとなる介護サービス付き賃貸 ...
運転免許返納の高齢者 タクシー料金1割引き - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
運転免許を返納した高齢者についてタクシー料金を割り引く制度が20日から、秋田県内全域で導入される。同制度の導入は東北地区では初めてで、県内全域で個人タクシーも含めて導入されるのは全国初という。 タクシー会社と個人タクシーが、秋田県警の協力を得て、割引制度 ...
高齢者の住宅投資を考える―孫への支援はあるか - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了)
基準法以外に持家市場が冷え込んでいる影響を考えてみると、地方経済の疲弊や団塊ジュニア層の青田買い、コスト高による住宅取得比上昇、なにより分譲へのスライドなどがぱっと思いつくが、最近なんとなく思っているのは、団塊世代をはじめとする高齢者層の動きのにぶさも ...
「団塊」が敬遠 老人クラブ ピンチ 会員ピーク時から80万人減 西日本新聞
all 2 news articles
フィリピンの介護人材の養成状況を報告 ―高齢社会をよくする女性の会 - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
NPO法人高齢社会をよくする女性の会(理事長・樋口恵子)は14日、フィリピンにおける介護人材養成の状況について視察報告会を行う。 同会はフィリピンで介護人材がどのように養成され、海外に送り出されているか現地で視察を行った。今回それを報告するもの。 ...
「団塊」が敬遠 老人クラブ ピンチ 会員ピーク時から80万人減 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省老健局は「老人クラブは仲間づくりや介護予防活動などの一翼を担っており、会員減少は何とかしないといけないが、行政にできることは限りがある」と心配する。 斉藤さんは「多様化が進んだ今、かつてのように老人クラブがすべての高齢者の受け皿になるのは不 ...
介護施設にだまされるな」のブロガー応援企画 - Creator's Next (媒体での記事掲載終了)
名前でブロガーの方に介護に関するお題を募集しております。そのお題に応募してくださった 介護は必要になってからではなくて、今から意識しておくことが大事です。そこであなたはクチコミが起こりやすい「占い」系サイトをたちあげることにしました。 ...
自殺率、県西部ほど高率 山間部・高齢者目立つ - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
県警の調べでは、自殺の原因は病苦、経済・生活問題、家庭問題-の順に多く、年齢別では五十代と六十五歳以上の高齢者で目立っている。 保健所別の自殺率は、多くの山間部を抱え、高齢化が進む県西部ほど高い。昨年、美馬保健所の次に自殺率が高かったのは三好保健所 ...
2007年11月08日()
高齢者・ハンディキャプト部門」グッドデザイン賞のカップ - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
のグッドデザイン賞(商品デザイン部門/高齢者・ハンディキャプト関連商品)を受賞したことを公表した。 以下は同社ニュースリリースより抜粋、改編。 が困難な方と介護者のために開発されたストロー付きカップ。 飲みやすく、口腔機能を考慮したストローデザイン、 ...
認知症女性に解決金支払いで和解アイフルなど、融資連帯保証巡り - 日経ネット関西版 (媒体での記事掲載終了)
大阪府内のリフォーム業者に消費者金融会社「アイフル」からの融資の連帯保証人にされ、自宅に根抵当権を設定されたなどとして、大阪府内の認知症の70歳代の女性が慰謝料や根抵当権の抹消などを求めた訴訟は8日、アイフルや業者などが解決金を支払うことなどを条件に、 ...
認知症女性とアイフル和解 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
大阪府の認知症の女性が、消費者金融大手「アイフル」との連帯保証契約は無効だと主張し、大阪地裁(小西義博裁判長)で争われていた訴訟は8日、和解した。 訴状によると、女性は2003~04年、自宅のリフォーム工事を不当な高額で業者と契約。業者は女性を連帯保証人とし ...
認知症女性の資産担保融資でアイフルが解決金 大阪地裁 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の女性(04年死去)の自宅を改修した大阪市内のリフォーム業者が、女性の土地・建物を担保に消費者金融大手「アイフル」(京都市)から勝手に借金をしたとして、女性の兄が業者とアイフル側に抵当権抹消と慰謝料など約500万円の賠償を求めた訴訟は8日、大阪地裁で ...
岡山】特養ホーム「穂香の里」、11月にも入札(11/8 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人岡山中央福祉会(岡山市吉原231、井場哲也理事長)は、岡山市豊田306-8に小規模多機能型居宅介護施設を併設した地域密着型特別養護老人ホーム「穂香の里」(仮称)の創設を計画。早ければ11月中にも入札する見通し。 計画では鉄骨造2階建て延べ約2400㎡の ...
小規模特養 5月に開設予定 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
新設される小規模特養は全室個室で冷暖房完備、定員は29人(住所地が藤沢市の人が対象)、ショートステイは3人となる。 施設運営については(1)自宅に近い恵まれた環境 ...
駅「エレベーターなく困る」 バリアフリーで田辺市アンケート - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
田辺市が策定に取り組んでいるバリアフリー(障壁を除く)基本構想の基礎資料にするために行った調査。結果を参考にして本年度中の策定を目指す。 学識経験者や障害者団体関係者らでつくる策定協議会が田辺市内で7日にあり、結果が報告された。 基本構想は、高齢者や障害 ...
