介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2007年10月31日()
ニチイ学館、コムスンから譲渡の老人ホーム入居一時金17億円を信託 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ニチイが子会社の事業承継会社を通じ三菱ufj信託に管理を委託したのは、コムスンから引き継いだ有料老人ホーム25カ所とグループホーム(認知症高齢者の小規模共同生活施設)152カ所の入居者、計約3600人分の入居一時金。倒産などの際には、保全義務を負う分を三菱ufj信託 ...
グループホームが手づくりの喫茶店/三浦 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「グループホームが手づくりの喫茶店/三浦」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 三浦市三崎町諸磯のグループホーム「みづき」で三十一日、利用者 ...
介護の現場実習を前に出発式 - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士を目指す高校生たちの初めての現場実習に向けた出発式が行われました。 出発式を行なったのは盛岡の岩手女子高校の福祉教養科です。介護福祉士を目指す福祉教養科の2年生46人は来週月曜日から5日間、盛岡や矢巾町の特別養護老人ホームなどで初めての現場実習に ...
神奈川】特養「田谷の里」新築 愛生福祉会(10/30 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
■ 社会福祉法人愛生福祉会(名古屋市北区五反田町108ノ2)は、横浜市栄区田谷に特別養護老人ホーム「田谷の里」を新築する。11月末に造成工事に着手する予定で、造成業者を指名競争入札で近く選定する。建築工事の施工者は、一般競争入札で選定する。2008年2月中旬にも ...
還付金詐欺被害21億円=高齢者中… - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
税務署や社会保険事務所の職員らを装った電話で、税金などを還付するとだまして現金自動預払機(atm)を操作させ、金を振り込ませる被害が、昨年6月下旬から今年9月末までの約1年3カ月間に1934件、約20億9000万円に上ったことが31日、警察庁のまとめで分かった。 ...
【連載】在宅介護の国から デンマーク視察報告<中>人材 担い手不足じわり不安 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
宅老所所長の浦川ゆかりさん(28)=佐賀市=は目を見張った。「介護者の安全と健康が守られ、結果的に介護の質も高まる」とヤーンセンさんは強調する。 違いは労働環境だけではない。介護職の待遇や業務、育成課程も日本とは大きな差がある。 「介護士の平均月給は約35万 ...
高齢者に「ふるさとケータイ」・政府が専用端末提供へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
地方の高齢者が使いやすいように機能を限定した「ふるさとケータイ」の支援や、光ファイバー網普及の前倒しが柱。政府が11月中にまとめる地方再生総合戦略に反映する。 「ふるさとケータイ」は各地方の企業や非営利組織(npo)が事業主体となり、「オペレーター経由での ...
2007年10月30日()
「老健施設に転換」7% 療養病床で宮城県調査 - 河北新報 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
調査によると、県内3086の療養病床のうち、12年度までに老健施設などへの転換を予定しているのは、222床(7.2%)にとどまった。 医療療養病床として存続させる予定の病床は、約6倍の1350床(43.7%)にも上った。 療養病床のうち、国は12年度までに介護療養病床を廃止 ...
革労協反主流派拠点を捜索=介護報酬不正受給の疑い-警視庁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
身体障害者の介護報酬を不正に受け取ったとして、警視庁公安部は30日、詐欺の疑いで、過激派の革労協反主流派の拠点「赤砦社」(東京都台東区)や居宅介護支援事業所を開設していた反主流派構成員の自宅など数カ所を家宅捜索した。 調べによると、構成員数人は2003年、 ...
認知症の女性へ融資 保佐人未確認で契約を取り消し 佐賀地裁、独法が和解 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県内の認知症の女性(83)に成年後見制度に基づく保佐人がいることを確認せず、年金を担保に金銭貸借契約を結んだのは違法として、女性側が独立行政法人(独法)福祉医療機構(東京)に約680万円の損害賠償を求めた訴訟の和解協議が30日、佐賀地裁(田中芳樹裁判官) ...
認知症の妻絞殺で夫逮捕 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
「妻の認知症で将来を悲観していた」と容疑を認めているという。 調べでは、豊瀬容疑者は29日午後9時ごろ、同市東旭川町のグループホームの夫婦の部屋で、妻光子さん(81)の首をひものようなもので絞め窒息死させた疑い。 豊瀬容疑者もベッドの柵にひもをかけて自殺を ...
高齢者医療の負担増凍結、自公が具体策で合意 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
自民、公明両党は30日、福田康夫首相が検討を表明した高齢者医療費の負担増凍結に関する具体策をまとめた。来年4月以降、75歳以上の一部高齢者の保険料負担を半年間凍結。70―74歳の医療費の窓口負担は現行の1割のまま1年間据え置く。ようやく決まった医療制度改革を再び ...
与党ptが高齢者医療の負担増凍結で合意、財源は補正対応へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
[東京 30日 ロイター] 高齢者医療費の負担増凍結を検討している自民・公明の与党プロジェクトチーム(pt)は30日午後に会合を開き、70─74歳の医療費自己負担増を2008年4月から1年間凍結することや、75歳以上の一部の高齢者が新たに支払う保険料の徴収について2008年4月 ...
高齢者の医療費負担増の凍結、与党ptが正式決定 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の医療費負担増の凍結を検討している自民、公明両党の与党プロジェクトチーム(pt)は30日、来年4月に予定していた70~74歳の窓口負担割合の1割から2割への引き上げを1年間凍結するなどの措置を正式に決めた。75歳以上の一部からの新たな保険料徴収も半年間先送り ...
