介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2007年09月20日()
特養施設の48人食中毒 山形・遊佐 - 河北新報 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
山形県食品安全対策課は20日、遊佐町菅里、県社会福祉事業団・特別養護老人ホーム「松濤(まつなみ)荘」で入所者48人が食中毒の症状を訴え、うち80代の男性1人が入院したと発表した。この男性を含め、患者は全員快方に向かっているという。 ...
治療拒否し寝たきりの妻餓死 夫に懲役3年執行猶予判決 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府泉佐野市で05年3月、医師の診察を拒否した寝たきり状態の妻(当時40)に医療を受けさせず餓死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた土木作業員の夫(59)に対し、大阪地裁堺支部は20日、懲役3年執行猶予3年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。 ...
岡山】特養老「ふくなん」、9補正予算案に助成費(9/20 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人一耀会(岡山市福富東1-7-43、佐藤亀弘理事長)は、岡山市築港元町1-4に小規模多機能型居宅介護施設を併設した地域密着型特別養護老人ホーム「ふくなん」(仮称)の創設を計画。岡山市の9月補正予算案に老人福祉施設整備事業助成費として8250万円が ...
1085床を老健施設に転換 島根県内、2012年度まで - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根県は、二〇一二年度までに県内の療養病床の四割に当たる千八十五床が老人保健施設へ転換する見込みとする、医療機関の意向調査結果をまとめた。関連計画と調整の上、年内に策定する療養病床転換推進計画に盛り込む。 国は医療費抑制のため、高齢患者が長期入院する ...
学んで支える認知症 浜田で講演会 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の問題を学ぶ講演会がこのほど、浜田市の島根県施設いわみーるであった。認知症の人と家族の会県支部(堀江徳四郎代表世話人)が石見部で初めて開催。市民ら約百五十人が参加した。 広島で家族会の世話役も務める広島西医療センターの片山禎夫臨床研究部長が講演。 ...
2007年09月19日()
エイチ・ツー・オー、認知症簡易問診サイト「ケータイで家庭のお医者さん」 - ベンチャーナウ (媒体での記事掲載終了)
株式会社エイチ・ツー・オー綜合研究所(本社:東京都文京区、代表:平野治)は9月17日、ナレッジゲート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:白輪地雄二)と提携し、携帯電話を利用した認知症の簡易問診情報サイト「ケータイで家庭のお医者さん」を開始した。 ...
J2福岡が高齢者向け教室 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
約80人の参加者は質問票による健康チェックや、福岡大スポーツ科学部教授の講演で知識を深めた後、サッカーボールを使ったゲームなどを楽しみながら約1時間、汗を流した。 参加した福岡市博多区の末永久子さん(75)は「体が付いていかなかった。寝たきりになりたく ...
2007年09月18日()
認知症簡易問診サイト「ケータイで家庭のお医者さん」がオープン - インターネットコム (媒体での記事掲載終了)
医療関連マーケティング企画を行う株式会社エイチ・ツー・オー綜合研究所は、2007年9月18日、ナレッジゲート株式会社と提携し、携帯電話で認知症の簡易問診ができる情報サイト「ケータイで家庭のお医者さん」( http://0133.jp/)を開始したことを発表した。 ...
潜在介護士の実態調査 厚労省、復帰向け対策 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
財団法人「介護労働安定センター」の昨年の調査では、ホームヘルパーも含めた介護労働者全体(パート除く)の平均月給は約二十一万四千円。全産業の約三十三万千円を大きく下回っており、待遇面の悪さが介護職離れの一因になっている。 実態調査は、資格取得時の登録情報 ...
超高齢社会へ 「元気老人」を増やせ - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
一方で6カ月以上寝たきりの人は5528人。高齢者全体の2・1%を占める。「長寿で健康」がこれからの社会の課題である。 取材で出会った高齢者の皆さんはそのお手本。心から人生を楽しんでいる姿勢に圧倒された。 身の回りの素材で毎年、干支(えと)の作品を作ってき ...
潜在介護士、実態調査へ/人材不足受け、厚労省 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
財団法人「介護労働安定センター」の昨年の調査では、ホームヘルパーも含めた介護労働者全体(パート除く)の平均月給は約21万4000円。全産業の約33万1000円を大きく下回っており、待遇面の悪さが介護職離れの一因になっている。 実態調査は、資格取得時の ...
25日、道運輸局が小樽で「バリアフリー教室」 - BNN (媒体での記事掲載終了)
北海道運輸局は、高齢者、障害者の基礎知識や擬似体験などを通じて「心のバリアフリー」の大切さを学んでもらおうと、9月25日、小樽市のフェリーターミナル(築港7-1)で「バリアフリー教室~仲間とともにバリアフリー旅行へ~」を開催する。 「バリアフリー教室」は、 ...