96th環境サロン:ユニバーサルデザインの川内義彦氏-「バリアフリーを語る」 - EICネット (媒体での記事掲載終了)
こうした状況のなか、今回の環境サロンでは,一級建築士であり、みずから車イスを利用する立場からユニバーサル・デザインの必要性を強く提唱してきた川内美彦氏をお ...
第10回介護支援専門員実務研修受講試験、受験者数と傾向 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
厚労省は11月1日、第10回となる「介護支援専門員実務研修受講試験・受験者数」を公表した。 人が上位3県。ほとんどの件で平年並みだが、西へ行くほど減少している県が多くみられ、九州は福岡以 外の全県で減少している。 データは10月30日現在で各都道府県から報告を受け ...
高齢者排尿管理マニュアル2種、ダウンロード開始 - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
アルと、そのポイントをまとめた 高齢者の排尿障害への対応を追加しました。 愛知県健康福祉部高齢福祉課介護予防・認知症グループ様のご厚意によりご提供いただきました。 愛知県が作成した「高齢者の排尿管理マニュアル」です。介護・看護・医療従事者向けに作成された ...
受診を拒む人を通院させるには】~東京都認知症推進会議より - ケアマネジメント オンライン (媒体での記事掲載終了)
ネットワークづくりにおいて地域包括支援センターがコアとなる。 ・介護者にとってはケアマネジャーが要の存在。地域資源の有効活用については、 身近なケアマネジャー ...
主要16駅、来春勢ぞろい 東播磨のバリアフリー地図 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会的弱者が気軽に外出を楽しめるようにと、県の東播磨地域ビジョン委員会「バリアフリー東播磨グループ」が駅周辺の調査を通して製作を続けている「ふれあい・おでかけマップ」の作業が終盤を迎えている。現在、jr加古川駅など五駅分四冊を製作中。 ...
高齢者活用セミナー開催-県経営者協会 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県経営者協会は12日午後1時半から、香川県高松市玉藻町の県民ホールで高齢者活用支援セミナーを開く。 「高年齢社員を戦力化するには」と題して田中人材戦略事務所(大阪)の田中丈夫代表が講演。高齢者の意欲と生産性を向上させる方策について米国とも比較しながら ...
介護士が寝たきり患者を殺害?石鹸むりやり飲ませ - マレーシアナビ (媒体での記事掲載終了)
告発したコー・スアンシーさん(59)によると、ある介護士が寝たきりの目の不自由な患者の口と鼻から、「死ね、市ね」といいながら液体石鹸を流し込んだのを、10月19日 ...
認知症お年寄りが先生に 吉野川市の小学校、昔の遊びなど伝授 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
吉野川市鴨島町内原のグループホーム「のぞみ」で生活する認知症のお年寄りが、近くの飯尾敷地小学校に「ふるさと教員」として招かれ、大正から終戦直後の生活を教えている。認知症を患っていても、社会の一員として過ごせるようにと、世代間交流を進めている市民 ...
火災の逃げ遅れ防げ 高齢者宅に無料警報器 藤枝市が配布 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
火災の逃げ遅れによる死傷者をなくそうと、藤枝市と市消防本部が、市内の70歳以上の高齢者宅2022世帯に火災警報器を無料配布している。秋の全国火災予防運動週間(9-15日)に合わせた施策で、市によると県内初の取り組みという。 (藤川大樹) 2004年の消防法改正で、06 ...
高齢者宅に火災報知器 取り付けサービスも 藤枝市が無料配布 静岡新聞 (会員登録)
株式会社東京信友は火災の発生を高輝度LEDと警報音で知らせる壁掛け型受信器『ピカットホーン』を発売した。 ValuePress!(プレスリリース)
秋の火災予防運動11月9日から タウンニュース
all 6 news articles
2007年11月07日()
投票偽造、元特養理事長に有罪判決 岐阜地裁 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年7月の参院選で、大垣市の特別養護老人ホーム「ゴールドライフ大東」の入所者の不在者投票を偽造したとして、公選法違反(投票偽造)の罪に問われた社会福祉 ...
東日本福祉経営サービス、高齢者専用賃貸住宅に進出 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設の東日本福祉経営サービス(新潟市、五十嵐新秀社長)は、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)の展開を始める。2008年中に、同社が県内で運営する介護付き有料老人ホームの近くに5棟を建設し、将来的には埼玉や千葉など関東地方にも建設する計画。自力で生活できる高齢 ...
中国赤十字、北京で老人ホーム建設 北京週報 日本語版
all 2 news articles
製造業、介護で求人増 高校生企業説明会に県内企業45社 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
求人は製造業や介護分野で増加が目立ち、有効求人倍率(9月末現在)は0・82倍と前年同期に比べ0・16ポイント改善している。 企業説明会は、和歌山労働局や県などが毎年この時期に開催している。今年は、全国的に人材不足となっている介護分野の14事業者が参加し、積極的な ...