Microsoftは高齢者のニーズに合わせたカスタマイズパッケージ「seniorpc」を販売し、マイアミ市とともに高齢者に無料のPCトレーニングを提供する。 米Microsoftは10月29日、高齢者のPC利用を支援するための製品やプログラムを発表した。 同社は米マイアミ市と、官民共同の ...
高齢者医療費 負担増凍結合意 - NHK (媒体での記事掲載終了)
自民・公明両党は、高齢者医療費の負担増の見直しを検討する作業チームの会合を開き、70歳から74歳までの医療費の自己負担を引き上げる措置を1年間凍結し、75歳以上で新たに保険料の負担が生じる人については、保険料の徴収を6か月凍結し、そのあとの6か月間は本来の保険 ...
県内の「介護予防事業」進まず - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
将来的に介護が必要となる恐れのある「特定高齢者」向けに市町村が実施する介護予防事業が、県内でほとんど進んでいないことが県の調査で分かった。介護保険改正に伴い二〇〇六年度に創設された仕組みだが初年度、県内で特定高齢者に選ばれたのは高齢者人口の0.34%に ...
県介護予防支援委員会が初会合 陸奥新報
all 2 news articles
【連載】在宅介護の国から デンマーク視察報告<上>尊厳 最期まで自宅で過ごす - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
九州・山口の介護関係者らと9月、同国の介護現場を見て回った。在宅介護に徹底してこだわる同国の取り組みを報告する。 (大牟田支局・笠島達也) 「少し狭いけど、いい部屋でしょう」。オーサ・クリステンセンさん(77)が、歩行器を使って自宅を案内してくれた。 ...
藤山新太郎先生による『認知症予防と江戸手妻(奇術)』 - News2UNet (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
また、開業以来「認知症セミナー」と銘打ち、高齢者介護と認知症に関した介護生活に役立つ講演会を定期的に行っております。 今回のイベントは『認知症予防と江戸手妻(奇術)』というテーマで、江戸手妻(てづま~手品)・奇術の第一認者である、藤山新太郎先生をゲスト ...
日本ビクター(株)は、1995年に業界に先駆けて発売以来、「ボタンが大きく、使いやすく簡単」と好評の“でかボタン”リモコンの新モデルとして、ウェーブデザインを採用しユニバーサルデザインに配慮したボタン構成で、さらに持ちやすく、使いやすくしたリモート ...
後期高齢者医療保険料年7万2667円 来春から - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
来年四月スタートする七十五歳以上の高齢者らを対象にした後期高齢者医療制度の県内の保険料が決まった。所得に応じた所得割率が7・8%、一律負担の均等割額が四万二千四百円となり、一人当たりの平均保険料は年間七万二千六百六十七円(月額六千五十六円)。 ...
「ビリーブケア」を介護事業指定 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
県は二十九日、訪問介護最大手コムスンから本県在宅サービス事業を譲り受けるため、事業の指定申請を出していた青森市の「ビリーブケア」に対し、介護保険と障害福祉サービスの両事業の指定を行った。これにより、利用している高齢者・障害者約三百四十人(九月末時点)へ ...
介護事業引き継ぐ2事業者に都が研修 TBS
all 2 news articles
2007年10月29日()
与党 高齢者医療は1割負担 - NHK (媒体での記事掲載終了)
来年4月から始まる高齢者医療費の負担増の見直し問題で、自民・公明両党は、75歳以上で新たに保険料の負担が生じる人の保険料の徴収を6か月間凍結し、そのあとの6か月間は本来の保険料の1割負担とする方針を固めました。
療養病床 6500床「介護」に転換 道が素案 総削減数は8700床(10/30 00:11) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
削減に伴う受け皿として約六千床を老人保健施設(老健)、約六百床を特別養護老人ホーム(特養)などに転換し、約八百床は廃止するとした。 国の方針では、道内の療養病床全体で一万床以上の削減が必要となるが、道は積雪や過疎など道内の地域性を考慮し、道民の医療を ...
介護事業引き継ぐ2事業者に都が研修 - TBS (媒体での記事掲載終了)
全ての介護サービスから手を引いたコムスンに代わって事業を引き継ぐ事業者に対し、東京都は法令の順守を徹底するため、異例の研修を行いました。 研修は来月1日にコムスンから介護事業を引き継ぐ「ジャパンケアサービス東京」と「ニチイホーム」を対象に、都内にある111 ...
上海:100歳以上の高齢者680人 浦東新区最多 - 中国情報局ニュース (媒体での記事掲載終了)
上海市衛生局の馬強副局長は27日に行われたフォーラムで、「2006年までに上海市に住む100歳以上の高齢者は680人になった」と述べた。うち男性が140人、女性が540人だという。また行政区別では浦東新区が87人、静安区が46人、盧湾区が36人などと ...
昔の遊びで交流 二番丁小児童が特養ホーム訪問 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県高松市錦町2丁目の二番丁小学校(香西志津子校長)の児童が29日、同市西町の特別養護老人ホームあかね(吉岡和子施設長)を訪問。児童たちは、入所者の車いすを押す介助方法を体験したほか、お年寄りと一緒にお手玉やけん玉などの昔ながらの遊びに挑戦し、交流を ...