潜在介護士、実態調査へ 人材不足受け、厚労省 - 岐阜新聞 Web (媒体での記事掲載終了)
財団法人「介護労働安定センター」の昨年の調査では、ホームヘルパーも含めた介護労働者全体(パート除く)の平均月給は約21万4000円。全産業の約33万1000円を大きく下回っており、待遇面の悪さが介護職離れの一因になっている。 実態調査は、資格取得時の登録情報などを ...
潜在介護士、実態調査へ 人材不足受け、厚労省 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
財団法人「介護労働安定センター」の昨年の調査では、ホームヘルパーも含めた介護労働者全体(パート除く)の平均月給は約21万4000円。全産業の約33万1000円を大きく下回っており、待遇面の悪さが介護職離れの一因になっている。 実態調査は、資格取得時の登録情報などを ...
2007年09月17日()
認知症』支え合おう - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
「認知症でも安心な千葉に」をテーマにしたパレード「認知症メモリーウオーク・千葉」が16日、千葉市で行われた。認知症の人や介護する家族、福祉・介護関係者ら約500人が参加、県庁前からJR千葉駅近くまで行進した。 (小川直人) 県認知症対策研究会や県などで ...
認知症学の真髄を絶妙な日本語で躍動的に語った書 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
本書は,わが国の臨床認知症学の第一人者である小阪憲司先生と田邉敬貴先生による,認知症症例検討会の活字化である。小阪先生がご自身の症例を,臨床症状,画像所見,病理所見の順に提示し,田邉先生がご自身の経験例を交えながらコメントを加えていくという方式である。 ...
2007年09月16日()
認知症に理解呼びかけ 草津、彦根で世界アルツハイマーデー控え - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
二十一日の「世界アルツハイマーデー」を前に「認知症の人と家族の会県支部」(草津市)のメンバー約三十人が十六日、草津市のJR草津駅前と彦根市のJR彦根駅前で、認知症への理解を呼びかけた。 世界アルツハイマーデーが設けられたのは「国際アルツハイマー病 ...
在宅介護のあり方探る 福井で推進フォーラム - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
事例発表で、勝山市地域包括支援センター保健師、桜井陽子さんは「娘に見捨てられ、水道がなく、ぼろぼろの家で生活する老人」を例に挙げ、市と民生委員、ケアマネージャーなどが連携し、お年寄りを一般の生活レベルまで引き上げた例を報告。おおい町名田庄診療所長の中村 ...
認知症患者ら思い訴え 南区で講演会 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病と診断された宇治市の吉田民治さん(68)をはじめ3人が「ひきこもらず、趣味や興味のあることで、出掛けていくことが大切」などと訴えた。 認知症の人と家族の会(上京区)が「世界アルツハイマーデー」(21日)にちなんで、認知症の本人を主人公にした ...
2007年09月15日()
寝たきりの夫を妻が絞殺の疑い摂津、逮捕へ - 日経ネット関西版 (媒体での記事掲載終了)
谷口さんの妻(61)が「自分が殺した」と供述したことから、同署は妻を殺人容疑で調べており、容疑が固まり次第、逮捕する方針。 調べによると、谷口さんは妻と長男(33)の3人暮らし。谷口さんは長い間寝たきりの状態で、妻が介護を続けていた。 ...
老人クラブ加入率低下 団塊世代の取り込み課題 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む中、高齢者同士が支え合う重要性が増しており、各老人クラブとも寝たきりにならないための健康づくりや地区内の寝たきり老人の見守り活動を行っている。 県長寿社会振興課は「高齢者の活力を生かす施策は非常に重要」と加入率アップを模索している。
知事ら高齢者訪問、長寿祝う-老人週間スタート - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
知事は、琴平町の香川県内最高齢者で108歳の小野ツルノさんをはじめ、善通寺市と琴平、まんのう、綾川町の特別養護老人ホームや介護老人保健施設など6カ所を訪問して、本年度に100歳を迎える高齢者の長寿を祝った。 香川県善通寺市与北町の特別養護老人ホーム ...
「介護放棄死」判決 「公」の責任も見逃せぬ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
こんな場面に遭遇したら、ケアマネは「おかしい」と気付き、介護サービス事業者か地域包括支援センター、区健康長寿課に知らせ、複数の人で「介護者をサポートする」または「家族から分離する」などの対応を考えることになっている。 今回この仕組みがうまく働かなかっ ...
2007年09月14日()
まんじゅう贈り「お元気で」 乙訓の和菓子店、特養ホームに贈る - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府向日市と長岡京市の和菓子店でつくる「乙訓菓子研究会」が14日、お年寄りの長寿を祝う紅白まんじゅうを長岡京市奥海印寺の特別養護老人ホーム「竹の里ホーム」に贈った。 敬老の日に合わせた取り組みで、今年は向日市内の和菓子店が紅白75個ずつのまんじゅうを ...