財政難 あちら立てれば、こちら立たず… 高齢者交通費 助成拡大を検討 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
「外出できない高齢者が見捨てられる」と再考を求める声もあり、市は「財政難で、すべての要望には応えられない」と頭を悩ませている。 同市の交通費助成事業は、バスと電車の共通利用券5000円分などを年1回交付。本年度は約5万5000人を対象に、約2億5000万円の支出を ...
高齢者招きマツタケ「収穫祝い」 喬木第二小の児童ら - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
喬木村の喬木第二小学校は7日、地域の高齢者ら24人を招いて「収穫祝い」を開いた。 全校児童約60人が、お年寄り一人一人の手を取って会場の体育館に案内。地域の人たちは、「あら、お母さんにそっくりね」などと言いながら顔をほころばせた。 今年は、学有林でマツタケが ...
高齢者と女性も活躍できる少子化社会 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
2005年に約1億3000万人あった日本の人口が50年後には推定約9000万人まで減少するので、労働人口や年金、高齢者医療費などに大きな影響を与えると、同白書が警鐘を鳴らしているとのことです。これまでの他の白書等で提案されている人口減を食い止める方策が繰り返して記述 ...
(36)誤嚥性肺炎 高齢者の食事状況で疑う - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者は、骨折や脳梗塞などで寝たきりが続き、全身状態が悪化した際に嚥下障害が起きることがあります。「むせ」や「せき」、食べ物の残留感、声の変化、食欲低下などがあると、嚥下障害が疑われます。 肺炎に対しては、抗生物質の投与などの治療を行いますが、誤嚥性 ...
北陽小の児童が駅前でバリアフリー体験 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
千歳北陽小4年生121人が6日、jr千歳駅周辺のバリアフリー状況を調べる体験学習を行った。 お年寄りや障害を持つ人が駅のホームのエレベーターや階段の手すり、点字ブロックなどの設備を利用するとき、どのように感じているか体感するのが目的。交代で車いすやアイマスクなどを ...
神奈川】ゆめが丘駅付近に特養ホーム 横浜慶心会(11/7 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
新設法人の社会福祉法人横浜慶心会(横浜市神奈川区栄町6ノ1)は、横浜市泉区の相鉄いずみ野線ゆめが丘駅近くで、特別養護老人ホーム「ウェルフェアリビング」の新築を計画している。10月末に設計をアーキテクト・アソシエイツ・ヨコハマ(横浜市西区)に委託し、施設 ...
高齢者でも動噴担ぎ楽々 農家が補助具開発/新潟の力石さん【甲信越】 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
新潟県長岡市の農家・力石勉さん(63)は、切り花生産の傍ら、高齢者に便利な農作業機器を開発する。近く、第1号商品として動力噴霧機を背負うのに役立つ「楽々(らくらく)担ぎ台」を販売する予定だ。折り畳み式で軽く、持ち運びも楽にできる。 ...
神奈川】介護老健「ほほえみの郷」新築 悠仁会(11/7 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
■ 新設法人の医療法人社団悠仁会(横浜市旭区今宿南町12)は、横浜市旭区下川井町で介護老人保健施設「ほほえみの郷」を新築する。現在、設計を横河建築設計事務 ...
「いわそう」の介護不正請求は446万円に - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
いわき市平で介護事業を展開していた「いわそう」が介護給付費を不正に請求・受領していた問題で、同社の不正請求額は約446万円に上ることが6日、分かった。 いわき市は同日までに、40%の加算額などを加えた約644万6500円の返還請求を同社に通知した。
人形抱けば認知症に効果? 滋賀県立大准教授ら検証へ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者ケアに人形を使うドールセラピー(赤ちゃん人形療法)の効果を検証する研究を、滋賀県立大准教授らが大津市内のグループホームで進めている。この分野の研究はほとんど進んでおらず、「療法の効果を明らかにして、福祉先進県といわれる湖国滋賀から発信 ...
2007年11月06日()
安心『ツアー』が人気 介護のプロと楽しい旅を - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
吉田さんが参加したのは、旅行会社「クラブツーリズム」が企画した介護付きツアーで、ホームヘルパー二級の資格を持つ「トラベルサポーター」が同行した。 ...
サラサラ詐欺 高齢者標的に - NHK (媒体での記事掲載終了)
「血液がサラサラになる」などとうそをついて高額のブレスレットを売りつけ、あわせておよそ700万円をだまし取ったとして、東京都内の健康器具販売会社の社長らが逮捕された事件で、逮捕された元幹部らが「お年寄りや太った人を狙うと効率がいい」などと販売員を指導し ...
介護予防に地元野菜の和食を 大山崎で料理講習会 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
お年寄り自ら料理を作ることで介護予防にもつなげようと毎年行っている。これまでは肉料理を作ることが多かったが、今年はお年寄りが食べやすい和食調理を調理師の辻本トミ子さん(76)=円明寺=が教えた。 参加者は、子どものころから作っていたという昆布だしを使った ...
圓明園のバリアフリー施設が年内に完成 - 人民網日本語版 (媒体での記事掲載終了)
1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。 2. ...
神奈川】介護老健ヴィラ都筑新築 平成記念会(11/5 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
■ 社会福祉法人平成記念会(徳島県徳島市勝占町松成46)は、横浜市都筑区大棚町に介護老人福祉施設「ヴィラ都筑」を新築する。施工者を一般競争入札で選定する ...