... を書き取りに活用することを市に提案し、森さんの遺族も快諾して発刊した。 朝来市は「毎日こつこつ脳を耕して、楽しく認知症の予防に取り組んでほしい」としている。対象は40歳以上の希望者で1冊500円。問い合わせは同市地域包括支援センター(079・672・6125)へ。
弘大が高齢者対象に新体力テスト - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
弘前大学医学部保健学科の野田美保子准教授を中心としたプロジェクトチームは、鶴田町ことぶき大学の受講生を対象に2005年度から高齢者用新体力テストを年1回実施している。今年度と05年度の結果を比較したところ、今年度は6種目のうち4種目の成績が向上し、標準得点(5 ...
2007年10月28日()
介護支援専門員目指し1134人が受験 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で、お年寄りの介護サービス計画を作成する介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験が28日、佐賀大学であり、社会福祉士や看護師ら1134人が受験した。試験は今年で10回目。県内の合格率は年々低下し、昨年度は過去最低の約15%となっている。 ...
高齢者の目線でまちを見直し - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
住民が車いす体験や高齢者疑似体験を通じて、住んでいるまちを見直すワークショップが28日、豊橋市牧野町であった。 同町内の子供から大人まで約40人が参加。車いすに乗ったり、手や足におもりをつけて高齢者の目線で町内を歩き、歩道の段差や、交通量があり狭い道 ...
2007年10月27日()
11月10日、コンサドーレ札幌が「介護予防運動教室 in 恵庭」を開催 - BNN (媒体での記事掲載終了)
コンサドーレ札幌は、11月10日、恵庭市総合体育館(黄金中央5丁目199番)のアリーナで、65歳以上の健康な男女を対象に「介護予防運動教室 in 恵庭」を開催する。 Jリーグは、昨年施行された改正介護保険法に基づく介護予防普及事業の一環として、厚生労働省と連携 ...
ライフコミューン、介護予防講座などで埼玉大と提携 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
給食大手LEOC傘下で有料老人ホーム運営のライフコミューン(東京・港)は、埼玉県周辺の在住者を対象にした介護予防指導などで埼玉大学と提携する。埼玉エリアを強化したいライフコミューンと、地域への開放を目指す大学の思惑が一致した。第1弾として11月に埼玉大の ...
信越特定郵便局長協会が特養ホームいっぷくに車いす1台寄付 - ケンオー・ドットコム (媒体での記事掲載終了)
(財)信越特定郵便局長協会は24日、公益事業の一環として三条市庭月、特別養護老人ホームいっぷく(徳間英起施設長)に車いす1台を寄贈した。 同ホームそばの八木前郵便局(宮島健局長)の働きかけで同ホームへの車いすの寄付が決まったもので、24日は同ホームで寄贈式も行 ...
雨なんの…トライに歓声 神宮奉納全国高齢者ラグビー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
第三回伊勢神宮奉納全国高齢者ラグビー伊勢大会が二十七日、伊勢市朝熊町の朝熊山麓(さんろく)公園芝生競技場で始まった。最高八十歳代のラグビー愛好家も参加した。二十八日もある。 大会には、県内や東海、近畿地方から女子一チームを含む八チームが参加予定。 ...
在宅介護の苦労支え合う いなべの池田さんら「家族会」を結成 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 少しずつ広がっていけば」と池田さん。 同市員弁町笠田新田の員弁老人福祉センターで開く設立総会では、今後の活動内容の報告のほか、認知症の人と家族会県支部の泉美幸代表の講演がある。問い合わせは、市地域包括支援センター=電0594(82)1616、0594(78)3520=へ。
園児かわいく歌や踊り 清水町の特養ホーム - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
清水町の中央保育所の園児35人がこのほど、同町の特別養護老人ホーム「柿田川ホーム」を訪問し、施設を利用する高齢者と交流した。 園児らは、手作りの衣装に身を包み、小道具のうちわを手に、季節にちなんだ歌や踊りを披露。最後は肩たたきをプレゼントして喜ばせた。 ...
2007年10月26日()
介護保険料、472人分過徴収 大曲仙北広域組合 - 河北新報 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
秋田県の大曲仙北広域市町村圏組合は26日、美郷町の年金受給者472人から、10月の介護保険料を計93万3170円多く徴収したと発表した。年金から天引きしてもらうため、社会保険庁へ送ったデータの入力ミスが原因。 システムの都合上、12月と来年2月も誤ったままの保険料が ...
ボウリングはテレビの前で!リハビリで笑い声がこだまする - Study.jp (媒体での記事掲載終了)
現場の施設では、介護士や職員の慢性的な人手不足が深刻化している一方、物忘れや徘徊、そして認知症など、さまざまな不安を抱いている高齢者への対応を余儀なくされている。介護サービスの向上とその提供が求められる中、手探りの試行錯誤が繰り返されているというのが ...
豊川市高齢者スポーツまつり - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
第18回豊川市高齢者スポーツまつりは、26日同市総合体育館で、市内の老人クラブに所属する600人が参加して開かれた。ジャンケンドリブルやスカットボールなど全5種目が行われ、玉入れと輪投げには諏訪保育園年長組の38人が参加した。 同まつりは、一宮、東部、 ...
介護保険料、美郷町の472人分で過徴収 大曲仙北広域圏組合 - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
大仙、仙北、美郷の2市1町で構成する大曲仙北広域市町村圏組合(管理者・栗林次美大仙市長)は26日、同組合介護保険事務所のデータ確認のミスにより、美郷町に住む65歳以上の年金受給者472人の10月分の介護保険料を過徴収したと発表した。 ...