「かわいい」と歓迎 動物が老人施設訪問 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
... 入所者は「かわいい」「抱っこしたい」となでたり、抱き上げたりして歓迎した。 平松関三郎さん(81)は「初めて見る動物もいてかわいい。布団より柔らかな感触」と笑顔を見せた。 18日に軽費老人ホーム「無憂園」、19日に特別養護老人ホーム「百々千園」を訪問する。
「プロジェクト・老人Z」、実現間近!? - オーマイニュースインターナショナル (媒体での記事掲載終了)
今後の超高齢化社会に対応すべく、厚生省(当時の映画設定)が開発した最新式ベッド型介護ロボットをめぐる看護学生、ベッド型介護ロボットのモニターに選ばれた寝たきりの老人、そして老人ホームでハッカー生活を楽しんでいるハッカー老人たちが繰り広げるドラマである。 ...
2007年09月13日()
脳トレで認知症予防 田辺・橋本で事業開始 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
計算問題や早口言葉の練習を繰り返すことで脳を活性化させる「脳トレーニング」を取り入れた認知症予防の取り組みが、田辺市と橋本市で始まる。県が昨年度から試験的に実施している介護予防事業の一つで、要介護者や介護給付費の抑制を目指す。結果を踏まえた上で来年度 ...
生きがいで認知症予防-善通寺で講演会 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症をテーマにした講演会がこのほど、香川県善通寺市文京町の市民会館であった。日本早期認知症学会の金子満雄理事長が「認知症の早期診断と予防・治療」と題して講演。会場を埋めた市民らが熱心に耳を傾けた。 高齢者の健康や福祉、医療などの相談窓口となる市高齢者 ...
2007年09月12日()
介護放棄死事件で実刑判決 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
自宅で寝たきりだった広島市安芸区中野3丁目、無職松田洋一さん=当時(60)=が家族に介護を放棄され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた、松田さんの妻で無職松田由美子(63)、長男の無職博之(37)の両被告の判決が12日、広島地裁であった。 ...
妻と長男に実刑判決 広島の介護放棄致死 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島市安芸区で昨年、寝たきりだった松田洋一さん=当時(60)=を介護せず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた妻由美子被告(63)と長男博之被告(37)の判決で、広島地裁は12日、由美子被告に懲役6年(求刑懲役8年)、博之被告に懲役5 ...
妻と長男に懲役6-5年=介護放棄で男性衰弱死-広島地裁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
広島市安芸区で寝たきりの松田洋一さん=当時(60)=が衰弱死した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた妻の由美子(63)、長男の博之(37)両被告の判決公判が12日、広島地裁であり、奥田哲也裁判長はそれぞれ懲役6年(求刑懲役8年)、同5年(求刑懲役6 ...
2007年09月11日()
茨城県認知症予防フォーラム - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
県では茨城県医師会の協力により、認知症の予防・診断に関するフォーラムを開催します。 認知症は誰にでも起こり得る脳の病気。そして、早期発見・早期診断が何よりも大切です。 「認知症専門医の話を聞いてみたい」「認知症について詳しく知りたい」などご関心のある方 ...
バリアフリー化へ新設の陸橋が開通/大磯駅 - 神奈川新聞 (媒体での記事掲載終了)
カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「バリアフリー化へ新設の陸橋が開通/大磯駅」です。 カナロコは神奈川新聞社が運営する 横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイトです。 中央が新設された陸橋。左は駅舎、右は旧陸橋=JR大磯駅 ...
認知症高齢者の捜索訓練 大牟田市、初の全域実施 23日 自治体関係者も視察 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
大牟田市は23日、認知症の高齢者が行方不明になったと想定し、市民の協力を得て捜索する訓練を市内全域で実施する。地域ぐるみで行方不明者を速やかに保護する態勢づくりに生かすのが目的。訓練は、04年から同市駛馬(はやめ)南地区の住民らでつくる「はやめ南人情 ...
アルツハイマー病の原因物質 生成メカニズム発見 熊本大学の水島教授ら 新薬開発へ期待 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病の原因となるタンパク質が生成されるメカニズムを、熊本大創薬研究センター長の水島徹・同大医学薬学研究部教授(創薬学)らのグループが発見した。脂肪酸と脳神経細胞の結合を防ぐことで、病気の進行を抑える薬の開発が可能という。 ...
バリアフリー化工事始まる - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋鉄道国府駅(豊川市久保町)の構内バリアフリー工事が、今月中旬から本格的に始まる。総事業費は約8億円。一方、豊川市は東西連絡通路と西口駅前広場のバリアフリー化整備のエレベータ設置などを予定しており、今年度中に詳細設計図を作製し概算工事費を定め、 ...