電停へ「バリアフリー」 横断歩道を設置 清輝橋交差点 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
・ホームページの記事・写真の著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。すべてのデータの無断複製・転載を禁じます。 ・ネットワーク上の著作権について日本新聞協会の見解をご覧下さい。 ・リンクする際は、トップページ(http://www.sanyo.oni.co.jp/)にし ...
愛車持ち込み運転チェック-東かがわで高齢者教室 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
マイカーで訪れた市内の高齢者らが、模擬コースを使ってスラロームやs字走行などの運転に挑戦した。 同スクールは1995年の開始以来、今回で22回目。この日は65歳以上の現役ドライバー14人が、愛車を持ち込んで教習コースに挑戦。最高齢者は85歳だった。 ...
高齢者に優しさと支えを 久茂地小で認知症教室 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
子どもたちに認知症を正しく理解してもらうため、那覇市ちゃーがんじゅう課は2日、「認知症を知るための絵本教室」を久茂地小学校で開いた。同教室は市が進める「地域密着サービス事業者ネットワーク推進事業」の一環として実施された。認知症への理解を深めるとともに ...
医療、福祉に緊縮の波 高齢者、育児世代に不安 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
低所得者への支援を強めることで最低限の社会保障を維持しながらも、高齢者や乳幼児の一部では医療費負担が増え、中学校では就業体験「トライやる・ウィーク」への補助率が下がる。苦しい財政の中、県の補助を受けてさまざまな住民サービスに取り組む各市町や、関連団体 ...
第117回日本医師会臨時代議員会 所信表明(要約) 日本医師会長 唐澤人 日医ニュース
all 4 news articles
フィリピン・タイ・インドネシア介護士情報提供サービス、ケアルダリ海外介護士サポートサービス開始 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
日本初、海外介護士の情報提供会員サイト、10年後に50万人の介護士を必要としている日本の背景から、直接、介護事業者が海外介護士の情報を得ることが出来る、初のインターネットサービス。 海外まで出向かずとも、介護士の詳細情報を入手する事が出来リアルタイムでの ...
2007/11/06-08:56 3割の再犯者、事件の6割=目立つ若者、高齢者-犯罪白書 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
年齢別では、初犯時に20代前半だった若者が2年以内に再び罪を犯した割合は47.1%で、30代前半(36.7%)や40代後半(40.6%)など他の年代に比べて高率を記録。また、50代以上の中年、高齢者でも2年以内の再犯が顕著で、50代前半で47.6%、65歳以上では75.5%に達し ...
「再犯者」の犯罪、全件数の6割に 犯罪白書 朝日新聞
犯罪の6割が再犯、20~24歳に高い再犯率…犯罪白書 読売新聞
犯罪白書、再犯者による犯罪6割近く TBS
日本経済新聞 - 下野新聞
all 30 news articles
2007年11月05日()
森上小6年がバリアフリー学ぶ - 須坂新聞 (媒体での記事掲載終了)
国土交通省の北陸信越運輸局長野運輸支局と須坂市が主催の「交通バリアフリー教室」が30日、須坂駅周辺で行われ、森上小の6年生約50人がアイマスク歩行や車いす介助(写真)を体験した。 高齢者や障害者などに声をかけ、サポートできる「心のバリアフリー社会」を実現 ...
待合室で交通安全学ぶ 栗原中央病院が高齢者向けに放映 - 河北新報 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
宮城県栗原市築館の栗原中央病院で、待合室に設置した7台のディスプレーに、高齢者の事故防止を呼び掛ける映像が流れている。築館署がMO(光磁気ディスク)を制作し、お年寄りが多く訪れる同病院に委託した。同署は「診察を待つ間、お年寄りに注意を促し、事故を少し ...
ソーバル、介護福祉システムの研究活動に協力、RFID技術などを供与 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
2校では、認知症に対応する高齢者介護施設での慢性的人手不足を受け、「アウェア技術」と呼ばれるハイテクセンサー技術を活用した介護システムを研究。介護士の作業を支援する仕組みづくりを進めている。ソーバルは独自のRFID技術を供与し研究をサポートする。 ...
ロシアの老人ホーム火災で31人死亡 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ロシアのモスクワの南約200キロのトゥーラ州にある高齢者介護施設で4日、火災が発生し、2階建ての建物が全焼。5日夕までに入所者ら31人の死亡が確認された。 イタル・タス通信などによると、原因は漏電の可能性があるという。
ロシアの老人施設火災で31人死亡 日刊スポーツ
all 3 news articles
高齢者から現金騙し取る 住宅リフォーム業者逮捕 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
容疑者は5月ごろから牧之原市や焼津市などでも電気系統の配線や耐震工事などを装って高齢者から現金を騙し取っていたとみられ、警察は余罪は約15件、被害総額は100万円以上になるとみて裏づけ捜査を進めている。
力士たちがお年寄り慰問 志摩町の高齢者施設 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
大相撲九州場所を前に、伊勢ノ海部屋の力士ら5人が5日、志摩町小富士の老人保健施設「志摩老健センター・パキス」を訪れ、お年寄りたちと触れ合った。 9年前に九州場所を見て感激した波多江京子センター長(58)が、訪問を要請したのがきっかけで毎年恒例となっており、 ...