介護保険料、472人分過徴収 大曲仙北広域組合 河北新報 (会員登録)
社保庁の着服新たに2件・東京と沖縄、本庁に報告なく 日本経済新聞
2007/10/26-21:37 職員の年金横領、さらに2件=追加調査で判明-社保庁 時事通信
八重山毎日オンライン
all 5 news articles
社会保障給付、87・9兆円 高齢者向け3年連続7割超 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
給付費は、医療費や介護費などの自己負担分を除き保険料や税金といった公費で賄われるもので、年金や老人医療、介護など高齢者関係が61兆7079億円と全体の70・2%を占め、3年連続7割を超えた。高齢者人口が増える中、給付費が膨らむことは避けられず、社会保障 ...
半年凍結後は半年間1割負担 高齢者医療費増で与党方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の医療費負担増の凍結を検討している自民、公明両党の与党プロジェクトチーム(PT)は26日、来年4月に予定されている75歳以上の約200万人からの新たな保険料徴収について、凍結期間は半年とし、次の半年(08年10月~09年3月)は本来の額を9割減額 ...
介護予防運動教室in恵庭」開催のお知らせ - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
◆コンサドーレ札幌では、恵庭市にて「介護予防運動教室 in 恵庭」を開催します。 昨年施行された改正介護保険法に基づく介護予防事業の一環として、Jリーグとコンサドーレ札幌では、シニア世代の健康増進や体力向上を目的に下記内容にて開催いたします。
ヒューマンライフケアは、全国に、訪問介護14ヵ所、デイサービス18ヵ所、訪問介護デイサービス併設17ヵ所、グループホーム3ヵ所(9月現在)を展開、約5200名の高齢者に介護サービスを提供している。家族や本人が笑顔で暮らせる環境作りの手伝いとして、高齢者の社会参加や ...
ご近所介護ステーション公開審査 - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者が住み慣れた地域で介護サービスを受けられるよう支援する県の取り組み「ご近所介護ステーション」の公開審査会が行われました。 「ご近所介護ステーション設置支援事業」は平成16年度から始まった事業です。地域の空き店舗や民家を介護サービスの拠点 ...
認知症を支えよう 8団体表彰/サポーター100万人養成キャラバン報告会 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族を支える認知症サポーターを全国で100万人養成するキャラバンの報告会が25日、東京都千代田区の東京fmホールで行われた。認知症の人の早期発見、治療に取り組む福井県若狭町など8団体を表彰した。 主催は全国キャラバン・メイト連絡協議会。 ...
娘を介護放棄の父に懲役7年を求刑 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
郡山市のアパートで常時介護を必要とする女性=当時(30)=が放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた女性の父の本籍郡山市、住所不定、無職影山道夫被告(57)の論告求刑公判は25日、地裁郡山支部(田中聖浩裁判長)で開かれ、検察側は懲役7年を ...
介護のやりがい実感 稲取高、下田南高南伊豆分校 - 静岡新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
中でも、両校の生徒を2人ずつ受け入れている下田市吉佐美の介護老人福祉施設「みくらの里」(川島優幸理事長)では、互いの学校の生徒が一緒に利用者の食器片付けや入浴後の介助支援、車いす移動の補助などを行っている。 介護職が希望職種の1つという稲取高の板垣 ...
踊りや歌で地域と交流-東かがわの老健施設 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
香川県東かがわ市三本松でこのほど、老健施設の入所者や家族が地域住民と触れ合う「ひまわり祭り」が開かれ、特設会場を訪れた大勢の人たちがステージイベントなどを満喫した。 同所の太田病院グループが、毎年この時期に開催している地域恒例行事で今回11回目。 ...
2007年10月25日()
交通安全高齢者自転車大会 - 北日本放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者に自転車の交通ルールを再確認してもらおうと25日、富山市で高齢者の自転車大会が開かれました。 富山市高島の県交通公園で開かれた大会には県内各地から65歳から84歳までの高齢者53人が参加しました。 大会では、参加者が3人一組でチームを作り、標識の ...
日本認知症学会, 認知症「専門医」認定を開始・08年4月から - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
日本認知症学会(事務局:東京都世田谷区)は2008年4月から、認知症の専門医制度を開始する。 条件等の詳細は今後決められるが、今のところ「認知症関連他学会の専門医」「現在,認知症の診療に従事している」「当学会会員歴が3年以上」「臨床経験が十分」といったことが ...
介護用マットレス「ナショナル 快眠マットレス ラクマットエアー」 - フジサンケイ ビジネスアイ (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護保険の貸与給付対象で、一般介護用品店でのレンタルも可能。カバーやクッションには細菌の増殖を防ぐ制菌加工を施してある。価格は通常タイプが5万3550円。販売中。柔らかめと硬めの両面使用タイプは8万1900円で、11日15日発売。 国内最大級の物件数! ...
ニチイ学館が平成介護株式会社を100%子会社化 - ヒューマン・ヘルスケア・システム (媒体での記事掲載終了)
ニチイ学館(本社:東京)は、平成介護株式会社(同)の株式を100%取得し、子会社化することを決めた。 平成介護は97年創業、港区虎ノ門ほか都内に複数の事業所を持つ。 訪問介護や通所介護のほか、ホームヘルパー養成講座も開催している。 ニチイは本買収について、決算 ...
【サイトキャッチャー】FC展開可能な介護情報ポータルサイト3サイトの譲渡 - News2UNet (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
メディアネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 近藤克紀)は、サイト売買専門サービス「サイトキャッチャー」にて、 FC展開可能な介護情報ポータルサイト3サイトの譲渡先の募集を開始しました。 地域に根ざした介護施設等の総合情報サイトです。 ...
2007年10月24日()
城下工業、障害者や高齢者が使いやすい災害時用情報端末を開発 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
城下工業(長野県上田市、城下徹社長)は、障害者や高齢者が使いやすい災害時用の情報端末を開発、12月から自治体や情報システム会社に販売する。避難生活などで不可欠な情報を大きな文字や音声で確実に伝達できるのが特徴。県内での障害者向け情報配信サービスの経験を ...
高齢者医療の負担増凍結、財源調整つかず結論持ち越し=与党 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
[東京 24日 ロイター] 高齢者医療費の負担増凍結を検討している与党のプロジェクト・チーム(PT)は24日に会合を開催したが、財源などの問題について調整がつかず、結論を来週に持ち越した。 高齢者医療の負担増凍結は、自民党と公明党の連立政権合意に盛り込ま ...
認知症患者の生きる姿を紹介 「自尊心保つ環境を」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症との向き合い方を二日間に渡って考える「スミセイさわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団、中日新聞社共催)は最終日の二十四日、彦根市松原町の彦根プリンスホテルで講演やパネル討論が開かれた。 (岩田忠士) 「本人の立場から考える認知症ケア」と題 ...
高齢者医療費の負担増凍結、与党が結論持ち越し - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療費の負担増凍結問題を検討する与党のプロジェクトチーム(鈴木俊一座長)は24日、来年4月から75歳以上の一部高齢者に生じる新たな保険料負担の凍結を巡り協議したが、来週以降に結論を持ち越した。システム改修にどのくらいの費用がかかるかなど、凍結に必要な ...
介護予防の成果一目で 日本公衆衛生学会で札医大 ポスターやパネル展示(10/24 23:14) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札医大は二十四日、松山市で開幕した第六十六回日本公衆衛生学会総会で、北海道新聞社との提携事業「健やか北海道プロジェクト」で取り組んだ介護予防に関する成果を展示している。 同学会は公衆衛生にかかわる研究者や行政関係者ら約三千人が参加。 ...
ヒューマンリソシア、介護と子育て支援の併設施設を豊中市にオープン (媒体での記事掲載終了)
総合人材サービスを手がけるヒューマンリソシアは、介護事業「デイサービス」と子育て支援事業「キッズカフェ」の併設施設を、大阪府豊中市に11月1日オープンする。介護と子育て支援を共存させることで、主婦層の生活を総合的サポートし、高齢者と子供の世代間交流を目指す。
高齢者の医療費負担増 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化が進む中、現役世代だけでなく高齢者にも応分の負担を求め、世代間の公平性を図るのが目的とされた。 来年4月からの高齢者医療費負担増の見直しをめぐる与党内の調整が大詰めを迎えている。制度の抜本改革は見送りつつ70−74歳の窓口負担引き上げを1年間 ...
半年凍結後に軽減措置 高齢者の医療保険料 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の医療費負担増の凍結を検討している自民、公明両党のプロジェクトチームは24日、来年4月から予定している75歳以上の一部高齢者からの新たな保険料徴収を半年凍結した後、さらに来年10月から半年間は保険料負担を軽減することで一致した。 ...
北京:100歳以上の高齢者311人 06年末 - 中国情報局ニュース (媒体での記事掲載終了)
北京市老齢工作委員会弁公室は23日、2006年末現在で北京市の60歳以上の高齢者は同市人口の16.9%に当たる202.4万人に達したと発表した。60歳以上の高齢者のうち農業人口は50.9万人、非農業人口は151.5万人だった。また100歳以上は311 ...
平成介護株式会社は、介護保険施行前の1999年からホームヘルパー養成講習を行い、養成した人材を自社サービス部門で雇用する、「教育から就業まで」という当社と同じビジネスモデルを保有しており、また、サービス品質管理に注力するなど、利用者本位の介護サービス提供を ...
八千代で介護老人ホームの落成式 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護付き有料老人ホーム「メリィハウス八千代」が安芸高田市八千代町勝田の八千代病院隣に完成し二十二日、落成記念式があった=写真。 児玉更太郎市長ら地元や福祉の関係者ら約二百七十人が出席。八千代病院を運営する医療法人社団八千代会理事長である姜仁秀 ...
高齢者の“たまり場”が人気 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
“おじいちゃん・おばあちゃんの語らいの場”として「楽田の郷」(最戸1の22の30・北村隆子代表)が今年4月に開所してから半年。利用者数は増加し、活動内容も充実してきた。 70歳代を中心に、編物や工芸、書道などの稽古をしながら、おしゃべりを楽しむ場として開所 ...
ヒューマンリソシア、介護と子育て支援の併設施設を豊中市にオープン - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
総合人材サービスを手がけるヒューマンリソシアは、介護事業「デイサービス」と子育て支援事業「キッズカフェ」の併設施設を、大阪府豊中市に11月1日オープンする。介護と子育て支援を共存させることで、主婦層の生活を総合的サポートし、高齢者と子供の世代間交流を ...
~ 子育て支援「キッズカフェ」と介護「デイサービス」併設施設で、世代間交流の実現へ ~ ValuePress!(プレスリリース)
~ 子育て支援「キッズカフェ」と介護「デイサービス」併設施設で、世代間交流の実現へ~ 日経プレスリリース
-ヒューマンリソシア、「ヒューマンライフケア豊中の湯」と「ヒューマンキッズカフェ豊中店」- ふくしチャンネル (会員登録)
all 4 news articles
マイボイスコム株式会社は、「ユニバーサルデザイン」に関する調査を実施し、12354件の回答を集めた。調査は去年の前回調査に続いて5回目となる。 米国のロン・メイス博士による提唱「世界中のあらゆる人たちが、いついかなる時も安心して使える製品を親しみやすい ...