火災警報器100個贈る 大牟田市婦人防火クラブ 高齢者宅に設置へ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
警報器は、9日から始まる秋の火災予防運動に合わせて、同クラブと同市消防団が1人暮らしの高齢者宅などに設置する。 同市では今年に入り、住宅火災によって4人が死亡、うち3人が60歳以上で占められている。 同日、同市浄真町の同市消防本部で贈呈式があり、古後会長 ...
高齢者施設に学生の発想 佐伯市にグループホーム開設 内装やhpなどで意見交換 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
大学生のアイデアを施設づくりなどで生かした認知症高齢者のグループホーム「みどりの郷(さと) こんね」がこのほど、佐伯市弥生床木にオープンした。 ...
介護予防へ体操考案 浜田保健所など - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
浜田保健所などが、介護予防の運動を取り入れた「元気アップ まめなくん体操」を考案し、音楽と映像を収録したdvd、cdを製作した。 体操は「三百六十五歩のマーチ」の曲をバックに構成し、三番までの計三分。一番は手足のストレッチで、二番は下半身運動、三番は上肢運動 ...
介護福祉士の役割を再確認 広島市中区で全国大会 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設や在宅で介護サービスを担う介護福祉士の全国大会が三日、広島市中区の広島国際会議場であった。日本介護福祉士会の主催。資格ができて二十年目を記念し「介護を必要とする人の尊厳を守り、命と生活の守り手になる」との提言を発表した。 大会は二日から二日間開 ...
高学歴者では認知症の発症は遅いが進行は速い - Dr.赤ひげ.com (媒体での記事掲載終了)
高等教育を受けた人では認知症の発症は遅いものの、いったん認知力の低下が始まると急激に進行することが新しい研究で判明した。この研究は米アルバート・アインシュタイン医科大学(ニューヨーク)のCharles B. Hall氏らによるもので、米医学誌「Neurology」10月23日号に ...
直売所の課題/高齢者の美徳生かそう - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
直売所とひとくくりでいうが、少人数で開設し、小遣い稼ぎ程度の売り上げを楽しむ所もあれば、年間数億円も売り上げている規模のものまで、さまざまなタイプがある。地域に無くてはならない施設になり、地域振興の核となっている直売所も多い。みんな生き生きと働き、明る ...
2014年には180万人もの介護難民が出現か!? 週刊ダイヤモンド特集「介護全比較」 [ダイヤモンド・オンラインNEWS] - News2UNet (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
特養(特別養護老人ホーム)の入居待機者は約39万人、2011年度に廃止される介護療養型医療施設の利用者から溢れる人が最大6万人と予測されていることから、要介護者の人数が2011年度を境に約45万人発生すると推定されている。 が、この数値とは別に、有料老人ホーム建設の ...
高齢者も積極的に これからの長寿社会討論 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者から得るものは多い。高齢者も元気な若い人と積極的にかかわることでもっと刺激的な毎日になる」と述べた。 周辺の県立奥武山公園では、関連行事として「第19回かりゆし県民フェスティバル」(県、県社会福祉協議会主催)が開催された。約1万人の来場者は、芸術作品 ...
2007年11月04日()
生徒と高齢者、クイズ楽しむ 三次市三和町 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
三和町上山一区ふれあいの会(山本志磨晴会長)は、地区集会所で六十五歳以上の住民を対象に、中学生との交流会を開いた=写真。 地元の三和中生徒と住民ら十七人が参加。自己紹介の後、同中三年の坂田温海君(15)と池森龍二君(15)が考えた手探り品物あてクイズを ...
若年期認知症の介護者から困窮訴える声 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
若年期認知症者の介護者を対象にした初めての交流会が4日、佐賀市のアバンセであった。介護の大変さとともに「生活保護以下の収入しか得られない」と経済的困窮を訴える声などがあがった。 交流会は、認知症の人と家族の会県支部(森久美子代表世話人)が開いた。 ...
3級ホームヘルパー資格に中学生が挑戦 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【二宮】中学生らがホームヘルパーの資格取得を目指す「第三回町ホームヘルパー養成研修三級課程」の開講式が四日、町役場で行われ、計五十時間の講座が始まった。 ...
家庭内暴力 根絶訴え 怖い長期化「早期相談を」 dv、児童・高齢者虐待 15団体が街頭活動 熊本市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は今月の1カ月間をdv、児童や高齢者、障害者への虐待など家庭の暴力廃止を訴える統一キャンペーン期間としている。この日の街頭キャンペーンもその一環で県や県人権擁護委員協議会など15団体が参加した。 各種相談機関の連絡先を記したカードを配布したり、アーケード街 ...
2007/11/04-15:11 バリアフリー化を補助対象に=住宅基盤整備事業を再編-国土交通省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
団地内のバリアフリー化を補助対象に追加する方針で、少子高齢化に対応するとともに、都市の中心部に施設を集約して利便性を高めコンパクトな街づくりに役立てる。2008 ...