旧建部町の高齢者福祉独自施策 合併後に廃止相次ぐ 岡山市 - 岡山日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅高齢者にホームヘルパーが軽易な日常生活を援助する「軽度生活援助事業」は、来年度から岡山市の同様の事業に統一されるが、個人負担は増えるという。 当局側は、住民からの不満が出ていることにも触れ「やっていただきたい事業もある」と苦しい胸のうちを披露。 ...
[認知症でも大丈夫!]思い出に会話弾む 模型使って回想療法/神奈川・秦野市【関東】 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
神奈川県秦野市のJAデイサービスセンターはだのは、回想療法で認知症の進行を和らげている。同療法では、高齢者にとって懐かしい学校給食の食器や生活用具などを使い、過去を振り返ってもらう。高齢者が思い出を語り合うことが、満足感や充実感につながり、目を輝かし ...
2007/10/24-08:23 学歴高いほど記憶喪失も急速=アルツハイマー発症後-米 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
【シリコンバレー23日時事】培った認知力が高いためか、高学歴者の方がアルツハイマー病など認知症の発症は遅めだが、記憶障害が出始めた後は、より速いペースで記憶の喪失が進む傾向が確認された。米アルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームが23日発行の ...
特別養護老人ホーム「えぞりんどうの里」27日着工、早くも入所希望者 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人釧路悠和会(齋藤孝次理事長)は27日午前11時から、特別養護老人ホーム「えぞりんどうの里」の建設工事の地鎮祭を行い、来年6月のオープンを目指して着工する。建設予定地は釧路市音別町中園町2で、市立国保音別診療所に隣接する立地。 ...
新大脳研が老人斑可視化成功 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
人間の大脳皮質にできるシミ状の物質で、アルツハイマー病(AD)患者特有の「老人斑」について、新潟大脳研究所(新潟市中央区)の中田力教授(57)が、開頭しない状態での可視化に世界で初めて成功していたことが23日、分かった。可視化には超高磁場の磁気共鳴画像 ...
療養病床3割削減 道方針 介護施設に転換へ(10/24 06:57) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
長期の患者を受け入れる療養病床の削減は、医療サービスの必要性が低い患者を、医療コストの安い介護施設や在宅に移し、医療費を抑制するのが狙い。国は昨年、一一年度末までに二種類ある療養病床のうち、二十五万床ある「医療型」を十五万床に削減、十三万床ある「介護 ...
学歴高いほど記憶喪失も急速=アルツハイマー発症後-米 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
【シリコンバレー23日時事】培った認知力が高いためか、高学歴者の方がアルツハイマー病など認知症の発症は遅めだが、記憶障害が出始めた後は、より速いペースで記憶の喪失が進む傾向が確認された。米アルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームが23日発行の神経 ...
2007年10月23日()
稲城市 ボランティア制度 高齢者が介護参加 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者自身がボランティアとして介護に参加する「介護支援ボランティア制度」が九月から、東京都稲城市で始まっている。ボランティア活動を通じて高齢者の社会参加を促し、介護予防につなげようという狙いだ。取り組みは広がっている。 (砂上麻子) 「むーすーんで開い ...
独居老人宅に弁当配達 玉名女子高 - 熊本日日新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
玉名市岩崎の玉名女子高食物科の三年生三十六人が二十三日、季節感あふれる手づくり弁当を、岩崎地区の一人暮らしのお年寄り宅に届けた。 調理実習の日ごろの成果を地域社会に役立て、高齢者との交流を図ろうと、一九九三(平成五)年から毎年取り組んでおり十五回目。 ...
コジマが日光店に高齢者専用駐車スペース - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
家電量販店コジマ(宇都宮市星が丘二丁目、小島章利社長)は二十七日にオープン予定のnew日光店(日光市今市)に、「もみじマーク」の付いた高齢者専用駐車スペースを設ける。今市署によると、障害者用駐車スペースのある店舗は多いが、高齢者専用は県内初。 ...
介護職員が利用者から130万円着服 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人「名古屋市社会福祉協議会」は23日、同協議会で訪問介護をしていた非常勤職員の女性(38)が利用者の無職女性(70)から約130万円を着服していたとして9月29日付で懲戒解雇した、と発表した。港署は23日、窃盗容疑で書類送検した。 ...
ユニバーサルハンドルは、昨今の家電などにおけるユニバーサルデザイン(高齢者、若年者、障害者などでも容易に扱うための共通デザイン)を拡張し、人間でも作業が容易であることを考慮に入れつつ、複数のロボット間でも作業が容易であるデザインを重要視している。 ...
県内市町村の交通安全活動の取り組みを競う本年度の「高齢者交通安全コンクール」で、大船渡市交通安全対策協議会(会長・甘竹勝郎市長)が20年連続で1位に輝いた。連日の街頭指導のほか家庭訪問、署名運動など各種活動と多くの参加者が評価され、2位以下に大差をつけた。 ...
介護施設にだまされるな」を、wadaino.jpさんに取り上げていただきました - Creator's Next (媒体での記事掲載終了)
話題の.jpってご存知でしょうか。ブログで今話題になっていることが分野ごとに ドラマや書籍・映画など多岐にわたるブロガーの話題が一発で分かり、便利です。 使えるのではないか、と感じています。 lateral thinkingの実例としては、以下のような感じです。 ...
2007/10/23-13:10 元大阪狭山市職員を再逮捕=高額療養費の給付金詐欺-地検 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
国民健康保険高額療養費の給付金をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は23日、詐欺容疑で、元大阪狭山市保険年金グループ主査白馬良嗣容疑者(40)=堺市=を再逮捕し、派遣社員大河内太貴容疑者(30)=奈良県田原本町=を逮捕した。2人は容疑を認めている。 ...
高齢者の力作並ぶ[11:38] - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者がサークル活動などでつくった作品を集めた「盛岡市老人作品展」がはじまり、絵画や陶芸など力作が並びました。作品展は高齢者の生きがいづくりにと毎年、盛岡市などが主催して行なっています。会場には、市内の60歳以上の人たちがこの1年で製作した陶芸、絵画、 ...
さまざまな資格やスキルの模擬試験、ミニテストにいつでもどこでもトライできる「もしもしde模試」内で、新たに【社会福祉士 模擬試験】を公開しました。 福祉関連の学校で学ぶ短・大学生、活躍中の専門職の方、福祉業界への就・転職を考えている方まで、幅広い職業・年齢 ...
高齢者の催眠商法被害相次ぐ - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
被害者の多くは、一人暮らしや日中に留守番をしている高齢者。県消費生活センターは「一人でいる寂しさなどにつけ込んだ商法。いつでも狙われていると自覚して」と呼び掛けている。 今月中旬、県南の町に聞き慣れない若い男の声が響いた。「○○さんの家で日用品など ...
ビートルズ世代の心を掴む 「バリアフリー住宅市場攻略法 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了)
内 容 子供を抱えながら一人でバリアフリー専門会社を立ち上げ、また自身の脳梗塞をわずらった経験をバネに、社員8名で今期10億円の売り上げを見込む(株)高齢者住環境研究所・代表取締役の溝口千恵子氏が、その集客受注や人材活用法など成功事例を公開。 ...
2007年10月22日()
携帯電話向けイヤホンが“補聴器に変身” 介護施設でブレークした理由とは? - デジタル ARENA (媒体での記事掲載終了)
そんななか、あるイヤホンが、福岡の老人介護施設などを中心に静かなブームになっているという。「inCore(インコア)」と名付けられたその製品は、ナップエンタープライズという福岡のベンチャー企業が開発したもの。ナチュラルで伸びやかな音質が日本人の耳に合うのか、 ...
高齢者医療費、増加凍結解除後も負担軽減を検討 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療費の負担増凍結を検討している与党のプロジェクトチーム(鈴木俊一座長)は22日、来年4月から75歳以上の一部に求める新たな保険料負担について半年間凍結するだけでなく、その後の半年間も定額負担分の8割を減額する方向で調整に入った。週内にも結論を出す。 ...
高齢者医療負担、「半年凍結、次の半年2割」 自民案 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の医療費負担増の凍結問題で、自民党は22日、来年4月に予定されている75歳以上の約200万人からの新たな保険料徴収について、「凍結期間は半年とし、次の半年(08年10月~09年3月)は本来の額の2割だけを負担してもらう」との案を公明党に示した。 ...
高齢者医療費 凍結は6か月で - NHK (媒体での記事掲載終了)
来年4月から始まる高齢者医療費の負担増の見直し問題で、自民・公明両党は、75歳以上で新たに保険料の負担が生じる人の凍結期間を6か月とし、その後の6か月間は、本来負担する保険料の1割または2割とすることで、最終的な調整が図られる見通しになりました。
足下から介護支援 北陸先端大・助教ら、スリッパとマット考案 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
北陸先端科学技術大学院大知識科学研究科の三浦元喜助教らは、センサーを取り付けた スリッパとマットでお年寄りの動きを把握する新しい介護支援システムを開発した。スリ ッパを履いたお年寄りがマットに近づくと、いつ誰がどのマットに近づいたかを検出でき 、介護者の ...
高額療養費詐取、1億円超か――大阪狭山市元職員を起訴 - 日経ネット関西版 (媒体での記事掲載終了)
大阪府大阪狭山市職員が国民健康保険で支給される「高額療養費」を不正請求しだまし取った事件で、大阪地検特捜部は22日、元同市保険年金グループ主査、白馬良嗣容疑者(40)=懲戒免職=を詐欺罪で起訴した。起訴事実を認めているという。共犯として逮捕した柔道整復 ...
長浜・特養ホームの歌をcd化 ギター弾き語りの雪次郎さん - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都認定の「ヘブンアーティスト(大道芸人)」で、ギターの弾き語りをする雪次郎さん(73)=本名・吉田富男=が、長浜市加田町の特別養護老人ホーム「青浄苑(えん)」をテーマにした歌を作り、cd化した。二十四日に同ホームを慰問し、歌を披露する。 ...
アルツハイマー予防効果も/岩手大などハーブで実験 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病やパーキンソン病の予防、治療薬の開発につながる可能性があるとし、研究結果は海外の専門誌にも掲載される。 岩手大の佐藤拓己准教授(神経化学)は、共同研究した化学品専門商社「長瀬産業」(大阪市)とカルノシン酸を使ったサプリメントの製品化も ...
アルツハイマー予防効果も 岩手大などハーブで実験 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病やパーキンソン病の予防、治療薬の開発につながる可能性があるとし、研究結果は海外の専門誌にも掲載される。 岩手大の佐藤拓己准教授(神経化学)は、共同研究した化学品専門商社「長瀬産業」(大阪市)とカルノシン酸を使ったサプリメントの製品化も ...