【健康ジャーナル】インフルエンザ予防 高齢者はワクチンを - サンケイスポーツ (媒体での記事掲載終了)
しかし、免疫力の弱い小児や高齢者は、脳症や肺炎、持病悪化につながる恐れもあるので、合併症の診療のためにも受診させた方がいい」 「小児のインフルエンザ患者がアスピリンを服用すると、重い後遺症をもたらすライ症候群になる恐れがある。市販の解熱薬にもアスピリン ...
2007年11月03日()
ゆのくに天祥が「優秀賞」 石川県バリアフリー推進賞 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年度の石川県バリアフリー社会推進賞で、加賀市山代温泉の旅館、ゆのくに天祥が施 設部門優秀賞を受賞した。県内の温泉旅館では初めて。同旅館を運営するホテルゆのくに (同市)は「来年の創業四十五周年に向け、さらに顧客サービスの充実を図りたい」とし ている。 ...
文字を大きくする機能のほか、音声ガイドなど高齢者や障害者らが利用しやすいように配慮した。トップページに平泉の写真を掲載するなど世界遺産登録に向けてアピール。各室課でhp作成が容易となり更新頻度を向上、県民に最新の情報をスピーディーに提供する。 ...
建築確認なくエレベーター 高齢者に必要と求められ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
昇降機メーカー大沢工業(富山市、 大沢輝男 おおさわ・てるお 社長)が、建築基準法で定められた建築確認がないまま、施主の依頼に応じて、首都圏などで家庭用エレベーターを設置していたことが三日、分かった。同社の 大沢恒久 おおさわ・こうきゅう 常務は「施主には ...
建築確認なくエレベーター 高齢者に必要と求められ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
昇降機メーカー大沢工業(富山市、大沢輝男社長)が、建築基準法で定められた建築確認がないまま、施主の依頼に応じて、首都圏などで家庭用エレベーターを設置していたことが3日、分かった。同社の大沢恒久常務は「施主には建築確認がないことを説明したが、体の不自由 ...
建築確認なくエレベーター 高齢者に必要と求められ 中国新聞
建築確認ないままエレベーター設置 北日本放送
all 16 news articles
認知症講座で接し方を学ぶ 神辺高生や教職員 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
グループホーム「オリーブハウス御幸」(同市御幸町)管理者の小林由卓さん(35)が症状などを説明。「あいさつなど、できることから始めよう」などと認知症の人と ...
30都道府県で差益-介護事業所調査事務手数料 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
都道府県が介護事業所から徴収する調査事務手数料をめぐり、30都道府県で差益が出たことが2日、厚生労働省の調べで分かった。住民票の写しの発行などで自治体や国が利用者から徴収する手数料は、本来、差益が出ない水準にするのが一般的。このため厚労省は「取りすぎ」 ...
事業所「高過ぎる」/県、介護調査事務手数料見直しへ - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
県は来年四月にも、介護事業所から徴収する調査事務などの手数料を見直す方向で検討している。事業所から「高過ぎる」と改善を求める声が出ているためで、実施主体の県社会福祉協議会と協議中。まとまれば手数料条例を改正する方向だ。 手数料は「介護サービス情報の ...
社会福祉施設8割で災害計画不備など 県が監査結果発表 長崎新聞
all 2 news articles
2007年11月02日()
高齢者劇団「優夢座」 東京で初公演 - 河北新報 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岩手県西和賀町と北上市、秋田県横手市の高齢者でつくる公募の素人劇団「優夢座(ゆうめいざ)」が12月、初めて東京で公演する。県境を越えて交流し活動する劇団が、結成8年目で迎えた念願の大舞台。平均74歳の団員は「東京で地方の高齢者の元気をアピールしたい」と週2回 ...
アビスパ福岡 介護予防事業「アビスパウォークラリー」実施・参加者募集のお知らせ [ 福岡 ] - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
アビスパ福岡は、9月よりホームタウン活動の新たな取り組みとして「介護予防事業」を実施しております。現在2ヶ月間で、「アビスパ de健康教室」「元気いっぱいjリーグ観戦」と2種類計5回のイベントを開催し、約400名の方々にご参加いただきました。 この「介護予防事業」 ...
介護サービスの情報公開 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
利用者が介護事業所を選ぶための参考にしたり、事業所が他の事業所のサービス内容を知ることで競争、サービス向上につなげる狙いがある。 都道府県ごとに、インターネットなどで各事業所のサービスや料金、事故防止策や職員研修の実績などの情報を公表。07年度の公開 ...
障害を持つ人々向け専用の旅行商品を造成・販売しているJTB首都圏バリアフリープラザは、補聴器の大手販売会社ハーモニー補聴器株式会社との共同で補聴器を使用している人々向けの旅行商品を共同で開発、発売した。手話通訳を必要としない中度・軽度難聴者向けのツアー ...
高齢者に癒やしのギター 松江で愛好家が演奏会 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
松江市西法吉町の特別養護老人ホームうぐいす苑とケアハウスはなうみ苑でこのほど、ギターの演奏会があり、素朴で温かい音色がお年寄りらの心を和ませた。 コンサートは、地元の愛好家でつくる松江ギター協会が、メンバーの母親が同ホームの利用者だったことから、日ごろ ...