アルツハイマー予防効果も 岩手大などハーブで実験 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病やパーキンソン病の予防、治療薬の開発につながる可能性があるとし、研究結果は海外の専門誌にも掲載される。 岩手大の佐藤拓己准教授(神経化学)は、共同研究した化学品専門商社「長瀬産業」(大阪市)とカルノシン酸を使ったサプリメントの製品化も ...
アルツハイマー予防効果も 岩手大などハーブで実験 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病やパーキンソン病の予防、治療薬の開発につながる可能性があるとし、研究結果は海外の専門誌にも掲載される。 岩手大の佐藤拓己准教授(神経化学)は、共同研究した化学品専門商社「長瀬産業」(大阪市)とカルノシン酸を使ったサプリメントの製品化も ...
神奈川】平塚大島特養老人ホーム新築 藤心会(10/22 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人藤心会(横浜市保土ケ谷区境木町174ノ1)は、平塚市大島で新築する「平塚大島特別養護老人ホーム」の施工者選定で一般競争入札を行い、門倉組(藤沢市)が落札した。11月中に着工する。 規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ4184平方㍍。入所定員は特別養護 ...
福島で高齢者の交通安全教室スタート - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の絡んだ交通事故が増加傾向にあるため、福島市と市交通対策協議会は、市老人クラブ連合会と県指定自動車教習所協会の協力を得て、高齢者を対象とした体験型の交通安全教室を今年度初めて実施している。 18日に市内の杉妻自動車学校で初回を実施し、事故防止の ...
名前で呼んで「オジイ、オバア」は不快 高齢者の意識調査 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
田辺市人権擁護連盟の高齢者意識調査で、他人からの年寄り扱いを不愉快に思っている高齢者が多いことが浮き彫りになった。同連盟は「悪気のないまま人権を侵害しているケースも多いはず。あらためて気を付けてほしい」と話している。 旧市内に住む65歳以上の男女1000 ...
上海に「高齢者専門」の写真スタジオ - ロイター (媒体での記事掲載終了)
[上海 20日 ロイター] 当地に高齢者専門の写真スタジオがある。この日は、ことし金婚式を迎えた74歳と70歳の夫妻など数組がスタジオを訪れ、正装して撮影に臨んでいた。 上海市内で高齢者に特化したサービスを提供する唯一の写真館というこのスタジオによると、 ...
認知症の患者と家族の応援者(サポーター)が県内でも増えている。キャラバン・メイトと呼ばれる講師が学校や地域で講座を開き、8000人以上がサポーターとなった。取り組みが評価され、県は25日、全国キャラバン・メイト連絡協議会から表彰される。 ...
高齢者の年間医療費、歯の残り数少ないほど高額 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
残存歯数が4本以下の高齢者の年間医療費は、20本以上残っている高齢者に比べて平均で約25万円高くなっていることが21日、香川県歯科医師会の調査で分かった。歯周病がある人の医療費はない人よりも平均で約7万8000円高くなっており、歯の健康と全身の健康の ...
2007年10月21日()
ローズマリーにアルツハイマー予防効果 岩手大など発表 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病やパーキンソン病の予防や治療をする新薬につながる成果だという。研究内容は国際専門誌に掲載される。 米国では、医薬品への応用に向けたプロジェクトが始まった。成分を使ったサプリメントの開発も化学品専門商社「長瀬産業」(本社・大阪市)と共同で ...
認知症の会が県支部を設立 会報や「つどい」定期的に - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国組織「認知症の人と家族の会」の県支部設立総会が二十一日、福井市の県国際交流会館であった。今後、認知症の人を介護する家族らの語らいの場「つどい」を県内各地で定期開催し、認知症が受け入れられる社会を築いていく。 県支部は、全国四十三番目の都道府県支部。 ...
認知症の人と家族の会県支部発足 福井で総会 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者と家族らでつくる「認知症の人と家族の会県支部」が発足し21日、福井市の県国際交流会館で設立総会が開かれた。会員が悩みを共有、認知症の現状を社会に訴え、理解を求めていく。 県支部は患者やその家族、介護専門職ら約100人で構成。認知症に関する県レベルの ...
重陽節、高齢者は子ども達との時間を希望 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
上海市の高齢者の多くが、子どもたちがもっと付き添うことを望む一方、同居はしない傾向にあることが、ウェブサイト「市民信箱(smmail.com)」の調査でわかった。「文匯報」が伝えた。 4500人以上の市民が参加した今回の調査では、高齢者の89%が生活に「満足」と ...
4年連続「手打ち」で慰問~そば広めよう会がグループホーム「はなぞの」で - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
紋別の手打ちそば同好会で最も活動歴が長い「オホーツクそば広めよう会」(斉藤公夫会長)は20日、認知症対応型グループホーム「はなぞの」を慰問し、40人分の手打ちそばをプレゼントした。手打ちの実演も披露し、入園者らも「昔に打ったのを思い出しますよ」などと会話が ...
2007年度「運動器の十年・骨と関節の日」記念公開講座(県臨床整形外科医会、岩手医大整形外科学教室主催)は20日、盛岡市菜園2丁目の県医師会館で開かれた。高齢化でバランス能力が低下し転倒するリスクが高まった状態の「運動器不安定症」に約150人が理解を ...
豊かな人間関係不可欠-高松で介護セミナー - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会を迎え介護の在り方について考える「さわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団、四国新聞社主催)が20日、香川県高松市サンポートのサンポートホール高松会議室で始まった。要介護者を抱える主婦ら約100人が参加。専門家による講演を通じて、介護の ...