アルミ缶回収で車いす購入、グループホームへ 川口・戸塚南小 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
川口市戸塚の戸塚南小学校(佐藤英次校長、児童数七百六十四人)は十月三十日朝の朝礼で、アルミ缶回収で購入した車いす一台を地域のグループホーム「ほほえみ戸塚 ...
介護事業の運営スタート-コムスン継承132人が入職式 - 奈良新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
信貴山病院(ハートランドしぎさん、三郷町、竹林和彦理事長)は1日、事業所指定の不正取得などで厚生労働省から指定打ち切り処分を受けて介護事業から撤退する訪問介護最大手コムスン(東京都)の県内在宅系介護事業を継承、運営をスタートした。延べ15事業と7事業所、 ...
手作り屋台で老人ホーム訪問 森町・一宮幼稚園 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
森町一宮の町立一宮幼稚園の園児がこのほど、同園と隣接する特別養護老人ホーム「愛光園」を訪れ、ミニ屋台の引き回しや歌、踊りをお年寄りに披露した。 引き回したミニ屋台は、園児たちの手作り。リヤカーに段ボールや牛乳パックを取り付けた力作で、約1カ月かけて ...
高齢者給付の見直し必要/07年版少子化白書 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
新人口推計に基づき、55年には日本の総人口が9000万人を下回り、約2・5人に1人が65歳以上の高齢者となることを紹介。年金や高齢者医療費、介護費が増大する中で「高齢者に対する給付内容の見直しや、給付と負担の均衡措置を講じていかねばならない」と指摘した。 ...
高齢者給付の見直し必要 07年版少子化白書(11/02 09:13) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
新人口推計に基づき、55年には日本の総人口が9000万人を下回り、約2・5人に1人が65歳以上の高齢者となることを紹介。年金や高齢者医療費、介護費が増大する中で「高齢者に対する給付内容の見直しや、給付と負担の均衡措置を講じていかねばならない」と指摘した。 ...
高齢者給付の見直し必要 07年版少子化白書 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
新人口推計に基づき、55年には日本の総人口が9000万人を下回り、約2・5人に1人が65歳以上の高齢者となることを紹介。年金や高齢者医療費、介護費が増大する中で「高齢者に対する給付内容の見直しや、給付と負担の均衡措置を講じていかねばならない」と指摘した ...
2007年11月01日()
県介護サービス引き継ぎ ニチイ学館に通知書 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
県は1日、グッドウィル・グループの子会社コムスン(東京都)から訪問介護などの事業譲渡を受けたニチイ学館(東京都)に対し、県関係分の指定通知書を交付した。同日に事業指定した市町村分も含めると、県内では茅野市、伊那市などの27事業所が新たな指定を受けた。 ...
「介護難民」免れた セントケアへサービス移行 宮城 河北新報 (会員登録)
継承企業が運営開始-コムスン・県内9施設 四国新聞
all 3 news articles
「介護難民」免れた セントケアへサービス移行 宮城 - 河北新報 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
訪問介護最大手コムスン(東京)が宮城県内で展開する在宅系サービスが1日、介護サービス大手「セントケア・ホールディング」(東京)に引き継がれた。事業譲渡はスムーズに進み、約3000人の利用者がセントケアへ移った。厚生労働省の事業所指定打ち切り処分から約5 ...
介護保険料減免来年度も継続へ 厚労省(11/01 23:48) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は一日、税制改正により介護保険料が増えた高齢者を救済する減免措置を二○○八年度も継続することを決めた。厚労省が同日、同省老健局長の諮問機関「介護保険料のあり方に関する検討会」に示したモデルケースでは、夫婦二人世帯の月額の介護保険料は本年度と ...
コムスン介護事業が移行 「ヘルパー確保」難題 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
コムスンの大部分の介護事業が1日移行されたが、職員の退職による人手不足が深刻だ。閉鎖された事業所は全国で数十カ所に上り、譲渡の認可が間際になったところもある。24時間介護といった人手がかかるサービスの継続にも影響が出ている。厚生労働省による処分から半年 ...
介護サービス施設の横に「キッズカフェ」 ヒューマンリソシア (媒体での記事掲載終了)

総合人材サービス事業を展開するヒューマンリソシアは、介護事業「ヒューマンライフケア」の一環として2007年11月1日、大阪府豊中市のデイサービス施設「ヒューマンライフケア豊中の湯」の隣に新たにキッズカフェ「ヒューマンキッズカフェ豊中店」をオープンした。
今回、デイサービス施設に併設される「キッズカフェ」は、子供が楽しく安全に遊ぶことができ、親たちが安心して飲食できるカフェ。飲食スペースのほか、子供向けボールプール付き滑り台、知育玩具、絵本、キッズスクールなどがあり、子供や親同士の交流、学びの場としても機能するという。介護と子育て支援の両方の事業を共存させることにより、少子高齢化の中で疎遠になりがちな世代間交流を活性化する。
キッズカフェは入会金・会員登録料が315円。基本料は1時間210円(いずれも税込)。


認知症、1人で暮らせる制度を 京の家族の会ら12項目の改善提案 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族の会(京都市上京区)は1日、厚生労働省に対し、認知症があっても1人で暮らせる制度を求めて、本人や家族の立場から12項目の介護保険制度などの改善を提案した。 高見国生代表理事らが、厚労省の審議官や認知症・虐待防止対策室長らを訪問。 ...
介護施設をpcと携帯で一発検索。登録施設数日本全国に約1万件。「mapで探す介護施設」オープン。 - Techinsight japan (媒体での記事掲載終了)
「mapで探す介護施設」オープン。 株式会社アトラス(本社:東京都中央区、代表取締役 村上茂樹)はネット上で電子地図を使い全国の介護施設を検索、閲覧できるWEBサイト「mapで探す介護施設」を、PC版とモバイル版で同時リリースした。 「mapで探す介護施設」では、地図 ...
後期高齢者保険料千葉県は6380円 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
75歳以上の高齢者を対象に来年4月から始まる後期高齢者医療制度で、千葉県の56市町村が参加している県後期高齢者医療広域連合は1日までに、保険料などを定めた条例案をまとめた。試算では、年208万円受け取る標準的な厚生年金受給者の保険料が月額約6380円(年額約7万6500 ...
【今日のニュース】高学歴者では認知症の発症は遅いが進行は速い - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
高等教育を受けた人では認知症の発症は遅いものの、いったん認知力の低下が始まると急激に進行することが新しい研究で判明した。この研究は米アルバート・アインシュタイン医科大学(ニューヨーク)のCharles B. Hall氏らによるもので、米医学誌「Neurology」10月23日号に ...
【連載】在宅介護の国から デンマーク視察報告<下>原点 市民の声、施策に生かす - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝室には介護用の天井リフト、人工呼吸器も備える。 食事、着脱衣、シャワー、トイレ…。5人のヘルパーが交代で24時間介護する。メリングさん自身が雇い主であり解雇も自由だ。その日担当の女性は10年以上働いているという。メリングさんは「彼女は料理も上手だし、満足し ...
布団詐欺の高齢者被害770万 3人を最終送検 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫、愛媛、島根の三県で高齢者ばかりを狙っていた。同署は既に同被告らを最終送検した。 ほかに送検したのは同市西区の無職の男(29)と、高砂市のパート従業員の女(24)の両被告=いずれも公判中。 調べでは、三人は共謀し、二〇〇五年二月、兵庫県福崎町の女性= ...
コムスンの訪問介護事業、譲渡先で再出発 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
不正発覚をきっかけに介護事業から全面撤退するコムスンの大部分の事業が1日、譲渡先の介護事業者に移された。延べ約5万2千人の利用者が引き継がれる。地域ごとに分割譲渡される訪問介護事業は、41都道県を14法人が継承した。大阪、京都、兵庫など6府県は、12月1日に移行 ...
ペットを飼う高齢者の不安に応える新サービス誕生 - PETWALKERニュース (媒体での記事掲載終了)
株式会社ネクストステージ(所在地:東京都目黒区、代表取締役:重本 明章)が新たに、ペットを飼う高齢者のためのペット一生涯預かりサービス「セカンドライフ」を開始した。同サービスは、ペットと暮らす高齢者が抱える「飼い主がなくなった後のペットたちはどうなる ...
飼い主に代わり愛犬の一生涯をサポート「Second Life」 犬 ニュース01(ゼロワン)
all 2 news articles
大半の事業で移行を実施/訪問介護大手コムスン - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
事業所指定の不正取得などで厚生労働省から指定打ち切り処分を受け、介護事業から撤退する訪問介護最大手コムスンは1日、大半の事業をジャパンケアサービスなどの売却先に移行した。 高級有料老人ホームと兵庫、福岡など6府県の在宅事業は12月1日の移行となるが、全国で ...
大半の事業で移行を実施 訪問介護大手コムスン - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
事業所指定の不正取得などで厚生労働省から指定打ち切り処分を受け、介護事業から撤退する訪問介護最大手コムスンは1日、大半の事業をジャパンケアサービスなどの売却先に移行した。 高級有料老人ホームと兵庫、福岡など6府県の在宅事業は12月1日の移行となるが、全国で ...
コムスンの訪問介護事業、41都道県で移行 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
不正発覚をきっかけに介護事業から全面撤退するコムスンの大部分の事業が1日、譲渡先の介護事業者に移され、延べ約5万2000人の利用者が引き継がれた。地域ごとに分割譲渡される訪問介護事業は、41都道県を14法人が継承した。コムスンや譲渡先は「円滑な移行」を強調して ...
介護療養病床、11年度末でゼロに-県が試案 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、転換先は、老人保健施設・特別養護老人ホームが319床、医療療養病床が294床、有料老人ホーム・ケアハウス62床、グループホーム40床などと試算した。 医療療養病床については、現在2038床を11年度末までに転換分を含め1382床とする計画。転換への支援として、香川県 ...
介護保険料の減免措置、来年度も継続へ・厚労省方針 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は税制改正で介護保険料が増えた高齢者を救済するための減免措置を2008年度も継続する方針を決めた。本来なら基準額(月4090円)の1.25倍に上がる予定だったが、介護保険制度を運営する各市町村の判断で07年度と同じ1.08倍に抑えることができるようにする。1日 ...